就活においての最終面接とは?落ちる原因と対策方法!

就活においての最終面接とは?落ちる原因と対策方法!

ようやく最終面接にたどりついてもまだ安心はできません。最終面接では企業の重役が面接官を務めるケースが多くあり、面接の対策方法もこれまでの選考とは異なります。この記事では最終面接に落ちてしまう人の特徴や不合格の原因、また最終面接ならではの対策方法について紹介します。

最終面接の通過率は50%と言われる

最終面接の通過率は50%と言われる

最終面接は応募者の入社意思を確認するだけの場ではありません。最終面接では、企業の重役(社長や役員)が面接官を務めるケースが多いです。そして、応募者が企業のカラーに合うかどうか、求める人材なのか、などをチェックします。このようなチェック項目に該当しない人は、内定ができない可能性も十分あります。最終面接は2人に1人が落とされる場とされているので、安心せずに緊張感を持って臨みましょう。

最終面接ではどのようなことを確認しているのか?

最終面接ではどのようなことを確認しているのか?

応募者の高い入社意識やキャリアビジョンなどが主に最終面接で確認されるポイントです。入社意識に関しては、企業研究を深く行っているか、なぜ自社でなければならないのかなどを具体的に確認されます。これまでの経験や入社への思いなどが、応募企業の理念やビジョン、事業内容などと結び付けられるかどうかを事前に確かめておきましょう。キャリアビジョンに関しては、応募者が入社後どのような仕事に就いて、どのように働きたいのか、キャリアアップなどを具体的に考えているかどうかなどがチェックされます。

さらに、人事異動などがあってもモチベーションを維持して働き続けられるかどうかなども見られています。これらの観点から、会社の方向性とマッチする人材かどうかを判断されるので、応募者は内定がもらえることをゴールと考えずに、将来的な自分を具体的にイメージしておきましょう。

最終面接に落ちてしまう人の特徴

最終面接に落ちてしまう人の特徴

最終面接で落ちてしまう応募者にはいくつかの特徴があります。具体的には、応募企業の価値観や理念とマッチしない、これまでの選考で話した内容との一貫性がないなどです。さらに、入社意欲や熱意がないと判断される人も落ちてしまう可能性があります。

会社の理念や価値観にあっていない

企業の理念や価値観と応募者のマッチングは最終面接において重要なポイントです。これらのポイントがマッチしていないと、応募者が入社後すぐに退職してしまったり、モチベーションを維持できず生産性が向上しなかったり、企業にとってのリスクが高くなります。もし早期退職されてしまうと、これまでの採用活動にかけたコストが無駄になるほか、新たな人材を雇うコストも発生するので、企業側は負担が大きいです。このようなリスクを避けるためにも、企業側は応募者の能力や考え方、人間性などを十分にチェックし、理念や価値観とマッチするかどうかを判断します。

最終面接では、マッチング度を把握するためにも、応募者が自社の理念や価値観をどれだけ理解しているかも確認しています。自分なりの考えを話せるレベルまでしっかり読み込んで、十分に理解しておきましょう。

今までの面接で話した内容と一貫性がない

これまでの選考で話してきた内容と最終面接で話す内容に一貫性がない、というのも落ちてしまう人の特徴となります。最終面接まで選考に残っているということは、これまでに話した志望動機や自己PR、スキルなどが高く評価されたということです。しかし、最終面接で話す内容にブレが出てしまうと、考えがコロコロ変わる人、これまでの内容に嘘があるのではないかなど、高い評価から一転してネガティブなイメージを持たれる恐れがあります。さらに、これまでの選考で話していなかった強みや長所などを根拠なく唐突に話し始めるのも控えましょう。一貫性がない内容は面接官の信用を失いかねません。

また、1次2次の面接で話した内容は事前資料として企業内で共有されています。ポジティブなイメージを持ってもらうためにも、1次2次の面接での内容は自分でノートなどにまとめ、矛盾なく話せるように準備しておきましょう。

入社意欲が熱意が見られない

入社意欲や熱意がない人も最終面接に落ちてしまう傾向がります。最終面接は応募者の入社意思を確認するのが目的の1つとなっています。最終面接まで残った応募者同士のスキルや知識、経験などにあまり差がなかった場合、企業側が注目するポイントは入社意欲や熱意です。同じ能力を持った応募者を比較した際、企業側としては少しでも意欲・熱意のある人を採用したいと考えます。そのため、最終選考では自分が入社したい気持ちを積極的にアピールすることが重要です。

また、企業は採用予定人数の内定を決めたタイミングで採用活動を終えられます。しかし、内定を辞退されてしまった場合、再度採用活動を行わなければなりません。企業は採用活動を始めるコストや時間をかけたくないため、内定辞退を避けたいという考えがあります。内定を辞退されないためにも、企業は少しでも入社意欲や熱意の強い人を採用します。

最終面接に落ちないための対策方法

最終面接に落ちないための対策方法

そもそも面接というのは採用状況やタイミングなど、面接の内容や応募者の能力とは関係のない要素で落ちるケースがあります。しかし、これらの要素においても対策することは可能です。応募者の気持ちや意思を確認される最終面接では、企業研究や自己分析を念入りに行うことが効果的な対策となります。

企業研究を入念にする

まずは企業調査を十分に行い事業内容や働く環境などを理解しましょう。事業内容や環境を理解できれば、応募者のスキルやできる仕事と企業との共通点を発見できます。この共通点を発見することにより、企業とのミスマッチを防ぐことも可能です。入社後の早期退職にならないためにも、共通点の発見は重要なポイントとなります。また、このポイントは志望動機や入社意欲などにもつながっています。企業HPだけでなく、役員や社員インタビュー記事、ニュースサイトなどさまざまな観点から企業研究を行い、入社したい理由を見つけましょう。

他にも、入念な企業研究を行うことにより、深い知識が必要な質問に対し堂々と自分の意見を交えながら回答することもできます。企業側はレベルの高い質問をすることで、応募者がどれだけ自社に興味があるのか、入社する意思があるのかを確認します。自分の意見も含めて質問に答えることで、人間性や価値観も伝えられます。

自己分析を徹底的にして自分の価値観に一貫性をもたせる

自己分析をしっかり行わなければ、自分のスキルやできることは見つかりません。企業との共通点を見つけるためにも、自己分析をしっかり行うことが大切です。さらに、自己分析の結果、自分のスキルや強み、企業との共通点などを発見したとしても、面接での質疑応答で一貫性を持たせなければ伝えたい内容がうまく伝わりません。特に、1次2次面接と最終面接で話す内容は一致させましょう。また、入念な企業研究と自己分析は応募者と企業とのズレを埋める効果にも期待できます。

企業の雰囲気や価値観と応募者がマッチしているかどうかは、企業研究と自己分析により判明します。入社後に早期退職とならないためにも、面接の時点で企業と自分との間にズレがないかを確認しておきましょう。自己分析を行う際は、理想的な働き方やスキルを活かせる環境などを考えると、より具体的に企業とマッチするポイントを見つけやすくなります。

その会社だけのオリジナル性のある志望動機を考える

志望動機は具体性を持たせることで、面接官へ入社する意思をより強く見せることができます。例えば、漠然とやる気や向上心をアピールしても、なぜ応募企業で働きたいのかが明確になっていません。自分の持っているスキルや経験を応募企業と結びつけて具体的に話すことで、より入社の意思を明確にできます。自分の経験を話す際は、実際のエピソードも交えるとより具体性が高くなります。また、使い回しのような志望動機では、なぜ自社でなければならないのか、という理由がはっきりしないので注意しましょう。

応募企業毎に事業内容や特徴はそれぞれ異なります。志望動機は企業毎に合わせてオリジナル性のある内容にすることで、応募企業でなければならない理由を作ることが可能です。さらに、企業研究や自己分析の結果を元にして、入社意欲や熱意を具体的に伝えられる志望動機があれば、面接官に好印象を与えられる可能性があります。

面接最後の逆質問を用意しておこう

面接の最後には応募者の質問時間が設けられるケースが多いです。質問時間が与えられた際、応募者からの質問がなければ、面接官である会社の経営陣から自社に興味がないと思われる可能性があります。最終面接は会社の経営陣が面接官となることが多いので、企業HPなどでわからないことを質問できる貴重なチャンスです。表には出てこない企業の内情などを質問し、疑問解消も兼ねて

不合格フラグ?こんな状況になったら不合格なの?

不合格フラグ?こんな状況になったら不合格なの?

最終面接の場において、不合格が確実というサインはありません。面接官によって質問の受け答えに関する反応はそれぞれ異なります。ほかの面接官の反応を基準にせず、自信を持って面接に取り組みましょう。基本的には、次の段落から紹介するような状況であっても不合格とは言い切れません。

面接の時間が短い

面接時間が事前に告知されていた時間より短かったとしても、合否には深く関係ありません。面接時間をあらかじめ余分に確保していることがあるので、面接時間が短かったとしても気にしすぎないようにしましょう。また、最終面接の面接官である企業の役員は、日頃からスケジュールが詰まっていることが多いです。スケジュールの都合上、面接の時間を早く切り上げるケースもあります。志望動機や自己PRを十分に行っていれば合格できる可能性はあるので、積極的に話して自分をアピールすることが大切です。また、面接で長く話すまでもなく合格が決まっている場合も面接時間は短くなります。

指摘・FBを受ける

面接では、一通りの質疑応答が終わったあとで指摘やFBを受ける機会があります。指摘やFBを行うには何らかの理由があるので、しっかりと耳を傾けて意図を理解しましょう。例えば、面接終了時点で不採用が決まっている場合、その理由として話すことがあります。合格の場合は入社を見込んだ、アドバイスとしてのFBです。また、企業によってはFBを受けた際の反応を見ていることもあります。ネガティブな内容のFBの場合、言い訳や落ち込んだ態度を見せると、面接官に悪い印象を与えかねません。面接官は実際に仕事を始めたときのことをイメージしているケースもあるため、FBをもらったときは真摯に受け止める必要があります。

注意点として、指摘やFBをもらったとしても、合否を決定づける要素ではないということです。大切なのは面接終了までの過程なので、ネガティブな指摘やFBをもらったとしても、過度に落ち込まないようにしましょう。

仕事とは関係なさそうな趣味を聞かれる

最終面接であっても、仕事とは関係のなさそうな趣味について質問されることがあります。仕事とは関係ない質問だからといって、不合格が決まったわけではありません。趣味から応募者の人柄や価値観を確認しているケースがあるので、丁寧に回答しましょう。また、面接官によっては、応募者が同じ趣味だったという理由で採用とするケースもあります。もし、趣味がない場合は、休日の過ごし方や空いた時間でしている好きなことなどでも問題ありません。

合否の結果連絡が遅い

最終面接の合否結果が出るまでの期間は企業毎に異なります。結果が出るまでの期間を提示され、合否に関わらずその期間内に連絡が来ます。合否結果の連絡が遅いからといって、不合格になったとは限らないので注意しましょう。連絡が遅いのには何らかの理由があります。例えば、応募者が多かった場合、全ての選考を終えて結果を出すまでには時間がかかります。また、人事担当者が多忙で連絡できない、応募者を配置する部署が決定していない、といった理由で返答が遅いこともあるので、期限内は焦らず待ちましょう。

もし、期限を過ぎても連絡が来ない場合は、人事担当者へ自ら問い合わせる必要があります。企業によっては、期限内に連絡がない場合は不合格としているケースもあるため、連絡方法は事前にしっかり確認しなければなりません。

最終面接は最終面接ならではの対策方法がある

最終面接の面接官は、これまでの選考とは違う観点で応募者をチェックしています。そのため、対策方法もこれまでの選考とは変わってきます。最終面接では、応募者のスキルや実力よりも企業の価値観や雰囲気と合うかどうか、入社意欲が高いかなどが重要なポイントです。注意点としては、最終面接中に明確な合否のサインはないので、面接官の反応などには動揺せず、しっかり受け答えしましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC