面接の合格フラグって?面接官の立場から考える合格or不合格

面接の合格フラグって?面接官の立場から考える合格or不合格

面接後は、結果の通知が来るまで気になって仕方ないものです。面接でのあんなことやこんなことが合格あるいは不合格のフラグだったのかも…と一喜一憂することもあるかもしれません。そこでこの記事では面接の担当者の立場から合格・不合格の基準はどのようななところにあるのか、また不合格を回避するためにどのようなことができるのかなど、面接に役立つ情報を紹介します。

面接合格のフラグ

面接合格のフラグ

面接で合格する人には、面接中にさまざまなフラグが立つことがあります。それでは面接合格のフラグには、どのようなものがあるのか、具体的に紹介していきましょう。

面接時間が予定よりも長くなる

面接時間は大体30分~1時間程度が一般的です。面接前のやり取りであらかじめ目安的な時間を教えてくれる会社が多いでしょう。しかし、実際の面接時間が長く予定の時間をオーバーするということもあります。これは面接の合格フラグの可能性ありです。面接時間が長い理由としては、面接の担当者が受験者を深く知ろうとして積極的に質問しているからということが考えられます。担当者が真剣に採用したいと感じているなら、その受験者がどのような人物なのか、どのような能力をもっていてどのような人となりなのか、より具体的に知りたいと思うはずです。あるいは、採用したいとまではっきり心が決まっていなくても、受験者に対して強い興味を持っている可能性もあります。

興味関心を引くことができれば、担当者の印象に残る可能性も高いでしょう。全ての面接が終わった後、合格者を選考する際、興味や印象の強さから、面接を通過させてみるかと思ってもらえるかもしれません。あなたの面接に多くの時間を費やしてでも対応しているということなので、いずれにしろ好印象であるケースが多いでしょう。

次の選考や入社してからの話題が出る

面接で次の選考や入社後の話題など、未来に関する具体的な話が出たら合格フラグの1つと考えても良いでしょう。

合格の判定された場合に、次の面接でもスムーズに通過してもらうため、選考に向けてのアドバイスや入社してからの具体的な話をすることがあります。面接官としては、この会社に入ってもらいたいという心理の表れからそのような内容を伝えて、入社の意欲を煽っているということも考えられます。基本的に不合格の受験者に次の選考の話や入社後の話などを詳しくすると、期待を持たせることになってしまうため、脈がない場合は避けるパターンが多いでしょう。積極的にそのような話題をふるなら、その受験者に具体的なビジョンを持って欲しいと考えている可能性があります。

他社の選考状況を聞かれる

他社に応募しているかという質問は面接においては定番です。ただし、質問の仕方や内容によっては、受験者を絶対に採用したいと面接担当者が考えており、他社の具体的な選考状況を確認するために尋ねたという可能性もあります。もし採用したい受験者が他社にも応募していて、そちらの選考が自社より進んでいたら、他社の方が先にその受験者に内定を出してしまうかもしれません。

受験者の中には1番初めに内定をくれた企業に決める人も多いため、その受験者を確保するためには他社にとられる前に自社が先に内定を出す必要が出てきます。自社の採用までのスピード感を考える目的で、受験者に探りを入れているというわけです。他社への返事の期日や他社への入社意欲など、より突っ込んだ質問を受けたときは合格の可能性が非常に高いと言えるでしょう。

メモをたくさんとっている

受験者が喋ったあと即座にメモをとったときは、好印象の可能性が高いため、合格フラグの1つと考えられます。大半の面接の担当者は良いと感じたときにすぐにメモを取ろうとする傾向があります。ただし、面接の担当者のメモは、質問に対する答えを記録していることがほとんどです。メモをとっておけば、受験者全員分の面接が終わり、選考を行う際、面接から時間が経っていても質問の答えを思い返すことができます。合格にするにしろ不合格にするにしろ、選考の過程で面接の状況を社内のさまざまな人に説明しなければならないため、どのような場合でもある程度メモは取るのです。

したがってメモをたくさんとっているかといって、合格サインとは限らないので注意が必要です。しかし、好印象をもったときには早めにメモをとることが多いため、タイミングを見れば、合格かどうかおおよその判断材料にはなるでしょう。

いつ入社できるか聞かれる

いつ入社できるかという具体的な日程を尋ねられることは、合格フラグの1つです。経験の多い面接担当者は、面接の終盤の時点で会社に合う人材かをおおむね判断しています。わざわざ採用の意志のない受験者に入社日程を尋ねるような質問をするのは意味がないため、終盤のタイミングで最短の入社日を尋ねられるのは、合格の脈が高いとみて良いでしょう。

また、入社日を尋ねられた場合は、会社側が人出を欲している状態で、できる限り早めに新しい社員を入社させたいと考えている可能性も高いでしょう。もし選考段階で、それほど受験者同士のスキル・経験などの差がなければ、早く入社できることが合格の決め手になることもあり得ます。よって、どのように答えるかで合格フラグになるかが変わる質問だとも言えます。実際に入社できる範囲で、最短の日程を具体的に伝えることが大切です。

面接不合格のフラグ

面接不合格のフラグ

合格フラグとは反対に、採用の見込みが低い不合格フラグもあります。不合格フラグにはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

面接時間が短い

面接時間が短いことは代表的な不合格フラグです。面接担当者があまり興味を持っていないため、面接時間が短くなっている可能性があります。面接担当者はあくまで仕事として面接を行っています。面接をして採用の見込みがない受験者に長い時間を費やすようなことはしません。

合格の脈がないため質問することが少なく自然と面接時間が短くなってしまっているのか、あるいは見切りをつけて意図的に早く切り上げようとしているのか、どちらかは定かではありませんが、いずれにしろあまり良い結果は望めないと考えた方がよさそうです。ただし、元々面接の目安時間が短い会社の場合は、そのような方針で面接を進めている可能性もあるので、あまり深く考え過ぎることはないでしょう。

定番の質問のみで深堀りされない

通常興味を持った受験者に対しては、定番の質問に対して回答が返ってきたら、さらに深堀りの質問をしたり、人柄を確認するための質問をしたりします。採用を視野に入れ、より具体的な人物像をチェックしたいからです。定番の質問だけでは十分な聞き取りができないこともあるので、気になる点をどんどん追加で質問していきます。したがって、定番の質問にとどまり、突っ込んだことを聞かれない場合は、受験者に興味を持っていないという可能性があります。

質問に対する回答がそっけない

面接担当者が受験者に興味を持ったら、自然と気になって好意的な反応を示すでしょう。相槌をうったり、さらに話を広げたり、場合によっては質問以外の話題で盛り上がったりすることもあるかもしれません。しかし、回答や反応がそっけない場合は受験者に興味を持っておらず、評価が良くない可能性があります。面接担当者の態度や反応、面接の空気感などは、合格・不合格のフラグに関わる大きな要素です。

合格・不合格とは関係のないフラグ

合格・不合格とは関係のないフラグ

ここまでは合格・不合格それぞれの可能性のあるフラグに関して述べてきましたが、実はどちらにも関係のないフラグというものもあります。具体的にはどのような内容があたるのか、説明していきます。

エレベーターまで送られる

エレベーターまで見送られることは「お見送りサイン」として有名です。不合格の受験者には通常よりも丁寧な対応がなされ、見送りも手厚いという噂が不合格のサインとして広まっているものです。しかし、実際面接後の見送りの手厚さは、特に合格・不合格には関係のないことが多いでしょう。面接のためわざわ自社まで足を運んでくれた受験者に対し、会社側がエレベーターまで送るのがマナーだと考えており、受験者全員に見送りをしている場合もあります。どのような受験者にも丁寧に見送りをしてくれる真摯な会社であるという考え方はできるかもしれません。

あるいは、会社スペースからエレベーターホールまでの経路がわかりにくく、単純に案内という意味合いでお見送りをするケースもあります。また、受験者に関わらず、会社に来客があった際は、帰り際はエレベーターで見送るということが徹底されている会社もあります。このようなことから、見送りをされたから、または見送りをされなかったからといって一喜一憂する必要はないと言えます。

最後にアピールしたいことはあるかと聞かれる

最後にアピールしたいことはあるかという質問に対し、「これまでの評価が低いから最後に挽回のチャンスを与えられているのか?」など、不合格フラグのイメージを持つ人もいるようですが、一般的には意欲を確かめるための質問であり、特に他意はないと考えられます。定番質問の1つであるため、応募者全員にしている可能性も高いでしょう。

この質問に「特にありません」などと、意欲を疑われるような返答をすれば不合格の可能性を高める要素にはなり得ますが、この質問をされること自体には合格・不合格の意味は込められていないと考えられます。なお、面接の最後のこの質問をしっかり答えて面接官の心をつかめれば、合格のきっかけになる可能性もあります。最後に自分をアピールできるタイミングとして活かし、余すところなく自己アピールができるよう、何を答えるか面接前までにじっくり考え、シミュレーションしておきましょう。

面接で不合格のフラグを立てないためにも

面接を成功させるためには、不合格フラグを立てないことが重要です。最後に、面接で不合格のフラグを立てないためにどんな対策をすれば良いかを紹介します。

納得のいく志望動機を用意する

納得のいく志望動機を用意することによって、面接官に好印象を与えることができるでしょう。志望動機がしっかりしていれば、その後のさまざまな質問への回答にも説得力を持たせられます。志望動機のポイントは、志望先の将来性と学生のビジョンが一致しているかどうかです。例えば海外向けのビジネスに力を入れている企業に志望した受験者が、国内向けのビジネスに携わっていきたいというビジョンを語ったとしたら、面接担当者は、なぜ自分の描くビジョンと異なる方針をもった企業に志望したのか、受験者に対する疑義を持つでしょう。話に関連性を持たせ、筋を通すことは非常に重要です。

ほかには、具体的な行動計画を盛り込むことも大切です。抽象的な目標や理想を並べるだけでは、面接担当者を納得させることはできません。入社したらどのような部署でどのような業務に携わりたいのか、そしてどのようなキャリアを描いていきたいのか、できる限り具体的に説明しましょう。

また、成し遂げたいことを志望先で実現できる理由を伝えることも忘れてはいけません。自分のやりたいことが、何もその企業でなくてもどこでもできると思われてしまったら、その企業に応募する志望動機そのものがあやふやになってしまいます。なぜその企業でなくてはならないのか、そこが志望動機の最も重要な部分です。志望動機と志望する会社をがっちりと結び付けることで、その会社への真剣度の高さをアピールしましょう。

募集職種に合ったスキル・経験をPRする

募集職種にあったスキル・経験をPRすることで、面接担当者に自社に必要な人材だと思ってもらえる可能性が高まります。そのために大事なポイントは、応募先の事業内容、社風をしっかり分析することです。企業に自分をアピールする場合は、まずその企業がどのような人材を求めているのかを見極めなくてはなりません。どんなに優秀なスキルや豊富な経験を持っている素晴らしい人物だとしても、その会社の事業や社風にマッチしなければ、会社への大きな貢献は望めないでしょう。

事業内容や社風を見ていくと、その志望先が求める仕事との向き合い方や仕事の進め方を感じ取ることができます。すなわち、志望先が求める人物像が見えてくるでしょう。その企業がどのような人材を欲しているのかを理解することで、志望動機や自己PRをを結びつけ説得力を上げることができます。自分の持っているスキル・経験をやみくもにPRするのではなく、会社の考えをしっかり分析した上で、会社のニーズと自分のスキル・経験に繋がりを見つけて、効果的にアピールすることが大切です。

逆質問の時間で熱意を伝える

面接によっては、逆質問を尋ねられることもあります。この際に質問をしなければ「うちの会社に興味がないのかもしれない」と面接担当者に思われかねないため、何かかしらの質問はした方が良いでしょう。会社の求めていることにマッチしていて、かつ自分のスキルや経験をアピールできそうな質問をすれば、内容次第で面接担当者が興味を持ってくれる可能性もあります。あらかじめ会社のHPやパンフレットなどをチェックし、いくつか質問を用意しておきましょう。

大切なのはしっかりと準備をして面接に挑むこと

面接においては、しっかりと準備や対策を行っておくことが大切です。事前に十分対策しておけば、合格フラグを立てたり、不合格フラグを回避したりすることも可能でしょう。また、面接が終わった後は、その面接に関して一喜一憂しても結果は変わりません。面接を振り返ってポイントの洗い出しを行い、次の面接に活かせるようにしましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC