面接で聞かれることとは?-質問の回答例や企業が就活生に求める答え方を解説-

面接で聞かれることとは?-質問の回答例や企業が就活生に求める答え方を解説-

面接で聞かれることには特徴があります。この記事では、企業が就活生が面接中に聞きたい情報や答えてほしい情報について解説します。就活生は面接の対策以外にも多くの準備するべきことがあります。最小の準備でも企業への就職は可能なので、解説していきます。

面接で聞かれることは、面接ごとに違う?

面接で聞かれることは、面接ごとに違う?

面接で聞かれることは、段階によって異なります。ここでは、就活生が知りたい面接ごとの特徴を紹介します。就活生は選考の回数によってするべき面接対策が異なることを理解して対策していきましょう。

1次面接と2次面接の違い

1次面接と2次面接では、どのような違いがあるのでしょうか。まず、1次面接では入社意欲を1番に見ていますが、2次面接では企業とのマッチ度を見ています。1次面接の段階では応募者が余り絞りこまれていないことが多いので、1次面接は多数の応募者から人数を絞り込む場となります。一方で2次面接は人事によって自社で活躍できる人材か見極めていく場です。絞り込みにあたる基準については、1次面接で見ているので、2次面接では性格や能力がその企業に合致していることを全面的に売り出す必要があります。

1次面接では「質問に対して的確な返答ができるか」「回答に矛盾がないか」など、コミュニケーションスキルや論理的思考力などを見ています。また挨拶や面接の場に合わせた服装など、社会人としての基本的なマナーが守れているかどうかも重要です。2次面接は自社で活躍できる人材か見極めていく場、そのために面接官は応募者の性格や能力を把握しようとします。人の性格・能力の把握には経験・スキルが必要なので、2次面接は現場の管理職や人事担当者が行うケースが多いです。2次面接の担当者の役職を見て、面接で何について測ろうとしているか考察して対策すると良いでしょう。

2次面接と最終面接の違い

2次面接と最終面接では、どのような違いがあるのでしょうか。まず2次面接と異なり、最終面接は役員が行うことが多いです。ここでは役員による最終面接を前提に2次面接と最終面接の違いを解説していきます。既に説明したように2次面接で面接官は自社で活躍できる人材か、自社が求める人材にマッチしているかなどを見ています。つまり最終面接まで残った人は、これまでの面接を通じて、自社にマッチできるスキルを持っていて入社に意欲的であると求められた人達という訳です。

最終面接で企業が注目していることは「特徴のレベル」と「志望動機」です。「特徴のレベル」では応募者個人のアピールポイントや個性が、どの程度のレベルにあるのかに注目します。例えばアピールポイントが「英語力の高さ」なら、どの程度の英語力なのか、「努力家であること」なら、どの程度の努力家なのかを見る訳です。そして個人の特徴が高い人から順に内定を出します。また、特徴や能力が同じレベルだった場合、モチベーションの高い学生が選ばれるので、志望動機を通じて意欲を前面に見せることも必要です。

面接ごとに聞かれることが違う理由-企業が知りたい就活生の情報とは-

面接ごとに聞かれることが違う理由について解説します。ここでは、企業が知りたい就活生の情報について解説します。それを就活生が理解しておくことで、就活の対策が変わってくるので、企業が知りたい情報を理解しておきましょう。

1次面接で質問の回答に入れた方が良い要素

1次面接では、どのようなことを重要視されているのでしょうか。まず、1次面接では会話力や、論理的思考力などのビジネスパーソンとして必要な基礎能力があるかを見ています。つまり1次面接では、難しい回答を答えるというよりは、的確に質問に答えられるようにしておくことが重要です。就活の面接には個人面接と、4~6人程度の就活生が一緒に面接を受ける集団面接がありますが、1次面接は集団面接で行われることが多いです。集団面接だと、1人あたりに割り振られる時間はかなり短くなります。面接官の質問に対してダラダラと長く回答すると、他の就活生の邪魔になり悪い印象を与えかねません。そのため1次面接では、適切に話をまとめる能力も求められます。

1次面接では面接官の質問を理解して的確に回答する、回答は分かりやすくまとめることが大切です。その上で、できれば聞かれた質問に対して自分がどのような人であるかを加えて回答すれば、アピールに繋がります。

2次面接で質問の回答に入れた方が良い要素

先ほど説明したように、2次面接は、1次面接とは違って自社が求める人物像に合致しているか見極める場です。そのため企業の採用ページや会社説明会で話している「求める人物像」であることを表すエピソードを用意しておくと、アピールに繋がります。ただし、企業の掲げる「求める人物像」が採用基準と一致しているとは限りません。ですから、面接を受ける企業の主な業務に適した人材であることを証明できるエピソードがあると良いでしょう。

例えば志望先の企業の主な業務が営業なら、営業職で一般的に求められる特徴・能力を自己分析・適職診断ツールなどで調べます。志望先の職種で求められる特徴・能力を調べたら、それに合うエピソードを自分の経験談の中から選びます。エピソードを通して自身の特徴をアピールする場合、用意しているエピソードで伝えたいことが担当者にネガティブに捉えられないか確認することも重要です。例えば「好奇心が強い」という特徴はポジティブに捉えられやすいですが、伝統を重んじる社風の企業では評価されないかもしれません。自身の特徴やアピールポイントを考える時は、企業側がどう評価するかという点も考慮しましょう。

最終面接で質問の回答に入れた方が良い要素

先ほど説明したように最終面接では「特徴の程度」と「志望動機」に注目しています。そして自分の特徴の程度を伝えるときに、その特徴がどれくらいすごいものなのかわかるように説明する必要があります。例えば「英語力に自身があります」だけでは何が凄いのか伝わりません。「TOEIC800点以上」「外国人観光客を英語で案内するボランティアガイドの経験あり」など固有名詞や数字を使うことによって、具体性が増し、難易度が伝わりやすくなります。

志望動機には、ライフヒストリーに基づいた志望理由を準備します。志望動機は他の就活生とかぶりやすいので、被らないようにするためにもライフヒストリーを反映させた、オリジナリティのある志望理由が必要なのです。志望理由を伝える時は会社の何に共感して、なぜ働きたいと思ったかを自分の経験と照らし合わせて説明できるようにします。

面接で聞かれることを例文で紹介-就活生が対策するべき内容とは-

面接ごとに聞かれることが違うことは上記で解説しました。ここでは、実際の面接で企業がよく就活生に聞く例文を紹介します。実際に就活をしていくと必ず聞かれる内容になるので就活生は対策しましょう。

質問例1.自己紹介をお願いします

面接の序盤では「自己紹介をお願いします」と質問されることが多いです。自己紹介は自己PRとは違うので、自分のプロフィールを簡単に答えられるように準備しておきましょう。面接官にとって自己紹介は、人物像を測るための大事な質問です。また面接の序盤で行われる自己紹介は、第一印象を左右する質問となります。第一印象で暗い・覇気がない、などのネガティブな印象を持たれてしまうと、その後の質問にも影響を与えかねません。ですから就活生は表情や語調に気を遣って答えるようにしましょう。

自己紹介の際は、自分の特徴を紹介するうえで重要な経歴を簡潔に紹介するのがポイントです。そして自分のただの趣味や関心ごとを話して長々とした自己紹介にならないように注意しましょう。自己紹介は30秒~1分程度でまとめるのが一般的、個人によって差はありますが1分で話せる文字数は350文字前後と言われています。また企業によっては「2分で自己紹介をお願いします」と具体的な時間を指定する場合もあります。

質問例2.当社を志望した理由は何ですか

「当社を志望した理由は何ですか」という質問も、面接の定番の質問で、面接の序盤に聞かれる傾向があります。志望理由を考える時は、企業分析をして、なぜこの企業を選ぶのかを伝えられるようにしましょう。面接官は、この質問で職務上の強み、キャリアプラン、自社の理解度、自社への関心度をチェックしています。同じようなビジネスを展開する企業が他にもたくさんある中で、「その企業を選んだ理由」を具体的に伝える必要があります。企業分析を怠ってしまうと、他の企業ではなくその企業ならではの志望理由を答えることはできません。

また志望する企業の分析だけでなく、業界の分析も行うと効果的です。業界内での志望企業の強みや特徴を分析して、自分の経験・特徴と結び付けられれば「業界内でその企業を選んだ理由」に説得力が生まれます。そして自分目線ではなく、企業目線で戦力になる点をアピールすることも大切です。自分の経験や得意分野のみをアピールするのではなく、志望企業のどの事業で役立つのか、戦力になるのかも合わせて伝えましょう。

質問例3.長所・短所を教えてください

面接の中盤では「長所・短所を教えてください」と質問されることが多いです。長所・短所は自分の特徴を紹介するのに重要です。では、どのように長所・短所を説明すれば、面接官にアピールできるのでしょうか。まず長所について話すときは、具体的な事例を添えることで担当者の記憶に残りやすくなります。短所について話すときは、短所が業務に支障をきたすことは避けて、短所の改善策を明示することを意識しましょう。例えば「人見知り」「時間を守るのが苦手」「協調性がない」などは、業務に支障をきたすと捉えられやすいので、短所に挙げないほうが良いでしょう。

面接官は「長所・短所を教えてください」という質問を通じて長所が業務に生かせるか、短所が業務に支障を与えることがないかなどを確認しようとしています。また、自身の長所・短所を客観的に分析できているかどうかも見ています。つまり、短所がマイナスイメージになるからと言ってないと答えることはNGなのです。「短所はありません」と答えてしまうと、自己分析できていないとみなされるので注意しましょう。

質問例4.当社以外に受けている企業はありますか

面接の終盤では「当社以外に受けている企業はありますか」という質問をされます。このような質問をされても、他の企業を受けているからと言って嘘をつく必要はありません。面接官にとって、この質問は自社の位置づけを把握する意図があるので、他社も受けていることを隠す必要はないのです。「当社は第何志望ですか?」と聞かれることもありますが、第一志望でないと答えた場合、採用を躊躇されることがあるので注意しましょう。他に本命の企業があっても、面接では応募先を第1志望と答えるのが一般的です。

また応募企業の業界や職種が異なると、志望動機に一貫性がないと思われるので気をつけましょう。ただし就活生の中には金融業界に出版業界、IT業界など様々な業界の企業を受けている人もいるでしょう。そんな人はどうすれば良いのでしょうか。そもそも受けている企業を全て言う必要はありません。ですから、面接先が出版業界の企業なら、出版業界の企業の選考状況だけを伝えれば良いのです。

質問例5.学生時代に打ち込んだことは何ですか

「学生時代に打ち込んだことは何ですか」という質問は、学生であれば、必ずと言って良いほど聞かれる定番の質問です。学生時代に打ち込んだことを話す時はネガティブな内容や、短期的な内容はできるだけ選ばないようにします。エピソードの過程で取得した資格や何かの記録があれば忘れずにアピールすることも大切です。また概要→動機→課題→行動→結果→成長という枠組みで構成すると魅力的な内容になります。「学生時代に打ち込んだこと」は、自身の強みをアピールするチャンスなので、自己PRの内容とリンクさせると説得力が出ます。例えば自己PRで「集中力の高さ」をアピールしたなら、「学生時代に打ち込んだこと」でも「集中力の高さ」に繋がるエピソードを入れたほうが良いでしょう。

面接で聞かれることを就活生は理解して面接対策しよう!

就活の面接で担当者は様々な角度から就活生をチェックしています。またライバルとして他の学生も存在するので、その中で採用を勝ち取るためにはしっかりと対策することが重要です。面接の段階によって、求められることが変わってくるので、段階ごとに対策を練ってみましょう。特に企業が求めている人材を知っておくことは重要なので、企業分析には力を入れましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC