【新卒向け】企業分析が就活成功の鍵?目的や方法のポイントを押さえよう!

企業分析が就活成功の鍵?目的や方法のポイントを押さえよう!企業分析を行う方法がわからない新卒の学生を多いのではないでしょうか。この記事では、企業分析の方法について解説していきます。フレームワークがあるのでそれに当てはめて企業分析をしていきましょう。業界・事業・市場など見極めるべきポイントがあるので確認しておきましょう。

企業分析とは~分析する目的を利用しておこう~

企業分析とは~分析する目的を利用しておこう~企業分析について紹介していきます。目的を理解しているとより企業分析を行うことのメリットを感じる学生も多いと思います。解説していくので確認しておきましょう。

企業分析とは

企業の内部環境や外部環境を調べ上げて、どのような企業なのかを調査するのが就活で行われる企業分析です。応募先の企業がどういう仕組みで利益をあげているのか、企業が抱えている課題などを把握することが企業分析において重要なポイントになります。企業の内部環境はもちろんですが、外部環境も調べることが大切です。どういった競合他社がいるか、どんな顧客を抱えているのかもしっかり調べなければなりません。就活では自分の方向性をしっかり定めることが重要になりますが、企業の内部環境や、顧客・競合他社などの外部環境を把握することで、方向性が決めやすくなるでしょう。

企業分析をしっかり行わずにいると自分の方向性が決まらず、どのように就活を進めれば良いかが見えなくなってしまいます。ゴールが分からないまま闇雲に進み続けるようなものなので、企業分析を行わずに就活を進めるのはリスクが大きいです。時間をかけてじっくり企業分析することで、自分の目指すべき道が明確になります。そうすれば、自分の方向性にマッチする企業も探しやすくなるでしょう。自分の志向に合った企業を見つけるためにも、企業分析は重要な要素になるというわけです。

企業分析の目的

企業分析を行う目的は色々ありますが、その一つが自分に合った企業を見つけるためです。同じ業界の企業であっても、それぞれ行っている業務や特徴、求められるスキルは大きく変わります。そのため、いくつもある企業の中から自分に合った企業を絞り込むのは簡単なことではありません。企業がどのような業務を行っているか、どんな取引先と関係があるかなど、様々な側面を知ることで自分との相性を見極めやすくなります。企業分析によって自分の方向性にマッチした企業を絞り込むことができれば、就活もスムーズに進めることができるでしょう。企業の特徴をしっかりと把握し自分とマッチしているかを見極め、選考を突破するために企業分析を行うというわけです。

志望動機をよりはっきりさせることも企業分析の目的の一つです。企業のことを何も知らない状態で、志望動機を具現化することは難しいでしょう。選考を突破するためには、採用担当者を惹きつける魅力的な志望動機を考えることも大切です。企業分析をして応募先の企業のことをしっかり理解しておけば、その企業で自分が何をしたいのか、なぜこの企業で働きたいと思ったのかをより明確にできるでしょう。企業分析の中でも企業の特徴を知ることは重要な目的になるので、企業の特徴を知った上でそこから自分との相性を考えていくと良いです。

企業分析前に行っていくべきこと

企業分析を行う前の準備としてやっておきたいのが、自分が働きたいと思える条件を明確にしておくことです。少しでも良い会社で働きたいと考えている人は多いかもしれませんが、良い会社の条件は人によって変わります。給与水準が高い企業が良い会社だと思う人もいれば、残業が少ない企業が良い会社だと言う人もいるのです。こういう会社が良い会社だという定義は特にないので、まずは自分がどういう企業で働きたいのかをはっきりさせておかないと、良い会社に巡り合うことは難しいでしょう。

また、自分が企業に求める条件を明確にしておかないと、どの企業の企業分析を行うか絞り込むことができません。企業は無数にあるので、全てを分析するのは現実的ではありません。自分が本当に興味を持った企業を絞り込み、企業分析を行うことが就活をスムーズに進めるコツです。自分がどのような企業で働きたいのかはっきりしない状態で企業分析を進めても、企業の良いところばかり見てしまい、就活が上手く進まなくなってしまうこともあるでしょう。そうならないためにも、自己分析をしっかり行い自分が企業にどういった条件を求めているのかを明確にしておくことが大切です。

企業分析のフレームワークを紹介

企業分析の方法を紹介します。フレームワークがあるので当てはめて企業分析をしていきましょう。慣れれば自分で行うこともできると思うので行っていきましょう。

企業の特徴を調べる

興味を持った企業にどういった特徴があるかを調べておきましょう。企業情報や採用情報、制度、事業内容などをチェックすることで企業の特徴が見えてきます。

企業情報を見れば基本的な情報を知ることができる

企業分析を行う時は、まず企業の基本的な情報を調べておくと良いでしょう。基本的な情報は、企業情報を見ることでチェックできます。いつ設立された会社なのか、どんな場所に事業拠点があるか、どのくらいの資本金があるかなどを見れば企業の歴史や事業規模、転勤の可能性がありそうかなどを知ることができるでしょう。面接などで応募者が企業理念をしっかり把握しているかをチェックされることもあるので、企業理念はしっかり確認しておいたほうが良いです。

採用情報も必ず確認しておこう

どんなに良い企業だとしても、募集を行っていなければ意味がないので採用情報も確認しておきましょう。募集を行っているなら、どの程度の人数を採用するのか、採用職種、選考方法などもチェックすると良いです。

制度をチェックすれば働き方が見えてくる

休暇・休業制度や福利厚生、教育制度など様々な制度がありますが、どういった制度が取り入れられているかは企業によって変わります。制度を知れば働き方が見えてくるのでしっかりチェックしておきましょう。

事業内容をチェックして企業の強みを知ろう

事業内容を確認することで、どのようなサービスや商品を取り扱っている企業なのか、誰にサービスを提供しているかなども知ることができます。ビジネスの中身を知ることで、どんな強みを持っている企業なのかが分かるでしょう。

業界内での位置づけはどうか

自分が興味を持った企業が業界内でどのような立ち位置にいるかを調べることも企業分析の一つです。同じ業界にいる他社との違いを比較すれば、企業の魅力や特徴が理解できるでしょう。比較する時は広い視野を持って確認することが大切です。では、実際どのような部分を見比べれば良いのか詳しく解説していきます。

どのような相手と取引しているかを確認

企業によって、法人を相手にしているところもあれば、個人の消費者を相手にサービスを展開しているところもあります。「Business to Business(法人相手)」、「Business to Customer(消費者相手)」などとも言われますが、取引先によって事業内容や業務内容が変わるので、しっかりチェックしておくことで他業者との違いが見えてきます。また、法人を相手にしている同業者であっても、専門商社を相手にしているか、総合商社を相手にしているかでも領域の広さなどが変わるので、しっかりチェックして自分にマッチした企業かを判断しましょう。

規模の大きさもチェックしておこう

企業の規模を知ることも重要になるので、従業員の数や資本金、営業利益なども確認しておきましょう。これらを他の企業と見比べることで、事業規模の違いを比較できます。同じような事業内容の企業でも、規模の大きさによって特色は変わるので、しっかりチェックしておけば自分にマッチした企業を見つけやすくなるでしょう。

資本構成によっても企業の特色は変わる

グループに属していない独立系企業や、グループ内で資本関係を築いている系列系企業など様々な資本構成があります。どのような資本構成かで、人事制度や福利厚生などに違いが出てくるのでしっかりチェックしておく必要があるでしょう。特に外資系企業は日本の企業とは給与形態や福利厚生などが大きく変わるので注意してください。

見るべき項目はどこか

企業分析を行う時、見ておくべき項目はたくさんあります。まず基本情報を見ておくことは当然必要になりますが、単純に情報を見るだけでは細かな部分までは見えてきません。そのため、しっかり数値を出して分析し、それを他の企業と比較することも大切です。特に資本金に関しては、企業の持続性に関わる部分なのでしっかり分析しておきましょう。事業の規模を判断する時は、どの程度売上があるかや従業員の数を見ておくと良いでしょう。規模が大きくなればなるほど、従業員数も売上も多くなります。

対象の企業が上場しているかも見ておくべき項目の一つです。様々な条件をクリアしなければ上場することはできませんし、上場しているということは株主からの信頼も得ているということなので、企業の信頼性を判断するためにもチェックしておいたほうが良いでしょう。事業の運営が上手くいっているかどうかの指標になるのが営業利益です。しっかりと利益を出しているかどうかで、体力がある会社かどうか判断しやすくなります。営業利益だけでなく、営業利益率も合わせてチェックしておくことが大切です。設立年月日を見ておけば、その企業がどのようにして大きくなったのかが分かります。企業の成長スピードも把握できるので、他の項目と合わせて確認しておきましょう。

財務分析が必要

財務分析は企業の収益性や安全性などを分析するものです。客観的に企業を分析するために、企業分析と合わせて行われています。財務分析を行う際にチェックする財務情報は、株主などに対して公開しなくてはならない正確性の高いデータです。企業は嘘の情報を公開するわけにはいかないので、より正確に企業を分析することができます。企業のことを良く知るために企業説明会に参加するのも大切ですが、そこでは多くの人材を獲得するために企業の良い面しか説明されないケースもあります。しかし、企業の経営状況を正確にデータ化している財務情報を見ることで、嘘偽りのない企業の姿を確認できるのです。財務分析をしっかり行い、安定した経営をしている企業なのか、チャレンジングしている将来性のある企業なのか、倒産する危険性はないかなどをチェックしておきましょう。

SWOT分析で分かる企業の将来性

企業分析を行う上で重要になるのが、企業の将来性をしっかり確認しておくことです。将来性をチェックする方法はいくつかありますが、良く行われるのがSWOT分析です。内部環境と外部環境両方の強みと弱みを整理し経営環境を分析するもので、SWOT分析を行えば企業の方向性や将来性をチェックできます。企業の事業内容だけを見て選んでしまうと、就職した後に同じような事業を行っている他社を選んでおけば良かったと後悔してしまうこともあります。そうならないためには、将来性のある企業かを見極めることが大切です。SWOT分析は、経営戦略を立てるためにも行われています。

就活生がSWOT分析を行い経営戦略を立てる必要があるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、将来性のある企業かを判断するためには自分自身で経営戦略を考えてみることも大切です。例えば自分が立てた経営戦略と同じような経営戦略を立てている企業があれば、そこが自分にとって将来性のある企業かもしれないと考えることができます。しっかりとSWOT分析を行い、生き残る可能性が高い企業を見つけ出すことが就活を成功させるコツの一つです。

自分の方向性と企業の方向性は合っているか

どんなスタイルで働きたいと思うかは人それぞれです。そのスタイルが企業の働き方と合っていないと、自分には向いていないと感じてしまうかもしれません。例えば一人一人の顧客としっかり向き合い親身にサポートできる仕事をしたいと考えている人が、様々な案件をこなすことを重視している企業を選ぶのはミスマッチとなるでしょう。自分にマッチした企業かを判断するために、まずは企業の良いところと気になるところを挙げてみてください。

自分の実力をつけるために長く働ける企業を探している人なら、離職率を調べてみるのも自分と企業のマッチング具合を判断する方法の一つです。離職率の高さが気になったら、その理由を調べ自分の求める条件が企業と合っているのか検討する必要が出てくるでしょう。良いところだけでなく気になるところも探し、自分の方向性と照らし合わせることで企業との相性を見極めやすくなります。

企業分析をおこなって自分に合った企業を見つけよう

自分に合った企業を見つけるためには、就活でしっかり企業分析しておくことが大切です。就活をしていてどうしても働きたいと思える企業が見つかった時、必ずしもその企業と自分がマッチするとは限りません。しかし、企業分析を行いミスマッチしている部分を見つけることができれば、その企業で働くためには自分がどう変化すれば良いのか分かるようにもなります。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC