テレワークに向いている仕事って?【テレワークのメリットも】

テレワークに向いている仕事って?【テレワークのメリットも】

「テレワークできる仕事を見つけたい」と思っていませんか?この記事では、テレワークに向いている仕事を紹介すると共に、テレワークで仕事をするメリット・デメリットもお伝えしています。テレワークを実現することで、柔軟な働き方を手に入れましょう。

そもそもテレワークで仕事をするとは

そもそもテレワークで仕事をするとは

日本テレワーク協会は、テレワークを「情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと」と定義しています。

ちなみに「テレワーク」とは、「テレ(tele)=離れた所」と「ワーク(work)=働く」をあわせた造語です。つまりテレワークとは、インターネットなどの通信技術を使いつつ、会社以外の場所で働くことを指すのです。

また、テレワークは大きく以下の3つに分けられます。

  • 在宅勤務(自宅で働く)
  • モバイルワーク(移動中などにパソコンやスマホを使って働く)
  • サテライトオフィス(勤務先以外のオフィスで働く)

働く場所によって上記のような違いはあるものの、「柔軟な働き方」という点では共通していることが分かるでしょう。

テレワーク仕事とリモートワーク仕事はあまり変わらない

テレワークと似た言葉に「リモートワーク」がありますが、両者に明確な違いはありません。ただしリモートワークに関しては、テレワークよりも「広い概念」で捉えられることが多いです。

具体的には、リモートが「遠隔」という意味を指すため、「リモートワーク=離れた場所で仕事をすること」を意味します。つまり、どこで仕事をするかは特に関係なく、「離れた場所で仕事をする」といった大ざっぱことを言うときに「リモートワーク」を使うと解釈されるのです。

一方でテレワークは、先ほどお伝えした通り、ある程度限定された働き方のことを指します。「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス」の3つですね。

しかしながら、テレワークも「離れた場所で仕事をする」という意味を指すため、リモートワークとの違いはほぼありません。そのため「会社以外の場所で働くこと」を言いたいときは、どちらを使っても問題ないといえるでしょう。

テレワーク・リモートワークに向いている仕事と向いていない仕事

ここからは、テレワーク(リモートワーク)に向いている仕事、また向いていない仕事をそれぞれ3つずつお伝えします。

テレワークに関心がある人は、ぜひチェックしてみてください。

テレワークに向いている仕事

まずは、テレワークに向いている仕事から紹介します。

具体的には下記の3つです。

  • 営業
  • 事務職
  • システムエンジニア

では、それぞれの仕事についてお伝えします。

営業

テレワークをしやすい仕事として、まずは「営業」が挙げられます。営業は、基本的に外回りをすることが多く、社内にいる時間より外出している時間のほうが長いことも珍しくありません。

そして、顧客のもとに足を運ぶたびに会社に戻るのは非効率に感じてしまうものです。そのため営業社員のなかには、外出先のカフェで仕事をしたり、会社に戻らずに家に帰って仕事をしたりする人もいます。

また、現在はテレビ会議で商談を行うことも増えてきているため、「顧客のもとに足を運ぶ」という営業手法は、だんだんと昔のものとなりつつあります。

以上の理由から、営業はテレワークと相性がよく、会社にいなくても働ける仕事であるといえるのです。

事務職

事務職も、テレワークと相性のよい仕事のひとつです。事務職といってもさまざまな仕事がありますが、基本的にはパソコンに向かい、データ集計や入力、資料作成といった仕事が中心です。

こうした業務は、家にパソコンが1台あればできる仕事です。つまり、会社のなかで行わなければいけない特別な理由はないのです。

ただし事務職は、社内外の個人情報や会社の機密情報を扱うことも多い仕事です。そのためテレワークを行うときは、セキュリティに特に気を配る必要がある仕事といえるでしょう。

システムエンジニア

システムエンジニアも、テレワークに向いている仕事のひとつです。システムエンジニアとは、顧客の要望に沿ったシステムを設計する技術者のことです。

パソコンに向かって1人で作業をすることが多い仕事のため、テレワークで仕事を行ったとしても特に支障はありません。チームで作業にあたることもありますが、この場合もテレビ会議などを使えば打ち合わせが可能です。

事実、システムエンジニアとして働く人のなかには「フリー」として企業に属することなく働く人もいますが、彼らの多くはテレワークで仕事をしています。

テレワークに向いていない仕事

次に、テレワークに向いていない仕事についてお伝えします。

具体的には、以下の3つです。

  • 接客業
  • 工場勤務
  • 看護師

では、それぞれの仕事について紹介します。

接客業

接客業は、テレワークに向いていません。アパレル店舗の定員、銀行の窓口担当、そしてコンビニのレジ打ちも接客業のひとつです。これらの仕事は、お客様と対面する必要があります。

そのため仕事の性質上、そもそも「1人で働く」ということができないのです。ただし現在は、無人店舗の導入や、銀行の口座開設がネット上の手続きで完結するなど、接客が必要な場面がだんだんと減ってきています。

数年以内には難しいでしょうが、技術の進展に伴い、接客業でも着実にテレワークは進んでいくでしょう。

工場勤務

工場勤務が必要な仕事も、テレワークには不向きです。製品をつくるためには、工場内の専用の機械を操作する作業がどうしても発生してしまいます。

さらに機械にトラブルが発生した場合、その機械を実際に点検することも必要です。

工場はかなり自動化が進んでいますが、まだまだ人間の手や目が必要な作業も多いものです。そのため、自宅でパソコン1つだけで仕事をする……といった未来は、工場勤務者にはもう少し先のことといえるのです。

看護師

看護師も、テレワークとは相性が悪い仕事です。医療従事者全般にいえますが、特に看護師は患者と直接接することが求められる仕事です。

入院患者のケアを担当する看護師であれば、テレワークとは無縁の日々を送ることになります。ちなみに「遠隔治療」など、患者が病院に行かなくても治療を受けられる技術は加速度的に進歩しています。

そのため、医者がテレワークを行える未来は確実に近づいているといえますが、一方で看護師にはまだまだ遠い話です。患者のお世話をするロボットの開発も盛んですが、「人間の手で看病してほしい」という患者からの声も根強いため、看護師のテレワーク化はやはり先の話となりそうです。

テレワーク・リモートワークで仕事を行うメリット、デメリット

テレワーク(リモートワーク)で仕事を行うことは、メリットも多い一方で、実はデメリットも存在します。

テレワークの仕事に就いたあとに後悔しないよう、メリットだけでなくデメリットも踏まえた仕事選びを行いましょう。

テレワーク・リモートワークのメリット

まずは、テレワーク(リモートワーク)のメリットからお伝えします。

具体的には下記2つです。

  • 通勤時間がなくなる
  • 育児や介護と両立がしやすくなる

では、それぞれのメリットについて見ていきましょう。

通勤時間がなくなる

1つめのメリットが、通勤時間がなくなることです。テレワークをすることで、満員電車に揺られながら会社に向かう日々から解放されます。

特に、自宅から会社までの距離が遠い人の場合、通勤の往復だけで3~4時間かかってしまうこともあるでしょう。そして狭い電車のなかに何時間も押し込まれることは、ストレスが大きくかかるものです。

一方でテレワークをすると、「通勤」というストレスがなくなります。通勤にあてていた時間を趣味や家族と過ごす時間にあてることで、プライベートの充実も図れることでしょう。

育児や介護と両立がしやすくなる

育児や介護と両立がしやすくなることも、テレワークを行うメリットのひとつです。

働く意思があっても、育児や親の介護などで会社を休職せざるを得ない人は少なくありません。しかしテレワークを行うことができれば、自宅にいながらにして仕事ができるため、育児や介護と仕事の両立が可能になります。

ちなみに近年は、「サテライトオフィス」の設置を進めている会社も増えています。サテライトオフィスとは、会社以外の場所で従業員が働くことのできるスペースのことです。

たとえば、自宅の近くにできたサテライトオフィスを使えば、介護している親に異変があった場合にもすぐに駆け付けられるなど、より利便性高く仕事が行えるようになるのです。

テレワーク・リモートワークのデメリット

次に、テレワーク(モバイルワーク)のデメリットをお伝えします。

下記の2点です。

  • 仕事に集中できない可能性がある
  • 運動不足になりやすい

それぞれのデメリットについて解説します。

仕事に集中できない可能性がある

テレワークのデメリットとしてまず挙げられるのが、仕事に集中できなくなる可能性があることです。

オフィスは、良い意味でも悪い意味でも「周りから監視されている」環境といえます。つまり周りの目がある以上、仕事に集中せざるを得ないのです。

一方でテレワークは、基本的に1人きりで仕事を行うため、仕事をしている様子を周りから見られることはありません。

家のなかで仕事をしていると、いろいろな誘惑も多いことでしょう。そのためテレワークは「集中が続きにくい環境」のなかで働くことといえ、場合によっては仕事の生産性が落ちてしまうことも考えられるのです。

運動不足になりやすい

運動不足になりやすいことも、テレワークを行うデメリットのひとつです。会社に通勤していれば、駅まで歩く、階段を上る、といったかたちで体を動かせます。

一方でテレワークの場合は、自宅で働いていれば一日中家から出ないこともあります。

仕事で高いパフォーマンスを発揮するためには、運動も含め、健康を維持し続けることが欠かせません。そのためテレワークで運動量が落ちてしまうと、健康に問題を抱えるようになり、仕事のパフォーマンスも落ちていってしまう……といった悪循環に陥る可能性があるのです。

テレワーク・リモートワークに向いている仕事の特徴

テレワーク(リモートワーク)に向いている仕事には、共通点があります。

具体的には、以下の2点です。

  • 1人で仕事が行える
  • 成果が見えやすい

それぞれの特徴について解説します。

1人で仕事が行える

1つめの特徴が、「1人で仕事が行える」という点です。

テレワークがしやすい仕事では、仕事のなかで誰かと密にやり取りをすることがありません。基本的には1人で黙々とパソコンに向かっているか、または営業のように単独行動で仕事を行えることがほとんどです。

逆にいうと、常にチームメンバーと意見を交わす必要がある仕事などは、テレワークには不向きといえます。

成果が見えやすい

成果が見えやすいことも、テレワークに向いている仕事の特徴のひとつです。たとえば事務職の場合、「社員の給料データを表にまとめる」といった仕事は、明確なゴールが見えやすいものです。

このように完成したイメージが描きやすい、つまり「成果が見えやすい」仕事は、その仕事を進める間に上司からのチェックなどをほぼ必要としません。そのため基本的には1人で進めることができ、会社に行かなくても仕事を行うことができるのです。

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.5%が辞めずに続けられる

    2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC