働かずに生きる方法って?「できるだけ働かない」ためには?

働かずに生きる方法って?「できるだけ働かない」ためには?

多くの人が、「できるだけ働かずに生きたい」と思うものです。働くということは、大変なことや自分の望まないことと向き合わなければならない場面も多いでしょう。

それでは、できるだけ働かない環境を作るにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、できるだけ働かないことについて掘り下げ、合わせておすすめの方法やできるだけ働かないためのポイントなどをご紹介します。

働かずに生きることは可能なのか?

「できるだけ働かない」ことは可能なのか?

「できるだけ働かない」といっても、簡単にはいかないはずです。ではまず、「できるだけ働かない」というのはどういうことなのでしょうか。「できるだけ働かない」のは可能なのでしょうか。くわしく見ていきましょう。

全く働かずに生きるのは難しい

まず、働くということを「お金を稼ぐこと」と考えてみましょう。そうすると、自分が生活する上で必要なお金を、いかに働く以外の方法手に入れるかが重要な課題であることが見えてきます。

たくさんの貯えがあったり、生活資金を与えてくれる人がいたりするのであれば別ですが、そうでなければ自分自身でお金を稼ぐ必要があります。

ただし、一般的に、働く以外の方法で十分なお金を得ている人は多くないため、全く働かずに生きるということは現実として難しいでしょう。

不労所得って?簡単に稼げるようになるわけではない

働かずに得られるお金のことを「不労所得」と言います。ただし、前項でも述べましたが、何もしないでお金を得られるということは滅多にありません。

たとえ自分自身では働かないとしても、他人に対して何らかの価値を提供することでお金を得られるという仕組みは変わりません。つまり、働かずにお金を稼ぐためには、他人に提供できるなんらかの価値を自分が所持していなければならない、ということになります。

それでは働く以外の方法で他人に提供できる価値がある人がどれくらいいるかと言えば、現実的にはほんの一握りです。

特に、さまざまな経験や能力面で劣る若いうちは、不労所得を得られるほどの価値が自分に伴っていないことが多く、簡単に稼げるようになるのは非常に難しいと言えるでしょう。

働かずに生きるために、理由を明確にしよう

働きたくないと思いつつも、全く働かないことは現実的ではありません。それでは、なるべく働きたくないという人はどうすれば良いのでしょうか。

1つの考え方として、自分の「働きたくない理由」を明確にして、それを避けることで働くことへの負荷を下げる方法があります。

負荷が下がることで、同じ時間働いたとしても苦痛を感じる度合いは大きく変わってきます。全く働かないわけではありませんが、働きたくなくなる原因を取り去れば、働くことへの抵抗が少なくなり、より働きやすくなる可能性があります。

自分が働きたくない理由、働く上でどんなことを苦痛と感じるのかを考え、それを上手に避けていくことが大切です。

働きたくない理由その1:人間関係が面倒だから

よくある働きたくない理由として、「人間関係が面倒」という声は頻繁に聞かれます。職場にはいろいろなタイプの人がいます。

性格が合わない人、考え方が違う人、自己主張が強い人など、一緒に仕事をしている中で苦手な人がいると、やりづらいなと感じる場面も少なくありません。

また、就職・転職すると、それまでとは全く異なる新しい環境になります。何もかもまっさらな状態からスタートしなければならない状況で、人間関係も一から構築していくのは非常に負荷が大きいでしょう。

周囲の人はどのような性格なのか、どのように接していけば良いのか、あれこれ考えて四方八方に気を遣いながら周囲の人となりを少しずつ探っていかなければならない面倒さに、嫌気がさしてしまうかもしれません。

さらに、最近でこそ減っているという話も聞くようになりましたが、職場で望まない飲み会やサークル活動への参加など、直接仕事に関係ない付き合いを勧められる場合もあります。職場で毎日顔を合わせる手前、断りづらいという感覚もあるでしょう。

このような人間関係の鬱憤が、転じて働きたくない理由になっている場合があります。

働きたくない理由その2:人に指示をされたくないから

よくある働きたくない理由の二つ目として、人に指示をされたくないというのもしばしば挙がることです。仕事をするにしても誰かの指示に従うのではなく、自分のペースで進めたいと思う人は少なくないでしょう。

人の指示というものは、その内容が難しかったり納期が短かったり、自分に負担のかかるものであれば、プレッシャーの原因となることがよくあります。

また、指示自体があいまいで分かりづらかったり、納得できなかったり、指示する人と信頼関係が無かったりすると、指示自体がストレスの原因になってしまうこともあります。

自分の思うとおりに働きたいという気持ちは、誰でも少しはもっているものなので、人に指示をされたくないという理由は非常に身近なものであると言えます。

働きたくない理由その3:時間の自由がないから

よくある働きたくない理由の三つ目として、時間の自由がないからという意見も少なくありません。一般的に、働くということは仕事に時間を拘束されることであるとも言えます。

会社勤めをする場合、平日の日中はほとんど会社にいることになってしまうので、自分の自由な時間は夜か休日だけになってしまいます。趣味や勉強など、やりたいことがある人にとっては、自由時間が少なくなることが働きたくない理由になり得るでしょう。

また、働く時間と自分の生活リズムが合わないということも大きな要因の1つです。早起きが苦手な人や、逆に夜が苦手な人などが、自分の苦手な時間帯に働かなければならないと、精神的なストレスを受けるだけでなく、体調を崩してしまうこともあり得ます。

働かずに生きるために、おすすめの方法

それでは、「できるだけ働かない」ためにはどのような方法があるか、おすすめの方法を4つご紹介します。

おすすめの方法その1:機械やデータに向き合い続ける仕事を選ぶ

人間関係が苦手という人には、機械やデータと向き合う仕事がおすすめです。機械やデータに関わる仕事は、必然的に人との関わりが少なくなります。業務上必要なやり取りはメールなどのツールで行えるため、直接人と接する機会は減ります。

仕事によっては、一日中ほかの人と会話をしなくても良いというものもあります。人との関わりをできるだけ避けたいという人にとっては、働きやすい環境と言えるでしょう。

なお、機械の操作やデータ処理といった仕事は集中力正確性が求められるので、良好な人間関係を作るのとはまた違う能力が必要となることは留意が必要です。

コミュニケーションをとらなければならない状況から極力解放されることで、働くことへのハードルも下がるはずです。

おすすめの方法その2:リモートワークやフレックスの制度を使う

時間の制約があることが嫌な人は、リモートワークやフレックスといった制度のある会社を選ぶのがおすすめです。

リモートワークとは、オフィスに出社するのではなく、自宅やコワーキングスペース、喫茶店など好きな場所で働くことを言います。リモートワークが可能なら、毎日通勤する必要がなくなるため、その分の時間を自由に使えることになります。また、自分の好きな場所で働けることで、会社に縛られるような感覚が薄れることもポイントです。

フレックスとは、会社ごとに定める数時間のコアタイムさえ会社にいれば、あとの時間は出退勤が自由という制度です。朝早く働き始めることも、ゆっくり出勤することも可能なので、自分のペースで通勤し、ある程度柔軟に勤務する時間帯を決められます。最近では政府が働き方改革を進めていることもあり、こういった制度を採用する会社も増えています。

おすすめの方法その3:フリーランスになって好きな仕事だけする

人からの指示を受けることや、自分の嫌いな仕事はしたくないという人は、会社に所属しないフリーランスで働くという選択肢もあります。フリーランスであれば、その仕事をするかしないかを自分の意思で決められるので、自分のやりたいことや得意なことだけを仕事にすることができるでしょう。

また、お金が必要な時にはたくさん仕事をして、そうでないときはペースを落とすなど、自分の状況に合わせて働くペースを変えることも可能です。仕事の依頼をくれるクライアントが多くいるのであれば、フリーランスという働き方も魅力があります。

おすすめの方法その4:コスパの高いバイトで短期的に稼ぐ

なるべく働きたくないものの、お金が必要という場合は、コスパ(時給)の高い仕事を短期間だけ頑張るという手もあります。短時間なら集中して働けるというタイプの人にはぴったりです。

例えば同じ仕事内容でも、22時から5時までの深夜の時間帯は深夜手当として、それ以外の時間帯の25%増しの時給がもらえます。働く時間帯を工夫すれば、同じような労力でより多くお金を稼ぐことも可能です。

ほかには、期間工などははじめから働く期間が決まっており、比較的時給も良い仕事です。寮や食堂を備えている場合もあるので、自分で住居を探したり、食事を用意する必要がなく、生活費が少なくて済むというメリットもあります。

また、いわゆるアルバイトとは異なりますが、治験という方法もあります。治験とは、医薬品などの承認を得るために行われる臨床試験のことです。

自分で試験対象の薬を使用し、どのような反応が出るかなどを確認します。医療機関に宿泊滞在したり、定期的に通院したりするなどの必要はありますが、自由時間が多く報酬の条件が良いなどのメリットもあります。

働かずに生きるためには「節約」がカギ!

ここまでは「いかに働くことの負荷を少なくするか」について説明してきましたが、それと合わせてできるだけ働かないようにする方法も理解しておきたいところです。働く時間を減らすには、そもそも生活に必要な費用を低くすれば良いでしょう。

自分の生活費の中で、本当は不要なものを見極めて節約することで、生活費が抑えられ少ない給与で生活できるため、その分働く時間も短くすることができるのです。生活費の節約をする際は、毎月決まった金額がかかるものや、毎月大きな金額がかかっているものから、手を付けることが大切です。

節約方法その1:家賃が安い家に引っ越す

効率的な節約方法として第一に挙げられるのは、家賃の安い家に引っ越すことです。賃貸住宅に住んでいる場合、毎月の家賃は無条件にかかります。また、家賃は金額が大きく、生活費の中で占める割合も少なくありません。

逆に言えば、なるべく家賃が安い家に引っ越してしまえば、努力しなくても毎月の生活費をグッと安くすることができるのです。

引っ越しはさまざまな準備や手続きを行わなければならないため、たとえ現在の住居に不満があってもついつい住み続けてしまうこともあるでしょう。

しかし、生活費に対して家賃の割合が高過ぎれば、生活費はずっと圧迫されたままです。広い間取りや機能的な設備、便利な環境、どれも住まいを住みよくしてくれる要素ですが、果たして現在自分が求めるライフスタイルに欠かせないものなのでしょうか

今の家に住み続けることが本当に必要なのか、一度見つめなおしてみると良いかもしれません。

節約方法その2:地方や海外も移住する

引っ越し以上に節約効果がある方法として、思い切って地方や海外に移住するという方法もあります。日本、特に都市部は家賃だけでなく生活にかかる費用全般が高い傾向にあります。

地方や海外に移り住んでしまえば、生活にかけるお金を少なくしても、都市部に住んでいた頃と同水準の暮らしをすることも可能です。

最近ではインターネットや翻訳技術の発達で、どこにいても仕事ができたり、言葉を話せなくても外国人とコミュニケーションをとることもできたりするようになってきました。

なお、海外に移住となると日本が恋しくなるのではないかと考える人もいるかもしれません。しかし、比較的大きな都市であれば日本人がコミュニティを作っているところがあるので、ホームシックになることも少ないでしょう。

できるだけ働かずに暮らすというライフスタイルを実現させるためには、日本を飛び出すという案も検討してみてはいかがでしょうか。

節約方法その3:自炊をする

引っ越しや移住まではさすがにできないという場合は、自炊を始めるのがおすすめです。毎月の食費は、家賃と並んで相当な金額がかかっていることが多いものです。

最近では安く外食できるお店もあるにはありますが、賢く自炊することでもっと食費を抑えることも可能でしょう。より安い食材を選んで購入し、無駄にせず使うことがポイントです。食材一つみてみればわずかな金額の違いかもしれませんが、コツコツ積み重ねることで大きな節約になります。

また、お金のことだけでなく、自炊には健康面のメリットもあります。自分に足りない栄養を考えて料理を作れるため、バランスの良い食事ができるでしょう。

外食は塩分が高めのメニューや外国産の食材などを使用したメニューも多くあります。その点、自炊をすれば自分で塩分の調節をしたり、産地を選びながら食材を購入したりできるので、自然に健康的な食事が摂れるようになります。

「なぜ働きたくないと思うのか」から考えよう

一口に「働きたくない」といっても、その理由はひとそれぞれです。自分がどうして働きたくないのかを見つめなおして、その理由が解消できる対策をとれば、方針も見えてくるはずです。

ぜひこの記事を参考に、自分が働きたくないと感じている理由を分析してみてください。そして、自分の求めるライフスタイルを叶えるため、積極的に行動しましょう。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC