オンライン面談実施中!

仕事が見つからないときに見つける方法は?自分に合った働き方ができる企業を選ぼう!

仕事が見つからないときに見つける方法は?自分に合った働き方ができる企業を選ぼう!

「仕事が見つからない状況で困っている」「仕事が見つからないため今後の生活が心配」という方もいるでしょう。とくに2020年からは新型コロナウイルスの影響で就職活動や転職活動がうまくいっていない、働いていたが失業してしまった、などの事情がある方もいるかもしれません。新卒採用を目指す大学生も、まだ内定が出ていない人もいるでしょう。この記事では、仕事が見つからないときの解決方法、仕事が見つからない理由と対策、仕事が見つからない不安解消法などについて解説します。

この記事のまとめ

 1.仕事が見つからないときの解決策を知ろう

 2.仕事が見つからない理由と不安解消法を知ったうえで仕事を探そう

 3.仕事が見つからないのは自己分析不足の可能性もあることを理解しよう

 4.ひとりだけで就活せず、就活エージェントなども頼ろう

仕事が見つからないときの解決方法一覧

仕事が見つからないときの解決方法一覧

「仕事が見つからない」「仕事がなくて収入がない」「就職先がない」などの理由で困っているときに、どのような対策を取ればよいかについてご紹介します。

仕事が見つからず困ったときの解決策

仕事が見つからない解決策には、以下の方法があります。

働ける場所を見つけてまずは働く

すぐにできる仕事を見つけて働き、生活に必要な収入を得る方法です。たとえば、新型コロナウイルスをきっかけに始める人が増えている「UberEats」の配達員は転車やバイクを持っていれば誰でもスタートでき、報酬も週払いです。

また、スーパーやコンビニのレジ、介護職、病院の受付、荷物の配送員、清掃業など、未経験からでも働くことができ、かつ人手不足のため採用されやすい職種は複数あります。日雇いや数週間〜1ヶ月程度の短期の仕事も、取り急ぎの選択肢としてよいでしょう。アルバイトなどでもよいのでひとまず何らかの仕事に就いて働くことで、仕事に困っている状況から抜け出せます。

現在就活中の大学生も、就職先がないからとブラック企業などに無理に就職する必要はありませんが、たとえ志望度の低い企業であっても内定をもらった企業にまず就職することを決めれば、卒業してから仕事が見つからない不安に苛まれることがなくなります。自分に向いてる仕事や本当にやりたい仕事を見つけたりするのは、それからでも遅くはないでしょう。

あらゆる制度を活用する

たとえば、国が実施している無利子の貸付や家賃支援を利用する、保険料や年金、奨学金などの支払いの減免/納付を延期する制度などを活用する方法です。

コロナの影響で失業したり仕事が減ったりした人もいるため、現在は、そのような人を救済するためのさまざまな特別措置が実施されています。条件に該当すれば、光熱費の支払い延長などの制度を利用できるケースもあります。

仕事がなく収入がない、貯金がなくなりそうなどの場合、国から貸付してもらい仕事が決まって働けるようになってから返済する、毎月支払っているお金の額を減らしたり支払いを延期したりするなどの方法を使うことで、金銭的な負担を減らすことができます。利用条件を満たしている場合は、積極的に利用したほうがよいでしょう。

生活コストを下げる

たとえば賃貸に住んでいる場合、いまよりも家賃の低い家に引っ越すのもひとつの方法です。また、仕事が見つかるまでは実家に戻るなど、生活にかかるコストを下げることで、仕事が見つからない人もお金の心配を減らすことができます。

そのほかにも、格安スマホに変える、自炊をする、必要なものはフリマアプリで買う/不要になったものは売るなどの方法で、生活にかかるお金を下げることができるでしょう。

仕事が見つからないときにやってはいけないNG行動

仕事が見つからないからといって、以下のような行動は避けましょう。

借金をする

消費者金融など、利子がかさみ後で返済に苦労する可能性が高い所からはお金を借りないようにしましょう。ヤミ金融や学生ローンなどはもってのほかです。もし借りるとしても、国の無利子貸付や自分の両親など、信頼できるところから借りるべきです。

本当に暮らしが立ちゆかなくなった場合には、生活保護を受けるという選択肢も残されています。「仕事も見つからないしお金がないから借金するしかない」と悲観せず、まずは借金せずに済む方法を探しましょう。

怪しい仕事/評判の悪い企業に就職する

何をやるのかよくわからない怪しい仕事やあきらかなブラック企業は、たとえ仕事が見つからなくてもやめましょう。世の中には、仕事がない人の心理につけこんだ詐欺まがいの仕事、低賃金で過重労働を強いる仕事、労働者を使い捨てにするような仕事も紛れています。

コロナの影響で失業者が増えていることもあり、仕事が見つからない人が問題のある仕事に手を出したり、ブラック企業に入社したりしてしまうリスクは増えています。

そのような仕事をしても結局早期離職になってしまい、ふたたび就職活動を再開しなければいけなくなる可能性が高いでしょう。あせっておかしなところで働くよりも、アルバイトなどで生計を立てるなどして、きちんとした仕事を探すほうが賢明です。

仕事探しをやめる/引きこもる

仕事が見つからないからといって、仕事探しをあきらめても解決しません。むしろますます落ち込んで精神的に参ってしまう、収入が途絶えてしまうなど、より状況が悪化する可能性が高いでしょう。

自宅で休息を取ったりのんびりと過ごしたりするのは問題ありませんが、ずっとその状態で家にいて、仕事を見つけないままになってしまうのは避けましょう。国の労働相談を利用したりハローワークへ行ったりするなど、仕事探しのためのアクションは続けましょう。

【状況別】仕事が見つからない人が仕事に就く方法

「仕事が見つからない」といっても、年齢や住んでいる場所などによって、悩みは異なるでしょう。状況別に、仕事が見つからない人が仕事に就くための方法をご紹介します。

【大学生】新卒として就活をしているケース

新卒採用を目指して就活をしている大学生は、適職診断を利用する、新卒者向けの就活エージェントを利用する、自己分析や業界/企業研究などをして自分に合った仕事や企業を見つける、などの方法がおすすめです。

ジェイックの「FutureFinder」は、無料で特性分析を受験でき、その結果から自分に向いてる仕事を探すことが可能ですので、就活中の大学生の方はぜひ活用してみてください。

現在就活をしている大学生の場合、正しい方法で就活を続けていれば、内定をもらって就職できる可能性は高いでしょう。コロナの影響で新卒採用を停止している企業や倒産してしまった企業などはあるものの全体から見れば一部であり、大半の企業は採用活動をしています。落ち着いて、いまできることに取り組みましょう。

【若年層】20代で無職のケース

20代で仕事が見つからない人は、以下の方法を試してみるとよいでしょう。

  • なりたい姿から逆算して考える
  • 過去のモチベーションが上がった体験から考える
  • やりたいコトを50個を書く!
  • どんな仕事が存在するのか探す
  • 近場の就職&転職イベントで見つける
  • 自分で可能性を狭めない
  • テーマを絞って見つけやすくする
  • 不得意やりたいない仕事を選択肢から外す
  • 自主的に努力した経験から見つける
  • 継続出来ている活動から見つける
  • 向いてる仕事で考えてみる
  • 就職/転職支援をしている会社へ相談する

上記の具体的な方法は、以下の記事でご紹介しています。

『やりたい仕事がない』はチャンス!-やりたい仕事を見つけて就職する方法-

『やりたい仕事がない』はチャンス!見つける方法/注意点/向いてる仕事の選択肢

20代の場合、やりたい仕事を探したり、自分に合った仕事を見つけたり、しっかりと就職活動をしていったりすることで、たとえ現在は無職であっても、まだまだ正社員として就職しやすい段階にいます。あきらめず、前向きに仕事探しをしていきましょう。

【ミドル層】30代で無職のケース

30代で仕事を見つからない時は、まずは就職をするという選択をおすすめします。30代になると、企業も即戦力を求めています。スキルやマネジメントなどの実績を求められるケースが多いでしょう。

【ミドル層】30代で無職のケース

仮に、そのような実績が無い場合でも私達ジェイックは「30代カレッジ」という30代専門の就職支援の展開をしています。興味のある人は一度以下の30代カレッジについて紹介をしているページを参考にしてみましょう。

30代の就職/転職は苦戦するケースが非常に多いです。「後悔先に立たず」なので行動をしていきましょう。

【中堅以降】40代以降で無職のケース

40代以降で仕事が見つからない場合、たとえば病気など仕方がない理由で辞めた/会社の倒産や解雇などに遭ったという人は、前職の経歴やスキルを活かした仕事に就くために、まずは40代以降を対象とした就職エージェントなどを利用したほうがよいでしょう。

一方で「40代になるまでフリーターやニートだった」「これといった職歴がない」などの場合、正社員就職のハードルが上がることは事実です。しかし、未経験でも就職できる仕事はあるため、ハローワークを利用するなどしてあきらめずに探していきましょう。

【地方住まい】田舎に住んでいて無職のケース

地方などの場合、都会とくらべると仕事の数や求人数自体が少ないことがあります。そのため、仕事が見つからない確率は、都会に住んでいるよりも高いといえるでしょう。まだ年齢が若い、独身などであれば、都会での仕事を見つけて上京するのもひとつの手です。

ただし、年齢が高め、結婚していて家族がいるなどの場合、仕事が見つからないからといって上京するのはリスクが高いといえます。ハローワークなどで地元に特化した求人を探す、知り合いのツテを活用するなど、まずは自分が住む場所でできる仕事を見つけたほうがよいでしょう。

仕事が見つからない12の理由と対策

仕事が見つからない12の理由と対策

仕事が見つからないのはなぜか、考えられる主な12の理由と、それぞれの対策についてご紹介します。

条件にこだわりすぎている[理由1]

仕事が見つからない主な理由として、条件にこだわりすぎているということがあります。勤務地は自宅の近くがよい、高給の仕事に就きたいなど、理想の条件を並べればキリがありません。

ですが、そもそも100%理想の仕事を見つけるということ自体、むずかしいといえます。仕事に対する条件を選ぶ時はある程度の妥協も必要になりますし、条件についても前向きに考えることが必要です。

たとえば、職場の近くに引っ越す、給与アップのために資格取得や管理職登用を目指す、などです。

どんな仕事に就きたいのかハッキリしていない[理由2]

仕事がなかなか見つけられない場合、どんな仕事に就きたいのか、その希望内容がハッキリしていないということがあります。希望内容がなくては、仕事の種類を絞ることもできません。

その場合、まずは興味がある仕事や好きな仕事で選んでみる、自分の理想的な生活を思い描いてみる、という方法もよいでしょう。たとえば「平日に休みが欲しい」「在宅で仕事がしたい」など働き方で考えると、おのずと職種や応募企業も絞れてくる可能性があります。

求人を十分に探せていない[理由3]

仕事が見つからないのは、そもそも求人を十分に探せていない可能性があります。たとえば実家で暮らしている、貯金がしっかりあるなど生活が逼迫していない場合、ついのんびりしてしまい、本気で仕事を探していない可能性もあります。

ですが長期間本気で仕事を探さずにいると、いざ働く必要性が出てきたときに、いざ本気で仕事を探してもすぐに見つかる可能性は少ないといえます。できる範囲からでよいので、複数の就職サイトに登録する、求人の検索回数を増やすなどして仕事を探しましょう。

働くことへの自信がない[理由4]

仕事が見つからない場合、働くことに対する自信を失ってしまっている可能性もあります。前職がうまくいかずトラウマがある、内定がもらえず社会から必要とされている気がしない、きちんと働いたことがないため仕事ができるか不安、などです。

しかし、自信がないと、選考の際に不利になってしまうかもしれません。自信のなさは、言葉や態度に現れることがあるからです。面接の時に印象をよくしたいと考えているなら、自分の気持ちや現状を受け入れたうえで、仕事に対する前向きな気持ちを取り戻していくことも大切です。

自分ひとりで就職活動をしている[理由5]

仕事が見つからない理由として、自分一人だけで就職活動をしているということも考えられます。

就職活動というのは、ただ理想の職場を探したり求人にエントリーしたりするだけではありません。正しい履歴書や職務経歴書の書き方や、面接のコツなどを知って効果的に取り組むことも、企業から内定をもらうためには必要なのです。

就職活動をするときには、就職エージェントに相談してみる方法もあります。就職エージェントに相談することにより、仕事探しをサポートしてくれたり、書類や面接対策、求人や業界の動向などについてこまめに教えてもらうことができます。

一人で就職活動に取り組むよりも、的確なアドバイスやコツを得たほうが、成功しやすくなります。抱え込まず、専門家に相談することもひとつの選択肢です。

自己分析が足りていない[理由6]

自己分析は、自分に合った仕事を見つけるために効果的な方法です。自分の内面を見つめ直すことで、本当にやりたい仕事が見えてきます。

簡単な方法として、まずは自分史を作ってみましょう。これまで自分が過去にどのような経験をしてきたのかを、簡単で良いので書き出すのです。そして、過去の経験を見直しながら、自分の長所や短所を探していきます。自分の主観だけでなく、他の人からの客観的な意見を取り入れることも大切です。自分なりの分析と客観的な意見により、自分が本当にやりたい仕事が見えてきます。

新卒で就職活動をしている方は、無料で利用できる自己分析ツールの Future Finderもぜひ活用してみてください。

こだわりがない[理由7]

仕事が見つからない人の特徴に「求人なら何でも応募する」という人がいます。その積極性やチャレンジ精神は悪いことではありませんが、その姿勢ではなかなか就職に成功することはむずかしいでしょう。理由として、仕事に対するこだわりがないゆえに熱意や志望動機が伝わらない、その企業での仕事に必要なスキルや知識などが不足している、などがあります。

採用担当者からすれば、あきらかに企業が求めている能力を持たない人材から応募があっても、わざわざ次の選考に進める必要もありません。まずは自分の強みや得意なこと、興味・関心を明確にして、そのうえで自分のこだわりを見つけてみましょう。

頑固すぎる[理由8]

仕事が見つからない人の特徴に、頑固すぎるということがあります。就職や転職にあたり、自分の意思を曲げないというのはとても大切なことです。ですが、就職を成功させるためには、時には妥協するということも必要です。

求人情報の中には、自分の中での条件を少し変えるだけで就職可能な求人もあります。しかし、給料面や休日など、自分の理想と少しでも違うと、ほかにメリットがあってもそれだけで選択肢から外してしまう人もいます。仕事が見つからない人に大切なのは、ある程度柔軟に考え、狭くなっていた選択肢を広げることです。

情報収集が苦手[理由9]

仕事が見つからない人の特徴は、そもそも情報収集が苦手という特徴を持っている人もいます。就職活動には情報収集が欠かせないため、そのことが仕事が決まらない原因になってしまっていることもあり得ます。

求人を扱っている媒体や場所はたくさんあります。ですが、情報を集めることが苦手という人は、いつも同じところからしか情報を得ていない可能性が高いでしょう。ハローワークや就職エージェントも活用する、ひとつの媒体にこだわらず複数の媒体を使用するなど、あらゆる方法を試すことが大切です。情報収集をこまめに行うことで、これまで見落としていた求人情報を知ることができるかもしれません。

面接でネガティブな表現をしてしまっている[理由10]

企業の面接の際に、自分のネガティブな情報をそのまま伝えてしまうと、不利になることがあります。正直に話すことが、必ずしもよいわけではないのです。

たとえば「前職は人間関係が原因で辞めた」「給料が低かったから転職を決めた」「失業していてお金がないので決まればどこでもいい」などの内容を企業の採用担当者に伝えるのは、たとえ本当のことであっても好ましくありません。

ネガティブな情報を伝える場合も表現に工夫する、ストレートに言わないなど、できる限り担当者にマイナスイメージを与えないようにしましょう。

失敗から学んでいない[理由11]

仕事が見つからないときは、自分の行動を振り返ってみることも大切です。求人情報を見て応募をしたが不採用となった場合、なぜ不採用になってしまったのかという理由を探し具体的な対策を考えなくては、また同じことの繰り返しになってしまいます。それでは、いつまでたっても就職には成功しないかもしれません。

不採用となった時には、同じ失敗を繰り返さないように、足りていないところを見つけて改善することが必要です。不採用となったら、その経験を次に活かしましょう。

そして、就活中は他人の目が気になるということもあるかもしれませんが、できるだけ気にしないようにしましょう。周囲の人と比べないようにすることで、不安な気持ちを軽減してくれます。

人と比べてばかりいる[理由12]

自分がどうしたいかではなく、同級生や知人・友人、前の会社の同僚などと自分を比べすぎることは、仕事が見つからないことにもつながります。たとえば「あいつはスムーズに内定がもらえたのに、どうして自分は決まらないんだろう」「前の会社の人達より自分のほうが優秀なのに」などと考えることです。

人から影響を受けてやる気やモチベーションにつなげるのはよいことですが、ネガティブな意味で人と自分を比べても意味がありません。「自分は自分」と割り切って考え、いまできることにひとつずつ取り組むのが賢明です。

仕事が見つからないときの不安解消法

仕事が見つからないときの不安解消法

仕事がなかなか決まらないときは不安になるものですが、不安に押しつぶされてしまわないようにしましょう。手軽に不安を解消できる方法を紹介します。

十分な睡眠をとる[解消法1]

不安な気持ちは、精神的にも大きな疲労やストレスとなります。疲れきった脳を休めるためには、十分な睡眠を心がけることが大切です。睡眠をとることで、リフレッシュした気持ちを取り戻すことができます。連日深夜まで求人を調べたり、寝不足のまま面接にのぞんだりすることは避けましょう。

人に相談する[解消法2]

不安な気持ちは、誰かに相談することでスッキリすることがあります。相談する相手は、自分のことを理解してくれる家族や友人のほか、キャリアアドバイザーなどの専門家もオススメです。いずれにしても自分ひとりで思いつめてしまうのではなく、いまの気持ちを人に話すことを意識しましょう。

自分の好きなことをする時間を作る[解消法3]

不安な気持ちは、心を次第にネガティブにさせてしまいます。ときには自分の好きなことに没頭して、仕事が見つからない不安から離れてみるのもよいのではないでしょうか。きちんと就職活動をしていれば、一生仕事が見つからないということはありません。適度に気分転換をすることも必要です。

外出してリフレッシュする[解消法4]

不安な気持ちが続くと、次第に、仕事を探すことが精神的にも負担に感じてしまうようになります。そんなときには、近場へ外出したりちょっとした旅行に行ったりして、気持ちをリフレッシュさせることも必要です。リフレッシュしてから再び仕事を探したほうが、気づきを得られることもあります。

不安ばかりが増幅していると、前向きな気持ちで仕事を探すことができなくなってしまいます。無理のない範囲で外出し、就職活動からいったん離れることがよい影響をもたらすこともあるでしょう。

少しだけ働いてみる[解消法5]

完全に無職の状態ではなく、働きながら不安を解消するという方法もあります。仕事が見つからず焦ってばかりいるのは、精神的にもよくありません。また、たとえ少額でも働いてお金をもらうことは、自分の自信を回復させるのにもよいでしょう。

就職活動の妨げにならず、就職先が決まってもスムーズに辞められる、短期や日雇いの仕事がおすすめです。自分の志望する業界と関連している仕事であれば働きながら勉強にもなりますし、そうでない場合でも、無心で仕事をすることが就職活動のプレッシャーをやわらげてくれるでしょう。

「仕事が見つからない」と悩んでいる人が疑問に思うQ&A

仕事が見つからないのはコロナ禍の影響もあるのでしょうか?

確かに、コロナ禍の影響で有効求人倍率は低下しています。ただ、求人については2020年の6月を底にして、徐々に増えてきているため企業も採用を再開し始めています。また、有効求人倍率も2020年の10月と11月を比較すると増加傾向となっているので、緊急事態宣言などで企業の採用が再度ストップする前に就職活動を始めることをオススメします。ジェイックでは、WEB上で就職活動を完結することができるので、ぜひご相談ください。

仕事が見つからないのは「ニート」という経歴のためでしょうか?

就職活動では経歴が少なからず影響することもあります。しかし、ジェイックでは「就職カレッジ」というサービスを展開しており、ニートやフリーターの方でも就職を成功されている方がいるのも事実です。プロのアドバイザーからカウンセリングを受け、就職するための面接・履歴書対策も無料で受けることもできます。一度、話を聴いてみたいと思われた方は「就職相談」の予約をしてみましょう。

仕事も見つからないし、お金もないのですがどうすればいいでしょうか?

就職活動をすると、交通費や一時的にアルバイトができなくなるため金銭面が圧迫しやすくなります。そのため、就職活動は短期集中で行い、正社員へ就職することをおすすめしています。ジェイックでは、「就職カレッジ」というサービスを行っていますが、最短で2週間で企業から内定をもらうことが可能になります。お金の面で心配な人は短期集中で就職活動をしてみましょう。

仕事が見つからないときはできることをやろう

仕事が見つからないことへの不安は、すぐに解消できるものではありません。しかし「どこでもいい」と思って就職しても、ミスマッチとなり早期退職することにもなりかねません。大切なことは自分の内面と向き合い、自分がどんな仕事や生活をしたいのかについて理解すること、自分の強みを活かせる仕事について知り、正しい就職活動をすることです。世の中にはたくさんの企業や仕事があるため、あなたが活躍できる場所、あなたの能力を必要としている場所は必ずあります。自分を追い込まず、できるだけ前向きに仕事を探していきましょう。

【共通】CTAボタン

自分に向いてる仕事をみつけよう!
自分に向いてる仕事をみつけよう!