相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

神経質な人に向いてる仕事12選!就職活動を成功させるコツも紹介

神経質な人に向いてる仕事12選!就職活動を成功させるコツも紹介

神経質な人の中には自分に向いてる仕事がなんなのか悩んでしまい、就職活動をなかなか前に進められていない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、神経質な人に向いてる仕事を業務内容や平均年収とともに12個ご紹介します。合わせて就職活動を成功させるためのコツや、神経質な人が避けるべき仕事についても解説しますので、これから就職活動を始めたいと思っている人は参考にしてみてください。

神経質な人に向いてる仕事の特徴

神経質な人に向いてる仕事の特徴

神経質な性格は、一見すると仕事においてネガティブに捉えられやすいですが、細かなことに気が付きやすかったり、重大なミスを未然に防げたりとプラスにはたらく面も多々あります。

そのため、神経質な性格が向いてる仕事に上手く就くことができれば、他の人よりも高いパフォーマンスが発揮できるはずです。

まずは神経質な人に向いてる仕事の特徴を3つご紹介しますので、これから探す仕事を探す時は、以下のいずれかの特徴に当てはまるかどうかという観点を持っておくと良いでしょう。

順序立てて作業を進められる仕事

神経質な人は物事を綺麗に、できるだけ正しく進めたいと考える傾向にあります。そのため、仕事においても順序立てて作業を進められるものが向いてると言えます。

マニュアルが用意されていて、その内容通りに作業を進めれば問題ないような仕事が特に性格的に向いていますので、事務系の職種は特に相性が良いでしょう。

世の中の仕事は正解や手順が決まっているものばかりではありません。仕事によっては自分でやり方をイチから考えて、間違えながら進めていくものもあります。

神経質な人にとって、間違えることは大きなストレスを感じる行為になりますので、できれば避けたいと考えることでしょう。

これらのことを考えると、神経質な人は「人が変わってもマニュアルを見れば同じように作業が進められる」ような仕事を選ぶのがおすすめです。

几帳面であることが評価される仕事

神経質な人の大半は、神経質であると同時に几帳面です。仕事の際も関係者全員に説明をしながら几帳面に物事を進めていくことが得意だと考えられます。

このことから、几帳面であることそのものが評価される仕事に向いてると考えられます。

特に几帳面な性格を発揮する必要があるのは、関係者が多くなりやすい仕事です。

例えば企画職であれば、自分の企画を実現するために関係する部署や他社と調整を丁寧に行っていく必要があります。

規模が大きい企画になればなるほど細かなミスが許されなくなってきますので、神経質かつ几帳面に物事を進めていくことが非常に大切になります。

このように、物事をできるだけミスなく、几帳面にテキパキ進めていくことが求められる仕事こそ、神経質な人が活躍しやすい仕事と言えるでしょう。

成果がはっきり分かる仕事

神経質な人は、自分がやったことの結果が分からないとモヤモヤしてしまい、心にストレスを感じることもあります。そのため、自分の業務の成果がはっきりと数字で分かるような仕事が向いてると言えます。

分かりやすい例で言えば、文章の間違いがないかをチェックする校閲の仕事が挙げられます。自分が校閲した書籍が無事に発売されたとなれば、自分が関与したという事実を実感できますので、神経質に仕事に取り組むモチベーションも維持しやすいでしょう。

その他にも、数字で成果がはっきりと分かる仕事全般も神経質な人に向いてます。ただし、人によっては神経質すぎて数字に追われてしまい、返って強いプレッシャーを感じてストレスになるケースも考えられます。

そうならないためにも、自分の神経質の度合いについて、ほかの人と比較したりしながら、客観的に理解しておくことをおすすめします。

神経質な人は避けるべき仕事や職場の特徴

神経質な人は、性格的に避けるべき仕事や職場の特徴がいくつか考えられます。

特にここでご紹介する3つのいずれかの特徴のある仕事に就いてしまうと、強いストレスから短期離職などに繋がるリスクも考えられますので注意してください。

常にマルチタスクで働く必要がある仕事

神経質な人は、自分の仕事と一つ一つ丁寧に向き合うことで、ミスが少なく仕事を進めています。その状態で同時に複数の仕事に対応しなければならなくなると、混乱してミスが増えたりプレッシャーに感じたりする可能性が高まります。

そのため、常にマルチタスクではたらく必要がある仕事は、神経質な人にとって非常に相性が悪いと考えられます。

また、業務が常にマルチタスクという仕事だけでなく、第三者からの依頼で強制的に自分がマルチタスクで働かなければならないケースもあります。

例えばヘルプデスクのような仕事だと、相談や質問がどんどん溜まっていくため、必然的にマルチタスクにならざるを得ません。

言い換えれば、誰かに自分の仕事を邪魔されるような仕事も、神経質な人には向かない仕事と言えるでしょう。

精神的ストレスが強い仕事や職場環境

神経質な人は「相手がどう思うか?」ということを考えがちのため、愚痴をこぼす行為が苦手なケースが多いです。適度に愚痴をこぼすことは自分のメンタルを安定させるのに有効であることから、神経質な人はストレスを溜めやすいと考えることができます。

勤務中ストレスを強く感じるような仕事や職場環境に身を置き続けていると、神経質な人はどんどんストレスを溜め込んでいってしまうため、いつか爆発してうつ病などの精神病を患うこともあり得るでしょう。

他の部署や外部の人とのやり取りが多い仕事

神経質な人は順序立てて行う仕事に向いていますが、裏を返すと想定外の事態に弱いと捉えることができます。仕事を進めていく上で想定外の事態が生じる時は、自分以外の他部署や外部の人とのやり取りが発生する時が大半です。

会社員という時点で組織の一員ですので、完全に一人で進められる仕事はほとんどありません。ただ、第三者とのやり取りの多さは仕事によって大きく変わってくるポイントですので、できる限りたくさんの仕事の業務内容を知っておくことが大切です。

神経質な人に向いてる仕事12選

ここまで神経質な人に向いてる仕事の特徴を解説してきましたが、ここからはそんな特徴に当てはまるような仕事を12個ご紹介します。

ここで紹介するのはどれも神経質な人に向いてる仕事ですので、業務内容と照らし合わせて気になるものを見つけられたら、ぜひ積極的に求人を探してみてください。

経理

向いてるポイント・作業が基本的にマニュアル化されている
・間違えないことが評価に直結する
平均年収507万円

経理は会社の経理業務を全て担う事務職です。日々の業務は基本的に各部署で生じたお金の動きを管理し、記録していくことが基本になりますので、あらかじめ用意されているマニュアルに従って進めていけば問題ありません。

数字やデータを扱うことも多いですが、大半は既に進め方が用意されているため、神経質な人であってもストレスなく働けるはずです。

加えて、数字を一つも間違えてはいけない仕事のため、神経質であることを強みとして発揮できるでしょう。

人事

向いてるポイント・人の心が関係してくる仕事なので神経質がマッチする
・採用活動であれば間違いは許されないので向いてる
平均年収506万円

人事は会社の「人」に関する業務全般を担う仕事です。採用活動はもちろんのこと、従業員の評価制度や人員配置にも関わる仕事であり、人の心が関係してくる以上神経質に取り組むことが常に求められます。

特に採用活動においては、ミスが絶対に許されません。もし採用通知を送る相手に対して不採用通知を送ってしまえば、会社の信用を著しく貶めることにも繋がるでしょう。

これらのことから、人事という仕事は神経質かつ丁寧に物事を進めていかなければならない仕事であり、神経質な人が特に活躍しやすいと考えられます。

営業事務

向いてるポイント・業務がマニュアル化されている
・ミスが許されない仕事
平均年収337万円

営業事務は、営業職をサポートする事務職です。契約書の準備や締結後の事務処理、営業パンフレットの作成や差し替え、書類整理などが業務範囲になります。

営業事務が手がけた書類を持って営業は商談をしてくるため、当然間違いがあってはいけません。間違いがあれば営業に迷惑をかけてしまいますし、場合によっては会社の信用問題にも発展するでしょう。

基本的に業務はマニュアルが用意されている仕事ですので、それに従って業務を進めれば問題ありません。人をサポートしつつ、ミスなく業務を捌くといった働き方をしたい人に向いてる仕事です。

企画職

向いてるポイント・関係者が多く丁寧に仕事を進めていける
・成果が数字で把握できる
平均年収527万円

企画職は、事業上の課題に対して施策を検討し実行する仕事です。企画を考える上では常に関係者(ステークホルダー)を意識して検討する必要がありますので、神経質な人の几帳面さを存分に活かすことができます。

また、自分が企画した施策は成果が数字ですぐに分かるため、神経質な人が自分の携わった仕事の結果を知れるという面でも向いてる仕事と言えます。

業務を進めていく上では、データ分析や思考力など高い知識やスキルが求められますが、その分平均年収も高めですので、しっかりと仕事に向き合ってキャリアアップしていきたい人に向いてる仕事です。

広報

向いてるポイント・業務上常に神経質であることが求められる
・一字一句ミスが許されないので素質を発揮できる
平均年収481万円

広報は、自社の新しいトピックの情報をまとめ、発信する仕事です。広報が発信する内容は全て会社として展開されますので、当然間違いがあってはいけません。とにかく神経質に業務を進めていく必要があるため性格的に向いてる仕事と言えるでしょう。

一見すると広報は華々しい仕事と考えられていますが、実際は広報文面を関係者全員にチェックしてもらったり、リリースする内容が市場に受け入れてもらえるかの検討をしたりと、地道に進める面も多い仕事です。

イメージだけでなく、業務内容はしっかり理解しておくようにしましょう。

秘書

向いてるポイント・スケジュールを管理してミスないことが求められる
・神経質な秘書は重宝されやすい
平均年収324万円

秘書は役員や社長などの下に付き、スケジュール管理や庶務を担う仕事です。忙しい人のスケジュール管理をしますので、当然ミスがないことが求められますし、時には注意深く相手を観察して先回りする行動も重要になってくるでしょう。

相手との相性も関係してきますが、基本的に神経質かつ几帳面であればあるほど秘書として重宝される傾向にあります。そのため、神経質な人と秘書という仕事は非常に相性がいいと考えられます。

気になる人は秘書検定の資格なども取っておくと、就職活動で有利にはたらきますのでおすすめです。

就職活動における資格について詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

資格って、就職に必要なの?フリーターやニートの就活に特化して解説!

清掃職

向いてるポイント・神経質に清掃できると評価されやすい
・決められたことを決められた手順で進める仕事
平均年収317万円

清掃職は、ビルや商業施設などの指定された箇所を清掃する仕事です。業務は全てマニュアル化されていますし、働く時間や清掃する場所も決められていますので、余計な業務が増えにくいという特徴があります。

また、清掃業務自体は非常に神経質さが求められます。気になった箇所を隅々まで真面目に清掃することができれば評価に繋がりますので、神経質な性格がプラスにはたらくでしょう。

ただ、業務特性上トイレの清掃やゴミを取り扱ったりすることもありますので、潔癖症な人は向かないかもしれません。

Webディレクター

向いてるポイント・進行管理をする上で神経質な性格が活きる
・丁寧に仕事を進めることがクオリティアップに直結する
平均年収430万円

Webディレクターは、クライアントとやり取りをして作成するWebクリエイティブの方向性を決め、見積もりやコンテンツの作成指示、スケジュール管理を行う仕事です。

主に調整やスケジュール管理の面において、神経質な性格が向いてる仕事と言えます。

特にクリエイティブの品質担保に対し神経質に向き合い続けることで、コンテンツのクオリティアップが期待でき、成果も数字ではっきり分かる点が魅力的なポイントです。

やや業務難易度は高いですが、Webコンテンツはこれからも増え続けていくことが想定されますので、スキルを身につけてキャリアアップをするという点ではおすすめできる仕事と言えるでしょう。

校閲

向いてるポイント・神経質さが非常に活きる業務
・やることが明確なため仕事にストレスを感じにくい
平均年収423万円

校閲は書籍やWebメディアの文章を添削し、文章表現や内容に問題がないかをチェックする仕事です。業務では1文字1文字丁寧にミスがないかを確認していくことになるので、神経質であることが大前提とも言えるでしょう。

業務内容が比較的シンプルで分かりやすいため、神経質な人でも仕事に対してストレスを感じにくいという特徴もあります。

文章を読み、黙々と添削作業をしていくことに抵抗感がないのであれば向いてる仕事です。

ビルメンテナンス

向いてるポイント・細部を細かくチェックすることが求められる仕事
・作業は基本的にマニュアル通りに実施すれば問題ない
平均年収410万円

ビルメンテナンスは、商業施設やオフィスビルなどの大きなビルに常駐し、ビルに備え付けられている機器や設備の定期的なメンテナンスを担う仕事です。

メンテナンスという業務特性上、いつもと違う点がないかを細かくチェックすることが大切になるので、神経質な人に向いてる仕事と言えます。

機械・電気系の資格や知識が求められる場合もありますが、基本的に業務はマニュアルに従って点検を行っていけばいいので、未経験でも挑戦できる仕事となっています。

一点注意しなければならないのは、常駐するビルによっては夜勤が発生することもあるという点です。シフト制で夜勤がある職場だと、体内リズムが狂ってしまう可能性があるため、求人票の勤務時間欄はあらかじめチェックしておきましょう。

システムエンジニア

向いてるポイント・神経質に業務に向き合わないとシステム開発はできない
・成果が分かりやすくスキルを身につけてキャリアアップも可能
平均年収413万円

システムエンジニアは、システム開発を行う上でクライアントと会話し、要件定義や細かい仕様を作っていく仕事です。

会社やプロジェクトによって異なりますが、一般的にシステムエンジニアが直接プログラミング言語を使ってプログラミングする機会は少ないので認識しておきましょう。

システムはどこかに一つでもバグがあれば動かなくなってしまうこともあるので、神経質に要件を決めていく必要があります。

ミスなくスケジュール通りにシステム開発ができれば評価されることに加え、これからも需要が伸びていく業界ですので、キャリアアップしていきたいなら挑戦したい仕事の一つです。

公務員

向いてるポイント・業務はほぼ全てマニュアル通りに実施する
・神経質な人が比較的多い職場環境で馴染みやすい
平均年収659万円

公務員は、地方自治体や中央省庁などで業務を担う仕事です。業務の種類は様々ありますが、対応範囲に応じて課が差分化されていますので、やることは明確です。

また、マニュアル通りに進める仕事が大半となっており、順序立てて作業を進めることがスネに求められます。従って神経質な人に非常に向いてる仕事と言えます。

公務員は年功序列で昇格・昇給していくため、ミスがないことが非常に大切になってきます。神経質な人が持っている几帳面さを存分に発揮することができれば、順調に収入を上げていくことができるでしょう。

神経質な人に向かない仕事3選

神経質な人に向かない仕事についても3つご紹介します。

自分の性格に合わない仕事に就いてしまうと、それだけで強いストレスやプレッシャーを感じることになるため、しっかり認識しておきましょう。

教師や塾講師

教師や塾講師など、生徒に対して勉強を教える仕事全般は神経質な人に向きません。本業務である勉強を教えること自体は、勉強ができて教える力もあればこなせますが、保護者とのやり取りにおいて苦労することが考えられます。

自分は真面目に教えているつもりであっても、保護者から時には理不尽なクレームをもらうこともあります。また、保護者と生徒で言っていることが違い、板挟みにあって悩んでしまうことも往々にしてあるでしょう。

このように、保護者や生徒のやり取りにおいてトラブルが発生することもあり、神経質な人だとストレスを感じる機会も増えていくかもしれません。

コンサルタント

コンサルタントとは、クライアントの課題を解決するために戦略を提案する仕事です。クライアントの課題はほとんどが複雑なものとなっているため、考えることが非常に多いという特徴があります。

業務は常にマルチタスクで並行して進めていかなければなりませんので、神経質な人は仕事の忙しさについていけないということもあるでしょう。

また、課題解決の中で目の当たりにする課題は、その全てを解決しなければならないというものではありません。優先順位をつけ、課題解決に最も影響するもののみに絞って調査・検証を行っていく必要があります。

神経質な人だと、その課題全てに丁寧に向き合ってしまうことが考えられますので、結果的に成果を出しにくいという点でも向いてない仕事と言えます。

コールセンター

コールセンターは、自社のサービスを利用している人から問い合わせを受け、適切に回答する仕事です。受け答えについては全てマニュアルが用意されていますので、基本的には問い合わせのジャンルを判断し、マニュアル通りに返答すれば仕事はこなせます。

ただ、コールセンターはどうしてもクレームが多くなりやすいため、特に神経質な人はメンタルを傷つけやすいという特徴があります。

繊細な心の持ち主だと、仕事に拒否感を感じて長続きしないということも考えられますので、できれば避けておいた方がいいでしょう。

自分自身を繊細だと思っている人は、以下の記事で向いてる仕事を紹介していますので合わせて参考にしてみてください。

繊細な人に向いてる仕事10選!-自分に合った仕事へ転職しよう-

神経質な人は職場でどう思われやすいか

神経質な性格は、状況によってポジティブにもネガティブにも捉えられます。

職場でどう思われやすいかを理解しておくことで、今の仕事でどのように振る舞っていけばいいかが分かります。しっかり認識しておきましょう。

仕事が遅いと思われやすい

神経質な人は一つ一つの仕事を丁寧に、間違いのないように進めていく傾向にありますので、結果的に仕事が遅いと思われることがあります。

確かに仕事が遅いというのはそれだけでネガティブな印象を与えがちですが、業務によってはミスを絶対にしてはいけないものもあります。

特にミスをしてはいけない仕事をしているのであれば、周りの人からどんなに仕事が遅いと思われようと気にする必要はありません。下手に急いでミスをするより、遅いと思われた方がまだマシと言えるでしょう。

一緒に仕事を進めるのがめんとくさい

神経質な人は何事も丁寧に進めたがる傾向にあります。

特にチームで仕事をするような場合、神経質な人が一人いるだけで確認箇所が増えていってしまうため、一緒に働くことがめんどくさいと思われることもあるでしょう。

めんどくさいと思われないようにするには、仕事を進める上で何を本当に抑えなければならないポイントなのかを見極める力を養うことが大切です。

何でもかんでも指摘して確認するのではなく、物事の本質を見極められるように成長していきましょう。

几帳面で洞察力がある人と重宝される

神経質であることは当然評価されるポイントの一つでもあります。特に神経質で几帳面な人は様々なことに気づけるため、洞察力がある人と評価されることも考えられます。

長期的なスケジュールでものごとを進めていくプロジェクトの場合、早い段階でミスや違和感に気づけないと取り返しのつかない状況にもなり得ます。

そういった時に神経質な人が違和感について提言できると、周りからも高い評価をしてもらえるでしょう。

神経質な人が就職活動を成功させるコツ

ここからは、神経質な人が就職活動や転職活動をする時のコツを3つご紹介します。

やはり神経質な人は自分の就職活動においても慎重に物事を進めていく傾向にありますが、精神的にも就職活動はできるだけ短期間で効率的に行えるのがベストです。

ここでご紹介するコツを意識し、自信を持って就職活動を進められるようにしましょう。

自己分析で自分の強みと弱みを知る

就職活動を始めるからといって、いきなり求人を見て応募していくのは避けるようにしてください。就職活動を進めていく上でまず取り組んで欲しいのが「自己分析」です。

自己分析とは、今までの経験を棚卸しして長所や短所を言語化し、自分自身をより深く知るために行う分析のことを言います。

自己分析ができていると、自分がどんな点に神経質な性格を発揮してしまうのかが分かり、向いてる仕事や職場環境も判断がつきやすくなります。

加えて、面接の時の自己アピールも納得性が増すため、選考通過率を上げることも期待できます。

もし自己分析をしていく中でHSPかもしれないと感じたら、次の記事も参考にしてみてください。

自分に向いてる仕事へ就職するために-適職を探すおすすめの方法-

企業研究で自分らしく働ける職場か調査する

同じ種類の仕事であっても、働く会社によって社風や従業員の属性が変わってきますので、働きやすさは大きく異なってきます。

自分らしく働ける職場環境かどうかを確認するためにも、企業研究は必ず行っておくことをおすすめします。

企業研究とは、求人票や企業ホームページ、SNSや口コミサイトなどあらゆる手段を使って応募先企業の情報を調査することを言います。

やや時間がかかりめんどくさいと感じるかもしれませんが、適切に企業研究ができていれば入社後のイメージを深めることができ、ミスマッチを防止することが可能です。

企業研究のやり方について詳しく知りたい人は、以下の記事も合わせて参考にしてみてください。

企業研究のやり方で就活が変わる?-自分に合ったやり方を見つけよう-

就職エージェントを活用する

神経質な人で、就職活動も順序立てて進めていきたいと考えるのであれば、就職エージェントの活用がおすすめです。

就職エージェントを利用することで、自己分析や企業研究のやり方を教えてもらえるだけでなく、自分の性格や希望に合った求人を紹介してくれるため、就職活動を効率的に進められるようになります。

それだけでなく、面接をした後のフィードバックも共有してもらえますので、自分の良くなかったところを一つずつ丁寧に潰していくといったアクションも可能になります。

就職エージェントの利用は無料ですので、気になるサービスを見つけたらまずは登録するのがおすすめです。

神経質な人が就職活動を進めていく時の注意点

最後に、神経質な人が就職活動を進めていく上で注意すべきポイントを2点解説します。

適度にリラックスして就職活動に向き合う

神経質な人は極端にミスを嫌うかもしれませんが、就職活動においてはその観点は忘れましょう。就職活動は失敗してナンボであり、応募して見送りになるなんてことはよくあることです。

1応募ごとに神経質にストレスを感じていては前に進むことはできませんので、適度にリラックスして就職活動に向き合うようにしましょう。

信頼できる友人や家族に話しつつ、自分のメンタルを自分でコントロールする意識を持つのがおすすめです。

神経質は強みにもなるので自信を持つ

神経質な性格を短所と思っているのであれば、その観点は捨てましょう。既に解説した通り、神経質は仕事を進める上で長所としてはたらくケースが多くあります。

神経質であること自体を気負う必要はありませんので、自信を持って就職活動に向き合ってみてください。

まとめ

神経質な人は、その性格の長所を活かせる仕事に就ければ成果を出せるでしょう。まずはこの記事で紹介した仕事を中心に、自分に合った求人探しに取り組んでみてください。

また、順序立てて就職活動を進めていきたいという人は、就職エージェントがおすすめです。

特にジェイックの就職支援は利用開始から内定獲得まで全ての工程で丁寧なサポートが受けられます。気になる人は以下のリンクをチェックしてみてください。

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等