就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

「仕事が向いてない」は甘えじゃない!転職も視野に入れた対処法を一挙ご紹介!

「仕事が向いてない」は甘えじゃない!転職も視野に入れた対処法を一挙ご紹介!

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

仕事が向いてないと悩んでいる方のために、どのように対処すればよいのか、悩む原因や向き不向きの判断基準をもとに解説しています。「仕事が向いていない」を理由に転職をする場合の注意点についても触れているので、最後まで読んで、悩みを解消させましょう。

仕事が向いてないのは甘えではない

「仕事が向いてない」は転職理由になる?

仕事が向いてないと感じることは、決して甘えではありません。「『いまの仕事が向いてないから辞めたい』と思ってしまう自分は甘いのだろうか」と考えている方は、まずはふたつの観点から考えてみましょう。

誰にでも向き不向きはある

世の中には本当にたくさんの職業がありますが、同じ仕事をしても、全員が同じ成果を出せるわけではありません。人には、どんなことでも向き不向きがあるからです。

たとえば以下のような場合、その仕事自体に向いてないのかもしれません。

  • 自分なりに工夫してもやりがいを感じない
  • 努力をしても変化が見られない
  • 仕事のやり方を変えても成果が出ない
  • 著しく仕事ができない(基本的なことが覚えられない、ミスが多すぎるなど)

こういった場合、シンプルにその仕事に適性がない可能性もあります。無理に続けるのではなく、転職という選択肢もありかもしれません。

転職以外の方法としては、部署移動という方法も残されています。人事の都合やタイミングなどもあるため必ず実現するわけではないものの「いまの会社自体にあまり不満はない」という場合、部署異動をすることで活躍できる可能性もあります。

向いてる仕事を見つけよう

「たまたまいまの仕事が向いてない」というケースは、そうめずらしいことではありません。そもそも入社前の段階から、いま働いている会社や職業に絶対に適性があるという確信があった人のほうが少ないのではないでしょうか。実際に働いてその仕事をやってみないと、わからないことのほうが多いからです。

向いてる仕事を見つけるヒントとして「自分のタイプから考える」という方法がひとつあります。タイプ別の自分に向いてる仕事について、以下の記事でくわしくご紹介しています。

あなたに向いてる仕事とは?-タイプ別に向いてる仕事を紹介-

あなたに向いてる仕事とは?-タイプ別に向いてる仕事を紹介-

「責任感が強い」「職人気質」「聞き上手」など、誰しもほかの人よりも長けたところを持っています。一方で「繊細」「受け身」「人見知り」など、一見すると短所のように思える特性を、上手に活かせる仕事も存在します。ぜひ、自分のタイプからも向いてる仕事を見つけてみてください。

仕事に向いてないと感じる時期とその原因

「仕事が向いてないと感じるのは甘えではない」ということが理解できたでしょうか。次に、社会人が仕事に向いてないと感じがちな時期と、それぞれの原因についてご紹介します。

入社1年目

入社1年目に「仕事が向いてない」と感じる原因は、以下が考えられます。

  • そもそも「社会人」「会社員」というものに慣れていない
  • 仕事を覚えるのに精いっぱいになりがち
  • 先輩や上司から注意を受ける機会も多い

就職するとこれまでの学生生活とは暮らしが大きく変わるため、まずそこに戸惑う人も少なくないでしょう。毎朝同じ時間に起きて夕方~夜まで働くという生活は、慣れるまでは疲れも出やすく「やっていけるのだろうか」と不安になることが考えられます。

研修を終えても、しばらくは先輩や上司のサポート的な仕事や、電話対応などの業務を通じて、仕事に慣れていくことが多くなるでしょう。はじめて聞く用語やマナー・ルールなども覚えていかなければいけないため、自分の覚えが悪かったりすると自己嫌悪になることもあります。

最初は誰でも何もわからない状態で入社するため、最初は先輩や上司から注意を受けることも多くなります。本来、一人前になってもらうために目をかけてくれるのはありがたいことですが、注意や指摘を何度も受けると「自分はこの仕事に向いてないのかも」と自信をなくす人もいるでしょう。

入社2年目

入社2年目に「仕事が向いてない」と感じる原因は、以下が考えられます。

  • 「もう新入社員ではない」という目で見られる
  • 実務を通じて「向き不向き」に気づきはじめる
  • 人によって成長の速度に差が出てくる

入社2年目になると、周囲からも「もう新卒ではないんだから、これくらいはできるだろう」という扱いをされることもあります。とはいえ自分としてはまだまだできないことが多いと、そのギャップからモチベーションが下がることがあります。

自分の担当業務を与えられるようにもなってくるため、実務を通じてその仕事に向いているのか・いないのかということにも、徐々に気づきはじめます。

また、同期入社のなかでも、人によって成長のスピードは異なります。自分よりも周囲のほうが進んでいる、仕事ができるようになっていると感じて、落ち込む人もいるかもしれません。

入社3年目

入社3年目に「仕事が向いてない」と感じる原因は、以下が考えられます。

  • 少し気持ちに余裕が出てくる
  • 目の前のことだけでなく数年後のことを考えるようになる
  • 「仕事ができる・できない」がはっきり見えてくる

入社3年目になると、がむしゃらに仕事を覚えていくという時期からは、少し落ち着きます。そこで改めて「もしかしたら、自分はこの仕事には向いてないのかもしれない」と気づくこともあるかもしれません。

目の前のことだけでなく、数年後やもっと先のことを考えることもできるようになってきます。そのときに、いまの会社の仕事で活躍している姿をリアルに想像できず、向いてないと思いはじめる人もいそうです。

そして、そろそろ本格的に「仕事ができるのか、できないのか」ということがはっきりしてくる時期でもあります。がんばっているのにあきらかに成果が出ていないことが続いている、どうがんばってもできるようにならないという場合、その仕事に見切りをつける人も出てくるといえます。

30代~

30代以降で「仕事が向いてない」と感じる原因は、以下が考えられます。

  • 会社からの評価や昇進に興味が出ない
  • 前向きなビジョンが見えてこない
  • 「さらにスキルや知識を高めていこう」という思いがない

30代になると、会社からの評価を受けてプロジェクトを任されたり、リーダーや主任、課長、部長など、昇進して役割をもらったりする人も出てきます。しかし「別に評価されなくていい」「昇進しなくてもいい」とまったく関心が持てないことで、その仕事に向いてないのではと感じる人もいるかもしれません。

また、いまの会社で仮に定年までずっと働くことを考えたときにあまり明るいビジョンが見えてこない場合も「この仕事に向いてないのかも」と感じてしまいそうです。

「自分の仕事のスキルや知識をもっと高めていこう」という意識がなく、自分なりに考えたり工夫したりせずにただ淡々と仕事をしている人も、その仕事への適性がないのかもしれないと考えるかもしれません。

仕事の向き不向きを判断する3つのポイント

『仕事が向いてない』は甘えじゃない!-判断基準11選-

どんなときに仕事に向いてないと感じやすいのか、その傾向を把握できたでしょうか。自分でいまの仕事の向き不向きを判断したいときは、以下の3つのことをあらためて考えてみましょう。

その1.成果は出せているか

仕事の成果が出ているかどうかは、わかりやすい判断基準になります。向いてる仕事は、自分の性格や能力を活かすことができる仕事であり、その結果として成果も出やすいためです。

逆に、同僚たちと比べて成果が出ていないことが明らかにわかる場合、あなたにとっては向いてない仕事なのかもしれません。

ただし注意しなくてはならないのは、必ずしも「成果が出ていないから向いてない」とは限らないということです。

成果が出ない要因はさまざまです。本当は向いていてもいまの仕事のやり方が悪いということも考えられますし、いわゆるブラック企業など、単に働く環境が悪いというケースもあるかもしれません。

その2.やりがいはあるか

その仕事をしていてやりがいを感じるかどうかも、ひとつの目安として有効です。たとえば、以下のように感じるかどうかです。

  • 働くことそのものが楽しい
  • 仕事を終えると達成感を感じる
  • 自分の仕事が褒められると嬉しい
  • 仕事に対して自分なりの考えや提案を持っている
  • 仕事でトラブルやアクシデントがあっても前向きに乗り越えようと思える

こういった感情を持つことができていれば、たとえ仕事でなかなか思うようにいっていないとしても、その仕事が向いてないと感じるのはまだ早いでしょう。今後、成長する可能性も十分にあります。

逆にこういった感情になることがなく、嫌だ、憂鬱だ、やりたくないという気持ちが強くいつもあるという場合には、その仕事は向いてない可能性もあるでしょう。

その3.将来がイメージできるか

いまの仕事を続けたとして、その先のことがイメージできるでしょうか。数か月後などの短期間ではなく、いまから3年後、5年後のことを考えてみましょう。たとえば現在在籍している会社で3~5年間勤務を続けたと仮定した場合、以下のことはどうなっていそうでしょうか。

  • スキルや知識はどの程度身についているか
  • 他社でも通用できる人材になれているか
  • 後輩に仕事を教えられるレベルになっているか
  • 自分が携わりたい仕事に関わることができているか
  • 仕事はどの程度任せてもらえていそうか

これらの要素を考えたときに前向きなイメージができない場合、もしかしたら、いまの仕事や会社が向いていないということかもしれません。

仕事に向いてないと言われた場合

仕事に向いてるかを相談する相手と注意点

いまの仕事が向いてないと感じた場合、周囲の人に相談してみるのは有効な方法です。しかし相談した結果「いまの仕事に向いてないんじゃない?」「別の仕事のほうが向いてるかもしれないよ」と言われる可能性もあるでしょう。そう言われたときは、以下のふたつのことを意識しましょう。

他者からの評価が正しいとは限らない

人からの「向いてない」という評価は、正しいとは限りません。相談して客観的なアドバイスをもらうことはとても大切ですが、相手の意見をすべて鵜呑みにする必要はありません。

仕事に向いてないと感じたときの相談相手としては、親や友人、社内の同僚や上司、就職(
転職)エージェントやハローワークの職員、大学時代の先輩などが考えられます。それぞれあなたに対する印象はもちろんですが、仕事というものに対する価値観なども、まったく違います。

その仕事自体が向いてなかったわけではなく、たまたまそこの職場環境が悪かっただけで、転職先では同じ職業でも活躍できるようになったというケースもあります。人からの「向いてない」という意見だけを100%信じて行動すると、あとから「あの人の言っていたことは間違っていた」と、相手のせいにしてしまう可能性もあります。

向き不向きを決めるのは自分自身

最終的に、仕事の向き不向きを決めるのは自分自身です。周囲に「向いてない」と言われても自分がまだその仕事を続けていきたいのであれば、すぐにあきらめる必要はありません。

改善すべきことや変えられることはないか考えていくなど、前向きに行動してやれることをやったうえで、あらためて向き不向きを考えればよいのです。向いてない仕事を無理に続ける必要はない一方で、自分のなかで「もう少しやれるはずだ」という気持ちがあるのであれば、まずはできる努力を最大限やることをおすすめします。

逆に、周囲から「向いてるんだから辞めるのはもったいないよ」などと言われても、自分自身が本気で向いてないと感じているのなら、それが正解です。結局、最後は自分次第なのです。

仕事が向いてないと感じたときの対処法

【失敗ばかりの時】仕事が向いてないと感じた時の対処法

仕事の向き不向きを決めるのは自分自身だとお伝えしました。自分でいまの仕事が向いてないと感じたときに「仕事を続ける」「転職する」のそれぞれの選択から、すべきことをご紹介します。

今の仕事を続ける場合

ひとまずは今の仕事を続けるつもりだという人は、以下のことを試してみましょう。

休暇を取ってリフレッシュしてみる

まず試したいのは休みを取ることです。精神が疲れているストレスの多い状態では、正常な判断が下せないことも多くあるため、一旦立ち止まり、ストレスのない状態で考えてみましょう。休んで仕事から離れたことをきっかけに、新しい見方に気づくことがあります。

仕事の状況によって長期休暇を取ることはすぐにはむずかしいという場合でも、連休とつなげて有給を取ったりすることは、比較的しやすいでしょう。

周囲に相談してみる

仕事に向いてないと思ったら、誰かに相談してみましょう。自分では気づくことができない、第三者からの客観的な意見が聞ける可能性があるからです。

重要なのは、気を遣わせずに率直な意見を聞くことです。そこで多くの人から「向いてないのでは」と言われるようであれば、あらためて転職を検討していくべきでしょう。

異動希望を出してみる

仕事が向いてないと感じる理由が、明確に職場環境にある場合で、部署を異動し解決できるのであれば、上司や人事にその要望を伝えてみましょう

今の部署に年単位で在籍していれば、異動できる可能性もあります。必ず実現できるという保証はないものの、異動させなかったことを理由に従業員が精神的に追い込まれ、出勤できなくなるなどの状態になってしまうくらいであれば、異動を認めた方が双方にとってメリットになる側面もあります。

一度成果を出すことに集中してみる

仕事に向いてないと思っても、すぐに辞めたり、転職を決断したりするのはまだ早い場合があります。辞める前に、自分のなかで期限を決めて仕事に集中してみる手もあります。

会社は仕事をする場所ですから、仕事の成果が出るとほとんどの場合、会社からの見る目や評価も変わるでしょう。その結果、モチベーションが生まれることもよくあるでしょう。

仮に成果が出ずに転職することになっても、集中して自分ができることをやりがんばったことは、今後の仕事人生において財産になります

転職をする場合

いまの仕事に見切りをつけて転職を検討している場合、以下のことを試してみましょう。

自分に向いてる仕事を分析する

転職する前に、転職先でも同じ間違いを犯してしまわないよう、自分に向いてる仕事はどのような仕事なのかを分析してみましょう。

自己分析をあらためてやってみたり、自分が得意なことや好きなこと、長時間やっていても苦にならないこと、人から褒められることなどを洗い出してみることをおすすめします。

転職エージェントを利用する

転職活動をひとりでするのが不安な場合、転職エージェントの利用がおすすめです。専任のキャリアアドバイザーに相談できるため、安心です。

キャリアアドバイザーは、プロの目線から意見をくれます。また、あなたの特性を理解したうえで、一緒に向いてる仕事を探していくことが可能です。

私たちジェイックでは「就職カレッジ」というサービスを提供しています。いまは仕事の向き不向きがわからなくても、研修の中で整理することができますし、研修参加者の転職成功率は81.1%となっています。いまの仕事が向いてないと感じて転職を検討している方は、ぜひご相談ください。

「仕事が向いてない」は転職理由になる?

仕事が向いてないと感じたときにできる方法をご紹介しました。そもそも仕事が向いてないということは、転職理由になり得るのでしょうか。仕事に向いてないことを理由に転職を検討している方は、参考にしてみてください。

「向いてない」を理由に転職はあり

「いまの仕事が向いてないから転職する」という理由は、ありです。向いてない仕事を続けていると、以下のようなデメリットがあるからです。

  • 仕事のおもしろさがわからずひたすら苦痛を感じる
  • 会社に貢献できる人材にはなりにくい
  • 職場で信頼されず、さらにやる気をなくすという悪循環になる
  • いつまで経ってもスキルや知識が蓄積されない
  • 本来の人としての魅力も半減してしまう

向いてない仕事を続けるのは自分だけでなく、周囲にもマイナスをもたらしてしまいがちです。転職のあてがないうちに突発的に辞めるのはおすすめしませんが、向いてない仕事を無理に続けて自分・会社の双方によくない影響が出るくらいなら、向いてる仕事に転職したほうが圧倒的にプラスです。

言い訳になっていないか?

仕事の成果が出ない、自分のやる気がないといういまの状態を「自分にはこの仕事は向いてない」という結論で済ませようとしていないか、今一度考えてみましょう。

たとえばその仕事が向いていないのではなく、以下のようなことが原因かもしれません。

  • いま自分に任されている業務がつまらないと感じている
  • 学ぶことやがむしゃらにがんばることをバカらしいと考えている
  • 周囲からのアドバイスを実践するのが面倒だと思っている
  • 「この会社しか受からなかったから」など働く動機がネガティブ
  • 職場からの自分の評価に納得できていない

このように、実は仕事の向き不向きは関係ないこともあります。「向いてない」を自分の言い訳にしてしまっていないか、振り返ってみましょう。

向いてない仕事から転職するときの3つの注意点

『仕事が向いてない...』と転職をする際の注意点

自分なりに考えたり行動したりした結果、転職を決意した方もいるでしょう。最後に、向いてない仕事を辞めてほかの仕事に転職するとき、注意すべきことをご紹介します。

退職理由の伝え方に気を付ける

転職する際の書類や面接の場で「前職の仕事が向いてないので退職を決意しました」のようなネガティブな理由を伝えるのはNGです。

「うちの職場もすぐに辞めてしまうのではないか」「仕事へのやる気がないのではないか」などと思われてしまう可能性があります。採用を想定した場合でも「この仕事は自分には向いてないからできません」などと言うような人材ではないか、と懸念される恐れもあります。

企業から採用されるためには、退職理由できるだけポジティブな印象のものを選ぶことが必要です。仕事に向いてないことが理由だったとしても「より自分の特性を活かして貢献できそうな仕事に転職したいと考えた」など、表現を工夫しましょう。

自分に向いてない仕事を明確にする

向いてる仕事に就くために「自分に向いてない仕事は何なのか」を把握しておくことも大切です。たとえば昔から苦手だったことやちょっと取り組むだけでも苦痛を感じること、人よりも時間がかかる・平均よりもうまくできないことなどを洗い出してみましょう。

たとえば学生時代に家庭科の裁縫や夏休みの工作などが苦手だった人は、手先を使うような細かい仕事は向いてないでしょうし、学生時代に接客のバイトをしたが嫌で続かなかった人は、多くの人と接する仕事が向いてないかもしれません。

自分に向いてない仕事を知ればそれを選んでしまうリスクを避けられますし、消去法で向いてる仕事が見えてくることもあるでしょう。

情報収集に妥協しない

転職のための情報収集は納得いくまで取り組みましょう。ちょっとしたすきま時間や休日などを有効活用して、情報をたくさん手に入れることをおすすめします。

日本には約400万の企業が存在すると言われていますから、あなたに合う仕事や会社は必ず見つかるはずです。複数の求人サイトに登録する、転職エージェントを活用する、会社の説明会にどんどん参加していくなど、最大限努力をしましょう。

できる限りの情報収集をすれば「この仕事なら向いてるかも」「この企業なら活躍できそう」という出会いがあるはずです。

まとめ

「自分はこの仕事に向いてないかもしれない」という気持ちは、多くの社会人が持ったことがあるかもしれません。本当に適性がないのか、たまたまつまずいているだけなのかによって、対処方法は変わってきます。安易な転職は考えものですが、自分に向いている職種に変えることで見違えるほど仕事で活躍できるというパターンもありますから、まずは自分を振り返ってみましょう。

「仕事が向いてない」によくある質問

仕事に向いていないと感じる原因は?

仕事が向いていないと感じる原因は、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?本記事の「「仕事が向いてない」は甘えじゃない!転職も視野に入れた対処法を一挙ご紹介!」では、仕事が向いていないと感じる原因をご紹介しております。気になった方は是非読んでみて下さい。

仕事の向き不向きと判断するポイントは?

仕事の向き不向きのポイントとは、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?本記事の「「仕事が向いてない」は甘えじゃない!転職も視野に入れた対処法を一挙ご紹介!」では、仕事の向き不向きのポイントをご紹介しております。気になった方は是非読んでみて下さい。

向いていない仕事から転職する時の注意点は?

向いていない仕事から転職する時の注意点とは?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?ジェイックでは、無料で「就職相談」を行っております。面接の不明点がございましたら、是非1度ご相談ください。

仕事に向いてないと感じた人の相談先は?

仕事に向いていないと感じた人は何処に相談したら良いの、と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?「ジェイック」では、就職支援を行ております。面接や就職に関して相談してみたいと感じた方は、1度ご相談ください。

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター