仕事が合わないと思ったら転職するべき?合わない場合の対処法を紹介!

仕事が合わないと思ったら転職するべき?合わない場合の対処法を紹介!

仕事が合わないと転職をしようと考えている方はいませんか

厚生労働省の「働き方改革」の方針によると、残業時間の上限が法律で制定されていますが、「労働基準法」が初めて変わっていくことになります。

  • 参考:厚生労働省「働き方改革~一億総活躍社会の実現に向けて」

働き方を変えていこうと国が進めている中で、まだ企業が対応できていないことが多いです。

『転職をするべき時』と、『転職しない方がいい時』がありますので、あなたの判断基準になるように記事を紹介していきます。

特に新卒の社会人はこちらを参考にしてみましょう!

この記事のまとめ

 1.仕事が合わないと思っている自分なりの理由を知ろう。

 2.体験談から自分の判断基準を考えてみよう。

 3.転職しない方が良い場合もあることを把握しておこう。

 4.転職する場合は、判断基準・理由を明確にしよう。

仕事が合わないと思ってしまう10個の理由

仕事が合わないと思ってしまう10個の理由

事が合わないといっても理由は人それぞれです。ここでは、仕事が合わないと思ってしまう理由を10個ご紹介します。

  • 職場の人間関係が合わない
  • 苦手な仕事内容
  • 給料が安い
  • 働く職場が嫌だ
  • 休みが少ない
  • 勤務時間が長すぎる
  • 社風が合わない
  • 評価されない
  • 会社の将来性がない
  • 他にやりたいことができた

『仕事が合わない』とお考えの方は、それぞれ解説していくので当てはまるものがあるのか確認してみましょう。

理由その1:職場の人間関係が合わない

職場の人間関係がうまくいかず「仕事が合わない」と思う人は多いです。人間関係が合わないと、スムーズに仕事ができないからです。

例を挙げると以下のようなものが挙げられます。自分が当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

  • 職場の中には仲良しグループがあるが、あなただけ入っていけない
  • 上司が厳しいので、仕事が向いてないと感じてしまう

人間関係がない会社はありません。だからこそ、人間関係が合わないと仕事が合わないと思う方が多いようです。

仕事が向いてないと感じている場合は以下の記事を一度見てみましょう。

仕事に向いてない理由も自分の中で整理してから、転職を検討しましょう。

理由その2:苦手な仕事内容

苦手な仕事を行っていると以下のようなことが起きてしまいます。

  • 今の仕事を3年以上やっているが、いっこうに仕事が得意にならない
  • 後輩の方が仕事ができる
  • 今の仕事を3年以上やっているのに、新人のころと同じようなミスを仕事で繰り返す

このようなことが起きてしまうと、焦る気持ちも芽生え、空回りしてしまう方も多いようです。自分が何を苦手にしているのか一度、理由を明確にしてみましょう。

理由その3:給料が安い

給料が安くて満足していないと、合わないと感じやすいです。「こんなに働いてるのに、割に合わない…。自分にはもっと合ってる仕事があるはず」と感じるからです。

このように考えている人で以下のような理由に該当している人はいませんか。

  • 週5で働いて、年収が250万円いかない
  • 残業代がつかない
  • 休日出勤手当がつかない
  • ボーナスが少ない

このような状況で、同僚が楽しそうに仕事をしていると「自分にももっと合う仕事があるはず…」と思うもの。今後も低い給料ことが、転職の理由になるケースもあります。仕事が合わない理由がこのような場合もあるので注意しましょう。

理由その4:働く職場が嫌だ

働く職場が嫌いだと、合わないと感じます。「こんな劣悪な職場なのに、同僚は楽しそうに働いている。自分にはこの仕事は合わない…」と感じるからです。

労働環境によって働くことへの楽しさややりがいも変わっていきます。働く職場が嫌だとと考える理由が以下の通りです。

  • サービス残業が当たり前
  • 休日出勤が当たり前
  • 上司が生理的にムリ
  • 仕事以外にも無駄な飲み会が多い

このような職場で働いているとストレスと感じると、仕事も合わないと感じます。まず、自分自身で職場の何が嫌なのか理由を明確にしましょう。その後、誰かに相談からでもいいので始めてみましょう

また、最近だとパワハラが社会的に問題になっていることが多いです。このような問題があると転職も考えることが多くなっていくとは思いますので、社外の人にも相談するようにしましょう。

理由その5:休みが少ない

休みが少ないと、仕事が合わないと感じやすいです。「同僚は少ない休日数に疑問をもっていない。疑問をもつ自分にはこの仕事は合わない…」と感じるからです。

休みが少ないと言われる基準が以下のようなものが挙げられますので、一つの判断基準にしてください。

  • 年間休日が100日未満
  • 週1しか休みがない
  • 休暇制度がない

このような状態だとプライベートも充実することができず、仕事も合わないと考える方もおおいですね。

理由その6:勤務時間が長すぎる

勤務時間が長すぎると、仕事が合わないと感じやすいです。「同僚は長時間労働に疑問をもっていないようだ。疑問に思う自分には合っていないのではないか?」と感じるからです。

勤務時間が長いと言われるのが以下の通りです。あなたはこのような状態で働いていませんか。

  • 1日12時間以上働いている
  • 残業が常態化している

勤務時間が長いと、会社に貢献できているのかもしれませんが、つらくなってしまう要因にもなるので注意しましょう。

一つの基準として残業80時間は、1日12時間以上働いていることになります。もし、そのような状態であるなら一度以下の記事を参考にして、転職も考えましょう。

理由その7:社風が合わない

社風が合わないと、「自分には合わない…」と思って当然です。同僚が社風に何も疑問をもっていないようであれば、疑問をもつ自分は余計に合わないと感じてしまうからです。

社風にはいろいろありますが、あなたの会社ではこのような状態になっていませんか。

  • 朝礼で無意味な唱和がある
  • 体育会系の社風
  • ワンマン社長
  • ことあるごとに飲み会をしたがる
  • 事務所内でたばこを吸っている人がいる

社風が合わないのはあなたの責任ではないです。仕事自体もつらくなってしまいます。悩むことが多ければ、転職も一度考えていましょう。

理由その8:評価されない

どんなにがんばっても評価されないと、仕事が合わないと感じやすいです。きちんと評価してほしい人は、評価されないと不満に思うのは当たり前だからです。

評価されない会社の特徴としては、以下の特徴が挙げられます。

  • 営業成績をあげても給料が上がらない
  • どんなにがんばっても年功序列
  • 仕事をサボっている同僚と評価が同じ

頑張って貢献したとしても正当に評価してもらえない。そうなるとやる気も出ませんよね。仕事が合わないと感じても、無理はありません。

理由その9:会社の将来性がない

会社の将来性がないと、合わないと感じますよね。

将来ダメになることが見えているのに、経営陣が何もしようとしなければ、考え方の違いを感じるからです。会社の将来性だけでなく、業界の将来性も危うく悩むことや考えることが多ければ転職も視野に入れてみましょう。

特に以下のような会社だと、将来に不安を感じる方も多いかもしれません。

  • 紙が使われない時代なのに、いまだに印刷業務だけしかしない印刷会社
  • 電子書籍が伸びているのに、いまだに書籍しか作っていない出版会社
  • ネット通販の時代なのに、店舗販売にこだわっている小売店

このような会社は危険かもしれません。経営陣の頭が固いと、社員が巻き添えを食う場合があります。このような基準も自分の転職の判断基準にしてみましょう。

また、将来性がないと感じる理由には経営陣の理不尽な要望なども挙げられます。

働いている職場に変化が起こると、働いている人にとってストレスになるものです。業務の変化がストレスとなり、経営などへの不信感から『仕事が合わない』と感じるパターンも多いようです。

よく起こる例としては、経営が赤字に傾きそうな時に、現場の人間への理不尽な要求などから『この仕事は合わないかも』と考えてしまうことも多いようです。

このような現場に理不尽な要求が経営陣から降りてくる場合が多い時は、転職を考え、今よりも自分が働きやすい職場も視野にいれるべきでしょう。

理由その10:他にやりたいことができた

他にやりたいことができたら、今の仕事を合わないと思って当然です。そもそも興味がないので続けることも難しいでしょう。

仕事を通して、視野が広がると以下の考え方のように変わった方もいるかもしれません。

  • 今の事務の仕事をやめて、営業をしてみたくなった
  • 営業をやめて、ITの仕事をしてみたくなった
  • 起業してみたくなった

自分自身の可能性に挑戦したいと思われているのであれば、今の仕事が合わないと思って当然です。

仕事が合わない!?転職理由の体験談を紹介!

仕事が合わない!?転職理由の体験談を紹介!

「仕事が合わない」と思った人の転職理由の体験談を紹介します。よく起こっていることなので、実際に体験談を読んでみて、あなたに当てはまるものがないか、転職を考えている方は判断基準にしてみましょう。

厚生労働省の2019年の調査 『平成29年雇用動向調査結果の概要』によると、男性が13.0%、女性は17.2%が転職を行っています。つまり、10人一人以上は年間の転職を行っていることになります。

しかし、転職してもその先の企業でうまく働くことが出来ている方はどれだけいるのでしょうか。

ここでは、そんな転職した方の実際の体験談を紹介します。

仕事が合わない体験談1:安定しているという理由だけで公務員へ

Aさんは、安定しているという理由だけで公務員になりました。公務員試験に合格したときは「これで俺の人生は安泰だ!」と思ったそうです。でも、実際に公務員の仕事を始めてみると、仕事がまったくおもしろくない。

最初は好きになろうと努力しましたが、どう頑張っても好きになれなかったそうです。Aさんは「そもそも安定しているという理由だけで公務員になったけど、仕事内容まで調べていなかった。こんなつまらない仕事ならやるんじゃなかった…」と後悔しました。

Aさんは1年半で公務員を退職しました。考察:仕事内容を調べずに就職した人によくある事例です。就職・転職するときは、安定性・給料・休み・福利厚生も大切ですが、そもそも仕事内容に興味をもてるかを事前に調べましょう。

少しは好きな部分がないと、仕事を続けていくことは難しいでしょう。社会人になると、人生の大半の時間を仕事に使うことになります。人生の大半の時間を「つまらない…」と思いながら過ごすには、地獄です。

仕事が合わない体験談2:積極性があるのに事務職へ

Bさんは積極性があってポジティブなタイプですが、事務職に就職しました。

ですが、事務職の仕事は一般的には以下のような仕事が多いものです。

  • 電話対応
  • 書類作成
  • 来客対応
  • 顧客対応
  • 郵便物の作成
  • 会議の準備
  • お茶出し
  • おつかい

Bさんは「これなら自分じゃなくても、誰でもいいじゃないか」と思い、事務職が合わないと思ったそうです。「自分が主役になれるような仕事をしたい」と思うようになり、Bさんは事務職をやめて営業職に転職しています。

考察:自己分析をしないと、こういうミスマッチが起こりやすいので一つの判断基準にしてみましょう。
自分に合う会社が分からないからです。自分はどんな人間で、どんなことをやりたいのかを深堀りすれば、自分に合う仕事が見えてきます。

今の仕事が合わないと感じてはいるが、何がやりたいのかわからない方は以下の記事を参考にして一度自分が何をやりたいのか整理しましょう。

仕事が合わない体験談3:肉体労働がつらい

Cさんは「給料が良いから」という理由だけで、トラックの配送センターの仕事に就職しました。

ですが、毎日重たい段ボールを運んだり、トラックに荷物の積み込みや荷下ろしばかりでした。もともと体力に自信があったわけではないCさんは、毎日へとへとでした。しかも、仕事内容的には誰でもできるような仕事ばかり。

Cさんは「これでは何のスキルも身につかない…」と不安になって、退職したそうです。

考察:「給料が良いから」という理由だけで、就職先を選んではいけません。ミスマッチが起こりやすいからです。きちんと仕事内容や、将来どんなキャリアを積めるかも調べてから仕事を選びましょう。

仕事選びは、人生を大きく左右する大事な決断です。テキトーに選んではいけません。

仕事が合わないと転職を決意!~ジェイック利用者の体験談~

この記事を書いている私達ジェイックでは、10年以上にわたって多くの求職者の方へ就職支援サービスを展開してきました。

先ほど紹介したように、『仕事が合わない』にも多くのケースがあります。ここでは、実際にジェイックを利用した方の転職の理由体験談を紹介します。どのような判断基準・理由で転職しようと決心したのか参考にしてください。

インタビュー1

R・Sさんの就職体験談:株式会社アルファ設計

R・Sさんの就職体験談:株式会社アルファ設計

名前:R・Sさん  年齢:27歳(就職時)  性別:男性

BEFORE

職種:ハードな飛び込み営業

AFTER

職種:人材派遣の営業
インタビュー2

高橋さんの就職成功体験談:西村器械株式会社

高橋さんの就職成功体験談:西村器械株式会社

名前:高橋さん  年齢:24歳(就職時)  性別:男性

BEFORE

職種:ハードな機械メンテナンス

AFTER

職種:医療機器商社で営業

実際にジェイックを利用した方の体験談を紹介しましたが、転職に踏み出す判断基準は人それぞれです。あなたの今後を考えるきっかけにしてみてください。

仕事が合わないと思っても転職しないほうが良い場合

仕事が合わないと思っても転職しないほうが良い場合仕事が合わないと思っても転職しない方が良い場合もあります。ここでは続けたほうがいい場合をここでは紹介しますので、自分の転職の判断基準にしてみてください。

  • 自分の努力が足りない場合
  • 一時的に苦しい場合
  • 人間関係だけで苦しい場合

それぞれについて解説していきます。

転職しない方が良い場合1:自分の努力が足りない場合

自分の努力が足りないで「合わない…」と思っているなら、仕事を続けた方が良いです。努力次第によっては、状況を変えられるかもしれないからです。

例えば、仕事がうまくできると、基本的に仕事が楽しくなるものです。人は「うまくできない=楽しくない」「うまくできる=楽しい」と感じるもの。

だから、努力して仕事ができるようになる、実績をあげるなどすれば、仕事を楽しいと感じられるものです。努力して仕事ができるようになって、それでも「合わない」と思うようであれば、転職しましょう。

努力せずに「合わない…」といって辞めてしまうと、次の仕事も「合わない…」と思ってしまい、転職を繰り返すことになります。努力して仕事ができるようになれば自信もつくので、仕事で会社に貢献出来た後に転職をするなど転職の判断基準を自分自身で作っておきましょう。

転職しない方が良い場合2:一時的に苦しい場合

一時的に苦しい場合も、仕事を続けた方が良いです。時間が経てば解決できるからです。「合わない…」と感じるときは、どうしても感情的になってしまいます。

でも、冷静に考えて「この苦しい状況はいつまで続くんだ?」と冷静に考えましょう。一時的に苦しいとわかれば、その期間をガマンしたり、なんとか乗り切ることで解決します。時間が解決する問題なのに、下手に転職するのは危険です。

転職しない方が良い場合3:人間関係だけで苦しい場合

人間関係だけで苦しい場合も、冷静に考えましょう。人事異動の可能性があれば、嫌いな人と会わなくて済む可能性があるからです。退職より先に、異動願いを出してみましょう。あなたが異動して解決するなら、会社を辞める必要がありません。

また、嫌いな同僚が異動になるかもしれません。「うちの会社は小さくて、異動なんかできない」という場合で、どうしても人間関係に耐えられないようであれば、転職しましょう。

転職しない方が良いかも...?【新卒の社会人に向けて】

私達ジェイックに、相談に来れられる社会人の方で5月~7月にかけて新卒の社会人の方からの相談が多くきます。相談に来られる方の多くが以下の内容について悩んで相談に来られます。

  • 入社してみると求人票と仕事内容が違う
  • 退社時間が想像していた時間よりも遅い
  • 飲み会が強制参加などで業務外の時間を取られる
  • イメージしていた仕事内容と異なり、仕事がつまらない
  • 募集要項の職ではなく、別の部署への配属となった

このように様々な理由で仕事が合わないと感じ、ジェイックなどの転職エージェントへ相談をされる新卒の方が多いとは思います。

その時に、お答えすることは「今すぐ辞めたい」、もしくは「精神的にストレスになっていて仕事が苦痛になっている」場合は転職をおすすめしています。

転職を真剣に考えている方は以下の記事も参考にして転職するのかどうか考えましょう。

仕事を辞めたいと思った時にするべき行動は記事に書いているので参考にしてみましょう。

しかし、「とりあえず、1年が頑張れる」、「有休取得までなら働ける」ということでしたら、そこまでまず働いてみることをオススメしています。

なぜなら、入社1~3カ月で退職してしまうと早期退職となり、履歴書に残ってしまうためです。早期退職をしてしまうと、全ての企業ではないですが、企業は採用することを不安に感じてしまいます。

  • 「もしかしたら、うちの会社も前職と同様に辞めてしまうかもしれない」
  • 「自分に合ってないと判断したらすぐに退職するのでは」

と、採用するときに不安に企業は感じてしまいます。そして、不安要素がある状態では企業は採用することはありません。リスクが大きいからです。

ですので、有給を取得後、その時も仕事が合わなくて辞めたいと考えている場合は、最後相談してきてほしいとお伝えしています。

面談を行って、一度整理したいという方はぜひ相談しにきてください。一番怖いのは無理をして長期的に仕事を離れることが自分のキャリアにとってもマイナスとなります。

仕事が合わない場合は転職も視野にいれる

仕事が合わない場合は転職も視野にいれる

どうしても仕事が合わない場合は、転職も視野に入れましょう。「次は自分に合う仕事をしたい!」という場合に、やっておくべきことを下記にまとめます。

以下のことを行っておくといざ転職を行うときにスムーズに行うことができますので、参考にしてみてください。

転職を視野に1:今の企業の退職準備を進めよう

転職を視野に入れる時には、今の働いている企業の退職の準備を進めていきましょう。

いきなり辞めてしまうと、収入減がなくなり余裕なく転職活動を行わないといけなくなるので、在籍しながら次の仕事を探していきましょう。

仮に退職したくても退職できない場合にあるのであれば、以下の記事を参考にしてみてください。

辞めたくても辞めれないから続けるのは、自分の人生にとってマイナスになってしまうので、早めに退職をすることをおすすめします。

ただし、以下の点が当てはまるのであれば、退職を伝えるのは少し後にしてもいいかもしれません。

  • 職場環境の相性が悪くない雰囲気で仕事ができる
  • まだ今の職場で仕事することも我慢できる
  • 転職したいが、行動するほどの自身が自分にない

このような労働環境下であるなら、資格の取得に力を注いでから転職活動をすることもオススメです。

資格の取得を行い、自分の市場価値を上げてから転職活動を行うことで、より今の職場よりも相性の良い会社へ転職できるかもしれません。

転職を行い、職場環境を変えてから、資格の勉強するのは難しいです。人間関係や覚える仕事も多く時間を作ることが難しいためです。

以上のことを踏まえると、将来やりたいことや取っておきたい資格があるのであれば先に取得しておきましょう。

転職を視野に2:自己分析する

次はあなたに合う仕事に転職するために、まずは自己分析をしましょう。自分のことを知らずして、合う仕事は選べないからです。

自己分析する方法は、下記のとおりです。

  • 過去にあなたが頑張ったことを書き出す
  • 頑張った結果、どうなったかを書き出す
  • うまくいったことは「なぜうまくいったのか」を書き出してみる
  • うまくいったとき、どんな感情になったかを書き出す
  • うまくいかなかったことは「なぜうまくいかなかったのか」を書き出してみる
  • うまくいかなかったとき、どんな感情になったか書き出す

これをやるだけでも、客観的に自分自身を分析できます。そして、あなたが得意なこと、苦手なことがはっきり見えてきます。

そして、自己分析をすることで転職の理由や判断基準を作ることができます。「自己分析が難しい…」という場合は、親や友人に協力してもらいましょう。

転職を視野に3:適職診断をする

適職診断をしてみましょう。てっとり早く、あなたに合う仕事がわかります。

やりたい仕事であっても、向いてる仕事でないと、長く続けることができない可能性がありますし、働いていて楽しくないことが多いので注意しましょう。

転職を視野に4:業界分析や企業分析をする

自己分析や適職診断がおわったら、いよいよ会社選びです。業界分析や企業分析をしてみましょう。自己分析結果や適職診断結果に合う会社を選ばないと、また合わない仕事に就職してしまうからです。

業界分析で大事なのは、今後伸びていく業界を選ぶことです。伸びていく業界の代表格はITです。AIの進化の波にのれる業界なので、将来性があります。今後消えていくであろう業界を選ばないようにしましょう。

企業分析をするときは、以下のことに見ると良いでしょう。

  • 仕事内容
  • 事業内容
  • 売上や業績の推移(伸びている方が良い)
  • 取引先
  • 従業員数が増えているか(増えている方が良い)

業界分析や企業分析は難しくてわからない…」という場合は、転職エージェントに相談しましょう。私たちジェイックでは、自己分析や適職診断もサポートして、あなたに合う業界や会社を紹介しています。

カウンセリングを行うことで、今の自分のやりたいこと以外にも向いてる仕事についても見えてくることがあると思います。それ以外にも業界や企業についても詳しく知っていることが多いので、求人ではわからない情報もその時に相談してみてください。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

あなたの仕事選びの参考にしましょう!

© JAIC