就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

施工管理に向いてない人の特徴30選!向いてないか自分の適性を考える。

施工管理に向いてない人の特徴30選!向いてないか自分の適性を考える。
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「施工管理に向いていない人の特徴って一体何?施工管理の仕事に就きたいけど、自分が向いているのか知りたい…。」と悩んでいる方も多いと思います。 この記事では、施工管理に向いてない人の特徴30選や求められる能力について解説します。また、施工管理が向いていない人の対処法や確認方法についても紹介しています。

更に、自身だけで施工管理に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

施工管理に向いていない人の特徴とは?

施工管理に向いていない人の特徴とは?

施工管理は建設現場の管理から、危険がないかパトロールしたり、スケジュール通りに工事が完了するかマネジメントする仕事です。一つの建設物が完成するまでには、複数人の能力や労働力が必要となるため、施工管理は工事をまとめる非常に重要な仕事です。

そのため、業務内容に向き不向きが存在しており、向いていなければ想定した仕事を進めることはできません。ここでは、施工管理に向いていない人の特徴について詳しく解説していきます。

向いていない人の特徴30選

施工管理に向いていない人の特徴30選をまとめてみました。以下の通りです。

  • コミュニケーションが苦手
  • 細かいことを考えすぎてしまう
  • リーダシップが取れない
  • 年齢が離れた人と話せない
  • マネジメント経験が浅い
  • スケジュール通りに業務を進められない
  • 気が弱い
  • 自分の意見を伝えられない
  • 小さなことでも悩みを抱えやすい
  • PCやタブレットの扱いが苦手
  • 建設関連の仕事に興味がない
  • 細かい作業が苦手
  • 周りの人材と協力して業務を進められない
  • 体力や気力がない
  • 臨機応変に対応できない
  • 図面作成や計算が苦手
  • 肌や体が弱い
  • 危機管理能力が不足している
  • ストレス発散が苦手
  • 安全に対する意識が薄い
  • 理不尽に敏感
  • プライベートを充実させたい
  • 物事を自分一人で判断できない
  • マルチタスクが苦手
  • 体育会系のノリに対応できない人
  • 暑さ・寒さが苦手
  • 建設関係の勉強が苦手
  • 真面目すぎる
  • 言われたことを引きずってしまう
  • 柔軟な考え方ができない

上記のような特徴を持つ人は、施工管理には向いていない可能性があります。特にコミュニケーション能力やマネジメントスキルがない人は施工管理には向いておらず、スムーズに仕事を進めることができません。

また、施工管理は建設現場とオフィスワークが必要となるため、効率よくマルチタスクを進められる人が求められます。さらに、朝早くから夜遅くまで、様々な業務を同時並行で進めるため、体力や気力も必要とされる仕事です。

このような状況にうまく対応できる人でなければ、施工管理は難しい仕事になるかもしれません。

施工管理が向いてない人は辞めるべき?

施工管理に向いていないと考える場合でも、必ず辞める必要があるわけではありません。施工管理が向いていない人なりに行動、考えることで、最適な対応が可能です。

ここでは、施工管理が向いていない人はやめるべきなのか、辞めてよかったと考えている人の体験談について解説していきます。

向いていない人も多く存在する

施工管理はコミュニケーションやマネジメントスキルなど、様々な能力が求められることから、施工管理に向いていない人が数多く存在します。しかし、施工管理に向いていないからといって、諦める必要はありません。

必要な能力は後から身につけることや、働きながら学ぶことが可能です。また、施工管理には、専門な資格が複数存在するため、保有しているだけで有利に進むことがあります。能力部分で向いていない人でも、現場で経験を積み、資格を取得することで十分活躍できるでしょう。

すぐ辞めても転職で不利になることは少ない

施工管理は体育会系の風潮が強く残っている職場が多いため、就職した後にすぐ離職するケースも多いです。しかし、すぐ辞めても転職で不利になることは少ないです。施工管理の業種には様々な種類が存在しており、一般的な建設会社や工務店から、ディベロッパーやエネルギー・プラント会社など、自分に合った内容を選ぶだけで問題ありません。

職場をすぐに退職してしまっても、なぜ退職したのか、どこが自分に合わなかったのかを把握することで、すぐに次の職場へ転職できるでしょう。

施工管理をすぐ辞めた人の体験談

施工管理に就職しても、すぐに辞めた人の体験談を下記にまとめてみました。

サンガツほんまにそうや

体力と頭使うわ責任重いわ労働時間長いわで頭おかしなるで

引用元:2ch

営業部あんねんけど何年かは施工管理で経験積まなあかん言われたから我慢しよ思ってん

ただ辛くて耐えれんし仕事内容も興味持てんから辞めるんや

引用元:2ch

実際施工管理に就職した場合でも、長時間労働と激務で心と体が疲れてしまい、辞めてしまう人も多いようです。施工管理として働く場合は、年収400万円以上も得られたとしても、プライベートを充実したいと感じている場合には、向いていない可能性が高いです。

施工管理としての業務が辛いことから、鬱になってしまう人も多いため、自分に向いていないと感じた時点で辞めておくと良いでしょう。

辞めてよかったと感じている人も多い

実施に施工管理として働いていた人の中には、以下のように辞めてよかったと感じている人も多いようです。

設計に転職したで

内容給料休日すべてがプラスになったわ

引用元:2ch

ワイはセコカンから製造業に転職したで

転職するなら20代のうちやで

引用元:2ch

このように、施工管理が自分にあていないと感じた場合は、すぐに辞めて転職している人も多いです。向いていない仕事を続けるのは、非常にストレスを感じることから、できるだけ避けましょう。

施工管理に向いてなくても別の仕事に就職できる

上記の口コミにある通り、施工管理に向いていない人でも別の仕事に就職できる可能性は高いです。無理にでも施工管理を続ける場合、激務であることから理由が必要になります。

また、施工管理は給与面の待遇が良いことから、辞めずらいと感じているようです。プライベートな時間や休日に家族とゆっくり過ごしたい場合は、施工管理を目指すのは辞めておいた方が良いでしょう。

施工管理はやめておくべき仕事なのか詳しく知りたい人は、下記記事もチェックしてみてください。

施工管理がやめとけと言われる理由7選!働くメリットや向いている人を解説

施工管理ができる人-求められる能力とは

激務となる施工管理ですが、全ての人が向いていないわけではありません。現場から求められる能力を持っている場合、施工管理として十分に働くことが可能です。

ここでは、施工管理ができる人の特徴について解説します。

リーダーシップがある

リーダーシップのある人は、施工管理に向いている可能性が高いです。施工管理は様々な職種の作業員をまとめ上げて、一つの建物を建設することが目的です。そのため、リーダーシップのある人は、施工管理の現場から求められる傾向にあります。

施工管理は現場監督として活動するだけではなく、工事全体のスケジュール調整や予算管理、作業員間の連携などをまとめます。施工の進捗が悪い場合は、該当業種や作業員に対して確認をとり、納期までに間に合わせる必要があります。

また、現場から出た要望を施工管理が汲み取り、現場で働きやすいように改善案を提出するケースもあるのです。リーダーシップを発揮して、作業現場全体の指揮を取れる人は、施工管理として求められる人材と言えるでしょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い人は、施工管理として働けます。工事現場には自社の従業員だけではなく、話したことのない作業員が複数存在します。その中でも施工管理は全体をまとめる必要があるため、全く知らない人でも積極的に話すことが重要です。

また、自分の性格と合わない作業員がいる場合でも、こちらの希望を伝えて、納期に間に合わせる必要があります。人間関係がギクシャクしている現場では、トラブルが発生したり、スムーズに作業が進まなかったりするケースが多いです。

そのため、コミュニケーション能力が高い人は、施工管理の現場から求められる可能が高いと言えるでしょう。

自分の意見が言える

自分の意見を伝えられる人は、施工管理として働けます。現場が指示した内容とは別の作業をしている場合、自分の意見を伝えて働いてもらう必要があります。しかし、自分の意見が言えない人は、こちらの要望をうまく伝えられず、後々トラブルに発展する可能性が高いです。

また、自分の意見を伝えられなければ、作業員からなめられてしまい、現場での立場が低くなるでしょう。立場の低い状態では快適に働くことができず、きつい思いをしてしまいます。

そのため、作業員からの要望を全て受け止めるのではなく、自分の意見を伝えて業務を進められる人が施工管理として働き続けられます。

スケジュール管理が得意

スケジュール管理が得意な人は、施工管理として働けます。施工管理はクライアントから依頼された納期までに工事を完了させる必要があるため、常にスケジュール管理が求められます。

スケジュール管理ができなければ納期までに工事を完成させられず、企業としての信頼を失ってしまいます。また、工事は悪天候や資材トラブルなど、遅延する傾向にあるため、こまめなスケジュール管理が必要です。

そのため、スケジュール管理が得意な人でなければ、施工管理として仕事を進めるには難しいと言えるでしょう。

建築や物作りが好き

施工管理の仕事はスケジュール管理や現場の安全確認など、様々な業務が発生します。しかし、最終的には建物を作る仕事であるため、建築や物作りが好きな人が最適です。

施工管理は一つの建物が建設されるまで現場を管理するため、最初から最後まで見届けることができます。建築や物作りが好きな人には、嬉しい仕事と言えます。しかし、建築や物作りが好きではない場合、現場での仕事に魅力を感じない可能性があります。

施工管理が抱える仕事は多く、好きではない建物の建設に1年以上もかけることから、好きではない場合、苦痛に感じてしまうでしょう。

また、建築関連の仕事に興味がない場合、建物が完成した達成感を感じる可能性も低いです。一方、建築や物作りが好きな人であれば、建物が完成した時の達成感は、他では感じることができません。

そのため、建築や物作りが好きな場合、施工管理は適した仕事と言えるでしょう。

危険を察知できる

工事に関連する危険を察知できる人は、施工管理として働けます。工事現場は安心安全に働けるように配慮されていますが、建設中は危険が付き纏います。サイズの大きい重機や鉄骨などを扱うため、少し手元が狂っただけでも大きな被害が発生するのです。

できるだけ危険な状態にならないよう施工管理は管理しますが、新たなリスクを察知できなければ作業員が安心して働くことはできません。現場全体を俯瞰して、危険な状態ではないかいち早く確認するのも施工管理の重要な仕事です。

また、天候や人員不足など、労働環境における危険も施工管理が確認を求められます。施工管理はあらゆるリスクにおける対策が必要とされるため、臨機応変な対応力も重要です。

そのため、工事に関係する問題点を事前に把握して、危険を察知できる人は施工管理として重宝されるでしょう。

施工管理が向いてない人の対処法

施工管理に向いていない人の特徴に当てはまる場合、「施工管理に向いていない人の特徴に当てはまるけど、自分がやめるべきなの?」と考える人も多いでしょう。

ここでは、施工管理が向いていない人の対処法について解説します。

周りの人と積極的にコミュニケーションを取る

施工管理に向いていない人は、積極的に周りの人とコミュニケーションを取るようにしましょう。上記でも紹介している通り、施工管理にとってコミュニケーション能力は非常に重要で、仕事を円滑に進めるためには必要なスキルです。

しかし、コミュニケーション能力に自信がない場合、すぐに身に着けることはできません。昨日まで会話を苦手に感じていた人が、急に色々な人と話せるようになる可能性は低く、一定期間の練習が必要です。

コミュニケーション能力を上達させるには、日頃からの会話が重要です。会話が難しい場合は挨拶から始めることで、相手との距離感を掴めます。周りの人と積極的にコミュニケーションを取ることで、会話自体も上手くなり、関係性を作りやすくなるでしょう。

また、マネジメントやスケジュール管理が苦手ない場合でも、積極的に周りとコミュニケーションを取って能力を高めることで、不足したスキルを補えます。施工管理に必要な能力を全て身につけるのは難しく時間もかかるため、周りと積極的にコミュニケーションを取ることで、カバーしやすくなるでしょう。

計画を立てて仕事を進める

施工管理が向いていない人は、常に計画を立てて仕事を進めるようにしましょう。せこぷ管理の仕事は常に工事の進捗を確認し、スケジュールの調整を行います。納期に遅れがないよう対応することから、スケジュール管理能力が求められます。

スケジュール管理能力が人よりも低い場合、日常的に計画を立てて仕事を進めることで、スキルアップが見込めます。小さなことでも計画を立てて成功するだけでも、能力自体を高められる可能性が高いです。

仕事を進める上で計画を立てる重要性を感じることで、施工管理の仕事でも、無理することなくスケジュール調整ができるでしょう。

また、施工管理の仕事で最もしてはならないミスは納期遅れです。工事は一日二日で終わるわけではなく、半年・1年以上も計画を立てて、指定された納期までに完了させる必要があります。

例えば、納期の1ヶ月前に全体進捗が60%では、どう考えても納期に間に合うことはありません。コミュニケーション能力やマネジメントスキルがなくとも、スケジュール調整が上手ければ施工管理として仕事を失うことはないのです。

そのため、施工管理に向いていない人は、常に計画を立てて仕事を進め、スケジュール管理能力を高めると良いでしょう。

作業に集中する

施工管理に向いていない人は、目の前の仕事に集中しましょう。周りの作業員とコミュニケーションが取れない・マネジメントできない場合でも、目の前の作業に集中することで、ミスを払拭できる可能性があります。

与えられた仕事に全力で取り組み、成果を出すことで、向いていない人でも一定の評価をしてもらえます。自分に足りない部分は仕事を進めながらでも補えるため、作業に集中することで、仕事が嫌ではなくなる可能性が高いです。

無理に自身の欠点を補うのではなく、作業に集中して仕事になれてから、解決すると良いでしょう。

小さな成功体験を積み上げる

施工管理に向いていない人は、小さな成功体験を積み上げることが重要です。自分の意見を言えない人や気が弱い場合は、成功体験を積むことで自信に繋げられます。自信がないと仕事に対してのモチベーションが低くなる可能性が高く、物事を上手く進められなくなります。

しかし、小さくても成功体験を積み重ねることで自信に繋がり、モチベーションが上がりスムーズに仕事を進められる可能性が高いです、例えば、「1日スケジュール通りに仕事をこなすことができた」「現場で10人以上と会話できた」など、仕事関連の成功体験はモチベーションアップに繋がります。

施工管理の仕事を目指したい・続けたいと考えている場合、小さな成功体験を積み上げて、自信をつけるようにしましょう。

別の職種も検討する

施工管理に向いていない人は、別の職種も検討しましょう。人には向き不向きが存在するため、どれだけ努力しても施工管理に向いていない人がいます。施工管理が向いていない場合、仕事自体を続けることが辛くなり、大きなストレスを抱える可能性が高いです。

しかし、全く別の職種に就職・転職することで、ストレスを感じなくて済むことがあります。上記で紹介した施工管理に向いていない人の特徴が’複数個当てはまる場合、積極的に別の職種も検討しましょう。

どれだけ施工管理の仕事が好きでも、自分に全く適していなければ続けることはできません。長期間辛い状態が続く前に、別の職種で活動することも検討が必要です。

施工管理以外の別業種の就職・転職を考えている場合は、下記記事もぜひチェックしてみてください。

施工管理からの転職におすすめの業種14選!転職成功させるコツも紹介

自分が向いてるか・向いていないか分析する

施工管理に向いていないことから別の職種を検討する場合、自分が本当に向いているか・向いていないか分析しましょう。自己分析を行い、自分と施工管理の相性を確認して就職することで、仕事に対して向き合うことができます。

自己分析を行うことで、施工管理の仕事が好きな人でも求められるスキルを持っておらず、身につけるのが難しければ向いていないと判断が可能です。一方、施工管理の仕事に対して情熱がなくても、求められるスキルを保有していれば、向いていることがあります。

このように、自己分析を実施して、自分が施工管理に向いているか・向いていないか判断することで、その後の対応を決められるでしょう。

施工管理が向いてないか確認する方法

自分は施工管理に向いていないか確認したい場合は、以下2つの手段が有効です。

  • 友人・家族に相談する
  • 就職サポートサービスを利用してみる

自分だけではなく、他の人や外部サービスを利用することで、複数の意見を取り入れられます。下記にて、詳しく解説します。

友人・家族に相談する

自分が施工管理に向いているか、友人・家族に相談して考えることができます。自分のことを詳しく知っている友人・家族は、客観的に向いているか判断してくれます。例えば、体力がある・計算が早いなど、自分で築きやすい部分だけではなく、周りの人に配慮ができる・コミュニケーション能力が高いなど、自分では気付けないようなことも把握できるでしょう。

また、友人・家族の中に施工管理や同じ業界で働く人がいる場合、より詳しく向いているか判断できます。実際に仕事を経験している人からの意見は非常に貴重であるため、積極的に相談しに行くことがおすすめです。

自分だけで向き不向きに対して考えるのではなく、友人・家族に相談して考え方を広げると良いでしょう。

就職サポートサービスを利用してみる

施工管理が自分に向いているか確認したい場合、就職サポートサービスの利用がおすすめです。就職サポートサービスでは、就職に特化したアドバイザーが複数在籍しており、自己分析をサポートしてくれます。

プロが自己分析を実施することから、未経験の人よりも安定した効果を得られます。さらに、客観的に求職者がどのような仕事に向いているのか、施工管理に適しているのか、などの意見を把握可能です。

また、多くの就職サポートサービスが、履歴書の添削や面接指導を行なっているため、活用することで有利に就活を進められます。家族や友人に相談できない場合は、積極的に就職サポートサービスを利用してみましょう。

自己分析のサポートや研修の有無を確認する

就活サポートサービスを利用する際は、自己分析のサポートや研修の有無を確認しましょう。上記で解説した通り、就職サポートサービスには就活に特化したアドバイザーが在籍しているため、プロ目線で自己分析のサポートを行います。

これまでの経験をもとにサポートすることから、再現性が高く今後の就活に役立てられます。また、就活サポートサービスを利用する際は、自己分析サポート以外のサービスも重要です。

特に求職者向けの研修サービスなどは、就活の役に立つため確認しておきましょう。自己分析のサポートや研修の有無を確認することで、自分に施工管理が向いているか把握できます。

就職カレッジ®を利用して施工管理にチャレンジ

就活サポートサービスを利用して施工管理に向いているか確認する場合「色々ありすぎて、どの就職サポートサービスを選べばいいかわからない」と考えている人も多いでしょう。

このような場合は、就職カレッジ®がおすすめです。就職カレッジ®とは、20代に特化した就職サポートサービスです。フリーター・既卒・第二新卒を中心に、サポートを提供しています。

また、利用者の就職成功率や就職支援実績、入社後定着率は非常に高く、安定したサポートを受けられます。プロのアドバイザーが求職者の自己分析や面接対応など、就活に役立つサービスを提供しているのです。

下記にて、就職カレッジ®のおすすめポイントを3つ解説します。

社会人経験がなくても安心

就職カレッジ®はフリーターや大学中退者など、社会人経験のない人に特化したサービスを提供しています。一般企業で正社員として働いた経験がなくても、充実したサポートを受けられます。

また、 社会人経験がない人でも、就職カレッジ®利用者の就職成功率は非常に高い水準を誇ります。一般的な既卒の就職成功率は34.4%ですが、就職カレッジ®は約80%以上です。通常就職率の2倍以上の水準となり、これまでに2万人以上が利用しています。

社会人経験がない場合も、就職カレッジ®を利用することで、正社員として就職できるでしょう。

引用:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

無料の就職講座を提供

就職カレッジ®では、定期的に無料の就活講座を実施しています。就活講座では、就活に特化したアドバイザーが、ビジネスマナーや履歴書の添削・面接対応などを行います。利用者はこの講座を受講することで、2倍以上の就職成功率を実現しているのです。

また、就職講座では自己分析のサポートも行なっています。自分が施工管理に向いているのか・向いていないのかわからない場合も、講座を受講することで、プロの目線で客観的に判断してもらえます。

さらに、求職者の長所・短所をもとに、適した業界の企業研究もサポートしてくれるのです。就活に必要なサポート以外にも、求職者に最適な業界はどこなのか、どの会社がおすすめなのかなど、様々なことを把握できるでしょう。

就職後も1年以上サポートを受けられる

就職カレッジ®は、希望する企業に就職した後も、1年以上サポートを受けられます。専任アドバイザーによる就職後の悩み相談や、新入社員向け講座を実施しています。就職後も1年以上サポートする点は、就職サポートサービス業界の中でも珍しいため、他にはないサービスと言えるでしょう。

また、就職カレッジ®の運営もとジェイックは、利用者が就職した企業で「安心して長く働き続けてもらう」をゴールにしています。ただ希望する企業に就職するのではなく、充実した社会人生活を送ることを目的にしているため、他にはない手厚いサポートを提供していると言えるでしょう。

まとめ

以上、施工管理に向いてない人の特徴30選や求められる能力について解説しました。施工管理は朝早くから夜遅くまで働くことが多く、様々な能力を求められます。現場とオフィスワークを並行して行うことから、向き不向きが大きく関係する仕事と言えるでしょう。

施工管理を目指す場合は、自分が業界に向いているのか把握しておく必要があるでしょう。しかし、社会人経験が少なければ、自分が施工管理に向いてないか確認するのも難しいです。

このような場合は、就職サポートサービスによる自己分析を行いましょう。特に就職カレッジ®を利用することで、自分自身の長所や短所・保有しているスキルを再認識できます。そのため、施工管理が自分に向いているか把握するにはおすすめです。

この記事で、施工管理に向いてない人の特徴を把握し、就職カレッジ®を利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この他にも、施工管理の仕事について詳しく知りたい場合は、下記記事を確認してみてください。

施工管理とは?仕事内容や資格、必要なスキルなどをわかりやすく解説
就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン