相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

Webデザイナーに向いてる人とは?適正を判断するポイントも解説

Webデザイナーに向いてる人とは?

Webデザイナー向いてる人とはどういった特徴を持つ人なのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Webデザイナーとして働くことに向いてる人の特徴と向いていない人の特徴を合わせて解説しつつ、自分自身にWebデザイナーの適性があるか判断するポイントをご紹介します。

これからWebデザイナーになりたいと思っている人は、記事の内容を参考にして就職活動に役立ててみてください。

Webデザイナーに向いてる人の特徴

Webデザイナーに向いてる人の特徴として、相手の考えを汲み取って行動できる人やものづくりに携わりたい人など以下12個があげられます。

これからWebデザイナーになりたいと考えている人は、これらの特徴のうち自分がいくつ当てはまるのかを確認してみると良いでしょう。詳しく解説していきます。

効率的なことが好きな人[Webデザイナーに向いてる人 1/12]

Webサイトを作る上で、Webデザイナーは欠かせない存在です。昨今は様々なサービスや商品のWebサイトが立ち上がっている関係で、Webデザイナーのもとに来る仕事の量も多くなってきています。

一つ一つのデザインに時間をかけることももちろん重要ですが、デザイン以外のコーディングやデザインソフトの操作などの効率化を意識しなければ、数多くのタスクをこなすことは難しいでしょう。

このことから、効率的なことが好きな人はWebデザイナーとして活躍できると考えられます。

几帳面に物事を捉える人[Webデザイナーに向いてる人 2/12]

デザインは人の視覚から得る感覚を計算し作り上げられるものです。

例えば、同じ形の四角形のエリアが6つ並んでいるようなWebサイトを作る場合、どこか1つでも位置がずれてしまえば、そのWebサイトに感じる印象が悪いものになってしまいます。

Webデザイナーは考えているデザインを寸分たりとも出てしまわないよう作り上げていく仕事のため、几帳面に物事を捉えられる人だとWebデザイナーに向いてると考えられます。

反対に、物事を大雑把に考えて「とりあえずそれっぽくなれば良い」といった働き方をするような人だと、Webデザイナーとして評価を受けることが難しくなってしまうでしょう。

相手の考えを汲み取って先回りできる人[Webデザイナーに向いてる人 3/12]

WebデザイナーがWebデザインを考えていく上で、クライアントと目線を合わせる事は非常に大切です。

クライアントの意図や考えをうまく理解できないままデザイン業務を進めてしまうと、せっかく何時間もかけて作ったWebデザインがやり直しになることもあるでしょう。

自分にとってもクライアントにとっても望ましい仕事を実現するため、相手の考えを汲み取って先回りできる人にこそWebデザイナーは向いていると言えます。

言い換えれば、コミュニケーション能力が高い人ほどWebデザイナーとして効率的に働けると考えられます。

連想的な発想ができる人[Webデザイナーに向いてる人 4/12]

Webデザイナーは、クライアントやWebディレクターの指示のもと仕事を進めていきますが、イメージを具体的なデザインに落としていくためには、それらの指示から考えられる発想を連鎖的に行い、クリエイティブな能力を発揮していくことが求められます。

「○○だからこういうデザインが良いのではないか」、「○○にするのであればここのデザインをこうやって変えよう」など、物事を連鎖的に発想できる人だと、Webデザイナーとして高い実績を生み出せるようになるはずです。

指示通りにしか動けないような人の場合はただの作業者となってしまいますので、Webデザイナーとして働いていても楽しくないと感じてしまうかもしれません。

他人の気持ちに立って物事を考えられる人[Webデザイナーに向いてる人 5/12]

Webデザイナーが作り上げたWebサイトやロゴは、最終的に一般のユーザーの目に届くことになります。自分の作りたいデザインだけを優先させてしまうと、本来そのWebサイトで届けたかった情報がうまく伝わらないこともあるでしょう。

そのため、相手の気持ちに立って物事を考えられる人にWebデザイナーの仕事は向いています。色の見やすさやボタンの配置場所、テキストの大きさなど、様々な観点からWebサービスを利用する人の気持ちに立って仕事を進めていくことが大切です。

ものづくりに携わりたい人[Webデザイナーに向いてる人 6/12]

WebサイトはWebデザイナーだけでなく、他のクリエイターや営業担当、WebディレクターからWebプロデューサーまで多くの人が関わって作り上げられるものです。

このことから、Webサイトを構築する事は、立派なものづくりの1つとも言えるでしょう。

多くの人と協力をして1つのものを作るようなものづくりの仕事に携わりたい人は、Webデザイナーの仕事に向いています。

何もなかったところから、アイデアを出し合って作業を進めていき、立派なWebサイトを作ることができれば、仕事をしていて強いやりがいも感じられるようになるはずです。

人に影響を与える仕事がしたい人[Webデザイナーに向いてる人 7/12]

Webデザイナーが作り上げるWebサイトは、見る人の考えや行動を変える力を持っています。例えばECサイトであれば、購入ボタンの色を変えるだけでも購入率が大きく変わったという事例も少なくありません。

このように、不特定多数の人に影響を与えるような仕事がしたい人にもWebデザイナーの仕事は向いています。

Webサイトは1日に数万から数十万人も訪れるようなものもあります。自分のデザインしたものを多くの人に見てもらえるだけでなく、影響を与えられる点がWebデザイナーならではのやりがいともいえます。

人や社会に影響を与えたい人は、Webデザイナーになることを検討してみてもいいかもしれません。

好奇心が強い人[Webデザイナーに向いてる人 8/12]

Webデザイナーとして活躍していくためには、アイデア力やデザイン制作ソフトを使いこなすスキルが求められる事はもちろん、常日頃から新しいデザイン手法を勉強する意欲が大切です。

デザインにおけるインプットを嫌々やるのではなく、好奇心を持って自ら積極的に取り組むことができると、仕事の生産性が上がることに加えて高い成果にも繋がりますので、Webデザイナーとして高い評価を得ることもできるでしょう。

常日頃からWebサイトやSNSを見ていて、好きなデザインをチェックするようなクセのある人は、Webデザイナーとして就職した後も活躍していくことが期待できます。

職人気質の人[Webデザイナーに向いてる人 9/12]

Webデザインには終わりがありません。クライアントの要望に応えるレベルのクオリティーは最低限求められますが、それ以上どこまでデザインを追求するかは、Webデザイナー1人ひとりの意思によって変わってきます。

限られた作業期間でクライアントの要望以上のWebデザインを作ることができれば、当然ながら高い評価をもらうことができます。自身の作品とも言えるWebデザインのクオリティーを追求し続けられるような職人気質の人であれば、就職後すぐに昇格していくことも不可能ではありません。

納期とクオリティーのバランス調整は慣れないうちは難しいと思いますが、仕事に慣れていくと、自分のスキルとアイデアをフルに活かして働けるため、職人気質の人は楽しく仕事に向き合えるでしょう。

コツコツと地道な作業をするのが好きな人[Webデザイナーに向いてる人 10/12]

Webデザインの設計を実際にWebサイトの形に落としていく作業は、非常に地道なものになっています。特にコーディングであれば、ひたすらにプログラミングコードを打ち込んでいく作業となりますので、地道な作業をすることが好きな人に向いている業務と言えます。

地道な作業が苦手という人だと、せっかく良いWebデザインの設計を考えても上手く形にすることができません。発想力だけでなく、作業を黙々と進めていくような継続力や集中力が求められることも認識しておきましょう。

自己管理能力が高い人[Webデザイナーに向いてる人 11/12]

Webデザイナーは、同時に複数の案件を抱えながら働くことになります。

それぞれの案件のタスクの進捗やスケジュールを管理する能力がないと、納期に間に合わずに残業が増えてしまうといったこともあるでしょう。

このことから、自己管理能力が高い人はWebデザイナーの仕事に向いていると言えます。

いつも締め切りギリギリにならないと動かない人や、やるべきことを後回しにしてしまうような自己管理能力が低い人だと、Webデザイナーの仕事はストレスに感じるかもしれません。

マルチタスクに仕事をこなせる人[Webデザイナーに向いてる人 12/12]

自己管理能力に通じることでもありますが、マルチタスクに仕事をこなせる人はWebデザイナーに向いています。

デザイン作業を進めていく中では、手を動かしながら次のデザインのことを考えたり、打ち合わせでのデザイン意図をドキュメントに落としたりなど、マルチタスクに働いていくことが求められます。

同時に1つの物事にしか集中できない人だと、Webデザイナーに求められる作業のスピード感についていけない可能性もあります。

Webデザイナーに向いていない人の特徴

Webデザイナーに向いていない人の特徴としては、以下の8点が挙げられます。

  • パソコン仕事が苦手な人
  • コミュニケーション能力に自信がない人
  • 何事もギリギリで取り組む人
  • 自分で物事を考えて進められない人
  • 頑固な人
  • 目立ちたがりな人
  • ルーティンワークが好きな人
  • チームワークが取れない人

これらの特徴に当てはまる個数が多い人ほど、Webデザイナーに向いていないと考えられます。

ここでの解説内容を読んで、自分は本当にWebデザイナーに向いているのかを改めて確認してみてください。

パソコン仕事が苦手な人[Webデザイナーに向いていない人 1/8]

Webデザイナーはパソコン1台で業務を進めていく仕事のため、そもそもパソコン仕事が苦手な人はWebデザイナーに向かないと考えられます。

パソコンではなく、人やお客様と会話をしながら進めていく仕事をしたいという人は、Webデザイナー以外の仕事を検討した方がいいかもしれません。

また、Webデザイナーとして求められるパソコンスキルは、一定以上の水準である必要があります。オフィス系ソフトを使える事はもちろん、デザイン制作ソフトを自分で使いこなす能力は不可欠です。

分からないことがあっても自分で調べて対処していくことが求められますので、パソコンに抵抗感があるかないかは今一度自己認識してみてください。

コミュニケーション能力に自信がない人[Webデザイナーに向いていない人 2/8]

Webデザイナーの仕事を進めていく上で、他人とのコミュニケーションは必要不可欠です。コミュニケーションがうまく取れない人だと依頼の意図を理解できないため、結果的に作業効率が大幅に落ちてしまうことが考えられます。

Webデザイナーに求められるコミュニケーション能力は、相手の発言の意図を理解するといった「聞く力」になります。自分がどれぐらい聞く力があるのかは、Webデザイナーの求人に応募する前にチェックしておきましょう。

何事もギリギリで取り組む人[Webデザイナーに向いていない人 3/8]

Webデザイナーの仕事には、全て納期が設定されています。どれだけ優れたWebデザインが作れたとしても、納期を過ぎてしまえばそれだけで最低の評価を受けることになりかねません。

また、自分なりにスケジュールを組んでいても、突発的な作業依頼が飛んでくることも少なくないため、何事もギリギリで取り組むような人だと自分の仕事が回らないことも考えられます。

Webデザイナーとして働くのであれば、常に余裕を持って先回りした行動を意識することが大切です。

自分で物事を考えて進められない人[Webデザイナーに向いていない人 4/8]

Webデザイナーは、社内外の人からの依頼を受けて業務が発生しますが、デザインの細かい指示が来る事は少ない傾向にあります。

デザインの意図や背景、目的をざっくりと理解した上で、自分の頭の中で考えたデザインを形にしていくことが求められます。

したがって、自分で物事を考えて進められないような人だと、仕事をしていて次に何をすればいいかわからずに困ってしまうことが考えられます。

誰かの指示通りにしか動けないような人は、Webデザイナーの仕事を苦痛に感じてしまうかもしれません。

頑固な人[Webデザイナーに向いていない人 5/8]

Webデザイナーは、自身のアイデア力やデザイン能力が非常に大切な仕事ではある一方で、クライアントワークであることを忘れてはいけません。

自分が良いと思ったデザインであっても、クライアントが納得しなければ修正をする必要があります。

頑固な人がWebデザイナーになると、クライアントの修正指示を受け入れなかったり、反抗的な態度をとってしまいかねないため、業務がスムーズに回らなくなることが考えられます。

Webデザイナーはある程度の柔軟性がある人の方が向いているということを合わせて認識しておいてください。

目立ちたがりな人[Webデザイナーに向いていない人 6/8]

優れたWebデザインを作り上げるためにはセンスが大切になってきます。しかし、自分のセンスを前面に出してクライアントの意見を無視してしまうような人だと、Webデザイナーとしては評価されないと考えられます。

言い換えれば、目立ちたがりな人ほどWebデザイナーの役割を物足りなく感じてしまうかもしれません。自分のセンスを世の中に広め、自身の名前を轟かせたいような目立ちたがりの場合は、WebデザイナーではなくWebクリエイターなどの道を検討するのも良いでしょう。

ルーティンワークが好きな人[Webデザイナーに向いていない人 7/8]

全く同じWebサイトと言うものは存在しません。したがって、Webデザイナーが取り組むことになるWebデザインは、常に毎回ターゲットやデザインの方向性が異なるということになります。

毎回違う業務に携われるという楽しさがある一方で、業務が全てルーティンワークではないとも言えるため、ルーティンワークが好きな人やルーティンワークをしたいと考えている人にとっては大変な仕事と言えるでしょう。

毎回同じ作業だけをしてお金を稼いでいきたい人は、Webデザイナーの仕事を辛く感じてしまうかもしれないということを覚えておいてください。

チームワークが取れない人[Webデザイナーに向いていない人 8/8]

基本的にWebデザイナーはチームで働いていきます。

同じチームには営業やディレクター、クリエイター、アナリストなど様々な立場の人がいるため、チームワークを重視して働いていくことが重要です。

チームワークが取れない人がWebデザイナーになってしまうと、プロジェクト全体の遅延が発生しかねません。他人と協力し仕事を進めていくといった意識を持てない人は、会社員ではなくフリーのWebデザイナーになることを検討する必要があります。

Webデザイナーの適性を判断する際のポイント

ここまで、Webデザイナーに向いている人と向いてない人の特徴を解説してきましたが、実際にWebデザイナーの適性があるかを判断する際は、以下のポイントも意識してみてください。

  • 自ら進んで新しい知識を習得できるか
  • 一つのことを地道に取り組めるか
  • デザインそのものが好きになれるか

これらのポイントをもとに判断し、自分がWebデザイナーに向いてると考える人は、詳しい仕事内容や就職するための方法を覚えていくと良いでしょう。

1. 自ら進んで新しい知識を習得できるか

Webデザイナーに就職した後は、日ごろからデザインに関する知識や情報のアップデートを行っていく必要があります。

加えて、デザイン制作ソフトも不定期にアップデートが入るため、新しく使えるようになった機能を早く覚えて業務に活かしていく必要もあるでしょう。

このことから、Webデザイナーは自ら進んで新しい知識を習得するといった機会の多い仕事となっています。

自分から積極的に業務に関係のありそうな情報を調べてインプットし、仕事でアウトプットしていくといった流れができそうかどうかで、Webデザイナーの適性が判断できます。

2. 一つのことを地道に取り組めるか

1つのプロジェクトにおけるWebデザインは数ヶ月単位で行われることもあります。

1つのことに地道に取り組み続けられる継続力があるかは、Webデザイナーの適性を判断する上で重要なポイントです。

具体的には、今までの人生経験を思い出し、地道な作業が求められる物事に最低でも1ヵ月以上取り組んだことがあるかどうかで判断してみるのが良いでしょう。

3. デザインそのものが好きになれるか

Webデザイナーは「デザイナー」というクリエイティブ職の一つです。

デザインをすることそのものが好きでないと続けられる仕事とは言えませんので、自分がデザインに興味を持っているか、好きになれそうかというところを自己認識してみてください。

デザイン制作ソフトを使いこなし、クライアントの意図通りにデザインができる人であっても、そもそもデザインが好きでなければ、Webデザイナーの仕事を長く続けることはできないでしょう。

日ごろからデザインに目を奪われるような経験があったかどうか、この機会に思い出してみることがおすすめです。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの仕事内容は以下の通りです。

  • クライアントとの打ち合わせ
  • デザインの構成設計
  • コーディング

ここまでの内容を読んでWebデザイナーに興味が高まったという人は、仕事内容も理解しておくと良いでしょう。

1. クライアントとの打ち合わせ

Webデザインの依頼を受ける際、クライアントと打ち合わせをしてデザインの方向性を決めていきます。直接クライアントとやりとりをするのは営業やWebディレクターとなるケースが多いですが、打ち合わせにはWebディレクターも同席するケースがほとんどです。

打ち合わせでデザインのイメージを理解できるかどうかで業務の効率が変わってくるため、必要に応じてWebデザイナーも積極的に発言していきます。

2. デザインの構成設計

どういったWebサイトにしていくかのデザインの構成や設計を担う業務です。

クライアントとの打ち合わせで得た情報や方向性をもとに、自身のデザイン知識を活かしながら設計を考えていきます。

デザインの構成設定をしていく上では、社内でも打ち合わせをして行くことになります。複数回の修正やレビューを受けた上で、クライアントに設計イメージを共有します。

3. コーディング

設計したデザインイメージを作り上げるためには、コーディングという作業が必要です。

会社によっては別にコーダーがいるケースもありますが、Webデザイナーが直接コーディングをすることも珍しくありません。

コーディングではHTMLやCSSといったプログラミング言語を用います。

デザイン知識だけでなく、これらのプログラミング知識を習得する必要があることを合わせて覚えておきましょう。

Webデザイナーについて詳しく知りたい方は以下の記事もご参考ください。

Webデザイナーとは?仕事内容や種類から向いてる人の特徴まで網羅的に解説

Webデザイナーに就くための方法

Webデザイナーに就くためには、以下のような方法が考えられます。

  • 自分でホームページを作ってみる
  • デザインソフトに触れてみる
  • 就職エージェントを活用して自分にマッチする求人を見つける

これらの方法を試してみることで、未経験からであってもWebデザイナーに正社員として就職できる可能性を高められますので認識しておきましょう。

1. 自分でホームページを作ってみる

Webデザイナーになりたいのであれば、まずは業務のおおまかな流れを知っておくためにも、自分でホームページを作ってみることがおすすめです。

最近ではプログラミング言語が分からない人でも、簡単にホームページが作れるサービスが増えてきています。頭の中のイメージをWebデザインに落としていくといった、Webデザイナーの主業務を体感してみることから始めてみましょう。

2. デザインソフトに触れてみる

時間とお金に余裕がある人は、Webデザイナーが使うようなデザインソフトに触れてみるのもおすすめです。PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品がWebデザイナーの現場ではよく使われる傾向にあります。

デザイン教本を片手に、デザインソフトでまずは1つ自分の作品を作ってみてください。

最初のうちは出来上がったデザインに納得できないかもしれませんが、一連の作業を楽しんで進められる人はWebデザイナーの適性が高いと判断できます。

また、独学でWebデザインを学んだという実績は面接でもアピールすることができます。作った作品はパソコンに保存しておき、求人応募時に提出してみることをおすすめします。

3. 就職エージェントを活用して自分にマッチする求人を見つける

少しでもWebデザイナーへの就職率を高めたいのであれば、就職エージェントを活用することがおすすめです。就職エージェントに登録することで、専任のアドバイザーが自分にマッチした求人を自動的に紹介してくれるようになります。

求人の紹介だけでなく、キャリアカウンセリングによる自分のスキルの棚卸しであったり、Webデザイナーを目指す上での面接のポイントを教わることも可能なため、効率的に就職活動を進められる点もメリットと言えます。

就職エージェントによって紹介できる求人は変わってきますので、気になるサービスを見つけたらできるだけ多く登録することをおすすめします。

Webデザイナーに就職・転職する際の注意点

Webデザイナーに就職・転職する際にはいくつかの注意点があります。

ここからは、就職活動を本格的に開始する前に意識しておきたい注意点について解説します。

1. 未経験就職・転職なら研修制度があるかを確認

実務経験がない中でWebデザイナーへの就職や転職を考えている場合は、応募先に研修制度があるかを必ず確認してください。

Webデザイナーとして働く上では、デザインソフトの使い方やWebデザインの基礎知識などを習得する必要があります。就職後にいきなり現場配属され、働きながら知識を覚えるような社風の会社だと、人によっては大変な思いをする可能性があります。

未経験者向けの研修制度がある場合は、求人票にそのことが基本的に書かれています。むやみやたらに求人に応募するのではなく、研修制度の有無をしっかりと確認しておくよう注意してください。

2. 平均残業時間を調べる

Webデザイナーは、会社によって残業時間が長いことがあります。短い納期で依頼を受けることが常態化している会社の場合は、平均残業時間が数十時間に登ることもあるでしょう。

どれだけ仕事が充実していても、残業時間が長いと心身ともに大きなストレスとなってしまいます。自分が許容できる残業時間を頭に置いた上で、どのくらいの平均残業時間の会社なのかを必ずチェックしておいてください。

未経験でもWebデザイナーに就くことはできる?

未経験からでもWebデザイナーに就職できるかは、多くの人が疑問に持つことでしょう。

ここからは未経験でもWebデザイナーに就くことができるかについて、2つの観点で解説していきます。

必要なスキルを身に付けることができれば就職できる!

未経験からでも以下のようなスキルを身に付けることで、Webデザイナーとして就職することが可能です。

  • 基本的なビジネスマナー
  • Webデザイナーの基本的な仕事内容
  • Webデザインにおけるビジネスの理解
  • デザイン制作ソフトの基本的な仕組みの理解
  • 基本的なデザイン用語の理解

これらのスキルや知識は、既にこの記事で解説している内容も多く含みます。

改めてこの記事の内容を確認した上で、足りないスキルや知識はインターネットで検索したり、動画配信サイトの解説動画などを見て学ぶことをおすすめします。

Webデザイナーにも種類があるため、未経験から募集している求人もある

一口にWebデザイナーといっても様々な種類があります。

アシスタントのような役割であれば、Webデザイナーの下について事務的な作業をしながら、Webデザインのやり方を学んでいくこともできます。

加えて、Webデザイナーの需要は年々高まってきている傾向にありますので、未経験者を積極的に募集している求人も多く見られます。

未経験歓迎の求人であれば、Webデザインの実務経験がなくても就職することが可能なため、求人を検索する際は意識してみてください。

Webデザイナーに未経験から就職できる理由について以下の記事で詳しく解説しています。

Webデザイナーには未経験からでも就職できる!必要なスキルも解説

よくある質問

最後にWebデザイナーを目指す上でよくある質問を3つ取り上げ、それぞれ解説していきます。

1. Webデザイナーとして大事なことは?

Webデザイナーとして最も大事な事は、これから作るデザインの方向性決めです。

デザインの方向性がうまく固まっていないまま作業を進めてしまうと、何度も修正が発生することになりますし、仕事でのやりがいも感じにくくなります。

当然ながら、デザイン制作ソフトを使いこなすスキルやコーディングの知識も重要ではあるものの、優れたWebデザイナーになることを目指すのであれば、デザインの方向性を決められるような要件定義力やコミュニケーション能力が必要になってくるでしょう。

2. Webデザイナーを辞めたいと思う理由は?

Webデザイナーを辞めたいと思う理由としては、勤務時間に対する給料の低さが挙げられます。会社にもよりますが、残業時間が長いにもかかわらず給料が低いといったケースは少なくありません。

ただし、Webデザイナーのスキルを一度身に付けることができれば、副業やフリーランスという形でも働くことが可能になります。

本業をしながら副業で別の会社から案件を受けることができれば、収入を加速度的に増やしていけることを合わせて認識しておいてください。

Webデザイナーをやめてしまう理由やきついと感じるポイントについて知りたい方は以下の記事もご参考ください。

Webデザイナーがきつい理由は?退職する理由や対処法を解説
Webデザイナーをやめとけと言われる理由8選!向いてない人とは

3. Webデザイナーのメリット・デメリットは?

Webデザイナーとして働くメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 手に職を付けられる
  • 人間関係に悩みにくい
  • Webマーケティングにも関われる

反対に、Webデザイナーのデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • クライアントから無茶振りされることもある
  • デスクワークで運動不足になりやすい
  • 収入が低い会社が少なくない

これらのメリットやデメリット以外にも会社によって特徴がありますので、求人に応募する際は、その会社の就職口コミサイトなどを確認することが重要です。

まとめ

Webデザイナーに向いてる人や向いてない人の特徴を詳しく解説しました。

この記事で解説したような向いてる人の特徴に多く当てはまる人は、未経験からでもWebデザイナーの仕事がフィットすると考えられます。

また、自分がWebデザイナーに向いているか判断できないような人は、就職エージェントなどの第三者の視点からアドバイスをもらうことも検討してみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫キャリアアドバイザー
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター