就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

シングルマザーに優しい仕事は?求人の見極め方や他のシンママは何してる?

シングルマザーに優しい仕事は?求人の見極め方や他のシンママは何してる?
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

シングルマザーの中には、どんな仕事であれば子育てと両立して働けるか気になる人もいるのではないでしょうか?

この記事では、これから仕事探しをしようとしているシングルマザーが応募を検討すべき仕事の特徴や、求人の見極め方などについて解説します。

初めて就職活動をするというシンママにも分かりやすく解説しますので、参考にしてみてください。

シングルマザーに優しい仕事の特徴

シングルマザーに優しい仕事の特徴

企業によってはシングルマザーを受け入れる体制が整っておらず、思わぬ働き方を強いられてしまうこともあります。

まずは、子育てをしながらも自分らしく働ける仕事や職場の特徴について解説します。

柔軟な働き方ができる会社

シングルマザーは、子供の送り迎えや突然の体調不良などの面倒を見る必要がある関係上、柔軟に働き方を選択できる会社で働くのがおすすめです。

具体的には「時短勤務」や「週5日未満の出勤」などが可能な会社であれば、子供の容態や成長に合わせて働く時間を調整することができます。

柔軟な働き方ができる会社であれば、多くの場合企業ホームページにその旨の記載があります。

基本的には「採用ページ」内の「福利厚生」などに書かれているケースがありますので、気になる企業を見つけたら検索してみる癖をつけてみましょう。

主な仕事内容は事務作業

シングルマザーに優しい仕事としては、歩き回る営業系の仕事よりも、事務作業の多い仕事が挙げられます。

子供の年齢にもよりますが、子育ては体力勝負ですので、仕事以外の時間も体力が大幅に奪われていることでしょう。

事務作業の仕事であれば基本的に座り仕事になるため、勤務中の体力の消費を抑えることが可能です。

女性の社員割合が多い

女性の社員割合が4〜5割程度の職場であれば、女性が多い分シングルマザーにも理解を示してくれる職場の可能性があります。

シングルマザーが働きづらさを感じてしまう一つの理由に、男女間における子育てへの理解の差が挙げられます。

今でこそ世論は変わってきていますが、子育ての大変さの認識が不足している男性が一定数存在するのも事実です。

社内の理解者が多ければ多いほどシングルマザーは働きやすくなるはずです。

シングルマザーの仕事は正社員とパートどちらがいいか比較

ここからは、シングルマザーの仕事として、正社員とパートどちらの働き方がいいのかについて比較していきます。

それぞれのご家庭の事情によって左右されることも十分考えられますので、参考程度に留めてください。

年収

正社員とパートの年収を比較すると以下の通りです。

正社員パート
平均年収約375万円約120万円

参考「厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査の概況」

「厚生労働省:毎月勤労統計調査令和2年分結果確報」

女性正社員の平均月収は厚生労働省の調査によれば約25万円ですので、賞与が3カ月分支給されたとすると、単純計算で年収が375万円となります。

一方パート勤務者の平均月収は99,378円となっており、パートには基本的に賞与が無いことを考えるとおよそ120万円の年収となります。

つまり、年収面で比較すると正社員の方がパートで働くよりもおよそ3倍となっていることが分かります。

収入面だけで考えると、正社員として働く方がいいと言えるでしょう。

勤務時間

続いて、勤務時間は以下のような違いがあります。

正社員パート
月間平均勤務時間160.4時間79.3時間

参考「厚生労働省:毎月勤労統計調査令和2年分結果確報」

正社員は基本的に週5日働くことになりますので、厚生労働省の調査から計算すると、仮に20営業日だった場合、毎日8時間労働が必要だと分かります。

パートの場合はシフト制になるため一概に1日の平均勤務時間は出せませんが、正社員よりも半分程度の勤務時間が平均となっています。

シングルマザーが子育てを並行する場合、フルタイムで働くことは難しいため、パートタイムとして働く道を選択する人も少なくありません。

また、子供が手のかかるうちはパートとして働き、ある程度自立したら正社員として働くというケースも考えられます。

福利厚生

福利厚生は、法律で定められている「法定福利厚生」と、会社が独自に設定している「法定外福利厚生」の2種類に分けられます。

法定福利厚生法定外福利厚生
・健康保険
・介護保険
・雇用保険
・労災保険
・厚生年金保険
など
・家族手当
・住宅手当
・交通費
・育児休暇
・資格取得手当
・保養所利用
など

これらの福利厚生は、厚生労働省が2020年4月から施行している「パートタイム・有期雇用労働法」によって、正社員とパートタイム労働者(アルバイト含む)との不合理な待遇差

を解消するよう働きかけがされています。

つまり、この法律を遵守している企業であれば、パートであっても正社員と同様の福利厚生を受けられるということですので、大きな差は生まれないと言えるでしょう。

シングルマザーに人気の仕事一覧

ここからは、シングルマザーに人気の仕事を6つ紹介します。

仕事の種類と企業の風土を意識して求人探しをすることで、シングルマザーでも働きやすい職場を見つけられるでしょう。

※平均年収は正社員のものです。

事務職

事務職は、企業において事務作業に携わる仕事です。

平均年収334万円
向いている人の特徴・丁寧に仕事ができる人
・決められたことを決められた通りにこなせる人

基本的にデスクワークが中心になるため、子育てに使う体力を温存しておけるでしょう。

また、事務職は比較的残業が発生しにくい傾向にあることや、時短勤務を認めている企業も少なくないため、シングルマザーでも働きやすい職種と言えます。

ただし、事務職は求人数に対して応募者数が非常に多くなりやすいという特徴もありますので、なかなか採用されないという可能性もあります。

シングルマザーが事務職に就職したいのであれば、後ほど解説する「シングルマザーの面接のポイント」などを参考にしつつ、真剣に就職活動と向き合うことが大切です。

接客業

接客業は、ショップ店員として来店したお客様への応対やレジ打ちなどをする仕事です。

平均年収324万円
向いている人の特徴・立ち仕事でも問題ない人
・つらい時でも笑顔で接客できる人

接客業も事務職と同じく比較的定時で帰りやすい仕事ではありますが、勤務時間中のほとんどが立ち仕事になりやすいというデメリットがあります。

慣れるまでは体力を使うことになりますので、シングルマザーの場合は気をつける必要があるでしょう。

介護職

介護職は、高齢者や障がい者などの介護が必要な人に対し、介護サービスを提供する仕事です。

平均年収323万円
向いている人の特徴・人の面倒を見るのが好きな人
・やりがいを感じて仕事をしたい人

仕事中は利用者の身体を支えたり、場合によっては入浴介助をすることもありますので、体力的に厳しい仕事です。

しかし、利用者の自宅で介護を行うホームヘルパーなどであれば、残業が発生することはほとんどありませんので、決まった時間に帰宅しやすいといった特徴もあります。

また、介護職は慢性的な人手不足といった問題を抱えているため、正社員やパートとして採用されやすいといったメリットがあります。

コールセンター

コールセンターは、サービスや商品の利用者からの問い合わせを受け、発生している問題を解決する仕事です。

平均年収306万円
向いている人の特徴・電話でのコミュニケーションが苦手ではない人
・電話越しでも相手の言いたいことを察せられる人

一般的にデスクに座って問い合わせ対応を捌くことが仕事内容ですので、身体的な疲れを抑えて仕事に向き合えます。

しかし、場合によってはクレームの電話の対応をしなければならないこともありますので、仕事を始めたての頃はストレスが溜まってしまう可能性もあるでしょう。

とはいえ、女性比率の高い職場も多いので、シングルマザーの働きやすい環境が整っている企業も少なくありません。

営業職

営業職は、個人や法人に対して商品・サービスを営業し、購入してもらう仕事です。

平均年収435万円
向いている人の特徴・高いコミュニケーション能力を持っている人
・多少大変でもお金を稼ぎたい人

営業職は平均年収が比較的高く、実績も出せれば歩合給という形でさらに高い収入を狙うことも可能です。

シングルマザーであっても、不動産業界や生命保険業界では勤労者も多く、コミュニケーション能力に自信がある人であればおすすめできる仕事の一つです。

看護師

看護師は治療や療養が必要な患者に対し、必要な看護サービスを提供する仕事です。

平均年収409万円
向いている人の特徴・献身的に人と向き合える人
・やりがいを感じて仕事をしたい人

看護師になるには国家試験に合格しなければなりませんので、今から資格勉強をして看護師を目指すのはハードルが高いです。

もし既に看護師免許を持っている人であれば、看護師はシングルマザーも多い職場ですので、就職先として検討してみてもいいかもしれません。

仕事をしたいシングルマザーが見るべき求人票のポイント

応募したい求人を見つけたとしても、求人票をしっかり確認しておかないと後々トラブルに発展する可能性があります。

ここでは、仕事をしたいシングルマザーが確認しておくべき求人票のポイントについて解説します。

勤務地

勤務地はシングルマザーがまず最初に確認しておきたい項目です。

子供の送り迎えが必要な場合、勤務地が家や保育園などから離れた場所だと、特に朝が慌ただしくなります。

毎朝毎朝大変な思いをしてから仕事に向き合わなければならないのは強いストレスにも繋がりますので、できれば自分が余裕を持って通勤できるよう、家の近くの勤務先を選ぶと良いでしょう。

また、シングルマザーで全国転勤をするのは現実的ではありませんので、もし勤務地欄に「場合によっては全国転勤あり」など書かれていれば、「どういった場合に全国転勤が生じるのか」ということを必ず確認しておいてください。

給与

子供を養っていく上で、給与も外せないチェックポイントです。

パートの場合は時給が書かれており、正社員の場合は月収が書かれていますが、特に注意しておきたいのが正社員の給与表記で記載されることのある「固定残業代」の有無です。

固定残業とは「あらかじめ数時間分の残業代を給料に含んで支給する」という賃金の支払方法のことを言います。

表記上、例えば「月20時間分」などであらかじめ給与に含む残業時間が書かれていますので、その分以上の残業時間が毎月発生すると思っておく必要があります。

休日

正社員求人の場合は休日について書かれていますが、「完全週休二日制」か「週休二日制」のどちらを採用しているか必ずチェックしておきましょう。

完全週休二日制とは「毎週2日間の休みが取れること」を言い、週休二日制とは「1カ月で2日休める週が1度以上あり、それ以外の週は1日以上休みがあること」を言います。

このように、両者は似た言葉ではあるものの、一カ月当たり3〜5日程度休みの日数が変わってしまうことになりますので、必ずチェックしておきましょう。

また、祝日が休みかどうかについても同じく休日欄に書かれますので、合わせてチェックしておくようにしてください。

仕事内容

どんな仕事に携わるかを知っておくことで、入社後のギャップを防ぐことができます。

いくらシングルマザーに優しい職場環境であっても、自分の性格に合っていない仕事内容であればストレスが溜まってしまいます。

もし求人票の仕事内容で情報が不足していたら、企業のホームページなども確認してみると良いでしょう。

女性管理職比率

求人票によっては女性管理職比率が書かれていることもあります。

女性管理職比率が高ければ、その分女性やシングルマザーに理解のある職場かどうかの判断材料にもなりますし、将来的に出世できるかどうかも把握できます。

女性管理職比率については記載が無い場合もありますが、記載が無いからといってシングルマザーに厳しい職場という訳ではありませんので、正しく理解しておきましょう。

シングルマザーが仕事を探すおすすめの方法

ここからは、シングルマザーが仕事を探すのにおすすめの方法について解説します。

就職エージェント

就職エージェントは、就職活動に関するあらゆるサポートをしてくれるサービスです。

登録後には自分の状況にあった仕事の特徴を明らかにするためのカウンセリングを行ってくれますし、カウンセリング内容を元に自分の希望にあった求人の紹介をしてもらえます。

また、就職エージェントで紹介される求人は、通常応募できないような非公開求人も含まれます。

非公開求人とは、企業が特定のスキルを持った人だけを採用したい場合に企業が使用する求人募集方法であり、通常の公開求人よりも待遇がいいなどの特徴があります。

サポート体制もしっかり整っていますので、就職エージェントを利用すれば、忙しいシングルマザーであっても子育てと就職活動を並行して進められるでしょう。

求人サイト

求人サイトは、登録後に自分で条件を絞って希望の求人を見つけることができます。

非常に多くの求人の中から検索できますので、シングルマザーに優しい職場を見つけやすい反面、応募や企業との面接日時の調整など、全て自分一人で対応しなければなりません。

従って、「自分に合っている企業をどんな条件で検索すればいいか分からない」「自分一人で就職活動を進める自信がない」というシングルマザーは、求人サイトと並行して就職エージェントの活用がおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは公共職業安定所とも言われ、全国自治体約500箇所以上に設置されています。

求人検索はもちろん、就職活動の相談や求人の紹介も受けることができますので、多くのシングルマザーにおすすめできる方法です。

ハローワークで応募できる求人は、中小企業や地元密着型の企業が多いため、シングルマザーが働きやすい職場を見つけやすいといったメリットもあります。

シングルマザーが面接で注意すべきこと

面接において、基本的に家族構成を聞くことは法律上禁止されていますので、シングルマザーかどうかは面接官に知られることはほぼないと言えます。

その上で、シングルマザーが面接で注意すべきポイントについて解説します。

長く働きたいという思いを伝える

企業は一人採用するために少なくないコストを支払っていますので、せっかく採用した人には長く勤めて欲しいと考えています。

そうした思いに応えるためにも、長く働いていきたいという思いを面接で伝えることが大切です。

特に女性の場合、シングルマザーかどうか分からなかったとしても、面接官は「結婚をして辞めてしまうのではないか」「子供ができて退職してしまうのではないか」といった懸念を持ちかねません。

中長期的なキャリアビジョンなどを伝え、応募先の企業で長く働く意欲があることをアピールできれば、採用される可能性も高まるでしょう。

「シングルマザーだから」という発言はNG

自分からあえて「私はシングルマザーなので…」と伝える発言は避けましょう。

企業からしてみれば、応募者がシングルマザーだから採用するということは決してありません。

むしろシングルマザーであることが企業からデメリットとして見られかねないでしょう。

面接官の方からシングルマザーか確認をしてくることは基本的にありません。

そのため、余程のことがない限り、自分から進んでシングルマザーだとアピールする必要がないのです。

ちなみに家族構成については面接で聞いてはいけないと法律で定められていますので、シングルマザーかどうかを聞いてくる企業は、その時点で入社を避けた方がいいでしょう。

自分のスキルがどのように活かせるかを伝える

シングルマザー、ひいては女性だからといって企業の選考基準が上下することはありません。

魅力的な人材であることをアピールし、企業が採用するメリットをしっかり伝えることが就職活動において最も重要です。

そのためにも自己PRは特に念入りに準備しましょう。

自己PRの作成方法や例文については、以下の記事でも解説していますので参考にしてください。

自己PRとは?受かる書き方や例文など一挙解説!

シングルマザーの仕事探しのポイント

ここからは、シングルマザーの仕事探しのポイントについて解説します。

期間を決めて就職活動を行う

シングルマザーが就職活動を行う際は、いつまでに就職するといった期間を決めて取り組むようにしましょう。

だらだらと仕事探しを続けてもいいことはありませんし、就職市場的に考えても年齢が上がると就職は難しくなっていきます。

もし今すぐに就職したいというシングルマザーには、就職カレッジがおすすめです。

就職カレッジを利用すれば最短2週間で内定獲得も可能です。

家事と仕事のバランスが取れる職場を選ぶ

言うまでもありませんが、シングルマザーの場合、仕事ばかりしていて倒れてしまえば、子供の面倒を見る人がいなくなってしまいます。

つまり、自分の健康は子供の成長に直結しているとも言えるでしょう。

過酷な職場環境を選んでしまうと、シングルマザーにとって非常にリスクとなりますので、今一度求人をよく見て就職活動を行うように心がけてください。

自己分析を行う

面接通過率を上げるために、自己分析は欠かせません。

自己分析とは、自分の今までの経験を棚卸しし、強みや弱みを理解することで、企業選びの軸を定めたり、面接での説得力を高めたりできる行動を指します。

自分らしく働ける職場に入社するために、シングルマザーはもちろん、全ての就職活動者が行うべき分析と言えます。

自己分析の方法は様々ありますので、イチから取り組むには荷が重いかもしれないでしょう。

そのような方におすすめしたいのが就職カレッジです。

就職カレッジに無料登録することで、自己分析の方法も教えてもらえる「無料就職講座」が受講できます。

詳しくは本記事の最後でもご紹介しますが、気になる方は以下のリンクもチェックしてみてください。

シングルマザーにおすすめの資格

シングルマザーの仕事探しでは、資格を活かすことで選考通過率が高まる可能性があります。

ここでは、シングルマザーにおすすめの資格について解説します。

日商簿記検定

日商簿記検定は企業における経理や財務の知識があることを証明する資格です。

試験内容商業簿記(3級)販売活動や購買活動など、企業外部との取引を記録・計算する技能についての試験
試験勉強目安時間100時間
合格率67.2%(3級/第157回実績
資格を活用した仕事・事務職
・経理職
・総務職

特に事務系の求人に応募する時に評価されやすい資格の一つであり、3級は合格率も高いので子育ての合間を縫って学習に励む方も多くなっています。

数学系の資格ではありますが、試験当日は電卓の持ち込みが可能ですので、経験が苦手という方でも合格することは可能です。

秘書検定

秘書検定はオフィスマナーが身についていることを証明する資格です。

試験内容基本的な職場常識を問われる級です。
上司が効率よく仕事を遂行するためには,秘書はどんなことに気を利かせる必要があるか,またどのように対応すれば感じがよいと思ってもらえるかの基本部分を問う級です。(3級/引用「ビジネス系検定:秘書検定とは
試験勉強目安時間30時間
合格率70.2%(3級/第124回実績
資格を活用した仕事・事務職
・営業職
・秘書

「秘書」検定という名前ですが、これは秘書になるための資格という意味ではなく、秘書として恥ずかしくないビジネスマナーが備わっているかを図る資格試験となっています。

秘書検定に合格することで、高いビジネスマナーを持っている証明になるため、シングルマザーにおすすめの仕事全般でスキルを活かせるでしょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSは会社員が使う機会の多い「オフィス系ソフト」が使いこなせることを証明する資格です。

試験内容・Word(文書作成ソフト)
・Excel(表計算ソフト)
・PowerPoint(プレゼンテーションソフト)
・Access(データベース管理ソフト)
・Outlook(電子メール・情報管理ソフト)
5つのオフィス系ソフトが一定水準のレベルで使えるかを問う試験
試験勉強目安時間40-80時間
合格率約80%(一般/正式には非公表)
資格を活用した仕事・営業職
・事務職全般

MOSを取得することで、シングルマザーにおすすめの事務系の仕事や、営業職において重宝されるスキルがある証明になります。

また、オフィス系ソフトが使えると日常生活でも役立つこともあるのが特徴です。

最短2週間で内定も!シングルマザーには就職カレッジがおすすめ

忙しいシングルマザーの仕事探しには就職カレッジがおすすめです。

ここでは就職カレッジの特徴を4つ紹介します。

社会人経験が少ない人を専門にした正社員就職エージェント

就職カレッジは、20代の就職支援に特化した正社員就職エージェントです。

特に「ニート・フリーター・既卒・第二新卒」といった、社会人経験の無い(少ない)人を対象に就職支援を行っています。

今までの就職支援実績は23,000人以上※を誇りますので、正社員経験のないシングルマザーでも十分なサポートを得られるでしょう。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で就職率は8割以上の実績

就職カレッジに無料登録した後は、就職活動のプロが教える「無料就職講座」の受講が可能です。

この無料就職講座では、次のようなカリキュラムを集中的に学べます。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

どれもシングルマザーの仕事探しに役立つだけでなく、長く働ける職場探しに重要な内容となっています。

この講座の実施もあり、就職カレッジを利用した方の就職率は81.1%※と非常に高いのが特徴です。

必ず正社員として就職したいというシングルマザーの方におすすめのサービスです。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

最短2週間で内定も獲得できる集団面接会

無料就職講座の受講後は、就職カレッジが厳選した優良企業数十社と一度に面接できる「集団面接会」に参加できます。

この面接会には社会人未経験者を採用したいと考えている企業しか集まりませんので、正社員経験がない方でも内定獲得が可能です。

また、この面接会では書類選考が行われず、企業担当者といきなり面接が可能なため、選考スピードが早いというメリットもあります。

最短2週間で内定獲得も可能であり、忙しいシングルマザーにおすすめの就活方法と言えるでしょう。

定着率9割超の安心サポート体制

就職カレッジでは、登録から内定獲得まではもちろん、就職後も徹底したサポート体制を完備しています。

「仕事と子育てが両立しにくい職場だった」「シングルマザーで肩身の狭い思いをしている」などの悩みが生じたら、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談可能です。

このようなサポート体制もあり、就職カレッジを使って就職した方の定着率は91.5%※と非常に高い実績を誇っています。

安心できる職場に就職したいと考えているシングルマザーの方は、この機会に就職カレッジに無料登録をしてみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

シングルマザーが仕事探しをするに当たって意識しておきたいポイントや注意点などについて解説しました。

パートとの働き方の違いを理解した上で、正社員になりたいと考えるシングルマザーには就職カレッジがおすすめです。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方は無料登録から始めてみてはいかがでしょうか?

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等