テレワークでできる仕事を紹介!【在宅可能な職種や業務とは】

テレワークでできる仕事を紹介!【在宅可能な職種や業務とは】

「テレワークでもできる仕事を見つけたい」「リモートができる仕事に転職したい」と思っている方もいるのではないでしょうか。新型コロナウイルスの影響からテレワークを導入する企業が増加しましたが、もともと、在宅勤務という働き方が可能な仕事は少なくありません。

この記事では、テレワークができる仕事・できない仕事を紹介するとともに、テレワークで仕事をするメリット・デメリットや、テレワークができる人とできない人の特徴についてもご紹介します。

テレワークとは

テレワークとは

一般社団法人 日本テレワーク協会によると、テレワークとは「情報通信技術を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと」と定義しています。

テレワークは「テレ(tele)=離れた所」と「ワーク(work)=働く」をあわせた造語です。つまりテレワークとは、インターネットなどの通信技術を使いつつ、会社以外の場所で働くことを指しています。

テレワークは、大きく以下の3つに分けられます。

  • 在宅勤務(自宅でパソコンやインターネットなどを使用して働く)
  • モバイルワーク(移動中などにパソコンやスマホを使用して働く)
  • サテライトオフィス(勤務先の本部や本社以外のオフィススペースで働く)

働く場所によって上記のような違いはあるものの、「柔軟な働き方」という点では共通していることが分かるでしょう。

引用:一般社団法人 日本テレワーク協会

このほかにも「在宅ワーク」「リモートワーク」などの言葉がありますが、いずれも、自宅などオフィス以外の場所で働くことができる仕事という意味では共通しています。

テレワークができる仕事・できない仕事

テレワークができる仕事・できない仕事

テレワークができる仕事とできない仕事のそれぞれの職種について、ご紹介します。

テレワークができる仕事

テレワークができる仕事としては、以下が考えられます。

システムエンジニア・プログラマー

システムエンジニアやプログラマーの仕事は、パソコンに向かって作業をすすめる時間が長い職種です。セキュリティ上の問題や、顧客先への常駐が必須でなければ、テレワークをしやすいといえるでしょう。繁忙期など業務ボリュームが大きい場合でも、通勤時間が不要になるため肉体的負担を減らすことが可能です。

ただし、PCが社外持ち出し厳禁になっている会社や、独自のシステムを導入している会社などでは、テレワークの導入がむずかしいというケースもあります。

編集者・ライター

編集者やライターという「書く」ことにまつわる仕事も、問題なくテレワークができる仕事です。特別な機材などを必要とするわけではないため、自宅にいながら仕事をしやすいといえるでしょう。

特にWebメディアの場合はパソコン上で仕事が完結するため、テレワークに適している傾向にあります。書籍や雑誌など紙媒体の場合は、印刷物のチェックや著者との打ち合わせなども発生するため、ある程度外出や会社での作業が発生することもあります。

カスタマーサポート(顧客対応)

一般的にはオフィスで仕事をする印象も強いカスタマーサポートですが、テレワークもできる仕事のひとつです。まず、お問い合わせなどのメールやチャットの返信が主な業務の場合、パソコンがあれば仕事ができます。電話対応の場合も通話をするためのツールが支給されれば、自宅で働くことが可能となるでしょう。

注意点としては自宅でひとりで対応することになるため、問い合わせ内容などで不明点が出てきた際に、すぐに周囲に聞くことができないこともあるという点が考えられます。

営業

営業はそもそも、基本的には社外に出ていることが多い仕事です。電話やメールを使った営業やクライアントへの対応であれば、テレワークが可能です。新型コロナウイルスの影響もあり、また出張などをしなくてもオンラインでクライアントと商談することも可能になってきています。

直接クライアントのもとへ出向くことが必要な場合でも、わざわざ会社に帰社しなくても、直行直帰で事務作業はテレワークにするということもしやすいでしょう。

事務・総務

事務や総務の仕事も、オフィスに出社せずに働くことも可能です。なかでも資料や書類の作成などパソコンに向かう作業がメインの場合、毎日通勤しなくても働けるでしょう。電話対応も、会社宛の電話を社用携帯などに転送設定してもらうことで、対応が可能です。

ただし会社宛に届いた書類のチェックや整理・来客対応などは自宅ではむずかしいため、完全なテレワークというよりも、オフィス勤務とテレワークを組み合わせて働くケースも考えられます。

テレワークができない仕事

テレワークができない・またはむずかしい仕事の主な職種としては、以下が考えられます。

接客業

店舗スタッフ、ホテルや遊園地などの施設スタッフ、美容師やマッサージ師など、お客様と直接接する必要がある仕事は、テレワークがむずかしいといえます。たとえばスーパーやコンビニなどではセルフレジが導入されていますが、不具合が起きたときやセルフレジでは対応できない商品などは人の力が必要ですし、品出しなども人がいなければ成り立ちません。

いまのところ接客業でテレワークが可能なのは、本部などで直接お客様と接する機会がない一部の部署の人のみとなっているでしょう。

医療・福祉

医師や看護師、助産師、薬剤師、保育士や幼稚園教諭、介護士などの仕事は、勤務先での仕事がほとんどです。目の前の困っている人やサポートを必要としている人に対して働きかける必要があるため、テレワークでは成り立たないといえます。

ただし近年では、オンラインによる診療なども一部ではスタートしてきました。ヒアリングやカウンセリングなど一部の業務には限られるものの、テレワークで働いていくこともできることが考えられます。

公務員

役所の窓口担当の職員や警察官、消防士、教師などの公務員も、テレワークがむずかしい職種といえます。たとえ自宅でもできる事務仕事などであっても、ネットワーク環境が整わないなどの理由から、出社しなければいけないというケースもあります。

ただし、職種によってはテレワークを取り入れている自治体もあります。そのため「公務員=テレワーク不可」というわけではなく、職種や勤務先などで差があるといえるでしょう。

運転を伴う仕事

トラックや社用車・バイクなどを使って荷物や郵便を配達する仕事や、バスや電車の運転手の仕事は、テレワークはまず不可能です。いまは無人で運転する電車や自動運転の車なども登場していますが、自宅から操作や運転をしたり、モノを運んだりするなどの作業をすることはできません。

逆にいえば、どれだけ今後テレワークやIT化が進んでも、なくなりにくい仕事のひとつだと考えられます。

現場仕事全般

たとえば大工、食品や日用品などの製造や研究開発、結婚式場や葬儀場のスタッフ、カメラマン、モノの修理や点検などのように「現場じゃないと働けない」という特性を持つ仕事は、テレワークは非現実的といえます。

日本でもテレワークが普及してきたとはいえ、このような仕事をしている人はたくさんいます。テレワークができない職種に就いてくれている人が一定数いるからこそ、世の中が平和に成り立っているといえるでしょう。

テレワークができる仕事の特徴

テレワークができる仕事の特徴

テレワークができる仕事の特徴としては、以下があります。

特徴1.人と直接会わなくても成立する

たとえば介護士の仕事の場合、担当する利用者さんと会わずに仕事をするということは不可能です。テレワークができる仕事は、あくまで「人と直接会わなくても成立する」職種や業務内容に限られるといえます。

テレワークは基本的には一人で仕事を進める割合が高くなるため、自分だけで進行できる部分が多い仕事であればあまり問題なく働くことができるでしょう。不明点や疑問点を質問したり情報を共有したりするなどの場合も、チャットツールやオンラインツールなどを活用できます。

特徴2.会社以外の場所で働いても問題ない

たとえば機密情報などを取り扱う仕事の場合、従業員がその情報を社外に持ち出すことで情報が流出する恐れもあります。また、大切なデータや資料などを会社の外で紛失してしまうリスクも考えられます。そのような情報を扱わない仕事であれば、テレワークをすることによる危険性は低いといえるでしょう。

また、IT系の仕事やクライアントワークなど相手がある仕事でない場合、テレワークは比較的柔軟に対応できます。たとえば「この日は休暇を取得したいからそれまでにこの仕事を終わらせよう」などということもできるでしょう。フレックス制度のある会社の場合、仕事の状況によって働く時間や時間帯を調整することも可能です。

特徴3.パソコンで完結できる仕事である

たとえば資料作成やデータ分析などの業務、Webデザイナーや動画編集などいわゆる「Web上で成果物を作成できる」仕事は、全般的にテレワークが可能です。機材やネットワーク環境などが整っていれば、オフィスに出向かず自宅で働いたとしても、成果物には影響しないためです。

たとえば工場での製造業務や、食品や医薬品などの研究・開発業務などの場合、そこで使用する道具を自宅に持ち帰ったり導入したりするということは現実的ではないでしょう。パソコンだけで仕事が完結する仕事とは違って、特別な道具などを使用する職種では、テレワークができる可能性は低くなります。

特徴4.その場にいる必要がない

たとえば店舗の受付や窓口、美容師、警備員、写真館のカメラマンなどの場合、自分がその場にいなければ仕事ができません。一部の業務はテレワークもできるかもしれませんが、原則的には職場にいる必要が出てきます。

また、目視が必要になる業務もあります。銀行の窓口業務などの場合、Web上で完結する業務以外は、来店した人の本人確認や書類のチェックなどを必ず目で見て確認する必要があります。オンラインが普及したとはいえ、大きなミスやトラブルなどを避けるためには、直接人の目でチェックしなければいけない仕事も一定数存在します。

特徴5.常に連携を求められない/人員が減っても対応できる

たとえば飲食店の場合、オーダーを取る人と料理を作る人、かかってきた電話を取る人、レジを担当する人、準備や後片付けをする人など、複数人のスタッフの連携が必要です。パソコンを使用したテレワークであれば各自が業務をすすめてミーティングなどで共有できますが、常にチームワークが必須な仕事は、テレワークは不可能といえます。

また、テレワークをしている場合、何らかの事情で自分が休むことになったとしても、その仕事が急ぎでない場合は次回に回すことができます。自分の代わりに、ほかの同僚や上司、部下などに仕事をお願いすることも可能です。しかし、たとえば保育の仕事のように「この時間帯には〇人の人員が必要」など必要な人数が決まっている仕事の場合、必ず誰かが職場に出て働く必要があります。

テレワークで仕事をするメリット・デメリット

テレワークで仕事をするメリット・デメリット

テレワークでできる仕事をするメリットとデメリットについて、それぞれご紹介します。

テレワークで仕事をするメリット

テレワークで仕事をするメリットは、以下が考えられます。

メリット1.時間を合理的に使える

たとえば通勤に片道1時間かかる人の場合、通勤だけで毎日2時間を使うことになります。満員電車での通勤や長時間の移動は、身体を疲れさせる原因にもなります。また、出勤するための身支度という時間も必要です。

テレワークの場合はそれらの時間が不要になるため、1日の時間を有効に使えます。仕事が終わってからもオフィスを出て家に帰るための時間がなくなるため、家族と過ごしたり趣味に使ったりできる時間が増えます。

メリット2.環境に左右されず仕事ができる

たとえば配偶者の都合で引っ越しをすることになったり、大雪や台風で外に出られない日が続いたりしても、テレワークならば自宅から仕事ができるため、環境に左右されることがありません。

働く場所が自由になるということで、イレギュラーな事態や自分の生活の変化が出てきた場合でも、その仕事を続けやすくなります。

メリット3.人間関係の悩みが減る

職場の悩みのひとつとしてよく挙げられるものに、人間関係があります。仕事とはいえ、苦手な相手と毎日顔を合わせて長時間一緒にいることは、多少なりともストレスになってしまうでしょう。

テレワークであっても同僚や上司など社内の人とのかかわりは発生するものの、直接顔を合わせる時間が少なくなることで、人間関係で悩むことが減るというケースはあるでしょう。

テレワークで仕事をするデメリット

テレワークで仕事をすることによるデメリットとしては、以下が考えられます。

デメリット1.人との交流が減る

自宅で仕事をする場合、オフィスで働く場合と比較すると、人とのかかわりはどうしても少なくなります。オフィスに人がいれば雑談やちょっとした質問なども気軽にできますし、ランチなどで話す時間を設けたりもできるでしょう。

テレワークでもオンライン上の交流は可能ですが、人によっては孤独を感じたり「誰かと話したい」という気持ちが強くなったりすることがあるでしょう。

デメリット2.成果以外で評価されにくい

オフィスで仕事をしていれば、その人の仕事ぶりをほかの人が見ることができます。一方でテレワークでは働いている様子が直接見えないことから、仕事をした成果でしか判断ができません。テレワークであまりに成果をあげられない場合「真面目に仕事をしていないのではないか」と疑われてしまうケースもあります。

「不器用だが一生懸命仕事に取り組んでいる」というタイプの人は、テレワークでは評価されにくい可能性も考えられます。

デメリット3.仕事のコツを掴むのに時間がかかることがある

ベテランではなく、その仕事をしてまだ日が浅い人や新しい業務や部署で仕事を任された人の場合、自宅でひとりで働くことで、その仕事のコツを掴めるまでに時間がかかってしまうケースがあります。自分では気づかないうちに非効率的になっていたり、ほかによい方法があるのに気づかなかったりするリスクもあります。

また、テレワークでは常に上司や先輩に自分の仕事を見てもらえる環境ではありません。そのため、スキルアップや業務理解にやや遅れが出ることもあり得ます。

テレワークができる人・できない人の特徴

テレワークができる人・できない人の特徴

たとえテレワークができる仕事に就いていても、テレワークには向き不向きがあります。テレワークができる人とできない人のそれぞれの特徴についてご紹介します。

テレワークができる人の特徴

テレワークができる人の特徴としては、以下が考えられます。

一人でいることが好き

一人が好きな人やあまり寂しがりやでない人は、テレワークという働き方がしやすい人だといえます。自宅で一人作業をする時間も長くなるため、一人でいてもとくに違和感がない、オンライン上でコミュニケーションを取ることが苦手ではないという人は、テレワークに適性があるでしょう。

自己管理ができる

オフィスに通勤していれば、会社に間に合うように起きたり、勤務時間中は仕事をせざるを得ない環境に自分を置いたりすることができます。一方で、テレワークは人の目がないため、時間の使い方や仕事の進め方などを自己管理する必要が出てきます。自分を律して業務に集中できる人は、テレワーク向きです。

自宅の環境が整っている

自宅で働けるといっても、仕事をするのには変わりはありません。そのため、仕事に集中できる環境が整っている家はテレワークがしやすいでしょう。たとえば仕事部屋がある、Wi-Fiがスムーズにつながる、仕事をしやすい机や椅子がある、部屋が狭すぎない、周辺環境がうるさすぎない、などが考えられます。

テレワークができない人の特徴

テレワークができない・または向いていない人の特徴としては、以下が考えられます。

仕事が嫌い/やる気がない

いまの仕事が好きではなくやる気がない人がテレワークをすると、さらにモチベーションが下がることにもなりかねません。人の目がなくなるため、仕事をさぼったり適当にこなしたりしがちで、その結果、会社からの評価が下がりさらにやる気を失うという悪循環になりやすいといえます。

集中力が低い

オフィスで大人数で仕事をしていれば目の前の仕事に向き合わざるを得ませんし、ある程度の緊張感も生まれます。テレワークは自宅で一人で仕事を進めていくことになるため、もともとの集中力が低い人はなかなか業務に集中できず、苦痛になってしまうことがあります。

人と話したい欲求が強い

たとえばオフィスに勤務する場合、同僚や先輩、上司とのコミュニケーションはテレワークよりも多くなります。社内で他部署の人と会い、言葉を交わしたりすることもあるでしょう。自分ひとりで黙々と働くことに耐え切れない人にとっては、テレワークはむしろ非効率的な働き方になってしまうかもしれません。

【共通】CTAボタン