福岡で就職するメリットとデメリット!就職を成功させるコツも解説

福岡で就職するメリットとデメリット!就職を成功させるコツも解説

福岡で就職したいと思っている方は必見です!この記事では、福岡就職の特徴を他県と比較してご紹介していますので、地元の方もそうでない方も参考にしていただけると思います。また、就職を成功させるコツ、福岡のオススメ企業ランキングなどを解説していますので、この記事を参考に福岡での就活を始めてみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

福岡で就職するメリット・デメリット

福岡で就職するメリット・デメリット

福岡で就職するメリットとデメリットを解説します。ここでは、特に「東京や大阪と比較したメリットとデメリット」を紹介します。

福岡で就職するメリット

福岡で就職するメリットは、下記の5つです。

  • 東京や大阪より生活コストが低い
  • 東京や大阪より激務な職場が少ない
  • 食べ物が美味しい
  • 家賃補助がある
  • 優しい人が多い

下記で1つずつ解説していきます。

メリットその1:東京や大阪より生活コストが低い

生活するためのコストが低いというのは大きなメリットでしょう。「全国物価地域差指数」によると、物価が高い都道府県ランキングは下記の通りとなっています。

1位:東京

2位:神奈川

3位:京都

4位:大阪

・・・

17位:福岡

東京や大阪と比較すると、福岡の物価は安いことがわかりますね。支出の内訳別のランキングをみても、福岡の物価の安さがわかるかと思います。生活費を抑えられるというのは長い目で見ても大きなメリットになるでしょう。

  • 食料:34位
  • 住居:31位
  • 光熱・水道:17位
  • 家具・家事用品:25位

参考:「全国物価地域差指数」

https://www.stat.go.jp/data/zenbutu/2007/pdf/gaiyo_si.pdf

メリットその2:東京や大阪より激務な職場が少ない

やはり日本のビジネスの中心は東京・大阪であるため、相対的に東京・大阪は激務な会社も多いです。

その点福岡は、東京や大阪に比べると緩やかな職場も多いです。東京や大阪のビジネスの最前線で働く自信がない人も、福岡の就職は合っているのではないかと思います。

メリットその3:食べ物が美味しい

福岡は、なんといっても食べ物が美味しいです。特にお酒が好きな人は、博多に行けばかなり美味しいものを食べられるでしょう。中洲にはたくさんの屋台があるので、飽きることはありません。

メリットその4:家賃補助がある

福岡県では、定住や移住の補助があります。例えば、北九州市では「定住・移住推進事業」があり、以下の条件を満たせば、家賃2ヶ月分相当(上限10万円)を補助してくれるというものです。

  • 29歳以下
  • 大学や高校を卒業後、3年以内
  • 指定の企業に就職

住居は民間の賃貸住宅や、空き家バンクに登録された家屋に住むことができます。

参考:北九州市の建築都市局住宅計画課

http://www.fukuoka.zennichi.or.jp/news/data/tenpu_251_2.pdf

メリットその5:優しい人が多い

福岡は優しい人が多いです。県民性もあるのですが、県外から来た人にも優しい人が多いです。例えば、中洲の屋台で飲んでいると、優しくしてくれるおじさんたちが多めです。すぐにコミュニティに溶け込めるのは魅力です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

福岡で就職するデメリット

続いて、福岡に就職するデメリットは下記の5つです。

  • 東京や大阪に比べて給料が安い
  • 有効求人倍率が低め
  • 詳細な企業情報が少ない
  • 給料が高い仕事は激務かも
  • 付き合いが増える

以下で1つずつ解説していきます。

デメリットその1:東京や大阪に比べて給料が安い

福岡は、東京や大阪に比べると給料が安いです。厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、全国主要都市の平均年収は下記のとおりです。

  • 東京:622万円
  • 愛知(名古屋):555万円
  • 大阪:533万円
  • 兵庫(神戸):490万円
  • 京都:488万円
  • 栃木(宇都宮):488万円
  • 広島:487万円
  • 宮城(仙台):460万円
  • 福岡:459万円
  • 群馬(前橋):456万円
  • 石川(金沢):448万円
  • 北海道(札幌):425万円
  • 新潟:411万円

主要都市の中でも、福岡の平均年収は低い方です。

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

デメリットその2:有効求人倍率が低め

福岡は東京や大阪に比べると、有効求人倍率が低めです。2019年11月の全国主要都市の有効求人倍率は、下記のとおりです。

  • 東京:2.06倍
  • 広島:1.95倍
  • 石川:1.89倍
  • 愛知:1.88倍
  • 大阪:1.74倍
  • 宮城:1.6倍
  • 新潟:1.6倍
  • 群馬:1.57倍
  • 京都:1.56倍
  • 福岡:1.51倍
  • 兵庫:1.41倍
  • 栃木:1.38倍
  • 北海道:1.27倍

2019年11月の全国平均の有効求人倍率は1.57倍なので、福岡は全国平均より低いことになります。東京や大阪の方が、仕事の選択肢は多いです。

参考:独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業紹介-都道府県別有効求人倍率」

https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html

デメリッその3:】詳細な企業情報が少ない

福岡の企業は、ネット上に詳細な企業情報が少ないです。例えば、東京や大阪の大手企業は、口コミサイトなどに情報がたくさんあります。

でも、福岡の企業の口コミサイトの情報は少なめです。情報が少ない分、ブラック企業に当たる確率も高くなるのがデメリットです。

デメリットその4:給料が高い仕事は激務かも

前述のとおり、東京や大阪より年収が低いので、給料が高い仕事は激務の可能性があります。一般的に、給料が高い仕事は、以下のような特徴があり、福岡で高収入の仕事はきつい可能性もあります。

  • 責任が重い
  • 労働時間が長い

「福岡で稼ぎたい」となると、選べる求人は少なくなってしまうでしょう。

デメリットその5:付き合いが増える

前述のとおり、福岡は優しい人が多いのですが、その分つきあいが増える可能性もあります。

  • 会社の飲み会
  • 会社で祭に参加
  • 地域のコミュニティへの参加

上記のような機会は東京や大阪の場合よりも増えるでしょう。これは人付き合いが苦手な人にとっては、デメリットでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

福岡での就職を成功させるコツ

福岡での就職を成功させるコツは、下記の4つです。

  • ハローワークを利用する
  • 福岡の求人情報が載っている転職サイトに登録
  • 福岡にも支店がある転職エージェントを利用する
  • 就職イベントに参加する

1つずつ解説していきます。

コツその1:ハローワークを利用する

現在お住いの地域のハローワークでも、福岡の求人情報を調べることができます。ハローワークの職員さんに相談して、福岡での転職のサポートをしてもらいましょう。福岡のハローワークに行かなくても、情報収集できるのがメリットです。

ただし、ハローワークは地元の中小企業の求人が多く、大手企業は少ないです。

コツその2:福岡の求人情報が載っている転職サイトに登録

大手の転職サイトなどに登録すると、福岡の求人情報をもらえます。無料で登録できますし、情報収集が簡単です。

ただし、転職活動は自分自身で行うため、面接企業へのアポ取りや日程調整も自分で行う必要があります。

コツその3:福岡にも支店がある就職エージェントを利用する

東京が本社でも、福岡に支店がある就職エージェントに相談してみましょう。福岡の支店と連結して、就職をサポートしてくれます。なんの準備もなくいきなり福岡に行って就職活動するよりは、かなり効率的です。

就職エージェントを利用すれば、以下のようなサポートしてくれるので、あなたの負担はかなり減るでしょう。

  • 面接する企業との日程調整
  • 応募書類の作成サポート
  • 応募企業ごとに面接の練習
  • 雇用条件の交渉
  • 入社手続き

遠方への就職は1人では大変なので、就職エージェントを利用しましょう。

コツその4:就職イベントに参加する

福岡の就職イベントに参加するのも有効です。福岡の企業の雰囲気がわかりますし、一度に複数の会社の話を聞けるからです。遠方からのエントリーの場合は、1日で多くの会社を見れるのは交通費・滞在費から考えてもトクです。

ちなみに、私たちジェイックでは「就職カレッジ」という就職イベントを開催しています。書類選考なしで20社と面接できるので、効率的に就活できます。

無料の就職講座では以下のようなこと学べるので、これまでに多くの方からご好評をいただいております!

  • ビジネスマナー
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書や面接の個別対策

一般的なフリーターや既卒の就職成功率は約48%ですが、ジェイックの就職カレッジは81.1%もの就職成功率を誇ります。確実に福岡で内定をもらいたい人に有効なので、是非ご相談ください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

福岡で就職したい方のためのオススメ企業ランキング

福岡でオススメの企業を紹介します。ここでは、年収が高い順にTOP10企業を解説します。就職の参考にしてください。

1位:RKB毎日ホールディングス

「RKB福岡放送」という、福岡のテレビ局で、平均年収は1316万円です。

RKB毎日ホールディングス

平均年収:1316万円

所在地:福岡市早良区百道浜2-3-8

2位:西日本フィナンシャルホールディングス

西日本シティ銀行や長崎銀行などのホールディングス企業で、平均年収は920万円です。

西日本フィナンシャルホールディングス

平均年収:920万円

所在地:福岡市博多区博多駅前3-1-1

3位:三井松島ホールディングス

石炭などの鉱業の会社で、平均年収は863万円です。

三井松島ホールディングス

平均年収:863万円

所在地:福岡市中央区大手門1-1-12

4位:安川電機

電気機器の会社で、平均年収は792万円です。

安川電機

平均年収:792万円

所在地:北九州市八幡西区黒崎城石2-1

5位:シノケングループ

全国展開している、有名な不動産会社で、平均年収は780万円です。

シノケングループ

平均年収:780万円

所在地:福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡

6位:九州電力

電力会社で、平均年収は762万円です。

九州電力

平均年収:762万円

所在地:福岡市中央区渡辺通2-1-82

7位:安川情報システム

福岡を代表するIT企業で、平均年収は761万円です。

安川情報システム

平均年収:761万円

所在地:北九州市八幡西区東王子町5-15

8位:ふくおかフィナンシャルグループ

福岡銀行や熊本銀行などのホールディングス企業で、平均年収は756万円です。

ふくおかフィナンシャルグループ

平均年収:756万円

所在地:福岡市中央区大手門1-8-3

9位:OCHIホールディングス

福岡を代表する商社で、平均年収は700万円です。

OCHIホールディングス

平均年収:700万円

所在地:福岡市中央区那の津3-12-20

10位:西部電機

福岡を代表する機械メーカーで、平均年収は676万円です。

西部電機

平均年収:676万円

所在地:福岡県古賀市駅東3-3-1

福岡より東京での就職に興味がある方は上京制度がオススメ

「福岡もいいけど、やっぱり東京で就職もいいな」という人は、私たちジェイックの「上京カレッジ」の制度をご利用ください。東京の神保町まで、鈍行を除いて片道2時間以上かかる距離であれば、就職活動にかかる交通費と宿泊費を全額サポートするサービスです。遠方から東京で就活するのに、最大のネックは費用ですよね。

「お金がないから、東京で就活できない」という人のチャンスを作るための制度です。「就活費用がなんとかなるなら、ぜひ東京で就職したい」という人は、お気軽にご相談ください。

【福岡で就職したい方向け】高い転職成功率を実現するおすすめな方法!

地元での就職を
目指すなら、
転職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの転職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC