地方就職を検討している人必見!メリットとデメリットを長い目でみて考えてみよう

地方就職を検討している人必見!メリットとデメリットを長い目でみて考えてみよう

就職は自分の人生に直結するイベントであり、長い目で考えることが大切です。やはり就職に関してはどうしても都会の方が人気が集まりやすい傾向がありますが、あえて地方での就職を選ぶ人もいます。そこでこの記事では、地方就職を検討している人に向けて、長期的な視点でのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

地方就職の種類

地方就職の種類

地方就職の種類1.Uターン

まず、地方就職の3つのパターンについて紹介します。最初に紹介するのはUターンです。新卒の就職活動におけるUターンとは、地方で生まれ育った人が都会の学校へ進学し、就職を機に地元に戻ってくることを言います。また、転職におけるUターンは地方で生まれ育って都会で進学・就職した後に地元に転職するケースもしくは地元の学校を卒業した後に都会に就職して地元に転職するケースの2つのパターンがあります。やはり地元の人間の方がその土地での過ごし方を理解しているので、その土地を離れるリスクが少ないです。そのため、Uターンを推奨している地方自治体も多く存在します。

地方就職の種類2.Iターン

都会育ちで田舎での生活に憧れを持っている人もいるでしょう。そんな人の中にはIターン就職をする人もいます。新卒におけるIターン就職とは都会で生まれ育ち、就職を機に地方に移住することを言います。また転職の場合は都会で生まれ育ち、進学・就職も都会だったけれども地方に転職しようとしている人を指します。Iターン就職は都会に住んでいて旅行で自然に囲まれた環境を体験してみて、実際にここで暮らしてみたいと考えて移住する人が多いです。少子高齢化・首都圏一極集中化が進んだことで地方は都会以上に子供の数が減っています。そのため、Iターンを支援している地方自治体は多いです。

地方就職の種類3.Jターン

Jターン就職は新卒の場合だと地方で生まれ育ち、進学を機に都会に出るものの、就職で地元とは違う地方に就職すること、転職の場合だと地方出身者が都会で就職した後に地元とは異なる地方に転職することを言います。Jターン就職に関しては、程よく便利で都会過ぎず田舎過ぎない場所で暮らしたいという考えを持っていて、自分の地元よりも利便性が高く、求人数も多い地方都市に職を求めるケースが多い傾向があります。地方就職のメリットと都会での就職のメリットの中間で良いとこ取りができる点がJターンのメリットと言えるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

⇓⇓学生の方はコチラ⇓⇓

FFCTA 

地方就職のメリット

地方就職のメリット1.生活コストが安い

ここからは地方就職の5つのメリットを紹介します。まず地方だと都会と比べて生活コストが安いです。地方だと都会と比べて地価が安いのでそれに伴って家賃や駐車場代も安い傾向があります。一軒家を買うにしても都会と比べて広くて駅から近いなど利便性の高い土地を安く購入することが可能です。まだ年収がそれほど高くない若年層でも新築や築浅物件など良い条件のマイホームを買うことも夢ではありません。それに加えて賃貸でも持ち家でも家に回すお金を少なく抑えることができることから、差額を将来のための貯蓄や娯楽に回すこともできるでしょう。このように地方はお金の面で余裕のある生活が送りやすいです。

それに、都会は地方で生産された食材を輸送する必要があるので生鮮食品も輸送費などが上乗せされて高額になっている傾向があります。それに対して地方だと輸送費がかからないうえに、地元で生産されているため商品が店頭に並ぶまでの時間が短く、地元産の新鮮でおいしい食材を安く手に入れることができます。スーパーの小売価格や個人経営のお店の価格設定も安くなっており、地方なら食費も安く抑えやすいです。

地方就職のメリット2.通勤ラッシュがない

都会の場合、特に通勤ラッシュの時間帯は電車・バスが高確率で満員となり、首都圏エリアの路線は混雑率が100%を超えているところも多いです。やはりぎゅうぎゅうの電車での通勤が毎日続くとなると、通勤ラッシュによるストレスは相当なものとなってしまうでしょう。特に疲れて家に帰るまでの道のりを超満員の電車で過ごすのは辛いです。それに加えて、首都圏の路線は通勤ラッシュ以外の時間帯も混雑しており、席に座れる可能性は低いと言えます。特に休日は観光客もやってくるので通勤だけでなくお出かけの移動も大変です。

それに対して地方都市の場合は通勤ラッシュの時間帯で電車が混むことはありますが、都会程混雑することはありません。都会は公共交通機関が発達しており、電車・バスで通勤する人が多い傾向がありますが、地方は都会ほど公共交通機関が充実していないため、自動車で通勤する人も多いです。地方企業の中には自動車通勤が許可されているところも多数あり、自家用車で空いた道路を快適に通勤できます。

地方就職のメリット3.自然豊かな環境で暮らせる

地方は山や海など自然に囲まれているところが多いです。田舎は土地が安いうえに余っている土地も充実しているので、家の近くに広い公園や緑地帯があるなど緑豊かな環境に恵まれており、自然に恵まれた環境で子育てしたいなどといった理由で都会から地方へ移住する人もいます。場所によっては自然豊かな世界遺産や名勝があるところもあり、場所を選べば自然だけでなく文化にも触れながら暮らすことができます。空気や水が美味しいところでゆっくりと健康的に暮らせるのは地方ならではの魅力と言えるでしょう。

地方はその土地ならではの強みを持っているところが多いです。例えば山にも海にも囲まれている土地だと食文化が充実していて美味しいものを安く食べることができたり、人気の温泉地なら温泉を家に引いて毎日温泉に浸かったり、海のそばでマリンスポーツができる土地なら毎日徒歩圏内でマリンスポーツを楽しんだりできます。このように自分のライフスタイルに合わせて土地を選ぶことで自分の好きなことを毎日のように楽しめます。

地方就職のメリット4.子育てしやすい

地方は若者が都会に出ていくために少子高齢化が深刻な地域が多いです。したがって、保育料や医療費の助成など、子育てをする家庭をサポートする制度を整え、子育て世代の誘致に力を入れている地方自治体が多く、特に子育て世代は過ごしやすい環境が整っていると言えるでしょう。少子高齢化に伴って保育園や幼稚園も空きがあるところが大半で希望するところに入りやすく、子育てと仕事も両立しやすいです。

また、Uターン就職の場合は生まれ育った地元なので、近くに親や兄弟姉妹、親戚が住んでいることも多いでしょう。その場合、家族から育児サポートも受けられます。人が少ない故にご近所付き合いも地方の方が盛んに行われており、他人同士でも助け合って地域で子育てをしていこうという傾向があるので地方は子育てもしやすいと言えるでしょう。

地方就職のメリット5.地域の活性化に貢献できる

地方企業の社会的責任の一つとして、地方への貢献が唱えられています。地域のブランド力を上げるために産学官連携にも注目が集まっており、一般企業で働きながら学校や公共事業に関わる機会が増えてきているので、地方の企業で働くことは地域の発展にも繋がるでしょう。特に企業数が少ない地域の場合、企業がその地域にもたらす影響力が特に高くなることから、自分が地域の発展に貢献しているというやりがいを仕事を通して感じることができます。特にUターンの場合は自分が生まれ育った土地の活性化に協力できるという喜びを感じられるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

地方就職のデメリット

地方就職のデメリット1.やりたい職種が少ない

地方就職にはメリットだけでなくデメリットもあります。そこでここからは地方就職のデメリットを5つ紹介します。まず、地方だと都会と比べてやりたい職種に出会える可能性が低いです。やはり地方は会社の数が都会と比べると少なく、それに加えて職種の数も限られています。特に出版社・テレビ局・広告代理店・WEB系などといったメディアクリエイティブ関係の仕事は都会に集中している傾向があり、地方でこれらの仕事に就くのは難しいでしょう。しかもあったとしても採用枠が少なく、既にスキルが身についている人に枠を取られてしまいがちです。それに対して都会は求人数が多い故に人材派遣や人材紹介サービスの数も多く、自分が就きたい職業を紹介してもらえる可能性が高いと言えます。

地方就職のデメリット2.大手企業が少ない

地方に本社を置く企業は限られており、特に世界的に名の通っている企業は東京や大阪などといった大都市に本社を構えていることが多いです。地方に拠点を持つ大企業もゼロではありませんが、地方で大企業を目指す場合、選択肢が少ない故に地元の優秀な人がこぞって応募することから倍率は大都市以上に高くなりやすく、このような企業へ就職するのはかなり難しいでしょう。それに、就職先を決める際に事業規模を最優先にして事業内容や職種を後回しにしてしまうと、就職していざ仕事をしてみるとやりがいを見いだせなくなってしまう可能性もあります。

また、一般的に大手企業の方が給与が高く、福利厚生も手厚いことが多いです。しかし、就職活動の応募先が限られていると、その分希望する条件で働ける可能性は狭くなってしまいます。ただし、特に地方の社員数が少ない中小企業は若い人材を確保するのに苦戦している企業が多いため、若いうちから育成に力を入れてもらいやすく、存在感を発揮しやすいというメリットもあります。

地方就職のデメリット3.刺激が少ない

都会と比べると、地方では近隣に娯楽施設が少ない、新しい施設ができにくい傾向にあります。地方都市だと大型商業施設はあるとしても、都会には劣ってしまいます。コンサートや演劇などの公演や美術館・映画館の数も都会の方がはるかに充実しており文化的な刺激も少ないです。それ故に友人や家族と遊ぼうと思っていても、ワンパターンなプランになりがちでしょう。セミナーなどに参加して自己啓発を図りたくても、最新の手法やノウハウは変わらず都会に集まりやすい傾向にあり、文化にしても学びにしても都会の方が先に進んでいると言えます。

それに、大都市圏は電車の利用者が多い故に駅の数が多く、電車の料金も安いです。それに対して地方は電車の1駅ごとの間隔が広く、移動にかかる電車の料金も高額になりやすいことから、遊びなどの目的でその地域の中心となるエリアに移動するだけでも費用が高額になりがちというデメリットもあります。

地方就職のデメリット4.転職のハードルが高い

企業数が限られている地方では転職しようと思っていてもなかなか希望に合う条件の企業を見つけにくいというデメリットもあります。万が一希望に合う条件の企業を見つけたとしても、他県や都会へ出る必要があり、転職によって引っ越しを余儀なくされてしまうケースも多いです。特に家族がいると、配偶者も仕事を辞めたり、子供も転校したりと転職は家族にも影響を及ぼしてしまいます。近年は都市部を中心に大卒至上主義の傾向が強くなってきており、共働きで子供の教育費を稼ぎたいという人も多いです。そこで配偶者が仕事を辞める必要が出てくるとライフプランも崩れてしまうでしょう。このような理由から、地方に家族を残して都会や地方都市に単身赴任で働いている人は多数います。

また、応募先の企業が遠隔地にある場合だと、面接のためにわざわざ新幹線や飛行機などを使う必要があり、転職活動にかかる費用が高額になってしまうというケースも少なくありません。このケースだと移動時間も必要となるのでなかなか休みが取れない環境だと転職活動をすることすら難しいでしょう。このように地方だと転職のハードルが高くなることから、今の状況に満足していなくても妥協しながら仕事を続けている人も多いです。

地方就職のデメリット5.給与が低い

都会と比べると地方は全体的に給与が低い傾向にあります。基本的に給与はその土地の平均賃金に合わせて決められるため、一部の大手は都会に合わせて賃金を決めていることから給与が高めですが、地方企業はそれと比べてどうしても給与面で劣ってしまいます。就職して間もない間は大手企業と地方企業でそれほど差が無かったとしても、生涯年収で比較するとかなりの差になることもあり、稼ぎたいなら都会の方が圧倒的に有利です。

それに、地方の場合物価が安いことから家賃や食費は安く済むものの、移動に車が必須だったり、寒い土地なら暖房代などもかかってしまいます。また、洋服や雑貨などの娯楽品は土地によって価格が変動しないので、衣替えの時期の洋服代が月収の多くを占めてしまうことも多いです。生活水準は収入と支出のバランスで決まるものであることから、給与が低いために地方は不便とは言い切れませんが、特にIターンの場合は地方は地方故の出費があることを理解したうえで就職すべきと言えます。

地方就職ならではのメリットにも注目しよう

地方だと生活や子育てがしやすいなどといったメリットが多いです。ただし、地方就職にはデメリットもあるので、就職するにあたって自分が外せない条件をその根拠と共に考えておいたうえで就職活動をすることが大切と言えるでしょう。就職活動をするにあたっては、地方就職も視野に入れつつ、自分にとって将来的にメリットの多い選択をしてください。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC