就活の解禁は早くなっている?今後の傾向と準備すべきことをご紹介します!

就活の解禁は早くなっている?今後の傾向と準備すべきことをご紹介します!

就職希望の大学生の皆さんは、就活解禁の時期はいつなのかしっかり理解していますか。実は就活解禁の時期については、2021年卒業者を対象とする新卒採用から状況が大きく変わります。就活解禁の時期が分からないと今後の就活に不安を感じるという人もいるでしょう。そこで、今回は就活解禁の時期とそれに向けた準備についてご説明していきます。

就活解禁の時期はいつ?

就活解禁の時期はいつ?

まず、2020年卒業者を対象とした新卒採用までは、就活解禁が3年生の3月からと決められていました。具体的には3月から企業説明会が解禁され、6月から選考が始まるというスケジュールです。就活解禁の時期を3年生の3月と定めたのは経団連であり、これは就活ルールと呼ばれます。就活ルールは新卒学生の就職活動において、就活の解禁日や内定日などを定めたもので、経団連に所属している企業は基本的にこのルールに従う必要があります。就活ルールの歴史は古く、1950年代から類似した規定が存在しており、ルールの内容も何度か変更されています。そして「3月から企業説明会、6月から選考」というルールに決まったのは2013年からです。

大学生の就活に大きな影響を与える就活ルールですが、2021年卒業者を対象とする新卒採用からは就活解禁日についてのルールが撤廃されることになっています。つまり、就活ルール撤廃後は多くの企業がそれぞれ独自のスケジュールで採用活動をおこなう可能性があるのです。

ルール撤廃後の就活解禁の時期は?

就活ルール撤廃後の就活解禁の時期はいつになるのでしょうか。結論から言うと、ルール撤廃後もこれまでのルール(3年生3月から企業説明会、4年生6月から選考)に合わせるかたちで採用活動が進められる可能性が高いです。なぜなら、いきなり各企業が独自のタイミングで就活解禁をおこなうと、混乱が生じる恐れがあるからです。また、時間的余裕が無いという背景もあります。就活ルール撤廃という決定が下されたのは2018年10月ですが、2021年卒の大学生の就職活動はインターンシップや企業研究などの準備も含めれば2019年からスタートします。1年未満で新しい就職活動のルールを作り、施行するのは難しいでしょう。

一方で、ルール撤廃前から独自のスケジュールで採用活動をおこなっている企業も存在します。就活ルールは企業が破っても罰則はありませんし、経団連に所属していない企業はそもそも就活解禁時期のルールを守る必要がないからです。このような元々就活ルールに縛られていない企業はより早い時期からエントリーを受け付ける可能性があります。学生側も早い段階で就職したい企業の目星をつけ、就活解禁の時期を把握したほうが良いでしょう。

ルール撤廃後の就活スケジュールはどうなる?

就活ルール撤廃後の就活スケジュールはどうなるのでしょうか。既に説明したようにルール撤廃後もこれまでのルールに沿って採用活動が進められる可能性が高いため、基本的には3月頃から正式に採用情報が公表されたり、企業説明会が開催されたりします。つまり2021卒の学生の場合、2020年3月頃から採用情報の公開・エントリーシートの受付が始まり、2020年6月頃に面接や筆記試験といった選考が開始され、内々定も出始めるというスケジュールになります。推薦応募の受付は、5~7月頃におこなわれる可能性が高いです。また、採用が始まる前年(2021卒なら2019年)の7~9月に夏のインターンシップ、10月以降に秋冬のインターンシップがおこなわれます。

就活ルールに基づくスケジュールはあくまで目安であり、全ての企業が前述のスケジュールに沿って採用活動を行う訳ではありません。ルール撤廃の影響もあり、採用活動が早期化傾向にあるため、採用が始まる前年の10月頃から採用情報を公表したり、選考を開始したりする企業も出てくると予想されます。

就活解禁に向けて意識したほうがよいこと

就活解禁のルールがなくなれば、これまでの「3月解禁」より早く採用活動をおこなう企業が増える可能性があります。そのため、学生側もなるべく早く就活に向けた準備を行うことを意識したほうが良いでしょう。なぜ、早めの就活に向けた準備が必要なのかといえば、まず就活に向けた準備としてインターンシップへの参加や志望企業のリストアップ、企業研究や面接・適性検査対策などさまざまなものが挙げられます。こうした様々な就活準備を就活解禁日の直前から始めても時間が短すぎて、準備が不十分になりやすいのです。

また、就活解禁日を過ぎると説明会参加や面接・適性検査などでスケジュールが埋まり、一気に忙しくなります。企業研究や面接・適性検査対策などを行う時間を確保しづらくなるため、時間に余裕のある時期に準備をしておいたほうが安心です。例えば、就活解禁日を3年の3月と想定した場合、企業研究などの就活準備は2月までに済ませておくのがおすすめです。大学3年に進級してすぐに就活の準備を始めれば、多少の余裕を持って就活解禁日を迎えられるでしょう。

就活解禁を意識して準備したいこと

いきなり就活のスケジュールが大きく変更になることは少ないかもしれませんが、各企業ごとに差が出始めることは大いに想定できますので、自分が受ける予定の企業や、業界についてはしっかりスケジュール等の確認をするようにしましょう。また、「知らなかった」とならないためにもそうですが、準備は早いに越したことはありません。

準備その1:自己分析や企業研究

就活解禁を意識して準備したいこととして、自己分析や企業研究が挙げられます。なぜ自己分析や企業研究が重要なのでしょうか。まず、自己分析は自分の長所・短所などの特徴を理解するために自身の経験や考え方を振り返り、整理することを指します。就活ではエントリーシートや面接で自分自身についてアピールすることが必要です。そして、自分自身についてアピールするには自身の特徴や性質をよく知っておかなければなりません。自己分析によって自身の能力・性格、強みや弱みなどを言語化できれば、面接でも説得力のある自己アピールがしやすくなります。

志望動機は面接で必ず聞かれる項目の1つです。そして、優れた志望動機を練るためには企業研究に力を入れたほうが良いでしょう。また、業界研究も必須です。企業研究をしっかり行えば志望する企業が求める人物像も推測できるので、志望動機を作りやすくなります。ただし、志望動機は誰でも言えるようなことではなく、自分だからこそ語ることが可能な内容にしたほうが評価されやすい傾向にあります。企業研究に基づく企業が求める人材像と自己分析による自身の強みや性格の特徴などをすり合わせれば、オリジナリティのある志望動機が作れるでしょう。また、採用担当者や面接官に響く自己PRや志望動機を考えるためには、就活解禁前の早い時期から時間をかけて取り組むことをおすすめします。

準備その2:就活サイトへの登録

就職活動を効率的に進めるためには、就活サイトへの登録も重要なアクションのひとつです。就活サイトには数多くの求人情報や企業情報が掲載されているため、効率的な情報収集が可能です。ただし、1つの就活サイトで全ての求人情報や企業情報を網羅できる訳ではないので、複数のサイトを活用したほうがより多くの求人情報に巡り合える可能性が高まります。

また、就活サイトには求人情報を集めたタイプ以外にも、エージェント型やスカウト型などさまざまなタイプがあります。エージェント型は、専任のエージェントが学生の長所・適性を見極めた上で企業側とのマッチングを進めてくれるサービスです。スカウト型はサイト上にプロフィールと自己PRを登録しておくと、それを見て興味を持った企業側からスカウトが届くサービスです。エージェント型・スカウト型それぞれに異なる長所があるので、どのタイプの就活サイトが自分に合うのか、あらかじめチェックしておくと良いでしょう。他にも、就活サイトへの登録を早い段階で済ませておけば、就活が本格化してから焦る必要がありません。

準備その3:必要な物の確認

就活では、学生生活では使用しないアイテムも必要になります。例えば、定番の就活グッズとしてはリクルートスーツ・シャツ、革靴やカバン、時計などが挙げられます。女性の場合はストッキングも必要です。見た目の印象は就活においてとても重要であるため、スーツ・シャツ、革靴などを不足なく揃えておかなければなりません。特にスーツは買ってからお直しを行うことが多いため、手元に届くまで数日の時間を要します。そのため、採用選考などの日程を確認し、早めに購入しておきましょう。革靴は2足以上用意しておくのがオススメです。就活中は長時間歩き回ることが多いので、革靴が汗などの湿気を多く吸収して傷みやすくなります。傷んだ革靴で面接に臨むのは印象が悪くなってしまいますから、2足以上用意してローテーションで履くようにしましょう。

就活では証明写真も必要になります。証明写真はスピード写真機で気軽に撮れますが、スタジオを予約して印象のよい写真に仕上げたほうが効果的です。就活解禁直前の時期は写真スタジオが予約で埋まっている可能性が高いため、早めにスタジオを予約した方が良いでしょう。また、女性の場合はノーメイクでの就活はマナー違反となりますから、必要な化粧品もそろえる必要があります。

準備その4:インターンシップ参加

就活解禁の前にやっておきたいことの1つに「インターンシップへの参加」が挙げられます。インターンシップとは、学生が就職前に企業などで就業体験をすることです。インターンシップは本格的に就活が解禁される前に実施される場合が多く、夏のインターンシップ、秋冬のインターンシップなどに分かれています。また、数日から数週間程度の短期のインターンシップもあれば、1カ月以上に及ぶ長期のインターンシップもあります。短期のインターンシップは就業体験よりも学生同士でのグループワークが中心で、企業研究・業界研究の一環として利用される場合が多いです。

長期のインターンシップは実際に現場に配属され会社の実務を体験できるので、より深く企業の仕事を理解できます。長期インターンシップでの経験を別の企業の面接でアピールできる点もメリットです。インターンシップに参加しなくても就職は可能ですが、インターンシップに参加すれば、実際に仕事に活かせる自分の特徴を発見できる可能性があります。また、インターンシップで得たスキルや考え方を面接でのアピールに繋げられるので、就活を有利に進めたいならインターンシップに参加することをおすすめします。

準備その5:面接対策

就職活動の準備として外せないのが面接対策です。なぜなら、就職活動ではどのような企業への就職を希望する場合でもほぼ必ず面接があるからです。面接では自分のことを全く知らない面接官に、自分の長所や考え方を限られた時間で伝える必要があります。更に面接の場は独特の緊張感が漂っているので、きちんと準備して臨まないと言いたいことをうまく伝えられずに終わってしまいます。つまり、面接で話す内容をしっかり準備したり、実際に話す練習をしたりしているかどうかで本番のクオリティが大きく変化するのです。

では、具体的な面接対策の方法として、どのようなものがあるのでしょうか。効果的な方法として、友人や家族に面接官役になってもらい模擬面接をする、自分が話している姿をスマートフォンで撮影して自分の姿を客観的に把握するなどがあります。また、インターンシップに面接を取り入れる企業も増えているのでインターンシップを通じて面接の場数を踏んでおけば、面接本番で緊張せず質問に答えられる可能性が高まるでしょう。

準備その6:筆記試験対策

新卒向けの採用試験では面接やエントリーシートだけでなく、筆記試験を行う企業もあります。企業が筆記試験を行う目的は社会人に求められる基礎学力と教養、仕事への適性を見ることです。また、大量の応募者をふるいにかけるという側面もあるので、筆記試験の点数によって足切りされてしまう恐れがあります。就活では面接の前に筆記試験が行われる場合が多いので、面接に進むためにも筆記試験では高得点を取れるようにしたいところです。他にも、最終的な合否の判断において、筆記試験の点数も含めて総合的に合否が決められる場合もあります。

企業が採用している筆記試験には様々な種類がありますが、中でもSPI・玉手箱・TG-WEBの3つが有名です。筆記試験の種類によってどんな問題がどんな形で出るかおおむね予測できますから、早めに対策を行えば十分に高得点を狙えます。紹介した3種類の筆記試験の中で採用企業数が比較的多いのがSPI試験なため、筆記試験対策の時間が取れないという方もSPIだけは対策しておきましょう。SPI対策本は数多く販売されていますし、大学でSPI対策講座を開いている場合もあるので対策はしやすいでしょう。

就活解禁に向けて早めの準備を整えよう

就活解禁についてのルールが撤廃されても、「3年生の3月に就活解禁」という既存のルールに沿った採用活動となる可能性が高いです。ただし、就活解禁ルールの撤廃を機に、早めの採用活動をおこなう企業が増える可能性は十分にあります。準備を早いうちから進めておけば、早めに就活が始まっても対応しやすく、スムーズな内定獲得にも繋がります。周りの就活生と差をつけるためにも、就活解禁に向けて早めの準備を整えましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC