働きたくない理由は仕事のせい?自分が働きたくない理由を知るおすすめの方法を紹介

働きたくない理由は仕事のせい?自分が働きたくない理由を知るおすすめの方法を紹介働きたくないと感じる理由は仕事内容だけでしょうか。転職しても、解決しない問題なのか自分の働きたくない理由を明確にする必要があります。この記事では、それらの理由を明確にするためのおすすめの方法についても紹介します。転職を検討する前に一読しておきましょう。

働きたくないと思うことはいけないこと?

働きたくないと思うことはいけないこと?過重労働、人間関係、仕事が上手く行かない、同じ作業を繰り返しでつまらないなどで、毎日の仕事を憂鬱に感じたり、仕事に対して悩んだりする人は多いです。とあるアンケートでは、20代の3割は「働きたくない」と回答しています。働き盛りの20~30代であっても、働きたくないと思っている人は意外と多いのです。

多くの人にとって、仕事は生活をするためのお金を稼ぐ手段になっており、「働きたくない」と思いながら、生活していくために我慢して働いているケースも少なくありません。自分で好きな仕事を選んだとしても、「思っていたのと違う」と感じたり、自分にとって嫌な仕事を任されたりすることもあるでしょう。仕事に情熱を持って取り組んでいる人でも、優秀な社員だったとしても、仕事を憂鬱に感じることはあるものです。働きたくないという意識は決して珍しいことはなく、いけないことではないのです。大切なのは、働きたくないと感じた時にその状態を放っておかないということ。一度働きたくない状態に陥ったら、抜け出すのは難しくなります。働きたくないと思った時は、自分の状況を理解し、適切な対応を行うことで改善を目指すことができます。

働きたくない自分なりの理由を明確にしよう

働きたくないと感じながら仕事をしている人はなぜ働きたくないのか明確な理由がありますか。転職をしたとしても解決しない理由だと転職しても後悔するかもしれません。ここでは、働きたくない自分なりの理由を明確にしていきましょう。

働きたくないと思う理由1:人間関係がうまくいかない

働く人が避けて通れないのが、職場の人間関係です。フリーランスという働き方もありますが、クライアントから継続的に仕事を発注してもらうためには、人付き合いやコミュニケーション能力が必要になります。会社勤めの場合、上司や同僚などと協力しなければならないことも多いですし、接客業ならば、お客さんに対して不手際やミスを起こさないように、細かく神経を使う必要があります。人間関係が上手く行かなければ精神的な苦痛となり、その仕事が大好きでも、仕事を辞めたいと考えることもあるでしょう。

人間関係というのは職場によって様々。全く同じ仕事内容だったとしても、ギスギスしていたり、仲間同士で楽しくやっていたりと、勤める職場によって悩む人もいれば悩まない人もいて千差万別です。また、職場でいじめがあると、自分がいじめの対象になっていなくても、嫌な気分になります。いじめが横行しているような職場は雰囲気が最悪なので、仕事にも集中できず、勤労意欲もそがれるでしょう。

働きたくないと思う理由2:給料の魅力が少ない

人は生きていくために仕事をしてお金を稼ぎます。ただ、このエネルギー供給源である給料やボーナスが低すぎる場合、「これくらいしか稼げないなら働きたくない」「もっと楽に稼げる仕事があるのでは」と思う人もいるでしょう。仕事を頑張れば、肉体的にも精神的にも疲れが蓄積されています。過酷な労働を日々強いられているにも関わらず給料が少なければ、労働力に給料が見合ってないと不満を感じるでしょう。また、一生懸命働いても、サボっている人たちと給料が同じなら、真面目に働くのが馬鹿らしいと感じることもあります。「頑張っても報われない」、そうなると仕事に対して目指す目標や成果への意識が薄くなり、モチベーションを保てなくて働きたくないと感じても不思議ではありません。

人によっては、生きていくために最低限必要なお金を稼げればいいと思っている人もいます。このように考えている人は、たくさん稼ぎたいという目標もないですし、わざわざ体と精神をすり減らして働く必要がないので、仕事に対して消極的になりやすいでしょう。また、実家で暮らしていたり、もともと貯金が多かったりすると、あまり働かなくても生活をすることができます。十分豊かに生活できるほどのお金を持っている人が、「仕事は大変」「仕事は人間関係がめんどくさい」など、働くことへあまりいいイメージを持っていない場合、「働きたくない」と考えてしまう大きな理由になります。

働きたくないと思う理由3:仕事が合っていない

世の中にはたくさんの仕事が存在しています。そして、仕事には人それぞれ相性があり、合う仕事もあれば、合わない仕事もあるのです。自分に合う仕事に就けないと、どうにもピンと来ないような状態が続きます。合わない仕事は、仕事に対してやりがいや、働く目的を見いだすことができず、働きながら「どうしてこんなことをしなければならないのだろう」という気持ちになりやすいのです。

自分に合った仕事を探すためには、自己分析をしたり、キャリアプランを立てたりする必要があります。自己分析で自分の長所や短所、働く上でゆずれないことなどを明確にすれば、どのような仕事が合っているのか判断しやすいでしょう。また、仕事は長いスパンで考えることが大切なので、自分の人生を予想し、やるべきことを明確にするキャリアプランも、合う仕事を探すために必須になります。これらを怠り、給料や通いやすさ、待遇面だけで仕事を選ぶと、適性がない仕事に就いてしまい、仕事に対してやる気を持てないことに繋がるでしょう。合う仕事は、人によって大きく変わります。仕事を選ぶ時は、自分と向き合い、やりがいを感じられる、働いて楽しいと思えるものを選ばなければいけません。

働きたくないと思う理由4:自由な時間が欲しい

日頃から仕事が忙しく過ぎて、プライベートを楽しむ余裕がないという人も多いです。プライベートな時間も仕事のことが頭から離れなかったり、 明日のパフォーマンスを上げるために帰ってすぐ眠ったりなど。このような生活をしていると、まるで仕事をするためだけに生きているように感じてしまいます。時間を仕事だけに使ってしまい、自分のやりたいことができないと、仕事を辞めて「自由な時間を作りたい」と思う人も出てくるでしょう。就業時間は平均的であっても、通勤時間が長いと、会社と家の往復だけで1日が終わり、実質的な自由時間をほとんど確保できないというパターンもあるようです。

有給休暇は、本来取得するのに特別な理由は必要ないですが、会社によっては特別な理由がないと取りにくかったり、会社が取りづらい雰囲気を醸し出したりしていることもあります。有給休暇が取れないと、思いっきり遊ぶような自由な時間が少なくなり、働きたくないという気持ちが高まりやすいです。また、働く時間が変則的だと、家族と一緒にいられる時間も限られてきます。家族との時間を一番に考える人の場合、子どもや妻、夫と一緒に過ごす時間が欲しくて、働きたくないと感じるケースもあります。

働きたくないと思っている人の特徴とは

働きたくない人の特徴について紹介します。この特徴に自分が当てはまっているなら転職しても同様に働きたくないと感じるかもしれません。ぜひ、転職前に一読してみましょう。

働きたくないと思っている人の特徴1:人見知り

仕事では、様々な人とコミュニケーションを取る必要があります。人見知りの人は人と接するのが苦手で、「言いたいことがはっきり言えない」「話しかけることができない」など、会社では肩身の狭い思いをすることが多いです。社会人として行動する上で欠かせないのが、「報・連・相」です。人見知りでコミュニケーションが上手く取れず、タイムリーな報告を怠ると、ミスやトラブルに繋がることもあります。

また、会社で働いていると、事務的なやり取りだけでなく、飲み会やイベントなどに参加しなければならないことも多々あります。話や人の輪に入りづらい人見知りは、飲み会や人が多く集まるイベントが来る度に憂鬱な気持ちになることがあるでしょう。仕事をしていると、上司、先輩、取引先など、様々な立場の人と円滑にやり取りをしなければなりません。人見知りの人は気苦労が絶えず、人間関係でストレスを抱えやすいため、精神的な疲れてしまい働きたくないと思う人も多いようです。

働きたくないと思っている人の特徴2:マイナス思考

働きたくないと思っている人は、マイナス思考の人が多いです。マイナス思考の人は、変にハードルを高めに設定する傾向があります。そのため、仕事が上手く行かないと感じることが多くなりますし、また、少しでも上手く行かないことがあるだけで、「何て自分はダメなんだ」と、自分を追い詰めてしまいます。

仕事はそんな簡単なものではなく、上手く行かないこともたくさんあるでしょう。マイナス思考で、失敗のたびに嫌な気持ちや暗い気持ちになっていては、仕事にも支障が出てしまいます。ネガティブ思考が行き過ぎると、「どうせ頑張っても成果を出せない」「出世なんてできっこない」と始めから諦めるようになり、働く意欲が失われていってしまうのです。仕事を上手く進めるためには、最初から諦めるのではなく、様々な可能性を考えて挑戦し続ける必要があります。

働きたくないと思っている人の特徴3:疲れがたまっている

休む暇もないぐらい仕事をしていると、どうしても疲れが溜まってしまいます。仕事の疲れをリセットするためには、良質な睡眠が必要になりますが、仕事の悩みやストレスが蓄積されていると、よく眠れないということもあるでしょう。睡眠不足だと翌日にも疲れを持ち越すので、仕事のパフォーマンスの低下にも繋がります。また、睡眠の質が悪いとマイナス思考に繋がりやすいと言われており、肉体的な疲れと相まって、ますます仕事をしたくないという気持ちが強くなるのです。

疲れが溜まっていると、集中力も低下し、仕事場でのミスも多くなります。単純なミスを繰り返し、周りからの評価が落ちてしまうと、仕事に対するモチベーションをキープするのは難しいでしょう。休んで疲れを取りたいと思っても、職場の環境、雰囲気によっては休みたくても休めないということもあります。十分な休息や睡眠が取れないと、ずっと疲れを蓄積させたまま働き続けることになり、そして仕事は上手く行かずどんどん働きたくなくなるという、悪環境に陥ってしまいます。

働きたくないと思っている人の特徴4:自己管理が苦手

自己管理とはその名の通り自己を管理する能力のこと。自己管理能力の高い人は、健康維持や勉強、仕事などの自分の生活をしっかりこなせるという特徴があります。自己管理が苦手な人は、モチベーションのコントロールが苦手なので、仕事が遅かったり、仕事のエンジンがかかったりするまで時間がかかる傾向があります。また、自己管理が苦手な人は、時間の管理も得意ではありません。夜更かしばかりして早起きするのが辛くなり、仕事に行きたくない、働きたくないと思うようになるパターンもあります。

仕事をスムーズに進めるためには、優先順位を正しくつけることが大切です。自己管理が苦手な人は、仕事の優先順位をつけるのが苦手な傾向があり、仕事を効率よく進められない人もいるようです。ただ、場合によっては、自己管理が苦手なのではなく、睡眠障害や適応障害などの病気を発症している可能性もあります。放置すると症状が悪化する可能性があるので、不安ならば、一度病院を受診してみたほうがいいでしょう。

働きたくない人は仕事のメリットと対処方法を知ろう

働きたくないと思っている人は逆に仕事のメリットを説明できますか。お金だけだとどうしても働きたくないと感じることがあると思います。ここでは仕事のメリットと働きたくないと感じた時の対処方法について紹介します。

働きたくないなら働くメリットも考えてみては?

働いていれば経済的な不安を少なくでき、病気になった時や、老後に備えたりすることができます。経済的な不安があると、何をしても楽しくなくなってしまうこともあるでしょう。精神の安定を保つためには、働いてお金を稼ぐための能力を身につけることが大切です。また、苦労しながら難しい仕事を乗り超え、一定の成果を上げることができれば自分にとって大きな自信になります。自分に自信を持っていると周りからも魅力的に見られるようになり、価値ある人脈を築いたり、素敵な人との恋を成功に導いたりするために大いに役に立つでしょう。

何か大きなトラブルに見舞われても、仕事で培った自信があれば、勇気と責任をもって立ち向かえるようになります。仕事が上手く行けば、上司や先輩に褒められとても嬉しい気持ちになりますし、自尊心も満たされていきます。また、仕事は没頭することでネガティブな気持ちを和らげてくれる効果があり、仕事が日常の嫌なことを忘れさせてくれることもあるのです。このように、仕事は辛いことばかりではありません。メリットにしっかり目を向けることで、働く楽しさや、意義を見いだすことに繋がります。

働きたくないと思う場合の対処法

働きたくないという気持ちを対処するためには、まずはどうして働きたくないと思っているのか、その理由を明確することが重要です。原因さえ知ることができれば、その原因を取り除くために行動することができるようになります。人間関係の悩みがある、仕事が上手く行かない、仕事の量と給料が見合わないなど、原因を探り当て、それぞれに適した対処を行いましょう。働くことに不安があるなら、一人で考え込まず、頼れる上司や同僚、家族や友人などに相談するのもいいです。悩みを相談するだけで気持ちが楽になりますし、実体験に基づいたタメになるアドバイスをしてくれたり、新しい気付きを与えてくれたりすることもあります。

仕事が楽しくない場合、そもそもその仕事が自分と合っていない、向いていないということも考えられます。キャリアカウンセラーに相談すれば、自分に合った仕事はどのようなものなのか、最適な職業を選択するためにはどうすればいいのかなど、一人一人に適したアドバイスを行ってくれるでしょう。キャリアについて悩んでいる場合は、キャリアのプロに相談するのが最も効果的な解決策の一つになるはずです。

仕事は何となく続けていると、飽きてしまったり、このままこの仕事を続けて良いのかなと悩んでしまったりします。自分なりに目標を決め、それを達成するために働けば、仕事を通じて成長し続けることができ、モチベーションを維持しやすいでしょう。身体や心が疲れていると、冷静な判断や正しい決断がしづらくなります。忙しくて心身に疲れを感じているなら、まずは対策を講じる前に休息をたっぷり取ることが大切です。

働きたくないと思うならまずは自分自身をしっかり見つめよう

働きたくないという思いは誰でも持つ可能性があります。しかし、そのままの状態で放置すると、いずれ仕事だけでなく人生自体が楽しくなくなってしまうでしょう。働きたくない気持ちを対処するためには、問題点を明確化し、その原因を解決するために必要な対策を施すことが大切です。働きたくないと思うならば、まずは自分自身をしっかり見つめ、仕事が楽しくなるための答えを探していきましょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC