相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

Webデザイナーがきつい理由は?退職する理由や対処法を解説

Webデザイナーがきついと言われる理由は?Webデザイナーの魅力や向き不向きを解説

Webデザイナーきつい仕事と聞くものの、具体的にどういった理由できついと言われているのかわからない人も多いのではないでしょうか。

この記事では、Webデザイナーがきついと言われる理由を8つの観点から解説していきます。これからWebデザイナーを目指して就職活動をしたいと考えているものの、なかなか1歩踏み出せてないという人は、記事の内容を参考にしてみてください。

Webデザイナーがきついと言われる理由

Webデザイナーがきついと言われる理由は、以下の8点が考えられます。

このようなWebデザイナーの実情を知った上で、就職をするか検討するようにしてください。

それぞれの理由について詳しく解説していきます。

クライアントに振り回されやすい[Webデザイナーがきつい理由 1/8]

Webデザイナーは、クライアントの依頼を受けて業務を進めていく仕事です。

クライアントの納得が得られないと、いつまでたっても納品することができない点が特徴となっています。

自分ではこのデザインが良いと思っていても、実際にデザインを見たクライアントから修正指示を受ける事は少なくありません。場合によっては、何度も何度もデザインの修正依頼を受けることもあり、クライアントに振り回されやすい仕事と言えるでしょう。

クライアントに振り回されると精神的にも不安定になるため、Webデザイナーはきつい仕事と言われていると考えられます。

残業や休日出勤が多め[Webデザイナーがきつい理由 2/8]

会社の規模や体制にもよりますが、1人のWebデザイナーが抱える案件の数は較的多い傾向にあります。

案件一つ一つに納期が区切られていることもあり、作業進捗次第では業務を家に持ち帰ったり、休日出勤をして何とか納期に間に合わせるといった働き方も考えられます。

勤務時間が長くなると必然的に心身ともにダメージを負うことになります。

気持ちが落ち込みやすく、Webデザイナーはきついと感じながら働いてる人も少なからず存在します。

合わせて、仕事の量が減らないという理由で、有給を使えないことに悩んでいるWebデザイナーも少なくありません。

平均年収が低め[Webデザイナーがきつい理由 3/8]

Webデザイナーの平均年収は360万円と言われています。会社員全体の平均年収が414万円であることから、平均年収が低めという点もWebデザイナーがきついと言われる理由です。

Webデザイナーに求められるスキルは決して低いものではありません。

デザインを考えるスキルやアイデア力、デザイン制作ソフトを使いこなす能力など、幅広いスキルが求められるにもかかわらず、平均年収が低いことに不満を感じながら働いているWebデザイナーも多くいます。

ただ、会社によってWebデザイナーの年収は大きく変わってきますので、年収の部分は求人をしっかりと比較検討すれば解決できるかもしれません。

技術の習得に時間がかかる[Webデザイナーがきつい理由 4/8]

Webデザイナーに求められるスキルには、以下のようなものが挙げられます。

  • デザインの方向性を決める要件定義力
  • コミュニケーション能力
  • デザイン知識
  • 情報収集力
  • コーディング(プログラミング)

このような技術を習得しないと、Webデザイナーとして働くことはできません。

人にもよりますが、技術の習得に半年から1年ほどかかるケースも珍しくなく、仕事を覚えることそのものがきついと感じる人も多くいます。

加えて、会社によっては研修制度を設けていないこともあり、自力で技術を習得することにストレスを感じて早期退職するWebデザイナーも見られます。

常に納期に追われてしまう[Webデザイナーがきつい理由 5/8]

Webデザイナーが取り組む業務は、ほぼ全てに納期が設定されています。

複数の案件を納期管理しながら進めていくといった働き方になりますが、結果的に常に納期に追われることになるため、精神的に安定しない点がきついと言われる理由になります。

加えて、自分ではスケジュール管理ができていたとしても、クライアントによる修正指示が重なればその都度スケジュールを組み直さなければならなくなります。

常に納期に追われる状況は精神的にも良いものではありませんので、仕事が終わっても落ち着かない時間を過ごすことも考えられます。

会社によってはルーティンワークで飽きる[Webデザイナーがきつい理由 6/8]

会社にも寄りますが、Webデザイナーが同じような業務しかできないような指示をされるケースもあります。

デザインの面に関与することができず、ひたすらコーディングを行うこともあれば、ほぼ完成しているWebサイトの部分的な修正しか行わせてもらえないこともあり得るでしょう。

クリエイティブな仕事に携わりたくてWebデザイナーになったにもかかわらず、ルーティンワークばかりさせられてしまえば、当然業務に飽きてしまいます。

仕事へのやりがいを感じられなくなり、働いていてきついと感じる人も少なからず存在します。

勉強をし続けなくてはならない[Webデザイナーがきつい理由 7/8]

Webデザイナーとして求められるスキルセットを習得できたとしても、Webデザイナーである以上勉強し続ける必要があります。

例えば、デザイン制作ソフトがアップデートされれば新しい機能を覚えなければなりませんし、デザインの流行を常に情報収集することも求められます。

自分のスキルや知識を常にアップデートしなければならないことに疲れてしまい、Webデザイナーがきついと感じる人も少なくありません。

勉強や情報収集が苦手な人は、Webデザイナーになるとストレスを感じることも多くあると考えられます。

自分の作ったものを否定されることがある[Webデザイナーがきつい理由 8/8]

人間、誰しも自分のことを否定されるのは避けたいと感じるものです。

しかし、Webデザイナーの場合、自分の知見をフルに活かして作り上げた成果物を、クライアントや社内のWebディレクターなどから否定されることがあります。

自分のWebデザインを否定されると、自分自身を否定されたような気持ちになる人も少なくなく、精神的にもきついと感じながら働いているWebデザイナーもいます。

特に、自分のプライドが高いような人がWebデザイナーになると、仕事をしていて常にストレスに追われることもあるでしょう。

Webデザイナーがきつくて退職する理由

Webデザイナーがきつくて退職をする理由としては、以下の3点が挙げられます。

  • 労働時間に対して給料が見合っていない
  • 思っていたよりもクリエイティブな仕事ではない
  • 自分のペースで仕事を進められない

このような理由で退職する人がいることも、Webデザイナーを目指すのであれば知っておくべきでしょう。それぞれ解説していきます。

1. 労働時間に対して給料が見合っていない

Webデザイナーは、クライアントの無茶振りによる修正指示や、複数の案件を短い納期でこなさなければならないこともあり、勤務時間が長くなる会社も少なくありません。

しかしWebデザイナーの平均年収は会社員全体の平均年収よりも低いといったデータもあり、労働時間に対して給料が見合っていないという実態が退職する理由に繋がる傾向にあります。

特に固定残業制を採用していて残業代が出ない会社だと、残業しても給料が増えないといったこともあり、退職者が多いと言われています。

2. 思っていたよりもクリエイティブな仕事ではない

クリエイティブな仕事を目指してWebデザイナーになったものの、実態はクライアントの指示に従う作業者と感じてしまい、退職するWebデザイナーも少なくありません。

Webデザイナーとして働いていると、自分のセンスを活かせる機会がそこまで多くないことに気づくでしょう。

基本的にはクライアントの望むイメージをデザインに落としていくだけですので、作業的な役割にストレスを感じ、退職する人が見られます。

3. 自分のペースで仕事を進められない

Webデザイナーは、作業効率を早める事はできるものの、作業そのもののボリュームを調整することはできません。自分のペースで仕事を進められないことにきついと感じたWebデザイナーは、会社を辞めてフリーランスとして活動することもあります。

人に指示されたり、やるべきことを管理されるような仕事に就きたくないような人は、Webデザイナー以外の仕事を探した方が良いかもしれません。

Webデザイナーに向いてない人

Webデザイナーに向いてない人の特徴としては、以下の3点が挙げられます。

  • コツコツとした地道な作業が苦手な人
  • コミュニケーション能力が低い人
  • 学習意欲が低い人

これらの特徴に1つでも当てはまる場合、仮にWebデザイナーとして就職できたとしても、仕事でストレスを感じることが多くなるかもしれませんので、しっかり理解しておきましょう。

1. コツコツとした地道な作業が苦手な人

Webデザイナーとしての業務は、コツコツと地道に進めていく作業が多いです。

綺麗なデザインにするために1ミリ単位で図形の位置を調整したり、多くの人が認識できないようなレベルで配色の調整をしたりすることも少なくありません。

大雑把に仕事を進めていくような人だと、Webデザイナーの業務を苦痛に感じることもあるでしょう。例えば、PowerPointのスライドでデザインが散らかっていることを指摘されたことがあるような人は、Webデザイナーに向いてないと考えられます。

2. コミュニケーション能力が低い人

Webデザイナーがクライアントと直接コミュニケーションを取ることもあります。

しかし、クライアントと上手くコミュニケーションが取れないと、デザインの方向性にズレが生じてしまい、後々に修正業務が多発することも考えられます。

したがって、コミュニケーション能力が低い人だとWebデザイナーとして働く事は難しいと言えます。特に、相手の発言の意図を考えて自分なりに解釈するといった「聞いて理解する力」に自信がない人は、Webデザイナー以外のクリエイティブ系の仕事を検討するのがおすすめです。

3. 学習意欲が低い人

Webデザイナーがきついと言われる理由にも通じますが、就職後にはデザインに関する幅広い知識を学び続けていく必要があります。

学習能力が低い人だと、いつまでたっても古いデザインしか生み出せないため、Webデザイナーとしての市場価値を上げることも難しくなるでしょう。

Webデザイナーは常に学ぶ必要がある仕事であることを、今一度しっかり認識した上で仕事選びをするよう意識してください。

Webデザイナーがきついと感じた人に向いてる仕事

Webデザイナーがきついと感じた人に向いてる仕事としては、以下のようなものが挙げられます。

  • Webライター
  • Webディレクター
  • Webデザイナーアシスタント
  • 広告代理店営業
  • 編集、校正
  • UIデザイナー

ここまでの記事の内容を読んで、自分はどんな点にWebデザイナーのきつさを感じたかをまずは言語化しましょう。その上で、上記の仕事も並行して検討することをおすすめします。

Webデザイナーに向いてる仕事を知りたい方は以下の記事もご参考ください。

Webデザイナーに向いてる人とは?

Webデザイナーのデメリット

Webデザイナーとして働くデメリットは、以下の3点が挙げられます。

  • Webデザイナーの数が増えている
  • キャリアパスが限られている
  • 身体に悪影響を感じやすい

就職をするのであれば、その仕事で将来的に生じ得るデメリットも加味した上で仕事選びをすることが大切です。それぞれデメリットについて解説していきます。

1. Webデザイナーの数が増えている

Webサイトの急速的な発展に伴い、Webデザイナーとして働く人の数が増えているといった傾向があります。

同じ仕事で働く人が増えてくると、一人当たりに支払われる報酬が少なくなるだけでなく、優れたスキルを持っていなければ淘汰されることも考えられます。

今後もWebデザイナーの数が増えていくと、求められるスキルレベルが高まることが考えられ、結果的に就職後のスキルアップに苦戦することになるでしょう。

2. キャリアパスが限られている

Webデザイナーとしてキャリアを積んだ後は、より専門的なWebデザイナーとして昇格するか、Webデザイナーを管理するようなWebディレクターのキャリアパスが考えられます。

しかし、いずれのキャリアパスでもWebデザインに関係するものしかないため、仕事の幅が狭まりかねない点がデメリットとして挙げられます。

AIが発展してる今、キャリアパスが限られているという事は、仕事を続けることのリスクに直結します。

そのため、Webデザイナーは徐々にデザインだけでなく、顧客接触能力も求められるようになってきており、一人当たりのWebデザイナーの負荷が高まっている傾向が見られます。

3. 身体に悪影響を感じやすい

Webデザイナーはデスクワークの仕事です。業務中は常に椅子に座ってパソコンの画面を見ながら作業を進めていきます。

こうした働き方のスタイルが目や首、肩や腰など身体に悪影響を感じやすいというデメリットに繋がります。

また、運動不足から生活習慣病にかかってしまったというWebデザイナーも少なくなく、意識しなければ不健康な生活を送ることになりかねないという点に注意してください。

Webデザイナーの業務が辛いと感じたときの対処法

Webデザイナーの業務が辛いと感じたときには、以下の対処法を試してみてください。

  • 仕事量が多い時は上司に相談する
  • デザインのスキルアップを自発的に行う
  • クライアントとの打ち合わせに積極的に参加する
  • 自分なりのストレス解消法を見つける
  • 社内のメンバーと積極的にコミュニケーションを取る
  • タスクやスケジュールの管理方法を見直す
  • 自身のキャリアを見直す
  • 転職する
  • フリーランスとして独立する

今働いてる会社でできる対処法もあれば、会社そのものを変えるといった対処法も考えられます。

特に転職を検討する場合は、転職先で同じような辛さを感じないようにするためにも、就職エージェントを使って慎重に転職活動することをおすすめします。

よくある質問

最後にWebデザイナーに関するよくある質問を3つ取り上げ、それぞれ解説していきます。

1. Webデザイナーの嫌なところは?

Webデザイナーの嫌なところは、大きく分けると社内外の関係者とのやりとりなどのコミュニケーション、デザイン業務そのものに関するスキル、就業環境の3点に分類することができます。

仕事を進めていく上で、どうしても妥協できない点がこれらのポイントに合致するような場合は、Webデザイナーの仕事を避けておいた方がいいかもしれません。

2. Webデザイナーはやめとけと言われる理由は?

Webデザイナーはやめとけと言われる理由として、最も多い理由は給料の低さです。

業務スタイル的に残業時間が長くなりやすいにも関わらず、固定残業制を設けている会社が多いことから、働いても働いても給料が上がらないといったケースは珍しくありません。

もちろん、全ての会社のWebデザイナーの給料が低いというわけではありませんので、Webデザイナーを目指す場合は求人票の給料の欄を特にチェックする必要があります。

Webデザイナーはやめとけと言われる理由について以下の記事で詳しく解説しています。

Webデザイナーがきつい理由は?退職する理由や対処法を解説

3. Webデザイナーの給料が低いのはなぜ?

Webデザイナーの給料が低いのには様々な理由が考えられますが、その1つに「作業者的な役割が大きい」というものが挙げられます。

給料は、会社に対して貢献した利益の額によって基本的に決まります。例えば営業であれば、仕事の成果が会社の利益に直結するため、平均年収が高い傾向にあります。

一方、Webデザイナーの場合は営業が取ってきた仕事をデザインに落とすといった作業的な役割が大きいため、会社の利益に直結すると見なされにくいのが実情です。

なお、Webデザインの質を売りにしているような会社の場合は、Webデザイナーの立場が社内でも高く、それに比例して給料が高いといったこともありますので、合わせて覚えておいてください。

まとめ

Webデザイナーがきついと言われる理由を詳しく解説しました。

Webデザイナーはクライアントに振り回されやすく、勤務時間の割に給料が低いといったきつさはあるものの、手に職をつけられるという事実は変わりません。

努力次第では、Webデザイナーとして実績を積んだ後にフリーランスとして会社員時代よりも多くの収入を稼ぐことも可能です。

この記事の内容を参考に、Webデザイナーの良い面も悪い面も理解した上で、仕事選びに役立てるようにしてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫キャリアアドバイザー
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター