【2019年度版】転職タイミングはいつがベスト?あなたに適した時期を解説します!

【2019年度版(更新)】あなたにベストな転職タイミングはいつ?

あなたにベストな転職タイミングはいつなのでしょうか?あなたの状況や年齢によって、ベストなタイミングをご紹介しています。夏が過ぎても、今年中に転職できる、2019年秋のオススメの業界・職種もご紹介しています。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

状況別の転職のベストタイミング

状況別の転職のベストタイミング

あなたは転職を考えていますか?転職をいつするのかで、どんなメリットが出るのか気になる方も多いと思います。

あなたの置かれている状況によって、ベストな転職タイミングは変わってきます。まずは、状況別での転職タイミングをご紹介していきますので、あなたにとって、ベストなタイミングはいつなのか、確認していきましょう。

新卒入社してすぐに転職

  • 会社に染まり切っていない
  • 基本的なビジネススキルを習得している
  • 若いため育成が可能

一般的に新卒入社した会社で、3年以上は勤務すべきといわれますが、基本的なビジネススキルを習得していれば、入社3年未満でも、第二新卒としてのタイミングを活用してメリットにできるでしょう。

ただし、ブラック企業でもないのに、入社1年以内で辞めてしまうと、「我慢ができない」と認識されてしまう可能性もありますので、注意しましょう。

他業界へのキャリア変更転職

他業界への転職は、若ければ若い方がよいといわれています。20代であれば、前職の会社の習慣・風土に染まり切っておらず、新たな業界でも適応しやすいと考えられるためです。

転職者の気持ちとしては、「まだ浅いキャリアで他業界に行くのはちょっと…」と思われるかもしれませんが、基本的なビジネススキルを備えていれば、不安に思わず転職活動をすべきだといえます。

30代を超えると、専門性のあるスキルや、マネジメントスキルを求められますので、注意が必要です。

同業界でのキャリアアップ転職

同業界での転職では、前職での経験がものをいう世界です。前職時代にどのような経験をし、転職後も活かせる知識やスキルがどれほどあるのかを、説明できるときがタイミングです。

逆にいえば、中途半端なキャリアで転職活動をするのは、よいタイミングとはいえません。

まずは今の会社でのキャリアの限界までやり切ったと、自信をもっていえることが大切です。

資格取得して転職

資格取得してから転職したいという方は多いですが、資格ありきの転職活動はオススメできません。転職後、どのような業界・職種で働きたいかのビジョンがあり、ビジョン達成のために必要な資格であれば問題ありませんが、資格取得が先に来てしまうのはNGでしょう。

  • 海外営業をしたい→「TOEIC取得」
  • 経理で働きたい→「日商簿記」
  • 不動産業界で働きたい「宅地建物取引責任者」

上記の例のように、自分の働くビジョンを考えた上で資格取得を行うのであればOKです。その後の転職活動も、資格取得の努力が認められやすいでしょう。

また、資格取得は在職中に行うことが望ましいです。一般的に社会で評価される資格は難関資格が多く、取得するにも時間がかかるため、退職してから資格取得すると、キャリアの空白期間が長くなってしまうためです。

今のプロジェクトが終わったら転職

現在重要なプロジェクトに従事しており、プロジェクトが終了したら転職したいという方もいるでしょう。

ポイントになるのは、以下の2点です。

  • プロジェクトが終わるまでの期間がどれほどか
  • 期間が長い場合、あなたは待ってでも獲得したい人材であるか

プロジェクトがあと半年かかるようであれば、転職先の企業に半年以上待ってもらわなければなりません。基本的に人材が不足して求人を出しているため、「あなたの要求する期間」と、「あなたのような人材を発掘できる期間」の天秤にかかることになります。

天秤にかけられても、自信があるのであれば、転職先へ待ってもらう要求を出すべきでしょう。

管理職昇進のタイミングに転職

管理職昇進するタイミングで転職活動をするのは、肩書が上がる分、求人のレベルも上がるように思いますが、注意が必要です。まずあなたは、転職後プレーヤーでいたいのか、管理職をしたいのかを明確にする必要があります。

転職後にプレーヤーをしたいのであれば、昇進する前に転職すべきですし、管理職をしたいのであれば、現職で昇進して実績を残し、管理職として転職活動すべきでしょう。

また、昇進後すぐに転職活動を行うのは、今の会社からは相当な反感をかうことになりますので、注意しましょう。

結婚・出産を前に一生働ける会社に転職

結婚や出産を前に、育休や時短などの制度が整った会社に転職したいという方も少なくありません。この場合、仕事に興味があるのか、制度の整った会社に興味があるのかが重要になってきます。

制度の整った、一生働きたくなる会社は、入社する競争率も高いです。あなたの興味が「仕事<会社」なのであれば、面接で見破られてしまいます。一生続けたいのは仕事なのか、会社なのかをしっかりと考え、答えを出しておきましょう。自分なりの価値観を持つことは、転職活動をする上で、とても重要なことです。

家を購入するタイミングで転職

家の購入タイミングでの転職で注意すべきことは、一般的に転職後1~2年は住宅ローンが組みづらくなることでしょう。このことより、住宅ローンを組むのであれば、転職前にすませておく方がよいといえます。

ただし、転職前に会社独自の持ち家制度などを利用して家を購入してしまうと、退職時にローン金額の清算を求められることがありますので、注意してください。

年齢別の転職のベストタイミング

年齢別の転職のベストタイミング

転職するのにベストな年齢はあるのでしょうか。厚生労働省の「新規学卒者の離職状況」の調査結果によると、新卒で入社した大卒の約3割、高卒の約4割が、3年以内に退職していることがわかります。

先ほどもお伝えした、3年未満で退職する「第二新卒」を獲得する盛り上がりもあり、若手の転職タイミングに、社会が寛容になっているとはいえるでしょう。

ここでは、年齢別の転職タイミングと必要になるスキルをご紹介していきます。あなたの年齢でのタイミングはどうなのか、確認していきましょう。

第二新卒での転職

新卒入社して3年以内の転職者のことを「第二新卒」ということはお伝えしてきました。第二新卒の価値は、何といっても若さになりますので、一般的な中途採用者よりも、スキルを要求されないことが特徴です。

注意すべきは、1年未満のような短期で辞めてしまうと、第二新卒扱いにはなりますが、「我慢強さにかけるのではないか」、「またすぐに辞めてしますのではないか」とみられてしまう場合があります。

20代後半での転職

20代後半で転職する人は転職市場の中でもとても多く、企業側も積極的に採用をするタイミングです。社会人経験も3年目を超え、基本的なビジネススキルが身についており、まだ会社に染まりきっていないためです。

まだ年齢も若いため、企業側はポテンシャル採用という位置づけ(即戦力ではなく、将来の活躍を期待する)で採用します。

専門的な知識や実績がなくても、自分で考えて動ける主体性を持っていれば、新しいキャリアへのチャレンジも成功の可能性が高いです。転職市場で最も価値の高い年代といえるでしょう。

30代前半での転職

30代前半の転職タイミングは、なるべく早く転職した方がよいといわれます。30歳を超えると企業の中では中堅クラスであり、年齢が上がれば上がるほど求められるスキルも上がっていくためです。

あなたが今管理職であれば、マネジメントの実績を積んでから転職することもできますが、もし役職のないプレーヤーで、転職を考えるのであれば、なるべく早く動きましょう。

30代中盤の年齢になると、業界を変わっても即戦力としてとらえられるため、実績と自信が必要になります。

30代後半での転職

30代後半の転職タイミングは、ほとんどケースでマネジメント経験とスキルが求められます。企業側は管理職、管理職候補として採用をしたいためです。

とはいえ、あなたの肩書が管理職でなくてもかまいません。「プロジェクトチームのリーダー」や、「後輩の育成経験」などもマネジメント実績として認めてもらえるでしょう。もちろん既に管理職になっている人は、自分なりのマネジメント経験や実績があれば、転職成功する可能性が高いです。

40代以降での転職

40代以降の転職では、管理職から管理職の転職となることが多いでしょう。通常の転職サイトからの求人は少なくなり、転職エージェントや、ヘッドハンティングなどが多くなります。

高い専門知識や、マネジメントスキルのある人は、この年代になっても高い需要があり、転職することが可能です。逆に、特別なスキルや経験がないと、40代以上の転職は難しいといえるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

 

転職のタイミングは夏が終わっても大丈夫!

転職のタイミングは夏が終わっても大丈夫!

転職のタイミングは年齢の他にも、社会環境や成長している業界、不足している職種からも影響を受けます。

一般的に4~8月は求人が少ないといわれますが、有効求人倍率が上がっている業界・職種は、通年で求人募集をかけていることも多いため、秋以降も転職タイミングがあります。有効求人倍率の変化や、オススメの業界・職種をご紹介していきます。

有効求人倍率の推移

まずは有効求人倍率の推移を確認していきましょう。有効求人倍率とは、有効求人数(仕事の数)を有効求職者数(仕事をしたい人の数)で割った数値のことをいいます。数値が「1」より大きくなると、いわゆる「売り手市場」になります。

2018年1年間の平均有効求人倍率は「1.61」となっており、過去最大の数値となっています。2009年から右肩上がりに上がり続けていて、東京オリンピックのある2020年までは、堅調に推移するという予測が多いです。

参考までにバブル時代で「1.46」、リーマンショック後の不況時は「0.4」でした。2019年現在は、有効求人倍率から見ると、転職タイミングとして最高の状態であることがわかります。

有効求人倍率が上がっている業界・職種

一般的に求人が増えるのは、2~3月、8~9月といわれています。半期のはじまりである、4月と10月から勤務スタートする求人募集を行うためです。

転職を考える人も高まる季節なので、求人数も増えますが、ライバルも増えます。狙い目なのは、有効求人倍率が上がっている業界や職種で、秋以降の通年採用も行っている企業です。

上がり調子の業界・職種としては、以下が予想されています。

  • 建築土木
  • 金融
  • メディカル
  • 人事
  • 法務

建築土木業界は、オリンピック需要で人手不足が続いていますし、今後の高齢化社会に必要なメディカル業界などは、今後も堅調に推移すると考えられます。また、人事や法務の職種も、専門性をもっていれば、相当な売り手市場になっています。

今年転職をお考えの方向け!秋冬でオススメの業界

先ほどもお伝えしてきましたが、10月からの後半期人員の募集がひと段落した秋冬以降も、募集を行う業界もあります。業界の特性上、商戦期に向けて人員を補充するためです。また、秋冬に転職するメリットもありますので、ご紹介していきます。

秋冬に転職するメリット

秋冬に転職するメリットは大きく4点あります。

メリットその1: 募集を増やす業界がある

百貨店や旅行・観光業界は、年末年始~正月が大きな商戦期になります。商戦期の繁忙までに人員を補充しておきたいため、10月~11月頃の求人募集が生まれることがあります。

さらに、製造業や建設業は、プロジェクト単位で動いているため、プロジェクトの切れ目で人員を募集します。年明けからはじまるプロジェクトでの人員募集に期待することができるでしょう。

メリットその2: ボーナスをもらってから辞められる

秋冬に退職するメリットとして大きいのは、冬のボーナスをもらってから辞めることができることでしょう。9月退社では、ボーナスをもらえるだけ働いた期間がありつつも、手にすることができません。退社する際は、もらえるものはもらっておきましょう。

メリットその3:転職活動が短期間で終わる

人事担当者は、採用計画を約3か月ごとの区切りで持っている場合が多いです。例えば、年内までに〇〇名、3月の年度内までに〇〇名といった形です。

秋冬の場合は、年内に人数を揃えたい企業を見つけることで、超短期間で転職活動を終わらせられる可能性があります。

メリットその4:ライバルが少ない

先ほどもお伝えしましたが、一般的な転職タイミングは2~3月と8~9月になるため、秋冬はライバルが減ることも予想されます。

とはいえ求人を出す会社はありますから、うまく自分のやりたい業界があるようであれば、ぜひチャレンジするべき時期でしょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC