就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

仕事が見つからない理由と年代別対処法を徹底解説!仕事探しのコツも紹介

仕事が見つからない理由と年代別対処法を徹底解説!仕事探しのコツも紹介
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「仕事が見つからない」と悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

この記事では、仕事が見つからないと悩んでしまう理由と、年代別に仕事を探す方法について解説します。

また、仕事探しを本格的に進めていくために知っておきたいノウハウについてもご紹介しますので、仕事探しに悩んでいる方は参考にしてみてください。

仕事が見つからないと感じる理由

仕事が見つからないと感じる理由

応募したいと思える求人を探すには、まず現在なぜ仕事が見つからないと感じるのかを理解することが重要です。まずは、仕事が見つからないと感じてしまう理由を6つご紹介します。

どんな仕事があるのか理解していない[仕事が見つからないと感じる理由1/6]

世の中には非常に多くの種類の仕事があります。イメージしやすいサービス業や営業職を始め、技術系の仕事、クリエイティブ系の仕事、事務系の仕事など、それぞれの仕事内容や求められるスキルは大きく変わってきます。

これだけ多くの仕事の種類があるにも関わらず、仕事が見つからないということは、そもそもどんな仕事があるのか理解できていないことが考えられます。どんな仕事があるか分からなければ、働くイメージを想像することができません。

まずは、どのような仕事が存在するのか、求人サイトなどを見てみて理解することから始めましょう。

仕事に求める条件が高すぎる[仕事が見つからないと感じる理由2/6]

実際に求人サイトを見ていて、仕事の種類もある程度理解しているものの、「仕事が見つからない」と感じてしまっている場合は、設定している条件が厳しすぎることが考えられます。

どんな人でも、楽で高年収な仕事に就けるなら就きたいと思うはずです。ただ、仕事に求める条件を高く設定しすぎてしまうと、その条件を満たす求人がそもそも存在しなかったり、見つけられたとしても選考倍率が高すぎて就職できない場合もあるでしょう。

仕事を探す時は、はじめは緩めの条件で検索し、条件一つ一つに優先順位をつけ、いくつかの条件は妥協していくような考え方を持っておくのがおすすめです。

自分がなにをしたいのか分からない[仕事が見つからないと感じる理由3/6]

仕事をするということは、自分の興味・関心から業界や職種、企業を決め、就職し、毎日与えられた業務やタスクをこなしていくということです。そのため、自分にやりたいことがなく、何をしたいのかが分かっていなければ、当然やりたい仕事が見つからないという事態に陥ってしまいます。やりたい仕事が見つからず、日夜淡々とこなせるアルバイト生活を続けているという人も少なくありません。

やりたいことは急いで見つけなければならないというものではなく、日々の生活や自分の趣味の中から自ずと見つかっていくものです。やりたくもない仕事に就職してもすぐに離職に繋がりかねませんので、「これなら興味を持てそう」と思える仕事を探すことが重要です。

自分のスキルや経験が足りない・把握していない[仕事が見つからないと感じる理由4/6]

求人を探す際、応募条件が記載されていることがほとんどです。

応募条件を満たしていなければ、応募しても書類選考で落ちてしまうわけですが、自分のスキルや経験が足りなかったり把握していないと、自分が応募条件を満たしているかすら分からなくなってしまいます。このように感じ続けると、「自分には応募できる求人がないのではないか」と感じ、結果的に仕事が見つからないと嘆く原因へと繋がってしまうでしょう。

自分にどんなことができるのか知るためにも、まずは自己分析に取り組むことがおすすめです。

自己分析とは?簡単なやり方や自己分析のメリットについて分かりやすく解説

十分に求人が探せていない[仕事が見つからないと感じる理由5/6]

求人は無数と言えるほど数多く存在します。それにも関わらず、少しだけ求人サイトを見て求人を網羅した気になってしまい「気になる仕事が見つからなかった」と感じる人は少なくありません。

数万、数十万を超える求人の中で、自分が気になるものを見つけるには、それなりの時間がかかるものです。十分に求人が探せていないかもしれないと感じた方は、今登録している就職サービス以外にも登録してみて、一度気の済むまで求人検索をしてみてください。

実は働きたいと思っていない[仕事が見つからないと感じる理由6/6

「仕事が見つからない」という理由の一つとして、そもそも働きたいと思っていないということも考えられます。「親に働けと言われて渋々仕事探しをしている」「そろそろ働いてみてもいいかも」など、軽い気持ちで仕事探しをしていると、前向きな気持ちで就職活動ができません。結果として、自分の仕事探しにも関わらず、他人事のように感じてしまい、「仕事が見つからない」と嘆くことになってしまうのです。

仕事が見つからない時の年代別対処法

働きたいのに仕事が見つからないという状況は、できる限り早く脱したいものです。

ここからは、仕事が見つからない時の対処方法について、年代別に解説します。

20代|自分の興味や特技に関連する仕事を探す

20代であれば、未経験から就職できる求人が多く見つけられますので、「自分のやりたいことや好きなことを仕事にする」という意識を持つようにしましょう。

プライベートで興味のあることや趣味、特技を起点として、それらに関係する仕事がないかを求人サイトで見ていくのがおすすめです。

求人の中には、未経験者歓迎と書かれたものがあります。未経験歓迎の求人であれば、今までの職歴に関係なく内定が獲得できる可能性がありますので、キャリアに自信のない20代は積極的に応募していきたいところです。

また、20代の場合は就職活動に慣れていないこともありますので、就職エージェントなど、就職活動の情報に詳しい人に相談しながら仕事探しを進めていくのがおすすめです。

30代|今までの経験が活かせる仕事を探す

30代になってくると、未経験から就職することがやや難しくなってきます。そのため、今までの経験が活かせる仕事を中心に探していくのがおすすめです。

例えば営業職の経験がある方であれば、同じく営業職の求人を検索したり、コミュニケーション能力が重視されるサービス業などが就職先の候補となります。

また、20代よりも内定獲得の可能性は下がってしまいますが、未経験求人に応募してみるのも一つの手です。

今までの経験の中から、本当に興味のあることに携われる仕事を見つけられるよう、求人サイトを中心に検索していくと良いでしょう。

40代|スカウト型のサービスをフル活用する

キャリアを積んできた40代となれば、即戦力となるような働きが求められますので、今まで経験したものの中から就職先を決めていきましょう。

また、少しでもアピールできる仕事上の実績があるのであれば、スカウト型サービスを活用するのもおすすめです。スカウト型サービスに登録すると、企業の方から直接アプローチをしてくれますので、届いたオファーの中から興味のある仕事を見つけられれば、就職活動に時間をかけずに済みます。

もし社会人経験がないのであれば、ハローワークに行き、40代からでも挑戦できる仕事を紹介してもらいましょう。

50代|初めての就職なら見る求人の幅を広げる

50代で実務経験を積んできた方であれば、マネジメントのポジションで活躍できる仕事を探しましょう。

方法としては、スカウト型サービスか就職エージェントの非公開求人の紹介がおすすめです。

正社員としての経験が無い方の場合は、就職に苦戦する可能性が非常に高いため、清掃職や警備職など、若い年代があまり志望しないような仕事を検討する必要があるでしょう。

それらの仕事は、求人サイトに多く掲載されていますので、大手求人サイトに登録することから始めてみてください。

仕事が見つからない焦りを抑える方法

思うように就職活動が進められないと、どうしても焦ってしまいます。

ここでは、仕事が見つからない時に感じる焦りを抑える方法について解説します。

誰かに相談する

一人でどうしようもできず、焦っている状況を解決するのに有効なのが「相談」です。

まずは身近な両親、友達に悩みを相談してみるのがおすすめです。

仕事が見つからない悩みを人に相談することには、2つのメリットがあります。

一つ目は、具体的なアドバイスをもらえるかもしれないというメリットです。自分よりも一足先に仕事をしている人であれば、同じように仕事が見つからないと悩んだ過去があるかもしれません。そのような時、どのように仕事を探していったのか、具体的な行動を知ることができるでしょう。

二つ目は、自分に向いてる仕事のヒントを教えてもらえるというメリットです。自分の強みや魅力を自分自身で理解できていないことは珍しくありません。第三者的目線で自分のことを見てくれている両親や友達に相談することで、自分が気づけていない長所が明らかになり、仕事探しが一歩前に進むかもしれないでしょう。

周りに相談できる人がいないという場合は、就職エージェントといった第三者のプロに相談してみるのもおすすめです。

一度就職のことを忘れる

焦ったまま仕事探しを続けてしまうと、とにかく就職できればどこでもいいという思考になり、結果的に就職できてもストレスを感じながら仕事を続けなくてはならなくなります。

そうならないためにも、一度就職のことを忘れるのも一つの手となるでしょう。

あらかじめ1週間などの期限を決めた上で、仕事探しに関することを一切止め、趣味や特技に打ち込んでみてください。その時感じた「本当に楽しめるものやこと」を覚えたまま、再度仕事探しを始めれば、自ずとやりたい仕事の方向性が見つけられるはずです。

もし趣味や特技がなかったとしたら、自然を感じられる土地に旅をするなど、とにかく今までの生活をリセットするような行動を取ることを意識してみてください。

短期派遣などでとりあえず働いてみる

余裕がある状況だから焦りを感じると考えれば、まずは自分自身を忙しい環境に置いてみるのも手段の一つです。短期派遣やアルバイトなど、とりあえずすぐに始められそうな仕事を始めてみてください。働くことで仕事探しの焦りを感じにくくなるだけでなく、これをきっかけに就職したいと思える仕事が見つけられる可能性もあります。

仕事が見つからない人が意識したい仕事探しのコツ

ここからは、仕事が見つからない人に意識しておいてほしい仕事探しのコツについて3つ解説します。

天職よりも適職を探す意識を持つ

仕事探しにおいて、自分の希望を全て叶えるような「天職」を見つけようとしてしまうと、どんな人でも仕事探しに苦戦します。そのため、天職ではなく、自分に合っている「適職」を探す意識を持つようにしましょう。

適職探しという意識を持つことで、探す求人の幅が広がり、応募したいと思える求人と出会いやすくなるというメリットがあります。適職探しをする時は、仕事に求める条件に優先度をつけ、優先度が低い条件は最悪満たされなくてもいいと切り捨てることが重要になります。

転職によるキャリアアップという選択肢もある

仕事探しを気楽に行ってみるという意識も大切です。

今は転職が当たり前になっている時代ですので、「次に就職する職場で一生働かなくてはならない」ということはありません。

就職してみて分かる自分の強みや弱みがありますので、とりあえず就職してみて、その経験を武器に転職によるキャリアアップを目指すという選択肢も可能です。

仕事が見つからないからといって、無駄に時間を過ごしてしまうのではなく、「まずはやってみる」という前向きな姿勢を持てるように考えを変えていきましょう。

自分にとっての理想の働き方を考える

仕事に対する価値観を変える意識をしてみるのも良いでしょう。

確かに仕事をすることは、生きていく上で必要不可欠です。ただ、その働き方や生き方については誰かに強制されるものではありません。「自分の好きな場所で働きたい」「平日は会社勤めをし、休日はアウトドアをする」など、理想の働き方をイメージすることで、その働き方を叶える仕事を見つけやすくなるはずです。

「仕事をしなければならない」というネガティブなイメージではなく、「仕事をするなら○○がいい」というポジティブな考え方にシフトした方が、仕事探しを楽しめるだけでなく、就職の成功率も上げることに繋がるでしょう。

仕事が見つからないという人におすすめの職種

どうしても仕事が見つからないという方向けに、おすすめの職種を3つ紹介します。これらの仕事は、経験することで他の仕事にスキルが活かせたり、将来的にも稼ぎが安定して増えやすいものとなっていますので、どうしても求人が見つけられない方は参考にしてみ

てください。

※平均年収は、こちらを参照しました

平均年収ランキング(165職種別の平均年収/生涯賃金)【最新版】

営業職

営業職の平均年収・向いている人・活かせるスキル・キャリアパス例

営業職は、法人や個人に対して商談を行い、商品やサービスを購入してもらう仕事です。

どんな業界や企業にも営業職というポジションは存在しているため、求人も多く、就職がしやすいといった特徴があります。

また、営業経験は非常に幅広いキャリアに活かすことができるため、潰しの効く仕事とも言えます。

まだ何をやりたいか決まっていないという方でも、営業経験を積むことができれば、いずれできる憧れの会社に転職しやすくなるでしょう。

ITエンジニア

ITエンジニアの平均年収・向いている人・活かせるスキル・キャリアパス例

ITエンジニアは、プログラミング言語を用いてシステムやアプリの開発に携わる仕事です。

近年多くの企業でITエンジニアは不足していることもあり、経験を積めれば貴重な人材として重宝されることでしょう。

基本的にパソコン一台あれば仕事ができてしまいますので、経験を積んでフリーランスや独立開業できる点も魅力です。

将来性も非常に明るく、手に職を付けられる仕事がしたいなら、ITエンジニアが特におすすめです。

施工管理職

施工管理職の平均年収・向いている人・活かせるスキル・キャリアパス例

施工管理職は、建築現場の職人たちを監督し、期日までに建築作業が終わるように進行する仕事です。

直接自分が建築作業を行うわけではありませんので注意しましょう。

現場仕事になりますので、体力が非常に重要になるだけでなく、現場の職人同士のトラブルを仲裁したり、完成期日までの計画を綿密に練らなければならなかったりと、非常にハードな仕事です。

しかし、建築需要は依然として高く、施工管理に関する資格を取得できれば、学歴に関係なく多額の年収を稼ぐことも可能です。

世の中に求められる仕事をしたい方や、地図に残る仕事をしたいという方にはおすすめの仕事です。

仕事が見つからない時に利用したいサービス

どうしても仕事が見つからないという時は、以下のサービスを使ってみましょう。

また、これらを並行して利用すると仕事探しの効率が上がりますので、気になるサービスを見つけたら積極的に登録していくのがおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは、国の運営する公共職業安定所の愛称で、全国各自治体に設置されています。最寄りのハローワークに行き、求職申込みをすることで、職員から求人を紹介してもらえるようになります。

また、求人の紹介だけでなく、簡単なキャリア相談についても行ってもらえますので、仕事が見つからないことの相談をしてアドバイスをもらうのもおすすめです。

毎日多くの人が利用しているハローワークですが、初めて行く時は緊張してしまうかもしれません。

ハローワークでの仕事の探し方については以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。

ハローワークが初めてで怖い人は多い?怖いと感じる理由も解説!

求人サイト

求人サイトは、他のどの方法よりもたくさんの求人の中から比較検討できます。

サービスに登録した後は、自由に求人を検索し、自分の興味のある募集に応募することになります。自分のペースで就職活動を進められたり、求人同士を比較できるなど様々なメリットがあるものの、仕事探しについてのサポートは一切ありませんので、仕事探しに苦戦している人だと上手く利用できない可能性があります。

仕事が見つからないと感じている人は、求人サイトだけでなく、後述する就職エージェントや、ハローワークを併用し、就職活動そのものの基本的な流れについてノウハウを習得するのがおすすめです。

就職エージェント

就職エージェントは、登録することで自分専任のエージェントが付き、以下のようなサポートを受けながら就職活動が進められるようになります。

  • キャリアカウンセリング
  • 自分に合った求人の紹介
  • 履歴書の添削や模擬面接の実施
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 年収交渉の代行

就職活動を始める上で知っておきたいノウハウが取得できることはもちろん、仕事探しに関する様々なアドバイスがもらえるため、仕事が見つからずに悩んでいる方に特におすすめです。就職エージェントで就職を決めたいなら、様々なエージェントのアドバイスを参考にするためにも、複数のサービスを並行して利用するのがポイントです。

仕事が見つからない時の注意点

ここからは、仕事が見つからない時の注意点について解説します。

ネットの情報を鵜呑みにしない

仕事を探すためには、ネットをフル活用することが重要です。

ただ、匿名掲示板やSNSなどには、「○○業界はブラック」「△△の仕事をしている人は底辺」など、偏った発言が散見されます。

このような発言を間に受けて就職活動を進めてしまうと、選択肢が極端に狭まってしまうだけでなく、自分の意思にそぐわない就職をする可能性があります。自分に合った仕事は、自分しか見つけることはできません。ネットの情報だけを鵜呑みにして就職活動を進めてしまわないよう、正しい情報と誤った情報をしっかりと見極めることが大切です。

就職活動は時間をかければいいということではない

就職活動は、時間をかければ必ず成功するということではありません。ダラダラと時間を使ってしまえば、最終的に焦って就職先を決めかねませんし、時間をかけたことが選考で評価されるということもありません。

仕事が見つからないということ自体は、誰しもが通りうる悩みですが、だからといって就職活動が長期間に渡ってしまうことは避けるべきです。

「1カ月で興味のある業界を3つに絞る」など、自分で期限を決めて就職活動を進めていく意識を必ず持ちましょう。

もし仕事に就かないまま、無為に就職活動に時間をかけてしまうと、職歴上の空白期間が長くなり、さらに選考に通過しにくくなるかもしれません。

一人で就職活動をしない

「仕事が見つからない」という悩みに、一人で考えていても一向に打開策は見つけられません。

また、正しい考え方を知らないまま一人で考え続けると、誤った決断をしてもそのまま突き進んでしまうこともあり得ます。

そうならないためにも、一人で就職活動を進めることは避けるべきでしょう。

家族や友達、就職エージェントに相談をすることで、今まで悩んでいたことに対する解決策やヒントが手に入る可能性があります。

相談することは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、誤って就職してしまった時の後々の人生に与えるデメリットを考えれば安いものです。

客観的なアドバイスをもらうためにも、できるだけ第三者目線で相談に乗ってくれるような人を見つけ、相談を投げかけてみてください。

どうしても仕事が見つからないなら「就職カレッジ®︎」の活用がおすすめ

どうしても仕事が見つからないと悩んでいる方には、就職カレッジ®︎というサービスがおすすめです。

ここでは、就職カレッジ®︎の4つの特徴についてご紹介します。

20代の正社員就職・転職に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職や転職に強い就職エージェントです。

特に「フリーター・ニート・第二新卒・既卒」を専門にサポートしていて、今までの就職支援実績は23,000名以上(※)にも上ります。

登録から内定獲得まで、全て無料で利用できますので、仕事探しの手法の一つとして登録してもデメリットがありません。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で就職率は8割超えの実績

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職サポートのプロが教える「無料就職講座」が受講できます。この講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に学ぶことが可能です。

  • 基本的なビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

このように、就職活動を始める段階で知っておきたいノウハウが学べることもあり、初めて就職活動をするという方に特におすすめです。

無料就職講座もあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%(※)と高い実績を誇っています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

最短2週間で内定獲得ができる集団面接会

無料就職講座を受講した後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する「集団面接会」に参加できるようになります。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと考えている企業しか参加しませんので、社会人経験に自信がないという方でも安心して内定獲得ができます。

また、集団面接会では書類選考をパスして、いきなり企業担当者と面接ができるのもポイントです。

内定まで2週間程度しかかからない事例も多く、就職活動に時間をかけたくない方にぴったりと言えるでしょう。

安心のサポート体制で定着率は9割超

就職カレッジ®︎は、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制も徹底しています。

「就職してみたものの、自分に向いていない仕事だった…」「職場の人間関係が悪く、仕事をなかなか教えてもらえない…」など、就職してから悩みを感じたら、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談可能です。

このようなサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%(※)と高い数値となっています。

仕事探しをしつつ、自分に合った職場に就職をしたい方は、就職カレッジ®︎の利用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

仕事が見つからないという方は、まずは「自分がなぜ興味の持てる仕事を見つけられていないのかの理由」をはっきりさせましょう。

また、それでも仕事探しに難航してしまうようであれば、就職カレッジ®︎のエージェントに相談するのがおすすめです。就職カレッジ®︎には、以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等