就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

施工管理がきつい理由とは?向いていない人の特徴と解決策を紹介!

施工管理がきつい理由とは?向いていない人の特徴と解決策を紹介!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「施工管理はきつい、やめとけって、よく聞くけど本当なの?」と、悩んでいる施工管理への就職・転職を考えている方もいるでしょう。

この記事では、施工管理がきつい理由18選と向いていない人の特徴を紹介します。さらに、施工管理の魅力や、仕事がきついと感じた場合の解決策なども紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

施工管理の仕事がきついと感じること9選

施工管理の仕事がきついと感じること9選

さっそく、施工管理の仕事がきついと感じることを9つ紹介します。

施工管理の仕事がきついと言われる背景には、建設業界の通例特性が起因しており、短時間での解決は困難です。

とはいえ、働き方改革が提唱されていることから改善途中であるといえますが、業界全体の人手不足などの問題もあるため、一概に「勤めている企業が悪い」とは言い難いのです。

休日が少なくてリフレッシュできない

施工管理の仕事は忙しく、休みが取りにくいのが現状です。

令和3年版には記載はありませんでしたが、厚生労働省が発表した「平成30年就労条件総合調査」によると、建設業の1企業平均年間休日総数は104日でした。年間休日の目安になる最低日数は105日なので建設業の年間休日は1日少ないということになります。

施工管理の仕事は、あらかじめ決められた日に工事を完成させる必要があります。たとえ工事がうまくいったとしてもクライアントから「工期を短縮して欲しい」と要望があれば休日を削って作業を進めなければなりません。

その分、手当が支給されるので給与は多くなりますが、休日が少ないため十分にリフレッシュできないと不満を感じる方もいるようです。

参考:平成30年就労条件総合調査|厚生労働省

労働時間が長いから体力的にきつい

施工管理の仕事は労働時間が長いため、体力的にきついと感じる方が多いようです。

厚生労働省の「毎月勤労統計調査 令和3年分結果確報」によると、建設業の月間実労働時間は165.3時間でした。

調査対象は製造業や電気ガス業などの産業で、その中で最も労働時間が長いのが建設業です。平均値である136.1時間よりも約30時間も多くなっていることから、労働時間の長さがわかるでしょう。

施工管理の仕事は工事全体の進捗をチェックし、トラブルが発生したら工期までに完了させるための対処が必要です。また、現場と事務どちらの仕事もこなさなければならないため、どうしても労働時間が長くなってしまうのです。

参考:毎月勤労統計調査 令和3年分結果確報|厚生労働省

ゼネコンから無茶な工期を設定される

元請業者のゼネコンから無茶な工期を設定されることも、施工管理の仕事がきついと感じるケースの一つです。

もともと短く設定されていたのにも関わらず、さらに工期が早まることもあります。また、天候によっては作業できない日もあるため、現場の日程を組み直したり人材を増やしたり、工期に追われることがプレッシャーになり、きつい・つらいと感じるようです。

現場内での事故が起こりやすいから危険

工事現場は危険を伴う作業が多いため、細心の注意を払わなければ事故が起こりやすい環境です。

例えば、クレーンに巻き込まれる高所から足を滑らせるなど、予期せぬ出来事が起こる可能性もあります。さまざまな業者が現場に入り、それぞれ作業を行っています。施工管理の仕事は危機管理をしっかりしていることを把握・指導するので責任重大です。

取引先から無茶な要望がある

施工管理の仕事では、取引先から無茶な要望急な対応を求められる可能性もあります。

例えば、図面の修正を何度も依頼される明らかに人手や時間が足りていない作業を依頼されるなどです。事前に綿密な打ち合わせを行ったとしてもよくある話なので、先を見据えて考え、行動する必要があります。

気性の荒い人が多い

職人や工事現場関係者の中には、気性の荒い人が多い傾向にあるため、現場によっては怒号が飛び交うケースもあります。意見がぶつかると、その場が収まらずに話が長引く可能性もあるため、普段から良好な人間関係を築くことが大切です。

給料が労働環境の割に合わない

施工管理として働く人の平均年収は「求人ボックス 給料ナビ」によると約469万円。国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査結果」によると全業界平均が433万円なので、平均よりも30万円ほど高くなっています。

その一方、長時間労働や出勤日数の多さに給料が見合っていないと不満を感じるが多いようです。

ちなみに、厚生労働省の「毎月勤労統計調査 令和3年分結果確報」によると建設業の出勤日数は1ヶ月に20.3日、対象産業の中でトップタイの多さでした。

参考:求人ボックス給与ナビ

参考:令和2年分民間給与実態統計調査結果について|国税庁企画課

参考:毎月勤労統計調査 令和3年分結果確報|厚生労働省

朝早いのに夜遅い変則的な勤務時間

現場は朝早くから始まるので朝から現場に向って夕方から夜に一段落し、そこから事務仕事を行います。

  • 朝礼(入場職員の人数施工業務の確認)
  • KYミーティングおよび新規入場者受け入れ教育
  • 作業開始前の点検
  • 現場巡視
  • 昼礼
  • 作業後の確認
  • 作業終了の報告

1日のうちに上記のような業務項目を行い、他にも工事写真の撮影・施工に伴う職人の方とのやり取りなども行うため、朝7時から21時まで働き詰めというハードスケジュールをこなすケースもあります。

また、短納期で完成させる必要がある場合もあるため、時間に余裕のない変則的な勤務時間の原因となっています。

自分のことで手一杯で部下の指導に手が回らない

施工管理は、複雑かつ仕事量が多いので部下がついても指導に手が回らないケースが多いです。

せっかく施工管理者を目指して先輩についたものの、具体的に何かを教えてもらえる時間もなく、不安を抱えながら独り立ちして仕事を行う可能性があります。

また、自分が部下を持つようになっても、今度は自分が現場のことで手一杯で、指導に余裕がないといった悪循環になっているケースもあるようです。

施工管理の仕事できついと感じること5選【女性編】

施工管理を含む建設業界で働く人は、男性ばかりのイメージが強いかもしれませんが、施工管理を仕事とする女性が年々増加しています。

国土交通省が令和2年に「女性の定着促進に向けた建設産業行動計画」を発表。これは、男女問わず誰もが働きやすい業界を目的に女性の入職促進就労継続に向けたさまざまな取組を実施しています。

今後、施工管理の仕事に就く女性が増えてくるのではないかと予想されます。

ここでは、女性ならではの「施工管理がきつい」と感じることを紹介します。

参考:女性の定着促進に向けた建設産業行動計画〜働きつづけられる建設産業を目指して〜|国土交通省

女性用の更衣室・トイレが整っていない

建設業界は男性社会で長い間成り立っていたので、女性用の更衣室やトイレが整っていないことが多いです。

国土交通省が発売した「建設業活動実態調査」によると施工管理を含む技術職の常時従業者数は120.946人、そのうち女性は8,107人(前年比31.4%増)でした。

このように最近では建設業でも女性従業者が増えてきたため、対応する企業現場も増えてきています。しかし、全体で見ればまだまだ少なく、仕事中に不便さを感じる女性が多いのが現状です。

参考:令和2年 建設業活動実態調査の結果|国土交通省

男性職員からセクハラ・パワハラされる

建設業は男性が多い職場なので、場合によっては、男性から女性に対してデリカシーのない発言や、容姿などに対する指摘・プライベートへの過度な詮索をしてくる人もいるかもしれません。また、大声で怒鳴りつけられたり、人格否定をされたりする現場もゼロではありません。

セクハラやパワハラはあってはならない行為ですが、業界によっては、そういった意識の改善が進んでいないところもまだ残っているのが実際のところです。

男性主体の風潮が根強く残っている

昔から建設業界は男性主体であったため、今でもその風潮が根強く残っているところがほとんどです。古い考えを持った男性の場合、「女性だから」と下に見てしまう人も、残念ながら中にはいるでしょう。「女性」ということでよくも悪くも特別視されてしまい、働きにくいと感じる女性もいるかもしれません。

そのような態度に屈することなく仕事を続けるには、精神的な強さが必要になるでしょう。

女性の体力ではきつい業務が多い

施工管理の仕事は男性でもきついと言われるほど大変な仕事で、工事中の現場では体力がいる作業が多くあります。女性だからといって施工管理の仕事内容が特別に考慮されることは少ないため、慣れない女性が男性と同じように作業をこなすのは非常に困難でしょう。

他の仕事に比べて仕事と結婚の両立が難しい

施工管理は朝早くから夜遅くまで働く忙しい仕事なので、結婚生活と仕事の両立が大変になる可能性があります。激務が連日続くこともあるため、家庭を持つ際には相手の理解が必要になります。

家庭を持った後も、時短勤務などを活用して子育てと両立したり、部署を異動したりして働き続ける女性もいます。ただしほかの業界と比較すると、家庭との両立において、まだ環境が整っていない職場も多いかもしれません。

施工管理の仕事できついと感じること4選【未経験編】

施工管理の仕事を経験したことある方なら苦にならないことも、未経験者からしたら「きつい」と感じることもあります。

ここでは施工管理の仕事が未経験者ならではのきついポイントを紹介します。

職人とのコミュニケーション

未経験者が施工管理の仕事できついと感じることで、まず挙げられるのは職人とのコミュニケーションです。

世間一般のイメージよりも優しくてしっかりした職人が多いですが、厳しい方も中にはいます。例えば、指示を聞いてくれない、自分の工事優先で他職との調整をしてくれない、期限によって対応が違う、などです。また、職人と上司との板挟みで、どちらからも怒られるケースもあります。

職人とのコミュニケーションをうまく取るコツは、職人との約束を必ず守ることです。当たり前のことですが「守れない約束はしない約束をしたら必ず守る」ということを意識してみると良いでしょう。

在宅勤務がほぼできない

施工管理の仕事は、労働集約型という特性もあるため、現状では現場に出ないと仕事にならず、在宅勤務がほぼできない状態です。

パーソル総合研究所が2022年2月4日〜2月7日に調査した結果を見てみると、施工管理・設計系のテレワーク実施率は24.7%でした。

しかし、現在テレワークリモートワークが難しいとされていた施工管理にも少しずつ広がりつつあります。例えば、打ち合わせをオンライン化する建設機械の遠隔、操作開発などです。

テレワーク導入によって施工管理の仕事が効率化し、きついと感じることが少なくなってくるのではないかと予想されます。

参考:第六回新型コロナウイルス対策によるテレワークへの影響に関する緊急調査|パーソル総合研究所

雑用が多い

施工管理は、伝票整理、現場の提示、清掃、会議の準備など、意外と雑用が多い仕事です。現場を働きやすい環境に整えることも施工管理の大切な仕事で、未経験者は雑用を任されることが多い傾向にあります。そのため、建設の技術を習得するために未経験で飛び込んだ方は、きついと感じるかもしれません。

身体的負担が大きい

施工管理の仕事は、ほとんどが外勤で現場での移動も多く、夏は暑くて冬は寒いので身体的負担が大きいです。

建設途中なのでエレベーターはなく、ときには階段で10階以上のフロアを上り下りすることもあります。また、現場の資材を移動することもあり、緊急時には台風のときでも現場にでなければならないケースもあります。

施工管理に向いている人・向いていない人の特徴

どんな仕事にも、向き不向きが存在します。

ここでは、施工管理に向いている人向いていない人の特徴を紹介しますので、どちらに当てはまるかチェックしてみてください。

施工管理に向いている人

施工管理に向いている人の特徴は以下の通りです。

  • 体力がある
  • 集中力が高い
  • 計画性がある
  • 注意力がある
  • 気配りができる
  • 事務処理能力がある
  • タフに乗り切る力がある
  • 分かりやすく説明できる
  • コミュニケーションスキルがある
  • 高い危機管理スキルを持っている
  • 人を引っ張っていくリーダーシップがある

もちろん専門知識やスキルも必要ですが、施工管理の仕事はさまざまな分野の人たちと関わるため、幅広い領域での対応力が求められています。上記の特徴に当てはまるという方は、施工管理を目指してみると良いでしょう。

施工管理に向いていない人

施工管理に向いていない人の特徴は以下の通りです。

  • コミュニケーションを取るのが苦手
  • 一つの事柄を気にしすぎてしまう
  • リーダーシップが取れない
  • マネジメント経験が浅い
  • 計画通りに進められない
  • 気が弱い
  • 大雑把
  • 体力に自信がない
  • 危機管理が不足している
  • 頭の回転が遅い

上記の特徴に当てはまるという方は施工管理に向いていませんが、「なれない」というわけではありません。向いている人の特徴を参考に、幅広い領域で対応できるようにスキルを向上することで施工管理者として活躍できるはずです。

詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

施工管理に向いてない人の特徴30選!向いてないか自分の適性を考える。

施工管理はきつい仕事だけど魅力がいっぱい

施工管理はきつい仕事ですが、たくさんの魅力が詰まっているやりがいのある仕事です。

きつい仕事だからこそ魅力的に感じることができる効果もありますが、ここでは本当の魅力を3つ紹介します。

やりがいがある

施工管理の仕事はきついと感じることが多いようですが、その分やりがいを感じるシーンが多くあります。

例えば、以下のような場合にやりがいを感じる方が多いようです。

  • 施工完了時の達成感が得られたとき
  • 職人から信頼してもらえたとき
  • 仕事に対して評価が得られたとき

施工管理の仕事がきついと言われる要因の1つに「長い年月を要する」ことも挙げられますが、だからこそ周囲の人からの感謝はしっかりと胸に刻まれ、目に見えない財産となります。

携わったプロジェクトの規模が大きければ大きいほど得られる達成感も大きく、やりがいをひしひしと感じることができるはずです。

創造する楽しさや喜びがある

施工管理の仕事には、創造する楽しさや喜びがある点に魅力を感じている方が多くいるようです。

日本建設産業職員労働組合協議会が2021年4月に発表した「2020 時短アンケートの概要」を見てみると、建設業界で魅力を感じる理由は下記画像のようになっていました。

出典:2020 時短アンケートの概要|日本建設産業職員労働組合協議会

ほとんどが外勤である施工管理の魅力は、「建設したものが後世に残る」50%以上・「創造する喜びがある」40%以上であることがわかります。

何もない土地に建設していくプロセス・建設後の達成感を味わえるのは施工管理ならではの魅力といえます。

スキルがあれば給料も上がる

施工管理の仕事は高いスキルを保有することができ、それと比例して給料も上がるようになっています。

腕が物を言う仕事ではスキル次第で給料がアップする場合がほとんどです。そのため、施工管理の仕事に就いて努力していけば、おのずと給料が上がり、働きがいを実感するでしょう。

逆に、スキルを向上させずに漠然と業務をこなすだけでは、給料が上がるどころか低迷することになるため注意が必要です。

施工管理が「きつい」場合の解決策

ここからは、施工管理が「きつい」と感じた場合の解決策を紹介します。

事前に解決策を把握しておくことで、施工管理の仕事に就いて「きつい」と感じた場合すぐに対応できます。早めに解決することで、体力面精神面の負担も軽減されますので、ここで覚えておきましょう。

職業・適性について考える

多忙な業務人間関係が原因で「自分は施工管理に向いていないのでは」と悩んでいる方もいるでしょう。体力面精神面で追い詰められていると、マイナス思考になりがちです。

特に、職業・適性について向いているのか向いていないのかと悩んでいる方は、施工管理に関わる業務に携わって間もなかったり、比較的業務経験が短かったりするでしょう。始めの頃は覚えなければならないことが多いため、余裕を持って作業を進めることが難しい傾向にあります。

職業適性の有無を短期間で判断することは困難なので、自分が向いていないという原因が明確であれば会社の同僚や上司現場の職人など、話しやすい方に相談してみると良いでしょう。

給料を見直す

「これだけ仕事をしているのに給料が低い」と、現在の給料に不満を持っている方もいるでしょう。施工管理の仕事は、専門性が高くて年間の平均収入も他の業種に比べて高い傾向にあります。

もちろん、給料アップを図るためには技術・経験・実績が必要で、施工管理としてキャリアアップするには施工管理技士の資格取得現場の管理経験を培うことが必須です。

施工管理者は「手に職をつける」ことができるため、現在の建設需要に伴って多くの企業から有能な人材が求められています。もし、現状の給料に不満があるのであれば、転職を視野に入れてみるのも良いでしょう。

職場の人への苦手意識を克服する

施工管理は、さまざまな業種の方と一緒に仕事を行いますが、人間関係の良し悪しが仕事に対するモチベーションにも繋がります。人である以上、合う合わないはありますが、業務上合わない人と仕事するシーンもでてきます。

もし、一緒に仕事をする人が自分に合わないと思った場合、まずは「なぜ自分とは合わないのか」「なぜ苦手意識を持っているのか」など、その理由を考えてみましょう。

理由を明確にし、自分の範囲内で改善できると判断した場合には、改善に取り組んでください。もし、自分の改善できる範囲外である場合は周りに相談してみると良いでしょう。

会社の人に悩みを相談する

労働時間労働条件環境など、さまざまな理由によって今後について不安を感じている方もいるでしょう。今後の不安や悩みによって、解決策が異なります。

どのような悩みを抱えている場合でも言えることは「1人で抱え込まないこと」でしょう。仕事に関することであれば会社の人に相談し、もし会社の人に相談しにくい悩みであれば家族友人に相談してみると良いでしょう。

職人さんとのコミュニケーションをはかる

現場で作業を行う職人とコミュニケーションを取ることで、作業をスムーズに進めやすくなります。口数が少ない職人が多いため、機嫌を損ねてしまわないように高いコミュニケーション対話力が必要です。

現場で懸命に働く職人たちと円滑にコミュニケーションが取れなければ、職場に行くことすらきついと感じてしまうでしょう。職人の中には頑固な人もいるため、気さくな話・冗談が通じない場合もありますが、現場で働きやすい環境を整えるためにも、積極的に自分からコミュニケーションをはかりましょう。

解決できずに「辞めたい」と感じた場合の対処法

施工管理に就職転職し、解決策を試しても解決できずに施工管理を辞めたいと感じる場合もあるでしょう。

ここでは施工管理を辞めたいと感じた場合の対処法を紹介します。

辞めたい理由を洗い出す

施工管理の仕事で「辞めたい」と感じた場合、以下のように2種類存在します。

  • 衝動的に「辞めたい」と感じる
  • 限界を迎えた場合に「辞めたい」と感じる

辞めたいと衝動的に感じた場合、一時的なストレスによって生まれた感情である可能性があります。もし、衝動的に辞めたいと感じる場面に出くわした際には「本当に辞めたいと思っているのか」「なぜ辞めたいのか」を洗い出してみると良いでしょう。

辞めて転職すれば「辞めたい」と感じる原因となったことから解放されますが、給料が下がったり新しい職場で人間関係を1から構築したりするデメリットもあります。辞めたい理由を洗い出すことで「本当に辞めるべきかどうか、転職するべきかどうか」を再確認することが可能です。

止められる可能性が高いからすぐ上司に相談しない

仕事を辞めたいと思った場合、職場の人に相談しようと考える方も多いでしょう。しかし、はっきりと転職の意思が固まっていないのにもかかわらず、すぐに相談するのはNGです。なぜなら、引き止めにあってしまう可能性が高いからです。

引き止められて断り切れず仕事を続けても、辞めたいきっかけになった要因はなかなか解決されない可能性もあります。同僚や先輩など、信頼できる人に仕事の悩みを相談してみるほうが良いでしょう。

辞めたい気持ちが強い場合は転職もあり

自分の気持ちを洗い出し「辞めたい転職したい」という気持ちが固まったら転職先を探します。

転職先を探す方法は、主に「知人の紹介」「ハローワーク」「転職サイト」「転職エージェント」の4種類が存在します。

それぞれのメリット・デメリットを以下にまとめていますので、参考にしてみてください。

このように、さまざまな転職先の探し方があるため、自分に合った方法を見つけてみてください。

就職カレッジ®を利用してより良い職場に転職しよう

先ほど、さまざまな転職先の探し方を紹介しましたが、中でもおすすめなのが「転職エージェント」です。転職エージェントなら、独自に保有している非公開求人を紹介してもらえる他、専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるためスムーズに転職活動を進めることができます。

ここでは、転職エージェントの中でも特におすすめの、弊社ジェイックの「就職カレッジ®」について紹介します。

就職成功率が高い

就職カレッジ®では、ヒアリングから就職サポートまで、徹底したサポートが受けられるため、参加者の就職成功率が80%を超えています。

この数値がどれほど高いのか、まずは既卒が就職した場合の内定率を見てみましょう。

出典:「マイナビ 2020年度既卒者の就職活動に関する調査」を発表|マイナビ

マイナビが発表した「マイナビ 2020年度既卒者の就職活動に関する調査」によると、2020年度既卒者の内定率は34.4%でした。

上記の結果から、就職カレッジ®を利用した際の就職成功率が驚異的な数字であることがわかるでしょう。

日本では、大学卒業後に一括採用することがほとんどなので、そのレールから外れてしまうと就職が難しくなる傾向にあります。しかし、就職カレッジ®では専門のコンサルタントが徹底的にサポートしてくれるため、就職活動が高い確率で成功するのです。

書類選考なしで面接できる

就職カレッジ®では「未経験者を採用したい」と考えている企業を集めた集団面接会が定期的に開催されています。

開催されるタイミング場所などは面接会によって変わってきますが、書類選考なしでいきなり面接が受けられるため、最短2週間ほどで内定を獲得できるケースもあります。この集団面接会には数十社が参加するため、自分の条件にマッチする企業が参加している可能性が高いでしょう。

就職後もサポートしてくれる

就職カレッジ®が設定しているゴールは、就職するまでではなく、就職してから安心して社会人生活を過ごせるようになるまでです。そのため、就職後も手厚いサポートが受けられます。

就職支援を担当してくれたキャリアアドバイザーが引き続きサポートしてくれるので、どんな些細なことでも相談可能です。そして、就職後もサポートがあるため、就職することでの不安を軽減解消することができます。

正社員経験がない方や未経験の業界に就職転職する方の中には、さまざまな不安を抱えていることでしょう。就職カレッジ®では手厚いサポートが受けられるため、安心して就職転職できるはずです。

まとめ

今回は、施工管理がきついと言われている理由について詳しく解説しました。

確かに施工管理の仕事はきついと感じる場面も多いかもしれませんが、その分やりがいや達成感を味わうことができる仕事です。しかし、就職転職が初めての場合、「本当に就職できるのか心配」「希望の企業に転職できるか心配」と不安を抱える方もいるでしょう。

このような場合は、弊社ジェイックの就職カレッジ®の利用がおすすめです。就職カレッジ®は未経験者からの正社員就職に特化しており、専任の就職アドバイザーが自己分析企業選び面接対策などをサポートしてくれます。そのため、施工管理に興味のある未経験者の方でも希望の企業に就職転職できるはずです。

この記事で、施工管理のきついところや解決策を把握し、就職カレッジ®を利用して施工管理への就職転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。気になった方は、お気軽に以下よりご登録ください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン