就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

中卒女性でも正社員として仕事はできる!具体的な方法やおすすめ職種まで解説

中卒女性でも正社員として仕事はできる!具体的な方法やおすすめ職種まで解説

中卒女性の中には、これから正社員で働けるのか不安に感じている人も少なくないのではないでしょうか。今の日本の状況から考えると、中卒女性でも正社員として働くことは十分可能です。

この記事では、中卒女性がこれから正社員として働こうとする時におすすめの仕事や仕事を探す方法、就職活動をする上で知っておきたい知識を解説します。

中卒FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

中卒女性が正社員求人を探す時におすすめの方法

中卒女性が正社員求人を探す時におすすめの方法

中卒女性が正社員として働くためには求人を探さなければいけませんが、どうやって求人を見つけらればいいのか分からないという人も多いでしょう。

ここでは、中卒女性におすすめの仕事の探し方について解説します。

ハローワーク

ハローワークとは厚生労働省が設置している公共職業安定所の愛称であり、以下のようなサービスを無料で利用することができます。

  • 求人紹介
  • 職業相談
  • 履歴書や職務経歴書といった応募書類の添削
  • 面接対策
  • 職業訓練
  • 就職活動に繋がるさまざまなセミナー

ハローワークでは就職活動を進めていくためのさまざまサービスを受けられるだけでなく、職業相談により自分に合った求人を紹介してもらうことができますので、「特にやりたい仕事がない」という人でも安心して利用可能です。

また、ハローワークで見つけられる求人の多くは地元密着型の企業のため、転勤がない求人が比較的多いといった特徴があります。

家庭を持っている人や、将来的に結婚を考えていてなるべく同じ場所で過ごしていきたいと考えている女性にとっては、魅力的な求人を多く見つけられるでしょう。

ハローワークでの仕事探しについては、以下の記事でも詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

ハローワークで仕事探しをするメリットは?仕事探しの方法までを解説

求人サイト

求人サイトでは、登録後に自分で求人を比較検討していき、自分に合った応募先を見つけることで就職活動を進めていきます。

とにかく多くの求人の中から検索することができますので、就職先に求める条件が複数ある場合でも安心できるといった特徴があります。

一方、求人サイトを使った就職活動では、誰かのサポートを受けることができません。求人検索・応募・応募書類の作成・面接日時の調整などを全て自分一人の力で行う必要があります。

そのため、自分だけで就職活動を進めていける自信のある中卒女性であれば効率的な方法と言えますが、サポートを受けながら活動したいと思っている場合はややハードルが高いかもしれません。

就職支援サービス

就職支援サービスは、「エージェント」とも呼ばれており、就職活動をプロにサポートしてもらいたい人におすすめの方法となっています。

サービスに登録した後はカウンセラーによる面談が行われ、自分がどんな仕事に向いているのかを一緒に考えてくれるだけでなく、カウンセリング終了後は自分の希望に合った求人の紹介を受けることが可能です。

また、登録から実際に就職するまでさまざまなサポートを受けられますので、一人で就職活動を進めるのが不安という人でも問題なく就職できるでしょう。

就職支援サービスには、上記のようなエージェントだけでなく、弊社ジェイックの「就職カレッジ®」といった、中卒など学歴がない方やニート・フリーター向けの正社員就職支援に特化したサービスもあります。

就職カレッジ®についてはこの記事の最後で詳しくご紹介しますが、気になる方は以下のリンクからお気軽にお申込みください。

中卒女性が仕事を探す時のポイント

中卒女性が仕事を探す時は、利用するサービスだけでなく、次のようなポイントに気をつける必要があります。

学歴不問の求人を探す

中卒女性が求人を探す時には、必ず「学歴不問」の条件を付けるようにしましょう。

学歴不問というのは、最終学歴が中卒以上であれば誰でも応募できるという意味ですので、中卒女性でも採用される可能性がある求人だと言えます。

企業はできるだけ優秀な人物を採用しようと考えていますので、募集要件に高卒や大卒以上などの学歴による基準を設けているケースが少なくありません。

事実、大手求人サイトのdodaを見てみると、掲載されている求人のおよそ半分(※)が何らかの学歴を募集要件にしています。

https://doda.jp/ より、全求人105414件に対して「学歴不問」の求人は54460件(2021年11月時点)

そもそも求人件数は多いので、中卒でも可能性のある求人を効率的に見つけていくためにも、学歴不問の求人を中心に探すことがポイントです。

未経験歓迎と書かれている求人を探す

中卒女性が仕事を探す場合は、「未経験歓迎」と書かれている求人を中心に探していくのもポイントとなります。

未経験歓迎というのは、「募集している仕事の経験がない初心者でも採用する」という企業の採用方針を表したものですので、社会人経験に自信がない中卒女性でも採用される可能性のある仕事だと判断できます。

ハローワークや就職エージェントの場合は、担当者に「未経験でも応募できる求人を紹介して欲しい」と伝えればOKです。

また、求人サイトを使う場合は、「未経験歓迎」という条件を付けて検索するのをおすすめします。

女性がどれくらい所属しているかを確認する

女性が働きやすい職場であるかどうかは、中卒に限らず全ての女性が就職先を考える時に重要視すべきポイントです。

さまざまなライフイベントの影響を受けやすい女性が気持ちよく働ける職場を見つけるためには、「女性がどれくらい所属しているか」「女性の勤続年数はどの程度か」を確認するのがおすすめです。

女性の所属人数の多い会社は、それだけ多くの女性が働ける会社の風土が整っている可能性がありますし、女性ならではの事情を理解してもらいやすいことが考えられます。ただしなかには、若い女性を大量に雇うものの、労働環境が悪く入れ替わりが激しい企業もあります。勤続年数が長い女性が一定数いるのであれば、働きやすいことの証明にもなります。

加えて、将来的には昇進・昇格を目指していきたいと考えている女性であれば、「女性管理職がどれくらいいるか」もチェックしておくと、より自分に合った働き方に繋がっていくでしょう。

中卒女性におすすめの仕事5選

ここからは中卒女性にはおすすめの5つの仕事を紹介します。

職種ごとの求人倍率※や向いている人の特徴、平均年収もまとめていますので、気になる仕事があったら積極的に求人を検索してみましょう。

※求人倍率:求人件数÷仕事を探している人の数で出せる値のこと。単位は「倍」。求人倍率は1.0倍よりも高ければ、仕事を探している人の数よりも求人の方が多いことになるため、一般的には就職しやすい状況であると言える。

1.事務職

事務職は会社の事務全般の仕事に携わる仕事で、経理・総務・労務といった仕事に分かれている場合もあります。

平均年収317万円
求人倍率0.24倍
向いている人の特徴・コツコツ頑張れる人
・細かい作業が得意な人

事務職は、多くの女性に人気です。その人気は、求人倍率を見てみても分かるでしょう。

事務職では基本的にパソコンを使った内勤業務が主になりますので、パソコンスキルを持っていることや、集中力が高いことをアピールすると採用される可能性が高まると考えられます。

2.販売職

販売職は、アパレル・雑貨店の店員やスーパー・家電量販店の店員など、ショップの店員を総称した仕事です。

平均年収298万円
求人倍率0.55倍
向いている人の特徴・誰とでも笑顔に会話できる人
・同じことを繰り返し続けられる人

日常的に利用することの多い店舗の店員として働く仕事であり、業界によっては女性が多く採用される傾向もあることから、中卒女性におすすめの仕事であると言えます。

一方、勤務時間中の多くは立ち仕事になる可能性が高いので、身体を使う仕事であるということを認識しておく必要があるでしょう。

3.介護職

介護職は、高齢者や障がいを持つ人の介護をする仕事です。

平均年収284万円
求人倍率1.74倍
向いている人の特徴・誰かに喜んでもらうことが好きな人
・思いやりの心が強い人

介護職は常に人手不足に悩まされているだけでなく、女性利用者は女性スタッフが介護する必要があることも多いため、中卒女性が就職しやすい仕事であると言えます。

力仕事が多くなりやすく、体力的にも大変な仕事ではありますが、その分利用者に感謝の言葉を直接言ってもらえるやりがいを感じられる仕事です。

また、高齢化社会である現代において、介護職の重要性は更に高まることが考えられますので、長く働きたいという中卒女性にはおすすめです。

4.営業職

営業職は、個人や法人と言ったお客様に対して物やサービスを売る仕事です。

平均年収378万円
求人倍率1.92倍
向いている人の特徴・稼ぎたいと考えている人
・コミュニケーション能力が高い人

求人倍率の高さからも分かる通り、営業職は多くの企業で求人が出されているだけでなく、学歴不問・未経験歓迎として募集されることも多いので、中卒女性の就職先としては非常におすすめです。

特に、保険商品を始めとした金融商品の営業職については、女性特有の柔らかな印象が相手に安心感を与えて契約に結びつきやすいといったメリットもあります。

会社によっては業績に応じた追加報酬が用意されているケースもあり、「頑張って稼いでいきたい」と考えている中卒女性にもおすすめできる仕事と言えます。

5.ITエンジニア

ITエンジニアは、パソコンを使ってプログラミングを行い、システムやアプリを作っていく仕事です。

平均年収395万円
求人倍率9.17倍
向いている人の特徴・新しい知識を吸収するのが好きな人
・手に職をつけたいと考えている人

ITエンジニアの特徴はなんといってもその高い求人倍率です。仕事を探す人1人に対して9つの求人がある状況ですので、募集要件を満たしていれば採用される可能性が非常に高いと考えることができます。

また、「専門的な知識が必要でハードルが高いのではないか?」と感じる人もいるかもしれませんが、求人の中には「数ヶ月の研修期間を用意しているので未経験歓迎」としているものもありますので、スキルがない中卒女性でも活躍していくことは十分可能です。

経験を積めば将来的にフリーランスという働き方も選択できる可能性もありますので、将来性も高いおすすめの仕事です。

中卒女性が正社員になることで得られるもの

中卒女性が正社員になることで、以下のようなものを得ることができます。

目的もなくフリーターやニートを続けるのであれば、なるべく早い段階で、正社員としての就職を検討してみてください。

1.安定した給料が手に入る

中卒女性が正社員になることで、安定した給料が手に入るため、ライフプランを立てやすくなります。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査を元に計算すると、20代中卒の平均年収は約310万円ということが分かります。

一方、フリーターとして月20万円稼いだとすると年収は240万円となりますので、トータルで考えると、たとえ週5日フルタイムで働くとしても、正社員の方が給料が高くなりやすいと言えます。

加えて、正社員は無期雇用のため、会社がある限り失業の心配はほぼありません。しかしフリーターは有期雇用のため、必ずしも継続的な雇用は約束されていません。いきなり仕事が無くなってしまったり、シフトが減らされて給料が減ってしまうリスクもゼロではないのです。

長く安定した給料が手に入るのは、多くの中卒女性にとって嬉しいポイントではないでしょうか。

中卒の年収についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、気になる人はチェックしてみてください。

中卒の平均年収と初任給を紹介【中卒で高収入を得る方法も解説】

2.婚活で有利になることも?

中卒女性が正社員になることで、婚活で有利になることも考えられます。

未婚の男性側からすると、夫婦共働きを希望する人が少なくありません。そこには、男性のみの収入だけでは一生家計を支えるのは難しくなっていたり、家事・育児を夫婦で一緒にやりたい男性も増えている背景があります。

高収入かつ「妻は専業主婦」という希望がある男性は別ですが、婚活の場では、無職や非正規雇用の独身女性と結婚することは経済的なリスクになり得ると考え、敬遠する男性もいることが考えられます。

婚活をする男性は「安定」を望む人も多いため、正社員として働く女性を希望条件にする男性もいます。婚活をして早めに結婚したい女性は、正社員として安定した職に就いているほうが、結果として有利になりやすいかもしれません。

3.ほぼ確実に産休・育休を取得できる

中卒女性が正社員になると、産休や育休がほぼ確実に取得できる(※一定の条件あり)こともポイントです。正社員しか取得できないものではなく、非正規雇用も産休や育休は取れます。しかし、条件を満たしていない(例:雇用保険の加入対象でない、数か月限定の短期の仕事である、など)と取得対象にならないケースがある点には注意が必要です。

産休や育休を取得できることで、子どもを安心して産むことができるほか、仕事復帰後の子育てとの両立に慣れていきやすいというメリットがあります。

出産・子育てというライフイベントも経験しながら、仕事も続けていきたいと考えている中卒女性は、正社員になることをおすすめします。

中卒女性が正社員にならないと生じる末路

中卒女性が正社員にならず、フリーターやニートを続けることによって生じる末路についてもしっかりと理解しておきましょう。

末路1.仕事の選択肢が狭まっていく

一般的に中卒女性でも採用可能性のある「学歴不問」「未経験歓迎」といった求人は、20代〜30代を対象とされています。

社会人経験をしていない中卒女性が年齢を重ねてから正社員になろうとしても、仕事の選択肢が非常に狭まってしまうことが考えられます。

年齢が重ねた中卒女性が働ける正社員求人は、たとえば給料が低め・体力的にしんどいなど、多くの女性が仕事をするのをためらってしまうような仕事内容のものも増えてしまいます。そのため、結果的にいつまでも正社員になることができないという末路にも繋がりかねません。

いずれ正社員になることを考えている中卒女性であれば、できる限り早めにアクションをした方がでしょう。

末路2.精神が不安定になりやすくなる

中卒女性が正社員になることで安定した収入を得られるようになりますが、これにより自分の生活環境を整えることができますので、精神が安定しやすくなる効果も期待できます。

一方、年齢を重ねてもずっとフリーターを続けていると、仕事も収入も不安定になりがちです。途中で失業したりなかなか次の仕事が見つからなかったりすると経済的にも大変になり、結果として精神が不安定になってしまいやすくなると言えます。

末路3.一人で生きていかなければならなくなる

中卒女性がフリーターやニートを続けていると、婚活で不利になる可能性があると解説しました。

将来的には両親もいなくなってしまいますので、結婚できなければ、必然的に一人で生きていかなければならなくなります。

学歴のハンデに加え、収入が無くなるか分からないフリーターで一人生きていくのは非常に心もとないと考えられます。とにかく不安に過ごす毎日を迎えてしまう可能性があります。

中卒女性が企業に思われるイメージ

中卒女性はできる限り早めに正社員になれるよう就職活動をすることが大切だと解説しましたが、選考する企業は中卒女性に対してどのようなイメージを持っているのでしょうか?

ここからは、企業が中卒女性に対して感じているイメージを3点紹介します。これらのイメージを無くせるように就職活動を進めていけば、就職成功率を上げられるかもしれません。

イメージ1.何かを続けることが苦手なのではないか

中学校を卒業した人の多くは高校に進学している現状から、中卒であることに対し「勉強を続けることができなかったのではないか」というイメージを持たれやすくなってしまいます。

社会人として働く上で、「仕事を長く続けていくこと」「新しいスキルを身につけるために長期間努力すること」は必須となりますが、それらに向き合う能力が低いと思われる可能性は拭えません。

そのため、中卒女性の場合は特に「採用された後も長く仕事に向き合える人物」であることを面接でアピールするようにすべきだと言えます。

イメージ2.社会人になるための常識がないのではないか

中学校卒業者の多くが高校に進学する現実から、「中卒の人は常識や教養が足りないのではないか」と思われてしまうこともありえます。

常識や教養が低いということは、社会人として働く上での基礎能力も低い人材なのではと捉えられ、結果的に採用に至りづらいことが考えられます。

そのような場合は、面接の段階で最低限のビジネスマナーを習得していることをアピールする必要があります。

例えば、就職支援サービスの一つである弊社ジェイックの就職カレッジ®では、社会人として知っておくべきビジネスマナー研修を受けることができますので、この悪いイメージを少しでも減らすことに役立てるでしょう。

イメージ3.結婚や出産をしてすぐに辞めてしまうのではないか

これは中卒に限らず、女性ならではの事情として、正社員採用しても結婚や出産を機に「短期間で辞めることになってしまうのではないか」と思われてしまい、人手不足や小規模企業などでは、特に採用されにくくなるケースも考えられます。

この場合は、将来どのように仕事と向き合っていきたいと考えているかのイメージを明確にアピールすることで、「採用しても長く働いてくれそうな人」という印象を与えられます。

中卒女性が就職するのは結婚前と後どっち?

中卒女性の多くが気にするポイントの一つとして、「就職するなら結婚前か後かどちらの方がいいのか」といったものがあります。

ここでは、中卒女性の就職タイミングについて、結婚という観点から考えていきます。

ライフプランによってさまざま

中卒女性の就職タイミングですが、結論は人それぞれという回答になります。

そもそも「いつ結婚したいか」「子どもはいつ、何人欲しいか」「出産後もずっと同じ職場で働き続けるか」「どんな働き方が生活に合っているか」などのライフプランは、全て人によって異なります。そして、最初に描いていたライフプラン通りにいくとも限らず、途中で環境や考え方が変わることもよくあることです。

そのため、結婚前後どちらが正解ということもありません。ただ、結婚前と後で就職活動の選択肢や難易度は若干変わる傾向にあることは理解しておくべきです。

結婚前の就職は、求人の選択できる幅が広くなりやすい

結婚前の就職であれば、自分が選択できる仕事の幅が広くなりやすいと考えられます。

結婚すると家庭を持つことになりますので、通勤時間や勤務先などに制限がかかることが多くなってしまいます。結婚前であればそういったしがらみがない状態ですので、就職先の選択肢は広がることは確かです。

また、いわゆる「キャリアウーマン」を目指している場合であれば、あえてハードワークを要求される仕事に就くといった選択肢も、結婚前だからこそ選ぶことができます。

結婚後の就職は難易度が高い?

中卒女性の場合、結婚後の就職は次の2つの理由から難易度が高まることが考えられます。

就職先の選択肢の狭さ

1つは「就職先の選択肢の狭さ」です。

先ほど解説した通り、結婚後は就職先の立地や勤務スタイルを始めとした、さまざまな要因で就職先の選択肢が限定されてしまいます。

ただでさえ中卒女性が応募できる求人は少ないにも関わらず、更にそこから選択肢が狭まってしまえば、応募できる求人をなかなか見つけられない…という事態もあり得るでしょう。

企業からのイメージの問題

2つ目は「企業からのイメージの問題」です。

企業は採用活動に少なからずお金をかけていますので、採用する人物に長く働いてもらいたいと考えています。

しかし、結婚後の中卒女性は妊娠・出産というライフイベントが将来的に発生することが考えられます。会社側の事情で「せっかく入社してもらっても、すぐに出産で休みに入ることになった場合は業務の見通しが立ちにくい」と思われ、採用見送りになる可能性も考えられるでしょう。

面接の際は「子どもを持つ予定はあるのか」など、プライベートの込み入った質問をすることは禁じられています。そのため、既婚の中卒女性が面接をする際は、自分から将来的なライフプランの考えを伝えていく必要があります。

中卒女性が就職活動をする時に気をつけたいポイント

ここからは、中卒女性が就職活動に取り組む際に気をつけておきたいポイントを解説します。

以下のようなポイントを意識することで、就職成功率を少しでも上げることができるかもしれません。

ポイント1.育休や産休は就職してすぐ取れるわけではない

中卒女性は正社員になると確実に産休や育休を取得できると解説しましたが、これら、は就職してすぐに取れる休暇ではない点に注意が必要です。

そもそも産休や育休とは、以下のような休暇のことを指します。

産休産前休業と産後休業のこと。産前休業は出産予定日の6週間前から請求することで取得できる。産後休業は出産の翌日から8週間原則働けないという休業のこと。どちらも働く女性全員が取得できる休暇。
育休育児休業のこと。1歳未満の子どもを育てる人全ては会社への申し出により、原則子どもが1歳になるまで休むことができる制度で、事情により最長2歳まで延長可能。
次のような場合は育児休業を取得できない。
・1.雇用期間が1年未満
・2.1年以内に雇用関係が終了する
・3.週に定められている勤務日数が2日以下
参考「厚生労働省:あなたも取れる!産休&育休

産休については申請すれば就職したてでも取得することはできますが、育休については、場合によっては取得対象から外れることもあり得ます。特にニートから就職した人や、日雇いバイトなどの経験しかなくそこから就職した人などは、前職で雇用保険に加入していた可能性が低いため、すぐには育休を取得できないケースもある点には要注意です。

「就職が決まったら、すぐに子どもが産まれることになったとしても育休があるから大丈夫」というわけではないということは把握しておきましょう。

心配な場合は、制度についてや、就職を検討している企業独自の制度などの有無を確認しておくことをおすすめします。

ポイント2.すぐに就職できなくても焦らない

中卒女性はどうしても就職活動をスムーズに進めにくい傾向にあります。しかし、学歴も職歴もない状態では、すぐに就職できなくても仕方がないことです。大卒や社会人経験がある人たちですら、何の努力や苦労もなく就職・転職できることはほぼありません。ですから、焦らないようにしましょう。

自分のペースで落ち着いて就職活動を進めないと、自分の希望条件とは大きく異なる会社に入社してしまい、精神的なストレスや早期退職にも繋がる恐れがあります。

就職活動で不採用になったら、「自分はダメな人間なんだ」と落ち込むのではなく、「評価されなかったポイントを抑えて、次の面接では改善しよう」という考えを持つことが大切です。

できるだけすぐに内定が欲しいという中卒女性であれば、最短2週間で内定獲得も可能な就職カレッジ®の利用を検討してみてください。

ポイント3.面接での言動には特に注意する

先ほど解説した通り、企業は中卒女性に対してあまりいいイメージを持っていないと考えられます。

そのイメージを無くすためにも、面接での言動には特に注意をするようにしてください。

「ハキハキとしたコミュニケーションを心がける」「相手の質問に対して分かりやすく答える」「清潔感のある見た目を心がける」など、面接を受ける上で基本的なことからでいいので、しっかりと準備をして面接に挑むようにしましょう。

もし自分一人で面接の対策をするのが不安であれば、後ほど紹介する、弊社ジェイックの就職カレッジ®の就活講座を活用してみることをおすすめします。

中卒女性が正社員就職するのにおすすめな就職カレッジ®とは?

中卒女性が正社員就職するには、採用可能性の高い求人に応募することだけでなく、面接の対策やビジネスマナーの習得が非常に大切となります。

これらのノウハウを全てまとめて習得できるのが、私たちジェイックが提供している就職カレッジ®です。

最後に、中卒女性の就職活動でおすすめの就職カレッジ®について紹介します。

※就職カレッジ®は、18歳以上が対象のサービスです。

中卒やフリーター向けに運営されている正社員就職サービス

就職カレッジ®は、中卒など学歴がない方、ニート・フリーターなど社会人経験がない・少ない向けに運営されている正社員就職支援サービスです。

登録から採用決定まで、完全無料で就職活動を進めることができるのが特徴です。

就職支援実績は23,000人以上※となっており、数々の中卒の正社員就職を成功させた実績がありますので安心して利用できるでしょう。

また、外部調査会社による調査で「就活が初めての方におすすめしたい就職エージェントNo.1」になっているのは、初めて就職活動をしようとしている中卒女性にとって嬉しいポイントではないでしょうか。

※:2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料の就活講座で就職率アップ

就職カレッジ®に登録すると、無料の就活講座を受けられます。

この就活講座では、次のような内容のカリキュラムで構成されています。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書、面接の個別対策

これらは中卒女性が就職活動を成功させるために重要であることを既に解説していますので、しっかりと講座を受ければ就職率は高まるでしょう。

事実、この講座の結果もあり、就職カレッジ®利用者の就職率は81.1%※と高い実績を誇っています。

※:2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で採用スピードアップ

就活講座を受けた後は、数十社と一度に面接できる集団面接会に参加できます。この集団面接会に参加する企業は、未経験社を採用したいと考えていますので、中卒女性でも採用可能性が十分にあるのがポイントです。

また、この集団面接会では書類選考免除のため、通常の選考フローよりも採用までのスピードが早くなっています。

最短2週間で内定獲得まで至ったケースもあり、すぐに内定が欲しいと考えている中卒女性に特におすすめです。

専任アドバイザーによるサポートで定着率アップ

無事に正社員として就職できても、働いていく上でさまざまな悩みごとが発生します。

就職カレッジ®を使って就職した場合、就職後もいつでも専任のアドバイザーに相談ができますので、安心して就職できるといった特徴があります。就職後も、複数回の研修を通じて、長期活躍をサポートしています。

このサポート体制もあり、91.5%※という高い定着率を実現させています。

※:2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

中卒女性の方は、この記事で解説したようなポイントや注意点を意識することで、正社員として就職することが可能になります。また、社会人経験が少ない場合はより若いうちに、早めに行動することが就職成功率のアップに繋がります。

正社員就職を考えている中卒女性は、サポート体制や就職支援実績が豊富な就職カレッジ®に登録してみてはいかがでしょうか?まずは、以下のリンクからお気軽にお申込みください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター