就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

中卒におすすめの求人は?中卒からでも正社員を目指す方法やコツを徹底解説!

中卒におすすめの求人は?中卒からでも正社員を目指す方法やコツを徹底解説!

中卒におすすめの求人はどんなものがあるのか、気になるという人は多いのではないでしょうか?

この記事では、中卒でも正社員が目指せるおすすめの求人や、求人の探し方、就職活動の流れとポイントまで解説します。

中卒でも正社員を目指せる求人5選

中卒でも正社員を目指せる求人5選

中卒でも正社員を目指せる求人として、5つの職種を解説します。

それぞれ平均年収や求人倍率※、仕事内容についてもまとめますので、自分にあった求人を探すための手がかりにしてみてください。

※求人倍率:求職者一人に対して求人が何件あるかを示す数字で、「○倍」などで表される。

求人倍率は“求人数÷求職者数”で計算することができ、1.0倍以上であれば求職者よりも求人数の方が多いため、就職しやすい状況であると判断できる。

1.営業職

営業職は、法人や個人にモノやサービスを買ってもらう仕事です。

平均年収442万円
求人倍率1.92倍
向いている人・コミュニケーション能力が高い人
・粘り強い人

営業職はどのような業界でも求められやすいだけでなく、しっかりとしたコミュニケーションができれば活躍できるため、中卒でもおすすめの求人です。

何度失敗してもめげずに営業をしていく必要がありますので、面接では粘り強さをアピールできるといい印象を持たれるかもしれません。

2.ITエンジニア

ITエンジニアは、パソコンを使ってシステムやアプリを開発する仕事です。

平均年収452万円
求人倍率9.17倍
向いている人・何かを作りたいと考えている人
・情報収集が好きな人

ITエンジニアの求人の中には、ITエンジニアとしての経験が無くても応募できるものがあります。そういった求人のほとんどは、入社後に一定の研修期間が設けられていますので、中卒でもスキルを身につけることが可能です。

一方、ITエンジニアとして働いていくためには、「開発言語」と呼ばれるものを覚える必要がありますし、覚えた知識を常にアップデートし続けていかなければいけませんので、様々な情報を知るのが好きな人でないと向いていないかもしれません。

3.施工管理職

施工管理職は、工事現場において工事が期日通りに完了するように監督する仕事です。

平均年収449万円
求人倍率5.21倍
向いている人・調整をするのが得意な人
・多少大変でも稼ぎたいと考えている人

施工管理職はあくまでも「監督」する立場にいますので、大工などの職人とは違う仕事になります。

中卒の学歴でも応募できる求人が多いだけでなく、提示年収も高い傾向にあることから、稼ぎたい人におすすめです。

しかし、施工管理職は休暇が少ないことや、会社によっては全国転勤も十分考えられるため、人によっては働きづらい仕事だと感じてしまう可能性がある点に注意が必要です。

中卒が施工管理職の求人に応募する際は、求人票を細かく読み解くだけでなく、働き方を面接で確認しておくといいでしょう。

4.接客業

接客業は、スーパーや飲食店などの店員を総称した仕事です。

平均年収329万円
求人倍率0.55倍
向いている人・体力に自信がある人
・将来的に管理職を目指したいと考えている人

接客業では、来店したお客様と適切なコミュニケーションを取る能力が求められますが、それと同じくらい重要になるのが体力です。

働いている時間はずっと立ちっぱなし・動きっぱなしということも珍しくなく、体力が少ない人にとっては厳しい職場環境と言えるかもしれません。

しかし、接客業として働く中卒は比較的多いことから、頑張っていければ将来的にマネージャーなどの管理職を目指すことも可能といった特徴があります。

管理職になれれば年収が上がるだけでなく、他の職業でも通用するようなスキルが身につけられますので、更なるキャリアアップが期待できます。

5.介護職

介護職は、高齢者や障がいを持つ人などの介護を行う仕事です。

平均年収322万円
求人倍率1.74倍
向いている人・・人に喜んでもらうのが好きな人
・誰かをサポートしたいと考えている人

介護職は老人ホームなどの介護施設で働くか、ホームヘルパーなどの訪問介護として働くかによって、休みの取り方などの働き方が大きく異なってきますので、求人票で細かく確認するようにしておきましょう。

身体を使うだけでなく、他の仕事よりも休みが少ない傾向にある介護職ですが、介護を必要とする人は年々増えてきていることから、今後も無くなりづらい仕事として捉えることができます。

また、介護に関する資格を取得することで給料を増やしていくこともできますので、腰を据えて働いていきたいと考えている人におすすめの求人です。

中卒におすすめの仕事についてはこちらの記事でも紹介していますので、合わせてご覧ください。

中卒の仕事の特徴やおすすめの職業を解説【5つの就活方法】

中卒の仕事の特徴やおすすめの職業を解説【5つの就活方法】

中卒が正社員求人に応募するメリット

中卒が正社員求人に応募して採用されれば、次のようなメリットを受けることができます。

これらのメリットはフリーターをしているだけでは得られないものばかりですので、頑張って正社員を目指す価値はあると言えます。

メリット1.安定した生活を手に入れられる

中卒が正社員になることで、「収入」と「働くことそのもの」を安定させることができます。

フリーターとして働いている中卒の中には、「フリーターでも正社員と同じくらい稼げるから、自由に生きられるフリーターの方がいいのではないか」と感じている人も少なくありません。

確かに目の前の収入だけで見ると、正社員とフリーターは同等の収入かもしれませんが、正社員だとボーナスや昇給があったり、社会保険料の一部を会社で負担してもらえるなど、給料には見えてこない様々なメリットを受けることができます。

また、フリーターは雇用が約束されていないため、いつまでも同じところで働けるとは限りませんが、正社員の場合は法律上でも突然解雇されることはないといったメリットがあります。

つまり、正社員になることで安定した収入を長期間得ることができ、ひいては安定した生活を過ごしていけるようになるのです。

メリット2.キャリアを積める

中卒が正社員になることで、キャリアを積むことができます。

フリーターは「自分で働いてお金をもらっている」という意味では仕事と言えますが、社会的に見て“キャリア”として認められることはほぼありません。

そのため、「フリーターとしての仕事ぶりが認められて就職(転職)活動がうまくいく」ということはないということを認識しておく必要があります。

中卒が正社員として働き、キャリアを積んでいけばその実力が認められ、昇格したり他の会社でキャリアアップをしていくことも可能ですので、フリーターを続けるよりも大きなメリットがあると言えます。

メリット3.社会的な信用が得られる

中卒という学歴だったとしても、正社員として働いていれば社会的な信用を得ることができます。

社会的な信用が大きく影響してくるのは、主にお金周りの審査です。

金融機関でのクレジットカード発行や、将来的な住宅ローンまで、フリーターよりも正社員の方がローン審査に通りやすいとされています。

これは、正社員には安定した収入があると社会に認められていることが理由となります。

これ以外にも、恋愛や結婚においてフリーターと正社員では見られ方が全く変わってくるなど、様々な見えないメリットがあります。

収入以外の観点で見てみても、中卒が正社員を目指すことには多くのメリットがあるのです。

中卒が正社員求人に応募するデメリットや注意点

中卒が正社員求人に応募する時は、メリットだけでなくデメリットや注意点も認識しておく必要があります。

デメリット1.中卒向けの正社員求人は少ない

中卒が応募できる正社員求人はそもそも少ないという事実があります。

大手求人サイトのリクナビNEXTで見てみると、全ての求人52,000件に対し、中卒の学歴でも応募できる求人は6,852件とおよそ13%しかないことが分かります。

つまり、全ての求人をランダムに見ていくと、10個の求人に1つしか応募できる求人がないことを示します。

就職活動を進めていく上では、「中卒でも正社員を目指せる求人が多いかどうか」を意識し、利用するサービスを選んでいくといいでしょう。

デメリット2.就職先の選択肢は限られる

中卒の正社員求人数が少ないことを解説しましたが、同時に応募できる職種も狭まる傾向にありますので、就職先の選択肢が限られていることには注意が必要です。

具体的に言うと、中卒の場合は「専門的な技術職・マーケティング職」などの頭を使った仕事につくことは難しく、「営業職・サービス職」などのコミュニケーションや身体を使った仕事がメインの選択肢となってきます。

このことを認識せず、頭を使う仕事にばかり応募して落ちてしまうと、就職活動そのものを諦めてしまう可能性もありますので、自分のモチベーションを維持するためにも、自分が取れる選択肢のことを理解しておく必要があります。

デメリット3.学歴主義の会社は少なくない

日本は学歴主義の会社が少なくないので、中卒は正社員として採用される数が少なくなりやすいだけでなく、就職した後も何らかのデメリットを受けることがあり得ます。

デメリットの例としては、中卒だと単純作業しかさせてもらえなかったり、昇格がしづらかったりなどが挙げられます。

もちろん中卒でも高卒以上と同じような待遇を設けている会社もありますので、面接の時にどれくらい学歴で仕事内容が変わってくるかを確認することをおすすめします。

中卒が求人情報を探す方法

中卒が求人情報を探すためには、大きく4つの方法が考えられます。

ここではそれぞれの方法の概要や特徴ついてまとめて解説します。

方法1.ハローワーク

ハローワークとは厚生労働省が設けている職業紹介所のことで、正式名称は「公共職業安定所」となります。

どんな人でも利用することができ、ハローワーク自体の施設数も多いことから、まずはハローワークで求人を探すという人は少なくありません。

求人の探し方

ハローワークでの求人の探し方は大きく分けると3つあります。

1つは「ハローワーク施設内に設置されている検索機」を使った方法です。

ハローワークには数多くの求人情報が集まっており、その情報はハローワーク内に置かれているパソコン(検索機)で検索することができます。

自分の興味のある条件で検索をして求人を見つけていくことになりますので、どんな仕事につきたいかをある程度決めておくといいでしょう。

2つ目は「ハローワークインターネットサービス」を用いた方法です。

以前はハローワークに直接行かなければ求人を探すことはできませんでしたが、現在では自宅のパソコンを使ってハローワークの求人を検索できるようになりました。

他の求人サイトのように求人を検索していく方法になりますので、ネットの操作に不安がない人であればこちらの方法がおすすめです。

3つ目は「職業相談員から求人を紹介してもらう」という方法です。

ハローワークには就職相談を受け付ける担当者がいて、自分の希望条件を伝えることで、条件に合った求人を紹介してくれます。

求人を探す手間を省けるので、私生活が忙しい中卒におすすめの方法となっています。

ハローワークでの求人探しがおすすめな人

ハローワークでの求人探しがおすすめな人は以下のような人です。

  • 地域に根ざした仕事がしたい人
  • 中小企業で働きたい人
  • 様々な手段で求人を見つけたい人

ハローワークには比較的地元で活躍している中小企業の求人が集まる傾向にありますので、上記のような人であれば自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

ハローワークでの求人探しがおすすめできない人

ハローワークでの求人探しがおすすめできない人は以下のような人です。

  • 少しでも大きな規模の会社に入りたい人
  • 就職活動を家の中だけで完結させたい人
  • 誰かに就職活動を徹底的にサポートしてもらいたい人

ハローワークの求人検索については、次の記事でも詳しく解説してますので合わせて見てみてください。

ハローワーク求人が合う人合わない人の特徴3つ!メリット・デメリットをご紹介

ハローワーク求人が合う人合わない人の特徴3つ!メリット・デメリットをご紹介

方法2.求人サイト

求人サイトは、各民間企業が運営している求人検索用メディアのことです。

求人サイトごとで掲載されている求人件数は大きく異なるだけでなく、「このサイトには求人掲載されていたのに、別のサイトでは求人掲載されていない」ということも珍しくありませんので、求人サイトを使って就職活動を進めていきたいのであれば、複数のサイトに登録するようにしましょう。

求人の探し方

求人サイトでの求人の探し方はシンプルです。

会員登録をした後は、フリーワード検索や検索条件にチェックをして検索をすることで、検索条件に応じた求人が表示されます。

求人サイトには数千〜数万件の求人が掲載されており、複数の条件で絞っても求人を見つけられるのは求人サイトならではのメリットだと言えます。

希望の求人を見つけられたら、応募ボタンを押してエントリーが完了します。

書類選考に通過したら面接の日時調整を自分一人で行っていかなければいけませんので、求人検索だけでなく、就職活動の全てを自分一人で行なければならない点には注意が必要です。

また、求人サイトによっては、企業からのスカウトを受け取れる場合があり、自分で求人を検索しなくても魅力的な求人を見つけられることもあるのがポイントです。

求人サイトでの求人探しがおすすめな人

求人サイトでの求人探しがおすすめな人は以下のような人です。

  • とにかく多くの求人から検索していきたい人
  • 就職活動を自分ひとりで行いたい人
  • 様々な求人を比較検討するのが好きな人

繰り返しにはなりますが、求人サイトには非常に多くの求人が掲載されていますので、希望条件がはっきりしている人であれば自分の希望する求人を見つけやすくなっています。

ちなみに、ほとんどの求人サイトでは「学歴不問」という検索条件をつけることができますので、中卒が検索する時は必ず学歴不問の求人の中から検索していくようにしてください。

求人サイトでの求人探しがおすすめできない人

求人サイトでの求人探しがおすすめできない人は以下のような人です。

  • 自分だけで就職活動を進めていくのが不安な人
  • 自分に合った求人がなんなのか分からない人
  • 就職活動におけるサポートを受けたい人

求人サイトを使った求人の探し方については、次の記事でも詳しく解説していますので興味のある人は合わせてご覧ください。

就職はサイトの利用が効果的?メリットと注意点を知っておこう

就職はサイトの利用が効果的?メリットと注意点を知っておこう

方法3.就職エージェント

就職エージェントも、求人サイトと同じく各民間企業によって運営されています。

求人サイトとの大きな違いは、「一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、就職活動を全面的にサポートしてくれる」という点です。

後ほど解説する「求人紹介」はもちろんのこと、履歴書の添削や模擬面接、面接日時の調整など、プロのサポートが受けられることから、比較的就職率も高くなりやすい傾向にあります。

求人の探し方

就職エージェントでは、基本的にアドバイザーから求人紹介を受ける形で求人を見つけていくことになります。

サービス登録後にはカウンセリングの時間が設けられ、自分が本当につきたいと思っている仕事や、これから紹介していく求人のイメージを具体化しますので、「どんな仕事が自分に合っているか分からない」という人でも安心して求人を探すことが可能です。

気になる求人を見つけられたら、アドバイザーに応募の意思を伝えることで応募が完了します。

面接日時の調整は完全に代行してもらえますので、面接準備に集中することができるのもポイントです。

上記以外のような方法で求人を見つける就職エージェントも存在します。

例えば中卒向けに正社員支援を行なっている就職カレッジでは、就活対策研修を行った後に数十社の企業と一度に面接できる集団面接会が設けられています。

この集団面接会で直接企業の担当者と話すことで、より自分に合った求人を見つけやすくなっていますので、「求人票にも書かれていないようなことを聞きながら求人を見つけたい」という人にぴったりのサービスです。

就職エージェントでの求人探しがおすすめな人

就職エージェントでの求人探しがおすすめな人は以下のような人です。

  • 就活のプロにサポートしてもらいながら求人を探したい人
  • 自分に合った仕事がなにか分からない人
  • 就職活動の手間を減らしたい人

さまざまなサポートを受けながら就職活動を進めていけますので、就職活動が初めてという人に特におすすめできるのが就職エージェントを使った方法となっています。

就職エージェントでの求人探しがおすすめできない人

就職エージェントでの求人探しがおすすめできない人は以下のような人です。

  • 自分の就職活動について誰かに口を出されたくない人
  • 早く内定が欲しい人
  • 企業と直接やり取りをして就職活動を進めたい人

先ほど触れた就職カレッジについての詳細については、以下のリンクか、この記事の一番最後で解説していますので、確認してみてください。

方法4.正社員登用

正社員登用とは、バイトやパートとして長く働いている場合、そのまま正社員として採用されることを言います。

自分の慣れ親しんだ場所で長く働けるようになるだけでなく、ノウハウを既に習得した状態で正社員として働き始められますので、新しく覚えることが少ないといったメリットがあります。

求人の探し方

正社員登用は、その採用方法の特徴から「今働いている先以外の正社員就職には使えない」方法となっている点に注意が必要です。

正社員登用を目指すのであれば、ただ長くバイトとして働いているだけでは難しいでしょう。

働く姿勢や後輩の指導を積極的にするなど、正社員として活躍していけるようなアピールをしておくことで、正社員登用の可能性が高まります。

一方、そもそも正社員登用の制度がない場合もありますので、気になる人はバイト先の店長などに聞いてみるといいでしょう。

正社員登用での求人探しがおすすめな人

正社員登用での求人探しがおすすめな人は以下のような人です。

  • 今まで習得したノウハウを活かして働きたい人
  • 今のバイト先で働くのが好きな人
  • とにかく早く正社員になりたい人

正社員登用の場合、選考期間が短くなるケースが多いようですので、早く正社員になりたいという人もおすすめの手段だと言えます。

正社員登用での求人探しがおすすめできない人

正社員登用での求人探しがおすすめできない人は以下のような人です。

  • 多くの求人を比較検討したい人
  • 違う仕事に挑戦してみたい人
  • 内勤の仕事を希望している人

正社員登用で正社員になれるのは限られた人になりますので、基本的には別の方法を使って求人を見つけていくのをおすすめします。

中卒が求人情報を見る時に注意すべきポイント

中卒が求人検索をしていくと、数々の求人票を見ていくことになりますが、しっかりと確認しておかないとブラック企業に入社してしまう可能性があります。

ここでは、中卒が求人票などの求人情報を見る時に注意すべきポイントについて解説します。

休みの表記に注意

中卒が正社員として働くにあたり、どれくらい休みがあるのかを確認しておきたい人は少なくないと思いますが、この休みの表記方法には特に注意が必要です。

求人票では休みについて「週休二日制」と「完全週休二日制」の2種類で書かれますが、それぞれ次のような全く別の意味を持つ言葉であることを認識しておきましょう。

【週休二日制】

1カ月の間に2日休みの週が最低でも一度あり、それ以外の週は1日以上休みがあるという制度のこと。

そのため、「基本的に1週間の休みは1日しかない」ということもあり得る。

【完全週休二日制】

年間を通じて毎週2日の休みがあること。

上記からもわかる通り、週休二日制と完全週休二日制では休みの日数が大きく変わりますので必ず確認しましょう。

ちなみに、祝日が休みになるかどうかも同じ項目に書かれていますので、合わせて確認することをおすすめします。

雇用契約の期間を確認する

正社員を目指す中卒の場合は、雇用契約の期間のチェックも忘れずに行いましょう。

正社員として採用される求人には「無期雇用」や「期間に定めなし」のように書かれますので、それ以外の言葉や具体的な期間が書かれている場合は、企業やエージェントなどに確認してみてください。

雇用保険や社会保険の有無をチェックする

正社員求人であれば、どんな企業でも雇用保険は加入しなければならないようになっています。

もし雇用保険の加入が書かれていない場合は、会社組織として問題を抱えていることも考えられますので、応募は避けておくか、面接の時に確認するようにしましょう。

中卒でも希望する求人で内定をもらうためのコツ

中卒が希望する求人で就職活動を成功させるためには、次のようなコツを知っておくといいでしょう。

明るくハキハキとしたコミュニケーションを徹底する

中卒は企業からあまりいい印象を持たれていません。

そのため、面接の時には社会人としての活躍が期待できるような、明るくハキハキとしたコミュニケーションを徹底し、中卒の悪いイメージを少しでも減らすことが重要になります。

コミュニケーション方法や面接の対策に自信がないという人であれば、後ほど紹介する就職カレッジの利用を検討してみてください。

服装や身だしなみの注意を徹底する

中卒の面接ではコミュニケーション以外でも、服装や身だしなみも細かくチェックされます。

社会人として働くのに適切な常識を持っているかを判断されるポイントですので、注意を徹底して変な所で減点されてしまわないようにしましょう。

高校に進学しなかった理由を正直に伝える

中学校を卒業した人の多くが高校に進学する現代において、最終学歴が中卒であることは企業にとってどうしても気になるポイントになりますので、面接でも質問される可能性が非常に高いと考えられます。

面接で聞かれた場合は、嘘をつかずに正直にその理由を伝えるようにしましょう。

また、理由だけでなく、これからどのように仕事と向き合っていきたいかを合わせて伝えることで、中卒であることが悪い印象になってしまうことを防ぐこともできるかもしれません。

書類選考無しで面接できる求人に応募する

就職活動では書類選考で落とされてしまうことも珍しくありません。

中卒の場合は学歴で落とされることもあり得ますので、できれば書類選考なしで面接をしてくれる求人に応募をした方が、採用可能性が高まります。

後ほど紹介する就職カレッジでは、全ての企業と書類選考なしで面接ができますので、中卒の就職活動におすすめです。

中卒歓迎の正社員求人が豊富な就職カレッジとは?

最後に、中卒でも有利に就職活動を進められる就職カレッジというサービスの紹介をします。

就職カレッジは「就職エージェント」に分類される就活方法になりますので、就職活動が不安という中卒にもおすすめです。

※就職カレッジは18歳以上を対象としたサービスです。

無料の就活対策研修で就職率を高められる

就職カレッジに登録すると、無料で就活対策研修を受けることができます。

この無料研修では次のようなノウハウを学ぶことが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析
  • 企業研究
  • 履歴書や個別面接の対策

無料研修により、この記事で解説した「中卒が就職成功率を上げるためのポイント」を網羅することができますので、就職成功率が高まるでしょう。

この研修もあり、就職カレッジの就職率は81.1%※と高くなっています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

書類選考なしで数十社と面接できる

無料研修を受けた後は、書類選考なしで数十社と一度に面接できる「集団面接会」に参加できます。

この面接会に参加する企業は全て中卒も採用ターゲットにしていますので、求人全てで採用可能性がある点が大きなメリットです。

また、書類選考をパスできるため、内定までのスピードが早いといった特徴もあります。

最短2週間で内定まで至ったケースもあり、すぐに正社員になりたいという中卒にもおすすめでできます。

就職後も専任アドバイザーに相談できる

就職カレッジでは、就職前だけでなく、就職後にも専任アドバイザーに相談が可能です。

正社員になった後の悩みも相談できますので、長く安心して働くことができるような体制となっています。

このサポート体制もあり、91.5%※と高い定着率を誇っています。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

中卒でも正社員になれる求人はありますが、いくつかのポイントに気をつけて就職活動を進めていく必要があることを理解しておきましょう。

また、中卒が安心して就職活動を進めるためには就職カレッジの利用がおすすめです。

登録は30秒程度でできますので、気になる人は以下のリンクから登録してみてはいかがでしょうか?

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター