ハローワークに相談しても良い求人は見つからない?~相談のコツを紹介~

ハローワークに相談しても良い求人は見つからない?~相談のコツを紹介~

ハローワークへ相談へ行こうと考えている方はエージェントの利用も考えていますか?

ハローワークに相談することのメリットもあればデメリットも存在します。実際に求人の質やサービスはどのようなものがあるかなど紹介します。

この記事では、実際に相談員へ相談するときのコツも紹介するので、相談を受ける前に読んで確認しておきましょう。

この記事のまとめ

 1.地元就職したいならハローワークへ相談しよう

 2.求人の質に注意が必要なので、他のエージェントも登録しよう

 3.相談員の希望は聞いてもらえるので資格を持っている人に相談しよう

ハローワークに相談するメリットとデメリット

ハローワークに相談するメリットとデメリットハローワークは公共の職業紹介を行っている施設で、だれでも気軽に利用できます。そんなハローワークに就職の相談をする3つのメリットとデメリットについて紹介します。

ハローワークに相談するメリット

ハローワークに相談するメリットは主に3つです。

  • 地元での就職に強い
  • 求人数が多く情報が得やすい
  • 相談窓口がある

それぞれについて紹介します。

メリット1:地元での就職に強い

職業安定法では、求職者に対し住所等の変更を必要としない職業の紹介に努めなければならないと定めています。

実際にハローワークの求人をのぞいてみると、地元企業など周辺で働ける求人がほとんど。地元に特化した求人から自分に合った仕事を見つけることができます。

メリット2:求人数が多い

大企業から中小企業まで、求人数の多さもハローワークのメリットです。ハローワークは国が運営しているのも理由ですが、企業は無料で求人を掲載することができます。

必然的に有料のサービスよりも、無料のサービスでとりあえず掲載だけでもと企業側が考えるのも自然なことですね。

そのため、同じ職種でもさまざまな条件で仕事を見つけることが可能です。ハローワークは地元の求人に特化している部分もありますが、インターネットを介して全国の膨大な求人を閲覧することもできます。

メリット3:相談窓口がある

ハローワークには相談窓口があり、企業情報に関する情報について相談することができます。また、失業保険を受給するときにも職業相談をする必要があり、失業保険を受給するために職業相談を受ける方もいます。

ハローワークに相談するケースはさまざまですが、電話で予約もすることができるので時間を確保するために予約をしておくこともおすすめします。

相談の内容は在職中・パート・ニートなど状況によってさまざまだと考えられるので、厚生労働省が『総合労働相談コーナー』を設置しているケースもあるので電話からでも相談しましょう。

ハローワークに相談するデメリット

せっかく自分の時間を使ってハローワークに相談しに行くのであれば、デメリットも理解してから就職の相談しましょう。

  • 地元の求人に偏ってしまう
  • 求人の質がバラバラ
  • 相談員の質がバラバラ

それぞれについて解説していきます。

デメリット1:地元の求人に偏ってしまう

メリットにも挙げましたが、どうしても求人が地元が多くなってしまうのは強みであり、弱みでもあります。

自分がどのように就職したいのかについて一度考えてみましょう。もし、上京して働いてみたいや自分のスキルを他で磨いてみたいなどだとハローワークよりも就職エージェントの方が就職のサポートをしてもらえることが多いかと思います。

デメリット2:求人の質がバラバラ

ハローワークは転職サイトなどと異なり、企業側は無料で求人を出すことができます。なので求人は多く、求職者側から見るとメリットに見えるかもしれませんがデメリットにもなります。

これは採用費をあまりかけたくない企業も無料で求人を掲載できるということなので、求人の質がバラバラです。

また、ハローワークが企業ごとに訪問してお話しを聞いているわけではないので、実際にその企業がどのような業績なのか、どのような人が働いているのかわかりません。

このように求人の質がバラバラで、多くの求人から自分に向いている仕事を見つけることも難しいかもしれません。

ハローワークで転職を考えている在職中の方は以下の記事に詳しく解説しています。

ハローワークを利用するのか、エージェントを利用するのかは自分のキャリアビジョンに合わせて選択しましょう。

デメリット3:相談員の質がバラバラ

求人についても数多くありますが、それを提案してくれる相談員の質も正直バラバラです。

相談員のレベルや知っている知識によって紹介してもらえる求人や自分に向いてる仕事などが明確になるのかも、相談員の質次第ということになります。

また、就職の支援として国家資格としてある「キャリアコンサルタント」を持っている人も多くありません。

就職エージェントであるジェイックではキャリアコンサルタントを持っている者がアドバイザーとしているので、一度相談して自分に合っている仕事や今後のあなたのビジョンについて考えてみましょう。

ハローワークでの相談のコツ

ハローワークでの相談のコツ

ハローワークを利用するメリットの1つは、就職に関してさまざまな相談ができることと紹介しました。

もちろん相談内容は就職に関することになりますが、具体的にどのような内容の相談ができるのでしょうか。ハローワークで相談する際の利用のコツを紹介します。

コツ1:求人について

同じような業界に何度も転職して失敗している場合など、業界選択や職種選択を考え直してみたいとき、そもそも自分に合っているか分からないときは、遠慮をせずに相談してみるのもよいです。『なぜ自分のことも分からないのだろう』と思われて気が引けるような質問でも、プロの目線から答えてもらえます。

アドバイスを受けることによって、今まで見てこなかった業界や職種に興味を持つきっかけになるかもしれません。

他にも、具体的な業界や、やりたい仕事が見つかっている場合は、詳しい企業情報を聞くこともできます。

たとえば、目指す職種でおすすめの求人や自分の条件に合った求人など。自分でなんとなく探すよりも、よい求人が見つかることもあります。

なかなか思うような求人が見つからないときに、相談を持ち掛けてみるのもハローワークを賢く利用するコツです。

コツ2:自己分析について

自分のことを知っているようでも、就職という面で見ると客観的に見えていないこともあります。

自己分析の相談の他、率直に自分の強みになる部分、就職でアピールできる部分はどこかを聞いてみるのもよいでしょう。

プロのアドバイスを聞くと、自分でアピールできると思っていた部分よりも、他の部分をアピールした方がよいといわれることもあります。

理由は、企業によって求める人材が異なるためです。すでに応募したいと思っている企業があるなら、応募したい企業ではどのような点をアピールしたらよいか相談してみましょう。

アドバイスを受けることで、自己アピールや志望動機が浅くならず、効果的なアピールにも繋がります。

他にも、どの業界や職種にするか決めかねているときは、自分の資格がどのような仕事に活かせそうかという相談をしてみるのもよいでしょう。どんな職業がおすすめか提案してもらえます。

自己分析について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

コツ3:履歴書や職務経歴書

履歴書や職務経歴書は、就職活動でほぼ必須であるにも関わらず、学校で書き方を教えてもらえないことがほとんどではないでしょうか。

お手本に沿って書いてみるのもよいですが、重視したい部分やアピールポイントは業界や職種によって違うはずです。

また、履歴書はフォーマットがあるので書きやすいですが、職務経歴書は絶対の書き方がなく履歴書よりも書き方にコツがいります。

はじめて書く場合はどうやって書くべきなのか不安も多いでしょう。ハローワークでは、そんな履歴書や職務経歴書に関して相談することもできますし、実際に確認もしてもらえます。

プロ目線でどこが間違っているか、情報が不足しているか分かるので、本番前に活用するのがおすすめです。

他にも、職務経歴書の送付がない場合でも、履歴書と一緒に送った方がよいなど社会の常識的な部分も教えてもらえるので、採用試験を受けてもなかなか職場が決まらないとお悩みの人も、活用してみてはいかがでしょうか。

履歴書や職務経歴書などについてより詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

ハローワークで相談員を指名することはできる?

ハローワークで相談員を指名することはできる?

ハローワークでは多くの相談員が働いています。担当制ではないため、どの相談員にあたるかは、そのときどきによって違うことも少なくありません。

特に相談員が多いハローワークでは、前回と同じ人に当たる確率は低くなるでしょう。

また、相談員も人ですから相性が合う人もいれば、合わないと感じる相談員もいます。できることなら、相性の合う相談員に相談したいもの。ハローワークで相談員の指名はできるのでしょうか。

相談員の希望を受け付けてもらえることもある

結論からいうとハローワークで名前を伝えれば、希望の相談員にしてもらえることもあります。しかし、ハローワークによって対応はまちまち。必ずしも希望を受け付けてもらえるわけではありません。

場合によっては、相談に行っても相談員との相性が悪く、思うような回答が得られなかったり、もやもやとした気持ちのまま帰宅したりすることもあるでしょう。ハローワークは確かに就職で活用できる場所ではありますが、サポート力が不満な面もあります。

もっと納得いく就職支援を受けたいなら

満足のいく就職支援を受けたいなら、ハローワークだけに絞らず、一般の就職支援サービスを利用する方法があります。ハローワークと違って、担当がきっちり決まっていたり、専門が細かく分かれていたりするのが魅力。

ジェイックは、未経験でも正社員になれるよう専門のチームが就職のサポートをしていきます。実践的な就職講座や経営陣との直接の面談もできるので、就職活動に不安な方には特におすすめです。

ハローワークには気軽に相談してみよう

ハローワークでは、無料で就職に関するさまざまな相談ができます。気軽に利用できる点では魅力的です。しかし、基本的に相談員は担当制ではなく、相性がよくないと思ったように相談できないこともあります。

より強力なサポートを求めるなら、ジェイックの就職支援サービスを活用ください。就職に関する不安を一緒に解消していきましょう。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

ハローワーク

© JAIC