面接でニュースについて質問されたらどう回答する?就活生がするべき対策やポイントを紹介

面接でニュースについて質問されたらどう回答する?就活生がするべき対策やポイントを紹介

面接では、ニュースについて質問されることが就活生は多いです。この記事では「ニュースの質問にどう回答すればよいかわからない」「面接官の目的を知って対策をしたい」という方のために、面接でのニュースに関する質問回答について、おすすめのニュース、注意点などについて解説します。

面接でニュースに関連する質問をする理由

面接でニュースに関連する質問をする理由

面接でニュースに関する質問をするのには理由があります。企業の面接官が質問をする意図を知り、対策を行いましょう。

質問の意図は?

面接のニュースの質問を企業の面接官が行う意図には、以下のようなことが考えられます。

質問の意図1.人柄を知るため

面接で気になるニュースを聞く意図の1つとして、「応募者の人物像を知ること」が挙げられます。ニュースといっても、連日報道されるような大事件から特定の分野でしか知られていないニッチな内容まで数多くあるものです。そのなかからどのようなニュースを取り上げるかによって、企業は応募者がどのような分野、テーマに興味・関心を持っているかが分かります。さらに、そのニュースのどこに興味をひかれたのか、どのように捉えているのかを聞くことで、応募者の考え方を知ったりコミュニケーションをとったりする狙いがあるのです。

気になるニュースの質問は「うまく答えられる自信がない」「聞かれたくない」と思う応募者もいるでしょう。しかし、この質問にうまく答えることができれば、応募者にとって興味や関心があることをアピールでき、自分を印象付けられる絶好の機会となります。

質問の意図2.情報感度を見るため

社会人になると、業界関係のニュースはもちろん、経済や社会の問題、出来事を知っておくことが求められます。なぜなら、ビジネスを発展させ売上を上げるためには、社会の動向を把握し、流れに乗り遅れないようにすることが不可欠だからです。また、幅広くアンテナを張り巡らせておけば、意外なところでビジネスチャンスが得られる可能性もあります。社会の出来事に関心を持ち、常にニュースをチェックしている人と判断されれば、仕事においても自ら積極的に情報を得ようとするだろうと期待されるのです。

反対に、世の中のニュースをまともに知らないと判断されると、「常識がない」「活躍が期待しづらい」などマイナスの印象をも持たれてしまう可能性があります。

質問の意図3.考えを持っているか見るため

面接で「最近気になるニュースは何ですか」と問われたら、そのニュースがどのようなものかを伝えるだけでは不十分です。そのニュースについて、自分はどう考えたかも伝える必要があります。なぜなら、企業は、この質問によって応募者がトレンドや常識、一般知識を持っているかだけではなく、自分で考える力があるかどうかも測っているからです。また、情報を正確に理解しわかりやすく伝えられる力があるかも見ていますので、ニュースは正しく簡潔に伝える必要があります。

ニュースを伝える際の一例を挙げましょう。旅行業界や小売業界などを目指す場合に適している例です。「最近気になったニュースは、2019年度の訪日外国人数が過去最高を更新したことです。訪日人数でもっとも多いのは中国ですが、1人あたりの個人消費額はフランスやスペインからの旅行客のほうが多いことに特に興味を惹かれました。国別のニーズを把握し、外国人旅行客をうまく取り込むことができればビジネスチャンスが広がるのではと考えています」

ニュースの内容を正しく説明できなかったり、具体的な自分の意見も述べなかったりすると、「自分の考えを持っていない」という印象を与えかねません。すると、「採用しても業務で自分の意見を述べず、人任せにするかもしれない」と思われる可能性があります。社会人になれば、指示に従うばかりではなく自分の意見や考えを伝える機会が多くなります。就活生は日頃から自分で考えて話すことを心がけると良いでしょう。

回答に必要な要素

気になるニュースを問う質問への回答には、いくつか注意したいポイントがあります。まず、先にも述べたとおり、ニュースの内容を説明するだけでは不十分です。また、ニュースに対する単なる感想を述べるのも適切とはえません。そのニュースをどのように捉え、どういった意見を持っているかを伝えることが大切です。そこで、回答は以下のように組み立てると良いでしょう。

  • 選んだニュースの概要説明:例「○○というニュースに興味があります」
  • そのニュースに興味を持った理由:例「なぜなら、今後××となる可能性が高いと考えたからです」
  • 自分自身のニュースに対する見解:例「私自身は、△△するべきではないかと考えています」

ニュースに対する意見では、そのニュースが業界や企業にどのような影響を与えると考えられるか、それに対して自身はどのようなアクションを取っていきたいと考えているかまで踏み込めるとより良い回答となります。これは、志望企業に深い興味を持っていて、自分ごととして捉えられているという印象を与えられるからです。ただし、このとき「絶対に〇〇になります」「〇〇しなければなりません」など、断定しすぎないようにしましょう。なぜなら、「思考の柔軟性に欠ける」「ほかの意見を受け入れない人」といった印象を与える可能性があるからです。

面接の回答で取り上げるニュースのポイント

面接の回答で取り上げるニュースで、おすすめの内容があります。ここでは、面接でのニュースに関する回答をする際のポイントについて解説します。

おすすめのニュース内容

面接でニュースに関する質問を企業の面接官が行う場合、就活生が回答するのにおすすめの内容には以下のようなものがあります。

おすすめの内容1.業界関連のニュース

面接で気になるニュースについて聞かれたとき、どのようなニュースを選べば良いかは悩むものです。これは、面接を受けている企業や業界に関連したニュースにすると良いでしょう。なぜなら、業界への関心の高さや企業研究の成果をアピールできるからです。なお、会社はクライアント企業や下請け企業など、ほかの業界とも連携して成り立っています。そのため、業界に関連したニュースといっても、志望企業やライバル企業関係のニュースを取り上げなければいけないということはありません。少しでも関わりがある企業のニュースでも構わないし、業界全体に関係した内容でも問題でも良いのです。

おすすめの内容2.経済関連のニュース

志望している企業に関連する業界でこれといった二ュースが見つからないときもあります。その場合は、経済関連のニュースにすると良いでしょう。たとえば、「日銀の介入」「消費税増税」などといった具合です。とはいえ、経済政策に関するニュースは回答として選ばれやすく、誰でもある程度の意見を用意しているものです。そのため、ニュースの表面だけをなぞった浅い知識しかなかったりありきたりな内容を述べてしまったりすると、ほかの応募者との差別化を図るのは難しいでしょう。

どこかで少し見かけただけの意見を適当にまとめたりせず、経済専門誌などを読み、気になるニュースを深く理解しておくことが大切です。経済全般の動向を知ることができるため、気になるニュースという質問に対する回答を用意できるだけでなく、社会に出てからも役立つ知識となります。なお、経済といっても難しい話題を無理して扱うことはありません。「キャッシュレス決済」など、生活に身近なニュースを取り上げるのも良い方法です。

避けたほうがよい内容

気になるニュースの回答として、避けたほうが良いテーマもいくつかあります。うっかり話題にしてしまい、面接で評価を下げてしまうことのないように気を付けましょう。

1.政治や宗教に関連したニュース

政治は、面接の担当者がどのようなスタンスかわからないため、内容によっては相手の印象を悪くする可能性があります。たとえば、「○○政党は信用できない」と言ったとしましょう。面接官がその政党の支持者であれば、心証を損なう可能性があります。同様に、宗教も相手の捉え方が分からないためリスクが高く、避けたほうが無難です。

2.スポーツやエンターテインメントに関するニュース

面接は気になったニュースを知る交流の場などではなく、自社に貢献できる能力がある人物かどうかを見極める場です。こういった話題は、面接の場においては「意識の低い人」という印象を与えてしまう可能性があります。とはいえ、志望する企業がスポーツ関連やエンタメ関連であれば、テーマのチョイス次第では問題ないでしょう。

3.誰でも知っているニュース

たとえば、「大都市でテロが起きた」というニュースは広く知られ、話題になります。すると、よほど深く鋭い切り口で語らない限り有効なアピールとはなりづらく、印象に残りにくくなってしまうのです。集団面接の場合は、ほかの応募者と同じになることもあるでしょう。選考の場での回答という意識を強く持ち、ほかの就活生と差をつけられる内容を選ぶことが大切です。

おすすめの情報源

面接のニュースに関する質問への対策としてチェックしておきたい、おすすめの情報源について解説します。

おすすめの情報源1.日経新聞

気になるニュースという質問にきちんとした回答をするためには、日頃からアンテナをはって情報を収集することが大切です。情報源として望ましいものに、日経新聞が挙げられます。これは、面接対策という観点からみて経済関連のニュースが特に充実し、ビジネスパーソンにも良く読まれているからです。新聞を定期購読することもできますが、手続きなどが面倒な人もいるでしょう。その場合は、コンビニで購入することもできます。また、電子版を利用するのも便利でしょう。スマホ向けのアプリにすれば、就活の合間や移動中に読むこともでき、隙間時間を有効活用できます。

おすすめの情報源2.インターネットニュース

Yahooニュースやスマートニュースなど、インターネット上のニュースサイトを活用するのも良い手段です。スマホやタブレットなどで手軽に情報を収集することができます。インターネットニュースを活用する利点の1つが、ニュースの内容だけでなく閲覧者の意見も知ることができる点です。ほかの人がどのような意見を持っているのかが分かり、ニュースでよく分からなかった点が閲覧者のコメントで理解できることもあります。ただし、なかには根拠もなく批判しているコメントなどもあるため、悪い影響を受けないように注意しましょう。

数あるニュースサイトのなかでも、就活生におすすめなのはNewsPicksです。これまでにニュースを読んだ経験があまりないと、読んでも何が問題なのかよくわからないということもあるでしょう。NewsPicksは、ニュースだけではなくそれに対する弁護士や経済評論家、コンサルタントなどの専門家や著名人のコメントも読むことができ、ニュースを深く理解し正しく捉えるのに役立ちます。

おすすめの情報源3.ビジネス雑誌

インターネットニュースは頻繁に更新され、新聞も毎日届きます。慣れていないと追いかけるのが大変で、負担に感じる人もいるでしょう。また、何が重要なのかよく分からないままとりあえず目を通しているということも起こりがちです。その場合は、ビジネス系雑誌を読んでみましょう。重要な出来事や問題の経緯や背景を解説していることが多く、気になるニュースを深く理解しやすいです。特に、志望業界の業界雑誌は有益です。一般のメディアではほとんど報道されていないようなニッチな業界情報を知ることもでき、業界研究にも役立ちます。業界を深く知っていれば、志望動機に組みこんで説得力を持たせることもできるでしょう。

書店で取り扱いがない場合は、電子書籍で購読すると便利です。移動時間などに手軽に目を通すこともできます。

面接のニュースに関する注意点

面接でニュースに関する質問に回答する際には、以下の注意点を意識するようにしましょう。

気になるニュースを答えられないのは避けよう

気になる理由について問われたとき、「特にありません」「普段ニュースを読まないので知りません」などの回答だけは避けましょう。なぜなら、先にも述べましたが、「問題意識が低い」「常識がない」などのマイナスイメージを与えかねないからです。これまでニュースをチェックする習慣がなかった就活生は、特に注意しましょう。聞かれたときに焦らずきちんと回答できるように、日頃から意識してニュースを確認することが大切です。

選んだニュースが古くないか注意しよう

「最近気になるニュース」と聞かれたときの「最近」とはどのくらいの範囲を指すのか、悩むものです。数日という人もいれば3カ月程度は最近に入るという人もいるでしょう。面接で聞かれたときは、なるべく直近から10日以内のニュースを扱うことが望ましいです。これは、ビジネスパーソンの多くは基本的に毎日ニュースを確認しているため、何カ月も前のニュースを出すと古く感じる可能性があるからです。古いニュースを出すと、「普段はニュースをあまりチェックしていない人」という印象を与えてしまいかねません。

ただし、たとえば「消費税増税」「働き方改革」など、施行はされたけれど影響自体はこれから分かるものもあります。このような内容であれば、回答の材料として使っても問題はありません。なお、通常は、面接は1回限りではなく何回か行われます。前回の面接から時間が経ってから再度面接を受ける場合は、気になるニュースの質問に対する回答は改めて作り直しましょう。

就活の面接対策のために情報収集をしよう

本記事では、面接でよく聞かれる「気になるニュースは何ですか」という質問について、どのように準備すると良いかを解説しました。付け焼刃の知識で回答すると、面接官に知識の浅さを指摘されるなど失敗しかねません。面接でパニックにならないためにも、日頃から志望業界や経済のニュースをチェックする習慣をつけ、情報収集を行うようにしましょう。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC