転職が怖い10の理由!【対処法と成功のコツをご紹介】

転職が怖い10の理由!【対処法と成功のコツをご紹介】

転職に興味はあるけど、転職が怖いと思っているあなたへ。この記事では、転職が怖い10の理由と対処法や、失敗談や成功のコツをご紹介しています。転職にまつわる不安を取り除き、新たな一歩をふみ出しましょう!

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

転職が怖い10の理由とそれらの対処法

転職が怖い10の理由とそれらの対処法

転職する時は、多くの人が怖いと感じます。不安は誰でも感じるもので、変化を怖いと感じるのは当たり前のことだからです。

転職が怖い10の理由と、それらの対処法を詳しくご紹介しますので、あなたに当てはまるものがないか探してみましょう。きっと転職への第一歩に、役立つはずです。

転職が怖い理由1.人間関係が怖いから

転職が怖い一番の理由としてあげられるのが、人間関係です。職場で長時間一緒にいる人たちとの関係が悪いと、大変な苦痛やストレスを感じるからです。

では、転職先で良好な人間関係を築くためには、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、基本的なところから見直してみましょう。

  • 身だしなみを整え、清潔感を出す
  • 挨拶や返事などは、聞こえる声できちんとする
  • なるべく笑顔を心がける
  • 人の話をちゃんと聞く

上記のようなことを、当たり前にできるよう心がけましょう。少し意識するだけで、グッと印象が良くなります。

また、仕事に関することなど、積極的な姿勢を見せることも必要になります。

  • 顔や名前を早く覚える努力をする
  • 会社のルールを早く知る
  • わからないことについて調べたり、先輩に聞くなど、自発的に学ぶ姿勢を見せる
  • 「教わる姿勢」を大切にし、反抗的な態度を見せない

仕事に対する熱意があって、一生懸命な姿をみれば、まわりも自然と応援してくれるようになるでしょう。

あまりにも今の人間関係がツラければ、勇気をもって一歩ふみ出しましょう。世の中温かい人も多いので、安心して働ける職場もきっとあるはずです。

転職が怖い理由2.現職を辞めて後悔しないか不安だから

転職が怖い理由のひとつに、現職を辞めて後悔しないか不安というものがあります。なぜ不安になるかというと、現職を辞めた後の姿を、悪い方に想像してしまうからです。

  • 現職の仕事自体は嫌いじゃない
  • キャリアアップをしたいけど、今の環境に慣れすぎて不安
  • 不満はあるものの、一応は評価されているから離れづらい
  • 環境が変わること、そのものが怖い

上記のような現状維持を望む気持ちも、あなたを悩ませているのではないでしょうか。

人間には「恒常性維持」という、変化を恐れる本能が備わっています。何かを変える前に、怖くなったり不安になったりすることは、当たり前のことなのです。

あなただけではなく、みんな同じように悩むことなので、安心して下さいね。

不安な気持ちを和らげるためには、まず、辞めたい理由を明確にしましょう。希望する道筋がハッキリすると、次に選ぶべき会社も見えてきて、飛び立つ勇気も出てきます。

転職が怖い理由3.新しい仕事が怖いから

転職が怖い理由に、新しい仕事に対する不安があります。自分自身の能力が新しい仕事に通用するか、やってみないとわからないからです。

  • 自分に務まるか不安
  • 仕事ができなくて、まわりに迷惑をかけてしまうかも…
  • 全く経験のない仕事で不安
  • 現職以外で通用するのか不安

上記のように、不安は尽きないかと思います。

仕事の不安への対処法として、まずは、必ず自己分析しましょう。自分の強みがわかっていれば、あなたに合った仕事に就くことができるからです。

あなたに合った仕事であれば、存分に能力を発揮することができます。やりたい仕事が明確な場合は、必要な知識を得たり、先に少しでも勉強しておきましょう。

転職が怖い理由4.入社直前でも怖くなる場合があるから

転職先が決まり、現職も辞めてしまったのに、入社直前に急に怖くなってしまうことがあります。なぜかというと、未知への一歩は誰でも怖いものだからです。

逃げ出したい!行きたくない!という気持ちが高まってきた場合は、人に相談したり、不安な気持ちを紙に書き出してみましょう。気持ちを外に出すことで、心の整理をすることができます。

怖いからといって、バックレや当日辞退はNGです。正社員の場合は、心配され家族に連絡がいくこともあり、おおごとになってしまいます。

しかし、一番の問題は、自分の中に「失敗」の記憶がこびりついてしまうことです。負の記憶はなかなか消えず、ずっと自分を苦しめることになってしまいます。

まずは、勇気をもって前へ進みましょう。

転職が怖い理由5.わからないことだらけで不安だから

転職が怖い理由に、わからないことだらけで不安というものがあります。なぜかというと、わからないもの・未知なものは、誰でも怖く感じるからです。

  • 転職自体がはじめてで勝手がわからない
  • 福利厚生など選択の基準がわからない
  • ブラック企業とホワイト企業の見わけ方がわからない
  • 自分になにが合うのかわからない

はじめて転職する場合などは、全てが未知で不安に感じてしまいますよね。

対処法としては、まず、なぜ転職したいと思ったのか、具体的に考えましょう。転職したい理由を裏返すと、あなたの求めるものがわかるからです。

あなたの求めるもの=選択の基準です。

また、就職エージェントなど、転職のプロに相談することをおすすめします。

転職が怖い理由6.前職と同じ目にあいそうで怖いから

転職しても、前職と同じような目にあいそうで怖いと思う人も多いようです。

前職でツライ思いをした人は、心に傷を負い、トラウマになってしまっているからです。

  • 社内でいじめや嫌がらせを受けていた
  • きついノルマで心身ともにボロボロ
  • 仕事ができないと言われ続け、働く自信がなくなった
  • ものすごく労働環境が悪いなど、ブラック企業だった

上記のような環境を変えたくて転職する場合は、周りの環境に結果が左右されるので、より不安に感じるかもしれません。

対処法としては、企業分析をしっかり行うことです。どのような仕事で、どのような職場環境なのか、事前にしっかり確認して選べば、ある程度安心して進めるはずです。

ツライ記憶はなかなか消えないと思いますが、環境を変えれば全く違う景色が見えるかもしれませんよ。

転職が怖い理由7.辞めると伝えることが怖いから

辞めると伝えることが怖くて、転職できない人もいます。

相手の反応がわからないので、いろいろ想像し、不安になってしまうからです。

  • 辞めると伝えたら、人間関係が悪くなってしまうかも…
  • 嫌がらせをされたらどうしよう
  • まわりに迷惑をかけてしまうかもしれない
  • 人間関係は悪くないので言い出しづらい
  • 引き止めに合った時など、対応するのがツラい
  • 会社だけではなく、身内にも反対されそうで怖い

上記のようなことが頭を巡って、なかなか行動に移せません。

対処法としては、将来なりたい自分の姿を、具体的に想像することです。現職のままで、なりたい自分になれるのか、もう一度考えてみましょう。

あなたの人生であって、誰かの人生ではないということを、忘れないで下さい。

また、辞めると伝えた時に、なるべくスムーズに事が運ぶよう、下記のことに気をつけましょう。

  • 引継ぎ資料を作成するなど、後任の人が困らないようにする
  • なるべく繁忙期は避けて、閑散期に辞めるようにする
  • 退職申し入れの期限を確認し、早めに申請する
  • 退職の理由は、なるべく前向きなものにする

どうしても辞めさせてもらえないなど、現職との間にトラブルがおきた場合は、労働基準監督署に相談してみましょう。

転職が怖い理由8.転職に失敗するのが怖いから

転職に失敗して無職になることを想像し、先へ進めない場合があります。無職になってしまったら、生活していけない不安があるからです。

また、転職活動が上手くいかず無職の期間が長引いて、ブランクができてしまうことへの不安もあります。

対処法としては、仕事を辞める前に転職活動をはじめることです。

内定が出てから、退職するのが理想の形といえます。

もし、既に仕事を辞めてしまっているならば、失業手当を受けるなど、まず当面の生活費を確保しましょう。

そして、再就職するまでの期間を、プラスに変えるような考え方に切り替えます。

ブランクを、スキルアップや成長のための期間などと、前向きにとらえることが大切です。

転職が怖い理由9.さらに悪い環境になるかもしれないから

転職したら、今より悪い環境になってしまうのではないかと、不安になる人もいるようです。

転職後のことは想像するしかなく、実際にしてみないとわからないからです。

  • 正社員詐欺にあうかもしれない
  • 労働条件が良すぎて逆に不安
  • ブラック企業だったらどうしよう

上記のような悪い想像が、どんどん浮かんでくるのではないでしょうか。

対処法としては、企業分析をしっかりとすることです。

きちんと確認しておけば、求人内容と実状が違うなどの問題が少なくなるからです。

どうしても不安な場合は、納得のいく所から内定をもらえた場合のみ、転職を真剣に考えれば良いと思います。

思っているより、良い求人はたくさんありますよ。

転職が怖い理由10.自信がなくて不安だから

転職したくても、自信がなくて怖いという人も多いです。

自信がないと、最初の一歩をふみ出すのに、多大な労力を必要とするからです。

  • 能力や経歴に自信がない
  • 面接で上手く答えられる自信がない
  • 前職を辞めたことを含め、すべてが不利に働く気がする
  • やりたいことはあるけど、自分にはできないかもしれない
  • 自分に合う仕事なんてないかもしれない

上記のように、マイナスのイメージばかり想像してしまいがちです。

対処方法としては、自己分析で自分の強みを知り、少しでも自信をつけることです。

自分の強みを活かせる仕事に就いて、生き生きと働く姿を想像してみて下さい。

なんだか大丈夫な気がしてきませんか?

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

怖くても勇気を出して転職すべき理由

今に満足できないのであれば、怖くても勇気を出して転職すべきです。早く転職することで、得られるメリットやチャンスがあるからです。

ここからは、どのようなメリットやチャンスがあるのか、ご紹介していきます。

希望するキャリアや目標とする職種につけるから

転職で得られるメリットとして、希望するキャリアや目標とする職種につけるということがあります。

現職でできないことでも、転職すれば可能になることもあります。

結婚や子育てなど、将来を見据えた働き方も選べますし、キャリアアップも可能です。

自分のなりたい姿を具体的にイメージし、より条件に合った業界や業種へ転職しましょう。

行動に移さなければ、ずっとこのままです。

年齢を重ねて、あの時行動しておけば…と後悔しないようにしたいですね。

新しい人間関係が得られるから

人間関係は転職しないとわからず、不安かもしれませんが、逆にメリットにもなり得ます。

新しい関係を最初から築くことができ、とても良い環境で働ける可能性もあるからです。

実際に転職してみて、問題なく人間関係を構築できている人も多いです。

新しい交流で、自分自身の考えも広がり、良い刺激を得られるでしょう。

今の人間関係がツラければ、すっきりとリセットすることをおすすめします。

若い方が有利になるから

転職は、若ければ若い方が有利です。

企業の風土や文化など、若手の社員のほうが、新しいものに順応しやすいからです。

また、若者の伸びしろを評価する、ポテンシャル採用という制度もあります。

逆に、年齢が上がれば上がるほど、条件は厳しくなり、間口が狭くなっていきます。

不安だからといって、ズルズル先延ばしにしていると、せっかくのチャンスを逃してしまいますよ。

勇気をもって、一歩踏み出してみましょう。

不満解消ができるから

転職すると、現職に対する不満をある程度解消することができます。

希望を明確にし、転職先を探すことで、より良い環境を得ることができるからです。

より良い待遇、より高い評価など、欲しいと思いませんか?

また、新しい環境はマンネリから抜け出して、フレッシュな気持ちで仕事ができ、モチベーションが上がるというメリットもあります。

もちろん、転職してもガラッと変わる保証はないですし、悪化する可能性もゼロではありません。

しかし、転職しなければ、何も変わりません。

企業分析をするなどの対策をとり、勇気をもって一歩踏み出すことで、大きなチャンスが舞い込んできます。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

失敗談から学ぶ!転職を成功させるコツ

転職をした人の中には、少なからず失敗経験をしている人がいます。

やはり、すべて理想通りにいかないこともあるのが現実です。

しかし、事前に対処をしておけば大きなミスマッチはなくなり、「失敗した!」と思うことも少なくなります。

実際に転職した人の、失敗ポイントをまとめています。

  • 入社前に聞いていた雇用条件と、実際の労働環境が違った
  • 想像していた仕事内容や待遇、配属先ではなかった
  • 社風や風土、人間関係などが合わなかった
  • 教育や研修制度などがなく、仕事を教えてもらえない
  • 満員電車がつらいなど、業務外の負担が増えた
  • 昇給昇格が難しく、活躍の場もない
  • 前職よりも残業が増えたり、給料が減ったり、想定と違った
  • 経験やスキルなど身につくものがない

以上の失敗ポイントへの対処としては、主に3つの方法があります。

3つの方法をおさえて、あなたの転職は成功させましょう。

  • 自己分析や企業分析はマスト
  • 焦って決断しない
  • とにかく徹底的に調べる

自己分析や企業分析はマスト

転職で失敗をしてしまう人は、なんとなく想像だけで行動してしまう人が多いです。

きちんとした下調べをせず行動してしまうので、入社後に理想と現実のギャップを感じてしまいます。

行き当たりばったりの転職活動は、絶対NGです。

自己分析・企業分析は、事前に必ずするようにしましょう。

自分の強みなどがわからないと、思うように能力を活かせませんし、企業のことを調べずに入ってしまうと、転職先がブラック企業だったということもあります。

自己分析・企業分析の仕方がわからない場合は、就職エージェントなどのプロに相談してみましょう。

無料であなたのサポートをしてくれます。

焦って決断しない

早く現職から抜け出したいと、焦って決断してはいけません。

焦っている時は、冷静な判断ができないからです。

失敗経験者のなかには、1社目の内定に安心してしまい、条件等をよく確認せず転職してしまった人もいます。

よく確認しなかったため、実際は当初伝えられた労働条件とは異なり、働き始めてすぐに後悔することになりました。

転職をする際には、冷静に下記のポイントをおさえましょう。

  • 焦って飛びつかず、ある程度納得のいく会社を探す
  • 内定が決まっても安心しない
  • 内定後にも「待遇や業務内容」の再確認する
  • 提示された労働契約書をきちんと確認する

焦らず慎重に行動することで、失敗を未然に防ぐことができます。

とにかく徹底的に調べる

転職をする前には、希望する企業について、とにかく徹底的に調べるようにしましょう。

事前に情報があれば心構えもできますし、どうしても不安なポイントがあれば、選択肢から除外することができるからです。

まずは、口コミサイトなどで、会社の雰囲気を探ってみましょう。

  • 体育会系で合わなかった
  • 堅苦しい社風で自由がない

などのリアルなコメントを参考に、判断してみましょう。

また、周りの環境や通勤経路など、事前に確認することも重要です。

転職が怖い!は転職してはいけない前兆

「転職が怖い」という不安を感じた状態で、転職活動を進めてはいけません。不安な気持ちを放置すると、転職活動自体に支障をきたすからです。

また、転職後も後悔することになりがちです。

どのような状況・状態だと、転職をしてはいけないのか、詳しくご紹介します。

不安への対処をしていない状態

「転職が怖い」と不安に思ったら、すぐ転職をしてはいけません。

不安な状態のままだと、面接などで自信をもってアピールできないからです。

前向きな発言もしづらくなり、良い印象を残せなくなります。

就職活動がなかなか上手く進まないため、途中で挫折してしまうことにもなりかねません。

とくに、仕事を辞めてしまった場合は、無職状態が長期化してしまいます。

焦って、さらに不安になる負のスパイラルに陥って、心身ともに疲弊してしまうでしょう。

「転職が怖い」と思ったら、必ず不安への対処をしてから、行動に移しましょう。

内定がもらいづらい状況

内定がもらいづらい状況や、内定がもらえても行きたい会社がない状況で、転職活動をしてはいけません。

転職活動が上手くいかないと感じ、どんどんマイナス思考に陥ってしまうからです。

なにか社会的な動揺があった場合、求人数が大幅に減ってしまうことがあります。

今のうちに行動しないと危ないかも…と、一過性の不安や、漠然とした考えで行動してはいけません。

あきらかに求人数が減っている状況では、あなた自身に問題がなくても、内定をもらえる確率がグッと低くなってしまいます。

現職にいたら心身が病んでしまうなど、どうしてもすぐに転職したい場合は、就職エージェントなどのプロに相談しましょう。

第三者の冷静な判断が、必ずあなたの手助けになるはずです。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC