仕事のやる気が出ないのはなぜ!?考えられる3つの原因と対処法を紹介します!

仕事のやる気が出ないのはなぜ!?考えられる3つの原因と対処法を紹介します!

仕事のやる気が出ないと悩んではいませんか?やる気が出ないせいで仕事が手に付かない、仕事に行くのが嫌だ。そんな状態で仕事を続けなければならないのは辛いですよね。今回は考えられる3つの原因と、その対処法について具体例を挙げながら詳しく解説します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事のやる気がでない人は多い

仕事のやる気がでない人は多い

仕事をしていてやる気がでないと感じている人の中には、「他の人は頑張っているのに申し訳ない」、「自分が真面目な性格ではないからやる気がでない」など、劣等感を持っている方もいるかもしれません。しかし、実際は仕事に対してやる気がでないと悩んでいる人は多くいます。

米ギャラップという人材コンサルティングを手がける企業の行った調査や世論調査などを見てみると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が極端に低いというデータが出ています。これは世界各国の企業を対象にした、エンゲージメント調査のデータです。

「熱意あふれる社員」が日本には6%しかいないという結果が出ているのですが、これは調査した139カ国の中で132位という最下位クラスの数字です。米国は32%となっているので、それと比べると5分の1以下となっています。

「やる気を持って仕事をしていない社員」は70%、「仕事に何かしらの不満を持っている社員」は24%と、日本には仕事に対してやる気を持てない人が多くいるというデータが出ています。

日本人はかつて「会社人間」と言われるほど勤務先への帰属意識が高かったですが、それが徐々に薄れていることが分かります。そのため、仕事にやる気が出ないことは珍しいものではなく、多くの人が直面している問題と言えるでしょう。

仕事のやる気が出ない原因

「やる気が出ないなんて、自分はダメ人間だ。。」「皆は出来てるのに自分だけ、、」なんて考えてはいけません。冒頭でも紹介したように、仕事に対して熱意がないのはあなただけではないのです。やる気が出ない原因を探ることで、気持ちが楽になるかもしれませんし、もしかしたらやる気に繋がる可能性もあります。一緒に確認していきましょう。

考えられる原因1:責任感が強すぎる

無気力な人ほど仕事のやる気がないというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、決してそうとは限りません。

「仕事をしっかりやらなければ」と、強い責任感を持って仕事に向き合っている人ほど、ふとしたきっかけで突然やる気がなくなってしまうことがあります。また、「仕事でよい結果を出したい」と常に成果を求めて一生懸命仕事をしている人が、急にやる気を失ってしまうケースも珍しくありません。

このように、力の抜き方が分からず、常に全力で仕事をしている人ほどやる気を失ってしまう可能性があるのです。

考えられる原因2:心身の疲れ

心身が疲れていることが原因で、仕事にやる気を持てないケースも多いです。毎日残業ばかりしている、休日出勤が多く休む時間がないなどの理由で、心身共に消耗している方もいるのではないでしょうか。

しっかり睡眠がとれていないと、身体も心も疲れてしまいやる気が出なくなってしまうことがあるので注意してください。最適な睡眠時間は人によって変わりますが、一般的には7時間から9時間程度の睡眠が必要とされています。

自分に合った睡眠時間を見つけて、なるべく毎日同じ時間に眠れるような習慣をつけることが大切です。特に責任感が強く真面目に仕事をこなそうとする方や、結果を求めすぎて頑張りすぎてしまう人は、ついつい睡眠時間を削ってしまいがちなので注意してください。しっかり睡眠をとり、身体を休めることでなくなっていたやる気が戻ってくる場合もあります。

車と同じように、燃料切れを起こしてしまうと、身体が全く動かなくなってしまいます。やる気を出すためには身体の疲れを取ることも大切なので、やる気が出なくなってきたと感じた時は、少しでも多く睡眠を取るように心掛けるとよいでしょう。

考えられる原因3:周りの環境

周りの環境が原因で、やる気が出なくなってしまうこともあります。よくあるのが、上司や同僚に恵まれていないということです。

尊敬できない上司の下で働いている、一緒に働くのが苦痛に感じる同僚がいるなど、周りに自分と合わない人がいるとなかなか仕事のモチベーションが上がりません。そういう環境にいる場合、仕事のことを考えるだけでやる気がなくなってしまうことがあります。

自分が頑張っているのに、それをしっかり評価してもらえずにやる気をなくしてしまった方もいるでしょう。もっと大きな仕事を任されたい、給料をアップさせたいなど、評価を上げることにやりがいを感じている人は多いです。

しかし、努力がそのまま評価に直結しない職場環境で働いていると、何のために頑張っているのか分からなくなり、やる気を失ってしまうことがあります。

中には労働時間が長すぎで、どんどんモチベーションが下がってしまうこともあるのでしょう。残業が多くなかなかプライベートの時間が作れない、休日が取れなくて家族と過ごせないなど、私生活が充実しなくなると仕事のやる気がなくなってしまう場合があります。

ちょっとしたことですが、普段仕事をしている場所が快適な温度設定になっていないという理由で、やる気を失ってしまう人もいます。こういった労働環境の悪さが原因で、やる気が出ないこともあるので注意しましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事のやる気を出すための行動

仕事のやる気が出ない原因を自分なりに探ることはできましたでしょうか。ここからはやる気を出すための具体的な行動例を紹介しますので、自分に合ったものを試してみましょう。

やる気を出す方法1:小さな目標を達成する

やる気が出ない時は、何か自分なりの目標を設定してみるのもよいでしょう。何を目指すかをはっきりさせておけば、それに向かって頑張ろうというやる気が出てくるかもしれません。

ただし、いきなり大きな目標を設定するのは避けたほうがよいでしょう。目標が大きすぎると達成するのが難しくなり、頑張りが続かなくなってしまうことがあります。

頑張り過ぎるのもやる気が出なくなる原因の1つなので、まずは達成しやすい小さな目標を立ててみましょう。小さな目標なら無理なく目指すことができるので、途中で挫折してしまうリスクも少なくなります。

達成感を感じることは、やる気を出す時の重要なポイントです。ドーパミンというやる気ホルモンがあるのですが、これは人間が達成感を感じた時に分泌されます。小さな目標を作り、それを達成したら新しい目標を作るというサイクルを作れば、継続的にドーパミンが分泌されやる気を長持ちさせてくれます。

もちろん大きな目標を持つことが悪いわけではありませんが、やる気が出ない時は達成感を味わうために、まずは小さな目標を作ることから始めてみましょう。

やる気を出す方法2:休暇をとる

やる気が出ない時に、無理やりやる気を引っ張りだそうとしてもなかなか改善しません。そういう時は、余計なことは考えずゆっくり休んでみるのも1つの方法です。

やる気を出そうとすると、どうしても何かしなければという気になってしまうかもしれませんが、やる気のない時は何をやってもうまくいかないことが多いです。仕事をしても集中力が続かない、ストレスがた溜まるばかりという悪循環になりかねないので、しっかりリフレッシュしましょう。

休暇をとってスポーツやゲームなど自分が好きなことをする、旅行に行くなど何でもよいので、自分が没頭できることに時間を使ってみてください。

休暇をとる時は、しっかりonとoffを切り替えることが大切です。せっかく休んでいるのに、頭で仕事のことを考えているとリフレッシュになりません。

旅行先で「あの作業がまだ残っている」、「早くあの仕事を終わらせなければ」など考えていると、せっかくの休暇が台無しになってしまいます。やる気のない状態で中途半端に仕事をしても、作業効率が悪くなり無駄な時間になってしまうので、onとoffを切り替えて休む時はしっかり休んでおきましょう。

やる気を出す方法3:身を置く場所を変える

働いている環境が自分に合っていないと感じたら、それがやる気が出ない原因になっていることもあるので、部署異動や転職などをして身をおく場所を変えてみるのもよいでしょう。

仕事をしていても自分の成長が感じられない、達成感が得られないと思っている方もいるかもしれません。そういう時は、思い切って部署異動の希望を出してみるのもよいかもしれません。新しいことを求めて行動するのも、やる気を出す方法です。

給料や休日などの待遇面に不満がある、職場の人間関係がうまくいかない、業務内容が自分に合っていないなど自分でどうにもできない問題があるなら、転職を検討してみるのもよいでしょう。こういった根本的な問題は、部署を異動しただけでは解決しないことも多いので、思い切って仕事を変えてみる勇気も必要です。

やる気を出す方法4:忙しくしてみる

休むのもやる気を出す方法ですが、逆に仕事量を増やしてやる気を出す方法もあります。仕事をしている時に、色々考えすぎてしまい行動できなくなってしまう方もいるでしょう。あるいは、何をすればいいのかわからないために、行動出来ない人もいるでしょう。そのせいでやる気がなくなってしまうケースもあるので、今まで手を出してこなかったことなど、各方面から仕事を巻き取ってみるなど、あえて忙しくしてみるのもおすすめです。考える時間がないほど忙しく行動することで、小さなことを考えないようになります。もともと何をやればいいのかわからなかった方は、

やる気を出す方法5:身の回りや思考を整理する

やる気が出ないと悩んでいる方は、一度自分の身の回りを確認してみてください。デスクの周りが散らかっていると、効率的に仕事ができませんし、よい成果が出せずやる気がどんどんなくなってしまう可能性があります。例えば仕事で必要な書類が見つからない、必要なデータをどこに保存したか忘れてしまったなど、整理整頓ができていないと無駄に時間がかかってしまうだけでなく、ストレスも溜まってしまいます。これでは仕事に対してやる気が出なくなってしまうのも当然です。必要ないものがあれば捨てる、必要なものは使いやすいように整理しておく、これを心掛けるだけでもやる気がなくなるのを防ぐことができます。

身の回りだけでなく、頭の中を整理することも大切です。なかなか仕事がスムーズに進まないと感じたら、「完了していない仕事」、「今やるべき仕事」、「やりたいこと」など項目を分けてノートなどに書き出してみましょう。こうすることで、思考を整理することができます。仕事のことだけではなく、プライベートのことでもよいのでとにかく書き出すことが大切です。そうすることで、一旦頭の中をリセットできるので脳がスッキリして余裕が出てきます。頭の中がいっぱいでパンクしそうになると、余裕がなくなってやる気を出すどころではなくなります。やる気を出すためには、頭の中を整理整頓して身体にも心にも余裕を持つことが必要です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事のやる気を維持するためにすべきこと

人間誰しもやる気には波があります。これは仕方のないことですが、仕方がないと諦めてしまっていては、上げられたかもしれないやる気

やる気を維持するために1:規則正しい生活

生活習慣が乱れていると、やる気が出ないことが多いです。やる気を出したいなら、一度生活習慣を見直して規則正しい生活を送ってみることも必要になるでしょう。仕事が忙しい時、ついつい睡眠時間を削って夜中まで作業をしてしまうこともあるかもしれません。しかし、疲れた状態で何か作業をしても、集中力が続かず結局何も仕事が進まなかったという経験をした方もいるでしょう。それでは意味がないので、しっかり睡眠をとって気持ちを切り替えることが大切です。集中力がない状態で仕事をするより、しっかり眠って気持ちがスッキリしてから作業に取り組むほうが作業効率は上がります。

また、健康状態とやる気はお互い影響を与え合っているので、規則正しい生活をして健康状態を整えておくことも大切です。仕事のせいで生活習慣が乱れ、体調を崩してしまうとやる気がなくなるのはもちろん、余計に仕事に手が回らなくなってしまいます。規則正しい生活習慣を心掛けておけば、自然とやる気が湧いてきますし、集中力がアップして仕事の効率も上がるでしょう。

やる気を維持するために2:運動を取り入れる

普段あまり身体を動かさない人は、やる気を出すために運動してみるのもおすすめです。運動には抗うつ剤と同じような効果があると言われています。特に効果的なのが有酸素運動です。有酸素運動は血行不良を防ぐ効果があり、新鮮な血液が流れ身体がスッキリしてやる気も出てくるとされています。運動と言うと面倒なイメージがあるかもしれませんが、キツイ運動をする必要はありません。

1日に1時間程度のウォーキングをするだけで効果が得られるので、ライフスタイルを変えることなく取り入れることができます。電車通勤している方は、2つ前の駅で降りて歩いて帰ってみるのもよいでしょう。ジムに通ったり、休日に運動に出かけたりするのは大変なので、日常に合わせて運動を取り入れるとよいです。あまり頑張り過ぎると長続きしませんし、逆にストレスに感じてしまうこともあるので、自分の体調や気分に合わせて軽い運動から始めてみましょう。

やる気がでない原因にあった対処法を実行しよう

心身の疲れ、周りの環境などやる気の出ない原因は様々ありますが、どれに当てはまるかは人によって変わります。そこで重要になるのが、なぜやる気が出ないのかその理由を明確にすることです。原因が分かればどう対処すればよいのかが見えてきます。今回の記事を参考にして、自分に当てはまる原因が見つかったらそれに合った対処法を実行してみてください。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 30代の未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC