就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

工場勤務は楽すぎ?きつい?正社員として就職する際の注意点も解説!

工場勤務は楽すぎ?きつい?正社員として就職する際の注意点も解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

工場勤務の仕事は楽なのか、きついのか気になっているという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、工場勤務の具体的な仕事内容を始め、楽・きついと言われる理由についてそれぞれ6つずつ解説します。

また、工場勤務として就職する時に意識しておきたい注意点についても解説しますので、仕事探しに迷っている方は記事の内容を参考にしてみてください。

工場勤務の具体的な仕事内容

工場勤務の具体的な仕事内容

まずは、工場勤務の仕事内容について解説していきます。

「工場の作業員」として、ざっくりとしたイメージしか持っていないかもしれませんが、製造工程に応じて5つの仕事に分かれることを理解しておきましょう。

ライン作業

工場勤務として最もイメージがつきやすい仕事が「ライン作業」です。

ライン作業とは、製品の製造で使われるベルトコンベアに複数の作業員がつき、あらかじめ決められた作業を決められた時間の中でひたすら行う仕事のことを言います。

作業内容としては、組立や検品などの単純作業が中心であり、体力さえあればどんな人でも取り組むことができるのが特徴です。

ただ、企業によってはライン作業を完全に機械に任せていることもありますので、そもそもこのポジションが存在しないケースも多くなってきています。

ピッキング

ピッキングとは、「選び取る」「採集」と言った意味を持つPick(ピック)を語源とする言葉であり、仕事内容は「ピッキングリストに基づいて部品や商品を取り出してくる作業」というものになっています。

簡単なピッキングで言えば、ECサイトの倉庫で、注文内容通りに倉庫の商品を取ってきて、梱包する作業が挙げられます。

少しレベルの高いピッキングになると、フォークリフトなどを操縦し、大型の部品を指定された位置まで運ぶこともあります。

とにかく体力や筋力を酷使することになるため、男性が多めの職場がほとんどです。

生産・工程管理

生産・工程管理は、今までの2つの仕事に比べればレベルの高い仕事になります。

あらかじめ決められている生産目標に対し、進捗がどれくらいなのかを計算し、必要に応じて人員増強や製造ラインの調整を行うことが業務であり、生産工程を一通り理解している必要があります。

また、必要に応じて他部門に交渉を行ったり、作業員に指示を出すということもありますので、対応力や行動力、コミュニケーション能力などが求められる職場が多いのが特徴です。

検品・品質管理

検品や品質管理は、作業者によってつくられた製品が、基準の品質に達しているかをチェックする仕事です。

人の感覚で見る職場もあれば、測定機械などで判別する職場もあり、もし不良品を製品として販売してしまうと会社に大きな損害を与えることになりますので、特に集中力が求められます。

特に品質管理については、不良品かどうかの判定業務に加え、「どうすれば不良品が出なくなるか」「生産工程におけるどの工程に改善ポイントがあるか」ということを思考・企画していく必要があります。

そのため、正社員が担当する業務であることが多くなっています。

事務・清掃

工場勤務では、実際に手を動かす作業員だけでなく、事務担当や清掃担当などの仕事もあります。

事務職は、一般企業と同じく従業員の給料計算や労務管理、受発注システムの操作・管理から発注業務まで、様々な事務作業を行います。

清掃職は、工場の衛星を常に守ることはもちろん、製造機械の清掃や簡単なメンテナンスを行うこともあります。

このように、様々な仕事の作業員が存在することで、工場のものづくりは成り立っているのです。

工場勤務が楽すぎと言われる6つの理由

仕事探しをしていると、「工場勤務は楽すぎる」という声をよく目にすると思います。

ここでは、工場勤務が楽と言われている理由を6つ解説します。

会話をしなくても仕事ができる[工場勤務が楽すぎと言われる理由1/6]

工場勤務では、基本的に与えられた業務を黙々とこなしていくだけで仕事が完結します。

監督者や一部の工程を担当する場合を除き、他の従業員とコミュニケーションを取る必要がないため、人間関係での疲れを感じないことが、楽すぎると言われる理由と言えます。

特に「人とコミュニケーションを取るのが苦手」「職場の人間関係をプライベートに持ち込みたくない」など、同僚との接触をなるべくしたくないという方であれば、このポイントは大きな魅力と感じられるでしょう。

毎日決められたことだけをやればいい[工場勤務が楽すぎと言われる理由2/6]

工場勤務の仕事は、基本的に毎日決められていることだけをこなせば問題ありません。

自分で考えて行動する必要がなく、指示された仕事だけをこなせばいいので、そういった意味ではプレッシャーや焦りを感じることはないでしょう。

また、指示される内容も「ミスを出さない上で、決められた数量の製造を行う」「この作業を、こういった手順で行う」など、どんな人でもこなせるようなものが大半です。

特別なスキルも必要なく、手を動かせれば誰でも仕事ができてしまうため、営業職やITエンジニア職と比べればはるかに楽な仕事だと言うことができます。

残業がほぼない[工場勤務が楽すぎと言われる理由3/6]

工場では、非常に多くの作業員が働いており、作業員同士の仕事が絡み合って一つの製品が作られる関係上、誰か一人だけが長く働こうと思っても業務が回らないという特徴があります。

つまり、残業がほぼない(発生させることができないことが多い)という職場が多く、ワークライフバランスを保って働ける点が「楽すぎ」と言われている理由の一つです。

工場によっては、24時間稼働し続けてものづくりを行っているケースもありますが、そのような職場ではシフト制が取られているため、より残業が発生しにくくなっています。

シフト勤務体制であれば、勤務終了時間を迎えた段階で、自分の作業を後続シフトの同僚に引き継ぐことになりますので、特別なトラブルがない限り残業が発生し得ないのです。

学歴や経験に関係なく就職・昇格できる[工場勤務が楽すぎと言われる理由4/6]

工場勤務の仕事の多くは、今までの経験やスキルはもちろん、学歴や思考力も求められないため、どんな人にも等しく就職・昇格できるチャンスがあります。

他の業界の会社では、「大卒以上でないと出世ルートに乗ることができない」「学歴フィルターで書類選考に通過しない」などのつらさを感じかねませんが、工場勤務ではそういった心配をしなくて大丈夫です。

工場勤務として就職できたら、「決められたことを」「決められた通り」「真面目にこなしていく」だけで、しっかりと評価されるでしょう。

ただし、肉体労働であることは間違いありませんので、体力に自信がないという方は工場以外の仕事も見ておくのがおすすめです。

作業内容の割りに年収が高い[工場勤務が楽すぎと言われる理由5/6]

工場勤務は、作業内容が単調で簡単という割に、年収が高いのも特徴です。

いくつかのサイトで工場勤務の平均年収例を調べてみたところ、以下のようになっていました。

工場勤務の平均年収例

大手求人サイトのdodaによれば、コミュニケーションと行動力が重要な営業職の平均年収は435万円、優れた技術が求められるITエンジニアの平均年収は438万円となっていますので、いかに工場勤務は仕事内容に対する年収のコスパがいいか分かるでしょう。

また、工場スタッフとしてキャリアを始め、昇格して工場長などになればさらに年収を高められる期待が持てます。

ただし、企業によって年収は大きく異なることがありますので、年収を重視した就職活動をしたいのであれば、あらかじめ求人票を詳しくチェックしておくことが重要です。

大手企業同等の福利厚生が受けられる場合もある[工場勤務が楽すぎと言われる理由6/6]

今でこそ陰りが見えているものの、日本は未だものづくり産業が活発な国です。

そのため、誰もが知っているような大手企業は、国内に多くの工場を持っていることが珍しくありません。

もし大手企業やそのグループ会社の工場で勤務できるようになれば、たとえ製造スタッフであったとしても、手厚い福利厚生が受けられます。

特に工場勤務の場合は、会社が保有している寮に格安で住めるというケースが多く見られ、短期的に楽に稼ぐ仕事として、魅力を感じる方も多いでしょう。

工場勤務がきついと言われる6つの理由

工場勤務は「楽すぎる」と言われる反面、それと同じくらい「きつい」という声が目立つ仕事です。

ここでは、工場勤務がなぜきつい仕事だと言われるのかについて、6つの理由を解説します。

肉体労働が単純にきつい[工場勤務がきついと言われる理由1/6]

工場勤務の仕事は、ほぼ確実に肉体労働となります。

それだけでなく、日常生活では持たないような重い重量の物品を頻繁に持ち上げたり、工場の空調が効いていなかったりと、相当過酷な環境で働くことが求められることもあります。

そのため、肉体労働が単純にきついという声が多く上がっているのが現状です。

パワーが出しやすい若手の内であればなんとか業務についていけるかもしれませんが、30代・40代と年齢をかさねるにつれて、工場勤務の業務は非常に苦労することになるでしょう。

肉体的な意味で長く働きづらいのが工場勤務の仕事の落とし穴でもありますので、就職を検討する際は気をつけておきたいポイントです。

ミスが許されない環境[工場勤務がきついと言われる理由2/6]

工場での作業は、決められたことを決められた通りにやることが「いい仕事」の条件です。

裏を返せば、自分の不注意などでミスをしてしまうことは許されません。

軽微なミスであっても、後々の工程で大きなトラブルに繋がるリスクでもありますので、常にミスをしてはいけないというプレッシャーを感じることもあるでしょう。

そんなプレッシャーのきつさに耐えられず、職種転換する人も一定数見られます。

シフトによっては生活リズムが乱れる[工場勤務がきついと言われる理由3/6]

工場の中には、シフト制を用いて24時間製造を行っているところがあります。

シフト制の場合、残業が発生しにくいというメリットがあるものの、同時に「夜間帯のシフトが組み込まれることで、生活リズムが乱れてしまう」というきつさを感じることもあるでしょう。

例えば、「日勤→日勤→夜勤→休み→日勤→夜勤」のように、不定期なシフトで働けば、自律神経が乱れ、身体に様々な不調をもたらすことが考えられます。

ある程度勤めれば慣れることができるかもしれませんが、それまでは大変な思いをすることを理解しておく必要があります。

同じ仕事しかできない[工場勤務がきついと言われる理由4/6]

工場勤務では単調な作業を永遠とすればいいので、気楽である一方「同じ仕事しかできない」というきつさも同時に感じることになります。

どんなことでも飽きずに一生続けられるという自信がある人であれば問題ありませんが、多くの人は同じ作業だけし続けることにきつさを感じてしまうはずです。

変化のある仕事に挑戦し続けたいという方であれば、工場勤務の仕事は合わないかもしれません。

職場環境が悪いという声も多い[工場勤務がきついと言われる理由5/6]

通常のオフィスとは異なり、工場は職場環境が悪い傾向にあります。

工場の老朽化が進んでいて、衛生面に不安を感じてしまうこともあり得ますし、大型の機械の操作を誤ってしまえば命に関わることもあります。

また、工場勤務は労働中の事故(労災)発生率が多い業界でもありますので、仕事では常に危険が隣り合わせということも抑えておかなくてはならないポイントです。

人間関係が構築しにくい[工場勤務がきついと言われる理由6/6]

工場での勤務中は、同僚とコミュニケーションを取る必要がありません。

これをメリットと考える人が同じ職場に集まりやすい関係で、職場の人間関係が構築しにくいというつらさに繋がることが考えられます。

職場の人間関係がなかなか構築されないことで、たとえ仕事でつらいことがあっても相談できる人が見つけられなかったり、ストレスを抱え続けなくてはならなかったりと、精神的な負担に繋がりやすいと言えます。

工場勤務に向いてる人の特徴

工場勤務に向いてる人の特徴はとして、次の3点が挙げられます。

もし現在就職先として工場勤務を考えている人の中で、以下の特徴に全く当てはまらないという場合は、他の職種も並行して検討するのがいいかもしれません。

真面目さに自信がある人

工場で働くにあたっては、とにかく言われたことを淡々とこなしていくスキルが求められるため、真面目さに自信がある人に向いている仕事だと言えます。

「これくらいならサボってもいいだろう」「自分のやりやすい方法で作業を進めていこう」など、指示と異なる動きをしてしまえば、生産ラインに大きな悪影響をもたらしかねません。

逆を言えば、真面目なことだけしか取り柄がないと悩んでいる人は、工場勤務で活躍することが可能ということです。

「どんなことがあっても、機械のように作業をできるかどうか」を基準に、工場勤務をするか検討してみてください。

将来やりたいことが明確にある人

将来、明確にやりたいことがあり、その目標を実現するためにお金を貯めたいと思っている人も、工場勤務が向いています。

工場勤務の仕事は、会社が寮を用意していることもあり、格安の生活費で支出を抑えることができます。

支出を抑えつつ、高めの給料をもらって生活ができるため、貯金がしやすいのが工場勤務の仕事のメリットの一つです。

ただ、工場勤務は明確なスキルが身につきづらく、無為に長期間働いてしまうと他の仕事に挑戦できなくなってしまう恐れがあります。

「一定金額が貯まったら、◯◯に挑戦したい」など、明確な目標があれば、工場勤務として働く期間を有意義なものにできるでしょう。

ものづくりに携わりたい人

工場勤務の本質は、「ものづくりに必要な人材として働くこと」です。

つまり、ものづくりに携わりたいと思っている方からすれば、魅力的な職務内容として映ることでしょう。

確かに工場勤務として入社すると、始めは単純作業の仕事ばかりで、スキルをつけることはなかなかできないかもしれません。

しかし、そんな中でも「生産工程の改善提案を上司に行う」「効率を上げるために自分なりの改善努力をする」といった働きを見せれば、いずれスキルが身につく仕事を任せてもらえる可能性があります。

ものづくりの基礎や、全容を知って、ものづくりエンジニアとしてのキャリアを歩んでいきたい方にとって、工場勤務の仕事はいい入り口として機能するでしょう。

工場勤務のメリット・デメリット

工場勤務として働くことには、メリットもデメリットもあります。

特に腰を据えて長期間働きたいと思っている方は、メリットだけでなくデメリットもしっかり理解した上で応募を検討するようにしましょう。

工場勤務のメリット

まずは、工場勤務のメリットを3点解説します。

1.入寮すればお金が貯まりやすい

先ほども少し触れた通り、工場で生産業務を行なっている企業の中には、自社で寮を持っていて、従業員に賃貸しているケースがあります。

光熱費や水道代が会社持ちで、賃料も数万円と格安の寮が多く、もし寮に住みながら働くことを選べば、すさまじいスピードで貯金ができるといったメリットがあります。

ただ、寮を用意している工場は、地方郊外に拠点があることが多いため、必然的に都心部から離れた生活を強いられることになります。

どうしても都会に住みたいと考えている方は、就職する工場の選択肢が狭まってしまうかもしれません。

2.比較的就職しやすい

工場勤務の仕事は、単純な肉体労働が主であるため、学歴や職歴に関係なく簡単に就職できるケースが多くなっています。

加えて、実直に働いていれば昇格もしやすいと考えられ、「とりあえずどこでもいいから就職して、安定的な収入が欲しい」と思っている人からすれば、いい就職先となるでしょう。

3.給料以外にもらえるお金があることも

工場勤務の求人の中には、毎月の給料以外にもお金がもらえることがあります。

例えば「入社祝い金」であれば、入社して一定の期間働くことでまとまった金額をもらうことができますし、「慰労金」であれば期間工が満期まで勤め上げることでもらえる報酬など、さまざまな種類の手当てがあります。

賞与についても、企業によってはしっかり支払われるようになっていますので、手当や収入については求人票を必ず確認するようにしましょう。

工場勤務のデメリット

続いて、工場勤務として働くデメリットについて解説します。

中には自身の将来のキャリアや人生にも関わる項目もありますので、もし応募するのであれば意識しておきましょう。

1.成長が見込みづらい

繰り返しになりますが、工場勤務だと身につけられるスキルは非常に少ないです。

作業の大半が「指定された作業を永遠と繰り返す」というものになっているため、これといった実績が残せないのも大きなデメリットになるでしょう。

一生、工場で働こうとしているのであれば問題ありませんが、いつかキャリアチェンジを目的とした転職をしようとするのであれば、アピールできるポイントが非常に少なく、選考に全く通過しないなんてこともあり得ます。

2.労働災害に巻き込まれるリスクがある

工場の大型機械は、少しでも不注意があると重大な事故に巻き込まれるリスクがあります。

また、そこまで大きな事故でなかったとしても、重い荷物を持ち運ぶ時に腰や肩を痛めるなど、労働災害に巻き込まれる危険性があるのはデメリットです。

労災は会社が認めれば治療費は実質かかりませんが、中には労災を認めないような動きをしてくる企業がいるとの声も耳にします。

工場勤務を希望するのであれば、その工場が健全に経営されているか必ず確認しておきたいところです。

3.女性が少ない

工場勤務は肉体労働になることもあり、職場の女性が少ない傾向にあります。

男性が多く、縦社会のような風土の職場も見られ、従業員同士の口が悪くなったり、職場衛生が悪くなっていったりするといったデメリットも考えられます。

4.底辺と言われることもある

ネットの声を見ると、「工場勤務は底辺の仕事」と言われていることもあります。

工場の作業員は、我々が生活する上で不可欠な機器を作っていることもあり、非常に社会貢献性は高いものの、「単純作業しかやらず、誰でもできる仕事」というイメージが先行し、悪い印象を持たれがちです。

正社員として工場勤務を目指す時の注意点

ここからは、正社員として工場勤務を目指す時の注意点を簡単に解説します。

会社としての安定性をチェックする

当然のことながら、工場は作るものがなければ稼働させる必要がなくなりますので、そこで働くスタッフの仕事もなくなります。

大手企業のグループ会社であればあまり心配しなくてもいいかもしれませんが、中小零細企業で卸先が限られているような部品を作っている工場などであれば、取引先との契約が切れた時点で倒産してしまうリスクがあります。

いきなり路頭に迷ってしまうことのないよう、会社としての安定性をチェックしておくことが大切です。

本当に自分が工場勤務に向いているのか自己分析で確かめる

「工場勤務が楽そうだから」という理由で就職を考えている方は、自己分析をして自分が本当に工場勤務に向いているかを確認しましょう。

自己分析を行うことで、自分に向いている仕事の特徴がわかるだけでなく、選考でアピールできるポイントを明らかにできます。

自己分析の方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

自己分析のおすすめのやり方は?転職成功や社会人を目指す人に向けて解説

勤務体系を求人票で必ず確認する

工場勤務の場合は特に、以下のような内容について求人票であらかじめ確認しておくよう心がけてください。

  • シフト制の有無、およびシフトの時間や夜勤の有無
  • 年間休日の日数
  • 想定年収や手当の総額
  • 平均残業時間の確認
  • 社内でのキャリアパスの例

全ての求人応募で調査をしていると時間がかかってしまうかもしれませんので、第一志望群の求人だけでも必ず行うのがおすすめです。

一人で就職活動をしない

働く工場によって、仕事の大変さだけでなく、肉体への負担量、稼げる年収、職場環境など、様々なポイントで働き方が大きく変わります。

できるだけ自分にあった就職を成功させ、ストレスフリーな毎日を過ごすためにも、一人で就職活動を進めないことがポイントです。

友人や家族など、様々な選択肢がありますが、おすすめは就職エージェントです。

就職活動支援のプロから直接アドバイスをもらうことで、選考通過率を大幅に上げられるでしょう。

工場勤務を目指すなら「就職カレッジ®︎」で一歩を踏み出そう

工場勤務としての就職を目指すなら、就職カレッジ®︎の利用がおすすめです。

ここでは、就職カレッジ®︎の4つの特徴についてご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®︎は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントです。

特に「フリーター・ニート・既卒・第二新卒」を専門にサポートしており、今までの就職支援実績は23,000名以上※に上ります。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で就職率は8割超え

就職カレッジ®︎に登録した後は、就職支援のプロが教える「無料就職講座」が受講できるようになります。

この講座では、以下のようなカリキュラムを集中的に学べます。

  • 基本的なビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の書き方
  • 面接の個別対策

このように就職活動における幅広いノウハウが学べることもあり、就職カレッジ®︎を利用した方の就職率は81.1%※と高い実績を誇っています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で最短2週間の内定獲得も

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®︎が独自で主催する「集団面接会」に参加できるようになります。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと考えている企業しか参加しませんので、社会人経験に自信がない方でも内定獲得が可能です。

また、集団面接会では書類選考なしで企業担当者と直接面接できるのが魅力ポイントです。

これにより選考にかかる時間が大幅に短縮され、場合によっては2週間程度で内定まで至れることもあります。

徹底的なサポート体制で9割超の定着率

就職カレッジ®︎は、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制まで徹底しています。

「就職してみたものの、やはり自分に工場勤務は向いてなかった…」「職場の人間関係が悪く、耐えることができない…」など、就職後に悩みを感じたらいつでも無料で専任のアドバイザーに相談可能です。

このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジ®︎で就職した方の定着率は91.5%※と高い数値を誇っています。

安心できる現場に、工場勤務として就職したいのであれば、就職カレッジ®︎の利用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

工場勤務は、誰でも気軽に就職しやすい一方で、スキルが身につけづらいなどのデメリットがあります。

自分に工場勤務の仕事が本当に向いているのか確かめるためにも、就職カレッジ®︎の無料就職講座で習得できるノウハウを元に、自己分析を行うのがおすすめです。

就職カレッジ®︎には、以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター