就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

建築関係の仕事10選!建築関係の仕事で働くメリットや就職するポイントも解説

建築関係の仕事10選!建築関係の仕事で働くメリットや就職するポイントも解説
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

建設関係の仕事って何があるの?建設関係の仕事に就きたいけど、自分でもできるのか心配…。」と悩んでいる方も多いと思います。

この記事では、建築関係の仕事の種類やメリット・デメリット、就くためのポイントを解説します。建築関係の仕事に向いている人や向いていない人についても紹介しています。

更に、自身だけで建築関係の仕事に就職を目指すのではなく、併用することで就職率を劇的に上げることが出来るサービスの紹介もしていきます。

この記事を読んで、就職を勝ち取りましょう!

建築関係の仕事10選

建築関係の仕事10選

建築関係の仕事は建物を建てるだけではなく、設計図をもとに模型を作る仕事やインテリアの配置を考えるなど、様々な種類の仕事があります。ここでは、建築関係の仕事10選を解説します。

建築士

建築士とは、建物の設計や工事現場の監督、設計図の作成などを行う仕事です。建築に関連する現場には、必ず建築士が存在します。一般住宅やビル・マンションなど、様々な建物の設計から建物完成までをサポートがメインの業務内容です。

顧客からの依頼をもとに、予算や広さに合わせて建物の設計図を作成します。顧客からの要望を建物に反映させるだけではなく、建築基準法に則った安全性の確保も必要です。

また、建築士になるためには、「建築士」の国家試験を取得する必要があります。建築士は一級〜2級・木造が存在します。取得難易度は国家試験の中でも非常に高く、二級で合格率25%・一級は10%以下とも言われているのです。

建築士は建物の設計や工事を実施する上では、必ず必要になるため、資格を取得しているだけで建築関係の企業に就職しやすくなります。一級建築士の年収は500万〜700万円とされており、比較的高い収入を得られる仕事と言えるでしょう。

さらに、一級建築士の資格を取得していれば、一般住宅からビルの建設にまで携われるため、独立しても成功しやすいです。建築士は資格取得の難易度が高い分、安定した収入を得られるため、建築関係の仕事で購入臭を狙う場合はおすすめです。

引用:令和元年分 民間給与実態統計調査

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターとは、顧客の希望に合わせて部屋の壁紙や照明・家具の設置場所についてアドバイスをする仕事です。部屋の雰囲気に最適な家具のデザインや最善のコーディネートを提供します。

建築士が住宅の大枠のデザインを設計し、インテリアコーディネーターが内部を細かくコーディネートします。部屋の雰囲気は家具の配置・色味によって大きく異なるため、インテリアコーディネーターが対応することで、顧客により良い住居空間を提供します。

インテリアコーディネーターの年収は330万~430万円となります。また、建築士同様にインテリアコーディネーターの資格も存在しており、取得することで顧客に対してクオリティの担保ができます。建築関連の企業に入社を考えている場合は、資格を取得しておくことで有利に進められるでしょう。

引用:平均年収.jp

CADオペレーター

CADオペレーターとは、パソコンや専用ソフトを用いて住宅の設計図を作成する仕事です。建築士が作成した設計図をもとに、より詳しく建築用に作り上げることが仕事内容となります。

また、顧客様にわかりやすい設計図や部屋ごとのラフ案などを作成するケースも多いです。CADオペレーターの平均年収は450万〜497万円となり、建築関係の仕事の中でも高い水準です。

ただし、年収の幅が広く200万円台の企業も存在するため、就職先によってボリュームが異なるようです。設計図の作成だけではなくCD制作スキルを身に着けることで、効率的にキャリアアップや年収増加を目指せるでしょう。

引用:求人ボックス

建築模型制作士

建築模型制作士とは、建築士やCADオペレーターが作成した設計図をもとに縮小した模型を作る仕事です。基本的に設計図は平面となるため、建築を開始しなければ具体的なイメージが伝わりづらいです。

そこで、建築模型制作士が縮小サイズの模型を作成することで、具体的な完成後イメージを確認できます。設計図だけでは確認できない問題点や、顧客が求める住宅との違いを把握可能です。

また、建築模型制作士の年収は300万〜500万円となります。業務内容は模型作成だけではなく、他の建築業務と並行するケースが多いです。大規模な住宅設計が多い企業に就職する場合、平均年収以上に収入を得ることができます。

建築模型制作士は模型を作ることがメインの仕事となるため、手先の器用さが求められます。住宅の細部まで慎重に制作を進める必要があるため、忍耐力の必要な仕事と言えるでしょう。

プラモデルや模型の設計が好きで、忍耐強く制作を進められる場合はおすすめの仕事です、

引用:通信教育・通信講座SARA

建築積算技術者

建築積算技術者とは、設計図や住宅の規模を加味して、建物着工から完成までに必要な費用を算出する仕事です。顧客の希望通りの間取り・デザインの設計図が完成しても、予算を超えている場合は制作は進められません。

建築積算技術者が建築資材や着工日など、様々な費用の見積もりを作成することで、顧客に請求する価格や資材の仕入れや人材の確保が可能です。建築積算技術者の業務内容は、基本的に見積もりや仕入れを行うため、事務所を中心としたデスクワークです。

また、建築積算技術者の年収は400万〜600万円となります。特に「建築積算士」の資格を取得している場合は、平均よりも年収が高くなる傾向にあります。建築積算技術者としてキャリアアップを目指す場合は、建築積算士の取得を検討すると良いでしょう。

さらに、建築積算士の上位資格である建築コスト管理士を取得すれば、大幅に年収アップが期待できます。いずれも取得難易度が高い資格ですが、建築積算技術者としてキャリアアップを考えている場合はおすすめです。

引用:建設転職ナビ

建築施工管理技士

建築施工管理技士とは、建築現場で工事進捗の管理や監督を行う仕事です。建築士も現場に出向きますが、実質的に管理を行うのは建築施工管理技士です。建築積算技術者が算出した予算をもとに、資材と人材の確保も行います。

予算内に建築を完了させられるのか、スケジュール通りに建物が完成するのかは、建築施工管理技士がマネジメントします。建築士同様に責任の大きい仕事となるため、現場管理を行う際は「建築施工管理技士」の資格が必要です。一級〜二級まで種類が存在し、一級を取得しておけば、大規模建設現場のマネジメントも可能になります。

また、建築施工管理技士の年収は450万〜700万円となり、建設関係の中でも比較的高い水準です。一級資格を取得している方が年収が高く、様々な企業へ就職しやすくなります。

建築施工管理技士として現場をメインにキャリアアップを考えている場合は、一級資格の取得を目指すと良いでしょう。

引用:建設・設備求人データベース

大工

大工とは、建物の建築や修理を行う仕事です。建物を建設する上では必ず必要な仕事で、設計図をもとに完成まで対応します。専門的な技術が求められますが、資格や学歴に関係なく働ける点が特徴です。

早くから工務店に就職して大工として経験を積む人や、専門学校で建築に関して学習をした後に大工として働く人もいます。また、大工の平均年収は350万〜398万円となり、建築関係の仕事の中では、低い傾向にあります。

学歴や資格の有無に関係なく仕事に就けますが、業務内容は現場で肉体を酷使するため、辛さに耐える継続力が必要です。キャリアアップを目指す場合は、建築士や建築施工管理技士などの資格取得を目指すと良いでしょう。

引用:求人ボックス

左官

左官とは、コテを利用して住宅の壁や屋根を塗り上げる仕事です。土やモルタル・漆喰などの壁材を塗り上げることがメインの業務となり、壁や屋根を綺麗に整えます。壁材を塗り上げていない壁は傷がつきやすく、腐食も激しいです。

一方、珪藻土や漆喰いを壁・屋根に塗り上げることで、耐久性や収集効果の向上が期待できます。大工と同様に左官も、学歴や資格に関係なく就くことができます。ただし、一人前の左官として活動するためには、5〜7年かかると言われています。

左官の平均年収は、350万〜400万円です。左官としてキャリアアップを目指す場合は、1級〜2級左官技能士の取得を目指しましょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは、建築・不動産取引を専門とした仕事です。「宅建」と略されることも多く、資格を取得していることで、不動産の取引や不動産担保の正当性を判断できます。どれだけ良い住宅でも、宅地建物取引士を取得していなければ販売できないため、非常に重要な仕事と言えるでしょう。

また、宅地建物取引士の平均年収は380万〜450万円です。不動産に対して深い知識があるだけではなく、直接住宅の販売を実施できることから、人気の高い仕事です。管理業務主任者などの関連資格を取得することで、キャリアアップを目指せます。

引用:スタディング 宅建士講座

電気工事士

電気工事士とは、電気設備の設計や施工を行う仕事です。一般住宅やビル・マンションを中心に電気工事を実施できるため、建築関係の仕事にはなくてはならない存在です。「電気工事士」の資格を保有していることで、建設時に重要なポイントを抑えた設計だけではなく、並行して電気設備の配置も考えられます。

電気工事士の平均年収は400万〜420万円となります。電気工事士を取得していなければ就くことができないため、非常に需要の高い仕事です。電気工事士としてキャリアアップを目指す場合、建築士の資格取得がおすすめです。電気工事士と併用することで、幅広い住宅に関する業務を進められるでしょう・

引用:求人ボックス

建築関係の仕事に就くメリット

肉体労働がメインの仕事もあることから、建設業界の仕事にどのようなメリットがあるかわからない方もいるのではないでしょう。ここでは、建設関係の仕事に就くメリットを5つ解説します。

達成感を感じられる

一般住宅やビル・マンションの設計から、実際の建築工事まで、携わっていた仕事が完了した後の達成感は、建設関係の仕事に就くメリットと言えるでしょう。一般住宅の場合は半年〜1年、規模の大きいビルやマンションは、設計から建築完了まで1〜3年程度かかります。

長い間、時間と労力をかけながら、クライアントの期待する建物ができた時の達成感は何者にも変え難いです。特に一般住宅などは顧客と直接建物に関するやり取りを行うため、完成後は喜ぶ顔を見て、自身の仕事ぶりを感じられます。

住宅の購入は比較的高額な買い物となるため、その分プレッシャーはかかります。しかし、建設完了後のやりがいは建設関係の仕事ならではと言えるでしょう。

仕事に飽きるケースが少ない

建設関係の仕事は、完成までの工程が細かく分かれているため、仕事に飽きるケースが少ないです。例えば、一般企業の事務職として働く場合、基本的に毎日同じ業務を繰り返すルーティンワークとなります。

一方、建設関係の仕事は顧客の要望を聞いて設計図を作成し、着工してからも様々な工事を行います。現場ごとでも建設内容が異なるため、新たな刺激を感じることが可能です。

また、建物の構造や使用する資材、現場のスタッフも異なるケースが多いです。新しいコミュニケーションが生まれることも多く、仕事に飽きることなく続けられるでしょう。

需要が高い

建設関係の仕事は常に需要が高く、人々の生活に欠かせない職種です。日本における建設業界のGDPは5%を超えており、非常に高い水準となります。日本全体の人口は減少傾向にあるものの、新しい建物は日々建設されており、なくなることはありません。

一般住宅からビル・マンションまで、住居や仕事スペースなど、常に求められています。仕事がなくなる心配をしなくて良いのは、非常に大きなメリットと言えるでしょう。

体力・コミュニケーション能力がアップする

建築関係の仕事は、現場に出て業務を進めるケースが多いため、体力の向上が見込めます。最初のうちは疲労を感じますが、日々現場に出ることで体が慣れてきます。建設現場は朝から仕事を始めて、夕方には作業を撤収するため、健康的な習慣を身につけられます。

また、建設関係の仕事は、一人だけで業務を進めることはできません。複数の人とコミュニケーションを取りながら、協力することで建物を完成させます。デスクワークを中心とした仕事は、直接コミュニケーションを取るシーンも少なくなりがちです。

建設現場では、働いているスタッフの年齢層も幅広く様々な業種の人たちが関わり、それぞれの要望に合わせた対応をする必要があります。そのため、業務をスムーズに進めるために、コミュニケーション能力のアップが期待できます。

仕事の経験がプライベートでも役に立つ

建設業界で働く場合、仕事で得た経験がプライベートでも役に立つことがあります。例えば、建築士の場合、自宅を立てる際には依頼する会社と一緒に建築を進められます。他の業種で働いている場合、設計図を見ても具体的な構造をイメージできないため、メリットと言えるでしょう。

また、建築関係の知識があることで、自分の要望をより鮮明に伝えられます。建設関連の仕事についているからこそ、細かい内容を伝えられるのは大きなメリットです。

建築関係の仕事に就くデメリット

様々なメリットが存在する建設業界ですが、もちろんデメリットも存在します。ここでは、。建設関係の仕事に就くデメリットを3つ解説します。

幅広い知識を覚える必要がある

建築関係の仕事に就くためには、幅広い知識を覚えて、実務で活用する必要があります。例えば、建築士になるためには、資格を取得する必要があり、保有していなければ働くことはできません。

また、建築や管理だけではなくデザインや土地に関する知識も必要です。建築計画や建築工学など、複雑な知識も求められます。さらに、実務で経験を積まなければ、知識を活用できません。

実際に現場で活躍できるようになるまで時間がかかるため、覚えるべき知識量の多さはデメリットと言えるでしょう。

責任の大きさ

住居の購入は服や車に比べて高額であるため、設計から建築完了まで大きな責任がのしかかります。どの仕事でも、いきなり責任が大きい仕事を任せられることはありませんが、数千万円〜数億円単位のお金が動くため、失敗した際のリスクを考えると大きなプレッシャーを感じてしまうでしょう。

また、建築関係の仕事は現場に出ると肉体労働がメインとなります。入社したての頃は仕事の割に給与が低く、疲労を感じることが多いです。さらに、労働環境が悪い職場の場合は、残業時間が長く疲れを取れない可能性もあります。

経験を積むことで立場の向上や独立など、建築業界ならではのメリットを得られますが、始めたてはデメリットの多い仕事と言えるでしょう。

法律に関する手続きが多い

建築関係の仕事は、人々の生活に大きく関わるため、細かい内容も法律で定められています。建物を建築する際に確認する「建築基準法」や「都市計画法」など様々です。

また、これらの法律を守るだけではなく、各自治体で定められた施工令や施工規制なども存在します。様々な法律や条例が密接に絡み合うことで、非常に複雑な内容となります。

さらに、効率や条例は年々増加し、細かく内容も変更されているため、常に最新情報を確認し続ける必要があるのです。法律の内容を把握した上で、多くの手続きを実施する点はデメリットと言えるでしょう。

建築関係の仕事に就くポイント

建築関係の仕事は大工や左官のように、学歴や資格がなくとも就ける仕事があります。しかし、ある程度ポイントを把握していなければ、職場に馴染めずにストレスを感じてしまいます。

ここでは、建築関係の仕事に就くポイントを2つ解説します。

コミュニケーション能力を高める

建築関係の仕事に就く際は、コミュニケーション能力を高めましょう。建築現場は、大工・左官・建築士など、様々な企業や工務店の従業員が協力して一つの建物を建設します。状況に応じて様々な職種の従業員と連携を取る必要があるため、コミュニケーションの能力が非常に重要です。

コミュニケーション能力が低ければ、相手に伝えたいことが伝わらず、最悪の場合はスケジュールに支障をきたす可能性があります。また、それぞれの目的を達成するため現場に来ているため、ニーズを汲み取りながら行動することがあります。

そのため、建築関係の仕事に就く際は、コミュニケーション能力の高さが重要と言えるでしょう。

資格を取得する

建築関係の仕事に就く際は、資格の取得も検討しましょう。例えば、大工や左官は資格を取得することなく働くことができます。一方、建築士は一級〜二級建築士の資格を取得していなければ働くことができません。

建築関係の仕事で重宝される資格は、以下の3つです。

  • 一級建築士
  • 電気工事士
  • 宅地建物取引主任者

それぞれの特徴を解説します。

一級建築士

一級建築士とは、国家試験の一つで建築士の中でもトップクラスの資格です。資格保有者は設計する建物に制限がなく、小規模から大規模の建物を設計・建築できます。二級建築士では対応できない設計できない建物も、一級建築士であれば対応可能です。

資格取得の際は、学科試験と製図試験が行われており、例年総合の合格率は15%以下の非常に難易度が高い資格です。建築業界でキャリアアップを目指す場合は、必要な資格となります。

独学でも資格取得を目指せますが、学習科目・範囲が非常に広いため、専門学校や大学に入学することで効率的に学べるでしょう。

電気工事士

電気工事士とは、一般住宅やビル・マンションなどの電気設備に対して工事を行える資格です。電気工事士は、第一種と第二種の2種類の資格が存在しています。第一種を取得していれば、第二種の範囲以外にも、最大電力500キロワット未満の住宅・ビルの電気工事が可能になります。

電気工事はどの建物にも必ず必要となるため、建築業界でも人気のある資格です。また、電気工事士の資格を取得することで、外線・屋内はもちろんのこと、ビル管理まで対応できます。

建物の管理などに関連する仕事に就きたい場合は、おすすめの資格と言えるでしょう。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは、宅地建物取引業法に基づいて住居の契約対応が可能になる国家資格です。建築業界だけではなく、不動産業界で重宝されている資格で、取得することで建物の販売・契約対応が可能になります。

また、建築関係の仕事においても、設計した住宅を販売する際は宅地建物取引士が必要です。そのため、建築関係の仕事で住宅を販売したいと考えている場合は、最適な資格と言えるでしょう。

建築関係の仕事に向いている人、向いていない人

様々な種類がある建築関係の仕事ですが、全てのあらゆる人に向いているわけではありません。中には建築関係の仕事が向いていない人もいますので、仕事を探す前にあらかじめ把握しておきましょう。

ここでは、建築関係の仕事に向いている人、向いていない人について解説します。

向いている人

体力に自信があり、コミュニケーション能力が高い人は、建設関係の仕事に向いています。建設関係の仕事は現場に出ることが多く、初めたての頃は朝から夕方まで現場にいるケースも多いです。

また、日中は現場で施工管理を実施した後は、夕方になると事務所でデスクワークを行う必要があります。このような生活を平日5日間続ける必要があるため、体力に自信がある人は建設関係の仕事に向いています。

さらに、関係各所と連携をとりながら建設を進めていくため、コミュニケーション能力の高さも重要です。現場には幅広い年齢層の人物がいるため、それぞれの仕事内容を考慮した上で、業務を進める必要があります。

そのため、コミュニケーション能力が高ければ、関係各所ともうまく連携して、スムーズに業務を完了させられるでしょう。

向いていない人

プレッシャーに弱く、マイペースに働きたいと考えている場合は、建設関係の仕事に向いていません。建設関係の仕事は、顧客の希望通りの建物を建設するだけではなく、予算・納期に間に合わせる必要があります。

雨や雪が続く場合は、想定よりもペースを上げて対応する必要があり、急な人員欠如が発生すると、作業が中断してしまいます。スケジュールが思うように進まなければ、大きなプレッシャーがのしかかることになります。

また、業務は事前に作成したスケジュール通りに進める必要があるため、マイペースに働くことはできません。関係各所と細かい打ち合わせも必要となり、自分の都合では仕事を進められないケースが多いです。

そのため、プレッシャーを感じやすい場合や自分のペースで働きたい人は、建設関係の仕事には向いていません。自分が建設関係の仕事に向いているかは、自己分析を行うことで見極められます。

しかし、就活経験がない場合や自身の強み・弱みを把握していない場合、思うように自己分析が進まないことがあります。このような場合は、就職サポートサービスの利用がおすすめです。

就職カレッジを利用して建築関係の仕事にチャレンジ

自分は建設関係の仕事に向いているのかわからない場合は、就職サポートサービスを利用して自己分析を行いましょう。

特に就職カレッジは、専任のアドバイザーが求職者の強み・弱みを客観的に分析し、最適な職種を提案してくれます。フリーター・大学中退に特化したサービスを展開しているため、初めての就活でも安心して利用できます。

また、これまでに20,000人以上の就職を支援しており、高い就職成功率を誇ります。サービスは無料で利用可能なため、建築関係の仕事にチャレンジする際はおすすめです。

下記にて、就職カレッジのおすすめポイントを3つ解説します。

未経験者の就職に特化

就職カレッジは、20代で未経験者の就職に特化してます。これまでに、就職活動を行ったことがない場合でも利用できます。また、一般的なフリーターの就職成功率は約34.4%ですが、就職カレッジは約80%以上です。

通常よりも2倍も就職しやすい環境を提供しているため、初めて利用する方でも安心できるでしょう。

引用:2020年度 マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

ビジネスマナーから面接対策までサポート

就職カレッジは、専任のアドバイザーが自己分析やビジネスマナーなど、就活に重要な部分をサポートします。定期的に無料の就活講座を開催しており、履歴書の添削・面接対策などを学べます。

専任アドバイザーと個別に面談することで、本当に自分のやりたいこと・向いている仕事を把握できるため、就活をスムーズに進められます。

就職後もアドバイザーに相談できる

就職カレッジでは、就職後もアドバイザーに相談が可能です。就活サポートサービスの中では珍しく、就職成功後1年間も仕事に関する内容を相談できます。

専任アドバイザーによる手厚いサポートを受けることで、入社後も安心して働き続けることができるでしょう。

まとめ

以上、建築関係の仕事の種類やメリット・デメリット、就くためのポイントを解説しました。

建設関係の仕事は建築士や大工以外にも、様々な種類が存在します。需要が高く・体力やコミュニケーション能力を高めることが可能です。しかし、本当に建設関係の仕事に向いているのかわからない方も多いでしょう。

このような場合は、就活サポートサービスの就職カレッジがおすすめです。就職カレッジなら、専任アドバイザーが自己分析や面接対策など、就活に必要な手厚いサポートを提供します。

そのため、建設関係の仕事が向いているのか知りたい人にもおすすめです。この記事で、建設関係の仕事の種類やメリット・ポイントを把握し、就職カレッジを利用して就職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等