就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

中卒ニートの末路…今からでも人生逆転する方法を一挙紹介!

中卒ニートの末路…今からでも人生逆転する方法を一挙紹介!

中卒でニートをしている人の多くは、将来に不安を感じているのではないでしょうか?

この記事では、中卒ニートがこれから何もしなかった時の末路を紹介しつつ、悲惨な未来を回避するための行動について解説しています。

「何かしたいけど何をすればいいのか分からない」といった中卒ニートの人は参考にしてみてください。

中卒ニートの実態|割合や原因

中卒ニートの実態|割合や原因

まずは中卒ニートの現状について、データなどから理解を深めていきましょう。

ここでは、日本に占める中卒ニートの割合や、中卒ニートになってしまった原因について解説します。

※この記事で扱う「ニート」とは厚生労働省の定義に基づき、「15~34歳の若者で、仕事に就かず、家事も通学もしていない人」と定義します。

ニートのうち中卒の割合は2割

独立行政法人 労働政策研究・研修機構の調査によると、ニートの学歴構成は以下のようになっていることが分かっています。

中卒18.1%
高卒57.2%
短大・専門卒10.8%
大学・大学院卒13.2%

この割合だけ見ると、中卒ニートの割合よりも高卒ニートの割合の方が多いと思ってしまいますが、内閣府の発表では高校進学率が87.5%となっていることから、「中卒はニートになる可能性が非常に高い」と言うことができます。

ちなみに2020年におけるニートの人数は約87万人となっていますので、日本に中卒ニートは約16万人いることになります。

ニートの割合については以下の記事でも詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

ニートの割合は?割合の推移と年齢別・学歴別のデータを紹介

ニートの割合は?割合の推移と年齢別・学歴別のデータを紹介

ニートになってしまった原因

ニートになってしまった原因は次のようなものが考えられます。

  • 不登校や中退を経験し、強い挫折感を感じた
  • いじめられたことで、自分の存在価値を見いだせなくなった
  • 人とコミュニケーションを取るのが苦手だと感じている
  • 家庭環境

このように様々な原因が考えられますので、ニートを脱出するためにはそれぞれの原因に応じた対処方法が必要だとされています。

なお、この記事でこれから解説する中卒ニート脱出のための方法は、上記の原因に関わらず多くの中卒ニートが実践できるものになっていますので、安心して読み進めてみてください。

ニートになってしまう原因を詳しく解説している記事については以下をご覧ください。

ニートをしている原因って?原因別の詳細やニート脱出のためのきっかけについて

ニートになってしまう原因とは?2通りのパターンと脱却方法を紹介します!

30代以下のニートは増えている

Yahoo!ニュースの記事から抜粋した、年齢別ニート人口の推移は以下のようになっています。

年齢/西暦2016年2017年2018年2019年2020年
15-19歳9万人7万人7万人9万人19万人
20-24歳14万人14万人14万人15万人18万人
25-29歳16万人15万人15万人14万人14万人
30-34歳19万人17万人17万人18万人18万人
35-39歳20万人18万人18万人18万人18万人

どの年代も、ニートの人数が増えていることが分かります。

また、2019年から2020年にかけて10代後半から20代のニートが極端に増えていることが特徴的です。

この原因として、コロナウイルスの流行による失業や、高校・大学の中退が考えられます。

もしこの記事をご覧のあなたがこれらの理由で中卒ニートとなっているのであれば、後ほど解説する方法で正社員就職を目指してみてください。

中卒ニートのやばい末路

中卒ニートは自分で思っているよりもやばい状況にあります。

ここでは、中卒ニートが現状を理解せず、そのまま生活を続けていった時に考えられる6つの末路を解説します。

末路1.常に誰かを頼ってしか生きられなくなる

中卒ニートである限り、自分一人で生きていくことは絶対にできません。

今は実家に住み、親から生活費や食事を出してもらうことで生きているかもしれませんが、その親もいつまでもいるわけではありません。

親の次に頼るのは国になるでしょう。

具体的に言えば生活保護に頼ってしか生活ができないということです。

ニートの中には「親がいなくなったら生活保護で生きていけばいい」とのんきに考えている人が多いようですが、そもそも生活保護は受給条件が複数存在しており、働ける心身を持っている人が簡単に受給できるものではありません。

生活保護の現実についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

生活保護が受けられなければ、いよいよ自立しなければなりませんが、その状態までニートをしていた人にできる仕事はほとんどありません。

従って、最終的には物乞いをするような生活をしなければならなくなります。

このように、中卒ニートであることがきっかけで、常に誰かに頼ってしか生きられない人になる末路が待っています。

末路2.その日生きることしか考えられなくなる

中卒ニートは基本的にその日その日をただ生きています。

将来のことから目を背け、毎日暇な時間をどのように潰そうか考えながら生活しているという人も多いのではないでしょうか?

例え将来のことを考えられたとしても、「自分はニートになるような人だから…」「今は時期が悪いから…」など適当な理由をつけて行動しない人も少なくありません。

結果として、今自分の欲望が満たされればいいとしか考えない人となり、将来性の全くない存在へとなってしまうでしょう。

末路3.人間関係が希薄になる

中卒ニートの生活が長引けば、会話する人も徐々に減っていき、最終的には自分の周りから人がいなくなってしまうことが考えられます。

これは、単純に人と話す機会が減るというのもそうですが、それ以上に他人と話が合わなくなっていくことが大きな原因です。

例えば中卒ニートのまま35歳になったとしましょう。

自分と同年代の人は結婚・子育て、初めての管理職など様々な社会経験を積んできていますが、中卒ニートは子どもだった時の生活にとらわれていますので、話せる話題はネットやゲームくらいしかありません。

この2人が出会っても、全く話が通じないと容易に想像できるのではないでしょうか。

このように、中卒ニートは誰とも親しくなれることはなく、一人のままいなくなっていくという末路が考えられます。

末路4.不健康な身体になる

中卒ニートであると同時に引きこもりという人も少なくありません。

引きこもりは家から一切出ず、また自分の好きな時間に寝起きをすることから、基本的に不健康な身体になっていくと考えられます。

自堕落な生活はどんな人にとっても楽ではあるものの、その生活を続けていけば生活習慣病を始めとした様々な病気になってしまうでしょう。

親がいる間であれば看病や介護をしてくれるかもしれませんが、親がいなくなって病気になってしまうと悲惨です。

病院に行くお金も無く、病気が原因で働き始めることもできず、まさに八方塞がりの中で生きて行かなければいけません。

ちなみに生活習慣病と呼ばれる病気には以下のようなものがあります。

  • 糖尿病
  • 肥満
  • 脂質異常症
  • 高血圧症
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 肺がん
  • 大腸がん
  • 肝硬変
  • 慢性気管支炎

引用「太陽生命:生活習慣病とは?定義や種類、原因を知って備えよう!

生活習慣病は、いずれも一度かかってしまうと完治するのは難しく、激しい痛みや苦痛を伴うものも珍しくありません。

末路5.将来できることが極端に減る

中卒ニートを続けても、アピールできる経験は得られません。

つまり、中卒ニートを続けた先には「ただ生きた時間を重ねただけの人間」しかいないのです。

何の経験も積んでいないような人が年齢を重ねてからできることは相当限られます。

誰もやりたがらないような仕事、一生誰かに使われ続ける仕事、働いているだけで憂うつになってくる仕事……そんな仕事しか選べない状況になってしまいます。

例え中卒ニートであったとしても、年齢が若ければまだまだ逆転できますし、正社員として働くことも可能です。

正社員になりたいと考える中卒ニートの人は、以下のリンクをチェックしてみてくださいね。

末路6.一人で人生の最期を迎える

中卒ニートの末路を色々見てきましたが、結局最期は一人でこの世を旅立つことが考えられます。

誰に感謝されることもなく、誰に悲しまれることも、悼まれることも、何も感じられることなくひっそりといなくなります。

このような末路を迎えるのが楽しみだという人は中卒ニートを続けてもいいかもしれませんが、そうでない人は何らかのアクションをしていかなければいけません。

中卒ニートが人生逆転するためのアクション

中卒ニートが悲惨な末路を迎えないためにできることは「就職」しかありません。

そのため、人生逆転するためにできる行動は、就職活動ということになります。

ここでは中卒ニートが就職を経て、人生逆転をさせるために必要なアクションについて解説します。

規則正しい生活をする

社会人として生活するには規則正しい生活が重要です。

中卒ニートとして自堕落な毎日を送っていれば、就寝・起床時間が昼夜逆転していることも珍しくありませんが、社会人としての生活にあらかじめ慣れておくためにも、規則正しい生活をするよう心がけることが大切です。

「毎日決まった時間に寝起きする」「一日三食決まった時間に食事する」「適度な運動をする」など、基本的なもので構いません。

規則正しい生活により、社会人としての心がまえができるだけでなく、健康なからだ作りにも役立ちます。

服装や髪型などの身だしなみを整える

規則正しい生活と同じくらい社会人に重要なのが「身だしなみ」です。

「清潔感のある髪型に整える」「ひげを剃る」「顔を洗う」「サイズ感の合った服を着る」など、子どもでもできる基本的な身だしなみで問題ありません。

自分自身で恥ずかしくないと感じる身だしなみができるようになれば、外に出るのもおっくうではなくなるでしょう。

「外に慣れる」という意味でも、身だしなみを整えることは非常に有効なのです。

バイトを始めてみる

いきなり会社に就職してもやっていく自信がないという人であれば、まずはバイトから始めてみてもいいでしょう。

バイトであれば正社員よりも求められる仕事のレベルが低くなるので、仕事を覚えやすいというメリットがあります。

また、バイトから正社員になれることもあり、将来的には腰を据えて働きたいと考えている中卒ニートにまずはおすすめしたいアクションです。

中卒におすすめのバイト男女別5選!バイトに受かるコツも解説

中卒におすすめのバイト男女別5選!バイトに受かるコツも解説

高卒認定試験に合格する

同じニートでも、中卒か高卒かで選べる求人の選択肢は変わってきます。

ある程度まとまった時間を勉強に費やすことができる人であれば、高卒認定試験の受験も検討してみてください。

満16歳以上であれば受験できる高卒認定試験ですが、合格することで高卒として認められることになり、将来的な選択肢を大幅に増やすことができます。

高卒認定試験の詳細は以下の通りです。

試験日程年2回(基本的に8月と11月)
受験資格満16歳以上(中卒可)
試験科目【必須科目】
国語・数学・英語
【選択科目】
<地理歴史>
・世界史A、世界史B のうち一科目選択
・日本史A、日本史B、地理A、地理B のうち一科目選択
<公民>
・現代社会 の一科目
・倫理、政治経済 の二科目のどちらかを選択
<理科>
受験パターンA:二科目受験
・科学と人間生活
・物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎 のうち一科目選択
受験パターンB:三科目受験
・物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎 のうち三科目選択
合格率40.8%(令和二年度実績)
合格者数年間約9,000人

参考「文部科学省:令和3年度高等学校卒業程度認定試験

試験範囲は広いものの、毎年約10,000人近くが合格していることから、しっかりと勉強さえすれば合格できるでしょう。

正社員求人に応募する

中卒ニートから正社員求人に応募するのもおすすめです。

「今まで働いたことのない中卒でも正社員として就職できるの?」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、しっかりと対策をすれば問題なく就職することができます。

近頃は人手不足になっている会社も非常に多いので、学歴に関係なく募集されている求人や、後ほど解説するコツを意識して就職活動をすれば採用可能性を上げられます。

また、記事の最後で紹介するような「中卒ニート向けの正社員就職支援サービス」の利用をすれば、正社員就職の可能性を上げることができるでしょう。

中卒ニートは仕事探しで苦戦すると言われる4つの理由

中卒ニートの取るべきアクションとして「正社員就職」を挙げましたが、世の中的には中卒ニートの仕事探しは苦戦すると思われています。

ここでは、なぜ中卒ニートが仕事探しで苦戦すると言われているのかについて、4つの理由を解説します。

これらの理由を認識し、あらかじめ対策しておけば就職率を上げられるでしょう。

理由1.中卒という学歴だから

そもそも中卒という学歴に対していいイメージを持つ人が少なく、採用に通過する可能性が低いと考えられます。

中卒は「勉強を続けられないほど集中力が低い」「目標に向かって頑張る力が不足している」などと思われやすく、高卒以上の人に比べてどうしても見劣りしてしまう傾向にあるのです。

理由2.思考力が低いと思われてしまうから

社会人として働いていくには、論理的に物事を考える力が求められますが、この能力を義務教育だけで身につけることは難しいのが現実です。

つまり、中卒は高卒以上に比べて思考力が低い点が懸念に感じられてしまうことが、仕事探しで苦戦する理由だと言えます。

理由3.コミュニケーション能力が低いと思われやすいから

中卒という義務教育程度の経験しかしていなければ、その人の見ている世界や関係のある交友関係は非常に狭いと考えられます。

そのため、中卒のコミュニケーション能力は、ただの友達付き合いという領域を出ないのです。

中卒は「社会人として必要なコミュニケーション」が十分にできないと考えられてしまうことから、円滑に仕事をこなせないと感じられてしまうでしょう。

理由4.そもそも中卒向けの求人が少ないから

能力の低さといった感覚的なものだけでなく、数字として見ても中卒は仕事探しで苦戦すると言えます。

大手求人サイトのdodaで検索してみると、全求人約10万件のうち、中卒でも応募できる「学歴不問」の求人数は約5万件と、およそ半分になっていることが分かります。

このことから、中卒が応募できる求人の選択肢は少なく、同時にライバルが多くなってしまうことが考えられ、結果的に仕事探しで苦戦してしまうと言えるのです。

職歴なしの中卒ニートが仕事を見つけるコツ

職歴なしの中卒ニートであったとしても、コツを抑えて活動すれば自分に合った仕事を見つけることはできます。

ここからは、中卒ニートが仕事を見つけるコツについて解説します。

学歴不問の求人から探す

中卒が就職サイトなどから求人を探そうとする時、必ず学歴不問の求人の中から選ぶようにしてください。

学歴不問というのは、今までの学歴に関係なく採用するということを意味しますので、中卒という学歴にハンデがある人であっても、選考上デメリットとして捉えられずに選考を進められるといったメリットがあります。

もちろん学歴不問と書かれていない求人であっても応募はできますが、書類選考で落とされる可能性は非常に高いです。

せっかく就職活動を始められても、何回も落ちてしまえばモチベーションが下がってしまうかもしれません。

自分の就職意欲を無くさないためにも大切なコツだと言えるでしょう。

学歴不問の条件については、ほとんどの就職サイトで条件設定ができますので、忘れずに設定しておいてください。

会社名で選ぶことはしない

どうせ就職するのであれば、安定した大企業に行きたいと考える人もいるかもしれませんが、中卒ニートが大企業に就職するのはあまりにも高い壁になります。

中卒ニートがスムーズに就職活動を進めるためには、知っている(聞いたことのある)会社名で応募先を選ぶようなことはしないようにしてください。

中卒ニートの場合は、中小企業を中心に応募先を見つけていくようにしましょう。

中小企業にいいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、中小企業庁の公表では「日本における全企業のうち中小企業の割合は99.7%」「全従業員のうち7割が中小企業で働いている」となっています。

非常に多くの日本国民が中小企業で働いていますので、「中小企業だから」という理由だけで不安に思う必要はありません。

自分のやりたい仕事を明確にする

とにかくどこでもいいから就職したいと考えて、手当たり次第に応募しても採用されることはありません。

内定の確率を上げるためにも、自分のやりたい仕事を明確にしておくことが大切です。

自分自身がどんな仕事をやりたいと思っているのか、また、どんな仕事であれば自分に向いているのかを知るためには、自己分析に取り組む必要があります。

自己分析のやり方が分からないという中卒ニートの人は、就職カレッジの無料就活講座の受講がおすすめです。

正社員就職支援サービスを利用する

今まで正社員として働いたことのない中卒ニートが一人で就職活動を進めていくと、様々なポイントで困ってしまうかもしれません。

スムーズに内定獲得まで就職活動を進めるためにも、正社員就職支援サービスの利用がおすすめです。

正社員就職支援サービスを利用すれば、就職活動に必要な基本的な知識を教えてもらえるだけでなく、的確なアドバイスや求人紹介などのサポートを受けられますので、就職成功率が高まると考えられます。

正社員就職支援サービスは多くありますが、自分と同じ境遇の人の就職支援実績があるサービスを選ぶことが大切です。

中卒やニート向けの正社員就職支援に特化しているサービスが、就職カレッジです。

就職カレッジの就職率は81.1%※と非常に高くなっており、登録すれば中卒ニートでも正社員就職の夢が叶えられるでしょう。

就職カレッジについてはこの記事の一番最後で詳しく解説しますが、気になる人は以下のリンクから確認してみてください。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

中卒ニートにおすすめの仕事

中卒ニートが就職活動を進めていくに当たって、どの仕事がおすすめなのか知りたいという人は多いでしょう。

ここでは、中卒ニートでも安心して業務に取り組める仕事を3つ紹介します。

3つの仕事とも、先ほど解説した「仕事探しのコツ」で挙げた「学歴不問」の求人として募集をかけられていることが多いので、気になる仕事があったら集中的に検索してみてください。

※求人件数については就職サイトdodaの検索結果より引用(執筆時時点)

営業職

営業職は、個人や法人に対して特定のサービスや商品を買ってもらえるよう、商談を行う仕事です。

様々な仕事の中でもトップクラスに求人数が多く、またほとんどの業界で必要とされている仕事のため、自分の希望業界の会社に入社しやすいといった傾向にあります。

平均年収442万円
学歴不問の求人件数9,073件
向いている人の特徴・コミュニケーション能力が高い人
・思ったことをしっかり言葉にできる人
・本当に人生逆転したい人

どんな会社に入社しようとも、営業職である以上はお客さんとコミュニケーションを取り続けていかなければいけませんので、中卒ニートがいきなり営業職に就職すると緊張してしまうかもしれません。

ただ、営業職は様々な会社で募集されており、一度成果を出せれば中卒であろうと他の会社で活躍できる可能性が高いため、将来的にキャリアアップを目指していきたいという人に特におすすめです。

また、営業職は自分の頑張り次第で稼いでいける仕事でもあります。

不動産業界や保険業界などの営業職であれば、契約が取れれば取れるだけ追加報酬がもらえることがあります。

これにより、平均年収以上に稼げる可能性がありますし、就職サイトでは「20代で年収1,000万円以上も可能!」と書かれている求人広告も存在します。

これらより、中卒ニートから本気で人生逆転したいと考えている人にもおすすめの仕事と言えます。

介護職

介護職は、介護を必要とするお年寄りや障がい者の方を対象に、日常生活全般の介護を行う仕事です。

求人によって老人ホームの施設で働くこともあれば、利用者の自宅に訪問して介護をするケースもあります。

平均年収295万円
学歴不問の求人件数300件
向いている人の特徴・思いやりの心がある人
・体力に自信がある人
・仕事を覚えることに自信がない人

日本は少子高齢化社会になっていることもあり、介護を必要としている人は今も、これからもどんどん増えていくことが予想されています。

しかし、介護職に就職しようとする人の増え幅は小さく、結果として介護業界では人手不足であり続けている状態となっています。

そのため、中卒ニートであっても採用されやすいといった特徴があるのです。

仕事内容としては基本的に身体仕事になりますので、ある程度体力が求められます。

大変な仕事ではあるものの、利用者の人から直接感謝の気持ちを伝えてもらえたり、自分の頑張りで症状が回復していく様子を見れたりするので、他の仕事では味わえないようなやりがいを感じられるでしょう。

ドライバー

ドライバーは車を運転して人やモノを運ぶ仕事です。

タクシー運転手や長距離ドライバーなどが該当します。

平均年収420万円
学歴不問の求人件数380件
向いている人の特徴・人と話すのが苦手な人
・できれば一人で仕事と向き合いたい人
・車の運転が好きな人

ドライバーは勤務時間のほとんどが車の運転となりますので、運転が好きな人からしたら天職だと言えるかもしれません。

また、運転中は基本的に一人になることから、誰かと話すような仕事になるべく就きたくないと考えている人にもおすすめな仕事です。

一方、運転は一歩操作を誤れば命の危険がある行為ですので、仕事中は常に集中していなければいけません。

同時に、長時間座席に座り続ける仕事のため、腰など身体を痛めてしまう人も少なくない点には注意が必要です。

中卒ニートの就職活動におすすめの就職カレッジとは?

中卒ニートの就職活動には、中卒やニートのサポートに特化したサービスの利用がおすすめです。

ここでは、その中でも特におすすめな就職カレッジというサービスについてご紹介します。

※就職カレッジは18歳以上を対象にしたサービスです。

中卒やニート向けに運営されている正社員就職支援サービス

就職カレッジは、中卒やニートの正社員就職支援に特化したサービスです。

今までの就職支援実績は23,000人以上※となっており、同じように中卒ニートで就職活動に悩んできた多くの人のサポートを成功させた実績があります。

中卒ニートが就職活動を成功させるためのノウハウも豊富に蓄積されており、初めて正社員を目指すという人でも安心してサービスを利用できるでしょう。

※2005/5/1-2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就活講座で就職率81.8%※の実績

就職カレッジに登録すると、無料就活講座が受講できます。

この無料就活講座では「ビジネスマナー」「自己分析」「企業研究」「履歴書の書き方」「面接の対策」など、就職活動で知っておきたい知識をまとめて教えてもらえますので、しっかり学べば就職率を高めることも可能です。

事実として、就職カレッジの利用者の就職率は81.8%※と、およそ10人に8人が内定を獲得している高い実績を誇っています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

数十社と1日で出会える集団面接会に参加可能

無料就活講座を受けた後は、運営会社が厳選した優良企業数十社と1日で出会える集団面接会に参加できます。

多くの企業と一度に出会うため、企業を比較しやすく、自分に合った仕事を見つけやすいといった特徴があります。

また、この集団面接会では書類選考が行われませんので、スピード感のある就職活動が可能です。

内定まで2週間しかかからなかった人もいることから、できるだけ就職活動を早く終わらせたいという人にもぴったりです。

就職後も手厚いサポートで定着率91.5%※を誇る

就職カレッジでは、内定までの間はもちろん、採用後まで専任のアドバイザーによるサポートを受けられます。

就職後に感じるような社会人ならではの悩み相談も可能なのは嬉しいポイントではないでしょうか。

このような充実したサポート体制もあり、就職カレッジで就職した人の定着率は91.5%※と高くなっています。

この数字から、「就職カレッジを利用すれば自分が長く働ける仕事と出会える」と言えるでしょう。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

中卒ニートはそのままでいると悲惨な末路となってしまいます。

自分の本当の幸せをつかむためにも、就職カレッジなどの正社員就職支援サービスを活用して就職活動と向き合うことがおすすめです。

就職カレッジは30秒程度で登録でき、もちろん利用は無料です。

気になる人は以下のリンクから登録してみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン