就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

無職が借金する方法は?無職の借金返済の方法についても解説

無職が借金する方法は?無職の借金返済の方法についても解説
ニートFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

無職でも借金ができるのか気になる人は多いのではないでしょうか?

この記事では、無職は借金ができるのかを始め、借金をするのであればどういった方法があるのかだけでなく、借金をせずにお金を工面する方法まで解説します。

何らかの理由で無職になってしまったものの、現在お金に困っているという人は参考にしてみてください。

無職は借金できる?

無職は借金できる?

まず、無職は借金をすべき・しないべきといった話をする前に、そもそも無職が借金できるのかどうかについて解説します。

基本的には借りられない

残念ながら、無職である以上借金をするのは基本的に難しいのが現実です。

無職に限らず、人が借金をしようとする時には、ほぼ必ず融資元による審査が行われます。

この審査では、「過去に延滞や返済不能に陥ったことはないか」といった信用調査を始め、「融資をしても返済できるだけの収入はあるのか」といったものが行われますので、どうしても継続的な収入が無ければ審査に通過しないようになっています。

審査基準は融資元それぞれで定められているので一概には言えませんが、少なくとも安定した収入が全く見込めない無職が審査に通過することはほぼあり得ないと思っておいた方がいいでしょう。

一方、例外として無職でも借金ができる可能性もあります。

融資元は、借金が返済される見込みがあれば安心して貸し出すことができますので、現時点で預貯金を充分持っていたり、安定的な不動産収入がある場合は、無職でも借金ができるかもしれません。

「無職でも借りられる」は避けるべき

無職だと基本的には借金ができないと解説しましたが、これはあくまでも“普通”の業者の話です。

貸金業者の中には、「無職でも借りられる」ということを全面的に謳っている会社がありますが、このような会社から借金をすることだけは避けておきましょう。

無職でも誰でも借金できることを謳っているような所は、闇金の可能性がありますので、一度でも闇金から借金をしてしまうと、様々なトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

「法外な金利請求で毎月返済しても元金が一向に減らない」「取り立てが激しく、職場や家族に迷惑をかけることになる」など、命の危機に及ぶ可能性もあります。

無職が闇金から借金をしないようにするためにも、この記事を読み進めて、現金を工面するための方法を理解してみてください。

無職の借金方法は?

無職の借金方法は?

無職は借金をするために重要となる社会的信用度が低いため、比較的審査ハードルの低い融資か、何らかの担保を差し入れる必要がある融資を検討していくことになります。

ここでは、無職でも借金ができる可能性のある5つの方法を紹介します。

方法1.カードローン

無職が借金を検討する場合、銀行や消費者金融の中でも比較的審査ハードルが低いとされているカードローンが第一候補になります。

カードローンとは、あらかじめ利用限度額が定められた状態で発行されるカードを用いて、ATMなどで現金を借りることができるといった融資方法のことです。

金利が高い反面、限度額内であれば使いたい時にすぐ借金ができるといった特徴を持っています。

カードローンをさらに分けると、メガバンクや地方銀行などが発行する銀行系カードローンと、アコムやプロミスなどが発行する消費者金融系カードローンの二種類となりますが、消費者金融系カードローンの方が審査ハードルが低い傾向にあるそうです。

しかし、消費者金融系カードローンであっても、定期的な収入と返済能力が求められることが大半なので、全くの無収入である無職が契約できるかは微妙なラインと考えられます。

方法2.生命保険の貸付制度

無職でも生命保険に加入していれば、「契約者貸付制度」を用いて借金ができる可能性があります。

契約者貸付制度とは、生命保険の商品ごとに設定されている解約返戻金を担保にして保険会社から借金ができる制度のことです。

簡単にいうと、加入している生命保険を担保にした借金ということになります。

契約者貸付制度には、「カードローンよりも金利が低い」「借金をする時の審査が不要」といったメリットがありますが、「借金をする自分自身が保険契約をしていなければならない」といった条件があります。

そのため、自分で生命保険を契約していれば無職でも借金が可能なものの、そうでない場合は一切利用できませんので注意してください。

方法3.不動産担保ローン

無職でも借金ができる方法としては、「不動産担保ローン」もあります。

不動産担保ローンとは、その名の通り「保有している不動産を担保に金融機関に差し出すことで、一定金額の融資を受けられる」という融資商品です。

差し出す担保の不動産価値によって借りられる上限額が異なってきますが、返済は毎月の分割返済が認められているケースがほとんどであると同時に、カードローンよりも金利が低く借金の使い道も自由といった特徴があります。

しかし、生命保険の契約者貸付制度とは異なり、不動産担保ローンの借入条件に「継続した収入があること」を設けている金融機関も少なくありませんので、もし無職のあなたが不動産を持っていたとしても利用できるとは限りません。

方法4.内定者専用ローン

現時点では無職であるものの、既に就職先が決まっているという場合には、「内定者専用ローン」というものも利用可能です。

内定者専用ローンとは、内定通知書の提出を条件に「将来的な支払い能力がある」と見なされることで借金が可能になる融資方法です。

こちらの借金方法も、カードローンより金利が低く設定されていることが多いですが、融資金額や返済期間などがコンパクトにまとまっている傾向にありますので、多額の借金はできない点に注意しておきましょう。

方法5.年金担保貸付制度

特定の年金証書を持っていて、現在その年金の支払いを受けているといった無職であれば、「年金担保貸付制度」が利用できます。

この借金方法は、法律で認められていて厚生労働省の管轄で運用されているものであり、年金受給権を担保としてある程度まとまった借金ができるという制度です。

無職であっても利用可能ですが、この制度を使って受けた借金を完済するまで、年金の一部が利用できなくなりますので、計画的に活用しないと生活ができなくなってしまう恐れがある点に注意しましょう。

詳しくは「厚生労働省|年金担保貸付制度のご案内」のページをご覧ください。

無職の借金は国からも可能

無職の借金は国からも可能

無職が借金を検討する場合、条件を満たしていれば民間企業ではなく、国からお金を借りられることがあります。

ここからは、無職が国から借金をできる「生活福祉資金貸付制度」について解説します。

生活福祉資金貸付制度とは

無職が国から借金できる制度の名前は、「生活福祉資金貸付制度」と言います。

厚生労働省管轄で、実務を行う主体は各都道府県の社会福祉協議会となりますので、もしこの制度を受けたい場合は自分の住んでいる地方自治体の役所に行く必要があります。

生活福祉資金貸付制度の概要について、以下の表でまとめました。

(貸付限度額や返済期間は資金種類によって細かく異なるため省略しています)

貸付対象【低所得者世帯】必要な資金を他から借りることが困難な世帯(市町村民税非課税レベル)
【障害者世帯】身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人がいる世帯
【高齢者世帯】65歳以上の高齢者が属する世帯
貸付資金の種類・総合支援資金
・福祉資金
・教育支援資金
・不動産担保型生活資金
連帯保証人原則必要だが、連帯保証人が不要な貸付方法もある
利子【連帯保証人あり】無利子
【連帯保証人なし】1.5%/年

出典「厚生労働省:生活福祉資金貸付制度」

無職の場合は「低所得者世帯」となり得ることから、貸付対象としてみなされる可能性があります。

また、借金の理由が生活資金の不足であれば、貸付金の種類は「総合支援資金」の「生活支援費」となることが考えられます。

この場合、単身で毎月15万円以内の融資を3〜12カ月受けることができ、返済期間も10年以内と非常にゆとりのある条件で借金が可能です。

生活福祉資金貸付制度を利用するメリットデメリット

生活福祉資金貸付制度を利用するメリットデメリットについてまとめましたので、制度の利用を検討している人は参考にしてください。

メリット

生活福祉資金貸付制度の大きなメリットは、「ある程度まとまった金額を無利子で借金することができる」という点になります。

無利子で借金するためには、連帯保証人付きという条件があるものの、他の方法ではまず考えられないほど優遇を受けることができますので、後々の返済が楽になるという点で、無職におすすめしたい借金方法です。

デメリット

好条件で借金ができる生活福祉資金貸付制度ですが、借りる前だけでなく借りた後も手続きが面倒といったデメリットがあります。

この制度は国が運営していることもあり、民間金融機関での審査と比べて「提出書類が多い」「資金振り込みまでに時間がかかる」という点が特徴的です。

また、借金をした後も民生委員と面談をして「働くための準備はしているか」「返済の目処は立っているか」「定められた使途以外にお金を使っていないか」などの細かいチェックが入るなど、人にとっては面倒だと感じてしまうこともあるでしょう。

生活福祉資金貸付制度を利用する時の注意点

生活福祉資金貸付制度は、利用により民生委員との面談が入る以外にも、以下のような注意点があります。

  • 生活に困窮している理由が失業などの明確な要因でなければいけない。
  • 総合支援資金貸付の場合、現在住居がある人が貸付対象となる。
  • 多重債務者の場合、総合支援資金貸付で借り換えを行うことはできない。
  • 既に生活保護を受給している人は貸付の対象外である。

上記の注意点をまとめると、「現在働ける身体なのにも関わらず、自堕落な生活を送っており、サラ金などの借金で首がまわっていないという人は借りることができない」ということになりますので、注意してください。

無職が借金をする時の注意点

無職が借金をする時の注意点

無職が借金できたとしても、気をつけて利用しなければ借金地獄に陥ってしまうかもしれません。

民間企業にしろ、国の制度にしろ、無事に借金できる状態になっても、次のような点に必ず注意するようにしてください。

注意点1.借金地獄にならない返済計画をたてる

借金する時は、どこから借金をしているかを常に理解し、毎月の返済額や残りの残高をしっかり把握しておけるような返済計画を立ててください。

行き当たりばったりで返済や借金をしていると、思っていたよりも借金総額が増えていたり、月々の返済すらも行えずに延滞してしまうことに繋がります。

そうならないためにも、返済計画を立てることが重要です。

また、しっかりと返済計画を立てていたとしても、無職である以上は安定した収入が見込めませんので、自然と計画が破綻してしまう可能性もあります。

借金を計画的に完済させるためには、早期に安定した仕事に就く必要があるのです。

注意点2.金利を理解しておく

無事に審査に通過したからといって、借りることだけに意識が向いてしまうと、最終的に支払う金額が借りた元金以上になることもありますので注意してください。

借金をする時には、ほぼ必ず金利の支払いをする必要がありますので、毎月の返済は、返済元金と利息を合わせた金額を支払うことになります。

この金利について、しっかりと理解をしておきましょう。

同じ金額を借金するとしても、金利が違えばその分返済期間が長引いたり、毎月の返済金額が大きく異なります。

例えば100万円を以下の2パターンの金利で借りた時で総返済額を比べてみましょう。

<金利15%で借りた場合>

23,789円(毎月の返済額)×60(カ月)=1,427,340円(総返済額)

<金利1.5%で借りた場合>

17,309円(毎月の返済額)×60(カ月)=1,038,540円(総返済額)

※両方とも元利均等返済で5年間をかけて返済したとしてシミュレーション

このシミュレーションの場合、金利の違いだけで約40万円も総支払額に差が出てくることが分かります。

この例の金利は極端ではありますが、借金をするのであればできる限り低い金利の先で借りるようにした方がいいでしょう。

注意点3.何に使うお金かを決めておく

融資先にて資金使途が定められていない場合、基本的に借金したお金はどのように使っても問題がないことになります。

しかし、借金したお金を何に使うかを明確に決めておかなければ、一時的にお金が増えたと思い込んでしまい、無駄遣いをする危険性があります。

借金はあくまでも一時的に他人から借りているお金にすぎませんが、あたかも自分のお金のように使っていると、借金をする重みが薄れていってしまいます。

そうなれば、借金への抵抗感が無くなりますので、多重債務や闇金の利用などよくない方向に突き進んでしまうでしょう。

無職が借金以外で即日現金を手にする方法

無職が借金以外で即日現金を手にする方法

無職の借金は、安定的な収入がなく返済が滞る可能性が高いことから考えて、できる限り避けるべきです。

「そうは言われても、生活するためのお金が足りなくて困っている」という人もいると思いますので、ここからは無職が借金以外で即日現金を手にする方法を4つ紹介します。

方法1.即日日払いのアルバイトをする

まずは単純な方法ですが、即日日払いのアルバイトであれば、働いたその日に確実に現金を手にすることができます。

次のような種類のアルバイトは、単発バイトとして募集されていることも多いので、即日日払いで給料がもらえる可能性があります。

  • イベント設営/運営スタッフ
  • ティッシュ配りやチラシのポスティング
  • 試験監督
  • 倉庫などの軽作業スタッフ
  • ミステリーショッパー(覆面調査員)

単発バイトであっても、給料の支払いは1ヶ月単位と定められていると即日で現金を受け取ることができませんので、募集要項を必ずチェックするか、事前に電話などで確認しておくことをおすすめします。

方法2.フリマアプリを使う

家に余分なものが余っていれば、それをフリマアプリに出品して現金化するのもおすすめです。

出品してから売れるまでに時間がかかってしまうとその分現金を手にするタイミングが遅れてしまいますが、思わぬものが高値で売れる可能性もありますので、楽しんで現金を手にすることができるでしょう。

方法3.キャッシング機能を使う

無職の場合、カードローンやクレジットカードを新しく契約することは難しいですが、既にそれらのカードを持っている場合は、きちんと利用料金を支払えていれば問題なく利用できます。

もし自分が今持っているカードに、キャッシング機能が付帯されていれば、利用限度額の範囲内で現金融資を即日で受けることができます。

限度額が分からないという場合は、カード会社に確認するようにしてください。

また、現在クレジットカードは持っているものの、キャッシング機能が付帯されておらず、新しくキャッシングができるようにする場合は、新規借入と同じく審査が必要になりますので、無職が利用できる可能性は低いです。

方法4.バンドルカードを活用する

バンドルカードを活用した現金化もおすすめの方法です。

バンドルカードとは、無職でも作れる無審査のVisaバーチャルプリペイドカードのことで、スマホだけですぐに利用可能になります。

このカードはプリペイドカードですので、利用前にチャージを行う必要があるのですが、チャージ金額を後払いにできる特徴があります。

この特徴を活かし、「後払いでチャージ→アマゾンギフト券などの換金率が高いギフト券を購入する→換金ショップで売る」といった流れで現金化ができます。

やや手間はかかりますが、無職でも利用可能な確実に即日現金を手にできる方法ですので、気になった人はバンドルカードの公式ページを見てみてください。

無職が借金返済しなかった末路

無職が借金返済しなかった末路

無職が借金を返済しないと、思ってもいないような生活を強いられることがあります。

ここでは、その末路について解説します。

末路1.資産が差し押さえられる

借金に限らず、税金や年金などの支払い義務が生じているものを放置していると、ある日予告なく財産の差し押さえをされることがあります。

差し押さえというのは、債権者(貸主)が裁判所を通じて法的に債務者(借金をした人)の特定の物や権利を失わせるといったものであり、差し押さえをされてしまうと次のようなものが没収されてしまうことになります。

  • 給与
  • 銀行口座の預金
  • 不動産
  • 動産(家財や私物など)
  • 債権

特に銀行口座の預金を差し押さえられてしまうと、口座からの引き出しは一切できなくなってしまいますので、事実上使えるお金が一瞬にして無くなるということになります。

そのため、普通に生活をしていくこと自体が難しくなってしまうでしょう。

末路2.督促に怯える日々を過ごす

差し押さえは債権者の最終手段になりますので、その前には支払いの督促が行われます。

銀行や大手消費者金融から借りている場合は、督促といっても書面によるものになりますので、そこまで強行なものにはなりませんが、「支払わなければいけないのに支払えない」という焦りや不安を感じる毎日を過ごすことになるでしょう。

また、もし闇金や督促の激しい業者から借金をしてしまうと、その督促行為が実生活を脅かすことになるかもしれません。

時間を問わずに督促のための訪問をされたり、電話越しに恫喝をされるなど、業者によっては法的にNGな督促方法を取ってくる可能性もあります。

そのような督促を受け続けることで、精神的に病んでしまい、常に怯え続けて生活をしなければならなくなるかもしれません。

末路3.人間らしい生活ができなくなる

借金を返済しないと、自分の財産が差し押さえられ住む場所を失ってしまう可能性もありますし、完済するまで執拗に督促を受け続ける可能性があることから、人間らしい生活ができなくなるかもしれません。

極論、ホームレスとして満足のいく食事ができないような生活をしていくことにもなり得ます。

そのような生活にならないためにも、無職のまま考えなしに借金をしていくことは避けるべきです。

無職が借金返済を上手にしていく方法

無職が借金返済を上手にしていく方法

無職が借金をする時は、完済までしっかりと見据えることが非常に大切です。

ここからは、借金をした無職が上手に返済をしていく方法について解説します。

方法1.安定した仕事に就職する

先ほど解説した通り、無職である以上は計画的に借金を返済するということはほぼ不可能です。

安定した収入を確保して、自分の生活に見合った返済計画を立てるためにも、就職することを強くおすすめします。

「無職なのに安定した仕事に就職できるの?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、“就職カレッジ”であれば無職でも就職できる可能性が高いです。

就職カレッジは無職やフリーター向けに運営されている就職支援サービスの一つで、登録後は基本的なビジネスマナーや就職活動に必要な研修を無料で受けることができます。

研修の後は、数十社と一度に面接ができる集団面接会に参加できます。

この集団面接会では書類選考が行われませんので、登録から最短2週間で内定獲得まで至れるケースも珍しくありません。

無職で借金をしなければならない人ほど、早めに安定した仕事に就くことが大切になってきますので、就職カレッジの登録から内定までのスピード感は嬉しいのではないでしょうか。

ニートFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

方法2.ファイナンシャルプランナーに返済相談をする

借金の総額がそこまで大きくなければ、ファイナンシャルプランナーに借金返済の相談をしてみるのもおすすめです。

事務所によっては相談料がかかってしまう場合もありますが、現在の収支を明らかにした上で、自分の家計のどこに問題があり、何を解決すればいいかといった、借金返済における課題の根本的な解決に繋がります。

無職が借金をしっかり完済していくためには、より一層綿密な返済計画を練る必要があるとは分かっているものの、自分一人では計画を立てられないという人は、ファイナンシャルプランナーに相談してみてください。

方法3.借金をまとめる

既にいくつかの業者から借金をしてしまっている多重債務者の場合は、ローンをまとめることも検討してみてください。

ローンをまとめることで、「自分の借金は残りいくらか」「返済日はいつか」「どれくらい毎月借金返済に充てているか」などの点を明らかにすることができます。

これらの項目を明らかにすることで、借金完済までのモチベーションに繋がるだけでなく、新たに借金をしたくなくなるという“借金グセ”からの脱出にも繋がるかもしれません。

無職が借金をどうしても返せない時の手段

無職が借金をどうしても返せない時の手段

無職が借金を見境なくしていると、完済の見通しすら立てられなくなることもあるでしょう。

どうしても借金を返せなくなった時の最終手段として「債務整理」というものがあります。

債務整理には3種類あり、手続きの種類によっては借金全額を帳消しにできることもありますが、後々の生活を考えるとなるべく利用しないことをおすすめします。

手段1.任意整理

任意整理とは、お金を借りている債権者と交渉をすることで、今の自分に合った返済内容に変えてもらうという方法です。

これにより、将来発生する利息を無くし、元金だけの返済にすることもできます。

しかし、任意整理はあくまでも“交渉”によりますので、債権者が合意しなければ実行できません。

加えて、任意整理後の返済内容も交渉の上決定することになる点に注意しましょう。

また、任意整理の手続きは個人でもできなくはないですが、成功率や手続きの煩雑さを考えると、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめします。

手段2.民事再生(個人再生)

民事再生手続きは、裁判所に申し立てをすることで大幅な借金減額が期待できる債務整理方法です。

民事再生で減額できる借金の額の目安は5分の1〜10分の1と、無理のない範囲の返済総額になる期待ができます。

さらに、一定条件を満たせば民事再生をしても自宅を手元に残したまま生活ができますので、家を失うということもないのが大きな特徴です。

しかし、民事再生を認めてもらうためには、減額後の借金を返済できるだけの収入見込みが必要になりますので、無職のままではまず利用できません。

手段3.自己破産

自己破産は、裁判所への申し立てを経て借金全額を免除してもらう方法です。

借金の帳消しができるという最大のメリットがあるものの、自宅を含めた価値のある不動産・動産類を手放す必要があったり、金融ブラックリストに登録されたり、自己破産したことが官報(日本国民誰もに周知される重要事項が書かれている国の発行する新聞のようなもの)に載せられるなど、デメリットも非常に大きいのが特徴です。

そのため、自己破産は気軽に行えるものではないのです。

無職が借金を増やさないために重要なポイント

無職が借金を増やさないために重要なポイント

無職で借金を既にしている人、これから借金をしようとしている人どちらにも共通して言えるのが、「これ以上無闇に借金を増やさない」という意識です。

ここでは、無職が借金を増やさないために重要なことについて解説します。

ポイント1.家計の現状を理解する

まずは家計の現状を理解するようにしてください。

収入に余剰が出れば出るほど返済のスピードを早められますので、家計の収支は少なくとも毎月振り返ることがおすすめです。

また、家計を理解することで、お金の使い過ぎを防ぐことにも繋がります。

無職であれば収支をプラスにすることが難しいと思いますので、就職カレッジなどを使って早めに安定した仕事に就く努力をすべきでしょう。

ポイント2.借金できる状況を作らない

無職で借金を辞められないという原因は、「いつでも借金できる状況にいるから」ということが考えられます。

つまり、「自分を気軽に借金できる状況から脱出させる」ことで、借金が増えていくことを防げるということです。

カードローンを多用している人であれば、利用限度額を最低限まで減らしたり、そもそもカードを持ち歩かないようにするなど、物理的に借りれない状況を作り出してみてください。

これにより、「借金をしないということを習慣化」できますので、無闇に借金が増えていくことが無くなるでしょう。

ポイント3.借金で返済をする状況から脱却する

借金をしている人の中には、借金で借金を返済しているような自転車操業をしているケースも見られます。

このような借金方法をしていれば、利息の支払いに追われていつまで経っても借金が減ることはありません。

この悪循環を断ち切るためには、「一旦節約を頑張る」か「就職をして収入を増やすか」の二択しかありません。

節約をしてもプラスになる額は微々たるものであることを考えると、就職をした方がはるかに効率的に借金完済ができるでしょう。

まとめ

まとめ

無職が借金をすることは基本的にできませんが、フリマアプリや日雇いバイトをすることで即日現金を手にする方法はあります。

借金を完済できなければ人間らしい生活を送れなくなるかもしれませんので、すぐに就職をして安定的な収入を得ることが非常に重要になります。

また、すぐに就職したいという人であれば、登録から最短2週間で内定獲得も可能な“就職カレッジ”の利用をおすすめします。

気になる人は以下のリンクから登録してみてください。(登録・利用無料)

ニートFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

【共通】CTAボタン

ABOUT US

池本 駿
株式会社ジェイックマーケティング開発部。2016年慶応義塾大学経済学部卒業。2018年慶應義塾大学大学院経済学研究科修了(修士課程)。2019年慶應義塾大学大学院理工学研究科修了(修士課程)。元・三菱経済研究所研究員。著書「教育経済学の実証分析: 小中学校の不登校・高校における中途退学の要因分析」