どうしよう!仕事が決まらないときの解決策

どうしよう!仕事が決まらないときの解決策

就職や転職の際に、なかなか仕事が決まらないと不安を感じてしまう人も多いでしょう。生活をしていく上でお金は必要なので、焦りを感じてしまうのも無理はありません。

しかしその焦りは余計に自分の首を絞めてしまう可能性があります。では一生懸命仕事探しをしているのになぜ決まらないのでしょうか?その原因や解決策についてポイントにわけて説明していきます。

 

どうして?仕事が決まらない原因

たくさんの求人が出回っていますが、条件を満たしていれば必ず採用されるというものでもありません。定員オーバーになってしまったり、企業との相性が悪いなどが理由で、せっかく応募しても不採用となってしまうことは多々あります。

では具体的にどのようなことが原因で仕事が見つからないのでしょうか?まずはその原因から探っていきましょう。

目標が明確に決まっていない

仕事に対してどのような目標を持っているかは人それぞれ違います。生活のために稼ぐことを目的としている人もいれば、社会的地位を獲得するために働くという人もいます。

このように仕事をする目的がある人は、それに対して具体的な目標も設定しています。月々どれくらいの金額を稼がなければならないのか、社会的地位と言ってもどの立場まで上がっていきたいのかなどです。

自分の中で目標もない状態で、なんとなく働くというような姿勢は企業側にも自然と伝わってしまうものです。

やる気が感じられない

企業はそれぞれ目指しているものがあります。業界ナンバーワンであったり、業績アップであったり掲げているものはそれぞれ違うでしょう。

こういった企業の目標や方針に共感し、一緒に頑張ってくれる人材でなければ採用されません。つまり、同じ志を持って仕事に取り組むやる気が見えなければならないのです。

志望動機や自己PRなどからそのやる気を見ているのですが、それが感じられないと「一緒に働きたい」とは思ってくれないでしょう。

仕事に合わせた身だしなみができていない

仕事をする上でその場所にあった身だしなみを行わなければなりません。

接客業をする人であれば清潔感のある身だしなみをしなければなりませんし、工場などで働くのであれば決められた制服を着た上で、製品に余計なものが入らないように髭を剃ったり長い髪を束ねるなどの配慮が必要です。

仕事に合わせた身だしなみができるかどうかは履歴書の写真や面接などからも分かります。お洒落を重視するのではなく、ビジネスの場だということを考えることができない人は、企業側に良い印象も与えられません。

マナーを弁えていない

社会に出ると性別や年齢、立場など様々な人と接する機会があります。どんな人に対しても失礼がないように対応することが大切なのですが、マナーを弁えていない人はそれができません。例えば挨拶です。

顔を合わせた第一声から名刺交換のやり方、お辞儀の仕方などにもマナーがあります。他者と良好な関係を築くことがビジネスの発展にも繋がるので、きちんとしたマナーを理解していない人を会社の顔とすることはできません。

理想が高すぎる

仕事をするのであれば職場環境が良く、高収入で休みがしっかりもらえるところがいいなどという理想を抱いている人もいるでしょう。

しかし100点満点の職場などこの世に存在しません。それは「仕事」だからです。様々なタイプの人間が集まって働くのですから、自分に合わないと思うことも当たり前のように起こるでしょう。

また業績によって給料が変動してしまったり、繁忙期には休みがしっかりとれなかったりというようなことも考えられます。こういった内容に対して理解がなかったり、非協力的だと企業はなかなか採用することができません。

仕事が決まらない場合はこう解決する!

仕事が決まらない原因は様々ですが、それを理解し解決させていかなければ、いつまでも仕事を見つけることができません。

自分に合った仕事を探すだけではなく、企業に合わせていくことも大切なのです。ではどのように解決させていけば良いのでしょうか?

応募数を増やして確率を上げよう

世の中にある求人は決して1つではありません。時期や地域によって求人数に差はあるものの、常にたくさんの求人が出回っています。

その中から厳選するのではなく、できるだけ多くの企業に応募してみるようにするのです。たくさん受けると書類の用意も面接対策を行うのも大変です。

しかし1ヶ所だけ受けて結果を待ち、ダメならまた1ヶ所受けるというようなやり方では時間がかかります。就職・転職活動に焦りを感じていないのであればそのやり方でも良いのですが、できるだけ早く仕事を見つけたいのであれば複数社を受けることが大切です。

「たくさんの企業を受けるのは誠実さが伝わらないのでは」と思ってしまう人もいるでしょう。しかし決してそのようなことはありません。

企業側も求職者が複数社応募していることは当たり前だと見ていますし、それだけ仕事探しに真剣に取り組んでいるということが伝わります。

複数社受けている中で優先的に考えてくれているか、他の企業とは違った魅力を感じてくれているかなどを聞きたいと思っています。

出回っている求人はいつまでもあるものではありません。定員になったり、掲載期間が過ぎればなくなってしまうので、気になったものにはどんどん挑戦してみるという積極性が採用率を上げることに繋がります。

完璧な企業を求めない

求める条件すべてを満たすような完璧な仕事を探していても、いつまでも決まりません。「良い仕事がない」と言っている求職者もいますが、それは仕事がないのではなく視野が狭い探し方をしているだけなのです。

まずは企業に求める条件を見直してみましょう。絶対に譲れないものと妥協できるものとで分け、優先順位を決めるのです。

譲れない条件に当てはまるものをすべてピックアップし、そこから妥協点を考えて優先順位をつければ、少しは視野を広げた仕事探しをすることができるでしょう。

自己分析をして身の丈を知ろう

自分にはどのような能力があり、どんな仕事をすればそれをいかすことができるのかを考えます。これが自己PRになり、採用を勝ち取るための武器になります。

仕事探しは仕事を見つけるだけのものではなく、改めて自分を振り返るための機会でもあります。得意なことや取得した資格、今までの職歴などを振り返り、自分のレベルを再確認してみましょう。

身の丈にあった仕事を探す

条件ばかりに目が行き、自分のレベルにあっていない仕事探しをしていませんか?例えば高収入の仕事を見つけたいと思っている人がいるとします。

その人はまだ20代前半でほとんど社会経験がないにも関わらず、高収入を理由に管理職の求人に応募しました。このようなケースを見れば、不採用になってしまう確率が高いのは一目瞭然です。

求人は条件を満たしていればOKというものではありません。仕事内容によっては、例え業界未経験者OKであっても社会人経験を積んでいなければならないものも多々あるのです。

年齢やスキル、今までの経験などから、気になった求人が自分のレベルに合っているかどうかを見極めることも大切です。合ったレベルのところに応募すれば、採用率も必然的に上がるでしょう。

 

重要なのは自分を客観視すること

自分を主観的に見ると、そこには感情が入ってしまいます。失敗したことに対しても「しかたがない」と考えてしまったり、「自分が悪いのではなく企業が悪い」というような見方をしてしまうのです。

しかしこれではいつまで経っても就職・転職活動の間違いを改善させることができません。この悪循環を断つためには、まず自分を客観的に見ることが大切です。

たくさんの求人が出回っていますが、それぞれ企業には求める人材というものがあります。学歴や資格、年齢などが関係する場合もありますし、それらを一切見ずに人間性だけを重要視する場合など様々です。

しかし共通して言えるのは「企業に合わない人は採用しない」ということです。採用試験を受けても落ちてしまうという人は、企業にとって合わないと思わせるような印象を与えてしまっているのです。

その理由を自分で考えてみましょう。自分をアピールするチャンスはたくさんあるはずです。履歴書や職務経歴書などの書類作成、面接、身だしなみなど1つ1つの段階に合わせて振り返ってみましょう。

自分の目から見れば問題ないと思うような内容でも、周りの人間からすれば少し変だという場合もあります。これが主観と客観の違いです。「自分は間違っていない」という考えを一度捨てて、他人のような目で自分を見てみましょう。

少しでもおかしいという点があれば、それが改善点ということになります。

どんなに考えても原因が分からないという場合には、周りの人間にアドバイスを求めてみましょう。

家族や友人など気軽に相談することができるような人に言ってみると、予想もしていなかったような問題点を指摘してくれる可能性があります。

自分を客観視するというのはそう簡単なことではありません。しかし、ビジネスにおいては主観的な考えではなく、物事を客観的に見ることの方が重要なのです。

それは余計な感情が入ってしまうからです。様々な人間が集まる社会において、全員が主観で物を言うような環境になってしまうと、意見がまとまりませんし正しい判断ができなくなってしまいます。

しかし客観的に見ることができれば、利益を考えて何が正しい選択になるのかを導き出しやすくなります。就職・転職活動はこの客観視をすることの練習だとも言えるでしょう。

だからこそ面接において自己PRをし、自分がどのような人間なのかを客観的に捉えて企業側に伝えなければならないのです。

焦るなら行動しよう!前向きに転職活動を

せっかく応募したのに、不採用になってしまうとショックですよね。時間も労力もかかる就職・転職活動は、精神的なストレスにも繋がります。

あまりにも不採用が続いてしまうと「自分などの企業にも就職できないのではないか」と自信をなくしてしまうことにもなるでしょう。

しかし、いつまでも落ち込んでいたり、焦ってばかりいてはどんどん採用から遠ざかってしまいます。

早く仕事を見つけて安心したいという人は、仕事探しの段階からきちんと求人票を見て企業について調べるということを疎かにしてしまいがちです。

中には「採用してくれるならどこでもいい」というような極端な発想になってしまう人もいるでしょう。

仕事をしなければ収入がありませんし、焦ってしまう気持ちも無理はありません。しかしそんな時だからこそまずは冷静になってみましょう。

採用をもらうことができないのには必ず理由があります。落ちたら次に受けるところを探すということを繰り返すのではなく、落ちてしまう理由の解明と改善、自己分析が大切なのです。

就職・転職活動において焦りは禁物です。心の余裕を持って挑むことでミスを防ぐこともできるので、自分のペースで活動していくようにしましょう。

自分の力だけではどうしようもないと思っている人は、周りの人に協力してもらうのも手段の1つです。気になった求人票を家族や友人に見せて相談にのってもらったり、作成した書類を見てもらうというのも良いでしょう。

気心の知れた相手の方が素直に相談することができますし、相手も親身になってくれるのでより採用試験に自信をつけることができます。

逆に身近な人間には恥ずかしくて相談できないという人もいますよね。そんな人は就職支援を行っている会社を利用してみましょう。ハローワークなどでも行っており、作成した書類を見せれば添削を行ってくれます。

また面接練習もできるので、仕事探しを始めてから結果が出るまでの一貫をサポートしてくれるでしょう。就職支援を行っている会社はその道のプロなので、企業がどんなことを求めているのかなども理解しています。

上手な自己PRの仕方や、客観的な物の捉え方などを的確にアドバイスしてくれるので、より有利に就職・転職活動を行いたいという人にもうってつけです。

どんな企業で働きたいのかを決めるのは自分自身ですし、採用を勝ち取ることができるかどうかも努力次第です。しかし、すべてを1人で抱え込む必要はないのです。

自分のことではありますが、周りにはサポートしてくれる人間や就職支援会社などもあります。こういったものを利用して丁寧に取り組んでいくことが、就職・転職を成功させるための近道にもなります。

自己流にこだわるのではなく、時には周りを頼ってみるというような仕事探しのしかたをしてみると、意外とスムーズに採用をもらうことができるかもしれませんよ。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから