就活失敗しても終わりじゃない!すぐに始められる巻き返し作戦!

就職活動に失敗してしまって人生に絶望している、なんて人は少なくありません。しかし、就活に失敗したからと言って人生が終わるわけではありませんし、巻き返しを図ることも十分に可能です。今回は、就活に失敗して落ち込んでいる人に向けて、今からでも始められる巻き返し作戦を伝授します。長い人生ですから一度の失敗でくよくよせずに、できることから始めましょう。

なぜ就活失敗したのか?理由を振り返ろう!

まずはなぜ就活に失敗してしまったのか、ということをしっかりと見つめ直すことが何よりも重要です。

失敗した後はショックで何も考えたくないという人も多いでしょうが、巻き返しをするためにはできるだけ早めに失敗の理由を把握しておく必要があります。

自分が行ってきた就職活動を思い返して、どのような点に問題があったのか、就活失敗の要因はどこにあったのか、ということを知らなければまた同じ失敗を繰り返してしまい、就職できずにアルバイトやパートで食いつなぐという末路になってしまう可能性もあります。

自分の行動や思考を振り返る

ですからまずは、自分の行動や思考などを振り返りましょう。就活に失敗したばかりだと冷静に考えられないかもしれませんので、紙などに書き出して客観的に見るなどするといいでしょう。

なかなかどこが失敗だったのかわからないという場合もあるでしょうから、よく見られる失敗の理由を紹介します。

  • 応募企業を絞り込みすぎている
  • エントリー企業が少ない
  • やりたいことが決まっていない
  • 自分をアピールできない
  • 就活のスタートが遅い

これらの理由から失敗してしまう人は少なくありません。これらのどこがダメだったのか詳しく解説します。

応募企業を絞り込みすぎている

安定性や給与などの面で条件が良い大手企業ばかり受けているという人も多いでしょう。

プライドの高い人などは、名前の知れている企業じゃなければ嫌だと考えて、大企業にだけ応募しているというケースもあります。

しかし、大手企業は人気が高く志望者も多いですから、内定までの道のりは格段に険しいものです。

難易度の高い企業にだけエントリーしていると、その全てに落ちてしまった時に精神的な余裕がなくなって自分にとって良い企業を選べなくなってしまいます。

大企業志向が悪いとは言いませんが、並行して応募者が少なめな中小企業なども受けておいた方が精神的には楽に就活を進められます。

エントリー企業が少ない

書類や面接の準備が大変だから、と言って本命の数社だけにエントリーしているというのも失敗の理由になります。

数社程度を受けただけで内定をもらえるというのは極めて稀ですから、興味がある企業には積極的にエントリーをするようにしなければいけません。

やりたいことが決まりすぎていてどうしてもこの企業がいい、と数社だけを受ける人もいますが内定をもらえなかった時のことを考えれば、同じような事業を展開している企業にもエントリーをしておく方がいいでしょう。

やりたいことが決まっていない

漠然と、大企業がいいなと思って大企業ばかりにエントリーする、ネットで探した人気企業に片っ端からエントリーする、などの特にやりたいことはないけれどもとりあえずエントリーという状況はあまりよくありません。

志望動機が曖昧なことは採用担当にはすぐに伝わってしまいますから、なかなか内定をもらうことが難しくなります。

どのような仕事をしたいのか、自分に向いていることはなんなのかをきちんと整理しなければ失敗に繋がって、就活失敗という末路が待っているでしょう。

自分をアピールできない

就活において面接というのはとても大事な要素です。そこでどれだけ自分をアピールできるのか、その企業でどのように貢献していけるのか、そのようなことをしっかりとアピールしなければいけません。

しかし、自分のアピールポイントがわからないといった理由や話すのが苦手でという理由から、なかなか採用担当に自分のアピールポイントを伝えられないという人も多いです。

このような状態だと、採用しても上手くやっていけるのかと思われたり、採用するメリットがわからないということになりますから、しっかりと自分を伝えられるように準備をしなければいけません。

就活のスタートが遅い

就活というのは多くの学生が一斉に行うものですから、スタートの遅れというのは致命的になります。早い人は就活が解禁される前から周到に準備して、どの企業を受けるのか、どのように自分をアピールするのかといったことをしっかりとまとめています。

就活のスタートが遅くなればなるほど、受けられる企業は減っていきますし、自分の希望する企業の採用が終わってしまうということも考えられます。

まだいいか、とのんびりしていることは就活の失敗に繋がりますから、ある程度は準備をしておく必要があるでしょう。

自己分析で就活失敗を巻き返す

就活失敗からの巻き返しを図るためには、自分自身を知るということも重要なことです。

失敗の理由にもありますが、自分の長所や短所について知らなければそれを踏まえた上手なアピールをすることができません。企業との面接というのはお見合いのようなものです。自分にはこんな強みがあります、といったことやこんな風に会社に貢献することができます、というアピールをして自分を選んでもらう必要があります。

そもそも長所や短所を自分自身で理解していなければ伝えることすら出来ませんから、しっかりと自分の内面を知る努力をしてください。自分を知ることはアピールポイントを知れるだけではなく、どのような企業や業種がいいのかといった判断材料にもなります。

入ってはみたけれども、自分には合わないといってすぐに辞めてしまうといった就活の失敗もあるのです。そのようなミスマッチを避けるためにも、自分に合った仕事はなんなのかを探っておく必要があるでしょう。自分自身を知る、と言ってもどのようにすればいいのかわからない人も多いでしょうから、自己分析の仕方を紹介します。

ノートに書きだす

まず、頭の中だけで整理するのではなく、あとから見直して客観的な思考ができるようにノートなどに書き出します。

何を書きだすかというと、自分史のようなものを書くといいでしょう。自分の過去の行動や打ち込んで行っていた活動、頑張った出来事などを書いていきます。この時に、どうしてその活動をしようと思ったのかといったきっかけなども一緒に書いておくと、思わぬ長所などが見つかる可能性がありますから、覚えていることをできるだけ細かく書くといいです。

また、一つの物事に対してなぜこうなったのか、というようなことを何度も繰り返し問いかけるようにすると深い自己分析になります。

例えば、部活でバレーを頑張っていたという場合には、なぜ頑張れたのかということを問いかけます。

仲間がいたから、という回答がでたら、なぜ仲間がいると頑張れるのか、というように順々に問いかけていくと、最終的に自分がどのようなことを重視しているのかを知ることができます。重視していることがわかれば、どのような会社で働くのが合っているのか知ることもできますから、最も大切にしていることを知るのも重要です。

行動パターンや癖などがあればそれも書き留めておくといいでしょう。

家族や友達に聞いてみる

自分1人で考えるだけでなく、身近な家族や親しい友人などに自分の長所や短所を聞いてみるというのもいい方法です。自分自身の良いところというのは中々見えにくいものですから、客観的な目線で見てくれている家族や友人の意見は参考になります。

それも一緒にノートに書き記しておくと、自分自身で分析した結果と照らし合わせて考えることができるので便利です。

 

就活を成功させて何がしたいのかはっきりさせる

自分自身にどのようなことが合っているのかということも重要ですが、何をしたいのかということもとても大事なことです。いくら自分に合っているといってもやりたくない仕事ではモチベーションが上がりませんし、嫌になって辞めてしまうということもあるでしょう。

そのようなことにならないために、自分自身は何をしたいのか、どのような企業でどんな風に活躍したいのか、明確なビジョンを思い描くことは就活だけではなくこれからの人生において重要です。

また、面接において目標ややりたいことをしっかりと伝えることができるかどうか、というのも大きな採用基準になっているという傾向があります。

やはり、きちんと活躍のビジョンを持っている人の方が採用したくなるものです。自分はこのようなことをしたくて御社を志望しています、と明確に伝えられる人と、素晴らしい企業だから御社を志望しています、と漠然とした理由しか伝えられない人では、前者の方が印象は良くなるのは当然でしょう。

ですから、志望動機にしっかりと目標を絡めて伝えられることが重要になるのです。しかし、やりたいことを明確にするというのは難しいことです。好きなことを仕事にできる人はごく一握りですし、好きだけど仕事にはしたくないという人もいるでしょう。

やりたいことが特にないという人も多くいますが、それでも就活に成功している人はたくさんいます。特別にやりたい仕事がないという場合でも、ある程度大まかな目標を立てておくことはできますから、職種や業種などを絞ってみるといいでしょう。

例えば、自分は人と話すのが好きだから営業をしたい、内勤で働きたいから事務がいい、などということでもいいので自分が挑戦したい職種を決めておくようにしてください。

この職種が良いと決めたら、そこから目標なども立てやすいですし、企業へどんな風に貢献していけるのかなども考えやすくなるでしょう。

やりたいことなんて見つからない、と諦めずに、自分がどのような場所で活躍したいのか、どのようなことなら頑張っていけるのか、ということをしっかりと考えて、それをもとにして職種や業種を選び志望動機を練るようにしてください。

就活成功のためにスキルを身につける

自分の長所や短所、この業種や職種がいいという目標を明確にしたら、それを実現できる企業に入るためにスキルを身につけるようにしましょう。

目標が定まったといっても、能力やスキル自体に変化がないのでは同じことを繰り返してしまって、就職できない、就職してもあまりいい会社ではなかった、という末路になってしまう可能性があります。その目標を叶えるためには自分に何が足りないのか、どのようにすればそのスキルを身につけられるのかなどをしっかりと調べて実践していく必要があるでしょう。

たとえば、グローバルな会社で世界を舞台に活躍したいと思うのなら語学力が必要不可欠になりますし、営業ならコミュニケーション能力や話術、事務ならWordやExcelなどといったパソコンの操作スキルが必要になります。

なんのスキルもない人よりも、ある程度のスキルを持っている人の方が採用されやすくなりますから自分がしたいことに必要なスキルを見極めて習得を目指してください。

就職支援サイトなどもありますから、それらを利用するというのも一つの方法でしょう。無料の就職セミナーやビジネスマナーなどの講座を受けることができたり、エージェントからのアドバイスなどを受けることができる就職エージェントもあります。

どのようなスキルを身につければいいのかわからないという時には、そのような就職支援サイトで就活の基本的な情報やマナーなどを学んでおくのも役立ちます。

 

自信をつけて就活失敗から巻き返そう!

就活に失敗してしまったからといって、そこで人生が終わってしまうわけではありません。

失敗して落ち込んでしまう気持ちはわかりますが、そこで前を向かずにいたら良い人生を歩めませんし、経済的にも精神的にも困窮してしまうというような末路になってしまう可能性もあります。一度就活に失敗したくらいで人生が決められるわけではない、自分次第で巻き返しを図ることはできるのだという強い気持ちで前に進みましょう。

まず、失敗の理由や自分自身をよく知ることが重要です。その上で、目標を持ってそれを実現するためのスキルをつけましょう。そうすることで、自分自身に自信を持つことができるようになります。

一度失敗してしまうと自信がなくなってしまって不安に駆られてしまいますが、目標を持ち自分自身をスキルアップさせることで気合も入りますし、自分自身を信じることができるようになるでしょう。同じ失敗を繰り返さないためにも、新たなアピールポイントや自信をつけて就活に挑むようにしてください。

フリーターから正社員就職を
目指すなら、
就職成功率80.3%
ジェイックにおまかせ!
14,000名のフリーターが
就職に成功した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後94.3%が辞めずに続けられる
  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから