面接でよく聞かれる質問内容5選!質問の 意図を理解して上手にPRしよう!

面接は採用試験の中で、話す内容はもちろん、表情や話し方、仕草なども含めた人物像が明確に表れる時間です。事前に質問内容とその意図を理解し、自分の言葉としてまとめておくことで面接本番でもしっかりと自分の言葉で相手に考えや思いを伝えることができます。ここでは、一般的に面接でよく聞かれる質問を5つあげ、それぞれの質問の意図について解説します。

質問内容①「どうして入社したいのですか?」

「どうして我社に入社したいと思ったのですか」という質問は、必ずと言っていいほど聞かれるフレーズです。
いわゆる「志望動機」ですが、相手は単純に入りたい理由を聞きたいのではありません。

どうして?と聞く理由

どうして?と聞く理由は2つあります。

会社は、採用した人物を育成し、会社に多くのメリットをもたらす社員になっていくことを望んでいます。そのためには、社員本人が会社に対して貢献意欲を持ち続けることが基盤として必要です。その基盤となる入社希望の理由や熱意が、面接で伝わってくるかどうかを、採用側は知りたいと考えています。

質問内容②「あなたの強みは何ですか?」

強み、つまり長所を自分でどのように捉えているかを知りたい質問です。ただし、単純に長所の内容を聞きたいのではありません。その長所を、会社でどのような強みとして活かしていこうと考えているかを知りたいのです。

その会社で自分の強みの活かし方を考え、話しているか

例えば自分の長所として、「明朗活発なところ」と認識しているとしましょう。
では、明るく積極性がある自身の長所を、あなたは仕事でどのように活かせるかを会社に伝えなければなりません。
「どんなお客様にも笑顔になっていただける挨拶ができる」、「チーム作業の際に、ムードメーカーとなって士気を高めることができる」など、具体的な例を挙げて答えると良いでしょう。
明朗活発な人物は、他の入社志望者にもたくさんいます。その中で、あなたを採用したいと思ってもらうためには、採用側に入社後のイメージを持ってもらえるように具体的に答える必要があります。

質問内容③「今までで1番感動したことを教えてください」

人は日々、多くの出来事に接し、さまざまな感情と向き合って生きています。
その中で「感動する」という体験は、その人がどんなことを大切に思い、感じる力を持っているかがわかる体験です。
採用側はこの質問を通して、その人の感性の豊かさを知ろうとしています。

感性が豊かであることは、成長するために大切

感動体験の内容を判断するために質問しているのではありません。
日常の中にも感動する出来事は満ち溢れています。裏を返せば、無関心な人は経験や出来事に対して、他人事で自己中心的になりがちです。
体験を多角的に見つめ、自分なりの解釈ができる力を、この質問を通して知りたいのです。会社は、日々の経験を通して成長する人材を求めています。経験を成長につなげるためには、豊かな感性で物事をとらえる柔軟な姿勢が求められます。
「感性の豊かさ」を持ち合わせているのかを、この質問を通して知ろうとしています。

質問内容④「今までで1番頑張ったことを教えてください」

質問内容③と同様、「頑張った内容」に興味があって質問しているのではありません。
「なぜ」「どのように」頑張ったのかを聞くことで、その人物が「忍耐力」をどの程度持ち合わせているのかを知ろうとしています。

社会人として、忍耐力を持ち合わせているのかを知りたい

仕事をしていく中で、困難やトラブル、難しい案件などの壁にぶつかることは日常茶飯事です。そこであきらめないチャレンジ精神を持ち続けられるかは、それまでに1つの物事にどれだけ取組み、頑張ってきたかという経験が必要となります。
頑張った結果、成功したかどうかは重要ではありません。
ここで知りたいのは、すぐにあきらめずに、粘り強く取り組める忍耐力を持っているかということなのです。

質問内容⑤「入社したらどんな社員になりたいですか?」

この質問は、「個人の将来の夢を語る場」ではないことを心得ておきましょう。
まず前提にあるのは、受けている会社が大切にしていること…例えば社訓や会社理念をしっかり理解した上で、この面接に挑んでいるかということです。
その上で、会社の成長と個人の成長が一致する価値観のもと、将来像を描いているかを知りたい質問です。

会社理念やビジョンと人物像が一致しているか

会社で毎日共に働く仲間は「家族」同様、もしくは家族以上の存在になることもあります。
同じ目標を掲げ、意見を交わしながら成果を上げていくには、基本的な考え方や価値観を共有している人物を社員として迎え入れたいと会社は考えます。
その人物が仕事を通して成長する先に描く未来が、会社が目指す方向性やビジョンとかけ離れていては、結果的に会社にとって好ましくない状況となります。
入社したいという思いと将来像に、会社理念やビジョンがベースにあるかどうかを知るために用意された質問と捉えておきましょう。

おわりに

会社にとって共に働く人材を選ぶ採用業務は、とても大切です。特に面接は、言葉だけではないその人の「人となり」が伝わる場であり、採用側にとっても期待と緊張が交差する時間でもあります。その人物がどんな思いを持って、他ではないこの会社に入りたいと考えているのか、面接の質問を通して深く詳しく知りたいと考えています。
どんな内容の質問をされても、その背景に「なぜ我社に入りたいのか知りたい」という意図があることを忘れてはいけません。
誠意を持ち、熱意を言葉に乗せて、入社意欲と希望理由をしっかりと伝えようとする姿勢を貫きましょう。

無料
プレゼント

予習しないと後悔する!
よくある面接官の質問集101

よくある面接官の
質問集101
14,000名以上に面接対策を行ってきたジェイックが作った「必ず予習しておくべき面接の質問101個」

〜資料の特徴〜
  • ①面接でよく聞かれる質問がこの一冊でわかる
  • ②なぜこの質問をする?面接官の意図も解説
  • ③10年以上の就職支援歴を持つカウンセラー監修

空き時間にできる面接対策で、
内定への一歩を踏み出しませんか?

© JAIC

簡単30無料就職相談はこちらから