仕事の相談をするべき相談窓口とは?~職場関係や問題の解決方法を紹介!~

仕事の相談をするべき相談窓口とは?~職場関係や問題の解決方法を紹介!~仕事の相談をするべき相談窓口はありますか?人によっては、職場外の人に相談するべき人もいるかもしれません。この記事では、相談したいと感じる悩みやその相談をするべき窓口についても紹介します。電話の相談ができる施設もあるので相談して問題を解決していきましょう。

仕事の相談をしたい場面を紹介!

仕事の相談をしたい場面を紹介!就職して働き始めると、様々な場面で仕事に対して悩みを持つことがあります。そこで自分が抱えている仕事での悩みを自分で解決することができれば良いですが、場合によっては自分の力だけで解決するのは難しいケースもあり、その場合は頼れる相手に相談することで問題を早い段階で解決できる可能性があります。しかし、真面目な人ほど問題が大きくなるまで相談できないことが多いです。そこで仕事で良くある悩みにはどんなものがあるのか見ていきましょう。

仕事の相談したいと感じる悩みとは

仕事の相談をしたいと感じる場面について先ほど紹介しました。ここでは、仕事の相談をしたいと感じる悩みについて紹介します。悩みの種類が職場なのか、仕事内容なのかによって相談先が異なります。自分がどの悩みに当てはまるのか検討してみましょう。

仕事についてよくある悩み1:自分に合う仕事が分からない

就職前はもちろん、就職した後でも自分に合う仕事が結局どんな仕事なのかわからないと悩んでいる人は多いです。特に就職活動の際に自己分析やキャリアプラン設計をきちんと行わなかった人は働き始めてから悩みやすい傾向があります。就職前にきちんと考えていたとしても、実際に働き始めたらイメージと違ったり、好きなことではあっても仕事内容が苦手なものだったりするケースもあり、仕事が自分に合わないと思いながら働き続けると、少しずつストレスが溜まってしまいます。仕事が合わないと感じているのであれば転職や部署移動の希望を出すなどして状況を改善する行動をとった方が良いでしょう。

仕事についてよくある悩み2:人間関係で困っている

仕事の悩みとして最も多いのは人間関係のトラブルです。仕事では上司や先輩、後輩などといった社内の人だけでなく、社外の人とも関わることとなります。そのため、社会人として働くうえでは色々な立場の人とうまくコミュニケーションを取らなければいけません。あまり人と業務中に関わる仕事でない場合でも人とのコミュニケーションはとても大切です。

それに、仕事がスムーズに進んでいて、むしろ会社内で仕事ができる方であっても人間関係で困っていると仕事が嫌になるケースが多いでしょう。ただし、仕事を問題なくこなすことができていると、人間関係の問題を我慢しながら仕事を続けてしまう傾向があります。人間関係の悩みは同じ職場の人相手だと他の人に知られてしまうかもと思って相談しにくく、一人で抱え込みやすい人が多いです。しかし、人間関係でのストレスが精神面に及ぼす影響は大きく、うつなど精神疾患になる前に誰かに相談して解決すべきでしょう。

仕事についてよくある悩み3:労働条件が悪い

所謂ブラック企業へ就職してしまう人も多いです。ブラック企業だと想像以上に残業や休日出勤が多く、プライベートの時間が確保できなくなってしまいます。また、企業によっては残業代がきちんと支払われない企業もあります。働いた分だけお金を受け取るのは労働者の正当な権利であり、これは会社側に問題があると言えるでしょう。それに休みが取れないとプライベートな時間を確保することができず、リフレッシュに時間を割くこともできません。

また、企業によっては昇給の基準が不明確であり、頑張って成果を出しても給料が上がらない場合があります。やはり結果に見合った給料が支払われないと仕事へのモチベーションが維持できませんし、将来のライフプランも不安になってくるでしょう。それに加え、有給休暇の制度はあっても特別な理由がないと取得できない職場もあります。有給休暇も労働者の正当な権利であり、会社に有給休暇の理由を報告する義務はありません。

仕事についてよくある悩み4:仕事が上手くいかない

自分では努力しているつもりでもミスがなかなか減らなかったり、仕事量が多すぎてすべての仕事をこなせなかったりして悩んでいる人も多いです。特にミスが多発している場合、自分の努力不足だと考えたり、他の同世代の人にはできている故に自信を無くしたり、自己嫌悪に陥ったりすることがあります。それにこのケースだと職場の人に迷惑をかけることになるので、職場の人間関係が悪化していることも少なくありません。そうするとなかなか相談できず、一人で抱え込んでしまいやすいです。忙しい職場だと気軽に仕事の状況報告や相談を上司にすることができないこともあります。しかし、会社ではたくさんの人が分担して仕事をしており、しっかり上司に相談をして分担を見直してもらうべきでしょう。

仕事の相談をするときのポイント~仕事の悩みの解決方法とは~

仕事の相談をするときのポイントがあります。一人で悩まずに相談し、転職しなくてもいい場合もあります。ここでは、仕事の相談をする際のポイントについて解説します。

仕事の悩みはどう解決したらいい?

仕事で悩みができたらまずは自分自身が感じていることをきちんと整理する必要があります。そして、どんな悩みがあるのか、自分で解決するならどんな方法で解決するのかを考えてみましょう。自分で解決する場合はまず原因をしっかり検討したうえで適切な解決法を実践することが大切です。しかし、仕事で悩んだ場合、自分で対処できることもあれば、自分では対処しきれないこともあります。自分で対処しきれいない問題だと職場での人間関係が上手くいかなかったり、仕事の量・レベルが自分のスキルに合わず仕事についていけていない状態だったりすることが挙げられ、これらの問題で悩んでいる場合はすぐに相談すべきです。

仕事の相談をする際に意識したいこと

問題が大きくなりすぎてから相談してももう手遅れで対処しきれないことがあります。そのため、仕事の悩みを相談する時はなるべく早い段階で相談した方が良いです。ただし、悩んでいると頭の中が混乱して冷静に話せなくなっている人も少なくありません。したがって、相談する際は相談する内容を事前にまとめておき、話の筋がすぐに伝わるようにするのが良いでしょう。ただし、悩みを自分目線で一方的に語ってしまうと誤解が生じてしまう可能性が高いです。したがって、相談する場合は一旦冷静になって客観的な意見を伝えるようにしましょう。特に解決策を求めて相談するのであれば、感情的になるのではなく論理的に伝えることが大切です。

仕事の相談窓口とは?~自分の問題にあった解決方法を見つけよう~

仕事の相談窓口をどれだけ持っていますか?ここでは、相談窓口について紹介していきます。相談先があればあるほど安心して仕事ができると思うので、参考にしてみましょう。

仕事の悩みの相談相手1:社外の人

仕事の相談相手として良い相手として挙げられるのが社外の人です。社外の人であれば職場で抱えている問題と一切関係ないので仕事への影響を考えずに話すことができるでしょう。信頼できる友人や家族に対して仕事の悩みを相談すると、それだけでもストレス発散になりますし、自分自身のことをよく理解してくれている相手なら親身になって解決策を考えてくれます。同業他社の知り合いがいるのであれば、ある程度仕事の事情を理解しているため、良いアドバイスが貰える可能性も高いです。

社外の人に相談すれば、会社の中でまかり通っていた常識が世間一般の常識からかけ離れているものである場合にも指摘してもらえます。そのため、特にブラック企業で働いていると感じているならまず相談するのは友人や家族など社外の人がおすすめです。仕事に対する客観的な意見を貰うことができるので、人間関係に関する問題は自分の周りが悪いのかそれとも自分が悪いのかなど冷静な判断をしてくれるでしょう。それに、付き合いが長い人だと、過去の付き合いから仕事の向き不向きなどに関する相談にも的確なアドバイスを貰いやすいです。

ただし、機密情報を安易に話すと別の問題に繋がってしまう可能性もあります。例えば会社の業務で知った個人情報を社外の人に話して、その情報が広まってしまうと自分が働いている会社だけでなく会社の取引先の損害にも繋がるでしょう。そうなれば会社から訴訟を起こされてしまっても自分が不利になってしまいます。そのため、話す相手をしっかり選ぶ、外部に知られてはいけない情報は伏せたうえで話すなどしっかり対策をしたうえで話をしましょう。

仕事の悩みの相談相手2:職場の上司

仕事の悩みを根本的に解決したいのであれば、職場の上司に相談するのが効果的です。特に労働条件や仕事量のことで悩んでいるなら改善してもらえる可能性があります。しかし、上司によっては「気持ちが弱い」「やる気がない」などといった精神論で諭してくる人もいます。このような人に相談してしまった場合評価が下がってしまうリスクを伴います。それに、ストレスの原因が上司であるケースもあります。この場合上司に相談することで状況が悪化してしまう恐れがあります。したがって上司に相談するかどうかは慎重に判断すべきでしょう。そして相談する場合は真剣な態度でしっかり説明をすることが大切です。

上司からのパワハラをはじめとするハラスメントで悩んでいる人も多いです。そんな時の解決策としては、あまり面識はなかったとしても、上司の直属の上司に相談するという方法が挙げられます。上司の直属の上司に相談する実績があればその後の評価に響くので、ハラスメントが改善される可能性が高いです。人間関係の悪化は避けられませんが、上司を異動・転勤させてくれることもあるので相談してみましょう。

しかし、上司など周りの人が頼れない状況に陥ってしまうケースもあります。その場合は会社の人事部に相談してみるのがおすすめです。人事部は直接業務で関わることが無いので客観的な目線で対応してくれます。普段あまり人事部と関わりが無い場合は入社時にお世話になった人事部担当者に相談すると良いでしょう。良く言えば客観的、悪く言えば他人事ではありますが、会社の悪評はその後の採用にも影響を及ぼすうえに、ハラスメント対策に力を入れる企業も年々増えているのでストレスを抱えている本人の負担が最小限になるような対処をしてくれる可能性が高いです。会社によっては仕事で悩みを抱えている人専用の相談窓口を設けているところもあるため、そのようなところに電話もしくはメールをしてみると良いでしょう。

企業によっては産業医が在籍しているところもあります。仕事でのストレスが精神面に影響をきたしてしまっている場合、産業医に相談することで上司に業務改善の指示を出してくれる企業もあるので、なかなか上司に相談しにくい場合産業医を活用するのもおすすめです。

仕事の悩みの相談相手3:公共機関の窓口

知人や職場の上司に相談しにくい仕事の悩みもあるでしょう。そんな時、第三者である公共機関の窓口に相談するという手段もあります。万が一問題が大きいと行政からの指導が入りますが、行政からの指導は会社にとってもダメージが大きいことから会社も問題に対してしっかり対処してくれる可能性が高いです。厚生労働省や法務省などでは仕事に対する悩みを相談できる窓口を設置しているので、これらを活用して問題を解決しましょう。

労働条件相談ほっとライン(厚生労働省)

労働条件相談ほっとラインでは労働条件に対する悩みについて電話で相談ができます。平日の営業時間は17:00~22:00、土日祝日は9:00~21:00まで電話を受け付けており、仕事終わりや休みの日にも相談できるので気軽に相談しましょう。ただ、労働条件相談ほっとラインは相談に乗るだけの機関であり、電話をすることで悩みを解決してもらえる可能性は低いです。しかし、労働基準監督署など抱えている問題を解決するにあたってベストな相談場所を紹介してくれるので、仕事で悩みを抱えていてどこに相談すべきかわからない場合にはまず労働条件相談ほっとラインに電話してみましょう。

総合労働相談コーナー(厚生労働省)

総合労働相談コーナーでも職場で発生するハラスメントなど様々な問題について電話や面談による相談が可能です。やはり電話だと思っていることを伝えにくいということもあるでしょう。そんな時、家の近くにある労働基準監督署内に総合労働相談コーナーの窓口が設けられており、予約も必要ないので営業時間内に利用してみましょう。

心の耳(厚生労働省)

心の耳では仕事から発生するメンタルや健康の問題について、電話やメールで相談することが可能です。しかし、心の耳では専門的な答えは期待できないので、あくまで仕事での悩みを聞いてもらう程度の感覚で利用するのが良いでしょう。ただし、人に話すだけでも大分気持ちは軽くなります。そこで心の耳では匿名で相談に乗ってくれるので、相談する人がいない、誰に話したら良いかわからないと悩んでいる人におすすめです。

みんなの人権110番(法務省)

みんなの人権110番では様々な日常生活における法律違反・人権問題に関する相談に乗ってくれます。法務局の職員が対応してくれるので、根拠に則った回答が返ってくるのがみんなの人権110番に相談するメリットでしょう。万が一法律に違反する行為があった場合、法務局が動いてくれることもあるため、パワハラなどは個々に相談するのがおすすめです。

仕事で悩んだときは早めに相談しよう

働き始めるとさまざまな悩みが出てきます。そこで悩み始めてしまったら、状況をよく分析してきちんと対処したほうが良いでしょう。仕事での相談がなかなかできない場合は友人や家族、上司に相談するだけでなく公共機関を頼るという選択肢もあります。自分にとってベストな選択肢を取り、ストレスのない環境で働きましょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC