就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

工場で勤務する女性の平均年収は?おすすめの職種や向いている人の特徴などを紹介

工場で勤務する女性の平均年収は?おすすめの職種や向いている人の特徴などを紹介
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

「工場に勤務する女性の平均年収はどのくらいなの?」「職場で女性の割合は少ないの?」という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

この記事では、工場で勤務する女性の割合や平均年収などの実態について詳しく解説します。また、工場勤務を目指す女性におすすめの職種や工場勤務が向いている女性の特徴も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

女性工場勤務者の割合

女性工場勤務者の割合

工場にはさまざまな業種があり、それぞれ女性の割合は異なります。そこで、工場に勤務している女性の割合を業種別に紹介します。

  • 衣服・繊維製品製造業:73.6%
  • 衣料品製造業:61.1%
  • 皮革製品:52.3%
  • 電気機械器具:51.1%
  • 繊維工業:51.0%
  • 鉄鉱業:18.6%
  • 石油石炭製品:17.8%

人の労働力に頼る割合が多い労働集約型の工場は、女性の割合が高い傾向にあります。女性の割合が最も多い職種は衣服・繊維製品製造業の73.6%です。続いて食料品製造業61.1%、なめし革・同製品・毛皮製造業52.3%、電気機械器具製造業51.1%、繊維工業51.0%となっています。

一方、高資本で機械化が進んでいる鉄鉱業や石油石炭製品など、資本集約型の工場では女性の割合は少ない傾向です。

参考:経済産業省

女性工場勤務者の平均年収

ここからは、女性の工場勤務者の平均年収を以下の項目に分けて紹介します。

  • 年代
  • 学歴や勤務先の規模

また、他の業種と比べた際、女性工場勤務者の平均年収の多寡を比較しながら紹介します。

参考:厚生労働省

年代別の平均年収

厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査」によると、工場などで勤務する製造業従事者のうち正社員の年代別平均年収は下記の通りです。

工場などで勤務する製造業従事者のうち正社員の年代別平均年収

※平均年収は「決まって支給する現金給与額×12ヶ月」に「年間賞与+その他特別給与額」を加えた合算値

年齢とともに平均年収が上がりますが、50代前半でピークを迎えます。30代前半では371万8,700円、30代後半では397万6,700円と、日本の平均年収を大幅に下回っています。

学歴や勤務先規模別の平均年収

工場などで勤務する製造業従事者の平均年収は、学歴・勤務先の規模によって左右されます。下の表は、20代正社員の最終学歴と勤務先の従業員規模別の平均年収です。

20代正社員の最終学歴と勤務先の従業員規模別の平均年収

どの学歴層でも、従業員規模が大きい会社の方が平均年収は高くなっています。また、どの従業員規模でも学歴が上がるほど平均年収は高額です。同じ中卒の20代後半でも、従業員1,000人以上と10人以上100人未満の会社では、平均年収に150万ほどの開きがあります。

工場に勤務する場合は、できるだけ規模の大きい企業を選んだ方が待遇が良いといえるでしょう。

工場勤務の女性は他の業種と比べて平均年収が低い?高い?

20代正社員の平均年収は、前半が約291万円・後半が約339万円となっています。では、他の業種と比べてどうなのか、見てみましょう。

工場勤務と他の業種の女性の平均年収の比較

製造業の20代は他の業種よりも平均年収が低めですが、宿泊業・飲食サービス業・生活関連サービス業・娯楽業と同程度の水準となっています。

工場勤務の女性が増加している3つの理由

女性工場勤務者の割合は業界によりさまざまですが、多くの業界の工場において男性だけではなく女性も活躍しています。特に、衣服などを扱う繊維製品製造業・食品メーカーでは、男性よりも女性の方が多い傾向にあります。

では、なぜ工場勤務の女性が増加しているのでしょうか。以下で詳しく解説します。

未経験でも働ける

工場の仕事は、未経験でも働ける仕事がほとんどです。マニュアルが完備されており、教育・研修制度が整っていることが多いので、特別な資格・経験がなくても就業できます。

プライベートを充実させやすい

工場の仕事は、繁忙期・人手不足の場合を除けば残業がほとんどなく、多くの場合は定時に帰れます。

特に、2交代制・3交代制などの交代勤務制を採用している場合、交代するグループに作業が引き継がれるので、残業が発生することはほとんどありません。また、工場の勤務体制・生産ラインの稼働調整により、休日・長期休暇をしっかり確保できます。

製造業は、取引先の生産稼働スケジュールに合わせることが多いので、大型連休が組まれる場合が多くあります。そのため、休暇を利用して海外旅行の計画も立てられるなど、プライベートを充実させることもできます。

軽作業が豊富

工場の仕事と聞くと、力仕事や、機械を操作する難しい仕事というイメージもあるでしょう。しかし、軽作業など女性でも行いやすい業務が多く、簡単な作業を黙々と繰り返す場合がほとんどです。そのため「パソコンを使った事務作業は苦手だけど、軽度であれば体を動かす仕事の方が良い」という人にはぴったりです。

工場での軽作業には、落ち着いて作業に没頭できる集中力・丁寧さ・正確さが求められます。

工場勤務を目指す女性におすすめの職種8選

ここからは、工場勤務を希望する女性におすすめの職種を8つ紹介します。

  • 組立
  • 検品・検査
  • 仕分け
  • ピッキング
  • 食品加工
  • 梱包
  • 工場(機械)オペレーター
  • 事務

各職種の仕事内容や平均年収などについて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

組立

組立

組立の仕事は、飛行機・自動車などの大規模なものから、時計・プラスチック製品などの小さなものまで幅広く、扱う商品によって仕事内容も異なります。

例えば、スマホやPCなどの電子機器の場合は組立のほか、製品にシールを貼ったりビジュアルの検査をする場合もあります。プラスチック製品の場合は、組立・検査だけではなく、型取りしてカッターで切り取る作業も行う可能性もあるでしょう。

基本的には、決められた手順に沿って仕事をするため、組立作業初心者であっても慣れてしまえば安心して働くことが可能です。

参考:indeed

検品・検査

検品・検査

検品・検査は、以下のようなチェックポイントがたくさんあります。製品の種類やチェック項目によって検査方法が異なります。

  • 不良品がないか
  • 異物が混入していないか
  • 機械製品やスマホアプリが正常に動作するか
  • 出荷する製品と出荷伝票の内容が一致しているか など

検品・検査の仕事は間違い探しのようなもので、問題に気付くためには何が正解かをしっかりと理解しておくこと必要があります。

参考:indeed

仕分け

仕分け

仕分けは基本的に立ち仕事で、重量のある製品を運ぶ場合もあります。そのため、ある程度の体力が必要とされる可能性もあります。また、商品番号・伝票番号と照合する作業も含まれる場合も多いため、正確性が求められる仕事です。

参考:indeed

ピッキング

ピッキング

ピッキングは数多い商品の中から目的の商品を探し集める作業なので、比較的単純な作業とされています。初心者・未経験者でも採用されやすい職種ですが、高い位置にある商品を取るためにフォークリフトを操作するなど専門性を求められる場合もあります。また、外国製品中心の工場・倉庫では、語学力が求められることもあるでしょう。

ピッキングには、大きく分けて3つの種類があります。

  • シングルピッキング:1注文に対して1商品ずつ集める
  • トータルピッキング:複数注文に対して複数商品をまとめて集めて最後に仕分け
  • マルチオーダーピッキング:複数商品に対してまとめてピッキングしつつ同時に仕分け

特徴や作業方法の違いなどを知っておくと、仕事内容や流れがわかりやすくなります。

参考:求人ボックス 給料ナビ

食品加工

食品加工

食品加工の仕事は、扱う食品により多岐にわたります。

  • 食肉工場:主に肉の塊を指定量ごとに切り分ける
  • 水産加工工場:主に魚の頭・内蔵の除去
  • 弁当工場:主に原材料の処理と盛り付け

このように、食品加工の仕事は主に3つに分けられており、それぞれ特徴や仕事内容が異なります。

参考:求人ボックス 給料ナビ

梱包

梱包

梱包の仕事は、ただ単に商品を詰めればいいというものではありません。きれいな状態の商品をそのままお客様の手元まで届けられるよう、しっかり丁寧な作業を行うことが大切です。また、商品の梱包状態は、その企業の信頼にも関わる重要なものです。梱包の仕事は物流において、なくてはならいない大きな役割を持っています。

参考:indeed

工場(機械)オペレーター

工場(機械)オペレーター

工場(機械)オペレーターは、機械を正しく稼働させるため、操作・設定・監視するのが主な仕事です。さらに、正常に稼働するための点検・メンテナンスなども行う可能性があります。工場における生産・製造をスムーズに進める重要な役割を果たしている仕事であり、未然にトラブル・事故を防ぐ役割も担っています。

参考:求人ボックス 給料ナビ

事務

事務

事務職の主な仕事内容は、以下の通りです。

  • データの入力(勤怠実績など)
  • 電話や受付対応
  • 在籍スタッフの入退社管理・制服・健康診断の手配
  • 書類作成や管理
  • 経費や請求書処理 など

職場によって対応する作業は異なりますが、上記のようにさまざまな業務を担当する場合もあります。基本的にほとんど力仕事はありませんが、繁忙期などは工場の現場仕事も頼まれる可能性もあります。

参考:求人ボックス 給料ナビ

女性が工場勤務をするメリット

女性が工場に勤務するメリットには、次のような要素があげられます。

  • 高収入が期待できる
  • 福利厚生が充実している
  • 通勤服や髪色・髪型が自由
  • 柔軟なシフト制で勤務できる
  • 専門的な知識・スキルが身につく

以下で、詳しく解説します。

高収入が期待できる

工場勤務の特徴として「重労働ではあるけれど、それに見合う稼ぎが得られる」ことが挙げられます。日本は男女の賃金格差がなかなか是正されず、女性は男性と比べて高収入を狙いにくい状況にあります。また、収入を上げていくことも困難です。

しかし、工場勤務であれば月収が平均よりも高くなることが多い上、各種手当もあります。これらを合わせると、女性全体の平均年収を上回ることも少なくありません。

工場勤務でよくある各種手当には、以下のようなものがあります。

  • 技能(資格)手当:企業が必要とする特別な技能の保有者に対して支給
  • 特殊作業手当:通常の勤務とは異なる特殊な作業環境で勤務した場合に支給
  • 特殊勤務手当:特殊な条件で勤務した場合に支給(交代勤務・単独勤務など)

オフィスでの事務職には無い種類の手当も多く、仕事内容は特殊な場合もありますが、それに見合った手当が用意されています。

福利厚生が充実している

工場勤務の仕事は、福利厚生が充実している場合が多いです。特に以下の条件は、女性にとって大変魅力的でしょう。

  • 年間120日以上の休みがある
  • 女子寮が完備、かつ無料で利用できる場合もある

すべての工場が、上記のような好条件を掲げているわけではありません。しかし、福利厚生面で女性向けの配慮がなされていることを、仕事探しの基準にしてみるのも良いでしょう。休日数も120日以上あれば恵まれているといえるレベルであり、業務が多少キツくても待遇がよければモチベーションも保ちやすくなるでしょう。

通勤服や髪色・髪型が自由

工場勤務は基本的に、通勤時の服や髪色・髪型が自由である場合が多いようです。会社の就業規定・工場ルールにもよりますが、工場内作業は接客業務が発生しないため、髪色・髪型が自由である場合が多いです。明るい髪色・おしゃれな髪色にこだわりのある女性にとって、規定が厳しくないことは大きなメリットといえます。

通勤服は自由ですが、マイカーによる通勤が多いため、動きやすい服装や作業着で通勤する人が多い傾向にあります。また、オフィスカジュアルのように、仕事のための服を用意するための出費が不要です。

柔軟なシフト制で勤務できる

工場勤務は、月曜から金曜の9時から17時というような固定勤務とは限りません。なぜなら、工場を休ませずに稼働させるため、シフト制を導入している企業が多いからです。たとえば、早朝から深夜までの3交代制であれば、次のようなシフトパターンが設けられています。

  • 6時から15時まで
  • 10時から19時まで
  • 14時から23時まで

また、土日関係なく不定休で、時間帯も不規則なシフトで働くことになる場合も珍しくありません。体調管理に配慮や工夫が必要となりますが、以下のようなシフト制ならではのメリットが得られます。

  • 早番の日は、退勤後の時間を有意義に活用できる
  • 次の日が遅番であれば、夜から翌日の午前中にかけてゆっくり過ごせる
  • 平日にしかできない用事を済ませられる

シフト制に関連していえば、工場勤務は主婦のパート先としてもおすすめです。なぜなら「平日の4時間だけ、5時間だけ」というような日時限定の働き方も受け入れてもらいやすいからです。

専門的な知識・スキルが身につく

工場勤務では、一般的に簡単な作業が多いのですが、なかには複雑な業務もあります。そうした業務に従事すれば専門的なスキルを身につけることができ、キャリアアップを目指すことも可能です。

また、製造業では、専門的な資格・スキルを習得するための教育制度・研修制度も整っています。仕事をしながら学びたい人や、製造業に関する専門的なスキルを磨きたい人に向いています。

女性が工場勤務をするデメリット

女性が工場勤務をするデメリットには、以下のような項目があります。

  • 単調な作業が多い
  • 体力的にきついと感じる作業もある
  • シフト制の場合は生活リズムが崩れやすい

以下で詳しく解説します。

単調な作業が多い

工場勤務は、単調な作業を繰り返す場合が多いです。毎日同じ作業を繰り返していると、人によっては「いつまでこの作業を続けなければならないのだろう」と、気が遠くなってしまう可能性もあります。

しかし、単調な作業はデメリットばかりではありません。複雑で難易度の高い仕事が少なければ、仕事の習得に苦労しなくて済むというメリットにもなります。

単調な作業をツラいと感じるか、まったく苦にならずむしろ好きだと感じるか、あなた自身の適性を見極めた上で就職を検討すると良いでしょう。

体力的にきついと感じる作業もある

工場の軽作業では、重量のある製品を持ち運ぶといった力仕事は基本的に発生しません。しかし、立ちっぱなしで作業したり、工場内を動き回るような業務となる可能性もあります。人によっては疲れが溜まりやすく「つらい、きつい」と感じることもあるでしょう。

しかし、工場によっては作業員の体力を考え、適度に休憩を取らせてくれる場合もあるので「つらい、しんどい、きつい」場合は無理せず休みましょう。

シフト制の場合は生活リズムが崩れやすい

日によって勤務時間帯が変わるシフト制の工場では、生活リズムが崩れやすい場合があります。24時間稼働している工場では「日勤・準夜勤・夜勤」のように3交代制でシフトが組まれていることが多いので、勤務時間が日中になることもあれば深夜になることもあります。睡眠時間が不規則になりやすいので、体調を崩さないように注意する必要があります。

工場勤務が向いている女性の特徴

工場勤務が向いている女性の特徴は以下の3つです。

  • 体力がある
  • 集中力がある
  • ものづくりが好き

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

体力がある

工場勤務は、土木などの仕事とは違ってそれほど厳しい力仕事を行うわけではありません。しかし、立ちっぱなしで作業をすることも多いため、ある程度の体力は必要です。そのため、体力や健康面に自信のある人が工場勤務に向いているといえます。筋力までは必要ない場合が多いですが、体力は工場勤務を長く続けるために必要といえるでしょう。

集中力がある

工場の仕事は、長時間黙々と同じ作業を繰り返すことが多いので、高い集中力を維持しなければなりません。そのため、集中力がある人や単純作業が得意な人に向いています。

ものづくりが好き

工場の仕事は、ものづくりに関わるものがほとんどです。そのため、何かを生み出すことが好きな人や、ものづくりに興味がある人に向いています。また、自動車・電化製品などのメカニカルなものが好きという人にもおすすめです。

工場勤務が向いていない女性の特徴

工場勤務が向いていない女性の特徴は以下の3つです。

  • 立ち仕事・夜勤が苦痛
  • 黙々と作業をすることが苦手
  • グループ・派閥などが苦手

順番に解説していきましょう。

立ち仕事・夜勤が苦痛

工場の仕事は、立ち仕事がほとんどなので、体力に自信がない人・長時間立ち続けることが苦手な人には不向きです。また、職種によっては夜勤もしなければならないため、日勤のみの仕事がしたい人にもおすすめできません。

夜勤があるかどうかは求人情報で確認し、もし記載がないような場合は面接で質問し、事前に確認しておくとよいでしょう。

黙々と作業をすることが苦手

黙々と作業をすることが苦手だったり、人と会話をすることが好きな人も、工場勤務には向いていないといえます。また、同じ作業を繰り返し続けることが苦手・あまり集中力が持続しないという人も工場勤務は向いていないといえるでしょう。

グループ・派閥などが苦手

工場は、どちらかといえば閉鎖的な職場であることが多く、いつも同じメンバーで仕事をすることになります。そのため、自然とグループや派閥ができる可能性があります。人の悪口を耳にしたり、敵対関係に陥ってストレスを感じる方もいます。

もちろん職場によって状況は異なるため、どのような内部事情があるのか就職・転職する前に口コミサイトなどで確認しておくとよいでしょう。

工場勤務したい女性は就活カレッジ®を利用して就職しよう

工場への就職を検討している女性におすすめなサービスが、就職までのあらゆるサポートをしてくれる就職エージェントです。とくに「就活カレッジ®」なら、未経験の正社員就職に特化しているため、かなりおすすめです。

ここからは就職カレッジ®の特徴・メリットを紹介しますので、ぜひチェックにしてください。

未経験の正社員就職に特化

就職カレッジ®は、フリーター・第二新卒・未経験などの就職に特化したサービスです。正社員経験がない人や少ない人の就職支援に特化しているため、最終学歴や正社員経験の有無を気にすることなく就職先を探せます。

また、就職カレッジ®でしか紹介されない独占求人が豊富となっており、掲載されている求人も「未経験者歓迎」という企業が多いというメリットがあります。そのため、就職カレッジ®には未経験者でも就職に成功しやすい環境が整っているのです。

手厚いサポートにより就職成功率80%以上

就職カレッジ®には、以下のようなことが無料で学べる就職講座が用意されています。

  • 社会人としての基本であるビジネスマナー
  • 履歴書作成や面接対策
  • 自己分析や企業研究のやり方

就職する前に自己分析・企業研究ができ、ミスマッチのリスクを軽減することが可能です。

こうした手厚いサポートがあるため、就職カレッジ®の就職成功率は80%を超えています。一般的なフリーター・既卒の就職成功率は約34.4%なので、80%以上という数字がいかに驚異的かをお分かりいただけるでしょう。一般的な方法よりも就職カレッジ®を利用した方が2倍以上も成功率が高まるので、少しでも内定確率を高めたい方にもおすすめです。

書類選考ナシの集団面接会を実施

就職カレッジ®では、未経験者を採用したい優良企業を約20社集めた「集団面接会」が開催されています。この集団面接会では書類選考免除で面接ができるので、最短2週間で内定の獲得が可能です。そのため「なるべく早く内定を獲得したい」という方にもおすすめの就職エージェントです。

まとめ

工場では女性が活躍している仕事も多くあり、未経験者でもできる仕事もたくさんあります。また、高収入が狙え、通勤服や髪型が自由で柔軟な働き方ができるといったメリットも得られます。しかし、単調な作業が多く、体力的にきついと感じる作業を行う可能性もあるため、自分に合った職種に就くことが大切です。

就職カレッジ®では、あなたにぴったりな求人を紹介してくれるだけではなく、ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで学べます。そのため、就職が初めての女性でも安心かつスムーズに就職活動を進めることが可能です。ぜひ就職カレッジ®を利用して、興味のある分野・工場への就職を実現させてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US
高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター