就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

自己分析ツールを使って転職や就職を成功させるコツ|社会人を目指す方も必見

自己分析ツールを使って転職や就職を成功させるコツ|社会人を目指す方も必見
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

自己分析ツールを用いることで、就職活動における自己分析を簡単に行えます。しかし、自己分析ツールを使う時には、注意点や活用の仕方を正しく理解しておかないと、間違った自己分析にもつながりかねません。この記事では、自己分析ツールを上手に活用して、就職活動に役立てていくために重要な知識について解説します。特に、初めて自己分析をするという方は参考にしてみてください。

なぜ自己分析を行う必要があるか

なぜ自己分析を行う必要があるか

自己分析ツールは自己分析を行うために活用できるものですが、そもそもなぜ就職活動で自己分析が重要なのかを理解しておく必要があります。ここでは、自己分析を就職活動で行うべき理由から解説していきます。

自分自身を理解して選考通過率を上げるため

自己分析をすることで、自分の今までの経験やスキルを棚卸しし、強みと弱みを理解することができます。これにより、自分自身の理解が進み、就職活動における選考で自分の強みをよりアピールでき、選考通過率を上げることにつながります。

選考では第三者である面接官に、「この人を採用したい」と思ってもらう必要があります。自分の魅力を自分で認識できていない人が、選考官から魅力的に感じてもらうことはできません。そのため、自己分析をせずに表面上で会話をしても、自分の魅力ではなく、ただの特徴を伝えることしかできないでしょう。

「自分はどういった人間で、こういう経験を積んできているから、応募先企業で力を発揮できるのだ」ということを論理的に説明するために、自己分析が欠かせないのです。

応募する業界や職種を見つけやすくするため

自己分析をすることは、効率的な求人探しのためにも重要です。就職するため、まずは応募する求人を見つけることから始めていきますが、日本には無数と言っていいほど多くの求人が存在します。

どのような業界、仕事なのかも求人ごとで異なりますので、自分が何に向いているのか分からなければ、どこに応募すればいいのかも分からなくなってしまいます。自己分析で自分の理解を進めておけば、自分に向いている求人とそうでない求人の判別がつきやすくなるため、結果的に求人探しの時間を短縮することにつながります。

自分らしく働ける職場を見つけるため

例えば同じ「営業職」という求人であっても、その会社が属している業界やビジネスモデル、社風がそれぞれ異なることから、同じように働けるとは限りません。自分らしく働ける職場かどうかを判別するためにも、自己分析をして「どんな状況でなら最高のパフォーマンスを発揮できるか」を理解しておくことが大切です。もし自分が「ルールにのっとって仕事を進めるのに向いていない」ことを理解しないまま、社内ルールの徹底を遵守して仕事を進める企業に入社してしまえば、強いストレスを感じながら仕事をしなければならないでしょう。

また、自分らしく働ける職場に入社できないと、早期離職をしてしまうことも考えられます。自分のためにも、採用をする企業のためにも、入社前と入社後のギャップをできるだけ起こさないような就職が大切であり、そのために自己分析は役立つのです。

自己分析ツールの特徴

大切な自己分析を行うために作られている自己分析ツールはさまざまな種類がありますが、共通して以下のような特徴を持っています。

簡単な質問に答えていくだけでいい

本来自己分析は、自分の今までの人生を思い出すように棚卸ししていくことになりますので、自分自身で進めていく意思がないと自己分析が進められないというものになっています。

しかし、自己分析ツールは「ツール」という言葉がついているように、ツールの案内に従って簡単な質問に答えていくだけで、大まかな自己分析ができてしまうという特徴があります。

また、自己分析ツールで回答する質問も3〜5択程度の心理テストのようなものになっているため、一問一問の回答に時間がかかることはありません。ツールを使わない時の自己分析よりも負担は少ないと感じるはずです。

質問の数が多い傾向にある

元々自己分析には少なくない時間が必要ですが、自己分析ツールでは簡単な質問だけである程度の自己分析ができるようになっています。

複雑に絡み合って形成している自己を分析するために、自己分析ツールで質問される数は多い傾向にあるのも特徴です。先述の通り、確かに一問一問答えるのが難しいというものではないものの、質問の個数が多くて進められないと感じてしまう人も一定います。

自己分析ツールによって異なりますが、多くは100問程度で構成される傾向にあります。

結果で自分のタイプや傾向が分かる

自己分析ツールは、進めることで自分のタイプや傾向が分かるようになっているケースがほとんどです。

「熱血行動タイプ」「冷静沈着タイプ」などの自分の傾向が分かるだけでなく、向いている仕事を教えてくれるツールもありますので、仕事探しに活用できるでしょう。

また、診断結果が自分の思っていたタイプと違った場合は、ただ「外れた」と思うのではなく、「自分にこういう一面があったのか」という視点を持つことにより、仕事探しの幅を広げることも可能です。

自己分析ツールを使うメリット

自己分析ツールは多くの就職活動者が活用しています。ここでは、自己分析ツールを活用して自己分析を行うことのメリットについて解説します。

気軽に始められる

自己分析ツールは、特に準備をしていなくても活用できます。ツールを立ち上げて、表示される内容に従って自己分析を進められますので、非常に気軽に始められるといったメリットがあります。

一種の心理テストのような楽しみも感じられることもあり、楽しみながら就職活動を進められるというのも嬉しいポイントです。

客観的に自分を理解しやすい

自己分析ツールを活用することで、より客観的に自分を理解できるといったメリットも享受できます。

自己分析ツールを使わないで自己分析をすると、どうしても自分の主観で分析を進めていかなければなりません。そのため、自分が感じていなかったり、思い付いていないような強み・弱みを見つけることが非常に困難になります。加えて、主観的に進めた自己分析の結果は、最終的に就職活動で使えるように客観的視点も加味してブラッシュアップをしなければなりません。

自己分析は一定の客観性も必要であることを考えると、始めから客観的に分析できる自己分析ツールは、自己分析を効率的に行うことに役立つと言えます。

思わぬ企業との出会いにつながる

自己分析ツールの活用により、今まで感じていなかった自分の強みを知ることができます。

もし自己分析ツールで「創造性やクリエイティブな仕事に向いている」ということが分かれば、今まで検索しようとしていなかった「クリエイティブ職」の求人にも目を向けられるようになるはずです。就職活動は、これからの社会人キャリアの方向性を決めるのに非常に大切なものになりますので、その選択肢は多いに越したことはありません。

自己分析ツールを使って、自分が思ってもいなかったような可能性を見つけ出すことができれば、思わぬ企業との出会いにもつながるでしょう。

自己分析ツールを使うデメリット

自己分析ツールの活用は、メリットだけでなくデメリットもいくつか存在します。デメリットに注意しながら、うまく自己分析に活用していけるように意識してください。

全て正しい結果とは限らない

自己分析ツールでは一つの結果が出てきますが、全てが正しい結果とは限りません。

中には、自己分析ツールと言っておきながら、データに基づいて結果を出すことをしていないものだったり、適当な結果を出してその後自社サービスの求人に応募してもらうことを目的としているものもあります。そのため、自己分析ツールで得た自分の特徴を全て正しいものだと思ってしまうと、かえって就職活動の妨げになってしまうこともあります。

自己分析ツールの結果は、あくまで参考に留め、自分でもツールを使わない自己分析をすることがおすすめです。

自己分析をした気分になってしまう

自己分析ツールは、それなりの時間がかかりますし、結果がある程度詳細に出力されることもあり、自己分析をした気分になってしまうというデメリットもあります。

自己分析の結果を就職活動に役立てるためには、自分の今までの経験やスキルを一つずつ棚卸ししていく必要がありますが、多くの自己分析ツールは「今、自分がどんな人物か」を分析するに留まります。そのため、今の自分を構成している要因まで踏み込むことができておらず、自己分析としては中途半端なものになっている部分もあるのです。

そうした事実に気づけず、自己分析ツールでの自己分析結果で満足してしまえば、自己分析をすることで得られる「就職活動の軸」や「選考でアピールすべき自分の長所」といったものが正しく認識できなくなってしまうかもしれません。

まとまった時間が必要

自己分析ツールは、普通に自己分析をするよりも短時間で結果が分かります。

しかし、ブラウザ上で行うような自己分析ツールの場合、一度始めてしまうと途中で終了できなことが多く、結果的にまとまった時間が必要になってしまうというデメリットがあります。それぞれの自己分析ツールの質問数にもよりますが、長いと1時間以上かかってしまうこともあるので、長時間同じことに集中できないという人は、ツールを使わないで自己分析を進めた方がいいかもしれません。

自分で自己分析をする場合は、就職活動のプロに正しいやり方を教わることがおすすめです。就職カレッジ®の無料就職講座では、自己分析を始め、就職活動で重要な知見を集中的に教わることができます。

気になる人は以下のリンクをチェックしてみてください。

自己分析ツールを使う時の注意点

自己分析ツールを使う時には、デメリットにも通じる以下の点に注意しましょう。

結果だけを見て満足しない

自己分析ツールの結果だけを見て満足してしまっては、せっかく使った時間が無駄になってしまいます。

自己分析ツールに取り組んだ後は、次のようなアクションにつなげていかなければなりません。

  • ツールを使わずに自己分析を行う
  • 結果を元に求人を探してみる
  • 応募書類の作成に役立てる
  • 面接対策を行う

就職活動において、自己分析はスタートラインに立つための行動に過ぎません。加えて、自己分析ツールは本来の自己分析を補助する役割の意味合いが強いことから、自己分析ツールを使ってもまだまだ就職活動は続いていくのです。

本来の目的である「自分らしく働ける職場への就職」を成功させるためにも、自己分析ツールの活用だけで足を止めてしまわないように注意してください。

結果だけが全てではないことを認識する

自己分析ツールでの結果を全て間に受けないようにすることにも注意が必要です。

自己分析ツールの結果発表では、ほとんどの場合「一つの分析結果」が出てくるはずです。しかし、自分を構成する要素は複雑に絡み合っており、「ある場面では明るいものの、別の場面では冷静沈着」というケースも十分考えられます。

このように、元々複数の一面を持つ人間の特徴を、自己分析ツールが無理矢理一つの結果として出しているため、結果だけが自分の全てだと思ってはいけないのです。自己分析ツールの結果だけを信じて行動すると、自らの首を絞めて就職活動をすることにも繋がってしまうでしょう。

いくつかのツールを使うようにする

先ほど解説した通り、自己分析ツールでは基本的に一つの結果しか出力されません。自己分析は、多角的な視点で自己を見つめ直すことが大切ですので、可能であればいくつかの自己分析ツールを併用していくのがおすすめです。

自己分析ツールによって、設問内容が違ったり、どんな点を特に分析できるのかが変わってきます。できるだけ多くの自己分析ツールを活用できれば、ツールだけでも十分な自己分析ができるかもしれません。

学生向けの自己分析ツール「Future Finder」

就職率8割超の就職サービス「就職カレッジ®」を運営している弊社ジェイックも、自己分析ツールを開発・リリースしています。

その名も「Future Finder」

就活生向けに提供されている自己分析ツールですが、3つの特徴がありますのでご紹介します。

性格特性が分析できる

Future Finderは、心理統計学や科学的分析手法などの専門アドバイザーの協力を経て開発された自己分析ツールです。根拠に基づいた性格特性が分析できると、多くのユーザーから好評を得ています。

自分の性格は意外と自分ではわからないものです。もし自分の性格を正しく認識しないまま就職してしまうと、企業の雰囲気とミスマッチが起き、早期離職につながってしまう恐れがあります。性格診断という目的だけでも、Future Finderを活用するメリットがあるでしょう。

分析結果を元に企業とマッチングが可能

Future Finderは、回答した結果内容から「組織風土」と「職質」の二軸で適合性を計測し、企業とのマッチング度合いを計測できるという特徴があります。

特に個人においては、性格診断で「価値観」と「能力」の分析結果が出ていますので、ジェイックで応募できる企業とのマッチング結果まで出てくるようになっています。

自己分析ツールは、やっただけでは意味がないということを解説しましたが、Future Finderであれば、自己分析ツールの結果をそのまま企業への応募に活かすことができるので、非常に効果的・効率的に就職活動を進めていけるでしょう。

面談やセミナーなどの特典が受けられる

Future Finderに登録すると、以下の特典が受けられます。

  • 専門の国家資格を所有しているキャリアアドバイザーとの面談が可能
  • Future Finder登録者限定のセミナーに参加が可能

どちらも就職活動を進めていくのに役立つ知見が得られる内容になっているので、自己分析に止まらずに就職活動を進めていけるでしょう。

また、限定セミナーでは、自己分析セミナーも定期的に開催されています。Future Finderで分かった自己分析結果を、より具体的に就職活動に活かしていく方法や、面接での自己PRへの活用の仕方などがわかるようになっていますので、就職率をあげることにもつながるはずです。

自己分析ツールとしてFuture Finderが気になるという人は、以下のリンクをチェックしてみてください。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

自己分析ツール以外の自己分析のやり方

自己分析のやり方は、自己分析ツールを使う以外にもいくつか種類が存在します。ここでは、自己分析ツールを使わない方法として、3つのやり方を解説します。

自分史の作成

自分史とは、今までの人生を振り返り、自分の歴史年表を作成しながら自己分析を行うやり方です。

幼少期から現在に至るまで、それぞれのフェーズで発揮した強みや感じた弱み、経験やスキルをまとめていき、今の自分を構成している要素を時系列順で洗い出せるといった方法になっています。

それぞれの時期で起きたことを断片的に思い出していくだけでいいので、自己分析としては取り組みやすく、また、オーソドックスなやり方とも言えます。どんな人にも取り組みやすい方法と言えるでしょう。

【自分史のやり方手順】

時期感じた強み感じた弱み出来事特徴的な経験
小学生
中学生
高校生
大学生
社会人
  1. 上記のシートの内容を箇条書きで埋めていく
  2. 内容をそれぞれ一つずつ深堀りしていく
  3. 深掘りして出てきた共通点から就職活動の軸を見つける

強みと弱みの書き出し

自己分析ツールと同じような流れで、より主観的な視点を持って行う方法として「強みと弱みの書き出し」というものがあります。

自分が感じている強みと弱みをそれぞれ箇条書きで書き出し、リストアップされた項目それぞれの内容を深掘りしていくという方法です。

例えば、強みとして「コミュニケーション能力」が挙げられたならば、以下の要領で深掘りを行います。

コミュニケーション能力が強み

(なぜそう感じるのか?)

学生時代に所属していた部活動では、コミュニケーションを重視して試合展開を上手く行えていたから

(部活ではどのような役回りについていたのか?)

副部長として部員と部長の間に立っていた

(続く)

このように、最初に挙げた強みを深掘りしていくことにより、他の強みを見つけたり、強みを説明する根拠を棚卸しすることができます。もちろん、強みだけでなく弱みについても同時に行うことが重要です。

自己分析ツールでは、強みや長所を見出す傾向にありますので、自分の弱みを正しく認識できない可能性があります。ツールを使わないからこそ、ツールでは得られない自己分析を積極的に行うようにしてください。

特徴的な経験の深堀り

先ほどご紹介した強み・弱みの書き出しの起点を、特徴的な経験の深掘りにするのもおすすめです。特徴的な経験から自己分析の深掘りを始めていけば、面接での自己PRの作成を効率的に行うことにつながります。

自己PRは「自分の強み→強みを発揮した具体的なエピソード→応募企業でどのように強みを活かしていくか」という構成で成り立っています。特徴的な経験から自己分析を行うことで、この構成のうち最初の2つの内容も同時に作成できます。

自己分析のやり方については、以下の記事でもさまざまなものを紹介していますので、気になる人は合わせてご覧ください。

自己分析のおすすめのやり方は?転職成功や社会人を目指す人に向けて解説

ツールを使っても自己分析が進められない場合の対処法

自己分析ツールを使っても、なかなか自己分析が進められないというスランプに陥るケースも少なくありません。ここでは、自己分析がどうしても進められなくなってしまった人に、おすすめの対処法を解説します。

他己分析を行う

自己分析に行き詰まってしまった場合は、他己分析に取り組んでみるのがおすすめです。他己分析とは、友人や家族などの第三者に対して「私の強みや弱みはなんですか?」と聞くことで、自己分析を進めていく方法です。他人から見えている自分の特徴を洗い出すことができますので、詰まってしまっていた自己分析を進めることに役立つでしょう。

また、他己分析により、今まで主観的にしか進められていなかった自己分析に、客観性を持たせられるのもポイントです。自己分析の結果は、最終的に面接官という第三者へのアウトプットに活用することを考えると、客観性を持って自己分析を行っておくことが非常に大切になります。

もし他己分析を頼める人がいないという場合は、後述する就職エージェントの活用がおすすめです。

興味のある企業のホームページから逆算する

自己分析は、自分の特徴から考えていくのが基本の流れではありますが、どうしても分析を進められなくなってしまった場合は、企業を起点にして考えていくのもおすすめです。

例えば、興味のある企業のホームページに「物事に集中して取り組める人を求めている」と書かれていたとします。この方法では、企業のホームページ内容から逆算し、物事に集中して取り組んだ経験を思い出して、自己分析を行っていきます。

何もない中から自分のことを考えるのと、企業ホームページというお題から考えていくのでは、自己分析のやりやすさが大幅に変わるでしょう。

就職エージェントに相談する

自己分析に自信が無かったり、やる気が中々起きないという場合は、就職エージェントを利用するのがおすすめです。就職エージェントに登録すると、担当のエージェントが付き、以下のようなサポートが受けられるようになります。

  • 自己分析の方法のレクチャー
  • キャリアカウンセリング
  • 応募書類の添削
  • 模擬面接の実施
  • 自分に合った求人の紹介
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 面接後のフィードバック
  • 年収交渉の代行

このように、非常に幅広いサポートが受けられますので、就職活動が初めてという人や、現職が忙しくなかなか活用に踏み切れていないという人におすすめです。

自己分析ツールを使っても悩むなら「就職カレッジ®」がおすすめ

自己分析ツールを使っても、自分の就職に悩んでしまうという方には、弊社ジェイックの就職カレッジ®の利用がおすすめです。ここでは、就職カレッジ®の4つの特徴をご紹介します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職カレッジ®は、20代の正社員就職支援に強い就職エージェントである弊社ジェイックの就職支援サービスです。特に「フリーター・ニート・第二新卒・既卒」を専門にサポートを行っており、今までの就職支援実績は23,000名以上※となっています。

登録から就職先決定まで、全て無料でサービスが利用できますので、安心して登録できます。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

自己分析の仕方を就活のプロから教えてもらえる

就職カレッジ®に登録した後は、就職活動のプロが教える「無料就職講座」が受講できます。

この講座は、以下のようなカリキュラムで実施されています。

  • ・ビジネスマナー
  • ・自己分析の方法
  • ・企業研究の方法
  • ・応募書類の作成方法
  • ・面接の個別対策

このように、就職活動を進めていく上で重要な知識を集中的に学べますので、選考通過率を上げるために活用できます。

この講座の実施もあり、就職カレッジ®登録者の就職率は81.1%※と非常に高い数値となっています。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

十数社の企業と一度に直接面談できる

無料就職講座の受講後は、就職カレッジ®が独自で主催する集団面接会に参加可能です。集団面接会には、未経験者を積極的に採用していきたいと考えている企業しか参加しませんので、フリーターや第二新卒などのキャリアに自信がない方でも、内定獲得の可能性が十分にあります。

また、この集団面接会では書類選考をパスして、いきなり企業担当者と直接面接ができるという特典もあります。一回の開催で十数社が参加しますので、一度にたくさんの企業の情報が効率的に集められるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

徹底したサポート体制で定着率は9割超え

就職カレッジ®は、登録から内定まではもちろん、就職後のサポート体制も徹底しています。「就職してみたら思っていた企業ではなかった…」「人間関係が悪く、仕事を教えてもらえない…」など悩みを感じたら、いつでも無料で専任アドバイザーに相談可能です。

このような徹底的なサポート体制を設けていることもあり、就職カレッジ®で就職した方の定着率は91.5%※と非常に高くなっています。とにかく安心して就職活動を進めていきたいという方は、就職カレッジ®の利用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

自己分析ツールは、自己分析を効率的に行える反面、自分を一面でしか捉えられないという点に注意する必要があります。正しい自己分析の方法を教わって、自分らしく働ける職場を見つけたいと考えている方は、就職カレッジ®でプロから自己分析の方法を教えてもらいましょう。

就職カレッジ®には、以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気軽に登録してみてくださいね。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター