就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

転職を成功させる自己分析の方法|何から始めればいいか徹底解説!

転職を成功させる自己分析の方法|何から始めればいいか徹底解説!
仕事選びFV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

転職を成功させるための自己分析の方法が分からなくて、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

この記事では、転職活動を行う際の自己分析の方法について、どんな考えで進めていけばいいのかや、効率よく進めるためのポイント、具体的なやり方の例などを解説します。

初めての転職活動で悩んでいるという人は、参考にしてみてください。

自己分析が転職活動で重要な理由

自己分析が転職活動で重要な理由

「転職活動を進める上で、自己分析は非常に大切」という言葉を聞いても、どうして自己分析をしなければならないのか分からないという人も多いと思います。

ここでは、自己分析が転職活動で重要と言われる理由について解説します。

自分の強みを正確に伝えるため

自己分析をすることで、自分の強みを理解できるだけでなく、それを第三者に分かりやすく伝えるための言語化も可能になります。

転職活動の面接では、応募者が自分自身の強みを正確にアピールできなければ、魅力的な人材だと思われずに見送りになってしまいます。

つまり、魅力を伝えて選考通過率を上げるためにも、自己分析が重要になるのです。

また、自己分析は強みだけでなく弱みについても認識することができます。

自分の弱みを理解しておけば、自分には合わないような仕事・職場を見極めやすくなり、結果的に早期利欲を防止し、中長期的な就業が叶うでしょう。

転職活動には決して少なくないパワーが必要になりますので、何度も何度も転職活動を行わなくて済むというメリットもあります。

内定承諾で迷いにくくなる

内定承諾で迷いにくくなるというのも、転職活動で自己分析に取り組むべき一つの理由となります。

新卒での就職活動と異なり、転職活動では内定が出てから内定承諾をしなければならない期限が非常に短いのが特徴です。

長くても1週間程度で内定受諾するかの判断を下さなければなりませんが、もし別の会社からも内定をもらっていたら、判断に迷っているうちに内定承諾期限を迎えてしまうかもしれません。

あらかじめ自己分析をしておくことで、自身の転職活動における「軸」を見つけることができます。

もし内定を承諾するかどうかの判断をしなければならない場面になっても、転職の軸がしっかり持てていれば、自分の選択に迷うことはないでしょう。

一方、自己分析は1日でできるものでもありませんので、いざ内定承諾するかどうかのタイミングで自己分析を行っても間に合いません。

従って、転職活動を考え始めた時から、自己分析をし始める必要があるのです。

転職活動で自己分析をするメリット

転職活動で自己分析の重要性が分かったとしても、どんな点にメリットがあるのか分からなければ、時間を割いて取り組もうと思えないかもしれません。

ここでは、転職活動で自己分析するメリットを3点解説します。

自分に合った企業を見つけやすくなる

自己分析をすることで、自分の強みや弱みがしっかり理解できるようになることから、自分らしく働ける職場・企業を見つけやすくなるというメリットがあります。

もし仮に「自分は何ができて、何ができないのか」「どんなことに興味を持って向き合うことができるのか」という観点を理解していないまま転職活動を進めてしまうと、企業名や求人票に載っている給料・待遇だけで転職先を決めかねません。

そのような観点だけで転職してしまえば、入社した後に仕事内容そのものに興味が持てなくなってしまったり、働くことに面白さややりがいを感じられないかもしれません。

初めから職場を転々としていきたいという人には問題ないかもしれませんが、中長期的に腰を据えて働ける職場を見つけられるような転職をしたいという人は、自己分析をしっかりやっておくと良いでしょう。

選考での発言に一貫性を持たせられる

転職活動の選考では、転職活動の軸が重要であることを解説しましたが、これは自分が働きやすい職場を見つけるためだけでなく、選考通過率を上げるためにも重要です。

転職活動の面接では、新卒の就職活動の面接の時よりも、聞かれる質問が幅広く事前準備が難しくなっています。

そのため、予測していない質問が来た時、その場その場で答えを考えて回答する必要があります。

この時、転職活動で叶えたい軸が定まっていないと、面接での受け答えが一貫性のないその場凌ぎのものとなってしまい、結果的に面接官に不信感を与えてしまう可能性が高まります。

回答内容がチグハグになってしまえば、「この応募者は転職活動で何をしたいのかが分からない」と思われてしまい、見送りになりやすくなってしまいます。

総じて、自己分析をして発言に一貫性を持たせられると、選考通過率を高めることができるのです。

転職が本当にベストな選択肢か明らかにできる

自己分析は目先の転職活動を成功させるのに有効というだけでなく、自分の将来的なキャリアプランを構築するのにも有効です。

「自分の興味関心に携わる仕事に就くためには、どういった職場で経験を積む必要があるのか」「○○職に就くと自分のやりたいことに遠ざかってしまう」など、自身のキャリアと向き合うことで、今行おうとしている転職活動そのものの是非も判断することができます。

転職活動は常にいい結果をもたらすとは限りません。

「今、この瞬間に転職をするのが本当にベストな選択肢なのか」ということが分かれば、結果的に自分のキャリアをより良いものにしていけるでしょう。

転職活動で自己分析ができないと生じる末路

もし転職活動で自己分析をしっかりできていないと、最悪の場合次のような末路を迎える可能性もあります。

転職しなければ良かったと感じてしまう

自己分析をしないことで、自分のキャリアに向き合えなくなるだけでなく、自分のやりたくない・向いていない仕事も理解できなくなってしまいます。

そのため、仮に自己分析をせずに転職を成功させたとしても、今よりも働いていてストレスを感じる毎日を過ごさなければならなくなる可能性もあります。

そうなれば、「転職をしないで前職に残っていればよかった」と思ってしまうこともありますので、本当の意味で転職活動を成功させられなくなってしまうでしょう。

何件応募しても全て見送りになってしまう

自己分析は自分の強みを分かりやすく選考官に伝え、選考通過率を上げるのに役立ちます。

逆に言えば、自己分析をしないと選考通過率を上げられなくなると考えられます。

つまり、どれだけ求人に応募しても、全て見送りになってしまうといった末路に繋がる恐れがあるのです。

転職活動で見送りが続いてしまえば、転職活動期間が長引いて精神的なストレスを感じるだけでなく、「自分はどの企業にも必要とされていないのではないか」と感じてしまい、働くことそのものにネガティブな感情を抱いてしまうかもしれません。

転職活動を成功させるために大切な要素の一つは、「いかに自分の魅力を応募先に売り込むか」です。

自己分析をしてしっかり自分の良さを相手に伝えられるようにしましょう。

転職活動がバレて会社にいづらくなってしまう

自己分析をしないと転職活動期間が長引くことから、その分転職活動が現職にバレるリスクが増えるという末路も考えられます。

転職活動は平日に面接が組まれることも多く、仕事の合間を縫って面接を受けにいかなければなりません。

最初は有給を使って対応できるかもしれませんが、転職活動に難航すれば、やるべき業務を疎かにして選考を受けかねないでしょう。

もし現職に転職活動をしていることがバレてしまえば、会社にいづらくなることはもちろん、転職活動を最終的に諦めて現職に残るという判断が取りづらくなるという末路が待ち受けています。

自己分析を転職活動で行う時のフレームワーク・流れ

転職活動で自己分析を進めていくに当たっては、フレームワークを意識して行うことが重要です。

以下で解説する基本的な自己分析の流れを理解しておくことで、効率的に自己分析を行うことができるでしょう。

1.なぜ転職をしたいと思ったのか考える

自己分析は、自分がなぜ転職をしたいと思い始めたのかを考えることから行います。

転職を意識し始めるきっかけには、以下のようなものがあります。

  • 給料が低い
  • 評価制度に納得ができず、正当な評価を受けていないと感じる
  • 残業が多い
  • 土日出勤が多い
  • 休みが少ない
  • 職場の空気感が悪い
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 仕事内容が自分と合っていない
  • 会社の経営方針が自分の考えに合っていない
  • 安定した企業で働きたい
  • キャリアアップを目指したい
  • 働く場所に不満がある

このように、転職を意識するきっかけは非常に多く、このきっかけを理解することにより、今回の転職活動で成し遂げたい目標やゴールをぼんやりと認識することが可能です。

後々の自己分析をスムーズに進めるためにも、必ず行うようにしましょう。

2.自分の経験やスキルを棚卸しする

続いては、自分の経験やスキルを棚卸ししていきます。

やり方としては後ほど解説するような自分史のように、年齢を横軸にして時系列順に棚卸しをしていくことがおすすめです。

自分の経験やスキルを客観的に明らかにすることで、「自分には何ができて、何ができないのか」をはっきりさせることができます。

また、それらの経験やスキルは、「どのようなバックボーンにより形成されたものなのか」についても考えるようにしましょう。

営業職として働いたからといって営業スキルが完全に身につくとは限らないように、人には向き不向きがあります。

もし経験やスキルを習得できているということは、その経験と自分の思考や性格がマッチしていると言えます。

このように、自分の経験やスキルを棚卸しするだけでも、自己分析として十分効果があります。

3.自分の性格や特徴を分析する

自分の性格や特徴を分析するのも、自己分析では重要です。

性格や特徴を理解しておくと、自分がどんな状況に置かれた時に一番力が発揮できるかを認識することができるだけでなく、そのまま自己PRや面接での回答に役立てることができます。

また、性格や特徴の分析の際も、経験・スキルを棚卸しした時のように、その背景についても自分で深掘りしておくことが重要です。

「どうして今の自分の性格が形成されていったのか」「自分の特徴を形づけることになったきっかけは何か」ということをとことん追求していくことで、転職活動における軸を見つけることができるでしょう。

4.自分を特徴づける具体的なエピソードを思い出す

ここまで自分のことを分析できたら、具体的に転職活動に活かしていくことを考えていきます。

自分のスキルや特徴・性格などを特徴づけるきっかけとなった、具体的なエピソードを思い出してみましょう。

このエピソードは、学生時代のものでも構いませんが、できれば社会人になってからのエピソードから考えた方が、転職活動においては有効です。

5W1Hを意識してエピソードを思い出すことで、「自分はなぜこの行動を取ったのか」「どういう思いがあって判断を下したのか」がより鮮明に思いつきやすくなります。

また、エピソードに沿って思い出し、それが言語化できれば、そのまま自己PRにおけるエピソードとして活用することも可能です。

後々の転職活動準備の効率を上げることにも繋がりますので、これも必ず行うようにしてください。

5.自分の強みが転職でどのように活かせるか接続する

自己分析の最後は、自分の強みが転職先でどのように活かせるのかに接続していきます。

ステップ4までできていれば、自ずと自分が目指したい業界や職種が明らかになっているはずです。

求人を見ていく中で、興味を持てる企業と出会えたら、ここまでの自己分析で見つけた「自分ならではの強み」「転職の軸」を志望動機や自己PRとして言語化していきましょう。

自己分析で得られた自分自身の分析結果をしっかり選考官にアピールすることができれば、内定獲得に近づいていくはずです。

転職活動における自己分析の具体的なやり方例

自己分析における基本的な流れについて解説をしましたが、より具体的な方法を知りたいという人のために、ここでは3つの方法を詳しく解説します。

ノートを活用したマインドマッピング

マインドマップとは、自己のマインドをジャンル別に整理しつつ、細かく掘り下げていくことで、自分の頭の中を理解するための地図を作るといった自己分析方法です。

マインドマップを作ることで、自分が何を大切に考えていて、その考えはどのような体験・思いから結びついているのかを、資格的に分かりやすく把握できます。

マインドマップは単語だけを使って視覚的にまとめていける方法ですので、論理的な文章を作成するのが苦手という人でも安心して取り組めるのがポイントです。

【マインドマッピングのやり方】

1.ノートの中心に「自分」と書く

2.自分から放射線状に線を引き、自分を構成しているキーワードを書いていく

3.挙げられたキーワードをさらに細分化していき、マインドマップを広げていく

自分史の作成

自分史とは、自分自身の歴史をまとめる自己分析方法のことです。

自分の人生を見つめ直し、「このタイミングではこういった出来事があった」などを思い出すことで、自分自身のスキルや強みを把握していけます。

自分史の特徴は、時系列に自分の成長を分析していけることが挙げられます。

年齢を重ねるに従って、得意になったこともあれば、苦手に感じるようになったこともあるはずです。

そうした自分自身の理解を時系列で行うことで、将来どのようなキャリアを歩みたいかの想像も膨らみやすくなるでしょう。

【自分史のやり方】

1.上記の表のように、時系列で各項目がまとめられるような表を作成する

2.まずは思いついたまま表を埋めていく

3.全て埋め終わったら、それぞれの内容について「なぜそのように記入したのか」を深掘り続けていく

モチベーショングラフの作成

自分がどんなことに興味を抱き、どんな出来事にネガティブさを感じるのかを視覚的にまとめる自己分析方法が「モチベーショングラフ」です。

モチベーショングラフを作成することで、自分が真に思っている感覚を認識することができ、自分に合っている職場が見つけやすくなるという特徴があります。

自分の感覚を元に進めていく自己分析方法になりますので、特に「考えるよりも先に行動をする」「細かく分析をしていくのは面倒臭い」と思っている人におすすめです。

【モチベーショングラフのやり方】

1.横軸を「年齢」、縦軸を「モチベーション」としたグラフ軸を作成する

2.それぞれの年齢でモチベーションがどのように上下していったかを直感的にグラフにしていく

3.特にグラフの増減が激しかったポイントの上位3つに注目し、なぜモチベーションが大きく変わったのかを言語化していく

転職活動時の自己分析のポイント

転職活動で自己分析を行う際、何も考えずに行動してしまうと、正しく自己分析が行えなかったり、自己分析そのものをうまく進められなくなることがあります。

ここでは、自己分析を行う時のポイントについて解説します。

できる限り客観視して分析を進める

自己分析を進める時は、できるだけ自分を客観視して進めていくことが大切です。

自分自身の経験や過去を思い出していくので、初めのうちはどうしても自己分析が主体的な目線に偏りやすいのも仕方がありません。

しかし、最初から最後まで主観的な自己分析を進めてしまうと、自分自身で感じている固定概念に捉われてしまい、自分自身が知らない可能性を認識できなくなる恐れがあります。

最終的なアウトプットは第三者である面接官に行うことも考えると、自分自身をいかに客観視できるかどうかで、自己分析の精度は大きく変わってくると言えます。

自己分析ができあがったら友人や家族に見せてみる

自己分析ができあがったからといって、すぐに転職活動を進めてしまうのは避けるべきです。

客観的な視点を持って自己分析ができたかどうかを確かめるためにも、できあがった自己分析の結果を友人や家族に見せてみることがおすすめです。

もし他の人に自己分析結果を見せた時に、特に指摘されなければしっかり自分自身のことが理解できている状態だと言えます。

一方、「○○は強みではないのではないか」「○○という強み(弱み)もあると思う」など、指摘を受けた場合、その内容を深掘りしていくことで、自己分析をさらに作り込みこめるというメリットもあります。

他の人に自分のことをさらけ出すようで、最初は気恥ずかしいと感じることもあるかもしれませんが、自己分析を作り込んだ先には、自身が幸せに働けるかどうかの未来がかかっているとも言えますので、ぜひチャレンジしてみてください。

就職エージェントを活用する

自己分析をしたことのない人が、正しい方法で効率的に自己分析を進めるのに最もおすすめなのが就職エージェントの活用です。

就職エージェントとは、登録したら自分の転職活動を全面的にサポートしてくれる担当のエージェントが付き、様々なサポートやアドバイスをもらいながら転職活動が進められるサービスのことを言います。

就職エージェントは、自己分析の方法をレクチャーしてくれるのはもちろん、他にも以下のようなサポートを受けられます。

  • キャリアカウンセリングにより自分に向いてる仕事が分かる
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 自分の希望に合った求人を紹介してもらえる
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 模擬面接の実施
  • 年収交渉の代行

このように、あらゆるサポートを受けられるため、就職成功の可能性が高まるだけでなく、現職が忙しいという人でも安心して転職活動を進められるといったメリットがあります。

就職エージェントはたくさん登録してしまうと、それはそれで管理が煩雑になってしまうこともありますので、興味を持ったサービス2.3個を並行して活用するのがおすすめです。

転職活動時の自己分析の注意点

ここからは、転職活動における自己分析の注意点を解説します。

短所や弱みもしっかり理解しておく

自己分析は、自身の強みはもちろん、弱みを知る機会としても重要です。

そのため、短所や弱みについても、強みと同じくらい真剣に分析するようにしてください。

「自己分析で短所が出てしまったら、転職を成功させられないのではないか」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、どんな人でも短所はありますので安心してください。

大切なのは、「自分にどんな弱みがあるのか」を自分自身でしっかり認識することです。

自分の短所を理解できていれば、その短所の発揮が求められるような職場に転職しなくて済みますし、今後のキャリアで改善すべきポイントも把握できるでしょう。

また、面接では短所についても聞かれることがありますので、面接対策という意味でも、自己分析で弱みに触れておくことが大切です。

自分が感じたことをそのまま書き出してみる

自己分析のフェーズでは、とにかく自分が思っている深層心理を言葉にしてみることが非常に大切なので、自分が感じたことをそのまま書き出すことを意識してみてください。

自己分析の段階から形式ばった言い回しにしてしまったり、ネットに書かれているテンプレのような言葉を意識してしまうと、本当の自己分析から遠ざかってしまいます。

「自分の言葉で自己分析をする」という意識を忘れないようにしてください。

自己分析に時間をかけすぎない

自己分析は転職活動を進める上で重要なのは間違いありませんが、だからと言って時間をかければかけるほど良いということでもありません。

自己分析に時間をかけすぎてしまうと、次のようなデメリットに繋がります。

  • 未経験転職の場合は特に、年齢が低い方が成功率が高まるので、時間が経つことで転職成功率が下がる恐れがある
  • 自己分析をしている間に、魅力的な求人の募集が終わってしまう
  • 転職活動そのものへのモチベーションが下がってしまう
  • 自己分析をすることが手段ではなく目的にすり替わってしまう

自己分析はやりすぎても良くないので、適度に切り上げて次の活動フェーズに入る意識を忘れないようにしてください。

最初の自己分析結果に縛られて行動しない

自分で納得できる自己分析が完成したとしても、その結果に縛られて転職活動を行ってしまうのは問題です。

自己分析の結果は、転職活動中に価値観の変化が生じて変わることもあります。

「最初の自己分析結果が○○だったから△△の求人は見ない」などと意固地になってしまうと、逆にキャリアの可能性を狭めかねません。

転職活動は、ある程度柔軟性を持って向き合うことが、後悔しない転職を成功させる秘訣になります。

自己分析を完璧にして転職したいなら就職カレッジがおすすめ

自己分析を完璧に行いつつ、転職も成功させたいという方には「就職カレッジ」の活用がおすすめです。

ここでは、就職カレッジの4つの特徴について解説します。

20代の正社員就職支援に強い就職エージェント

就職エージェントは、20代の正社員就職・転職支援に強い就職エージェントです。

登録だけでなく、利用期間中や内定獲得に至るまで、全て無料でサービスを活用することができます。

また、「フリーター・ニート・第二新卒・既卒」を専門にサービス展開をしているのも就職カレッジならではの特徴です。

今までの就職支援実績は23,000名以上※にも上り、多くの就職・転職希望者のサポートをしてきた実績があります。

※2005/5/1〜2020/4/30の運営会社主催の面接会参加人数

無料就職講座で自己分析の方法を教えてもらえる

就職カレッジに登録した後は、就職活動のプロが教える無料就職講座が受講できます。

この講座では、以下のようなカリキュラムを受けることが可能です。

  • ビジネスマナー
  • 自己分析の方法
  • 企業研究の方法
  • 履歴書の添削
  • 面接の個別対策

自己分析の方法はもちろん、自分らしく働ける職場を見つけるのに役立つ「企業研究」の方法についても学べますので、希望の職場に内定をもらえる可能性も高まるでしょう。

事実、この講座の実施もあり、就職カレッジ利用者の就職率は81.1%※と非常に高い実績となっています。

「できるだけ就職率が高いサービスを利用したい」と思っている方には、就職カレッジがおすすめです。

※2018/2/1~2018/7/31の研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

集団面接会で自分の強みをいきなりアピールできる

無料就職講座の受講後は、就職カレッジが独自で開催する集団面接会に参加可能です。

集団面接会には、未経験者を積極的に採用したいと思っている数十社の企業が参加しますので、キャリアに自信がないという方でも、十分内定が獲得できます。

また、書類選考をパスしていきなり企業担当者と面接できるというのも、集団面接会ならではの特徴となっています。

その分転職活動にかかる期間が短くなりますので、最短2週間で内定獲得に至るケースもあります。

定着率90%超えのサポート体制

就職カレッジは、登録から内定獲得まではもちろん、就職後のサポート体制も徹底しています。

「入社してみたら思っていた仕事内容と違って困っている…」「職場の人間関係が悪く、仕事を教えてもらえない…」など、就職後に悩みを感じても、いつでも無料で専任のアドバイザーに相談可能です。

このような徹底的なサポート体制もあり、就職カレッジを活用して就職した方の定着率は91.5%※と非常に高くなっています。

安心できる職場を見つけて転職したいと考えている方は、ぜひ就職カレッジの活用を検討してみてください。

※2019/2/1~2020/1/31に入社した方の3か月定着率

まとめ

転職活動を進める上での自己分析の重要性について解説しました。

正しい自己分析の方法を知って、本当の意味で転職を成功させるためには就職カレッジの無料就職講座の活用がおすすめです。

以下のリンクから30秒程度で登録できますので、気になる方はチェックしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

【共通】CTAボタン

ABOUT US

高藤 薫
株式会社ジェイック:キャリアコンサルタント|就活情報、お役立ち面白情報を発信|就活YouTube「ゼロフリ」配信中|資格:キャリアコンサルタント・ポジティブ心理カウンセラー・7つの習慣®︎ファシリテーター