就職率81.1%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

高卒だと結婚できない?結婚を成功させる方法とコツを解説!

高卒だと結婚できない?結婚を成功させる方法とコツを解説!
高卒FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

高卒だと結婚できないのではないかと心配に感じている人は少なくないのではないでしょうか。

この記事では、高卒でも結婚ができるのかについてや、学歴別の結婚生活、高卒が幸せな結婚生活を成功させるためのコツについて解説します。

そろそろ結婚を考え始めた高卒の人は参考にして下さい。

高卒でも結婚できる

高卒でも結婚できる

そもそもですが、高卒でも結婚はできます。

法律上の結婚に関するルールでは「男性が18歳、女性が16歳」といった年齢によるもののみですので、学歴は関係ありません。

ここでは、高卒で結婚する人がどれくらいいるのかについて解説します。

高校卒業者のうち半分しか大学に進学しない

おそらく多くの人は「高卒の自分は結婚をするのに不利なのではないか」と感じているかもしれませんが、そもそも大学の進学率はそこまで高くない点に注目すべきです。

文部科学省の公表によると、令和2年3月卒の高校卒業者の進路は以下のようになっています。

  • 大学など:55.8%
  • 専修学校・公共職業能力開発施設など:21.8%
  • 就職者:17.5%
  • その他:5.0%

参考「文部科学省:高等学校卒業者の学科別進路状況

上記のように、高校卒業者の半分程度しか大学に進学していませんので、中退などで卒業できないことも考えると、高卒という立場の人は意外と多いのが現実です。

そのため、「高卒の自分は結婚に不利だ」と悩む必要はありません。

高卒の結婚率は約9割

ある研究によると、2000年において最終学歴別の未婚率は以下であるとまとめられています。

小・中学校高校短大・高専大学・大学院
全国:男性21.11%11.91%9.71%7.61%
全国:女性6.39%4.80%6.57%8.96%

参考「未婚率の増大要因の分析|塩原秀子」(pdf)

上記の調査結果より、「女性よりも男性の方が未婚率が高くなりやすい」「男性は最終学歴と未婚率の低さが比例する」「女性は最終学歴に比例して未婚率が上がる」という傾向が見受けられます。

ただ、どちらにしろこれらの未婚率から逆算すると、高卒の結婚率は約9割であるとも言えますので、高卒だから結婚できないということは言えません。

高卒は結婚が早い?

周囲を見ていて、「高卒の友達は結婚が早い」と感じたことはありませんか?

このように感じるのには一定の理由が考えられます。

ゼクシィが実施したアンケートでは、「男女共に20代前半で結婚を意識する」という結果となっていました。

高卒と大卒を比較した時、どちらもストレートで入学〜卒業まで至ったとすると、社会人になるタイミングは高卒の方が4年早いということになります。

つまりその分、高卒は社会に馴染む年齢が大卒より早いため、仕事以外のことにも目を向けやすくなると考えられます。

こういった社会に出るタイミングの違いにより、高卒は結婚が早くなりやすいとも考えることができるのです。

高卒だと結婚できないと思われている理由

高卒と結婚の関係性について、データやアンケート結果などを元に解説してきましたが、実際問題として「高卒だと結婚に向いていない」と言われてしまうことは少なくありません。

ここでは、何故高卒だと結婚できないと思われてしまうかについて解説します。

年収が低いから

結婚生活をしていく上でお金は非常に大切なものですが、高卒の場合年収が低いことで結婚生活に不安を持たれてしまうことが珍しくありません。

厚生労働省の調査では、性別・学歴別で月の賃金を比較した時の結果が以下のようにまとめられています。

高校専門学校高専・短大大学大学院
男性29万5000円30万9300円34万5500円39万1900円46万5200円
女性21万8000円26万3400円25万8000円28万8300円40万4300円

参考「厚生労働省:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概要

このように、高卒と大卒では月給が約10万円も変わってくるというデータがあります。

1カ月で10万円があるとないとでは、生活の質も大きく変わってきますし、将来の貯蓄を考えると中々厳しい家計になるのは想像がつくのではないでしょうか。

価値観が異なるから

人の価値観は生まれ持ったものではなく、成長の過程で置かれてきた環境によって変わっていくと考えられています。

もちろんこれは高校でも大学でも同じことが言えますが、高卒と大卒では過ごしてきた学生生活はもちろん、育ってきた家庭環境も異なることもあります。

また、自分の人生を振り返ってみて、「小中学生の時は当たり前だったことが、高校生の時には変わっていた」という経験があると思いますが、それと同じようなことを大卒の人も無意識に感じているかもしれません。

これらのことから、学歴の違いは価値観の違いをもたらすとも考えられてしまい、転じて相手の学歴を気にしながら婚活をしている人が見られると考えられます。

また、価値観の相違は夫婦2人の問題に留まらず、子どもの成長にも大きく影響しますので、より繊細に感じ取られやすくなってしまうのです。

周りの夫婦と比べられてしまうから

人によっては、自分たち夫婦のスペックを他人のものと比較して優越感に浸りたいと考えている場合があります。

そのように考える人は、結婚相手に高卒を選ぶケースは少ないでしょう。

特に大卒の女性の場合、学生時代の友人は大卒男性×大卒女性で結婚することも珍しくありません。

そのような結婚を成功させている友人と比べた時、「高卒の男性と結婚した自分にはなりたくない」と思われてしまい、結果として「高卒は結婚できない」と言われてしまう要因になり得るのです。

高卒で結婚するメリット

高卒の結婚には様々な考えやデータがありますが、どういった点がメリットなのかについて見ていきます。

精神的に安心できる場所が早めに手に入る

「生活をしていく上で安心感が持てる」という、結婚生活の大きなメリットの一つを早い段階から得られるというメリットがあります。

仕事をしていてストレスを感じる時があったとしても、家に帰ればパートナーと会えますので、自分の精神的な支えとなってくれるでしょう。

未成年であっても、やろうと思えば経済的に独立できるのが高卒者の強みでもありますので、できるだけ早く結婚生活を始めたいという人であれば、高卒の結婚には大きなメリットを感じられるはずです。

育児での体力的負担が減る

結婚生活を始めれば、いずれ子どもを育てる選択をする人は少なくありません。

女性は特別な事情がない限り、早めに子どもを産みたいと考える傾向にありますが、子育ての観点でみても高卒で結婚することはメリットがあります。

年齢を重ねるとどんな人でも体力が落ちていきますが、子育てをするには非常にたくさんの体力を使う必要があります。

高卒で早めに子どもを授かることで、子育てでヘトヘトになってしまうというリスクを減らせる可能性があるでしょう。

子どもと過ごせる時間が増える

高卒で早めに結婚し、子どもができれば、将来的に子どもと過ごせる時間が増えることになります。

子どもが小さな時は一緒に遊ぶことはもちろん、子どもが成人した後に一緒にお酒を飲んだりすることも可能です。

また、子どもが成長していれば老後に自分の面倒を看てくれることもあるでしょう。

このように、高卒で早く結婚することは、将来的な自分の幸せを増やすことにも繋がるかもしれないのです。

高卒で結婚するデメリット

高卒での結婚にはメリットだけでなくデメリットもありますので、合わせて確認しておくようにして下さい。

貧乏生活になりやすい

高卒の人が結婚するにあたって切っても切り離せないデメリットは、やはりお金の問題です。

先ほど高卒と大卒で平均月収が10万円程異なるということを解説しましたが、これを生涯年収にすれば非常に大きな差が開くことは言うまでもありません。

お金がなければ、生活上の様々なことで制限を受けなければならないだけでなく、子どもに満足な教育環境を与えてあげられなかったり、不健康な食事を強いなければならなかったりすることもあるでしょう。

また、貧乏な生活が精神を蝕み、家族仲の悪化に繋がってしまうこともあり得ます。

パートナーの親に反対される可能性がある

今でこそ性的指向や結婚観については柔軟に捉えられるようになってきていますが、世代を跨いでしまえば古い価値観を持っている人も一定存在します。

もしパートナーの親に結婚についての報告をしに行っても、自分が高卒だからという理由でいい顔をされないこともあり得ます。

未成年が結婚しようとする場合は親権者の同意が必ず必要になりますので、説得するには骨が折れる苦労が必要かもしれません。

将来子どもに馬鹿にされる可能性がある

高卒の親の子どもが高卒とは限らず、大学受験することもあり得ますが、その時などに高卒であることを馬鹿にされてしまう可能性があります。

勉強のことに口出しをしようものなら、「お父さんは高卒なんだし、大学のこと分からないんだから口出ししないで」と言われてしまうこともあり得るでしょう。

それだけでなく、「勉強で悩んでいる子どもに勉強を教えてあげることすらできない」という自分に不甲斐なさを感じてしまうこともあり、家庭内で精神的なストレスを感じてしまうこともあり得ます。

高卒同士の結婚がベスト?結婚生活を学歴ごとに考える

ここまで自分が高卒であるという前提で結婚について解説してきましたが、自分のパートナーの学歴によってメリットもデメリットも大きく異なってくる場合があります。

ここでは学歴ごとの組み合わせで、それぞれの結婚生活について考えてみます。

高卒男性×高卒女性の結婚の場合

夫婦共に高卒の場合は、相手の学歴に対する不信感や不満感を持つリスクが少なく、同じような価値観を持って生活できる可能性が高いと考えられます。

また、人生経験も同じレベルであることも多く、二人で新鮮な結婚生活を送れるといったメリットがあります。

一方、どちらも高卒だと家計収入は非常に厳しいものが予想されます。

共働きで働いたとしても、大学院卒の男性一人の給与程度にしかならないと計算できますので、生活の至ることころで我慢を強いられる覚悟を持つ必要があります。

もし子どもを授かりたいと考えている場合は、綿密に人生設計を組まないと、最悪の事態に陥りかねませんので注意してください。

高卒男性×大卒女性の結婚の場合

男性側が高卒で、女性側が大卒の場合、安定した家庭になりやすいと考えられます。

およそ半分の女性は結婚相手に大卒の学歴を求める傾向にあるとされていますが、その中でも高卒の男性と結婚するということは、本当に男性の性格や考え方を認め、将来の伴侶として添い遂げる強い決意をしたと言えます。

性格的な面だけでなく、家計的な面でも安定しやすいと考えることができます。

昔から日本では家計を妻が握る傾向にあり、現代でもその潮流は変わりません。

また、一般的に大卒の方が地頭がいいとされますので、家計管理もしっかりできる可能性があります。

加えて、大卒女性は高卒男性と同等の平均月収を稼ぐというデータもありますので、家計にやや余裕を持たせながら貯金をしていくこともできるでしょう。

大卒男性×高卒女性の結婚の場合

男性側が大卒で、女性側が高卒というケースは世の中的にも珍しくはないでしょう。

このような家庭の場合、やや男性優位になることもありますが、全体的に落ち着いた結婚生活が送れる可能性が高いと考えられます。

男性の方が女性よりも平均月給は高い傾向にありますので、家計に十分な収入を稼ぎ続けられるのは、安定した結婚生活にとって不可欠です。

また、この場合もし女性側が妊娠・出産となって育児休業・退職をしなければならなくなったとしても、男性側の稼ぎだけで家計を支えることもできなくはありません。

加えて、男性側は結婚相手に学歴を求める割合が少ないことから、性格さえ合っていれば、幸せな生活を送れるのではないでしょうか。

高卒との結婚に対する様々な意見

高卒との結婚をどう思うかは人それぞれです。

ここでは、高卒との結婚に対する様々なネット上の意見のうち、いくつか取り上げて見ていきます。

体験談1.「個人的に学歴は気にしません|男性Aさん」

まずは結婚相手に学歴は気にしないという人の意見です。

「実際問題学歴なんてどうでもいいです。大卒の恋人がいたこともありますが、その人より今のパートナーの方が何倍も自分に合っていたと感じています。

性格と価値観が合って、お互いを認め合うことができるのであれば、学歴なんて些細なものですよ。」

結婚生活は楽しいことだけでなく、つらいことや厳しいことにも二人で乗り越えていかなければいけません。

そうした人生の中で、最も重要なのはパートナーとの人間関係であり、そこに学歴は関係ないというのはもっともな意見ではないでしょうか。

体験談2.「高学歴はプライドが高い|女性Bさん」

続いては、学歴が高いことは必ずしもいいことではなかったという意見です。

「人間は結局中身が大切です。私は高卒で、彼は医学部を出て医師になりました。

彼が学生時代の頃は穏和な性格だったのに、医師になってからはプライドが強くなり、私を馬鹿にしたり暴力を振るったりもするようになってしまいました。

この経験で、私は高学歴の人はプライドが高いのだと感じるようになってしまいました。」

この意見の場合、高学歴とプライドが高いということはイコールと言い切れない面もありますが、傾向として高学歴はプライドが高いと感じている人は多いのではないでしょうか。

もちろん難関大学の出身者は人並み以上の努力をしてきたことは間違いありませんので、自尊心が高くなってしまうのも仕方のないことですが、そのプライドを他人やパートナーに出してきては、相手が不快に思ってしまうでしょう。

このような学歴によるマウンティングを受けたくないという場合は、自分と同じ学歴の人と結婚するのがいいのかもしれません。

体験談3.「生きていく上で学歴は関係ある|女性Cさん」

学歴は結婚生活を生きていく上で重要であるという声もあります。

「私は大卒以外の人とは結婚しないと考えていて、現在は大卒同士の夫婦となっています。

もちろん人間性に学歴は関係ないのですが、生きていく上で学歴は大いに関係があると思います。だからみんなあんなに必死に受験勉強をするんでしょうね。」

人間性は学歴とは関係ないとしながらも、大卒以上であることがいかに重要であるかを語った意見です。

ここで言う「生きていく上」という言葉の意味の一つとして、「家計」というものがあると考えられます。

一般的に日本では年功序列制で給料が上がっていく傾向にありますが、当然仕事で結果を残していく必要はあります。

しかし、高卒には昇格に直結するような重要な仕事をそもそも任せてもらえないというケースは珍しくありません。

また、会社によっては「昇進できるのは大卒以上」と暗黙のルールが定められていることすらあります。

こういったことが回り回って「学歴は結婚生活に大いに関係する」という意見へと繋がっているのかもしれません。

高卒が結婚相手を探すおすすめの方法

高卒が結婚相手をこれから探す時は、自然な出会いを除くと3つの方法が考えられます。

それぞれ高卒が利用した時のメリットデメリットについても簡単に触れながら紹介します。

結婚相談所

婚活と聞いてまず思いつくのが結婚相談所ではないでしょうか。

結婚相談所では、入会後にパートナーへ求める条件を登録することで、その条件に合った人が見つかり次第、個人情報が紹介されるという仕組みで相手を見つけていきます。

メリットとしては「自分の希望条件に合った人と出会いやすい」というものがありますが、高卒が利用する場合はデメリットの方が多くなっています。

高卒が結婚相談所を利用する時に考えられるデメリットは以下のような点です。

  • 異性側が大卒以上の相手で条件設定をしていた場合、自分はマッチングすらすることができない
  • 結婚相談所によっては大卒以上の会員が多いことをウリにしているケースもあり、実質的に高卒者の入会を避けていることもある
  • 結婚相談所の多くは学歴を重要な個人情報として上位に表示している
  • 入会金や月額利用料が比較的高額であり、金銭負担が厳しい

「結婚相手を選べるのであれば、どうせなら大卒以上がいい」と考える人も少なくありませんので、高卒は常に大卒に対して不利な状況になりやすいのが現実です。

そのため、大卒以上の会員割合を全面的に押し出しているような大手結婚相談所では、婚活を進めるのが難しいかもしれません。

マッチングアプリ

マッチングアプリで出会い、恋愛を経て結婚をするというカップルも増えてきています。

サービスによっては学歴を登録任意の項目にしているケースもありますので、結婚相談所よりはマッチング頻度が高くなることも十分考えられます。

また、利用料金も結婚相談所に比べれば低めに設定されていますので、高卒の稼ぎでも始めやすいというのもメリットです。

一方デメリットとしては、「本気で婚活をしていない人と出会ってしまう可能性がある」というものが挙げられます。

マッチングアプリという言葉が付けられる前、これらのサービスは「出会い系」と呼ばれていたこともあり、遊びで登録している人もいるのが事実です。

自分は本気で結婚相手として意識していても、相手の意識がマッチしていなければ、思わぬトラブルに繋がってしまう恐れもあるでしょう。

合コンや友人の紹介

合コンや友人の紹介といった手法は古典的ながらも、高卒の婚活では非常におすすめの方法だと考えることができます。

どちらも互いの友人を数名集めて会わせる方法ですので、同じような性格の人が集まりやすくなる傾向にあります。結婚生活において重要なのは性格のマッチングであるという点で考えると、他の方法に比べて非常にフラットな状態でパートナーを見つけることが可能です。

また、多くの場合はお酒の席となりますので、比較的話しやすい状況であり、相手の性格を見極めやすいというのもメリットです。

高卒が結婚相手を見つける時に注意したいポイント

高卒が結婚相手を見つける時は、いくつか注意しておきたいポイントがありますので、ここでは3つ紹介します。

結婚相手に最低限求める条件を決めておく

世の中には無数の人がいますが、自分の好みに完全に一致した人を見つけるのは至難の技と言っても過言ではありません。

顔や生まれ、学歴やスタイルなど、何でもかんでも条件付けて選り好みをしてしまえば、そんな人と巡り会うことすら叶わないでしょう。

結婚相手を探す上で折り合いをつけることは大切ですので、「これだけは譲れない」といった最低限の条件に絞るようにすれば、より広い視野で結婚相手を見つけられるかもしれません。

貯金をしておく

高卒は平均年収が低いというのは、既にデータで示されている通り事実です。

しかし、生活力を決定するのは継続的な稼ぎだけでなく、貯蓄も含まれます。

稼いだお金を貯めて貯金をしておくことで、「堅実的で結婚に向いている人」「お金を持っていて生活力がある」という印象を異性に与えることができます。

「浪費癖のある高収入・高学歴な人」と「低収入だが堅実的で貯金ができる高卒」であれば、結婚相手としてみた時に魅力的に映るのは後者という人は少なくないでしょう。

将来のことを考えておく

結婚生活は数十年と続く長いものですので、将来性が無く行き当たりばったりで生きている人には付いていきたくないと感じられてしまいます。

「いつ結婚して何歳で子どもを産むか」といったライフプランを始め、保険に入る、家を買うのか買わないのか、仕事への価値観など、考えうる将来のビジョンについて、ぼんやりとでもいいから考えておきましょう。

高卒が結婚成功率を高めるためのコツ

最後に、高卒が結婚成功率を少しでも高めるためのコツを解説します。

先に解説した「注意したいポイント」と合わせて確認しておくようにしてください。

清潔感のある身だしなみをする

大手結婚相談所であるパートナーエージェントが公表した調査では、「結婚相手に求める条件の第一位は清潔感があること」という結果が出ています。

逆に言えば、どんなに学歴が良くて稼いでいたとしても、清潔感がなければ結婚相手として見ることができないとも言えます。

高卒であるというステータスを悪いものとして捉えているのであれば、少なくともその学歴を気にさせないようにするために、清潔感のある身だしなみをするよう心がけましょう。

髪を切る、髭を剃る、サイズ感のあった服を着るなど、基本的な身だしなみからで大丈夫ですので、今日から気にしてみてください。

相手とのコミュニケーションを意識する

結婚生活はコミュニケーションの連続ですので、意思疎通ができないような人は結婚相手として見られません。

極論、人とのコミュニケーションができなければどんな人でも結婚はできないとも言えます。

また、この記事でも何度か解説している通り、結婚生活は価値観や性格が合うことが重視されやすいですが、言い換えれば「気持ちのいいコミュニケーションが取れる相手か」ということが重要であると言えるでしょう。

コミュニケーション能力は結婚相手を探すのにも、幸せな結婚生活を続けるのにも、後述する就職活動にも、全てに有用となりますので、意識的に心がけることをおすすめします。

ちなみに、「コミュニケーション能力が高い」というのは、「いかに面白い話をして相手を盛り上げさせるか」というものではありません。

相手の話をしっかり聞いて、相手の感情を汲み取った上で適切なコミュニケーションを取れるということこそが、高いコミュニケーション能力を持った人です。

その点を勘違いしてしまうと、「ただのうるさい人」になりかねませんので、注意してください。

正社員として就職する

高卒でも結婚はできるものの、これは正社員であることが前提での話です。

非正規の高卒だとあらゆる面で結婚は難しいと考えられますので、まずは安定した職に就くことから始めるべきです。

高卒でフリーターをしている人など、社会人経験が少ない人でも安心して正社員に就職できるサービスが“就職カレッジ”です。

就職カレッジでは学歴に関係なく、フリーターや高卒、社会人未経験者向けに就職支援サービスを提供しており、その就職成功率は81.1%※非常に高くなっているのが特徴です。

また、初めての就職活動という人を対象にしていますので、登録後はビジネスマナーや就職活動方法などの無料研修を受けることができるため、就職活動について何も知らないという人でも安心です。

無料研修後は数十社の企業と一度に会える集団面接会が開催されます。

ここでは書類選考無しでいきなり面接ができますので、最短2週間で内定が取れることもあります。

就職カレッジに登録し、正社員として社会に出ることで、結果的に結婚できる可能性も上がるかもしれませんよ。

※2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、運営会社が把握している就職決定者の割合

高卒FV

※1. 2018/2/1~2018/7/31の当社研修参加者の内、当社が把握している就職決定者の割合
※2. 2005/5/1~2020/4/30の弊社主催の面接会参加人数
※3. 調査期間:2021年9月17日~9月19日(日本コンシューマーリサーチ)

まとめ

高卒でも結婚はできますが、人によっては結婚相手の学歴を気にする人がいますので、学歴に左右されないような人間力を鍛えることが大切です。

また、いくら高卒で結婚できると言っても、非正規であったりフリーターの場合は難易度が上がりかねません。

就職カレッジであれば、高卒で社会人経験がない人でも安心して正社員になるための就職支援を受けることができますので、少しでも結婚できる可能性を高めたい人は、これを機にリンクから登録してみてください。

【共通】CTAボタン