キャリアチェンジの意味や方法は?ポイントを押さえて成功させよう!

キャリアチェンジの意味や方法は?ポイントを押さえて成功させよう!

キャリアチェンジは転職用語の一つですが「キャリアアップ」と言葉が似ているため混同されがちです。キャリアアップとは別の意味を持っているので注意してください。キャリアチェンジの意味や最適なタイミング、具体的なやり方を紹介します。またキャリアチェンジの持っているメリットとデメリット、注意するべき点なども詳しく紹介します。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

そもそもキャリアチェンジとは?

そもそもキャリアチェンジとは?

キャリアチェンジとは、それまでの仕事を辞めて、まったく別の仕事に転職することを意味します。キャリアチェンジは、同じ職種で未経験の業界に転職したり、同じ業界で未経験の職種に転職したりするのがパターンです。例えばアパレル業界からIT業界への転職や、人事部での仕事をしていた人が営業職になることがキャリアチェンジとなります。その他に職種も業界も、初めてというキャリアチェンジもあります。それまでの仕事で獲得してきた経験をそのまま活かすのではなく、新しい仕事に挑戦することが特徴です。現職に魅力を感じない場合や、将来性などを見越してキャリアチェンジに踏み切る人が多くいます。

キャリアチェンジを行うことで、より出世ができたり収入を増やすことも可能です。また新しい職場や業界で業務を行うため新しく人脈も広がり、ビジネスでの成功率が上昇することも期待できます。ビジネスにおいて人とのつながりはお金では買えない重要なものですので、キャリアチェンジによって人脈を拡大したいという人もいます。

キャリアチェンジに適した時期は?

キャリアチェンジを行う時期については特に決まりはなく、個々の事情に応じていつでも行うことができるのが特徴です。ただし一般的には20代半ばから後半がキャリアチェンジに適している年齢と言われています。20代前半では、まだ社会人としてのマナーがきちんと身についていないと考えられるため、20代半ばから後半が最適です。新しい業界や未経験の職種にキャリアチェンジする場合には、成長や覚えるスピードなどが30代よりも早いと考えられている20代がふさわしいとされています。

適応力や吸収力の高さなどを考慮して未経験の求人の場合には、募集の条件で年齢を20代までとするケースも多いです。そのため年齢によっては求人が限定され、キャリアチェンジすることができないこともありますので注意しましょう。もともと職種によっては未経験の転職は30代を越えると一気にハードルが上がることがあります。もし転職を希望する企業や職種が具体的にある場合には、転職可能な年齢をチェックしておきましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

キャリアチェンジの具体的なやり方は?

キャリアチェンジの具体的な進め方としては、まずどうしてキャリアチェンジをしたいのかという意味やビジョンを明確にしておきましょう。きちんとした目的意識を持つことで、キャリアチェンジをしっかりと進めていくことが可能です。自分が将来的に実現したいことを深く考察して、どの業界のどの職種に就くべきなのかを決めます。この時点で、自分の希望やビジョンがはっきりしていないと、企業選びに時間がかかってしまいます。その上で、希望する業界や職種の「未経験可」「第二新卒」といった求人をリサーチします。キャリアチェンジできる求人情報を得るためには転職サイトや転職エージェントを活用するのがおすすめです。

キャリアチェンジの場合には実務経験が少ないという一面がありますが、それまでに培った社会人としてのスキルや取得した資格などをアピールするようにしましょう。

キャリアチェンジで重要な面接対策を紹介!

キャリアチェンジにおける面接対策として、想定される質問に対して臨機応変に対応できるようにしましょう。面接では前職を辞めた理由を質問されることが多いため、前職に不満があったなどのネガティブな答えは避けるようにします。スキルアップのためといったポジティブで明確な理由を述べることが望ましいです。さらに前職の経験を活かして企業に貢献したいという前向きな姿勢もアピールします。そのほかに考えられる質問として、希望の部署以外ではどうかというものもあります。

キャリアチェンジの場合には職種へのこだわりが多いことがあるため、希望以外の部署への異動に応じないのではないかという不安を持たれていることがあります。その場合には、自分の希望は伝えながら柔軟性を持たせる回答をするのがベストです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

キャリアチェンジをするメリット

キャリアチェンジをするメリットは、未経験の業界や職種に就くことで初めての経験をし、新しいスキルを身に付けることができることです。今まで身につけることができなかったスキルを自分のものにするチャンスといえます。キャリアチェンジは、もともと興味のあったジャンルの仕事を選ぶこともできるため、仕事に対しての意欲が向上しやすいというメリットもあります。同じ職種に就いたとしても、業界が異なれば新しい経験をすることができるので刺激を受けることが可能です。

新しい環境と新しい人間関係を構築することができるため、前職では得られなかった仕事のやりがいが得られる可能性もあります。モチベーションがアップすることは仕事を続けていく上で重要なファクターです。キャリアチェンジによって自分にマッチした業界・職種・企業に転職し、可能性を広げることができるのも大きなメリットです。

キャリアチェンジをするデメリット

キャリアチェンジのデメリットとしては、前職での経験が逆にネックになることも考えられます。例えば前職の経験があるせいで新しい職場のやり方に慣れるまで時間がかかったり、前職の経験が新しい職場にミスマッチなため十分に活かすことができなかったりというケースです。転職をするということは新人としてスタートするということなので、仕事を一から覚えるための苦労もあります。未経験の仕事に就くため、給与は前職よりも減ることが多いのもデメリットです。

キャリアチェンジを希望する場合には仕事に対するこだわりが強く、企業が求める能力がなくても思い込みや気持ちだけで求人へ応募してしまうこともあります。その場合には転職がうまくいかないこともあるので注意してください。キャリアチェンジをスムーズに進めるためには、やりたい仕事と自分のスキルのバランスについて、よく考えてから行動するのがベストです。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

キャリアチェンジとキャリアアップの違いは?

終身雇用の時代ではなくなってきた現代において、セカンドキャリアをどうしていくのかというのは大きな課題です。自分を伸ばすための転職の手段としてキャリアチェンジとキャリアアップに注目が集まっています。キャリアチェンジとキャリアアップは、混同されたり間違った使い方をされることが多いです。キャリアチェンジは新しく別の業界などに転職することを指しますが、これに対してキャリアアップは、同じ業界や職種に転職することにより、さらに上の役職を目指すことになります。キャリアアップは転職の形の一つですが、より高く技術的なスキルアップを得るという目的を持った転職です。

給与アップなどの待遇面に関してのキャリアアップもあります。自分が転職する目的に合わせて、キャリアチェンジにするのか、キャリアアップを目指すのかを選ぶことが必要です。そのためには自分のキャリアビジョンを明確にしておきましょう。

キャリアチェンジを成功させるポイント

キャリアチェンジは先に説明したように、別の業界・職種への転職を指します。そのため、これまでの経験がそのまま活かせることわけではなく、キャリアアップ以上に準備が必要になります。ここでは準備をする際のポイントを解説していきます。

ポイントその1:スキル

キャリアチェンジを成功させるためには、自分のスキルを把握しておきます。希望の企業で発揮したり貢献できるスキルを、自分が持っているかということを確認しましょう。自分の持っているスキルが、どのように企業に役立つのかを面接などでしっかりと伝えられるようにしておくことが大切です。将来のために、今後習得したい資格についても考え、準備を進めておきましょう。キャリアチェンジを成功させるためには、どのような企業にも通用する能力である「ポータブルスキル」を身につけるように心がけておくのがおすすめです。主なポータブルスキルとしては語学・企画・マネジメント・プレゼンテーションなどがあります。

スキルは自分の武器ですので十分に活用できるように理解を深め、必要なスキルがあれば新しく取得するようにしましょう。スキル不足を感じる場合にはスキルを磨く努力を心がけることも大切です。

ポイントその2:リサーチ

次のポイントは情報収集力です。入社を希望する企業の情報が不足すると、転職への対策が取りにくくなってしまいます。キャリアチェンジして入社したい企業については、事前にリサーチをしっかりおこないましょう。未経験の仕事の場合には、情報が少なく面接の返答などであいまいさがあると熱意が足りないと判断される場合もあります。リサーチを徹底することで、未経験の分野に対しても普段から努力していると伝えることが可能です。希望する企業について必要とされる技術や能力についてもリサーチをおこなって対策を立てましょう。企業は即戦力を求めているので意欲のある人材であることも重要です。

収集する情報のポイントとしては、企業の規模・理念・経営状況・給料のレベルなどできるだけ細かく調べるようにしましょう。調べる方法は一般的に企業の公式ホームページからになりますが、企業の雰囲気や社風などは捉えにくいです。またホームページには、ネガティブな点は掲載されることがないため実際に企業で働いている人に話を聞くことが確実になります。知り合いなどがいる場合には良いですが、誰も知り合いがいない場合には業界研究などのセミナーを利用するのがおすすめです。セミナーに参加することで現職の人の話を聞くことができるので生きた情報を得ることができます。

ポイントその3:アピール

キャリアチェンジを成功させるためには、自分を売り込むためのアピール力も必要です。自分の実績が少ない場合には、将来的にやりたいことを熱意を持ってアピールしましょう。転職で重要な役割を持つ職務経歴書は、定期的に見直して更新しておくと転職の際に役立ちます。また応募する際には、企業に合ったアピールポイントを自分が持っているのかを重点的にチェックします。キャリアチェンジの場合には新しいジャンルでの仕事になるため、経験不足やスキル不足などが起こりやすいです。

そこを面接で質問されることも多いため、新しいジャンルに対して勉強中であることをアピールして前向きな印象を与えるようにします。効果的なアピール方法を身につけるためには、キャリアアドバイザーに相談する方法も有効です。

キャリアチェンジをするときの注意点は?

キャリアチェンジをするときには、ポジティブで前向きな姿勢をとるように心がけましょう。未経験だからと遠慮するのはNGです。会議などでは積極的に質問をするなど自分から発信することも大切になります。転職のための希望条件を増やしすぎると就活の期間が長期間になりやすいので注意してください。希望条件に関しては自分が譲れないポイントを押さえつつも、ある程度は妥協することも必要です。キャリアチェンジで選んだ職種や業界に関係のない経歴のみを強調するのは効果がないので避けましょう。関係のない経歴は職務経歴書に入れても良いですが、できるだけ応募先の企業に関係のあるスキルをアピールします。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

キャリアチェンジの具体例

キャリアチェンジにも様々なパターンがあり、中には自分の得意なことが見つからないため次々とキャリアチェンジを繰り返すということもあります。ただし、どの仕事にもきちんと真摯に取り組んでいたため様々な得るものがあり、結果的に総合的な経験を活かした職種にたどり着くことができたというパターンもあります。そのほかの具体例としてはキャリアアドバイザーからのアドバイスがあったのに、こだわりが捨てられず1つの業界に固執してしまい就活期間が長期化してしまったというものです。この場合には幅広い分野の業界を視野に入れて、専門家の意見も検討してみるようにしましょう。

キャリアチェンジの方法としては、誰にも負けないような強いスキルを1つもつか、一つ一つのスキルの精度はそこまで高くなくても様々な種類のスキルを身につけることの2つがあります。一つのスキルを最大限に高めていくことが困難な場合には、多角的に活かせるようなスキルを取得することを目指すのもおすすめです。そこそこのレベルであっても多くのスキルを所持していれば、あらゆるシーンでの対応力が高まります。

キャリアチェンジで新たなスキルを身につけよう!

キャリアチェンジは新しい環境に飛び込んでいくため、未経験の仕事ができて新たなスキルが身につくことが期待できます。キャリアチェンジを成功させるためには自分のスキルを把握し高めておくこと、企業をしっかりリサーチすること、企業に対して効果的にアピールすることがポイントになります。これらのポイントを押さえつつキャリアチェンジを進めるのがおすすめです。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC