仕事がつまらないなら転職?~自分のつまらないと感じる理由を明確にしよう~

仕事がつまらないなら転職?~自分のつまらないと感じる理由を明確にしよう~仕事がつまらなくて「他の仕事の方が自分に合っているのでは」と悩んでいませんか?この記事では、仕事がつまらないという気持ちを放置してはいけない理由や、仕事がつまらないと感じるよくある原因、すべきことについて紹介します。現状を打破するためには行動が必要です。この記事を読むことで仕事がつまらないことに対する対処法がわかり、仕事が楽しくない人は実際に行動を起こすためのイメージを持つことができるでしょう。

仕事をつまらないままにしてはいけない理由とは

仕事をつまらないままにしてはいけない理由とは仕事がつまらないと感じてはいるものの転職や対策はまだしなくてもいいと考えてはいませんか。ここでは、仕事がつまらないままにしてはいけない理由について紹介します。

あなたが行動しないと会社や職場の関係は改善しません。行動に移すための参考にしてみてください。

理由1.仕事のクオリティが落ちる

仕事がつまらなくても、一生懸命頑張ればそれでいいじゃないかと思う人もいるかもしれません。しかし、つまらない状態で仕事を続けると、仕事がうまくいかなくなってしまう可能性があります。仕事は楽しいと感じるほど、モチベーションが上がっていき、逆につまらないと感じるとやる気やパフォーマンスが落ちていくものです。つまらないと感じていると、まず仕事を始める前に毎回モチベーションを上げる作業が必要になりますし、仕事に対して消極的なので集中力も低下し、生産性が下がってしまうでしょう。

つまらないと思っていることに一生懸命取り組むのは難しく、つまらない仕事をしていると徐々に飽きてきて「手抜き」をするようになっていきます。手抜きによって仕事のクオリティを大きく下げ、仕事の質を維持できなくなると、当然会社からの評価は下がってしまいます。評価されないのであれば頑張ろうという気持ちは失せ、更に仕事がつまらなくなって、モチベーションが下がります。仕事がつまらない状態を放置しておくと、こうした負のスパイラルにハマってしまい、抜け出せなくなっていずれ再起不能になってしまいます。

理由2.職場関係に悪い影響を与える

仕事がつまらない状態を放置すると、自分だけでなく周りの人にも悪い影響を与えてしまいます。つまらないと感じ、嫌々仕事をしていると、表情や雰囲気などで周りの人にも負のオーラが伝わってしまうのです。手が遅く、やる気が感じられない。そのような人と一緒に仕事をしていると、周りの人の気分まで悪くなります。

ダラダラしている態度を周りに見せると、職場全体の士気が下がるだけでなく、人間関係にも溝ができやすくなってしまうでしょう。仕事に対して無気力だと、簡単なミスも増え、仲間にも実質的に迷惑をかけてしまいます。ただつまらないと思いながら仕事しているだけで、会社の生産性、人間関係など、組織全体に大きなダメージを及ぼしかねないのです。

理由3.どんどん仕事がつまらなくなる

つまらないという自覚がないなら仕方ないですが、つまらないという感情に気づいているならばしっかり対処しなければなりません。自覚があるほど仕事がつまらないなら、続けていくうちに余計につまらないと感じ、「仕事をやりたくない」という気持ちが増幅していってしまうでしょう。つまらないと感じるような仕事からは何の成果もあがりませんし、負の感情が膨らむと気分もモチベーションも下がっていきます。

仕事で結果が出せない、やる気がどんどんなくなっていく、このような悪環境となると、仕事がつまらないから苦痛へと変わっていくでしょう。仕事が苦痛になると、「仕事に行きたくない」「休みたい」という気持ちが強くなります。仕事を休みがちになり、そのような日が長く続くといずれ出社することさえできなくなり、生活も不安定になってしまいます。

理由4.自分の自己否定につながる

つまらない仕事を続けていると、次第に自分を否定し始めることもあります。今の仕事がつまらないということは、仕事がうまくいっていない可能性が高いです。そうすると、「自分は何てデキの悪い人間なんだ」「何で仕事に本気になれないんだ」と、自分を責めてしまうのが癖になってしまうこともあります。自己否定がひどくなると肉体的にも精神的にも疲れやすくなり、自分で自分を追い込んでしまうようになります。

自己否定はうつ病と深い関係があり、自己否定はうつ病の代表的な症状の1つです。自己否定は自分に過度のストレスを与え続けるので、うつ病発症の原因に繋がります。長期期間自己否定を繰り返しており、今まで楽しかったことが楽しいと感じられなくなっている場合、すでにうつ病を発症しているおそれもあります。うつ病やそれに近い症状になると、仕事に行くのが憂鬱になり、この場合も出社できなくなるような状況にまで陥ることもあります。

理由5.楽しい仕事を得る機会を失う

「好きこそ物の上手なれ」という言葉もありますし、仕事は楽しみながら行った方が一生懸命取り組み、上達も早くなります。そして、仕事が上手く行けば「もっと結果が出せるようになりたい」と思うようになり、仕事のために勉強したり、効率よく仕事をするにはどうすればいいか考えたりするでしょう。一方、つまらないと思いながら仕事をしている場合、自分から積極的に学ぼうという向上心はなく、消極的なので人から教えられたこともすぐに忘れてしまいます。つまらないと思いながら仕事をしても何も生み出さず、そして仕事から得られるものも何もないのです。

楽しく仕事をするためには、改善しようと努力したり、転職したりして行動を起こすことが大切です。仕事をつまらないと思いながら何もしない、それは楽しい仕事を得る機会を全て失うのと同じこと。失った時間は決して戻ることはありません。仕事をつまらないと感じているならば、何とかなるだろう、時間が解決してくれるだろうと放置せず、何らかのアクションを起こす必要があります。

仕事をつまらないとあなたが感じる原因を明確にしよう

仕事をつまらないとあなたが感じる原因を明確にしようなぜ仕事がつまらないと感じているか自分で明確な原因を理解していますか。この原因が明確だと転職するべきなのか、転職をしないでもいいのか判断することができます。

ここでは、自分が仕事がつまらないと感じる原因を明確にしてみましょう。

仕事がつまらない原因1.仕事内容に問題がある

仕事内容は、職業や役職によって大きく変わりますし、仕事の内容が原因でつまらないと感じるのはよくあるケースです。例えば、「仕事の内容が自分の適性と合っていない」、このような場合も、仕事がつまらないと感じる理由の一つになります。話すのが苦手なのに接客業をしている、体力に自信がないのに仕事は肉体労働など、自分と仕事の適正が合っていなかったり、能力を活かせなかったりすると、つまらないと感じやすいでしょう。また、自分の描く理想とのギャップが大きいと、仕事をしていても「こんなはずじゃなかった」「自分は何をしているのだろう」と感じ、仕事に対して消極的になりやすいです。

仕事の中には、何百回、何千回と同じこと繰り返す単調なものもあります。このような単純作業は暇だと感じやすく、モチベーションを保つのも大変なので、つまらないと感じることも多いです。仕事というのは、本来「誰かの役に立つ」ために行うものです。ですが、もし自分の仕事が誰の役に立っているのかわかりにくい場合、「なぜこの仕事をしているんだろう」と考えるようになり、次第に仕事に対して面白みややりがいを感じられなくなります。人に感謝されたい、人の役に立ちたいという人は、今の仕事が何のためにやっているかわからないようなものだと、つまらないと感じるでしょう。

仕事がつまらない原因2.人間関係に問題がある

人間関係の悪化により仕事をやめたいと思う人は多いです。人間関係のトラブルは精神的な負担が大きく、そのような状態では仕事を楽しめないと感じても無理はありません。会社員の場合、理想となるような上司や、一緒に頑張れる同僚の存在は非常に重要です。手本となるような上司は、後輩に仕事の楽しさややりがいを教えてくれます。そして、仲の良い同僚は、話し相手になってくれたり、お互いに切磋琢磨したり、仕事の中に癒しや張り合いを与えてくれるでしょう。

このように、自身のやりがいに繋がるような仲間がおらず、良い人間関係が築けていないと、仕事を楽しむどころかつまらないと感じるようになります。日々の仕事で感じるストレスというのは、ほとんどが人間関係と言われており、人間関係の不和は過剰なストレスになります。適度なストレスならばかえって健康に良かったり、成長のバネにしたりできますが、過度なストレスは心と身体に大きな負担をかけるでしょう。人間関係が原因で大きなストレスを抱えながら仕事をしていると、イライラすることが多くなり、仕事がつまらないと感じやすいです。

仕事がつまらない原因3.結果が出せない・評価が得られない

仕事というのは、結果が出れば出るほど面白くなっていきます。結果を出せば周りから評価されますし、自身の成長を実感することができ、仕事を楽しめる良い循環が生み出せるでしょう。逆に力不足で結果が出せないと、「自分には無理だ」とマイナス思考になってしまい、仕事が楽しくなくなります。また、自分では力を発揮しているのに誰からも評価されないと、「頑張っても意味がない」と思うようになり、仕事に対して消極的になるでしょう。

結果が出せない、評価が得られないという状況に陥ると、「自分はこの会社に必要ないのでは?」と感じ、自分の存在意義さえ見失います。さらに結果を出せないことで上司や同僚から嫌みを言われると、どんどん萎縮して気持ちよく動けなくなり、毎日精一杯で仕事を楽しむどころではなくなってしまうのです。

仕事がつまらない原因4.待遇に不満がある

仕事がつまらないと感じる原因の一つに、待遇に不満があるというものがあります。例えば、仕事の量や仕事内容に対して給料が少ないと、「自分よりも働いていないのに給料を多くもらっている人がいる」と感じ、仕事に対するモチベーションが下がってしまうでしょう。働いた対価としてもらえる給料が全く見合っていない場合、会社や自分の仕事に対して様々な不満を抱えることになります。

結果や成果を出し続ければ、自然と給料は上がっていきます。しかし、自分としては成果や業績が上がっていると感じているのに、会社から昇給や昇格などの相応しい評価をしてもらえないと、仕事に対してやる気が起きなくなってしまうでしょう。こうなると、自分の努力や頑張り次第で給料を上げるのがとても難しくなってしまいます。待遇が悪いだけでなく、残業が多かったり、休日が少なかったりすると、プライベートを楽しむ余裕がなくなり、仕事はますますつまらなくなっていきます。

仕事がつまらないと感じる時にするべきおすすめの対策を紹介!

仕事がつまらないと感じる時にするべきおすすめの対策を紹介!自分がなぜ仕事がつまらないと感じているのか原因はわかりましたか。原因が自分なりにわかったのであれば、どのように対策をしていくべきなのかもある程度見えてくるとは思います。

ここでは、仕事がつまらないならあなたがするべきおすすめの対策方法について紹介していきます。

仕事がつまらない人がすべき対策1.上司に相談・交渉する

上司は仕事に対して様々な権限を持っているので、仕事がつまらない悩みは上司に相談してみましょう。ただ、相談する時は、仕事がつまらない原因をしっかり分析したうえで行わなければなりません。情報が多ければ多いほど上司も正しい判断を下しやすくなるので、わかりやすく丁寧に希望を伝えることが大切になるでしょう。

上司に相談することで、仕事内容を見直してくれたり、他の部署へ異動させてくれたりするので、上手く行けば状況が劇的に改善する可能性もあります。会社をやめなくても、このようなやり方をすれば、仕事の内容をチェンジすることができるのです。上司とウマが合わなくて相談しづらい場合は、人事に交渉するという手もあるので、希望する部署があるなら人事に交渉してみましょう。

仕事がつまらない人がすべき対策2.仕事の中の楽しいことを探す

仕事がつまらない人がすべきことは、何がつまらないのかしっかりと考える、そして、少しでも楽しいと思えることがないか探すということです。同じ業務でも、楽しめる人と楽しめない人がいます。仕事を楽しむために必要なのは、ちょっとした工夫です。つまらないと感じやすい単調作業でも、制限時間を決めてゲーム感覚で楽しむことで作業に没頭しやすくなります。前回よりも早い時間で作業を終えることができれば、自身の成長を実感し、モチベーションアップに繋がります。どうしても自分の仕事がつまらないと感じているのであれば、仕事の棚卸を行うといいかもしれません。自分の仕事の整理をし直すことで仕事の改善のきっかけになりますし、楽しいと感じる仕事を増やせば、より良い方向へ向かっていくはずです。楽しい仕事さえわかれば、異動希望を出したり、転職で仕事を選んだりする時にも役に立つでしょう。

最初から結果を考えて行動すると、結果が出ない時にやる気を失ってしまいます。まずは結果を気にせずに一生懸命取り組み、成果を上げることだけに尽力すれば、自然とやりがいや楽しみが出てくることもあります。仕事をつまらないと思っている人がそこまで頑張れるかどうかもポイントになりますが、努力なくして成功はありえません。自分の成長した姿を楽しみにし、目の前の仕事に全力で取り組んでみましょう。

仕事がつまらない人がすべき対策3.プライベートを充実させる

仕事にメリハリをつけている人ほど、仕事を上手にこなしていくという傾向があります。プライベートを充実させると、仕事にメリハリをつけることができ、自然と仕事も充実していくようになります。そのため、仕事をつまらないと感じている人は、ひとまず仕事以外のことを充実させるのも良い方法です。友達にあったり、趣味を思いっきり楽しんだり、そうすることで余計なことを考えることもなくなり、良い気分転換になります。

夢中になれるものを見つけ、思いっきり楽しむことでストレス発散になり、仕事のつまらなさも気にならなくなっていくのです。プライベートが暇ならば、勉強を始めてみるのも良いでしょう。そうすることで、もしもの時の転職に役立てたり、副業に繋げたりなど、学んだことを存分に活かすことができます。

仕事がつまらない人がすべき対策4.転職を視野に入れる

今働いている仕事と全く違うことをするような職業に転職すれば、仕事内容を大幅に変えることができ、仕事がつまらなくてやる気が出ないという負のスパイラルから脱出できる可能性があります。ただし、つまらないから転職しようという気持ちは好ましくありません。何故ならば、転職先でも仕事がつまらないと感じるかもしれないからです。「つまらないから転職する」というのを繰り返すと、人よりも転職回数が多くなり再就職が不利になってしまいます。仕事というのはもともとつまらないものであり、楽しむためにはまずは自分の考え方を変える必要があります。

現在の仕事を楽しむために様々な取り組みをし、それでもダメならば転職を視野に入れるようにしましょう。転職を失敗しないためには、自己分析をし、これから自分がどんなことをしたいかじっくり考えることが大切です。スキルアップが可能な職場に転職することで、つまらなさの改善だけでなく、年収アップに繋がり、それがモチベーションアップになります。逃げの転職ではなく前向きな転職を意識することが、転職を成功へと導くでしょう。

「仕事がつまらない」を分析し対処しよう

仕事がつまらないと思っている時に一番やってはいけないのは、現状から目を背け、そのまま放置するということです。仕事がつまらないと感じるのには必ず原因があります。まずは原因を分析し、原因を取り除いていく行動を心がけましょう。人生の大半は仕事に費やします。仕事を楽しみながら行うことができれば、人生もおのずと充実したものになっていくでしょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC