仕事に集中できない時の改善方法とは~集中力を高める方法を紹介~

仕事に集中できない時の改善方法とは~集中力を高める方法を紹介~

仕事をする上で、重要になってくるのが集中力です。同じ作業を同じ時間していても、集中力があるのとないのでは、成果に大きな違いがでてきます。

この記事では、集中力を高める方法や、そのために改善するべきことを紹介します。時間管理や作業における注意点も解説するので、一度試して自分に合った仕事のやり方を身に付けていきましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事に集中できないのは仕方ない?

仕事が集中できない時の集中方法~私生活改善~

いつでも集中力のスイッチを入れることができて、仕事が終わるまで集中し続けられる。それができたら理想的ですが、実際にはなかなか難しいものです。そもそも人間の脳は構造上、長時間集中し続けることは難しいのです。

人間が集中できる時間

神科医であり作家でもある樺沢紫苑さんの著書『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』(大和書房)によると、人間の集中力には「15・45・90分の法則」があるそうです。人が深い集中を持続させられるのは実は15分程度。その次が小学校の授業時間でもある、45分程度。そして最大でも、大学の授業時間として設定されている90分が限界のようです。

長時間続けるよりも、短時間集中の積み上げの方が効果的

また、東京大学大学院の池谷裕二教授と株式会社ベネッセコーポレーションがおこなった「勉強時間による学習の定着・集中力に関する実証実験 」の調査によると、「60分×1回(計60分)学習」したグループより、「15分×3回(計45分)学習」の休憩を挟んで短時間集中して学習したグループの方が、より学習内容が定着しているという結果が出ました。

このことからも、人間の集中力には限界があり、仕事の初めから終わりまで集中し続けることは難しいということがわかります。

仕事に集中できないときの対処法~私生活改善~

仕事に集中できない時、集中力を高める方法として、まず自分の私生活を改善することが挙げられます。自分だけで改善できるところなので、これからご紹介する方法を一度試してみましょう。

対策1.身体の疲れや寝不足が原因の場合

身体が疲れているときや寝不足のときはだるさや眠気により、仕事に集中できないことが多いものです。ずっと同じ環境、同じ姿勢で仕事を続けていると、だるさや眠気は増加する一方です。そんなときは気分転換に外に出てみることで、一時的ではあるものの、リフレッシュできます。外に出るのが難しい場合は、軽くストレッチをしたりして身体を動かすことでも同様の効果が期待できるでしょう。席を立って、社内を歩いてみるだけでも効果があります。つまり、同じ姿勢を取り続けず、定期的に体を少し動かしてみることが大切です。

もし仮眠が取れるのであれば、対策として大きな効果が期待できます。仮眠室など、職場に横になれるスペースがなくても問題ありません。昼休みに椅子に座ったまま、机で臥せって仮眠をとるだけでも効果的です。なお、体の疲れや寝不足という根本原因をなくすために、生活リズムを整えることも重要です。生活にメリハリをつけて十分な睡眠時間を確保することや、栄養バランスを考慮した食事をとるようにすることなどを意識しましょう。

対策2.乱れた生活リズムが原因の場合

生活リズムが崩れると、仕事中に眠気におそわれたり、体調を崩しやすくなったり、体の不調によって仕事に集中できない状態になります。この場合は、生活の仕方を見直し、体調をしっかり整える必要があるでしょう。例えば、睡眠時間は非常に大切です。就寝時間や起床時間を毎日同じ時間に設定すると自然と体や頭が覚えるので、質の良い睡眠がとれるようになります。

夜遅くまでテレビを観たり、布団に入っても携帯を操作し続けたりして就寝時間が遅くなると、その分睡眠時間が短くなります。睡眠不足は生活リズムを壊してしまう一番の原因です。睡眠がしっかりとれないと、疲れが解消できず、体を壊したり、気持ちがふさぎ込んだり、心身に大きない影響を与える恐れがあります。仕事もプライベートも起きている時間を充実させて、睡眠時間を十分確保できるように心掛けましょう。応急的な対策としては、頭がぼーっとしたり、脱水症状を起こしたりしないよう、こまめに水分補給をすることが大切です。ただしあくまで対処療法なので、根本的なライフスタイルの見直しはマストです。

対策3.仕事中の姿勢が原因の場合

仕事中の姿勢は、業務の効率に大きなかかわりがあります。背筋が曲がっていると、無理な姿勢を取り続けたことにより腰痛や肩こりがひどくなり、仕事に集中できない可能性があるのです。また、姿勢が悪いとさまざまな神経が圧迫されるため脳への血流も減少し、集中力が低下します。そんなときには背筋を伸ばし、良い姿勢を心がけましょう。深い呼吸をしやすくなって、脳や身体に酸素がいきわたりやすくなります。良い姿勢を保つことにより、脳が活性化するので効率よく作業ができて効果的です。

なお、机の高さに対して椅子の高さが不適切な場合、姿勢が悪くなりやすいため注意が必要です。良い姿勢の状態で作業しやすいように、椅子の高さを調整するなど、作業環境も整えましょう。また、机の周りに物が多いと、物を避けた不自然な姿勢で仕事を行うことになり、これも体の不調につながる可能性があります。両脇や足元など、机周りをすっきりさせることも、正しい姿勢を保つためには効果的です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事が集中できないときの対処法~時間管理改善~

次に時間管理について紹介します。仕事が終わらないということは、時間管理ができておらず、無理なスケジュールを組んでいる可能性があります。スケジュールどおりに終わらないために、仕事にも身が入らず集中できない場合もあるので参考にしてみてください。

対策1.やるべきことが多すぎることが原因の場合

心配な事があったり、やるべきことが多すぎると頭が混乱し、小さなことでも気掛かりになってしまうため仕事に集中できない場合があります。このようなパターンでは、仕事を効率的に進められるよう整理し、不安感を解消する必要があるでしょう。やるべきことの整理がついていない状態では、全体のボリュームが把握できずに不安になってしまいます。何からやるべきなのか、重要度と緊急度で優先順位をつけて作業することが大切です。

なお、大きい仕事がある場合は細かく分けて作業すると達成感を何度も味わうことでき、仕事を効率よくこなすことができます。1度に仕上げようとすると、なかなか進捗を実感することができず、いつまでたっても終わりが見えないという焦りや不安が生まれます。また、今日やるべきことは何かを考え、紙に書き出すのもおすすめです。しなければならないことを重点的に取り組めるため無駄な疲労が減り、集中力が高まります。今日一日は紙に書いているそのことだけを考えれば良いので、過度なプレッシャーを感じることもないでしょう。

対策2.残業することが原因の場合

残業は仕事を進めるためのものですが、集中力を低下させる原因になっている場合もあります。残業は夜に行うことが多いですが、日中の仕事による疲れが溜まったまま、さらに残業していると生産性が悪くなります。その結果、集中力が落ち、残っている仕事は進まず、その仕事を消化するためにさらに残業を行うという悪循環にも陥りかねません。

対策としては、働き方を変えることが挙げられます。昼や夜に比べて朝のほうが集中しやすいので、できるだけ大きい仕事は朝のうちに作業をするようにしましょう。朝のうちに仕事を多少終わらせておけば、その後の仕事は力を抜いてできるので気が楽になります。仕事が残っていることによるプレッシャーを感じず済み、業務を効率的に進めることができます。また残業はせず、朝早めに出社して朝型のリズムをつくるのも良いでしょう。残業が続けば、多かれ少なかれ疲労は溜まっていきます。残業をすることが当たり前になってしまっている職場の場合、上司と相談して、職場の風土を変えることや業務効率の向上に取り組むことも必要です。

対策3.だらだら仕事をしていることが原因の場合

だらだら仕事を進めていることが、集中が続かない原因になっている場合もあります。今日終わらせなくても大丈夫という考えだと、緊張感が薄まるため、だらだら仕事をするようになってしまいます。対策としては、自分で自分の1日の予定をマネジメントし、メリハリをつけながら仕事をすることです。

例えば仕事開始時に、午前中にやるべきこと午後にやるべきことを紙に書き出す方法がおすすめです。終わったらその度に一つずつ線を引いて消していきます。こうすることで、いつ何をしなければならないかが明確になるため、計画的に仕事を進められます。さらに、それぞれの仕事にタイムリミットを決め、何時までにこの仕事を終わらせないと間に合わない、という危機感をもつことも大切です。過度なプレッシャーは逆効果ですが、あまりに自由度が高い状態でも仕事は進みにくいものです。適度な緊張感をもつことで、仕事もスピードアップし、ミスなども減らせるでしょう。

対策4.スケジュール管理ができていないことが原因の場合

仕事をする上でスケジュール管理は大切ですが、スケジュールを考えることに重きを置き過ぎると、肝心の仕事がおろそかになり得るため注意が必要です。例えばその日に仕事の予定を立てるとしましょう。予定を立てることから1日を始めるとそこに時間を取られ、仕事をする時間が減り、仕事内容に集中できなくなる場合があります。明日の予定は今日中に決め、明日の作業がスムーズにできるようにしておくことが対策の1つです。

なお、予定を立てる際は、スケジュールを詰めすぎないように注意しましょう。長期のスケジュールを最初に設定し、そのスケジュールどおりに進めるためには明日は何をどこまでやればいいのかという観点でスケジュールを立てることが大切です。前日のうちに予定を立てれば、翌日始業時には今日の予定を把握している状態なので、段取りがわかり、すぐに仕事に取りかかれます。早めにスタートできれば仕事に集中でき、早く終わらせることができるでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事が集中出来ないときの対処法~職場改善~

最後に職場の改善について紹介します。職場環境は、自分だけではなく会社の問題である場合があります。上司や、まわりの人にも相談し、改善できないか考えてみましょう。

対策1.長時間の作業で頭が疲れていることが原因の場合

長時間作業していると頭が疲れ始め、仕事に集中できなくなります。集中力が切れたままだらだらと作業を続けていても、効率は低下していく一方です。対策としては、タイミングを見てリフレッシュするのがおすすめです。作業時間を短くしてみるなど、時間を区切るようにして適度に休憩をとるようにしましょう。

例えば目が覚めるようコーヒーを飲むのはポピュラーなリフレッシュ法です。また、ガムを噛んで脳を活性化させると記憶力も上がります。ほかには冷たい水で顔を洗い、スッキリさせるのも良いでしょう。目元を冷やすと頭も覚醒してくるので効果的です。なお「ご褒美」を作ると、その目標に向かって作業ができるため、集中力が高まります。「この作業が終わったら美味しいお菓子で一息入れる」「この作業を終わらせたら今日は早めに帰る」など、自分にとって少し幸せを感じられるようなご褒美を設定してみてください。

対策2.周囲の騒音が原因の場合

周囲の音がうるさいと気を取られてストレスを感じ、仕事に集中できないこともあります。適度な音量で音楽を流したり、いつも聴いている音楽とは違う曲を流してみることで雑音が気にならなくなる場合もあるため、試してみてください。歌詞があるとフレーズの意味などに気を取られてしまう可能性があるので、歌詞のないクラシックやサウンドトラックなどが良いでしょう。耳栓をつけたり、イヤホンで音楽を流すことで、周囲の音を気にせず、作業に集中できる可能性があります。

もし別室でも可能な仕事であれば、社内のミーティングルームなどに移動し仕事をするのもおすすめです。なお、人によっては静かすぎて仕事に集中できない場合もあります。その場合は、適度な雑音や生活音がする場所で作業をするのが良いでしょう。職場が静かな環境なら、カフェや、ミーティングのできるコワーキングスペースなど、社外の少しにぎやかな場所に移動することで、仕事をより効率的に進められる可能性があります。

対策3.散らかった作業場が原因の場合

作業場が散らかっていると物が気になり、仕事に集中できません。この問題を解決するには、作業場を整理整頓をし、作業がしやすい空間をつくることが1番です。スマホや携帯が近くにある場合、着信音やSNSなどが気になり集中できないので、電源を切ったり、手の届かない場所に置いておくのが良いでしょう。また、仕事を妨げる誘惑になるような漫画や雑誌、お菓子なども手の届かないところにしまっておきます。仕事の途中でついつい手を出してしまいそうなものは、視界に入れないようにすることです。

なお、目標を掲げた紙を見えるところに貼っておくと、やる気も増し、集中力も高まります。ほかには、仕事に使う道具や筆記用具、材料などは出して使い終わったら、その度にこまめに元の場所に戻すことを心掛けるのも大切です。また後ですぐ使うからとそのままにしておくと、結局常に出しっぱなしで煩雑な状態になってしまいます。そうしているうちに物が増えると整理が面倒になり、さらに片づける意欲が失われていきます。面倒でも使わないものは都度でしっかり片づけましょう。

対策4.室内の温度や湿度が原因の場合

作業場が暑い・寒いなどの温度や、乾燥・ジメジメなどの湿度が仕事に影響する場合もあります。湿度が低過ぎると空気が乾燥し、疲れ目やドライアイにより作業効率が悪くなる可能性があります。ほかにも鼻詰まりやのどの痛みなど、体調に支障をきたす恐れもあります。反対に湿度が高過ぎると、ジメジメした不快感により疲れを感じやすくなるため、この場合もまた作業効率が低下します。適度にエアコンやヒーター、加湿器や除湿器を活用し、快適な環境づくりにつとめましょう。

窓を開けられる場合は、定期的に換気を行い、新しい空気を取り込むのがおすすめです。なお、寒暖の感じ方は人それぞれです。そのため、事務所や作業場、工場など多人数で仕事をしている場合には、全員にとって最適な温度の空間をつくることはできません。基本的な温度設定を決め、あとは個人がそれぞれ服装やひざ掛けなど、身に着けるもので調整するのが良いでしょう。体調管理にもつながるので、季節に応じて柔軟に対応することが大切です。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事に集中出来ないときの対処法~テレワークの場合~

近年ではテレワークが推進され、自宅で仕事をする機会が増えた人も多いのではないでしょうか。通勤時間がなくなり、時間を有意義に使えるようになった半面、慣れないテレワークで集中できない人も多いようです。ここでは自宅でテレワークをしていて、仕事に集中できない場合の対処法を紹介します。

対策1.家のことがあれこれ気になることが原因の場合

テレワークで家にいながら仕事をしていると、どうしても家の散らかっている部分が目に付いたり、やり残した家事が気になって集中できないことがあるようです。通勤時間が減った分、気になる家事はなるべく始業開始までに片付けておくとよいでしょう。リビングで仕事をしている場合、可能であれば子ども部屋や兄弟の部屋など、別の個室で仕事をするのもおすすめです。

対策2.テレビやスマホなどの誘惑が原因の場合

自宅で仕事をしていると、ついついテレビやスマホをだらだら見続けてしまったり、お菓子をつまみ続けてしまうということがあるようです。会社と違って上司や同僚の目がないので、緊張感を持ち続けるのが難しく、どうしても気が緩んで集中力が下がってしまうことが原因です。一人ではどうしてもだらだらしてしまうという人は、同僚とテレビ電話をつなぎっぱなしにしておくというのも一つの対処法です。また、自分で短い休憩時間を設定し、オンとオフの切り替えを意識的に行うのも効果的です。スマホをついだらだらみてしまう人は、手の届かないところに置いておき、休憩時間に確認するようにしましょう。

対策3.子どもが話しかけてくることが原因の場合

テレワークをしている時に、小さな子どもが一緒にいると集中力が落ちてしまうのは避けられません。朝日新聞の記事によると、「在宅勤務中に仕事を中断して育児に当たっている」と答えた保護者は65%にのぼるようです。お子さんの年齢や性格にもよりますが、「今忙しいからちょっと待ってね」と言っても、子どもはなかなか静かにしてくれないものです。ずっと話しかけられ続けて集中できず、イライラしながら仕事を続けるよりは、いったん仕事を中断して対応する方が、結果的に短い対応時間ですむこともあります。冒頭で紹介したデータでも、人間が深く集中できるのは15分という結果も出ています。子どもと一緒にテレワークをする時は、短時間の集中を積み上げて対処していくのがおすすめです。

参考:在宅勤務65%が「育児で仕事中断」 両方はムリと悲鳴

対策4.同居人が話しかけてくることが原因の場合

自宅でテレワークをしていると、子ども以外の同居人に集中を乱されることもあります。親や配偶者、兄弟が話しかけてきたり、ペットがじゃれついてきたり。親兄弟や、配偶者の場合は予め、「〇時から〇時までは集中したいので、話しかけないでね」など伝えておくとよいでしょう。しかし、相手がペットの場合はなかなか難しいので、集中したいときは対策1でもお伝えしたように、個室にこもるか、カフェやコワーキングスペースを利用するのもおすすめです。

仕事に集中できないときの確認事項

仕事に集中するためには、どうして仕事に集中できないのか、その原因を確認してみるのも有効です。仕事に集中できていない人の特徴や、仕事に集中できない理由を紹介しますので、あてはまるところはないか、確認してみましょう。

仕事に集中できていない人の特徴

仕事に集中できていない人の特徴として、第一に「飽きっぽい性格」があげられます。人は興味関心があることほど、集中して取り組むことができます。飽きっぽい性格の人は、同じような仕事がつづくと、その仕事に対するモチベーションが落ちて、集中できなくなってしまう可能性があります。

第二に、「複数のことに同時に取り組んでいる」という特徴があげられます。いろいろな作業を同時進行でしていると、どうしても一つ一つに対して集中することが難しくなります。その結果、全体的に集中力が落ちてしまう可能性があります。

第三に、「段取りを組んだり、計画を立てるのが苦手」という特徴があげられます。優先順位をきめて、計画的に仕事にとりくむことができていないと、何から手を付けてよいかわからなくなってしまい、仕事に集中することができなくなってしまいます。

仕事に集中できない理由

それでは、仕事に集中できない理由には、どんなことがあげられるでしょうか。

  • 職場での人間関係がよくない
  • 仕事内容が合っていない
  • プライベートの心配事

職場での人間関係がよくない

仕事に集中できない理由として、第一に「職場での人間関係がよくない」ということがあげられます。ジョージタウン大学のクリスティーン・ポラス教授の著書『Think CIVILITY(シンク シビリティ) 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』によると、職場での無礼な行為や感情的嫌がらせ、いじめ、そしてその他有害な行動が、認知能力の低下を招き、その人の持っているはずの力を発揮できなくなるそうです。

職場でパワハラやセクハラ、いじめを受けていたり、いじめを受けpでしょう。

仕事内容が合っていない

第二に、「仕事内容が合っていない」という理由があげられます。仕事内容が全く興味の持てないものだったり、能力に対してあまりに簡単すぎる内容の場合、モチベーションはどうしても低くなってしまいます。その結果仕事に集中できない事態に陥っている可能性があります。

 

プライベートの心配事

仕事に集中できない理由として、第三に「プライベートの心配事」ということがあげられます。親しい人との死別、配偶者や恋人とのトラブル、育児や介護の疲れなど、プライベートで何か心配なことを抱えていると、気になって仕事に集中できなくなってしまう人も多いでしょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事に集中するために

自分に合った集中力の高め方を知り、集中力を味方につけて仕事の効率をあげましょう!集中できない状態でだらだらと仕事を続けていると、仕事に遅れがでたり、ミスをしたりする恐れがあります。そうなると、仕事に直接影響が出ることはもちろん、職場の人に仕事ができない人と思われてしまう恐れもあります。ぜひこの記事を参考しながら、仕事に集中できない原因は何か、どのような対策をとれば集中力が上がるのかを把握し、効率的に仕事をすすめていきましょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC