ワーキングホリデー後の就職活動のコツとうまくいかない人の特徴

ワーキングホリデー後の就職活動のコツ【うまくいかない人の特徴】

残念ながら、ワーキングホリデーの経験が、必ずしも就活に有利に働くわけではありません。ワーキングホリデーは「休暇」だと思われているからです。企業の採用担当者の中には、「ワーホリに行くくらいなら、就活すればいいのに」と思っている人もいるくらいです。

「ワーキングホリデーで海外経験がある」ということが武器になりそうに思われがちですが、具体的な武器でないと就活には役立ちません。ただ「海外に住んでいた」というだけでは、あまり就活に活かせないのです。

ワーキングホリデー後の就職活動が上手くいく人の特徴

ワーキングホリデー後の就職活動が上手くいく人と上手くいかない人

ワーキングホリデー後に、就職活動が上手くいく人と、上手くいかない人は明確な違いがあります。ワーキングホリデーをしても就職活動が上手くいく人には、こんな特徴があります。

  • ワーキングホリデーの目的が明確
  • 外資系企業に応募する
  • TOEICで高得点を出す
  • ワーキングホリデー経験者ならではの武器がある
  • 日本の就活シーズンに合わせる

1つずつ解説します。

ワーキングホリデーの目的が明確

就活がうまくいく人は、ワーキングホリデーに行く目的が明確です。例えば「A社に就職したいけど、自分に足りないのは海外経験だからワーホリにいこう」というくらい明確です。目的が明確なので、ワーキングホリデーの間も行動が明確です。

目的を達成するために、1日1日を大切に過ごします。当然ながら、面接で「なぜワーキングホリデーに行ったのか?」という質問にも「御社に入社するのに足りないのは、海外経験だと思ったからです」と明確に答えられます。

外資系企業に応募する

ワーキングホリデーに行ったあと、外資系企業に応募するのは筋が通っていますよね。例えば、オーストラリアにワーホリで行ったら、オーストラリアに拠点がある外資系企業に応募するなどです。

志望動機も「オーストラリアで働きたいと思ったからです」という、明確な答えができます。ワーキングホリデーと就活をセットで考えると、矛盾がなくなって採用されやすいです。

TOEICで高得点を取る

ワーキングホリデーの経験を活かして、TOEICで高得点を取りましょう。ワーキングホリデーに行った人に期待されるのは英語力です。TOEICはどんな人でも目で見てわかりやすい指標なので、就活に有利になります。英語が必要な業務や、外資系企業に応募するときに武器になります。

ワーキングホリデー経験者ならではの武器がある

ワーキングホリデーに行かないと得られないような武器があると、就活に有利です。例えば、現地の人脈です。海外で友達がいるだけでも、人脈になります。友達をきっかけに、人脈を掘っていけばビジネスになることもあります。

ワーキングホリデー中に、意識してビジネス系の人脈を作っておくと、なお有利です。現地でのビジネス経験も貴重です。海外でビジネスの実績を作れば、就活でもかなりの武器になります。

日本の就活シーズンに合わせる

就活がうまくいく人は、日本の就活シーズンと合わせてスケジュールを組みます。タイミングを逃すと、希望の企業に就職できないこともあります。日本は3月と9月に採用が多いので、3月と9月の前から帰国して就活を始めるといいでしょう。「計画性がある」と良い評価になることもあるので、スケジュールは慎重に考えましょう。

ワーキングホリデー後の就職活動が上手くいかない人の特徴

反対に、就職活動が上手くいかない人には、こんな特徴があります。

  • ワーキングホリデーに行ったのに英語ができない
  • ワーキングホリデー経験者ならではのスキルがない
  • 海外でやっていた仕事と、日本で応募する仕事がまったく違う
  • 日本に合わせる気がない
  • 安易に「また海外に行きたい」と言ってしまう

1つずつ解説していきますね。

ワーキングホリデーに行ったのに英語ができない

厳しいですが、「何しにワーホリに行ったの?」と思われても仕方ありません。採用担当者によっては「遊びに行っていただけ」と判断されて、印象がよくありません。履歴書で「ワーキングホリデー経験者」とわかるだけで、英語力を期待されます。その分、英語ができないとわかったときの、評価の落差は激しいです。

ワーキングホリデー経験者ならではの武器がない

ワーキングホリデー経験者ならではの武器がない人も、就活で苦戦します。なんのためにワーキングホリデーに行ったのか、わかりません。

ワーキングホリデーに行った人に求められる武器は主に、「英語力やそれ以外の言語力」、「現地の人脈」、「海外でのビジネスの成果」などです。これらがないと、「旅行しただけ」という評価になり、就活に活かせません。

海外でやっていた仕事と、日本で応募する仕事がまったく違う

海外でやっていた仕事と、日本の就活で応募する仕事が違うと、就活に不利です。

例えば、オーストラリアでマーケティングのインターンに参加したが、日本では一般事務に応募するとなると、一貫性がなく採用担当者が疑問に思います。「海外での経験を活かす気がない」と判断されて、印象が悪くなることもあります。

日本に合わせる気がない

海外の文化や考え方を好んでも良いですが、日本で就職するなら、日本の風土に合わせる必要があります。あくまでも、働くのは日本です。

ワーキングホリデーに行ったことで、日本の悪いところばかり指摘することや、日本の風土に寄り添う気がないなどの言動を取ってしまうと、採用担当者に嫌われます。ワーキングホリデーの経験は大切ですが、日本の企業に就職するなら合わせましょう。

安易に「また海外に行きたい」と言ってしまう

海外に拠点がない企業に応募するとき、安易に「また海外に行きたいです」と言ってはいけません。「会社を辞める可能性がある人」と思われて、採用されにくくなってしまいます。行きたい気持ちは良いのですが、面接のときに言うべきではありません。

面接官の中には「また機会があれば海外に行きたいですか?」と、トラップをかけてくる人もいます。「御社の仕事上で海外に行く機会があれば、行ってみたいです」と答えるようにしましょう。

面接は人材に投資するかを決める、重要な場所です。企業があなたに投資したくなくなるような発言は避けましょう。

ワーキングホリデーで失敗した時の対処法

ワーキングホリデーに行ったのに英語ができない、ワーキングホリデー経験者ならではのスキルがないなど、就職活動が難航しそうでも、帰国後にできることがあります。ワーキングホリデーに失敗した時の対処法を紹介します。

英語を勉強する

「ワーキングホリデーで英語が身につかなかった」という人は、帰国してから英語を勉強しましょう。後からつじつまを合わせればOKです。英語ができなくても海外で英語に触れていれば、学習スピードは早いはずです。できたら英会話教室に通って、英語力を伸ばしましょう。

ワーキングホリデーの経験を整理してみる

「ワーキングホリデーで何も得られなかった」という人は、ワーホリ期間中の体験を整理してみましょう。きちんと整理すれば、就活に活かせそうな体験があるかもしれませんよ。

例えば、下記のような感じです。

  • 英語は話せなかったけど友達はけっこうできた→現地に人脈がある
  • 肉体的にかなりきつい仕事をしていた→体力を活かせる仕事にチャンスあり
  • 現地で日本語を教えていた→日本語講師のチャンスあり

自分では「何も得られなかった」と思っていても、整理すればネタが出てくるかもしれません。1人で考えてもよくわからなければ、人に聞いてもらいましょう。客観的に聞いて、武器になりそうな体験をピックアップしてもらってください。

就職エージェントに相談する

就職エージェントに相談するのも有効です。プロのキャリアカウンセラーなので、あなたの強みを整理してくれます。もし相談するなら、ワーキングホリデー経験者の就職実績がある就職エージェントに相談しましょう。ワーキングホリデーで失敗した人ならではの、就活ノウハウを教えてくれます。

ジェイックはワーキングホリデー経験者の就職実績あり

私たちジェイックは、ワーキングホリデー経験者の就職実績があります。

  • ワーキングホリデーに行ったけど、英語を話せない
  • ワーキングホリデーに行ったけど、特別なスキルを身につけられなかった
  • 正社員で働いたことがなく、ワーキングホリデーの経験しかない
  • ワーキングホリデーで得たものがなく、どんな仕事をすればいいかわからない

こんな悩みを抱えていませんか?もしあなたに該当するものがあれば、私たちジェイックにご相談ください。

未経験でも高い就職成功率を実現するおすすめな方法!

未経験から正社員就職を
目指すなら、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 未経験の支援に特化
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC