相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

焦りやすい人に向いてる仕事16選!メンタル弱くても就職できる!

焦りやすい人に向いてる仕事16選!メンタル弱くても就職できる!

焦りやすい人向いてる仕事はあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、すぐに焦ってしまうようなメンタルが弱めな人でも、自分の強みを発揮して活躍できる仕事を16選にしてご紹介します。

これから就職活動を本格的に進めていきたい人や、今の仕事よりも焦らずに働ける仕事を探したいという人は記事の内容を参考にしてみてください。

焦りやすい人に向いてる仕事16選

焦りやすい人に向いてる仕事としては、以下の16職種が挙げられます。

  • ルート営業
  • 商品企画
  • 経理
  • 総務
  • 広報
  • プログラマー
  • ITヘルプデスク
  • 工場作業員(期間工)
  • 整備士
  • 研究開発職
  • クリエイター
  • サービス職
  • ホテルスタッフ
  • 清掃職
  • 警備職
  • 秘書

それぞれの仕事内容や平均年収、向いてる人の特徴について詳しく解説しますので、仕事探しの参考にしてみてください。

ルート営業[焦りやすい人に向いてる仕事 1/16]

ルート営業は、決まった顧客を定期的に訪問して仲良くなり、商品やサービスを購入してもらうといった営業職です。営業職は通常臨機応変さが求められますが、ルート営業であれば同じ顧客だけを相手にするため、焦らずに働きやすいといった特徴があります。

コミュニケーション能力は一定以上求められ、特に人と仲良くなるようなスキルが重要になりますので、相手の気持ちを考えて行動できる人に向いていると言えます。

平均年収は営業職の中でも低めではありますが、仕事で焦らなくなってきたらもっと稼げる営業職にキャリアアップするといったこともできるため、キャリアの幅が広いというのもルート営業のメリットと言えるでしょう。

①平均年収383万円
②必要なスキル・コミュニケーション能力
・計数能力
・行動力
・記憶力
③向いてる人・決まった顧客と仲良くなっていくのが得意な人
・やるべきことがある程度決まっている仕事がしたい人
・将来的にキャリアアップを視野に入れて働きたい人
④仕事に就くためには?・ルート営業の求人に応募して就職する

平均年収出典:株式会社カカクコム「ルート営業の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」

商品企画[焦りやすい人に向いてる仕事 2/16]

新しい商品を企画したり、既存の商品をブラッシュアップして、よりよい商品を考えるような仕事です。企画職の一つであり、主に社内を相手にして仕事をすることになるため、自分でスケジュールを引くことができれば焦らずに業務を進められるといった仕事と言えます。

自分の手でヒットする商品を作ることが仕事になるため、思考力や分析力、調査力など頭を使うことが多く、就職の際は地頭の良さが求められる傾向にあります。面接では思考力を主にアピールしていくのが良いでしょう。

平均年収は仕事全体のものよりも高く、転職だけでなく営業などの現場職から社内異動で商品企画を目指すこともできます。

①平均年収630万円
②必要なスキル・論理的思考力
・仮説思考
・データ分析力
・プレゼン力
・コミュニケーションス能力
・調整力
③向いてる人・自分で新しい商品を生み出してみたい人
・自分で仕事のスケジュールを組み立てて働きたい人
・考える仕事がしたい人
④仕事に就くためには?・商品企画の求人に応募して正社員就職する
・営業などの現場職から社内異動をする

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag

経理[焦りやすい人に向いてる仕事 3/16]

会社で日々行われるお金の動きを全て管理する事務職の一つが経理です。仕事は基本的にパソコン作業が多く、かつルーティンワークが多いといった特徴もありますので、突発的な仕事が降ってくることが少なく、焦りやすい人でも安心して仕事を進められるでしょう。

オフィスワークが中心となり、会社によってはリモートワークが認められているケースもあります。加えて、ある程度の規模の会社であれば業務がマニュアル化されている傾向にあるため、経理未経験者でも仕事をすぐに覚えやすいといったメリットもあります。

①平均年収450万円
②必要なスキル・計数能力
・一定以上のパソコンスキル
・記憶力
・対応力
・コミュニケーション能力
③向いてる人・落ち着いてルーティンワークに取り組みたい人
・突発的な業務が少ない仕事がしたい人
・デスクワークをしたい人
④仕事に就くためには?・経理職を募集する求人に応募して正社員就職する
・事務系に特化した派遣会社に登録し、経理職の求人を紹介してもらう

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

総務[焦りやすい人に向いてる仕事 4/16]

総務は事務職の一つで、会社の運営にとっては必須ではあるものの、他の部署が対応するようなものではない業務を中心に担う仕事です。総務の仕事例としては、社員旅行の計画、会社備品の管理・発注、株主総会の事務局、オフィス空間の整備などが挙げられます。

総務で行う業務の多くは、期限に余裕のあるものが中心となっていることもあり、業務上焦りながら働くといったことはあまり見られません。自分でスケジュールを引いて対応するような仕事も多くなっているため、調整力や計画力さえあれば、焦りやすい人でも安心して働けるでしょう。

①平均年収490万円
②必要なスキル・最低限のパソコンスキル
・コミュニケーション能力
・献身性
・観察眼
③向いてる人・困っている人を助けるような役割を担いたい人
・デスクワークを中心に働きたい人
・ワークライフバランスを重視したい人
④仕事に就くためには?・総務職を募集する求人に応募して正社員就職する
・事務系に特化した派遣会社に登録し、総務職の求人を紹介してもらう

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

広報[焦りやすい人に向いてる仕事 5/16]

広報は、会社で起きたことや新商品などの発表を行い、会社の知名度を上げるミッションを担う仕事です。基本的に会社がプレスリリースをする際は、計画的に準備を進め、前もって計画していた日に情報を公開するといった流れになります。従って、計画を立てることができれば焦りやすい人でも着々と仕事を進めていけるでしょう。

ただ、場合によってはネガティブな情報をできるだけ早く発信しなければならないこともあり、そうした際は瞬発力や行動力が重要になってきます。

広報は二人以上配属されている会社も多いため、うまくコミュニケーション能力を発揮して難局を乗り越えていくことも大切になるでしょう。

①平均年収490万円
②必要なスキル・行動力
・瞬発力
・コミュニケーション能力
・文章力
・観察眼
・情報収集力
③向いてる人・会社の顔となるような仕事をしたい人
・人から注目を浴びることには慣れている人
・会社のことを誰よりも知ろうと努力できる人
④仕事に就くためには?・広報職の求人に応募して正社員就職する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

プログラマー[焦りやすい人に向いてる仕事 6/16]

プログラマーは、システムエンジニアの作った設計書や要件定義書に基づいてプログラミングをひたすら行っていく仕事です。システムエンジニア次第で業務が忙しくなることも考えられますが、自分の技術力を高めることで業務効率が高められますので、焦らずに働けるようになります。

技術がとにかく重要な仕事ですので、自分から積極的にプログラミングを学んでいくスタンスが不可欠です。特にシステムを開発するようなプログラマーの場合、技術は日々進化していくため、情報に敏感であるといった素質も大切になってきます。

①平均年収550万円
②必要なスキル・論理的思考力
・プログラミングスキル
・学習意欲
・集中力
・継続力
・コミュニケーション能力
・情報収集力
③向いてる人・実力をつけて効率的に働ける仕事がしたい人
・将来性のある仕事で経験を積みたい人
・就職した後も勉強を欠かさず取り組める人
④仕事に就くためには?・プログラマーの求人に応募して正社員就職する
・プログラミングスクールに通い、就職先をあっせんしてもらう
・独学でプログラミングスキルを習得し、クラウドソーシングサイトで案件を獲得する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

ITヘルプデスク[焦りやすい人に向いてる仕事 7/16]

社員から来るパソコンやITツールに関する質問に対し、的確に回答をするといった仕事です。会社の中でもIT部門に属していることが多く、知識さえあれば業務を円滑に進めていくこともでき、焦りやすい人でも問題なく働けると考えられます。

多くのケースでITに詳しくない人から質問が来ますので、何が問題になっているのかを明らかにするようなコミュニケーション能力が必要な仕事でもあります。ヒアリングした情報から問題を推測し、解決に導いていくことが業務の流れとなりますので、臨機応変に対応するスキルも求められます。

①平均年収534万円
②必要なスキル・コミュニケーション能力
・ITに関する幅広い知見
・対応力
・論理的思考力
・仮説思考
③向いてる人・ITに関する仕事で誰かの手助けをしたい人
・問題が起きたらその原因を推測できる人
・相手の立場に立ってコミュニケーションが取れる人
④仕事に就くためには?・ITヘルプデスクの求人に応募して正社員就職する
・IT系に強い派遣会社に登録し、ITヘルプデスクの求人を紹介してもらう
・社内のIT部門に異動する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

工場作業員(期間工)[焦りやすい人に向いてる仕事 8/16]

工場作業員は、指示された肉体労働をひたすら行うことが求められる仕事です。契約社員として働く場合は、期間工と表現されることもあります。

業務自体は非常にシンプルなもので、ルーティンワークを数時間続ければ仕事になるため、業務を進めていく上で焦るようなことはないでしょう。

ただ、あまりにも単純作業であるということと、肉体を酷使するような業務も多いということから、数十年に渡って働き続けることは難しい傾向にあります。

作業内容のシンプルさの割には収入が良いといった点も特徴のため、若い人が一定期間お金を貯めるために就職するといったケースも見られます。

①平均年収400〜500万円
②必要なスキル・集中力
・体力
・真面目さ
・継続力
③向いてる人・短期的に集中して働いてお金を貯めたい人
・厳しい環境下でも肉体労働ができる人
・ルーティンワークが苦にならない人
④仕事に就くためには?・メーカーが募集している期間工の求人に応募する
・期間工の任期満了後、継続して期間工を続ける旨を伝える

平均年収出典:日総工産株式会社「期間工(期間従業員)の年収は一般企業の正社員よりも高い?」

整備士[焦りやすい人に向いてる仕事 9/16]

整備士は主にディーラーに勤め、車検や故障などを理由に持ち込まれる自動車の点検・整備を担う仕事です。車のお医者さんといった役割を持つ仕事であり、持ち込まれた車に適切な対応をするといった業務の流れとなるため、焦りながら働くことは少ないと考えられます。

整備士として働くためには、整備士資格という国家資格が必要になります。整備士資格を取得することができれば、ディーラーだけでなく自分で開業することも可能です。

独立解消すれば自分のペースで仕事ができるようになるので、仕事で焦りたくないという人は開業も視野に入れてみるのも良いでしょう。

①平均年収469万円
②必要なスキル・自動車に関する専門的な知識
・仮説思考
・集中力
・観察眼
③向いてる人・職人のような仕事に憧れがある人
・自動車のような大きな機械をいじるのが好きな人
・手に職をつけたい人
④仕事に就くためには?・整備士資格を取得し、ディーラーなどに正社員就職する
・整備士の実務経験を積んだ後に独立開業する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

研究職[焦りやすい人に向いてる仕事 10/16]

研究職は主にメーカーや製薬会社などに勤め、研究や開発を経て新しい商品を作るのに活かしていく仕事です。極めて高い知識や思考力が求められますが、研究が好きという人には天職にすら感じられるでしょう。

研究についても、ある程度の納期は設定されていますが、研究という特性上狙った研究結果をを狙ったタイミングで引き起こすというのは難しいため、そこまで焦らずに仕事を進めていくことができるはずです。

平均年収も比較的高く、安定した仕事ではあるものの、理系の大学院を卒業していることが応募条件となっている求人も少なくありませんので、応募する際は求人票を隅々まで確認するようにしてください。

①平均年収550万円
②必要なスキル・論理的思考力
・各種専門分野に関する深い知識
・分析力
・探究心
・情報収集力
・学習意欲
③向いてる人・自分のペースで研究を進めることを仕事にしたい人
・新しい物事や法則を発見するのが好きな人
・世の中にはない新しいものを作りたい人
④仕事に就くためには?・研究職の求人に応募して正社員就職する

平均年収出典:株式会社カカクコム「研究開発の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」

クリエイター[焦りやすい人に向いてる仕事 11/16]

動画や画像、楽曲などを自分の手で1から作り上げ、依頼主に納品をしたり、世の中に発表することで稼ぐ仕事です。フリーランスクリエイターとして働く人が多い傾向にあり、センスと実力さえあれば自分のペースだけで働いていくことが可能です。

一方、会社員としてクリエイターになる場合は、納期に追われる形でクリエイティブを考えていかなければならないため、焦りを感じることもあるかもしれません。焦りやすい人であれば、会社員クリエイターとして実績を積んだ後に独立するというのも一つの手です。

①平均年収600万円
②必要なスキル・想像力
・言語化力
・表現力
・デザインセンス
・トレンド収集力
・セルフブランディングスキル
③向いてる人・クリエイティブなことが好きな人
・想像力が人一倍高いことを自負している人
・将来的にクリエイターとして独立したい人
④仕事に就くためには?・Web制作事務所などでクリエイティブ系の仕事を募集している求人に応募する
・自ら創作活動を続けて世間の目に止まる
・クラウドソーシングサイトでクリエイティブ系の案件を獲得する

平均年収出典:株式会社アーキタイプ「2023年最新版! クリエイターの平均年収と給与アップの秘訣を徹底解説 | ARCHETYP Staffing Magazine」

サービス職[焦りやすい人に向いてる仕事 12/16]

サービスを提供する店舗に勤め、来店客に対して適切な応対をする仕事です。来店があって業務を進めることに加え、対応すべきことはあらかじめ決められているということから、焦らずに業務をすることができるでしょう。

業務上は接客スキルが最も求められますので、コミュニケーション能力は必要不可欠です。うまくコミュニケーションが取れれば、それだけでも評価される仕事とも考えられます。

ただし、平均年収は全職種の平均年収に比べて低い傾向にあるため、稼ぎたいという人であれば独立開業して自分の店舗を持つなどの工夫が必要になってきます。

①平均年収334万円
②必要なスキル・コミュニケーション能力
・接客スキル
・計数能力
・観察眼
・推測能力
・体力
③向いてる人・やるべきことが決まっている仕事で働きたい人
・一日中立ち仕事でも問題ない人
・好きなことを仕事にしたい人
④仕事に就くためには?・サービス職の求人に応募して正社員就職する
・気になる店舗でアルバイトとして経験を積んだ後に正社員登用される

平均年収出典:パーソルキャリア株式会社「販売職の平均年収はどのくらい? 年代・種類別の比較や年収アップのコツも紹介」

ホテルスタッフ[焦りやすい人に向いてる仕事 13/16]

ホテルを利用する宿泊客に対して、フロントで適切な案内をしたり、ベッドメイキングなどをしたりする仕事です。業務はほぼマニュアル化されているホテルが大半のため、誠実な対応をできる人であれば独り立ちするまでの期間はそうかかりません。

今までは日本人の宿泊客が主でしたが、これからは外国人の宿泊客が増えていくことも予想されていますので、できれば英語が話せるとより就職成功率を高められると考えられます。

①平均年収314万円
②必要なスキル・コミュニケーション能力
・接客スキル
・誠実さ
・適切な敬語表現
・対応力
③向いてる人・おもてなしの心を常に発揮できる人
・自分の役割が明確になっている仕事がしたい人
・ルーティンワークでも苦にならない人
④仕事に就くためには?・ホテル業界の求人に応募して正社員就職する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

清掃職[焦りやすい人に向いてる仕事 14/16]

決められた場所を、決められた時間に、決められた方法で清掃する仕事です。既に決まっていることを淡々とこなしていけばよく、人とのコミュニケーションがほぼ発生しない仕事であることから、業務が乱される心配もなく焦らず働ける仕事です。

ルーティンワークが大半ですが、清掃する場所によっては臨機応変な対応が求められることもあります。体力さえあれば就職できる求人も多いですが、平均年収は300万円を切ってくることや、身につけられるスキルが少ないといった点はあらかじめ認識しておく必要があるでしょう。

①平均年収279万円
②必要なスキル・体力
・観察眼
・真面目さ
・清掃に関する基礎的な知識
③向いてる人・ルーティンワークが苦にならない人
・収入よりもプライベートを重視したい人
・残業をしたくない人
④仕事に就くためには?・清掃職の求人に応募して正社員就職する
・派遣やアルバイトなどで清掃職の経験を積んだ後に正社員登用される

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

警備職[焦りやすい人に向いてる仕事 15/16]

指定された場所に常駐し、トラブルが起きないように警備をする仕事です。トラブルは頻繁に起きるものではありませんので、結果的に業務では同じ場所を警備し続けることが主となり、焦るようなことも起きないと考えられます。

警備する場所によっては、一日中立ちっぱなしになることや、誰とも話さず数時間以上一人でい続けることもあるため、人と関わるのが苦手という人にも警備職はおすすめできます。

ただし、清掃職と同じく仕事で得られるスキルが少ないといった特徴があるため、今後キャリアアップや年収アップをしていきたいと考えている人は別の仕事も検討した方がいいかもしれません。

①平均年収334万円
②必要なスキル・行動力
・体力
・瞬発力
・観察眼
③向いてる人・一日中の立ち仕事でも問題ない人
・有事の際には瞬発力を活かしてトラブル対処ができる人
・コミュニケーションが苦手な人
④仕事に就くためには?・警備職の求人に応募して正社員就職をする
・派遣会社に登録し、警備職の案件を紹介してもらう

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

秘書[焦りやすい人に向いてる仕事 16/16]

主に役員などの忙しい人に付き、スケジュールの管理や雑務の代行、諸々の調整などを担う仕事です。調整や管理といったことが業務の中心となり、自分でスケジュールを把握できていれば焦るようなことはないと考えられます。

一方、担当する相手の性格によっては、業務上どうしても焦らされることもあるため、秘書になろうとする際は、あらかじめどういったスケジュールで働くことが多いのかを調べておくことが大切になってきます。

未経験から秘書になりたい場合は、秘書検定の資格を取得しておくこともおすすめです。

①平均年収520万円
②必要なスキル・コミュニケーション能力
・献身性
・高いビジネスマナー
・推測力
・スケジュール管理能力
③向いてる人・誰かのためになる仕事がしたい人
・ビジネスマナーに自信がある人
・やるべきことをすぐにやれる人
④仕事に就くためには?・秘書の求人に応募して正社員就職する
・秘書に社内異動する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

焦りやすい人に向いてる仕事の特徴

焦りやすい人に向いてる仕事を16選にして紹介してきましたが、これらの仕事の特徴としては以下の3点が挙げられます。

  • 業務の流れが決まっている
  • 自分のペースで仕事を進められる
  • 仕事での関係者が少ない

この特徴のどれかに当てはまっている仕事であれば、この記事で紹介したもの以外でも焦りやすい人に向いてると言えますので、それぞれ理解しておきましょう。

1. 業務の流れが決まっている

業務の流れが決まっているようなルーティンワークの仕事であれば、早い段階から仕事を覚えて独り立ちできるため、仕事を進めていく上で焦りにくくなります。

加えて、「どうやって仕事を進めていけばいいか分からない」という状況から早期に解放されるため、仕事に対して言葉にできない焦りを感じることも少なくなるでしょう。

ルーティンワークの仕事かどうかは、会社というよりも職種で決まってくることが大半ですので、自分に向いてるルーティンワークができる仕事を見つけたら、その仕事を中心に求人検索をしていくのがおすすめです。

2. 自分のペースで仕事を進められる

業務を覚えることができても、頻繁に誰かから話を受けるような仕事であれば、自分のペースが乱されることになります。自分のペースが見出されれば、業務を捌く時間が減ってしまいますので、結果的に焦りやすくなると考えられるでしょう。

このことから、自分のペースで業務を進められる仕事が焦りやすい人におすすめできます。裁量権の大きさや、そこまで会社のビジネスに影響を与えないような仕事であれば自分のペースで仕事が進められるでしょう。

3. 仕事での関係者が少ない

仕事で関係者が多いと、その分会議が増えたり、それまで決まっていたことが途中でひっくり返ったりなど、業務が増える原因になります。そのため、関係者が少なければ少ないほど、仕事で焦るようなことが少なくなっていくと考えられます。

例えば警備職や清掃職は、基本的に仕事を全て一人でこなしていくことになりますので、決められている仕事以外の業務が発生することは少ない傾向にあります。

仕事の関係者の多い少ないについては、会社によって異なることが考えられるため、就職前に企業研究などで調査しておくようにしてください。

就職活動で焦らないようにするためのポイント

就職活動で焦ってしまうと、ブラック企業に就職するリスクを高めることに繋がります。

特に自分が焦りやすいと感じている人は、以下のポイントを注意して就職活動を進めていくことが大切です。

  • 基本的な就職活動の流れを抑える
  • 企業研究を念入りに行う
  • 就職エージェントにサポートしてもらう

それぞれ詳しく解説します。

1. 基本的な就職活動の流れを抑える

人が焦る原因の一つに、「これから先どうすればいいか分からない状況にあるから」というものがあります。そのため、まずは基本的な就職活動の流れを抑えておきましょう。

就職活動の流れとしては、以下が一般的になります。

  • 自己分析をする
  • 業界や企業研究を行う
  • 就職サイトや就職エージェントに登録する
  • 履歴書や職務経歴書を作成する
  • 応募する求人を探す
  • 求人に応募する
  • 企業と面接をする
  • 内定が出たら内定承諾をして就職する

いきなり求人を探し始めてしまう人がいますが、それまでの準備ができていないと後々焦ることに繋がりかねませんので、しっかりと準備をしましょう。

2. 企業研究を念入りに行う

自分にマッチしている会社に就職できないと、例え就職できても業務で焦り続けてしまい、ストレスを感じることに繋がります。

自分にマッチしている企業かどうかをチェックするためにも、焦りやすい人は企業研究を念入りに行うようにしてください。

企業研究とは、求人票や企業のホームページ、就職口コミサイトなどから幅広く情報収集を行い、就職後の働くイメージを高めるために行うリサーチのことを言います。

企業研究のやり方については、以下の記事で詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみてください。

3. 就職エージェントにサポートしてもらう

就職活動で焦ってしまうかもしれないと不安に感じている人は、就職エージェントにサポートしてもらうこともおすすめです。

就職エージェントに登録すると、自分専任のアドバイザーが付き、以下のようなサポートをしてもらえます。

  • キャリアカウンセリング
  • 自己分析や企業研究のやり方のレクチャー
  • 自分に向いてる求人の紹介
  • 企業との面接日時の調整代行
  • 模擬面接の実施

加えて、次に自分がやるべきことを頻繁にリマインドしてくれるため、焦らず着実に就職活動を進めていけるようになるでしょう。

焦りやすい人が就活で注意すべきポイント3選

最後に、焦りやすい人が就活をする際に注意すべきポイントを簡単に解説します。

1. 焦って就職先を決めない

焦って就職先を決めてしまうと、十分に企業研究ができなくなってしまうため、ブラック企業に就職するリスクが大きく高まります。

時間的に余裕を持って就活に臨むか、就職エージェントにサポートをしてもらうなどして、焦らず後悔のないような就職を実現できるよう意識してみてください。

2. 面接ではゆっくり話すことを意識する

自分の意見や思いを伝えようとする気持ちが先走ってしまい、面接で早口になることもあるでしょう。面接で早口で話してしまうと、面接官にいい印象を与えるのは難しくなってしまいます。

そのため、焦りやすい人は面接でゆっくり話すことを意識してみてください。自分ではゆっくり話しているつもりでも、第三者から見ると早口ということは十分考えられますので、自分の話している姿を録画して見返してみるのも一つの手です。

3. スケジュール管理を徹底する

焦って就職活動を進めてしまうと、面接の日時がダブルブッキングしてしまうといったリスクも考えられます。

自分一人で就職活動を進める場合は、スケジュール管理を徹底することを意識してください。なお、就職エージェントを活用していれば、うまく面接日時を調整してもらえますので、スケジュール管理が苦手な人はその点だけでも就職エージェントを使うのがおすすめです。

まとめ

焦りやすい人に向いてる仕事を16選にして解説しました。焦りやすいというのは短所として捉えられやすいですが、一方、やるべきことの責任感が高いといった長所とも言い換えることができます。

就職活動で焦ってしまうと、望まない企業に就職するリスクが高まりますので、就職エージェントなどを活用して、うまく自分のペースをコントロールしてもらうことも検討してみてください。

就職・転職未経験の方に特化した就職支援サービス
就職・転職未経験の方に特化した就職支援サービス
まずは相談してみる

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等