相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

低資金で開業できる仕事20選!開業の際のポイントも解説

低資金で開業できる仕事20選!開業の際のポイントも解説

低資金で開業できる仕事がないか知りたい人も多いのではないでしょうか?
開業と聞くと多額の元手が必要だと考える人もいるかもしれませんが、中にはほぼゼロ円で開業できる仕事もあります。

この記事では、低資金で開業できる仕事を20個ご紹介します。それぞれ開業にどれくらいの資金が必要なのかの目安金額も解説しますので、これから開業を考えている人は参考にしてみてください。

低資金で開業できる仕事20選

低資金で開業できる仕事としては、以下の20個の仕事が挙げられます。

  • エンジニア
  • Webライター
  • Webデザイナー
  • Webコンサルタント
  • Web制作
  • SNS広告運用代行
  • 動画編集者
  • ブロガー
  • イラストレーター
  • 占い師
  • 動画配信者
  • せどり
  • ネットショップ運営
  • 営業代行
  • ファイナンシャルプランナー
  • 投資家/デイトレーダー
  • 学習塾
  • 飲食店
  • 工務店
  • フランチャイズ店経営

それぞれの仕事について詳しく解説します。
なお、この記事で解説する「開業目安資金」については、法人登記費用などは含まない目安金額ですので、あらかじめ認識しておいてください。

エンジニア[低賃金で開業できる仕事 1/20]

ITシステムやアプリを開発する仕事です。パソコンさえ持っていればいつでも開業することができるため、ゼロ円で開業することも可能となっています。加えて、開業後の必要経費もほぼないことから、ノーコストで独立できる仕事と言えるでしょう。

稼ぐためには企業などからシステム開発案件を受託する必要がありますので、開発実績などをアピールする必要があります。

最近ではエンジニアに特化したフリーランス向け案件検索サイトが増えていますので、開業したてであればクラウドソーシングサイトから案件を受託するのがおすすめです。

①正社員として働いた時の平均年収550万円
②開業目安資金0〜10万円
③必要なスキル・ITに関する幅広い知識
・プログラミングスキル
・学習意欲
・論理的思考力
・タスク管理能力
・スケジュール管理能力
・情報収集力
④向いてる人・ものづくりをするのが好きな人
・分からないことがあっても自分ですぐに解決できる人
・営業力も持ち合わせている人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を受託する
・SNSや前職のコネを使って発注先を見つける

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

Webライター[低賃金で開業できる仕事 2/20]

Webメディアに掲載する記事を執筆し、クライアントに納品する仕事です。業務はパソコン一台で完結し、かつ文字入力の機能だけが使えるだけの低スペックパソコンで問題ありませんので、これからパソコンを買う場合であっても数万円で開業することが可能です。

論理的な文章力や、SEO周りの知識さえあれば未経験者からでも挑戦できる仕事であり、フリーランスだけでなく副業という形で取り組む人も増えてきています。Webライターとしての実績を積むためにも、クラウドソーシングサイトをメインに案件を受注していくと良いでしょう。

①正社員として働いた時の平均年収339万円
②開業目安資金0〜10万円
③必要なスキル・文章力
・論理的思考力
・行動力
・情報収集力
・コミュニケーション能力
・セルフマネジメントスキル
④向いてる人・文章の読み書きが好きな人
・様々なジャンルの物事に興味を持てる人
・スケジュール通りに仕事を進められる人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・好きなWebメディアのライター募集に応募する

平均年収出典:株式会社カカクコム「ライターの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)」

Webデザイナー[低賃金で開業できる仕事 3/20]

Webサイトやバナー画像のデザインを制作する仕事です。ミドルクラスのスペックのパソコンとデザイン制作ソフトのライセンス費用さえ支払れば開業できます。

フリーランスとして働くWebデザイナーは、主にWebサイト制作の案件を受注することが多いです。自分の制作実績をポートフォリオにまとめておき、クラウドソーシングサイトなどで公開することにより、発注数を増やしていきましょう。

①正社員として働いた時の平均年収480万円
②開業目安資金0〜20万円
③必要なスキル・デザイン制作ソフトを使いこなすスキル
・デザインセンス
・コミュニケーション能力
・手際の良さ
・タスク管理能力
・スケジュール管理能力
④向いてる人・クライアントの要望や意図を組める人
・素早く仕事をこなせる人
・デザインに関する仕事で独立したい人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・今まで制作したWebデザインのポートフォリオを公開し、発注者側から声をかけてもらう

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

Webコンサルタント[低賃金で開業できる仕事 4/20]

Webサイトの構築や効果的な集客施策など、Webに関する課題を解決する仕事です。Web周りの幅広い知識が求められますが、開業して働いていくために必要になるものはパソコンくらいですので、10万円程度の低資金で開業できる仕事となっています。

Webコンサルタントとして案件を獲得するためには、自分自身を広告塔にして見込み客を集客する必要があります。そのためにも、各種SNSや動画投稿サイトでの露出も強化していく必要があるでしょう。

①正社員として働いた時の平均年収450〜800万円
②開業目安資金0〜10万円
③必要なスキル・論理的思考力
・プレゼンスキル
・コミュニケーション能力
・Web広告周りの幅広い知識
・高い分析力
④向いてる人・数字を読み解き解決策を考えることが好きな人
・Web系の仕事で生計を立てていきたい人
・パソコン一台で開業したい人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・自社のホームページを開設して見込み客を集客する
・SNSを活用してセルフブランディングを強化する

平均年収出典:レバテック株式会社「Webコンサルタントの仕事内容とは?なるには?年収や資格について解説」

Web制作[低賃金で開業できる仕事 5/20]

Webサイトの制作に特化した仕事です。Webサイトを作るためには、HTML/CSSを始めとした一定のプログラミングスキルが求められ、開業資金としてはパソコンを買えるだけの金額があれば問題ありません。

Web制作は1ページ単位で報酬が支払われるケースが多いため、どれだけ手早く指示通りのWebページを作れるかによって生産性が変わってきます。マルチタスク的に複数の案件をまとめてこなせると、右肩上がりに収入を増やせるでしょう。

①正社員として働いた時の平均年収579万円
②開業目安資金0〜20万円
③必要なスキル・コーディングスキル
・表現力
・デザイン周りの知識
・手の速さ
・タスク管理能力
④向いてる人・Webページの構築実績が豊富な人
・マルチタスクスキルを活かして複数の案件を処理できる人
・トレンドを意識して新しい技術を習得できる人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・Web制作実績のポートフォリオを公開して集客する
・SNSでセルフブランディングを行い見込み客を集める

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

SNS広告運用代行[低賃金で開業できる仕事 6/20]

各種SNSに掲載する広告を、クライアントの代わりに運用する仕事です。SNS自体はスマホでも更新できますが、分析ツールなどを使うことを考えると、開業に際してパソコンを購入しておくのがおすすめです。

SNS広告運用のためにも、簡単な画像や動画の編集スキルが必要になることもありますので、各編集ツールの基本的な使い方を身に付けておくことも役に立つでしょう。

①正社員として働いた時の平均年収405万円
②開業目安資金0〜10万円
③必要なスキル・分析力
・SNSのアルゴリズムに関する幅広い知識
・文章力
・継続力
・好奇心
④向いてる人・あらゆるSNSに精通している人
・数値を分析して次に取るべき行動を判断できる人
・継続的にコツコツと続ける仕事が好きな人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・自分のSNSアカウントのフォロワーを増やして実績を作る
・SNS運用のコツを情報商材として販売する

平均年収出典:株式会社Hagakure「Web広告運用者の収入・年収はどれくらい?収入を上げる方法を紹介 | デジプロコラム」

動画編集者[低賃金で開業できる仕事 7/20]

動画投稿サイトなどにアップする動画を編集し、依頼者に納品する仕事です。パソコン一台で開業できる仕事ですが、動画編集には相応のスペックが必要になるため、パソコンを新調するのであれば15万円以上を目安に選ぶと良いでしょう。

動画素材にカットとテロップ入れを行う地道な仕事ですが、慣れてきたら効率的に作業を進められるでしょう。手が早ければ早いほど稼ぎやすくなる仕事です。

①正社員として働いた時の平均年収579万円
②開業目安資金0〜20万円
③必要なスキル・動画編集ソフトを使いこなすスキル
・営業力
・スケジュール管理能力
・集中力
・交渉力
④向いてる人・作業効率を意識して手早く仕事を進められる人
・ニーズの高い仕事で開業したい人
・趣味で動画編集の経験がある人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・動画配信者に直接営業をかける
・自分で編集した動画を動画配信サイトにアップし、広告収入を稼ぐ

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

ブロガー[低賃金で開業できる仕事 8/20]

自分でブログを開設し、執筆した記事の広告収入で稼ぐ仕事です。パソコンさえあれば開業できますので、ゼロ円での開業も不可能ではありません。

ブログで稼ぐためにはアフィリエイト広告が主な方法となります。

特定のジャンルの商品やサービスを紹介し、記事内のリンクから読者が購入することによって報酬が発生するため、ブロガーとして稼いでいくためには文章力や論理的思考力が重要です。

①正社員として働いた時の平均年収変動が大きい
②開業目安資金0〜10万円
③必要なスキル・文章力
・トレンド収集力
・設計力
・サイト構築力
・SEOに関する深い知見
・継続力
④向いてる人・成果が出ない中でもコツコツと記事執筆を続けられる人
・不労所得を目指していきたい人
・文章の読み書きが好きな人
⑤開業後に働くためには?・自分でブログを開設して記事を執筆していく
・執筆した記事をSNSで公開して読者を増やす

イラストレーター[低賃金で開業できる仕事 9/20]

依頼者の指示通りのイラストを描き、納品することで稼いでいく仕事です。イラスト制作にはパソコンやペンタブ、もしくはタブレットなどが必要になりますので、開業資金としては30万円程度とやや高めです。

自分のイラストレーターとしての活動を知ってもらうことで案件を増やせるため、仕事以外でもイラストを描いてSNSなどで公開するといった活動が重要です。イラストコンテストを見つけたら、積極的に応募していきましょう。

①正社員として働いた時の平均年収466万円
②開業目安資金0〜30万円
③必要なスキル・イラストを描くスキル
・セルフブランディングスキル
・トレンド収集力
・集中力
・スケジュール管理能力
④向いてる人・あらゆるジャンルの絵を描ける人
・イラストを描くことが好きな人
・自分の絵をネットに公開することに躊躇がない人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・描いた絵をSNSにアップしてファンを増やす
・企業などが主催するイラストコンテストに応募して入賞する
・同人誌即売会で同人誌を販売する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

占い師[低賃金で開業できる仕事 10/20]

個人から依頼を受け、占いを行って稼ぐ仕事です。占いの種類にもよりますが、電話だけで占うスタイルの場合は元手ゼロ円でも開業することができます。

自分の占いの結果を相手に信じさせ、納得してもらうことが非常に重要であるため、話術やコミュニケーション能力が求められます。スキル販売サイトで評価を積み重ねていくことで、集客効率が安定します。そのため、依頼者に親身になって話を聞くことを意識しましょう。

①正社員として働いた時の平均年収変動が大きい
②開業目安資金0〜5万円
③必要なスキル・コミュニケーション能力
・話術
・傾聴力
④向いてる人・話術や雰囲気作りが上手い人
・相手の悩みを聞くのが上手い人
・ミステリアスな人
⑤開業後に働くためには?・スキル販売サイトで集客する

動画配信者[低賃金で開業できる仕事 11/20]

生放送サイトなどで動画を配信し、広告収入や投げ銭を稼ぐ仕事です。開業する場合は動画配信機材を購入する必要があり、10万円以上は見ておくと良いでしょう。

動画配信を始めてもいきなり稼げるようになるわけではありませんので、地道に配信活動をしてファンを獲得していく必要があります。

自分自身をブランディングしていき、他の配信者と差別化をしないとお金にならないことも多く、競争が激しい仕事という認識をしておいてください。

①正社員として働いた時の平均年収変動が大きい
②開業目安資金10〜30万円
③必要なスキル・カリスマ性
・話術
・動画配信機材に関する基礎知識
・コミュニケーション能力
④向いてる人・何か一つでも得意なことがある人
・自分に興味を持ってくれる人を大切にできる人
・誹謗中傷が来てもかわせる精神力
⑤開業後に働くためには?・動画配信サイトで配信を行い広告収入や投げ銭で稼ぐ

せどり[低賃金で開業できる仕事 12/20]

商品を仕入れ、それよりも高い金額で販売し、その差額を稼ぐ仕事です。商品仕入れから販売まではスマホだけでもできますが、そもそも商品を仕入れるお金がないと開業できませんので、少なくとも10万円以上は用意できると良いでしょう。

せどりをする上で最も避けなければならないのが、在庫を抱え続けてしまうことです。仕入れた商品が売れないとその分損失になるため、トレンドを見極める能力を高めていくよう意識してください。

①正社員として働いた時の平均年収なし
②開業目安資金10万円〜(あればあるだけ仕入れる商品を増やせる)
③必要なスキル・計数能力
・トレンド収集力
・行動力
④向いてる人・トレンドを見極めて次に来る商品を特定できる人
・粗利の概念を意識して日々生活できる人
・商品在庫を管理できるだけの家の広さがある人
⑤開業後に働くためには?・商品を仕入れてフリマサイトなどで販売する

ネットショップ運営[低賃金で開業できる仕事 13/20]

ECサイト内にネットショップを立ち上げるなどし、商品を販売していく仕事です。Web制作や商品仕入れ、集客など普通のショップ経営と同じように幅広い業務を行っていく必要があります。

開業資金としては20万円程度あれば問題ありませんが、販売する商品を仕入れる資金も必要になってきますので、自分の理想の品揃えを準備できるだけの工面も並行して行うようにしましょう。

①正社員として働いた時の平均年収なし
②開業目安資金10〜20万円
③必要なスキル・Web制作に関する幅広い知見
・Web上での集客スキル
・きめ細やかさ
・セキュリティ意識の高さ
④向いてる人・ネット上で自分の店舗を持って商売をしたい人
・魅力的なネットショップを作る自信がある人
・商品を仕入れできる資金がある人
⑤開業後に働くためには?・ECサイトなどで自分のショップを開店する
・自分でホームページを作って商品を販売する

営業代行[低賃金で開業できる仕事 14/20]

会社と代理店契約や業務委託契約を結び、クライアントに代わって営業活動を行う仕事です。フリーランスの営業職という役割で、パソコン一台さえあれば誰でも開業することが可能です。

営業代行として働く場合は、契約実績に応じて大きく収入が左右されることになるため、優れた営業スキル・実績を持っていることは必須条件と言えます。案件はクラウドソーシングサイトや副業募集サイトで見つけられるため、気になる案件があったら積極的に声をかけていきましょう。

①正社員として働いた時の平均年収480〜560万円
②開業目安資金0〜5万円
③必要なスキル・営業スキル
・コミュニケーション能力
・行動力
・体力
・粘り強さ
・数字への執着心
④向いてる人・営業がとにかく得意な人
・あらゆる商材の営業手法に精通している人
・やればやった分だけ稼げる仕事で開業したい人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・メーカーの代理店募集に応募して営業代理店となる

平均年収出典:パーソルマーケティング株式会社「営業の給料はどれくらい?職種別・世代別で平均年収を公開 | お仕事探しはパーソルマーケティング」

ファイナンシャルプランナー[低賃金で開業できる仕事 15/20]

家計のアドバイザーとして働く仕事です。表計算ソフトが使えるパソコンと、金融回りの知識があれば誰でも開業することができます。

稼ぎ方としては、家計のコンサルティング業務が主となりますが、個人がいきなりお金を払って相談してくれることはありませんので、まずは無料でコンサルティングを行うのが基本です。

その中で資産運用や保険などの申し込みを仲介し、手数料を稼ぐというのが一般的な収入を得る方法となります。なお、金融商品を取り扱う場合は、金融商品取引業者として金融庁に登録される必要があります。

①正社員として働いた時の平均年収584万円
②開業目安資金0〜10万円
③必要なスキル・高い計数能力
・コミュニケーション能力
・傾聴力
・金融商品に関する法律知識
・学習意欲
・論理的思考力
④向いてる人・人に直接感謝されるような仕事で開業したい人
・やや複雑な計算でも瞬時に解ける人
・数字の変化を元に論理的に物事を考えられる人
⑤開業後に働くためには?・クラウドソーシングサイトで案件を見つける
・スキル販売サイトで集客する
・SNSでセルフブランディングをして見込み客を作る

平均年収出典:株式会社アガルート「ファイナンシャルプランナーの平均年収・給料はいくら?低いって本当? | FP試験コラム」

投資家/デイトレーダー[低賃金で開業できる仕事 16/20]

株やFXを行い、売買益で稼ぐ仕事です。投資自体は手持ちのスマホやパソコンでできますが、大きなリターンを得たい場合は投資資金をできるだけ多く用意するのが良いでしょう。

特にデイトレーダーなど毎日多額の投資を行う人は、取引を瞬時に確定させていくだけの判断力が重要です。ギャンブラー気質がある人だと、一気に破産してしまう可能性もありますので、中長期的視点でコツコツ投資していくといった意識も重要になります。

①正社員として働いた時の平均年収なし
②開業目安資金1万円〜(投資資金があればあるだけ望ましい)
③必要なスキル・経財動向に関する情報収集力
・経済知識
・判断力
・精神力
④向いてる人・多額の資金を日々動かしても動じない精神力を持っている人
・投資に回すだけの十分な資金力がある人
・ギャンブラー気質ではない人
⑤開業後に働くためには?・証券口座やFX口座を開設して投資を始める

学習塾[低賃金で開業できる仕事 17/20]

学習塾を経営し、生徒に勉強を教えていく仕事です。学習塾そのものをテナントで借りたり、机や教材などの準備が必要になることから、開業資金は200万円程度を想定しておくと良いでしょう。

どれだけ知識があって教え方が上手い人でも、生徒を集客できなければ稼ぐことはできません。そのため、開業に当たってまずは集客を第一に検討するのがおすすめです。

合格実績を積めれば雪だるま式に生徒を増やしていくことも可能ですので、開業後の最初の一歩が肝心な仕事と言えます。

①正社員として働いた時の平均年収383万円
②開業目安資金200〜300万円
③必要なスキル・学力
・コミュニケーション能力
・学習意欲
・責任感
④向いてる人・人に何かを教えるのが得意な人
・勉強をするのがとにかく好きな人
・親身になって一人一人の生徒とコミュニケーションが取れる人
⑤開業後に働くためには?・テナントを借りて学習塾を開き、SNSやビラ配りなどで生徒を集客する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

飲食店[低賃金で開業できる仕事 18/20]

飲食店を経営する仕事です。とにかく料理が好きで、自分の料理で店を持ちたいという熱意を持っている人におすすめできます。

店舗を借りたり調理器具を用意したり、食券機を用意したりなど、開業にかかるお金は1,000万円程度とやや高めです。ただ、事業計画をしっかり作れていれば、銀行から融資をしてもらうなど開業資金の工面は十分可能です。

①正社員として働いた時の平均年収330万円
②開業目安資金1,000万円
③必要なスキル・衛生意識
・調理スキル
・接客スキル
・マネジメントスキル
・マルチタスク能力
④向いてる人・飲食店を開業したいと真剣に考えている人
・店舗経営から人材マネジメントまで幅広い経験を持っている人
・飲食店で働いた経験のある人
⑤開業後に働くためには?・テナントを借りて飲食店を開業する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

工務店[低賃金で開業できる仕事 19/20]

大工工事や設計など、建築に関わる業務を引き受ける仕事です。作業場を借りたり、工具や重機を用意したりする必要があるため、開業資金としては1,000万円程度を見ておくと良いでしょう。

建築業界は実績が全ての世界ですので、未経験者が開業するのは避けるべきです。また、経験者であっても、地場の建築会社との付き合いを大切にできないと発注してもらえなくなってしまいますので、コミュニケーション力や営業力も重要になってきます。

①正社員として働いた時の平均年収421万円
②開業目安資金1,000万円
③必要なスキル・建築や造園などに関する技術力
・コミュニケーション能力
・計数能力
④向いてる人・既に建築や造園などの実務経験が豊富にある人
・一度できた繋がりを大切にできる人
・仕事を丁寧にやり切れる人
⑤開業後に働くためには?・工務店を開業して建築会社などから仕事を受注する
・ビラ配りをして見込み客を増やす
・スキル販売サイトで集客する

平均年収出典:株式会社新大陸「工務店の年収はいくら?年収が決まる要因や年収アップのポイントもご紹介します | SNS・WEB集客の新大陸」

フランチャイズ店経営[低賃金で開業できる仕事 20/20]

コンビニやレストランなど、大手企業の看板を借りて自分の店舗を経営できる仕事です。フランチャイズ店への加盟料金がかかってきますが、会社によって初期費用ゼロ円で開業できるケースもありますので、気になるフランチャイズ店の募集要項をチェックしましょう。

開業後は大手の看板もあることから、集客には困りにくいといったメリットがあります。一方、売上の何割かを加盟店に手数料として毎月支払わなければならない点がデメリットとなります。

マネジメントスキルがないと、生活していくだけでも精一杯の売上しか出せないため、事業計画はしっかり持っておくようにしてください。

①正社員として働いた時の平均年収357万円
②開業目安資金200〜500万円(加盟するフランチャイズによって大きく変動)
③必要なスキル・高い計数力
・マネジメントスキル
・体力
・情報収集力
・コミュニケーション能力
④向いてる人・少ない元手で店舗経営に挑戦したい人
・集客に自信がない人
・覚悟を持って開業できる人
⑤開業後に働くためには?・フランチャイズ店加盟の募集に応募する

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag」

低資金で開業する際のポイント

低資金で開業する際は、以下の3点のポイントを意識しておきましょう。

  1. 生活資金は半年分あると安心
  2. 銀行からの融資も検討する
  3. 補助金や税制を事前に調べておく

それぞれ簡単に解説します。

1. 生活資金は半年分あると安心

開業自体は低資金でできたとしても、その後に安定して売上を立てていける保証はありません。場合によっては、事業運営をするためのお金で精一杯となってしまい、生活費が支払えないといった状況にもなるでしょう。

最悪のリスクを回避するためにも、開業時には開業資金とは別に、生活費を半年分程度用意しておくのがおすすめです。余裕を持って20万円×6カ月=120万円程度を見ておくと安心です。

2. 銀行からの融資も検討する

特に飲食店や工務店など、まとまった金額が必要な事業で開業する場合は、手持ち資金だけでなく銀行からの融資も検討するのがおすすめです。

銀行は開業資金の融資もしていますので、事業計画書を作って相談に行くと良いでしょう。また、開業資金だけでなく事業を継続していくための運転資金も融資申し込みができるため、合わせて銀行に相談してみてください。

3. 補助金や税制を事前に調べておく

これから開業しようとする人は、補助金や税制などのお金周りの知識をできるだけリサーチしておきましょう。

補助金の条件を満たせれば、お金の工面が一気に楽になることもありますし、税制を上手く活用して節税をするといったことも可能です。

自分で調べることが難しいといった人は、日本政策金融公庫や各地の商工会議所などに相談をしにいくのもおすすめです。

まとめ

低資金で開業できる仕事はたくさんありますが、自分のスキルや興味を全力で発揮できる仕事で開業するようにしましょう。
また、開業資金や事業の運転資金など、お金周りでの疑問点がある場合は、なるべく解消した上で開業手続きに進むのがおすすめです。どうしても自分でお金に関する情報収集ができない人は、開業に関する無料相談を受け付けている場所で相談することも検討してみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン