無い内定(NNT)について-就活で企業から内定がもらえないとき-

無い内定(NNT)について-就活で企業から内定がもらえないとき-

就職活動が進むにつれ、企業から内定をたくさんもらう人がいる一方で、ひとつも内定がもらえないいわゆる「無い内定(NNT)」状態に陥る人も出てきます。この記事では、7月または10月の段階で無い内定状態になり、この先どうしようか悩んでいる就活生に向け、今できる対策を紹介していきます。

無い内定とは

無い内定とは

経団連によって、内定は基本的に10月1日以降に出さなければならないと決められています。企業から採用通知を受け取って、労働契約が完了して初めて内定となります。しかし、正式な通知書を受け取る前に、企業から口約束で「10月になったら内定を出します」と言われることがあるのですが、これを内々定と言います。この内々定の掛詞として生まれたのが「無い内定」です。簡単に言えば内定を貰えていない状態のことで、その悲観的な状況を自虐的に表現する時に使われます。主にSNSや掲示板など、ネット上で使われることが多い言葉です。

いつまで無い内定だとまずいのか

いつまで無い内定だとまずいのか

6月に採用をスタートして、9月には内定が出揃うのが一般的です。しかし、これはあくまで経団連の指針に従っている企業の場合です。経団連では就活のルールをを決めていますが、あくまで形式的なものなので、これに従わない企業もあるので注意してください。7月頃には内々定を貰う就活生も出てきますが、まだその数はそれほど多くないため無い内定だと悩む心配はありません。7月からでもしっかり行動すれば十分挽回できます。しかし、10月時点で内定を貰えていない方は注意が必要です。すでに内定を得ている人が半数以上になるので、まだ無い内定の状態にある方は就職活動以外の選択肢も考える必要が出てくるでしょう。

無い内定になってしまう人の原因と対策

無い内定になってしまう人の原因と対策

無い内定になってしまう人にはいくつか特徴があります。それを知っておけば対策もしやすくなるでしょう。ここからは、無い内定になってしまう原因と対策について詳しく解説していきます。

エントリー数が少なすぎる

エントリー数が少なすぎるのも、無い内定になってしまう原因の1つです。当然闇雲にエントリー数を増やせば内定が貰えるわけではありません。しかし、エントリーする企業の数が少ないとバランスが悪くなる可能性が高くなり、内定を貰える確率が低下してしまいます。大手企業なら求人倍率が0.4%程度のところも多くあります。これは1つの枠を3人程度で取り合わなければならないということです。人気の企業になれば倍率が10倍以上になるところもあるので、そういう企業ばかり選んでしまうと10社エントリーして1社内定が貰えるかどうかという計算になります。そんな確率の中で、10社程度しかエントリーしていなければ、無い内定になってしまってもおかしくはありません。

大切なのはバランス感覚を持ってエントリーする企業を選ぶことです。条件の良い企業に就職したいと考える人は多いので、そういうところはどうしても求人倍率が高くなってしまいます。そういった企業ばかりにエントリーしてしまうと、後々後悔する確率が高くなるでしょう。広い視野を持って行動し、低い求人倍率の企業もしっかりチェックしておくことで自分に合う企業が見つかりやすくなります。求人倍率だけでなく、志望する企業の条件も絞り過ぎないようにすることが大切です。採用傾向の異なる企業も受けることでリスクを分散し、内定に近づくことができます。

コミュニケーション能力が低い

面接が上手くいくかどうかも、内定を貰えるかどうかに大きく関わってきます。面接で失敗してしまい就活が上手くいかない人も多いですが、その原因の1つとして考えられるのがコミュニケーション能力の低さです。面接を受ける時に、事前にどんなことを話そうか決めておくことも多いでしょう。もちろん、自分をしっかりアピールできるように話す内容を決めておくことも大切ですが、それ以上に重要になるのが話し方です。どんなに内容が良くても、それが面接官に伝わらなければ意味がありません。話し方が悪いと面接官に良い印象を与えることができず、不採用になってしまうこともあるので注意してください。

話し方で注意したいのが、言葉選びや話の構成です。適切な言葉で伝えないと、誤解を与えてしまい自分が思っているような伝わり方にならないケースもあります。また、適切な声の大きさで相手の目をしっかり見て話すことも意識しましょう。話す内容を事前に暗記しておくのも1つの方法ですが、ただ暗唱したものを喋るだけだとあまり印象は良くなりません。しっかり感情を込めて、自分の意見や考えが相手に伝わるような話し方にすることが大切です。こういったポイントに注意しながら、面接の準備をしっかりしておきましょう。

企業研究が足りない

内定を貰うためには、志望度が高いことをアピールしなければなりません。そのためには、企業研究をしっかりしておく必要があります。時間をかけて企業研究を行うことで、応募先の企業の職種や、事業内容などの理解が深まり、志望度が高いことを証明しやすくなるでしょう。企業のパンフレットやホームページには、企業側が就活生に知っておいてほしい情報がたくさん載っています。しかし、就活生の中にはこういった情報を読み飛ばしてしまう人も少なくありません。

自社のことをしっかり理解していない学生は、滑り止めにされていると受け止められてしまい、不採用になってしまう可能性もあるので注意してください。大切なのは企業研究を行う時、企業のパンフレットやホームページを熟読しておくことです。その上で自身のキャリアや展望を具体的に話せるように準備しておけば、企業側に志望度が高いことをしっかりアピールできるでしょう。

自己分析が不十分

自己分析が不十分で就職活動の軸がブレてしまい、内定が貰えない人も多いです。一社一社の掘り起こしが浅くなると、魅力的な志望動機を考えることができません。なぜその企業を選んだのか、相手に熱意を伝えるためには自己分析をしっかり行うことが大切です。時間をかけて落ち着いて自己分析を行えば、自身の就職活動の軸が見えてくるので、説得力のある志望動機を考えやすくなります。中には自己分析をした結果、自分には何の価値もないと感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、決して自分を嫌いになる必要はありません。新卒の方は社会経験がないため、どんな資質があるのか見いだせないこともあります。それが即不採用に繋がることはなく、ポテンシャルが重視されるので、見栄えの良さやアピールの上手さが内定を左右することが多いのです。就活が上手くいかない時は、営業が上手くいっていないせいだと割り切り、あまりネガティブにならず自己分析を進めましょう。

自己PRがありきたり

内定を貰うためには自己PRをしっかり行うことも大切ですが、ありきたりな自己PRだと自分の魅力が相手に伝わらず、内定を貰えないことが多いです。物事をどのように頑張る人なのか、なぜ自社を選んだのかなどを企業は見ているので、それが伝わるような自己PRを考えるようにしましょう。成果ばかりを自己PRに入れてしまう人もいますが、それだけでは不十分です。具体性がないとありきたりな自己PRになりやすいので、成果を出すまでのプロセスで何を感じたのか、自分がどう考え行動したのかなどを具体的に具現化する必要があります。

企業はコストをかけて優秀な人材を採用しようとしているので、内定辞退は避けたいと考えています。「この人は内定しても辞退しそうだな」と思われると内定を貰えなくなるので、自分はどうしてもこの企業で働きたい、この領域でなければだめだという強い思いを伝えられるように準備しておくとよいでしょう。主観だけで考えてしまうと、自己PRと企業が求めていることに差が出てしまうので、客観的に自分を見ることも大切です。企業側の視点から見て、どういうスキルをアピールすれば採用したいと思われるのかを考えてみましょう。

志望動機が弱い

書類選考と面接の両方で重視されるのが志望動機です。志望動機が弱いと評価が低くなり、内定を貰えないことがあるので注意してください。志望動機が高ければ、企業への入社意欲や入社後の成長意欲が高いことをアピールしやすくなります。逆に志望動機が低いと企業の期待値は下がるため、採用しても自社への貢献度は低いだろうと思われてしまい、なかなか内定が貰えず無い内定になってしまう可能性が高くなるというわけです。自己PRと同じように、志望動機はその企業でなければならない理由を具体的に考えることが大切です。自分の価値観や過去のエピソードなどと結びつけながら、具現化するようにしましょう。

最低限のマナーがなってない

社会人として仕事をする上で欠かせないのがマナーです。最低限のマナーが身に付いていないと、就活生はマイナスの印象を持たれてしまうので注意しましょう。面接の時には挨拶の仕方や服装はもちろんノックの回数など、様々なポイントをチェックされています。マナーに問題があると、その印象が強く残ってしまい採用可否に大きく影響する場合もあるのです。マナーが間違っていても、自分ではなかなか気付くことができません。

マナーに不備があることに気付かず就活を続けてしまい、いつになっても内定が貰えない人もいるので注意してください。就活を始める前だけでなく、就活している最中も自分自身のマナーを見直してみるとよいでしょう。その時は自分だけで判断せず、友達や家族に見てもらうとよいです。第三者に見てもらうことで、自分では気付きにくいマナーの不備が見えてくることがあります。友人にお願いできない時は、自分の動きを動画で撮影してチェックしてみるのもおすすめです。

もし10月になっても無い内定状態だったら

もし10月になっても無い内定状態だったら

もし10月になっても無い内定の状態だった場合、秋採用を狙う、大学院への進学を考える、就職浪人するなどを行動を起こす必要が出てくるでしょう。ここからは、10月になっても内定が貰えず悩んでいる方が取るべき行動について詳しく解説していきます。

秋採用を狙う

春や夏だけでなく、秋以降に採用を行っている企業も多くあります。そのため、10月時点で採用を貰えてなくても諦める必要はありません。秋採用は採用枠が少ないため難易度は上がってしまいますが、優良企業の募集が残ってることもあります。また、中には辞退者が出てしまい再募集をかけている企業もあるので、そういう中から自分に合った企業を見つけられればよいのです。周りの人達が採用を貰い自分だけが無い内定の状態で焦ってしまう人も多いかもしれませんが、秋採用でも良い企業と巡り会える可能性は十分あるので、諦めずに根気よく就活に取り組むことが大切です。

大学院に進学する

10月になっても内定を貰えていないなら、大学院に進学することも考えておくとよいです。大学院に進学すれば就職を先延ばしにできます。それだけでなく、自分が学びたい分野へチャレンジしたり、専門学校で新しいスキルを身に付けて資格取得を目指したりすることができます。その場合は、数年後に就職活動することを見越して、どういったことを学べばよいか、どんなスキルが役に立つかを考えておくとよいです。就職を諦めて大学院に進学することは決してマイナスではなく、学生という社会的な身分を確保しながら自分のペースで就職活動できるというメリットがあります。自分を磨いてより良い企業へ就職しようというポジティブな気持ちで、大学院への進学を考えてみてください。

就職浪人する

就職浪人になって、就職活動を続けてみるのも1つの方法です。就職浪人というのは、学校を卒業して「既卒」として就職活動をする人のことです。学校は卒業してしまうので学生ではなくなりますが、学費をかけずに就職活動できるというメリットがあります。また学業に専念する必要がないので、就職活動にかける時間をたっぷり確保できます。ただし、新卒ではなくなるので新卒枠の採用を受けられなくなる点には注意しましょう。また、学生でも社会人でもないという状態になるため、周りの目が気になって辛いという人もいるかもしれません。学費を払い続ける余裕がない、就職活動に専念したい、そういう方は新卒ではなくなるなどのデメリットを考えた上で、就職浪人するかどうか検討してみるとよいでしょう。

内定が無くても諦めない!まずは原因を探ろう

無い内定になってしまっても、周囲の学生と比較して焦る必要はありません。なぜ内定を貰えないのか原因を1つ1つ潰して、諦めずに就職活動を続けていれば内定を貰うことはできます。就職を先延ばしにする方法や、時間を確保する方法はありますが、自分の将来の選択を狭めてしまうこともあるので、あくまで最終手段として考えておくとよいでしょう。まずはすぐに諦めずに、内定を1つ貰えるまで頑張ってみてください。

心理統計学に基づく
就活生向けの無料診断つき! 
自分に合う会社から
特別オファーをもらおう!
フューチャーファインダーを利用することで、
業界ではなく 
組織風土性格を基準にして 
あなたに合う会社と出会えます。

フューチャーファインダーの特徴
  • あなたの特性を診断で把握
  • IT、広告、コンサル、人材などの成長企業500社以上が利用
  • 価値観の合う会社から特別オファーが来る

あなたも一人で悩まず、
自分に合う会社を見つけませんか?

 

© JAIC