仕事をすぐ辞める人の特徴は?【辞めないための対策も紹介】

仕事をすぐ辞める人の特徴は?【辞めないための対策も紹介】

仕事をすぐに辞めたいと思っていませんか?この記事では、仕事をすぐに辞めるメリットやデメリット、また仕事をすぐに辞めてしまう人の特徴、辞めないための対策についても解説します。この記事を読むことで、解決の糸口を見つけてみてくださいね。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事をすぐ辞める3つのメリット

仕事をすぐ辞める3つのメリット

仕事をすぐ辞めることは、以下のような点でメリットがあります。

  • 向いている仕事に就ける可能性がある・
  • ストレスから解放される
  • 第二新卒枠が狙えることがある

それぞれ説明しますね。

メリット1.向いている仕事に就ける可能性がある

仕事をすぐに辞めることで、今より向いている仕事に就ける可能性があります。もちろん長く働くことで、その仕事の面白さを知っていくこともあるでしょう。

一方で、向いていない仕事を克服するより、自分が得意な仕事に取り組むことで楽しく仕事をしていくのもひとつの考え方です。

早めに今の仕事に見切りをつけ、自分に向いている仕事に就ければ、仕事をすぐ辞めることはメリットになるでしょう。

メリット2.ストレスから解放される

ストレスから解放されることも、仕事をすぐに辞めるメリットのひとつです。

たとえば人間関係が悪い職場で働き、常にストレスを抱えたまま働くと精神的に参っていきます。

心の健康は、仕事をするうえで土台となるものです。そのため、職場にストレスを感じているのであれば、そこをすぐに離れることで自分を守ることにつながる場合があるのです。

メリット3.第二新卒枠が狙えることがある

新卒で入社後2~3年の人であれば、仕事をすぐに辞めることで「第二新卒」として有利に転職できることがあります。

第二新卒とは、一般的に新卒入社後3年以内に転職する人を指す言葉です。第二新卒社員は企業で数年働いていることから、社会人としての基礎スキルが身についています。

そして、第二新卒社員を採用したい企業は数多く存在します。なぜなら、教育コストをかけることなく若手人材を採用できるからですね。

そのため特に新卒で入社して3年以内の人であれば、仕事をすぐに辞めたとしても転職しやすいといったメリットがあるのです。

仕事をすぐ辞める3つのデメリット

次に、仕事をすぐ辞めるデメリットをお伝えします。

具体的には、下記の3つです。

  • 転職が難しくなる可能性がある
  • スキルがたまらない
  • 転職先も自分に合わないリスクがある

では、それぞれのデメリットについて解説します。

デメリット1. 転職が難しくなる可能性がある

仕事をすぐ辞めると、転職が難しくなることがあります。なぜなら、「ウチもすぐに辞めてしまうのでは?」と面接官から思われる可能性があるからです。

場合によっては、「ストレス耐性がない」「人間関係をうまく築けない」といった印象を持たれることも。

特に短期離職を繰り返すと、「採用してもすぐ辞めてしまう人」と思われるリスクが高まります。そのため、転職活動が思うように行かなくなることがあるのです。

デメリット2.スキルがたまらない

スキルがたまらないことも、仕事をすぐに辞めるデメリットのひとつです。

転職活動では、スキルや能力が評価の対象になります。

しかし仕事をすぐに辞めてしまうと、スキルがほとんど身につきません。そのため、転職活動で苦労する可能性があるのです。

デメリット3. 転職先も自分に合わないリスクがある

今の会社をすぐに離れて、次はもっと良い会社で働きたいと思う人は多いでしょう。もちろん次の会社が、自分にとって働きやすい会社である可能性もあります。

一方で、今の会社よりも悪い環境に転職してしまう可能性があることも忘れてはいけません。

今の状況が辛いと、自分の置かれている環境が周りと比べてどうしても悪く感じてしまうもの。

しかし冷静になって周りを見渡すと、ほかの会社と比べ、実はそれほど悪くない環境であることは多いものです。そのため転職を考える前に、勢いで転職するのはおすすめできません。

まずは「次の転職先では後悔しないか」と冷静になって考えるようにしましょう。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事をすぐ辞める人の5つの特徴

仕事をすぐに辞める人には、下記の5つの特徴があります。

  • 飽きっぽい
  • 我慢が苦手
  • 人付き合いが苦手
  • 辞め癖がついている
  • 上昇志向が強い

では、それぞれの特徴について解説します。

飽きっぽい

ひとつめの特徴が、飽きっぽいことです。

飽きっぽい人は、仕事がつまらなく感じたり、ほかの会社に目移りしてしまったりしがちです。変化が少なく、刺激のない日常に嫌気が差してしまうんですね。

特に入社したばかりの頃は、単純作業しか与えられず、刺激のない毎日を送ることは多いもの。

そのため仕事に飽きてしまい、「仕事を辞めたい」という気持ちを抑えられなくなってしまう若手社員も多いです。

我慢が苦手

我慢が苦手なことも、仕事をすぐに辞める人の特徴のひとつです。どんなに良く見える会社であっても、人間関係や給料など、そこで働く人は何かしらの不満を抱えているもの。

しかし仕事である以上、ある程度の我慢をして過ごしています。そして我慢ができる人は、仕事には辛いこともある一方で、喜びがあることも知っています。

たとえば「やりがいを感じられる仕事を任される」「お客様に感謝される」といったことですね。

しかし我慢ができない人は、仕事の喜びではなく、辛いことだけに目が行ってしまいます。

そのため辛いことから逃れるため、「仕事をすぐに辞める」といった選択肢を取ってしまうのです。

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手な人も、仕事が長く続きません。

仕事は、チームプレーのことがほとんど。そのため周りの人と協力しつつ、良い関係性を築くことが大切です。

しかし人付き合いが苦手だと、人間関係をうまく構築できません。

そのため今の環境に居づらさを感じ、その場からすぐに離れたくなってしまうのです。

辞め癖がついている

辞め癖がついていることも、仕事をすぐに辞める人の特徴です。

仕事をしていると、大変なことや、辛いことがどうしても出てきます。その時はキツく感じるかもしれませんが、あとで振り返ると「辛い経験があったからこそ成長した」と思うことは多いもの。

しかし辞め癖がついている人は、少しでもイヤなことがあれば仕事を変えることを真っ先に考えてしまいます。

すると困難な状況を乗り超える経験に乏しいことから、人としての成長もあまり期待できなくなってしまうのです。

上昇志向が強い

仕事をすぐに辞める人のなかには、上昇志向が強い人もいます。

上昇志向が強いと、上司や同僚に対して苛立つことが増えていきます。「周りのモチベーションが低いので自分が成長できない」と思ってしまうからですね。

そこで「今よりも仲間に恵まれて、自分が成長できる環境を目指そう」と考え、すぐに転職することに。

ただ、職場にはさまざまな人がいます。そして完璧な会社がない以上、社員全員がモチベーション高く仕事をしていることは考えづらいです。

しかし上昇志向が強い人は職場に完璧を求める傾向があるため、次の環境でも満足できず、転職を繰り返してしまうのです。

仕事をすぐ辞めてしまう3つの原因

仕事をすぐに辞めてしまう理由には、3つの原因が考えられます。

具体的には、下記のとおりです。

  • 自分に合っていない仕事だった
  • 仕事内容や待遇が聞いていた話と違った
  • 病気(うつ病)になってしまった

それぞれ説明します。

自分に合っていない仕事だった

自分に合っていない仕事が原因で、仕事をすぐに辞めてしまう人は少なくありません。

たとえば人と話すのが苦手な人は、営業職に苦手意識を持つことが多いです。営業は人と話すことが多いため、ストレスがたまってしまうからですね。

そのため自分に合っている仕事を求め、転職を考えることがあります。

仕事内容や待遇が聞いていた話と違った

入社前に聞いていた条件と違ったことが原因で、仕事をすぐに辞める人もいます。

たとえばプログラマーであれば、自社システムに携われると聞いていたのに、クライアント先の常駐業務を任されるといったことです。

提示されていた給料よりも低い額が支給された、といった待遇面での違いから仕事を辞めることを決意する人もいます。

病気(うつ病)になってしまった

仕事をすぐに辞める人のなかには、うつ病などの病気が原因の人もいます。

心の病気になると、働く意欲が減退していきます。そのため、そもそも仕事ができなくなってしまうのです。

今の職場が原因でうつ病になった場合は、医師から転職を勧められることもあります。

※2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、当社が把握する就職決定者の割合

仕事をすぐに辞めないための5つの対策

仕事をすぐに辞めないためには、しっかりとした対策を取ることが欠かせません。

具体的には、下記の5つです。

  • 期間を決めてもうひと踏ん張りする
  • 休暇をとってみる
  • ストレス解消法を見つける
  • 周囲とコミュニケーションを取るようにする
  • 頑張りすぎない

では、それぞれの対策について解説します。

期間を決めてもうひと踏ん張りする

仕事をすぐに辞めたいときは、「いつまでは頑張る」といった期間を決めましょう。

仕事は、慣れが大切です。なぜなら仕事に慣れると業務の流れが分かるようになるので、ストレスなく仕事を進められるようになるからです。

そして仕事に慣れるためには、ある程度の期間が必要です。

そこで、たとえば「3か月は今の仕事を頑張ってみる」といったように明確に期間を決めてみてください。期間を決めることで、「まずは目の前の仕事に集中しよう」とモチベーション高く仕事に打ち込めるようにもなるでしょう。

休暇をとってみる

思い切って休暇をとってみるのも、仕事をすぐに辞めない対策としておすすめです。

仕事を辞めたいと思っているときは、頭の中が「辞めること」で一杯になることがあります。

しかし一度落ち着くことで、自分の置かれている状況を客観的に見られるようになることも。

そこで、たとえば有給をとって旅行に行くなど、自分自身と対話する時間を持つようにしましょう。「今の会社は意外と良いところがあるかも」と、冷静に考えられるようにもなりますよ。

ストレス解消法を見つける

ストレス解消法を見つけることもおすすめです。

仕事に嫌気が差すと、普段の生活までイライラして過ごしてしまうことがあります。日常生活にまで悪い影響が出てしまうと、ネガティブな思考にもなりがちです。

そこでおすすめなのが、ストレス解消法を見つけること。イライラしたら外で散歩する、一人でカラオケに行く、といったことでも良いですね。

ストレスを発散できる時間をつくることで、リフレッシュした気持ちで仕事に臨めるようになるでしょう。

周囲とコミュニケーションを取るようにする

周囲とコミュニケーションを取ることも、仕事を長続きさせるうえで効果的です。なぜなら、辛い状況を相談できる相手が増えるなど、一人で問題を抱え込まなくて済むようになるからです。

コミュニケーションと言っても、周りにいきなり積極的に話しかけに行く必要はありません。

「相手は何に困っているかな」と考えるだけでも大きな一歩。思いやりの心を持って相手と接すれば、良好な関係は自然と築かれていきます。

職場の人間関係が良くなれば、今の環境に留まることも選択肢として入ってくるようになるでしょう。

頑張りすぎない

頑張り過ぎないことも大切です。

仕事に打ち込むことは大切な姿勢ですが、過度に打ち込み過ぎると心身ともに影響が出てしまうことも。

心に余裕がなくなると、物事を冷静に考えられなくなってしまう可能性も高まります。そのため「少しくらいの失敗は仕方ないかな」と、適度に力を抜いて仕事に取り組むことがおすすめです。

気持ちが楽になると心に余裕が生まれ、うつ病などで職場を離れざるを得ない、といったリスクも減らすことができます。

仕事をすぐに辞めてもよい場合もある

仕事をすぐに辞めてしまうと、デメリットとなることは多いものです。

しかし状況によっては、仕事をすぐに辞めてもよい場合があります。

主に、下記の2つの場合です。

  • 健康に影響が出始めている
  • 頑張っても給料が上がらない

それぞれ説明しますね。

健康に影響が出始めている

健康に影響が出始めているときは、仕事を辞めるべきサインとも言えます。

いわゆる「ブラック」な会社では、長時間労働が当たり前など、過酷な環境で働くことが少なくありません。

もちろん長く働くことで体調に異変が出たり、精神的に辛い状況に追い込まれたりすることもあります。

健康であることは、長く働くうえで欠かせないことです。そのため健康に影響が出始めているのであれば、転職して今の環境を離れることが現実的な選択肢のひとつとなることがあるのです。

頑張っても給料が上がらない

頑張っても給料が上がらないことが分かった場合も、仕事をすぐに辞めても良いかもしれません。

日本の会社のなかには、年功序列が色濃く残る会社がまだまだ多く存在します。

そのため若手社員がどれだけ成果を上げても、給料に反映されないことが多いのです。

そこで、もしもあなたが給料アップを望むのであれば、実力が給料に反映されやすい会社に転職するのもひとつの方法と言えるでしょう。

転職を検討されている方には、
就職成功率81.1%
ジェイックにおまかせ!

※ 2018/2/1~7/31の当社面接会参加者の内、
当社が把握する就職決定者の割合

20,126名
就職を支援した実績を
持つジェイックが、
あなたの就職を応援します。

※ 2005/5/1~2019/4/30の弊社主催の面接会参加人数

ジェイックの特徴
  • 正社員求人のみを紹介
  • 入社後91.3%が辞めずに続けられる

    ※ 2018/2/1~2019/1/31に入社した方の3か月定着率

  • スキルの高いアドバイザー(国家資格保有)多数在籍

あなたもぜひ一人で悩まず、
まずはジェイックに相談してみませんか?

 

© JAIC