相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

サッカーに関わる仕事20選!向いてる人や就職する際の注意点とは

サッカーに関わる仕事20選!向いてる人や就職する際の注意点とは

サッカーに関わる仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

サッカーを仕事にするためには、豊富なサッカー経験が必要であると考えているかもしれませんが、サッカーを経験していなくても働ける仕事は多くあります。

本記事では、サッカーに関わる仕事を20個紹介するとともに、向いてる人の特徴や就職する際の注意点まで解説します。

性格お仕事診断
性格お仕事診断

サッカーに関わる仕事20選

サッカーに関わる仕事は多岐に渡ります。

  • 選手・コーチ
  • スカウト
  • フィジカルトレーナー
  • 栄養士
  • エージェント
  • 分析担当者

各職種は様々部分でサッカー界の発展に貢献しています。

  • 選手の発掘、育成
  • パフォーマンス向上
  • キャリア管理

ここでは、サッカーに関わる仕事20選をひとつずつ紹介していきます。

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag

サッカー選手 [サッカーに関わる仕事1/20]

サッカー選手は、チームの一員として競技に参加し、試合での勝利を目指すスポーツ選手です。

サッカーに関わる仕事の花形とも言えるサッカー選手に必要なスキルは以下のようなものが求められます。

  • 高度なボールコントロール技術
  • 優れたフィジカル
  • チームプレイを促進するコミュニケーション能力

サッカー選手になるためには、幼少期からのクラブチームへの参加や、スポーツを専門とする学校での研鑽が一般的です。ユースチームからのステップアップや、高校・大学サッカーでの活躍を経て、トライアウトやスカウトによる選手選考にてプロサッカー選手となります。

向いてる人の特徴・フィジカルとメンタルが強い人
・サッカーへの熱意が高い人
平均年収J1:約3000〜約3500万円 
J2:約400万〜約500万
J3:約300万〜約400万

引用:スポジョバ「jリーガーって稼げるの?jリーグの年俸ランキングも紹介!」

監督・コーチ [サッカーに関わる仕事2/20]

サッカーの監督やコーチは、チームの戦術設計、選手の技術指導、メンタルサポートを行う重要な役割を担います。

サッカーの監督・コーチに必要なスキルとして、以下のような能力が必要になります。

  • 戦術理解
  • 分析能力
  • コミュニケーション能力・指導・育成能力

また、プロを目指す選手を指導する際の必須資格として、JFA(日本サッカー協会)公認のコーチングライセンス(S級、A級、B級、C級など)が必要です。

指導する対象の年齢や指導の質に応じて必要ライセンス級数が変わってきます。

よって監督・コーチになるためにはライセンスの取得が必要です。

向いてる人の特徴・サッカーに対する深い知識がある人
・人を育てることに喜びを感じる人
平均年収 監督:350〜6000万円
コーチ:250万〜600万 

出典:JFA「指導者養成講習会」とは
平均年収引用:ATHLETE LIVE「サッカーコーチを目指す人必見!リアルな年収事情を解説」

エージェント [サッカーに関わる仕事3/20]

サッカーエージェントは、サッカー選手やコーチのキャリア管理と契約交渉をサポートする専門家です。
以下のような選手のキャリア全般にわたるアドバイスを提供しています。

  • 選手の移籍手続き
  • スポンサーシップ契約
  • 広告契約

必要なスキルとして、以下のような能力が挙げられます。

  • 交渉能力
  • 市場分析能力
  • 法律知識
  • 高いコミュニケーション能力

サッカーのエージェントに就くためには、スポーツマネジメントや法律、ビジネス管理など関連する学位を取得した後、エージェント会社でのインターンシップやアシスタントとしてキャリアをスタートさせることが一般的です。

向いてる人の特徴・交渉において粘り強い説得力がある人
・選手のキャリアを長期的に考えられる人
平均年収380万円

平均年収引用:ジョブ図鑑「スポーツエージェントの給与・年収は?法定代理人としてのエージェントの収入は非公開のため不明」

審判員 [サッカーに関わる仕事4/20]

サッカー審判員は、試合の公平を保ち、ルールに基づいて試合を進行させる重要な役割を担います。正確な判断力と公平な態度で、試合の安全を確保しスポーツマンシップを促進します。

審判員に必要なスキルは、以下のような能力が挙げられます。

  • 瞬時の判断力
  • 高い集中力
  • コミュニケーション能力
  • ルールに対する深い知識

審判員になるためには、JFA(日本サッカー協会)が実施する審判員資格試験に合格し、ライセンス(1級〜4級)を取得する必要があります。

級数によって、講習会のみで取得可能なものもあれば試験合格が必要なものもあります。

向いてる人の特徴・ルールに対する深い理解がある人
・プレッシャーの中でも冷静に判断ができる人
平均年収300〜400万円

出典:JFA「審判制度概要」
平均年収引用:比較Plus「審判の年収っていくら?年収1,000万円以上稼ぐことはできる?」

スポーツトレーナー [サッカーに関わる仕事5/20]

スポーツトレーナーはサッカー選手のための支援を行う仕事です。

  • 体調管理
  • 怪我の予防とリハビリテーション
  • パフォーマンス向上

トレーナーに必要なスキルは、下記のような能力が挙げられます。

  • 運動生理学
  • スポーツ栄養学
  • 急性外傷管理
  • リハビリテーションの知識
  • 高いコミュニケーション能力

就くために必須の資格はありません。ですが、協会認定の資格などがあれば就職に有利です。

スポーツトレーナーとして就職するためには、スポーツチームでのインターンシップや実務研修を通じて、現場での経験を積むことが重要です。

向いてる人の特徴・スポーツ医学に深い関心がある人
・選手との信頼関係が築ける人
平均年収383万円

栄養士 [サッカーに関わる仕事6/20]

サッカー選手のパフォーマンス向上と健康管理には、栄養士の役割が不可欠です。彼らは栄養学の専門的な知識を駆使し、個々の選手の体質や健康状態に応じた食事プランを作成・提案することで、選手たちの体調管理と能力向上に貢献します。

必要なスキルとして、栄養学の専門知識、食事計画の立案能力が求められます。

必須の資格として「栄養士」もしくは「管理栄養士」が必要で、プロの現場での指導をするためには、公認スポーツ栄養士の資格も目指しましょう。

サッカーに関わる栄養士に就くためには、インターンシップなどで積極的に現場での経験を積むことが大事です。

向いてる人の特徴・選手との信頼関係を築ける人
・サッカーと栄養学に興味がある人
平均年収379万円

出典:公益社団法人 日本栄養士会「管理栄養士・栄養士とは」

サッカークラブの広報担当 [サッカーに関わる仕事7/20]

サッカークラブの広報担当者は、クラブのイメージとブランド価値を高める仕事です。

具体的な仕事内容は、メディア戦略の立案と実施やファンや地域社会とのコミュニケーションを担っています。

必要なスキルとして、下記のような能力が挙げられます。

  • コンテンツ作成能力
  • メディアとの関係構築能力
  • イベント企画・運営能力

就職するために特定の資格は必要ありません。
仕事に就くためには、関連分野での学位取得後、インターンシップやアシスタントとして実務経験を積むことが一般的です。

向いてる人の特徴・クリエイティブなアイデアを実行できる人
・高いコミュニケーション能力がある人
平均年収490万円

スポーツメディアの記者 [サッカーに関わる仕事8/20]

スポーツメディアの記者は、取材し報道する役割を担います。

  • サッカーを含む各種スポーツの最新ニュース
  • 試合結果
  • 選手インタビュー
  • 解析記事

必要なスキルとして、下記のような能力が挙げられます。

  • 高い取材力
  • 記事執筆能力
  • スポーツに関する深い知識
  • データ分析能力
  • デジタルメディアの活用能力

就職するにあたって、メディア関連のインターンシップやボランティアを経験し、実際の仕事を通じて経験を積むことが大切です。

その上で、スポーツ報道を行うメディアへの就職を目指していきましょう。

向いてる人の特徴・積極性があり好奇心のある人
・締切厳守で計画的に動ける人
平均年収697万円

スタジアムスタッフ [サッカーに関わる仕事9/20]

スタジアムスタッフは、サッカースタジアムでのイベントや試合の運営を支える重要な役割を担います。

業務としては、下記のような様々な業務を行います。

  • 来場者の安全確保・案内
  • チケット販売
  • 施設の管理・メンテナンス
  • イベント時のサポート

必要なスキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • 対人サービス能力
  • セキュリティ知識
  • 緊急時の対応能力

仕事に就くためには、直接スポーツ施設やイベント運営会社に応募する方法が一般的です。

向いてる人の特徴・対人サービスが好きで人を喜ばせることが好きな人
・緊急時にも冷静に対応できる人
平均年収240万円

平均年収引用:スポジョバ「グラウンドキーパーとは?仕事内容や資格、年収を解説!」

デザイナー [サッカーに関わる仕事10/20]

サッカークラブでのデザイナーは、

  • ユニフォーム
  • グッズ
  • プロモーション素材
  • SNS用コンテンツ
  • ウェブサイトデザイン

など、多岐にわたるクリエイティブ作業を行います。

必要なスキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • グラフィックデザインの知識
  • Photoshop、Illustratorなどの操作スキル
  • ブランディング
  • ビジュアルコミュニケーション能力
  • ウェブデザインとデジタルメディア

仕事に就くためには、大学や専門学校でスキルを身に付けて就職することが多いです。就職活動では、ポートフォリオを作成し、インターンシップやイベントでのプロジェクトを通じて実務経験を積むことが重要です。

向いてる人の特徴・流行に敏感でデザインセンスがある人
・チームワークを意識したコミュニケーションができる人
平均年収480万円

ゲームクリエイター [サッカーに関わる仕事11/20]

サッカー関連のゲームクリエイターは、

サッカーゲームの企画・開発・運営が主な業務になります。

必要なスキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • プログラミング
  • グラフィックデザイン
  • 3Dモデリングとアニメーション
  • ゲームデザイン理論
  • プロジェクト管理能力

仕事に就くためには、ゲーム制作経験をポートフォリオにまとめ、ゲーム開発会社への直接応募が有効です。

向いてる人の特徴・想像力がある人
・論理的思考や問題解決能力がある人
平均年収497万円

イベントプランナー [サッカーに関わる仕事12/20]

サッカー関連のイベントプランナーは、下記のような様々なイベントの企画などを行っています。

  • ファンイベント
  • クラブのコミュニティ活動
  • 季節ごとのイベント

必要なスキルとして下記のようなものが挙げられます。

  • イベント企画
  • 運営能力
  • プロジェクト管理能力
  • 予算管理
  • マーケティングとPR知識

仕事に就くためには、大学や専門学校でイベントマネジメントやマーケティングを学び、インターンシップやアルバイトなどでイベント運営の経験を積むことが重要です。

向いてる人の特徴・人をもてなすことが好きな人
・創造的で柔軟な考えができる人
平均年収579万円

スポーツメーカーの営業職 [サッカーに関わる仕事13/20]

サッカーのメーカー営業職は、スポーツ用品やアパレルなどの製品を下記のような場所に販売する仕事を担います。

  • 小売業者
  • スポーツチーム
  • 学校

必要なスキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • 営業戦略の立案能力
  • 顧客管理能力
  • 製品知識
  • 市場分析能力

仕事に就くためには、インターンシップや人材会社にエントリーすることで応募していきましょう。また、業界イベントや展示会へ参加をし業界知識を深め、ネットワークを構築することも重要です。

向いてる人の特徴・目標達成に向けて主体的に動ける人
・顧客との信頼関係を構築できる人
平均年収600万円

平均年収引用:ATHLETE LIVE「スポーツ関係の仕事19種類を紹介!仕事内容や年収を徹底解説」

フィールドテスター [サッカーに関わる仕事14/20]

サッカー関連のフィールドテスターは、サッカー用品の新製品を実際のプレイ環境下で試用し、その性能や快適性、耐久性などをテストする役割を担います。

必要なスキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • 詳細なフィードバックを提供する能力
  • 基本的なサッカースキル
  • 製品に対する理解

仕事に就くためには、サッカーやスポーツ用品メーカーに直接応募するか、または彼らが実施するテスター募集に応募する方法があります。

向いてる人の特徴・注意深く物事を観察し伝えられる人
・新しい技術や製品に対する好奇心がある人
平均年収期間限定の仕事のため、年収という概念がありません。

スポーツアナリスト [サッカーに関わる仕事15/20]

スポーツアナリストは、サッカーを含むスポーツ分野でのデータ分析を専門とし、ゲームの勝利に貢献する仕事です。

  • 選手のパフォーマンスデータを収集・分析
  • チームの戦術開発
  • 試合の統計

仕事のスキルとして、下記のような能力が求められます。

  • 高度な統計学
  • データ分析能力
  • プログラミング能力
  • スポーツ科学の知識

仕事に就くためには、大学や専門学校での学位取得後、実務経験を積むために、スポーツチームや分析会社でのインターンシップ等からキャリアをスタートすることが一般的です。

向いてる人の特徴・新しい技術や分析方法を学ぶ意欲がある人
・論理的思考力があり緻密な作業ができる人
平均年収580万円

平均年収引用:TSR東京スポーツ・レクリエーション専門学校「スポーツアナリストの年収や資格」

カメラマン [サッカーに関わる仕事16/20]

サッカーカメラマンは、サッカーに関連する様々な瞬間を撮影する仕事です。

  • 感動的なプレイ
  • 選手の表情
  • ファンの反応

などの撮影をし、クラブのウェブサイト、広告、雑誌などに使用する画像を記録していきます。

仕事のスキルとして、下記のようなものが挙げられます。

  • 高度な写真撮影技術
  • 反射神経
  • 編集ソフトウェア

仕事に就くためには、実際の撮影経験を積むことが最も重要です。フリーランスでの活動、地元のサッカーチームや学校での撮影を通じて実績を積み、徐々に仕事の依頼を獲得していきます。

向いてる人の特徴・芸術的なセンスがある人
・独立して作業をすすめる自律性がある人
平均年収466万円

通訳 [サッカーに関わる仕事17/20]

サッカーの通訳は、異なる言語を話すコーチ、選手、クラブスタッフ間のコミュニケーションを支援する役割を担います。

必要なスキルは、下記のようなものが挙げられます。

  • 流暢な言語能力
  • リスニング・スピーキングの高い技術
  • 異文化のコミュニケーション能力
  • 緊張感のある状況下での即時通訳能力

仕事に就くためには、大学や専門学校での下記のような経験がキャリア形成に役立ちます。

  • 言語学習
  • 海外留学経験
  • 言語教育資格
向いてる人の特徴・異文化への興味がある人
・ストレス耐性と迅速な判断力がある人
平均年収579万円

グラウンドキーパー [サッカーに関わる仕事18/20]

サッカーグラウンドキーパーは、サッカースタジアムや練習場のピッチ(グラウンド)のメンテナンスと管理を行います。

仕事内容は、ピッチの芝を最適な状態に保つことです。

  • 芝の刈り込み
  • 水やり
  • 肥料の施用
  • 病害虫の管理
  • ピッチのマーキング

必要スキルは、下記のようなものが挙げられます。

  • 芝生管理の知識
  • 機械操作技術
  • 時間管理

仕事に就くためには、サッカークラブや公共スポーツ施設などへ直接応募し勤務経験もつけることが有益です。

向いてる人の特徴・きめ細やかな作業ができる人
・自然や屋外作業が好きで体力がある人
平均年収300〜400万円

平均年収引用:ジョブ図鑑「グラウンドキーパーの給与・年収は?初任給や平均月収などの収入について解説」

サッカークラブの代理人 [サッカーに関わる仕事19/20]

サッカークラブの代理人とは、所属チームを代表して下記のような業務を行う人を指します。

  • 選手の移籍交渉
  • 契約更新
  • スポンサー契約

必要なスキルは、下記のようなものをハイレベルで求められます。

  • 交渉能力
  • コミュニケーション能力
  • 法律知識(特にスポーツ法)
  • 市場分析能力
  • 財務の理解

仕事に就くためには、下記のような職場での経験が役に立ちます。

  • エージェント事務所でのインターンシップ
  • サッカークラブでの勤務経験
  • スポーツ関連の法律事務所
向いてる人の特徴・戦略思考ができる人
・臨機応変に解決策が提示できる人
平均年収成功報酬に依存のため平均年収の記載はありません。

実況・解説者 [サッカーに関わる仕事20/20]

サッカーの実況・解説者は、テレビやラジオ、インターネット放送でサッカー試合の実況や解説を行います。

必要なスキルは、下記のようなものが挙げられます。

  • 迅速な判断力
  • 豊富なサッカー知識
  • 臨場感を伝える表現力
  • 明瞭な発声

実況・解説者になるためには、放送局やスポーツ関連メディアでのインターンシップやアルバイトを通じて経験を積むことが一般的です。

実務経験を重ねることで、放送局やスポーツチャンネルからの正式なオファーを獲得することがあります。

向いてる人の特徴・緊張感のある中でも冷静である人
・継続的な学習と自己改善ができる人
平均年収個人のキャリアで年収が変動するため、平均年収の記載なし
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験に強い就職支援サービス
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験に強い就職支援サービス

サッカーに関わる仕事に向いてる人の4つの特徴

サッカーに関わる仕事に向いてる人の特徴をそれぞれ4つ紹介していきます。

1. 関心のある分野に対して熱中できる人

サッカーに関わる仕事は、多岐にわたる分野があり、

  • 選手
  • コーチ
  • アナリスト
  • マネージメント
  • 裏方・サポート

など、様々なポジションがあります。

共通して必要とされるのは、その分野に対する熱意と好奇心です。

サッカーへの深い愛情と、常に新しい知識や技術を求める好奇心があれば、成功への道を切り開くことができます。

熱中することで、困難な状況を乗り越え目標に向かって粘り強く取り組む力が生まれます。さらに、好奇心が人を成長させサッカー界に新たな価値をもたらすでしょう。

2. チャレンジ精神が高い人

サッカーに関わる仕事には、常にチャレンジ精神が求められます。

スポーツの分野は予測不可能な展開が多く、状況は絶えず変わります。

そのため、下記のような挑戦を恐れず前向きに取り組む姿勢が必要です。

  • 新しい戦術の開発
  • 技術の向上
  • 未知の市場への進出

チャレンジ精神の高い人は、失敗を恐れずそれを成長の糧とし、常に自己を超えることを目指します。

サッカーにおいてチャレンジ精神は、個人のスキル向上だけでなく、チーム全体の成長や革新的なアイデアの創出にも寄与します。

結果として、チャレンジ精神が高い人はサッカー界全体の発展に貢献する人になるでしょう。

3. 体力に自信のある人

サッカーに関わる仕事では、体力があることは重要な資質の一つです。

特に

  • 選手
  • コーチ
  • フィジカルトレーナー

などの役割では、

  • 厳しいトレーニング
  • 長時間にわたる試合・連戦
  • 身体的に要求される状況

などが多々あります。

体力に自信がある人は、これらの要求を乗り越え、持続的なパフォーマンスを維持することができます。

また、体力に自信がある人はチームメンバーや他の選手にとっての良い手本となり、チーム全体の活気を高める効果もあります。

4. 専門的な知識やスキルを身に付けたい人

サッカーに関わる仕事には、専門的な知識やスキルが不可欠です。

  • 選手
  • コーチ
  • アナリスト
  • マーケティング担当

どの職種においてもサッカーの深い理解とその分野特有の技能が求められます。

専門的な知識やスキルを身に付けたいと思う人は、常に学ぶ意欲があり自らを向上させようとする姿勢を持っています。

その姿勢は、

  • 新しいトレーニング方法の開発
  • 戦術分析の深化
  • ファンとの関係構築

などのサッカー界に革新をもたらしその発展に貢献することでしょう。

知識とスキルを身に付けたい人の存在は個人の成長はもちろん、チームや組織全体の競争力を高める基盤となります。

サッカーに関わる仕事に就く際の注意点

サッカーに関わる仕事に就く際の注意点は以下の2つです。

1つずつ解説していきます。

体育会系部活などの出身者が有利になりやすい

体育会系出身者はサッカーに関わる仕事に就く際に有利になりやすいですが、注意すべき点もあります。

まず有利な点として

  • チームワーク
  • リーダーシップ
  • 厳しい状況下での忍耐力

など、体育会系で培ったスキルやマインドは非常に価値があります。

その一方で、注意点として自己の主張が強すぎると周囲との協調性に欠けることがあります。そのため、周囲とのバランス感覚が重要です。
また、独自の文化や慣習に固執しすぎず、柔軟性を持って新しい環境や考え方を受け入れることが必要です。

成功への鍵は、体育会系での経験を生かしつつ柔軟性をもって学び続ける姿勢を持つことです。

プロサッカー業界に関わる仕事は就職難易度が高い

プロサッカー業界に関わる仕事に就く際の就職難易度は非常に高いです。

サッカー業界のプロともなると競争が激しく、突出したスキルや独自のスキルが求められます。

また、業界の知識だけでなく下記の知識も重要視されています。

  • ビジネススキル
  • マーケティング
  • コミュニケーション能力

成功するためには、継続的な自己研鑽とネットワークを通じて、業界内での人脈を築くことが不可欠です。

プロサッカー業界で働くための情報収集と準備を怠らず、長期的な視点でキャリアを構築する必要があります。

あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験に強い就職支援サービス
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験に強い就職支援サービス

まとめ

サッカーに関わる仕事20選とその仕事に就くためのスキルや就き方をそれぞれ紹介させていただきました。

記事のポイントは以下のとおりです。

  • サッカーに関わる仕事の特徴
  • サッカーに関わる仕事につくためのスキルや方法
  • サッカーに関わる仕事に向いてる人の特徴
  • サッカーに関わる仕事に就く際の注意点

それぞれお伝えしました。プロサッカー業界は就職が非常に競争が激しく、専門スキルや知識、継続的な自己成長と広い人脈が重要とされます。

サッカー業界でのキャリアを目指すためには、長期的な視野での準備と取り組みが求められていくことでしょう。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等