相談満足度93.5%の『就職カレッジ®』はこちら ▷

社会不安障害とは?向いてる仕事20選と長く働く方法を解説!

社会不安障害とは?向いてる仕事20選と長く働く方法を解説!

社会不安障害者向いてる仕事は、予測することが可能でストレスを抑えながら働ける柔軟な労働環境が整った仕事です。

本記事では、社会不安障害者の特徴や向いている仕事20選を紹介するとともに、長く働くための方法を解説します。

性格お仕事診断
性格お仕事診断

社会不安障害とは

社会不安障害とは、社会的状況や人前でのパフォーマンスに対して過度の恐怖や不安を感じる精神疾患です。

これは、他人から否定的に評価されることへの強い恐れに基づいており、日常生活や対人関係に著しい困難をもたらします。

社会不安障害の症状は個人によって異なりますが、一般的に以下のような症状があります。

  • 他人と目を合わせることができない
  • 発汗、震え
  • 心拍数の増加
  • 胃腸の不調や吐き気
  • 自己意識の過剰さや周囲への過剰な反応
  • 社会的状況(人前など)を避けたがる

治療には薬物療法とカウンセリングが効果的です。
適切な支援を受けることで、社会不安障害の症状を克服し症状を和らげ充実した生活を送ることが可能になっていきます。

社会不安障害の方に向いてる仕事の特徴

社会不安障害の方に向いてる仕事の特徴はいくつかありますが、主な特徴は以下の3つです。

1. 予測可能で、変化が少ない仕事

社会不安障害者の方の特徴として、人前での発表や大勢との交流を苦手とすることが多いです。

そのため、予測可能で変化が少なく、独立して取り組める仕事が向いています。
特に、ルーチンワークが中心で人との直接的な対話が少ない職種、例えば、などのバックオフィス業務は、社会不安障害者にとって安定した作業環境を提供し、ストレスを最小限に抑えることができる特徴があります。

  • データ分析
  • 文書作成
  • プログラミング

2. ストレスを抑えられる柔軟な労働環境

社会不安障害者の方は、初対面の人との対面でのやりとりを苦手としがちです。そのため、柔軟な労働環境を提供し、ストレスを抑えられる仕事が適しています。例えば、リモートワークが可能な職種や、自宅で取り組めるフリーランスの仕事などが挙げられます。これらの仕事では、物理的な職場のプレッシャーや社交的なストレスから距離を置きつつ、自分のペースで仕事を進めることが可能であり、社会不安障害者にとって理想的な労働環境を実現できる特徴があります。

3. 自己管理をする適切な休息を取れる仕事

社会不安障害の方は、自分の行動や成果が否定的に評価される可能性に対して過敏になり、これを極力避けようとします。そういった方に向いているのは、人の目を気にせず自己管理で仕事ができる仕事が向いています。
例えば、などの一人で集中して取り組める業務が適しています。

  • データ入力
  • プログラミング
  • ライティング

これらの仕事は、個人のペースで作業を進めることが可能です。よって、社会不安障害者にとって、ストレスの少ない環境で能力を発揮しやすい仕事の特徴を持っています。

社会不安障害に向いてる仕事20選

それでは、社会不安障害の方に向いてる仕事20選を紹介していきます。

平均年収出典:厚生労働省「職業情報提供サイト jobtag

プログラマー [社会不安障害 仕事 1/20]

プログラマーは、コンピューターのソフトウェアやアプリケーションの開発、改良を行う仕事です。

社会不安障害の方に向いてる理由として、下記のような能力が必要になることが挙げられます。

  • 個人で集中して作業できる
  • 人と直接対話する機会が少ない
  • オンラインコミュニケーションで簡潔

プログラミング言語を理解するだけでなく、アルゴリズムやデータ構造のようなコンピュータ科学の基礎知識も重要であるとされています。

仕事に就くためには、大学や専門学校でプログラムの基礎知識を学んだのち、web上のプラットフォームで自分の作品を公開し、実績を示すことなどが就職に有効です。

向いてる人の特徴・細部に注意を払い論理的に考えれる人
・新しい技術を学び続けられる人
平均年収550万円

WEBデザイナー [社会不安障害 仕事 2/20]

Webデザイナーは、主にウェブサイトのデザインを設計する仕事です。ウェブサイトが魅力的で集客に役立つデザインにすることが重要です。

社会不安障害の方に向いてる理由として、仕事でのコミュニケーションはメールやチャットツールを通じて行われることが多いためです。

仕事をする上で、下記のようなスキルが求められます。

  • HTML/CSSの知識
  • グラフィックデザイン
  • ソフトウェアの操作スキル

仕事に就くためには、デザインスクール等で学び、ポートフォリオサイトを作成して自分のデザイン作品をweb場にアピールすることが就職活動において近道です。

向いてる人の特徴・想像力が豊かでセンスがある人
・ユーザーの気持ちを理解できる傾聴力がある人
平均年収480万円

WEBライター [社会不安障害 仕事 3/20]

Webライターの仕事は「企業メディアやブログなど、インターネット上に公開されている記事を執筆する」ことです。

社会不安障害の方に向いてる理由としては、主に個人で作業を進めることが多く、対人関係のストレスが少ない点が挙げられます。

仕事をする上で、下記のようなスキルが求められます。

  • 良質な文章
  • 対象となる分野の知識
  • SEOに関する基本的な理解

仕事に就くためには、求人サイトやフリーランスの仕事を紹介するプラットフォーム、SNSを利用して案件を探したり、Webライターを募集している企業に直接応募する方法もあります。

向いてる人の特徴・新しいことを学ぶ好奇心がある人
・忍耐力がある人
平均年収322万円

引用元:マイナビAGENT「Webライターの平均年収はいくら?メリットや年収を上げるコツも解説!」

動画編集者 [社会不安障害 仕事 4/20]

動画編集者は、映像素材を編集・加工し顧客のニーズに沿った動画を作り上げる仕事です

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方が挙げられます。

  • 1人で集中して作業ができる
  • 対面での会話よりも電子メールやチャットのやりとりが主である
  • フリーランスであれば時間や場所に縛られない

仕事をする上で、動画編集の基本スキルを身につける必要があります。オンラインのスクールや専門学校で学ぶことが有効です。

仕事に就くためにクリエイティブ業界のイベントに参加したり自身のSNSでポートフォリオを作成したりコミュニティに参加することで人脈を築くことが重要です。

向いてる人の特徴・創造性を持ち独自のアイデアなどを持っている人
・細部に注意を払い追求できる人
平均年収579万円

ITエンジニア [社会不安障害 仕事 5/20]

ITエンジニアは、情報技術に関する専門知識やスキルを持つプロフェッショナルです。

具体的には下記のような仕事になります。

  • システム開発
  • 運用
  • 保守

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 細部への注意を払うことが得意
  • ガイドラインにそった業務である
  • 在宅勤務やリモートワークが可能

仕事をする上で、プログラミング言語の習得、技術の進化に対応できる柔軟性と学習意欲などが必要です。

仕事に就くための方法は、専門学校やプログラミングスクールに通い実践的なスキルを身につけた後、自身で求人サイトを活用して応募したり、IT専門のエージェントを活用してみましょう。

向いてる人の特徴・論理的に物事を考えれる人
・好奇心や探究心がある人
平均年収660万円

AIエンジニア [社会不安障害 仕事 6/20]

AIエンジニアの仕事は、

  • 人工知能技術の開発
  • データ分析
  • 機械学習モデルの設計・実装
  • 自然言語処理
  • コンピュータビジョン

など新しいアルゴリズムやシステムを開発することです。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 単独作業が多い
  • 専門知識と技術の習得が自信に繋がるため
  • リモートワークへの導入が多い

仕事をするために、下記のようなプログラミング言語やデータ理解のための知識が必要になります。

  • プログラミング言語(Python、C++など)
  • 機械学習
  • データ構造
  • アルゴリズム
  • 統計学

仕事に就くためには、専門知識と技術を勉強した上で、自身で求人サイトを活用して応募したり、AI専門のエージェントを活用してみましょう。

向いてる人の特徴・論理的思考力と問題解決能力がある人
・数学や統計学に強い人
平均年収534万円

データアナリスト [社会不安障害 仕事 7/20]

データアナリストは、ビッグデータを収集、処理、分析し、その結果を基に企業や組織が意思決定を行うための洞察を提供する職業です。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • データ集めることに集中できる
  • 細部に対して注意深く作業ができる
  • 具体的な成果が客観的に得られる

仕事をする上で、以下のような知識が必要になります。

  • 統計学
  • 機械学習
  • データベース管理

仕事に就くために、大学や専門学校で教育をしたのち、業界関連のセミナーやイベントに参加して情報を収集していくことがおすすめです。

向いてる人の特徴・知的好奇心が強い人
・論理的に問題解決ができる人
平均年収557万円

工場作業 [社会不安障害 仕事 8/20]

工場作業は、下記に記載しているような生産ラインに関わる一連の作業を行う仕事です。

  • 製品の製造
  • 組み立て
  • 品質管理
  • 機械の操作

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • ルーチンワークで予測可能な作業である
  • 身体を動かす作業は症状改善にプラスの影響がある
  • 同じ作業の繰り返しが得意

仕事をする上で、工場内では安全が最優先です。安全規則を遵守し作業することが重要です。
また、新しい機械操作や生産方法について学び続ける必要があります。

仕事に就くために、工場の求人が出ている場合、直接企業に応募することが一般的です。また、職業紹介所や人材紹介や派遣会社にて仕事を紹介してもらうことも有効です。

向いてる人の特徴・単調な作業が苦じゃない人
・体力に自信がある人
平均年収333万円

倉庫作業員 [社会不安障害 仕事 9/20]

倉庫作業員は、下記のような出荷までの工程で必要になる業務を行います。

  • 物流センターや倉庫で商品の入出庫
  • 保管
  • ピッキング
  • 梱包
  • 出荷

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 繰り返し作業に耐性がある。
  • 正確性を重視できる
  • 身体を動かす作業は症状改善にプラスの影響がある

仕事をする上で、下記のような能力があると仕事で有利になります。

  • 基本的なPCスキル
  • 倉庫管理システムの基礎
  • フォークリフト免許

仕事に就くためには、求人サイトにて直接応募をしたり、人材派遣会社やハローワークを利用することが有効的です。

向いてる人の特徴・体力と持久力がある人
・注意力と細部への配慮ができる人
平均年収384万円

清掃員 [社会不安障害 仕事 10/20]

清掃員の仕事は、建物や施設内の掃除をする仕事です。清掃員は、その施設や建物の清潔さと衛生状態を維持する上で重要な役割を果たします。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 細かい作業に対する忍耐力と集中力がある
  • 自己管理能力と責任感が強い
  • 単独作業が得意

仕事をする上では、下記のような能力があると有利になります。

  • 清掃の基本的な技術
  • 化学薬品の知識
  • 特殊な場所や異臭への耐性

仕事に就くためには、清掃会社への直接応募が一般的です。求人サイトなどを活用してまずは応募をしてみましょう。

向いてる人の特徴・体力があり黙々と作業できる人
・キレイ好きで物の変化に気づきやすい人
平均年収382万円

事務職 [社会不安障害 仕事 11/20]

事務職は、企業の組織内で様々な管理業務やサポート業務を行う職業です。
以下のようなオフィス運営に必要な業務全般をサポートします。

  • 文書作成
  • データ入力
  • ファイル管理
  • スケジュール調整
  • 電話応対

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 予測可能なルーチンワークである
  • 個別作業をマイペースでできる
  • リモートワークやフレキシブルな勤務が可能

仕事をする上で、PC操作技術(特にExcelやWord)や時間管理能力が必要です。
仕事に就くためには、web上の求人や地元の求人誌、職業安定所経由での応募が有効です。

向いてる人の特徴・細かい作業や集中力がある人
・チームでのコミュニケーション能力がある人
平均年収490万円

データ入力 [社会不安障害 仕事 12/20]

データ入力の仕事は、顧客が指定する電子データベースへ情報を正確に入力する業務です。

社会不安障害の方に向いてる理由としては下記のような業務内容や働き方が挙げられます。

  • 単独かつ単純作業である。
  • 決められた方法で作業内容
  • オンライン上で仕事が完結する。

仕事をする上では以下のような能力があると有利になります。

  • 高いタイピングスキル
  • 正確性
  • 注意深さ

仕事に就くためには、人材紹介や派遣会社などで求人が多く、また在宅勤務を提供するWebサイトでも求人が比較的多い印象です。

向いてる人の特徴・高い注意力と正確なタイピングスキルがある人
・自己管理能力がある人
平均年収370万円

ビルメンテナンス [社会不安障害 仕事 13/20]

ビルメンテナンスの仕事は、オフィスビルや商業施設などの建物内外の清掃や点検を行います。

  • 清掃
  • 設備の点検
  • 修理
  • 環境の整備

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 点検作業など指示書にそって仕事ができる
  • 夜間・早朝作業は人との接触が少ない
  • 目に見えて成果がわかる

仕事をする上で、清掃技術や基本的な設備メンテナンスの知識が求められます。
仕事に就くためには、ビルメンテナンスに特化した求人サイトや、人材紹介会社などを利用すると自分にあった職場を効率的に見つけることが可能です。

向いてる人の特徴・細かい作業を丁寧に行える人
・安全意識や責任感が強い人
平均年収432万円

警備員 [社会不安障害 仕事 14/20]

警備員は、商業施設、オフィスビル、イベント会場などの安全を守るために活動する仕事です。

主な仕事は以下のようなものが挙げられます。

  • 出入り管理
  • 不審者の監視
  • 交通誘導
  • 緊急時の初期対応

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 単独勤務で業務内容が限定されている
  • 人間関係が限定されている。
  • 長時間立ち仕事ができる忍耐力がある

仕事をする中では、警備知識や初期消火のスキルや救命スキルが必要です。
仕事に就くために、警備会社への直接応募が一般的です。求人サイトなどを活用してまずは応募をしてみましょう。

向いてる人の特徴・危機管理能力がある人
・体力と忍耐力がある人
平均年収334万円

図書館司書 [社会不安障害 仕事 15/20]

図書館司書の仕事は、図書館内の管理が主な業務になります。

  • 資料の選定
  • 整理
  • 保管
  • 提供

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 定型のルーティンワークが多い
  • 静かな環境でのお仕事
  • 利用者とも基本1対1の対応である

図書館司書として働くためには、図書館情報学や関連分野の知識が求められます。また、採用条件に司書資格が必要な場合が多いです。大学や専門の教育機関での卒業や司書の実務経験を積むことで司書資格を取得することができます。

向いてる人の特徴・整理整頓が得意な人
・幅広い分野の知識の習得が好きな人
平均年収579万円

検針員 [社会不安障害 仕事 16/20]

検針員は、家庭や企業のガス、水道、電気などのメーターを定期的に訪問し、使用量を記録する仕事です。このデータは請求額を算出するために使用されます。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 個人で独立した作業ができる
  • 明確なルーチンワークが可能
  • 精密な作業が得意

仕事をする上で、基本的なPC操作、地理やルート管理の知識があれば役立ちます。

仕事に就くために、ウェブでの求人検索、職業安定所などで求人を探すことができます。

向いてる人の特徴・体力と持続力がある人
・定期的なルーティンワークが好きな人
平均年収454万円

会計士 [社会不安障害 仕事 17/20]

会計士は、企業の財務諸表の監査を主な業務としています。下記のような分野に対する知識が必要になります。

  • 会計
  • 財務
  • 税法


また、企業の財務報告の正確性を確認し公正な第三者の立場から意見を述べます。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 独立して行う作業が多い
  • データ分析や高い集中力が必要
  • ルールに基づくガイドラインが明確

会計士になるためには、高い専門性とコミットメントが求められかつ難易度の高い、公認会計士資格を取得する必要があります。

向いてる人の特徴・数値に強く細部に対しての注意力がある人
・厳格な倫理観をもちあわせている人
平均年収746万円

駐車場スタッフ [社会不安障害 仕事 18/20]

駐車場スタッフの仕事は、駐車場の運営管理を担当し、下記のような業務があります。

  • 入出庫の管理
  • 駐車料金の徴収
  • 駐車場内の安全確保
  • 顧客対応
  • 清掃

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 決まったルーチン作業である
  • 顧客との接点も限定されている
  • 勤務中は基本1人で対応することが多い

仕事をする上で、基本的なPCスキルや金銭管理のスキルが求められます。
また、仕事に就くためには駐車場運営会社のウェブサイトから求人を探して応募することが有効です。

向いてる人の特徴・細かい注意が払える人
・体力があり長時間同じ姿勢でも大丈夫な人
平均年収240万円

新聞配達員 [社会不安障害 仕事 19/20]

新聞配達員の仕事は、毎朝早くから、または夕刊の場合は午後に、顧客の家庭や事業所に新聞を配達することです。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 顧客と直接的に対面であわない
  • 毎日定型ルートへの配達
  • 人と接することが少ない時間帯の業務

新聞配達員は、体力を要する作業かつ天候にも左右される仕事です。
仕事を選ぶ際には、自分の体力や健康状態、不安のトリガーをよく考慮する必要があります。
仕事に就くためには、地元の求人情報等を確認し、新聞社や配達センターに直接問い合わせてみるのが有効です。

向いてる人の特徴・方向感覚がある人
・体力と忍耐力がある人
平均年収384万円

翻訳家 [社会不安障害 仕事 20/20]

翻訳家は、ある言語から別の言語へ文書や書籍、記事、映像の字幕などのテキストを翻訳する専門職です。

社会不安障害の方に向いてる理由として下記のような働き方や特徴が挙げられます。

  • 基本単独作業で自分のペースで仕事ができる
  • スキル磨きに集中することが得意
  • 長時間、文章と向き合う忍耐力がある

仕事をする上で、以下のような知識や資格があると有利になります。

  • 言語学
  • 文学
  • 専門分野の学位や資格

仕事に就くために、翻訳会社に所属するかプロとしてフリーランスで活動しながら顧客を見つける方法があります。

向いてる人の特徴・言語に対しての興味がある人
・異文化に対する好奇心がある人
平均年収697万円
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験に強い就職支援サービス
あなたのお悩み聞かせてください
正社員未経験に強い就職支援サービス

社会不安障害者が長く働く方法4選

社会不安障害の方が長く働く方法をそれぞれ4つ紹介していきます。

1. 専門家の治療を受けるなど頼りになる存在を見つける

社会不安障害の方が長く働くためには、専門家の治療を受けることが有効です。

理由は、専門家による適切な治療やサポートが、職場での不安を管理し、対人関係のストレスを軽減する助けとなるからです。

また、認知行動療法などが社会不安障害の症状を軽減し、職場での対人関係の対処方法を学ぶのに役立ちます。さらに、薬物療法も症状の管理に有用である場合があります。これらの治療を通じて、社会不安障害を持つ人々はより長く、効果的に働くことが可能になります。

2. 生活習慣を整える

社会不安障害の方が長期間働くためには、生活習慣を整えることが効果的です。

なぜなら、健康的な生活習慣はストレス耐性を高め不安を管理する上で重要な役割を果たすからです。

生活習慣を整える具体的な方法として

  • 質の高い睡眠を確保
  • 定期的な運動
  • 健康的な食事

これらを意識することで、日中の疲労感を減らし、仕事中のパフォーマンスを向上させることができます。生活習慣を整えることは不安を軽減し、気分を向上させ体と心の両方に良い影響を与え、ストレス耐性を高めます。

3. 通勤のストレスを減少させる

社会不安障害の方が長く働くためには、通勤のストレスを減少させる工夫が効果的です。通勤は日々のストレス源となり、特に社会不安障害を抱える人にとっては、人込みや公共交通機関での密接な接触が不安を増大させる要因になることがあります。通勤のストレスを軽減させる具体例として、

  • 通勤時間帯をずらして混雑を避ける
  • リモートワークの選択
  • 安心できる音楽やポッドキャストを聴く
  • 自転車通勤を選ぶ

これらの方法が通勤中のストレスを軽減することに役立ちます。

通勤のストレスを減少させることは、社会不安障害のある人が長期にわたって快適に働くための有効な手段です。

4. 自己管理・自分のペースを確認する

社会不安障害を持つ方が長期間にわたって働くためには、自己管理を行い、自分のペースで仕事を進めることが効果的です。

自己管理能力を高めることで、仕事の負担やストレスを適切にコントロールできるようになります。

例として、タスク管理ツールを使用することで日々の仕事を計画的に進め集中力を維持する方法があります。
また、自分のペースを理解し無理なく仕事を進めることができれば、焦りや不安を軽減し、持続可能な働き方が可能になります。
よって、自己管理と自分のペースで仕事を進めることは、社会不安障害を持つ方が長く働くための重要な方法の一つです。

まとめ

社会不安障害の方に向いてる仕事20選をそれぞれ紹介させていただきました。

記事のポイントは以下のとおりです。

  • 社会不安障害の方に向いてる仕事の特徴
  • 社会不安障害の方が仕事に就くためのスキルや方法
  • 社会不安障害の方が長く働くためには

それぞれお伝えしました。社会不安障害の方であっても、まずは、自己分析を行い

自分にあった業界や職種を棚卸ししていきましょう。その上で、長期的な自身のキャリアを築けるよう、長く働ける仕事へ挑戦をしてみてください。

就職カレッジのココがすごい!


こんな人におすすめ!

  • 自分に合った仕事や場所を見つけたい
  • ワークライフバランスを重視したい
  • 会社に属する安定ではなく、能力/スキルの獲得による安定を手にしたい

CTAボタン

ABOUT US
古庄 拓取締役
株式会社ジェイック取締役。IT業界・コンサルティング業界等への転職支援からキャリアを開始。大学キャリアセンターとの就職支援プロジェクト(2021年2月末:102大学と連携)、新卒の就職支援事業、リーダー研修事業など、複数サービスや事業の立上げを担当し、現在に至る。新卒の就職、中途の転職、また企業側の採用・育成事情に詳しい。 7つの習慣R認定担当インストラクター、原田メソッド認定パートナー、EQPI認定アナリスト等